サプリメント

クエン酸は健康パワーが満載!元気が欲しい時や、スポーツをする時こそクエン酸を!

クエン酸とは

クエン酸とは

クエン酸は古くから健康維持に役立つと事が知られ、活用されてきました。
しかしこのような健康パワーあふれるクエン酸のメカニズムはあまり多くの事が明らかにされておらず、今現在でも研究が進められています。
多くの健康パワーを持ちながらも、謎に包まれたクエン酸は有機酸の仲間です。
有機酸には次のようなものがあります。

  • クエン酸
  • 酢酸
  • リンゴ酸
  • 乳酸
  • 酒石酸など

有機酸はそれぞれに異なった渋めの酸味や、苦みがかった酸味などの独特な特徴を持ち、酸の構成比によっても酸味に違いを持っています。
またクエン酸や体内でエネルギーを作るのには欠かせない栄養素となっています。
では、クエン酸の体内での働きをみてみましょう。※1、2、3、4

クエン酸の働き

私たちが生命を維持するためには、体内でエネルギーを作り出す反応が必要です
この反応は、酸素を必要とするか、必要としないかで分けることができますが、酸素を使わない場合はグルコースを利用することになるため、比較的早くエネルギーが生産されます。
しかし生産される量はごくわずかで、逆に疲れの素となる物質である乳酸を作り出す特徴があります

一方、酸素を使うエネルギー生産は、スピードはゆっくりであるものの、グルコースの他にも脂肪酸やアミノ酸を利用するため、酸素を利用しない場合のエネルギー生産の19倍のエネルギーを生み、無害の炭酸ガスと水を合成します。
つまり、酸素を利用しないエネルギー生産は瞬間的な運動におけるものに対し、酸素を利用するエネルギー生産が行われている場合は長時間の運動ができるのです。
クエン酸は酸素を使うエネルギー生産の中心であるクエン酸回路で合成され、この回路はTCA回路クレブス回路などと呼ばれています。
このようにクエン酸は体内で合成することができるのですが、直接栄養素として摂取されたクエン酸は付加的な作用を発揮することが分かってきました。
体内にストックされている糖は、スタミナの決定要素とされているのですが、運動などによって消費されていきます
そのため、この減少した糖であるグルコーゲンを元に戻すことで体に元気が湧いてくると考えられ、運動後には糖質だけではなくクエン酸も同時に摂取することで元気パワーは促進することがわかっています。

また、激しい運動をした時には体に乳酸が生成されるのですが、この場合にも糖質と合わせてクエン酸を摂取することで乳酸の解消が促進されるといわれています。
この他にもクエン酸は有用な生理機能を持っている可能性が高いとされ、健康維持への大きな期待が集まっています。
クエン酸は体内に取り込まれると、乳酸などの酸性物質を取り除き、体をアルカリ化する働きがあるため、アルカリ性食品とされています。
人は体が酸性に傾くと、エネルギー作りに関連した酵素の働きを悪くしてしまい、効率よくエネルギーを作ることができなくなってしまいます。

クエン酸を多く含む食品とその特徴

元気な体をサポートしてくれるクエン酸はどのような食品に多く含まれているのでしょうか。
元気な力の源である「クエン酸をたっぷり含んだ食品」を知り、しっかりと摂取しましょう。

梅干し、梅製品

クエン酸をたっぷり含んだ食品といえば、です。
梅干しや梅酢、梅酒などにクエン酸はたくさん含まれています。※5
青梅を煮詰めて作られる梅肉エキスも同様です。
さらに梅酢や梅酒で肉を煮ると、肉はとても柔らかくなり味も浸み込みやすくなります。
昔から「梅はその日の難逃れ」といわれたほど、健康には欠かせない食べ物でした。
可憐な花をつける梅は奈良時代に中国から渡来し、観賞用としても愛され、多くの歌にも詠まれてきました。
江戸時代には日本人が生み出した最高傑作ともいえる保存食、梅干しが登場します。
梅干しは、梅干し自体に防腐効果があるうえ、有機酸の働きで食材に付着した細菌やウイルスの働きを弱め、さらに臭みを消す力があります
近年ではいろいろな種類の梅干しが店頭に並び、いろいろな風味や塩加減、甘さなどを楽しむことができます。
自分で梅から吟味し手作りをするのも楽しんだり、市販品で好みのものがみつかるまでいろいろと試してみたりするのもよいでしょう。※6

