栄耀学 7 Eiken Gaku 7  American Holistic College of Nutrition

The very same acid in the form of iron, potassium, sodium, or calcium oxalates, as found in rhubarb, sorrel leaves, etc. is quite harmless and these herbs are consumed in great quantities by both man and animals.

They are grown and freely distributed to all parts of the civilized world and no one claims they are injurious; in fact, rhubarb is one of our best laxative and blood purifying herbs, while sorrel leaves in the fresh state are extensively used in salads and highly recommended by both ancient and moderne herbalists for scurvy or scrofula. Sheep sorrel, as it is commonly called, has also been used for reducing adipose tissue, in treatment of foul and sloughing ulcers and for cancer. It belongs to the family known as Polygonaceae or the Buckwheat family.

Another remarkable instance of the opposite effect produced by the use of inorganic as opposed to organic matter is seen in sulfur.

Several of our very best therapeutic agents are members of this family, such as yellow dock (Rumex crispus) and several others. All of them are iron containing, and each and every one of them contains oxalates from 2 to 40 percent. They will be dealt with fully later in this course of study.

Inorganic sulfur is usually administered in the form of powder called flowers of sulfur. In this form, it will circulate through the system and the greater part of it will be thrown out through the pores of the skin unchanged, showing that it has not been assimilated by the cells, but rejected. The injurious effects of mineral sulfur, however, are caused by its affinity for iron and also its destruction of ferments and enzymes and too, by its generation of sulfurous and sulfuric acids within the organism.

It steals the iron from food and blood, forming iron sulfide, which constipates and

Taken internally, this form of iodine

dries up the several secretions of the digestive tract. It steals nascent hydrogen from the fluids and tissues forming sulfur trioxide or hydrogen sulfide. This is the foul smelling gas we have all been revolted at, which is given off by decaying organic matter, animal and vegetable. It is the smel of rotten eggs, putrid sores, fecal matter, decaying flesh, etc.

Now on the other hand, the organic sulfur in onions, watercress, marigold flowers, garlic, and asafetida are all used as flavoring agents for food and healthful condiments. And, although certain people have individual antipathies to any or all of them, they are nevertheless very virtuous, nonpoisonous forms of organic sulfur which have, and still do restore the organic sulfur which has been lost in purulent disease and decay of tissues to the cells and organs. These also will be fully dealt with in the course of these lessons.

We will take a cursory glance at one more important item of evidence showing the incalculable injury that can be done to the human organism by the administration of inorganic substances, more especially those elements which have been artificially made or separated from organic matter by the action of violent acids, alkalies, or reduction to ashes by burning.

This universally-used and insidious poison is commonly called iodine. This element is found naturally combined with sodium, potassium, calcium, and manganese in seawater, mineral springs, and marine plants and animals, but in exceedingly minute quantities. There are only 37 parts of iodine in 100,000 parts of cod liver oil.

The commonly used iodine is obtained from the ashes of burnt kelp, dissolved in water; the solution is then evaporated. The iodine is liberated by the action of chlorine aided by heat, and then condensed. acts both as a local irritant and as a true

poison. It slowly decomposes water-stealing hydrogen to form hydrogen iodide. This in ham gives off white fumes on contact with air and has a powerful acid reaction. Mixed with oxygen, it decomposes in the dark, forming water and liberating iodine, which again carries on its devastating effects upon the gastric organs and fluids producing a long chain of disasters.

The gas previously mentioned under sulfur; namely sulfur anhydride, is decomposed by iodine, once more forming hydrogen iodide and freeing sulfur; and we mave seen what sulfur does.

This inorganic iodine is a most insidious and injurious substance that upsets and disorganizes all the digestive fluids producing various forms of dyspepsia, severe gastric pain, indigestion, foul gaseous eructations, and inability to assimilate food. This so-called specific disease is named modism. It by no means confines its disruptive action to the gastric organs, nor does it have to be taken internally to poison the body; for if it be painted on the throat or any other part of the body, it can be traced in the urine in from 30 to 40 minutes.

The test and proof is very simple. Paint iodine on the throat. Forty minutes Later urinate into a receptacle containing starch. If iodine is present there will be a Wiolet color.

Now to the difference manifested in the action of organic iodine; and what a vast difference there is. Every saline aquatic plant contains iodine in combination with

sodium, potassium, calcium, and manganese; also phosphates, sulfates, chlorides, bromides, etc. They are all nonpoisonous, nutrient foods, antiscorbutics and vulnerary plants of the highest order. Here are two in particular that for thousands of years have been used successfully in the treatment and cure of chronic disease.

Bladderwrack (Fucus vesiculosus). It is an alterative of great virtue, especially in obesity, reducing fatty acids and tending to rid the system of useless waste matter.

Irish Moss (Chondrus crispus), a remarkable demulcent, nutrient, and dietetic providing the organism with what are loosely called vitamins, in the form of chlorides, iodides, bromides, phosphates and sulfates of sodium, potassium, calcium, and magnesium. All of them are positive organic salts, absolutely necessary to the healthy metabolism of the human body. This whole family of herbs is fully described, together with their therapeutic application.

Positively hundreds of instances could be cited to prove the deleterious effect of the application of inorganic matter and the positive curative effect of the intelligent application of nature’s great store of organic remedies — herbs — in the treatment of pathological conditions of the human organism. But surely these three examples are sufficient to convince the most skeptical. I sincerely hope I have made that clear without trying your patience.

se

Copyright © 2002: American Holistic College of Nutrition

ルバーブ、スイバの葉などに見られる、鉄、カリウム、ナトリウム、またはカルシウムのシュウ酸塩の形のまったく同じ酸は全く無害であり、これらのハーブは人間と動物の両方によって大量に消費されます。

それらは成長し、文明世界のすべての部分に自由に分配され、彼らが有害であると主張する人はいません。実際、ルバーブは私たちの最高の緩下剤および血液浄化ハーブの1つであり、新鮮な状態のスイバの葉はサラダで広く使用されており、壊血病またはスクロフラに古くから現代の薬草師によって強く推奨されています。ヒツジのスイバは、一般に呼ばれているように、脂肪組織の減少、潰瘍や脱落性潰瘍の治療、およびがんにも使用されています。それはタデ科またはソバ科として知られている家族に属しています。

有機物ではなく無機物を使用することによって生じる逆の効果の別の顕著な例は、硫黄に見られます。

イエロードック(Rumex crispus)など、当社の最高の治療薬のいくつかはこのファミリーのメンバーです。それらはすべて鉄を含んでおり、それらのそれぞれが2から40パーセントのシュウ酸塩を含んでいます。これらは、この学習コースの後半で完全に扱われます。

無機硫黄は通常、硫黄の花と呼ばれる粉末の形で投与されます。この形では、それはシステムを循環し、その大部分は変化せずに皮膚の毛穴から排出され、細胞に吸収されずに拒絶されたことを示します。しかし、ミネラル硫黄の有害な影響は、鉄への親和性、発酵物および酵素の破壊、さらには有機体内での亜硫酸および硫酸の生成によって引き起こされます。

食物や血液から鉄を盗み、硫化鉄を形成します。

内部で撮影された、この形態のヨウ素

消化管のいくつかの分泌物を乾燥させます。液体や組織から発生期の水素を盗み、三酸化硫黄または硫化水素を形成します。これは私たち全員が反乱を起こした悪臭ガスであり、有機物、動物、野菜の腐敗によって放出されます。それは腐った卵の臭い、腐ったただれ、糞便、腐敗した肉などです。

一方、タマネギ、クレソン、マリーゴールドの花、ニンニク、アサフェティダに含まれる有機硫黄は、すべて食品や健康的な調味料の香料として使用されています。また、特定の人々はそれらのいずれかまたはすべてに対して個別の反感を持っていますが、それでもなお、彼らは非常に好意的で無毒な形態の有機硫黄であり、化膿性疾患および細胞の組織の崩壊で失われた有機硫黄を保持しています。と臓器。これらはまた、これらのレッスンの過程で完全に対処されます。

私たちは、無機物質、特に人為的に有機物質から作られたり分離されたりした元素の投与によって人体にもたらされる計り知れない損傷を示す証拠のもう一つの重要な項目をざっと見ます。激しい酸、アルカリ、または燃焼による灰への還元。

この普遍的に使用される潜行性の毒は、一般にヨウ素と呼ばれます。この元素は、海水、鉱泉、海洋動植物に含まれるナトリウム、カリウム、カルシウム、マンガンと自然に結合して発見されますが、ごく微量です。タラ肝油100,000部に含まれるヨウ素は37部のみです。

一般的に使用されるヨウ素は、焼けたケルプの灰から得られ、水に溶けています。その後、溶液を蒸発させます。ヨウ素は、熱に助けられた塩素の作用により遊離し、凝縮します。局所刺激物質としても、真の

毒。それは水を盗む水素をゆっくり分解してヨウ化水素を形成します。ハムのこれは、空気と接触すると白い煙を発し、強力な酸反応があります。酸素と混合すると、暗闇の中で分解し、水を生成し、ヨウ素を放出します。これは、胃器官と体液に壊滅的な影響を及ぼし、長い災害をもたらします。

硫黄の下で前述したガス。すなわち、無水硫黄はヨウ素によって分解され、再びヨウ化水素を形成して硫黄を遊離します。そして硫黄が何をするのか見ました。

この無機ヨウ素は、すべての消化液を混乱させて混乱させる最も陰湿で有害な物質であり、さまざまな形態の消化不良、激しい胃痛、消化不良、ガス状の性的排便、および食物同化不能を引き起こします。このいわゆる特定の病気は、モディズムと呼ばれます。破壊的な作用を胃器官に制限することも、身体を毒するために体内で摂取する必要もありません。喉や体の他の部分に塗られている場合、30〜40分で尿中に追跡できます。