果物

レモンやオレンジ、グレープフルーツなどの柑橘類の他、イチゴやキウイなどに多く含まれています。
果物はそのまま食べるだけではなく、料理やお菓子作りなどにも幅広く利用することができます。
果物に含まれるクエン酸は、果物に含まれているビタミンCを壊れにくくし、さらに体内に吸収しやすくなるという働きもあります。
スポーツ選手が運動の後に食べているものというと、レモンの砂糖漬けやハチミツ漬けが思い浮かびませんか。
レモンにはたっぷりとクエン酸が含まれ、糖と同じように元気を取り戻す力があります。
レモン以外にもオレンジやイチゴ、キウイ、グレープフルーツなどにもクエン酸はたくさん含まれています
またレモンの酸っぱさは、ビタミンCの風味だと思われていますが、しかし実際にはレモンに含まれる程度のビタミンCでは酸味は感じることができません。
あの独特の酸っぱさは、まさにクエン酸のすっぱさなのです

酢にはクエン酸だけではなく、酢酸などの有機酸が含まれています。
酢の種類は実に多く、原料や製法で酸味や風味が異なるため、それぞれの特性を生かし調理に使うことができます。
主な種類はバルサミコ酢、もろみ酢、黒酢、穀物酢、リンゴ酢、白ワインビネガーなどです。※3、4
酢にもクエン酸はたくさん含まれています。
またクエン酸だけではなく、酢酸などの有機酸も含まれて、酢の種類もとても豊富です。
酢は原料や製法によって酸味や風味が大きく異なるため、酢の特性を生かし調理により使い分けてみましょう。
酢をそのまま水や炭酸水で割って飲んだり、酢を煮詰めて酸味をとばしてもクエン酸の健康パワーは損なわれることはありません
好みの酢を見つけ、美味しい酢の摂り方を探してみましょう

記憶 脳細胞 スマートドラッグ チンキ 男性/こども併用◎ 店舗内2個以上購入で送料無料

冴えるインテリジェンスエキス 20ml ゴツコラ バコパ ブラフミ ツボクサ アダプトゲン 記憶 脳細胞 スマートドラッグ チンキ 男性/こども併用◎ 店舗内2個以上購入で送料無料

 

 

私たちの体を守る「微量ミネラル」の重要性

5大栄養素の一つ、ミネラルには多くの種類がありますが、なかでも見逃されがちなのが「微量ミネラル」と呼ばれるものです。わずかな量でも、私たちの体の機能を正常に働かせるのに大きな役割を担っているため、私たちの体に必須なものとされています。その重要性とはいったいどんなところにあるのでしょうか。

微量ミネラルって、ほかのミネラルとどう違うの?

食物中に含まれている体に必須の成分のうち、炭水化物、タンパク質、脂質を合わせて3大栄養素といいます。そしてこれにビタミンとミネラルを加えたものが5大栄養素です。
私たちの体に必須とされるミネラルは16種類あり、1日の摂取量がおよそ100mg以上の「主要ミネラル(多量ミネラル)」と、100mp未満の「微量ミネラル」に分類することがあります※1。主要ミネラルはカルシウム、リン、イオウ、カリウム、ナトリウム、マグネシウム、塩素の7種類、微量ミネラルは鉄、ヨウ素、亜鉛、銅、セレン、マンガン、コバルト、モリブデン、クロムの9種類です。厚生労働省が作成した「日本人の食事摂取基準(2015年版)」では、1日の摂取量は、主要ミネラルの一つであるカルシウムなら成人男性で650~800mp、成人女性で650mpが推奨されています。一方、微量ミネラルの一つである鉄の推奨量は成人男性で7.0~7.5mp、成人女性で6.0(月経なし)~10.5(月経あり)mp、モリブデンの推奨量は成人男女とも20~25㎍とごくわずかです※2。
そんな微量ミネラルですが、それぞれ働きが異なり、私たちの体の機能を正常に働かせることに貢献しています。