テストと証明は非常に簡単です。のどにヨウ素を塗ります。 40分後に澱粉を入れた容器に排尿します。ヨウ素が存在する場合、Wiolet色があります。

で明らかになった違いにルバーブ、すいばのはににみれる、てつ、かりゅうむ、なとりゅむ、またわかるしゅうしゅのしゅうさん、しおのかたちのまたくオナジさんはまったくむいであり、コレラのはぶはにんげんとどうぶつようにょしょそれは青少年、文明世界のすててのぶんににゅうににんぱいされ、かれらがゆいがいだるとしゅうしゅるするひとはいません。じさい、るばぶは、わたしのさいこうのかんげざいおおきびけつえいじょうかははぶのつであり今ます。羊のスイバは、一杯に食べてみるよに、しぼうしきしんのげんしょう、かいようやだらくせいせいかいようのちょうりょ、よびがにもしょれます。それはただかそばかかとしてしらしていているかに似てます。ゆきぶってでわぬくむきぶつをしょるすることによってしょうじるぎゃくのこうかのべつのけんちょんれいは、いおにまれます。イエロドック(Rumex crispus)など、東社の彩色の知名度の約束ははこの家族のメンバデスです。それなら、それは鉄をふくんで織、それはそれのそれが2から40ぱんせんのしゅうさんしゅうをふくんでいます。コレラは、この学修コースの公演で完全に熱くなっています。むきいおはつじょう、いおの花とよばれるふるまつのかたちでとようさます。この片方は、それはシステムをじゅんかんし、その大分文は変かせずにひふのけないからはいしゅつされ、さいぼうにゅうしゅうしゅうしゅうにきょうしょをします。しかし、みねるいのゆいがなえいぎょはは、てえへのしんわせい、はっこうものようびこうそうのはかい、さらにはゆきてきたいないでのりゅうさんのりょうりゅうさんのせいせいにきこえますます。しょくもつけつえきからてをおぬすみ、りゅうかてつをけいせいします。ナイーブでサツエイサーレタ、このケータイのようもと本翔館館の生活かいのぶんぶんぶつをおかんそうさます。えきたいやしきからからせっせいのすいそおをぬすみ、さんさんかいおうまつわりゅうかすいぞうをけいせいします。これは私たちの前にがらんをおおきした悪臭ガスデアリ、ゆきぶつ、どぶつ、やさいのふうににいてほしゅうします。それは草だったたまごのにい、草だっただれ、ふんべん、風下したになです。一ポー、玉ねぎ、クレソン、マールゴルドの華、ニンニク、アサフェティダにふくめるるゆきいおは、すべて食屋や研tekのちょうみりょうのこうりょうとしてしょしています。また、特別な人はそれのいずらかぞうきへ。コレラはまた、コレラの休息の家庭で完全に大正されます。私たち、ムキ物資、トクニ人手にゆき物物からつられたぶんぶりされたしげんげんのようににようて人体にもたれれれはかりしれないしょしょうおしめしょしょのもーしょんこうもーみょくもーくはげしīさん、あるかり、また年中に夜はえへの環元。この風に乗ってしょんさるるせんこうせいのドクは、いっぺんにようもととよばれます。河原幻想は、海水、甲仙、海洋道化に二福るるナトリウム、カリュウム、カルシウム、マンガと自然に結集して八剣さままが、極美です。たらかんゆ100、000ぶにふくめるようはは37ぶのみです。一杯でしょいるさよる本は、やけたケルプのはからへまれ、水にとけてます。そごう、よきえをじょはつます。ようもとは、寝にたすまれた円enのさようによりゆりし、行宿します。極少しぶしししてして、しんのどく。それはみずをぬすむすいそをゆっくりぶんかいしょようかすいそをけいします。ハムのこれは、空と殺すスルトしろいけむりをして、きょうりょくなさんはんのがあります。山荘とこんごうする、くらやみのなかで文海市、水を清し市、ようもとをほしつします。これは、いかんかんとたいていにけいめいてきてえいきょうをおおぼしし、ながいさいがいをもらします。硫黄の下で全術したガス。スナワチ、無衣はは本にようになって会いました、二人旅はかすいそうをけいしていてをおゆりします。抱いて硫黄がなをするのを見ました。このむきよう本は、すべてのしょうかえをこんらんさせてこんらんさてるもったもゆんしゅつしゅうしゅつあつし、さまざまなけいなのしょうかふりょう、はげしゅうしょ、しょうかふりょう、おしょこせいせいかんこのいわゆる特撮の同盟は、モディズムとよばれます。破られてさようさいをきかんにせいげるすることも、からだをつくるためにたいせんせいせいするひつようもありません。のどやからのたのぶぶんにぬれているイルばい、30〜40ぶでにょにゅうにつきせきます。てすととしょうははひじょうにかんたんです。のどにようもとをぬります。 40ぶごにでんぷんをいれたようににいようします。羊がいるざんざいするばぁい、Wiolet色があります。で輝くになったちがいに

 

栄養学 6 Herbology Lesson

Herbology Lesson

According to Webster, the word inorganic is described as: 1. Not organic; not endowed with, or subjected to, organization; devoid of an organized structure, or the structure of a living being; unorganized; as rocks, minerals and all nonliving chemical compounds and elements are inorganic. 2. Pertaining to or embracing substances or species, as inorganic chemistry; inorganic forces; the inorganic kingdom.

The word organic is described by the same authority as pertaining to an organ or its functions; consisting of organs or containing them; as the organic structure of the human body or of plants.

It will be seen plainly wherein the difference lies, but it is necessary to go a step farther in order to fully grasp the real difference. The end product of combustion, of organic matter particularly, is largely carbon dioxide, and both animal and human metabolism is considered today to be a slow process of oxidation. The human body always contains much more oxygen than any other element. The word oxygen is derived from the Greek meaning “to bring forth.”

The only breathable oxygen produced by nature is from the leaves or lungs of plants and given off to the atmosphere in abundance.

Carbon dioxide does not and cannot support the life of the human or animal cell, but it is absorbed into the organism of the plant, the carbon being used for structural purposes and the oxygen being breathed out.

The very breath of human life is, therefore, dependent upon the vegetable or herb kingdom. Holy Scripture says, “The fruit thereof is for meat and the leaves for the powerful escharotic poisons known. One dram will quickly prove fatal by destroying the organic structure of any tissue it touches, literally eating away tissues of the mouth,

healing of the nations,” and modern science verifies that fact.

We know well that the herb can and does assimilate inorganic mineral matter, and that through some mysterious and unknown alchemy convert this inert and lifeless matter into living organic material, which, when presented to the animal or human cell, is hungrily absorbed, sustaining and renewing its life process.

We also know that the life process of the human cell cannot be sustained by any element or compound obtained directly from the inorganic kingdom.

Even oxygen in the air we breathe is diluted with 79.07 percent nitrogen by volume, or 77 percent nitrogen by weight.

If pure oxygen is inhaled for more than a comparatively short length of time, it will destroy the tissues by burning them. If a mouse is placed into a large jar of oxygen, he will frisk about and be excessively active for 20 or 30 minutes, and then drop dead. But the oxygen from plants, used as food and medicine, does not so destroy.

Here we shall give one or two examples of the effect of organic and inorganic compounds or elements upon the human organism, in order to prove beyond doubt the destructive effect of the one and the beneficial effect of the other.

Oxalic acid does not occur free in nature, but is found in combination with sodium, potassium, calcium, iron, and manganese in the juices of many plants, such as rhubarb, sorrel, oak bark, cinchona, yellow dock, etc.

Oxalic acid is prepared artificially by oxidizing sugar and starch with nitric acid, and in this form is one of the most esophagus, stomach, duodenum, and finally perforating the peritoneum and approximately 30 minutes after swallowing and after great suffering, will result in

Copyright © 2002: American Holistic College of Nutrition

ハーブ学レッスン
ウェブスターによると、無機という言葉は次のように説明されています。組織に恵まれていない、または組織に服していない組織化された構造、または生物の構造がない;未組織;岩、鉱物、およびすべての非生物の化合物と元素は無機であるためです。 2.無機化学としての物質または種に関する、または包含する。無機的な力;無機の王国。
有機という言葉は、臓器またはその機能に関するものと同じ権威によって説明されています。臓器からなるか、それらを含む;人体または植物の有機構造として。
違いがどこにあるのかがはっきりとわかりますが、実際の違いを完全に把握するには、さらに一歩進む必要があります。特に有機物の燃焼の最終生成物は主に二酸化炭素であり、動物と人間の両方の代謝は今日、遅い酸化プロセスであると考えられています。人体は常に他のどの要素よりもはるかに多くの酸素を含んでいます。酸素という言葉は、ギリシャ語の「もたらす」という意味に由来しています。
自然によって生成される唯一の呼吸可能な酸素は、植物の葉または肺からのものであり、大気中に豊富に放出されます。
二酸化炭素は、人間または動物の細胞の生命を支えず、支えることもできませんが、植物の生物に吸収され、構造上の目的に使用され、酸素が排出されます。
したがって、人間の生命の息吹は、野菜やハーブの王国に依存しています。聖書は次のように述べています。「その果実は肉用であり、葉は知られている強力な毒用です。 1つのドラムは、触れる組織の有機構造を破壊し、文字通り口の組織を食いつぶすことで、致命的であることがすぐにわかります。
国家の癒し」と現代科学はその事実を検証します。
私たちは、ハーブが無機ミネラル物質を吸収し、吸収すること、そしていくつかの神秘的で未知の錬金術により、この不活性で生命のない物質を生きた有機物質に変換することをよく知っています。ライフプロセスを更新します。
また、無機細胞界から直接得られた元素や化合物では、ヒト細胞の生命過程を維持できないこともわかっています。
私たちが呼吸する空気中の酸素でさえ、体積で79.07パーセントの窒素、または重量で77パーセントの窒素で希釈されます。
純粋な酸素を比較的短い時間以上吸入すると、組織が燃焼して組織が破壊されます。マウスを酸素の大きな瓶に入れた場合、彼は20から30分間動き回って過度に活発になり、その後死んでしまいます。しかし、食物や薬として使用される植物からの酸素はそれほど破壊しません。
ここでは、一方の破壊的効果と他方の有益な効果を疑いなく証明するために、有機および無機化合物または要素が人間の生物に及ぼす効果の1つまたは2つの例を示します。
シュウ酸は自然界では遊離していませんが、ルバーブ、スイバ、オークの樹皮、キナ、黄色のドックなど、多くの植物のジュースに含まれるナトリウム、カリウム、カルシウム、鉄、マンガンと組み合わせて発見されます。
シュウ酸は、砂糖と澱粉を硝酸で酸化することにより人工的に調製され、この形態では最も食道、胃、十二指腸の1つであり、最終的に腹膜に穴をあけ、嚥下後約30分で大きな苦痛の結果、
Copyright©2002:アメリカンホリスティックカレッジオブ栄養
17

サプリメント・ビタミン あなたも、栄養のバランスが崩れていませんか?