微量ミネラルの中で、特に女性が気を付けてほしいのが鉄です。月経で血液が失われてしまうため、貧血につながりやすいことはご存じでしょう。しかも、貧血のなかで一番多いのが鉄欠乏による貧血です。鉄が不足すると無力感や食欲不振などが起こることがあります。
鉄には「ヘム鉄」と「非ヘム鉄」の2種類があり、動物性食品のレバーや肉、魚類に多く含まれるヘム鉄は、卵や植物性食品(野菜や海藻類)に含まれる非ヘム鉄より体内への吸収率が高いので、食事が植物性食品ばかりに偏らないようにすることが大事です。鉄は健康な人が通常の食事で過剰症となる心配はまずありませんが、サプリメントや鉄製剤は適切に利用しないと過剰摂取が起こることがありますので、医師と相談して利用するようにしましょう。

※1 国立健康・栄養研究所 「ミネラルについて」より

※2 厚生労働省 「日本人の食事摂取基準(2015年版)」より

大塚製薬 ネイチャーメイド スーパーマルチビタミン&ミネラル 120粒

新品価格
¥900から
(2020/1/10 09:07時点)

銅やコバルトも体内にあるの?

金属素材や元素名として以外、あまり耳にする機会の少ない銅やコバルトも、私たちの体内に存在し、鉄とともに血液の産生を助ける働きがあります。
銅は鉄を吸収したり貯蔵をする際に働くほか、骨髄でヘモグロビンを産生するのにも貢献します。そのため、欠乏すると貧血や成長障害などが起こることがありますが、通常の食事をしていれば銅が不足することはありません。しかし、亜鉛を大量に摂取してしまうと銅の吸収が妨げられることがあるという見解がありますので亜鉛の取り過ぎには注意しましょう。
コバルトはビタミンB12の構成成分で、赤血球やヘモグロビンが生成される際に鉄の吸収を促進する働きも持っているといわれています。コバルトは、動物性食品などビタミンB12を含む食品に含まれていますが、納豆ともやしなど一部の食品以外の植物性食品には、あまり含まれていません。しかし、健康な人が通常の食生活を送っていれば、欠乏症や過剰症はほとんど起こらないとされています。これらのことからわかるように、貧血といっても、鉄だけを摂取すれば治るとは限りません。実際、鉄を補充しても貧血が改善されなかったため、コバルトは必須のミネラルとされています。また、ある栄養素が、ほかの栄養素の吸収を促進したり阻害したりすることがありますので、動物性食品や植物性食品だけに偏らないよう、バランスのとれた食事をとることが重要です。

亜鉛不足が招くトラブル

亜鉛は発育や成長を助けたり、インスリンを合成する際にも不可欠な微量ミネラルで、皮膚代謝や糖代謝、免疫にもかかわっています。そして、欠乏すると味覚障害や皮膚炎、食欲不振、免疫機能の低下などを引き起こすことがあります。
亜鉛は牡蠣(かき)に豊富に含まれているほか、肉類や魚介類、豆類、種実類、穀物など多くの食品に含まれています。味噌(みそ)にも多く含まれているので、塩分の取り過ぎには気をつけながら、味噌を調理に活用するのも一つの方法です。これらの亜鉛を含む食材を食べても、普段の食事だけで亜鉛が過剰になることはありません。しかし、薬剤として亜鉛を継続的に過剰摂取した場合には、胃の障害や免疫障害、神経症状が出ることがあるほか、銅や鉄の吸収を妨げることがあります。

体内の過酸化物質から細胞を守ってくれるのがセレンです。セレンは強い抗酸化作用をもつグルタチオンペルオキシダーゼなどの酵素の構成成分です。体内に吸収されやすいため、欠乏の心配はほとんどないとされていますが、土壌に含まれるセレンの量が低い地域では、克山病という心筋症やカシン・ベック症という関節症の一種などが見られ、セレン欠乏の関与が疑われています。その地域は中国北東部やシベリアの一部地域、ニュージーランドなどですが、類似の症例が日本でも報告されていますので、安心はできません。セレンは毒性が強いとされているので、サプリメントなどでの過剰な摂取はリスクが伴います。脱毛や爪の変形、胃腸障害、神経障害、心筋梗塞などが起こる心配があるのです。

ディアナチュラ ストロング39アミノ マルチビタミン&ミネラル 150粒 (50日分)

新品価格
¥1,277から
(2020/1/10 09:08時点)