 

dav

 

 

 

ディアナチュラ ビタミンC・亜鉛・乳酸菌・ビタミンB2・ビタミンB6 120粒 (60日分)

新品価格
¥486から
(2019/10/4 19:53時点)

ビタミンCと亜鉛・乳酸菌が一緒に摂れる
2粒にビタミンC 1000mgと乳酸菌、1/3日分※の亜鉛を配合。※栄養素等表示基準値(18歳以上、基準熱量2,200kcal)より算出。毎日の健康づくりに。1日2粒が目安です。

食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

こんな方におすすめです:食事のバランスが気になる方、野菜・果物不足が気になる方、健康的な毎日を送りたい方

 

あなたも、栄養のバランスが崩れていませんか?

一日に必要な野菜や果物の日本人の平均摂取量

出典:厚生労働省「平成25年 国民健康・栄養調査の概要」

私たちの体をつくる60兆個もあるともいわれている細胞は、毎日の食事によってつくられています。
必要な栄養素を十分に摂る事ができないと、輝きを失ってしまいます。

つまり、毎日の食事が、あなたの未来の体をつくるのです。
毎日バランスの悪い食事を続ければ、当然バランスの悪い体になっていきます。

しかし実際はどうでしょう。
欠食や間食、偏食を繰り返す現代人の栄養バランスは大きく乱れていることがわかります。

現代人に高まる生活習慣病リスク

現代人に高まる生活習慣病リスク

厚生労働省「平成22年(2010)人口動態統計(確定数)の概要」より作成

食物の栄養価の変化

*1 1985年と2005年のトマトにおけるビタミンC含有量の比較
出典:独立行政法人 農畜産業振興機構、月報 野菜情報 2008年11月号、野菜の旬と栄養価〜旬を質、豊かな食卓を〜女子栄養大学 教授 辻村卓氏
*2 出典:日本施設園芸協会編「野菜と健康の科学」作成

欠食や間食、偏食を繰り返す忙しい現代人の栄養バランスは大きく乱れています。
私たちの体は食べたものでできていますから、栄養バランスの崩れた生活が、肌や髪の老化、冷え、肥満など、日々の体の悩みを引き起こす一因となります。

そのような生活が続けば、3大死因といわれるがんや心疾患、脳血管疾患(脳卒中など)の深刻な生活習慣病にもつながってしまうのです。

  • 肌の老化、しわ
  • 白髪
  • 髪のダメージ
  • 疲労の蓄積
  • 肩こり
  • 頭痛
  • 眼精疲労
  • 冷え性
  • 体重増加
  • ドライアイ
  • 便秘
  • 花粉症
  • 風邪
  • 胃潰瘍
  • 物忘れ
  • うつ
  • 白内障
  • アトピー

 

年齢とともに活性酸素を無害化する酵素が少なくなったり、またストレスフルな生活や環境で活性酸素が増加したりすると、さらに悪化します。

土壌の変化や品種改良などにより、昔に比べて野菜や果物の栄養価は減少傾向にあります。
そして、嗜好の変化もあり、調理や保存の過程で食物からビタミンやミネラルが失われるケースも増えています。

食事から、十分な栄養素を摂ることが難しい時代であることがおわかりいただけるはずです。

健康な心と体は、人生を豊かにする

だから必要なのは、サプリメント。

サプリメントがあれば、足りていない栄養素をいつでもどこでも摂ることができます。そして、余分な脂肪を摂取することもありません。

サプリメントに大切なのは、有用で高い栄養価があり、確かで安心な品質が証明されていること。そして、活性酸素吸収力に優れた栄養素であるファイトケミカルスが豊富に含まれていることです。

それらをすべて満たすニュートリライトは、あなたのオプティマルヘルス(最善の健康)の実現の一助となります

スッキリ飲みやすい! リンゴ酢の健康効果とアレンジレシピ

リンゴの果汁を発酵させた、フルーティーな⽢味と酸味が特徴の「リンゴ酢」。⽇常的に摂取するセレブが増えたことなどをきっかけに、アメリカでは数年前から注⽬されています。
その健康効果や美容効果、ダイエット効果から、⽇本でも⼈気急上昇中。数あるお酢の中でも特にミネラルや酵素を豊富に含んでおり、栄養価に優れていることも特徴です。
今回はそんな「リンゴ酢」の健康効果と、簡単に楽しめるアレンジレシピをご紹介しま しょう。

⽬覚めもスッキリ!フルーツジュースや⽜乳にリンゴ酢をプラス

リンゴ酢 - 食生活

健康意識や美容意識の⾼い⼥性たちに⼈気のリンゴ酢。毎⽇残業に追われ、夜はほとんど外⾷……といった忙しい⼈は、朝にリンゴ酢を摂ってみてはいかがでしょうか。

いつものフルーツジュースや⽜乳にプラスすれば、リンゴ酢の酸味がよりマイルドになって飲みやすくなりますよ。酸味が苦⼿な⼈でも美味しく飲むことができます。

 

ダイエットやむくみ対策にも注⽬!

2018 年には、⽇本の医⼤教授がリンゴ酢を使ったみそ汁を考案し、リンゴ酢にはむくみを取る効果があると紹介し、話題となりました。

 

ドリンクにも料理にも万能に使える!

リンゴ酢 - 食生活

リンゴ酢はドリンクから料理まで、多彩な使い⽅を楽しめるのが魅⼒。ピクルスはもちろん、ワカメの和え物や野菜のマリネなどを作る際にも活躍します。ドレッシングに混ぜれば、いつものサラダがワンランク上の味わいになりますよ。

リンゴ酢をおいしく楽しめるレシピをご紹介!

 

<リンゴ酢の炭酸ドリンク>

材料(⼀⼈分)

・リンゴ酢 ⼤さじ2

・炭酸⽔ 200ml

 

作り⽅

コップに炭酸⽔を⼊れてリンゴ酢を加え、軽く混ぜ合わせれば出来あがり。炭酸の爽快感とリンゴ酢の⽢酸っぱさが絶妙なコンビネーションです。

 

<リンゴ酢⼊りヨーグルトドリンク>

材料(⼀⼈分)

・⽜乳 150ml

・ヨーグルト ⼤さじ4

・リンゴ酢 ⼤さじ1

・ハチミツ ⼩さじ2

 

作り⽅

コップに⽜乳、ヨーグルト、ハチミツを⼊れて混ぜ合わせます。仕上げにリンゴ酢を⼊れて軽く混ぜたら完成!ラッシーのような濃厚なミルキー感とマイルドな酸味を楽しめますよ。

 

<ワカメときゅうりのリンゴ酢和え>

材料(⼀⼈分)

・⽣ワカメ 15g

・きゅうり 4 分の1 本

・リンゴ酢 ⼤さじ1

・しょうゆ ⼩さじ2 分の1

 

作り⽅

⽣ワカメを⽔洗いして塩を洗い出し、⾷べやすい⼤きさに切ります。薄くスライスしたきゅうりを合わせ、リンゴ酢、しょうゆを⼊れて軽く和えたら出来あがり。いつもの酢の物がまろやかな味わいになりますよ。

 

<プチトマトのリンゴ酢マリネ>

材料(⼀⼈分)

・プチトマト 5 個

・⽟ねぎ 8 分の1

・リンゴ酢 ⼤さじ1

・オリーブオイル ⼩さじ2

・塩こしょう 少々

 

作り⽅

ボウルにリンゴ酢、オリーブオイル、塩こしょうを⼊れ、よく混ぜ合わせます。みじん切りにした⽟ねぎとプチトマトに、マリネ液をしっかり馴染ませれば完成!リンゴ酢をプラスすると、フルーティーでスッキリした味わいに。

 

まとめ

最近では、⽇本でも「リンゴ酢」にますます注⽬が集まっています。毎⽇の⾷⽣活に少しずつ取り⼊れて、健康な⾷⽣活を⼼がけてみてはいかがでしょうか。

レスベラトロール

レスベラトロール

ターンオーバーを正常化し、美肌に導く

人間の体は約60兆個の細胞からできていて、その細胞が生まれ変わりを繰り返すことで、若々しさを保つことができます。
細胞の生まれ変わりは、肌の美しさに大きく関わります。
肌は、表面に近いところから表皮・真皮・皮下脂肪組織という3つに分けられます。表皮で起こる細胞の生まれ変わりを新陳代謝(ターンオーバー)といいます。表皮で生まれた細胞が表面に押し上げられ、最後に垢となって剥がれ落ちるまでが約28日間であることが理想的なターンオーバーの周期だといわれています。
しかし、年齢とともに、細胞の生まれ変わる機能は低下し、ターンオーバーが正常に行われなくなり、肌細胞の入れ代わりの周期も乱れます。そのため、40歳代では、40日程かかるともいわれており、生まれ変わった新しい細胞より、古い細胞の残る割合が多くなってしまいます。これが老化です。
レスベラトロールは、そんな細胞の生まれ変わりを助ける、ターンオーバーを正常化し、理想的な周期に近づけます。それにより元気で若々しい細胞がつくられ、美肌に導いてくれます。

ターンオーバーの仕組み

ターンオーバーが乱れた肌 → 理想的なターンオーバー

肌の潤いと弾力の維持、シワの予防

肌は適度な弾力と強度をもっていますが、これは、肌の真皮に存在しているコラーゲンとエラスチン、水分を保持しているヒアルロン酸などのムコ多糖類[※]によって構成されています。肌の真皮は、真皮全体の約70%を占めるコラーゲンで網の目のように張り巡らされています。その網の目部分を結び付けるように支えているのがエラスチンです。エラスチンは真皮全体の約5%程しか含まれていませんが、コラーゲン同士を結び付け、肌を内側から支える重要な働きをしています。
真皮のエラスチンとコラーゲンによる網目状の構造がしっかりとしていることと、その間を埋めているヒアルロン酸が十分な水分を保持していることによって、肌のハリや弾力が保たれます。

肌に紫外線があたるなどして炎症が起きると、コラゲナーゼ、エラスターゼ、ヒアルロニダーゼという酵素が活性化され、それぞれがコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を分解してしまいます。分解され、バランスが崩れると肌の潤い、弾力がなくなり、シワやたるみの原因となります。レスベラトロールはそれら分解酵素の活性を抑える効果を持っており、肌の潤い、弾力の維持、シワの予防効果が期待されています。
※ムコ多糖類は、細胞と細胞をつなぐ役目をしています。皮膚や間接、内臓などに存在します。