ほかの微量ミネラルの働きとは

ここまでで触れた成分以外のミネラルのマンガン、モリブデン、クロムに関しては、健康な人が通常の食事をしていれば、欠乏症や過剰症はほとんど見られないとされています。しかし、例外なのはヨウ素です。日本人の食生活では、海藻類などヨウ素が含まれている食品を取る機会が多くあります。そのため、海藻などを過剰に食べ続けた場合などに、甲状腺機能低下や甲状腺腫になった事例が報告されています※3。ちなみに、ヨウ素が欠乏しても甲状腺機能低下が起こるほか、妊娠中に欠乏すると、死産や流産、胎児の先天異常などを招く心配があるので注意しましょう。

酵素の働きをサポートするのに欠かせないのがマンガンです。マンガンスーパーオキシドジスムターゼなどの酵素の構成成分として、抗酸化作用にかかわっているほか、骨代謝、糖や脂質の代謝などにかかわっています。
いくつかの酵素の構成成分となっているモリブデンも、糖や脂質の代謝などにかかわっているほか、体内で尿酸を作り出すために必要な酵素の働きを助けているとされています。
クロムはインスリンの働きを活性化したり、糖質やコレステロール、たんぱく質の代謝にもかかわっているとされていますが、糖代謝に関してクロム以外の働きによるものだという説もあります。
このように、たとえわずかな量であっても体に必須な微量ミネラル。食事のバランスがどれほど重要か、心得ておきましょう。

ディアナチュラ ストロング39アミノ マルチビタミン&ミネラル 150粒 (50日分)

新品価格
¥1,277から
(2020/1/10 09:08時点)

 

 

 










上質な毎日のために、 サプリメントを

上質な毎日のために、
サプリメントを

オプティマルヘルス(最善の健康)を実現し、人生を豊かにする。
役立つのは、サプリメントです。

あなたも、栄養のバランスが崩れていませんか

一日に必要な野菜や果物の日本人の平均摂取量

大塚製薬 ネイチャーメイド スーパーマルチビタミン&ミネラル 120粒

新品価格
¥900から
(2020/1/9 07:53時点)

出典:厚生労働省「平成25年 国民健康・栄養調査の概要」

私たちの体をつくる60兆個もあるともいわれている細胞は、毎日の食事によってつくられています。
必要な栄養素を十分に摂る事ができないと、輝きを失ってしまいます。

つまり、毎日の食事が、あなたの未来の体をつくるのです。
毎日バランスの悪い食事を続ければ、当然バランスの悪い体になっていきます。

しかし実際はどうでしょう。
欠食や間食、偏食を繰り返す現代人の栄養バランスは大きく乱れていることがわかります。

ディアナチュラ ストロング39アミノ マルチビタミン&ミネラル 300粒 (100日分)

新品価格
¥1,904から
(2020/1/9 07:54時点)

現代人に高まる生活習慣病リスク

現代人に高まる生活習慣病リスク

*1 1985年と2005年のトマトにおけるビタミンC含有量の比較

出典:独立行政法人 農畜産業振興機構、月報 野菜情報 2008年11月号、野菜の旬と栄養価〜旬を質、豊かな食卓を〜女子栄養大学 教授 辻村卓氏
*2 出典:日本施設園芸協会編「野菜と健康の科学」作成

欠食や間食、偏食を繰り返す忙しい現代人の栄養バランスは大きく乱れています。
私たちの体は食べたものでできていますから、栄養バランスの崩れた生活が、肌や髪の老化、冷え、肥満など、日々の体の悩みを引き起こす一因となります。

そのような生活が続けば、3大死因といわれるがんや心疾患、脳血管疾患(脳卒中など)の深刻な生活習慣病にもつながってしまうのです。

  • 肌の老化、しわ
  • 白髪
  • 髪のダメージ
  • 疲労の蓄積
  • 肩こり
  • 頭痛
  • 眼精疲労
  • 冷え性
  • 体重増加
  • ドライアイ
  • 便秘
  • 花粉症
  • 風邪
  • 胃潰瘍
  • 物忘れ
  • うつ
  • 白内障
  • アトピー

 