シミの予防

シミとは皮膚の中で発生したメラニン色素が表皮に沈着した薄黒い斑点のことです。シミの原因にはストレス、睡眠不足、年齢によるものなど様々ありますが、最も大きな影響としてよく知られているのが紫外線です。
紫外線を浴びると、肌の奥の方で「チロシナーゼ」という酵素の働きが活発になります。チロシナーゼはメラノサイトを刺激し、メラニン色素がつくられます。このメラニンがシミのもとになります。
レスベラトロールにはチロシナーゼの働きを抑制する効果があります。チロシナーゼの働きが抑えられることによって、メラノサイトの働きも抑えることができるため、シミの元となるメラニンが過剰につくられることを防ぐことができます。

肌荒れ予防効果

レスベラトロールには抗炎症作用があります。これは、炎症を引き起こすNF-κB [※]という転写因子をレスベラトロールが抑制する働きをもっているためです。
NF-κBは紫外線や細菌の影響で活性化されますが、レスベラトロールはNF-κBの活性化を抑え、できものやかゆみ、発赤を抑える効果が期待されています。
※ NF-κB(nuclear factor-kappa B)

ニキビ予防効果

レスベラトロールは、ニキビの発症・悪化にかかわるアクネ菌の増殖を抑えることがわかっています。
抗炎症作用と野で相加作用でニキビの発症と悪化を抑えることが期待されています。

レスベラトロールの健康効果

老化を防ぐ効果

レスベラトロールには、長寿遺伝子と呼ばれるサーチュイン遺伝子を活性化させる働きがあるといわれています。長寿遺伝子であるサーチュイン遺伝子を活性化するには、食事のカロリーを抑える方法が良いということが知られています。1989年から20年間をかけた研究によりカロリー制限と長寿の関係が示されました。(Ricki J., etal.Science, 325(5937), 201-204, 2009)
その研究は、人に近いアカゲザルで行われ、普通のエサを与えたサルと、ビタミンやミネラルなどの栄養素を保ちながら、摂取するカロリーだけを30%少なくコントロールしたアカゲザルとで見た目や血液検査などを比較しています。人間の年齢で例えると70歳のアカゲザルですが、カロリー制限を行ったアカゲザルは、皮膚や毛並みに色つやがあり、白髪やしわも少なく非常に若々しく見えました。また、若返りホルモンの値が高く、脳が活性化されていること、そして細胞レベルにおいても活性酸素による損傷が少ないことが報告されました。(Ricki J., etal.Science, 325(5937), 201-204, 2009)カロリー制限とサーチュイン遺伝子活性化の関係性が示された興味深い話です。サーチュイン遺伝子を活性化させる働きがあるレスベラトロールを摂ることで、カロリー制限を無理にしなくても健康寿命を引き延ばすことが期待できます。

メタボリックシンドロームを予防する効果

近年、食の欧米化が進み、脂肪分やたんぱく質の摂取が多くなっています。脂肪の摂りすぎは、肥満や脂肪肝、動脈硬化などの生活習慣病の原因にもつながります。
マウスの脂肪細胞にレスベラトロールを与えたところ、脂肪の蓄積を抑える働きが確認され、レスベラトロールによる脂肪代謝の改善が期待されています。(Ricki J., etal.Science, 325(5937), 201-204, 2009)

 

DHA with イチョウ葉 健康のいい

イチョウ葉 DHA・EPA選びのポイント

1.DHA・EPAの配合量の多いものを選ぶ
DHA1,000mg=マグロの刺身10人前です。そんなに毎日食べられないので、なるべくサプリメントで補いたいですね。 DHAの量が少ないと、実感にも差があるため、DHA・EPAの含有量には注意しましょう。
2.吸収率をチェックしよう(リン脂質型>中性脂肪型)
DHAは、カラダに吸収されなければ意味がありません。一般的にDHAには「中性脂肪型」と「リン脂質型」があります。 よりカラダに吸収されるのは、「リン脂質型」なので、そちらを選びましょう。
3.抗酸化力も高いものを選ぶ
DHAは酸化しやすいという欠点があるため、サプリメントの中に抗酸化成分を一緒に入っているものを選びましょう。 なるべく酸化防止力の高い成分が配合されているものが良いでしょう。
4.DHAのニオイを消している方が飲みやすい
DHA・EPAは青魚の油から抽出しているため、とっても”生魚クサい”んです。サプリメントにするときに、 ニオイが出にくいように加工しているものが良いでしょう。

DHAは健康に欠かせない必須脂肪酸です!

matome_20140702193127_53b3df7f6f3fe

あなたの普段の食生活はどんな感じですか?現代の食生活は欧米化が進み、魚や野菜が主体の日本食では無く、牛や豚といった動物性の肉が主体になってきました。ファストフードなどのチェーン展開もそういった食の欧米化に拍車をかけています。

日本人の深刻な魚離れ

2011年まで、日本は世界一の長寿国でした。しかし2011年、それまで26年間もの間続いていた世界一位の座から転落しました。その原因は「日本人の深刻な魚離れ」です。

どうして日本人は魚を食べなくなったのでしょうか?理由を調査したところ、一番多かったのが「家族が魚介類を好まない」といったものでした。他にも「肉よりも魚のほうが高いから」や「調理が面倒」といった理由がありました。

牛や豚ばかりの食事をしているとどうなるの?