年齢とともに活性酸素を無害化する酵素が少なくなったり、またストレスフルな生活や環境で活性酸素が増加したりすると、さらに悪化します。

土壌の変化や品種改良などにより、昔に比べて野菜や果物の栄養価は減少傾向にあります。
そして、嗜好の変化もあり、調理や保存の過程で食物からビタミンやミネラルが失われるケースも増えています。

食事から、十分な栄養素を摂ることが難しい時代であることがおわかりいただけるはずです。

健康な心と体は、人生を豊かにする

 

DHC マルチビタミン 徳用90日分

新品価格
¥400から
(2020/1/9 07:54時点)

 

 










やっぱりスゴい!ビタミンC最強伝説♡美容や健康に効く注目アイテム&摂取法まとめ

っても!飲んでも!ビタミンCは肌にも健康にも効きまくり!

身近な存在なだけにそれほど重要視してこなかった人も多いはず。でも実は、体内にあればあるだけ役に立つ、とても有能な健康成分。肌にどういい?体にどう効く?改めてそのパワーを調べました。

ビタミンCとは?

ビタミンCは、別名をアスコルビン酸と言います。生命を維持するのに欠かせない栄養素だけど、体内では作り出せないので、外から摂取するしかないのです。

外側からのアクションで見た目のキレイを手に入れる!

外側からビタミンCを取り入れるなら、手っ取り早いのが化粧品。肌にどんな効果があるのか、そのメリットやおさえておきたいポイントをレクチャーします!

Check!ビタミンCは美肌にこんなに効く!

美肌成分のエースといわれるビタミンC。肌にどんな効果をもたらすのか、高濃度ビタミンCによるシミやニキビ治療で有名な青山ヒフ科クリニックのDr.亀山に伺いました。

大塚製薬 ネイチャーメイド C1000mg 200粒

新品価格
¥980から
(2020/1/9 08:02時点)

ディアナチュラ ビタミンC・亜鉛・乳酸菌・ビタミンB2・ビタミンB6 120粒 (60日分)

新品価格
¥486から
(2020/1/9 08:03時点)

DHC ビタミンC(ハードカプセル)徳用90日分

新品価格
¥538から
(2020/1/9 08:03時点)

[海外直送品] ナウフーズ 【2個セット】  ビタミンC1000 ローズヒップ タイムリリース 250粒 Vitamin C-1000 Sust…

新品価格
¥3,938から
(2020/1/9 08:04時点)

 

 










イチョウ葉エキスの効能とは?

イチョウ葉エキスの効能とは?

イチョウ葉エキスの効能とは?
イチョウの葉は、古代中国で5000年以上も昔から漢方治療薬として活用されてきました。欧米でも、今から70年ほど前に成分研究が進められ、ドイツやオーストリアなどでは医薬品として使われている植物です。

イチョウ葉エキスの中には、ポリフェノールの一種である「フラボノイド」と「テルペノイド」という有効成分が含まれており、血管拡張作用・血行促進作用・血液凝固抑制(血液サラサラ)作用があると言われています。

そのため、イチョウ葉エキスサプリは、うつ病や高コレステロール血症、動脈硬化の予防のほか、全身、特に脳の毛細血管の血流を良くしてくれるため、アルツハイマーや認知症の予防、集中力アップの効果が期待でき、お年寄りから働き盛りの方まで幅広い世代から人気のサプリです。

イチョウ葉エキスサプリの選び方

ここでは、イチョウ葉エキスサプリの選び方をご紹介しますね。イチョウ葉は医薬品として使用されるほど効果が期待できるサプリなので、その分しっかりと有効成分について確認することが大切です。

イチョウ葉エキスの含有量をまずチェック

イチョウ葉エキスの含有量をまずチェック
1日に必要なイチョウ葉エキスの量は60mg〜240mgと言われています。初めてイチョウ葉エキスサプリを飲む方はまず100mg前後から始めて、体調変化を見るのが良いでしょう。

イチョウ葉の代表的な有効成分は、「フラボノイド」と「テルペノイド」という成分です。医薬品としてイチョウ葉エキスの研究と品質管理が進んでいるドイツでは、守るべき品質基準は「フラボノイド類を24%以上、テルペノイド6%以上を含有」とされています。イチョウ葉エキスサプリを選ぶ際には、商品の成分表示にこれらの有効成分がどれだけ含まれているかをまず確認しましょう。

ギンコール酸が適切に除去された商品を選んで

ギンコール酸が適切に除去された商品を選んで
イチョウは生命力が強い植物として太古から活用されてきました。その秘密がイチョウ葉が保有している強力なアレルギー物質。このアレルギー物質には「ギンコール酸」という成分が含まれており、そのまま人間が摂取してしまうと、腹痛・湿疹・下痢等の症状を発症してしまうことが報告されています。

そのため、正規製品では製造時にこのギンコール酸を取り除く処理がされています。前述したドイツでは、「ギンコール酸の含有量が5ppm以下」が推奨されている基準。購入する前に成分表示をよく確認し、この成分が取り除かれているものを選びましょう。

症状に合わせてサポート成分を選んで

症状に合わせてサポート成分を選んで
イチョウ葉エキスには、毛細血管の流れを促進して脳の働きをサポートしてくれる作用がありますが、「DHA」のような脳の神経物質の働きを活性化してくれる成分も一緒に摂ることで、さらに頭がスッキリして集中力が増す効果も期待できます。

また、「アスタキサンチン」や「ビタミンB群」など抗酸化作用や抗ストレス作用のある成分と併せて摂ることにより、脳や体を若々しく正常に保ってくれるという嬉しい効果も。ご自身の体の不調に合わせて、イチョウ葉エキスと相性の良い成分が一緒に配合された商品を選んでみてくださいね。


新谷弘実博士監修「新谷酵素」 使用した 酵素サプリメント。

新谷弘実博士監修の活きている酵素「新谷酵素」を使用した、酵素サプリメント。
厳選された素材(発芽玄米や大豆胚芽、黒大豆など)を、酵素力を最大化する麹菌で発酵。
酵素は通常48℃で働きが低下しはじめ、70℃でほぼすべてが失活しますが、この酵素は低温で乾燥。
食生活の乱れにより不足しがちな活きた酵素を手軽に効率良く摂取できます

今さら聞けない! 「なんでビタミンはお肌にいいの?」

 

今さら聞けない!
「なんでビタミンはお肌にいいの?」

「ビタミンは美容に良い」は日本女性の常識!でもホントのところ分かってますか?

五大栄養素(脂肪、糖質、たんぱく質、ビタミン、ミネラル)のひとつ、ビタミン。ミネラルと並んで「微量栄養素」と呼ばれるビタミンは、「多量栄養素」である三大栄養素(脂肪、糖質、たんぱく質)のようにエネルギーになるものではありませんが、わずかな量でも身体を動かすための“潤滑油”として欠かせません。

ビタミンは基本的には身体の中で作ることができないため、食事で補給する必要があります。ビタミンDのように日光を浴びることで体内に生成されるものもありますが、それだけでは必要量に満たないため、やはり食事で補うことが大切です。少量でも身体の機能を維持するのに大切なビタミンは、不足しないように毎日摂りたいものですね。

大塚製薬 ネイチャーメイド マルチビタミン 100粒

新品価格
¥1,182から
(2020/1/4 09:33時点)

 

ビタミン 肌-女性サポート

たくさん種類があるビタミン、何がどう違うの?

ビタミンには大きく分けて脂溶性と水溶性があります。

それぞれの種類と特徴は以下の通りです。

<脂溶性>

ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK

脂溶性ビタミンは水にほとんど溶けず、油と一緒に摂ると吸収率がアップします。ビタミンA、D、Kは、体内に蓄積されやすいと言われています。

・ビタミンA:皮膚や粘膜の健康維持を助けます。レバー、うなぎ、卵や、にんじんといった緑黄色野菜などに含まれます。

・ビタミンD:腸管でのカルシウムの吸収を促進し、骨の形成を助けます。ちりめんじゃこなどの魚介類、しいたけなどのきのこ類、卵類に含まれます。

・ビタミンE:抗酸化作用により、体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助ける栄養素です。アーモンドなどのナッツ類や魚介類、べにばな油などに含まれます。

・ビタミンK:正常な血液凝固能を維持する栄養素です。納豆やほうれん草などの緑黄色野菜などに含まれます。

 

<水溶性>

水溶性ビタミンは、水に溶けやすく、身体から排出されやすいといった特徴があります。加熱や水洗いなどで壊れやすいので、調理や保存には工夫が必要です。

・ビタミンC:皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに、抗酸化作用を持つ栄養素です。レモン、赤ピーマンなどの野菜、果物に多く含まれます。

・ビタミンB群:B1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンがあります。野菜、卵、肉、魚類などに多く含まれます。

具体的に、各ビタミンが多く含まれている食材は以下のようなものです。

ビタミンB1・・・炭水化物からのエネルギー産生と皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。豚肉・大豆などに含まれます。

ビタミンB2・・・皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。鶏卵・レバーなど、B6はさんま・バナナなどに含まれます。

ビタミンB12・・赤血球の形成を助ける栄養素です。豚レバー・あさりなどに含まれます。

ナイアシン・・・皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。まぐろの赤身・たらこなどに含まれます。

パントテン酸・・皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。納豆・レバーなどに含まれます。

葉酸・・・・・・赤血球の形成を助ける栄養素です。胎児の正常な発育に寄与する栄養素です。牛レバー・ほうれん草などに含まれます。

ビオチン・・・・皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。カレイ・大豆などに含まれます。

 

ビタミン 肌-女性サポート

ビタミン豊富な食材で美容も体重管理も!

ビタミンを上手に摂取するコツは、なるべく多くの種類の野菜を食べることです。さらに1日に必要な野菜量のうち、緑黄色野菜を適切な割合で摂るようにすると良いと言われています。

ただし摂りすぎには気を付けて、サプリメントなどで補う場合は使用量を守るようにしてくださいね。

 

まとめ

不規則な生活はビタミン不足を招くことがあります。健康を維持するには、規則正しい生活を送るとともに、食事から水溶性・脂溶性ビタミンを過不足なく摂取することが大事です。日常的な食生活ではビタミンを摂りすぎることはほとんどないので、各ビタミンを毎日まんべんなく積極的に摂るようにしましょう。

 

 










本当に体に良いの? ココナッツオイルの魅力に迫る


ジャローフォーミュラズ(Jarrow Fromulas) エキストラバージンココナッツオイル 454g [並行輸入品]

新品価格
¥981から
(2019/12/29 09:26時点)

ココナッツオイルとはどんなオイル

ココナッツオイル - 食生活

ココナッツオイルはココヤシからつくられる油で、種子の中の胚乳から抽出・精製してつくります。主な産地はフィリピン・スリランカ・インドネシア・タイ・インドなど。ココナッツオイルの用途はさまざまで、食用油のほか、シャンプー・ボディーソープ・洗顔料・化粧品・ハンドクリームなどにも配合されています。

ココナッツオイルは飽和脂肪酸が多く、酸化しにくい性質をもっています。美容や健康を意識して抗酸化作用のあるオイルを使いたいなら、ココナッツオイルを選んでも良いでしょう。ただし飽和脂肪酸はLDL(悪玉)コレステロールの値を高める可能性があるため、摂りすぎには注意が必要です。

ココナッツオイルの主成分と効果

ココナッツオイル - 食生活

ココナッツオイルは中鎖脂肪酸に分類される油です。EPA(魚油)・オリーブオイル・大豆油などの長鎖脂肪酸と比べると、中鎖脂肪酸は体内で素早く消化吸収、代謝される性質があります。ココナッツオイルのカロリーは高めですが、エネルギーとして消費されやすいため、体脂肪になりにくいのが特徴です。また中鎖脂肪酸にはビタミン・ミネラル・カルシウムなどの吸収を高める効果もあるとされています。

また、中鎖脂肪酸のうち「ラウリン酸」が多く含まれているのも、ココナッツオイルの特徴のひとつです。ラウリン酸は母乳にも含まれる成分。免疫力が低い赤ちゃんは母乳を摂取することで、細菌やウイルス感染から守られています。ラウリン酸が唾液に含まれる酵素と混じると「モノラウリン」という物質に変化し、体内で抗菌・抗ウイルス作用を発揮するのです。ほかにもラウリン酸には、腸内環境を整えるはたらきがあるともいわれています。

 

まとめ

食べてもよし、肌や髪などに塗ってもよしと、体にとってさまざまな効果が期待できるココナッツオイル。ただしカロリーが高めなので、食事などで摂取するときは摂りすぎに注意してくださいね。