牛肉や豚肉ばかりといった偏った食生活をしていると、私たちの体は一体どうなってしまうのでしょうか?それを説明するには「脂肪酸」についてお話しなければなりません。

牛肉や豚肉に含まれている脂肪酸は飽和脂肪酸と言い、常温で固体となる脂肪酸です。人間の体内で固まりやすい性質を持っている為、血液中でどろどろになり、血管が詰まってしまう原因ともなってしまいます。血管が詰まると、心筋梗塞や動脈硬化など取り返しのつかない事態になりかねません。。

DHAは救世主!

そんな時に活躍してくれるのがDHA。DHAは魚介類に多く含まれている不飽和脂肪酸。不飽和脂肪酸は、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やしたり、血液をサラサラにしたり、血管を柔らかくしたりする働きがあるのです。

魚嫌いの方にも、飲みやすいようにサプリメントが多く発売されています。このサイトでは20社以上のDHAサプリメントを徹底調査し、口コミで人気のサプリメントを発表しています。ぜひ日々の健康生活の糧にして下さい。

ディアナチュラ DHA with イチョウ葉 240粒 (60日分)

新品価格
¥1,500から
(2019/10/1 09:09時点)

あらためて知りたい: ファイトケミカルについて

からだの細胞を作るのに重要な栄養素って?

人間の体は、約60兆個の細胞からできています。一つ一つの細胞は、新しい細胞を作ったり、古くなった細胞をこわしたりする、「工場」のような仕組みを持っています。いわゆる細胞の新陳代謝は、このような細胞工場の仕事として理解することができるのです。

「細胞工場」では、「たんぱく質」が細胞を作る「材料」となり、「ビタミン・ミネラル」は「材料」を組み立てる「部品」のような役割を担っています。

肌、髪、筋肉、骨などを作っているのは、このような細胞工場の働きです。そのため、細胞のコンディションは、健康と美容の根本に関わっていると言えるのです。

細胞と活性酸素の関係って?活性酸素が体内で増えるデメリットとは

ファイトケミカルス - 健康管理

活性酸素とは、体に取り込んだ酸素の一部から発生する高い「酸化力」を持った物質のこと。もともと体内で絶えず作られる物質ですが、量が過剰になると細胞を傷付け、さまざまな体の不調を引き起こす原因になると言われます。

活性酸素の発生を促進する要素には、喫煙や飲酒、紫外線、ストレス、激しい運動などがあります。食事面での要因の一つは「脂肪の摂りすぎ」と言われることも。脂肪は酸化しやすく、空気にさらされると過酸化脂質に変化します。過酸化脂質は酸化促進作用を持ち、活性酸素と同じ害をもたらすとされています。また、脂質そのものが、活性酸素と結びつきやすい性質を持っていると考えられているのです。

しかし、活性酸素は細胞間での伝達や免疫機能など、体内で必要とされる働きも持っているため、ただ完全になくせばよいというわけではありません。活性酸素の発生をできるだけ抑えること、働きを阻止することが大切だとされています。

ファイトケミカルスってどう良いの?

ファイトケミカルス - 健康管理

活性酸素の働きを阻止するとして期待を集めているのが、抗酸化物質です。近年では、ビタミン類、ポリフェノール類など、食物に含まれる数多くの抗酸化物質がメディアでもよく紹介されていますね。抗酸化物質には、たんぱく質(酵素を含む)、尿酸など、体内で作られるものも多様に存在します。

ファイトケミカルスとは抗酸化物質の一種で、植物が身を守るために自ら体内で作り出す成分のこと。紫外線から身を守るための「色」、害虫を遠ざけるための「香り」などがあります。植物も紫外線にさらされると活性酸素が体内で発生するため、対抗するための物質を作っているのです。ファイトケミカルスを豊富に含む野菜や果物を食べることで、私たちもそれらを摂取して抗酸化に活用することが期待できます。

 

フィトケミカルを多く含む野菜や果物は、色で大別して5つのグループに分けられます。

紫(ナス・黒豆・ブルーベリーなど)

赤(トマト・パプリカ・スイカ・唐辛子など)

黄(玉ねぎ・とうもろこし・レモン・キウイなど)

緑(ブロッコリー・ほうれん草・ピーマンなど)

白(キャベツ・ねぎ・にんにく・大根など)

日々の食生活では、この5色のグループから野菜や果物をバランスよく取り入れるのが望ましいとされています。

人間の体は、約60兆個の細胞からできています。一つ一つの細胞は、新しい細胞を作ったり、古くなった細胞をこわしたりする、「工場」のような仕組みを持っています。いわゆる細胞の新陳代謝は、このような細胞工場の仕事として理解することができるのです。

「細胞工場」では、「たんぱく質」が細胞を作る「材料」となり、「ビタミン・ミネラル」は「材料」を組み立てる「部品」のような役割を担っています。

肌、髪、筋肉、骨などを作っているのは、このような細胞工場の働きです。そのため、細胞のコンディションは、健康と美容の根本に関わっていると言えるのです。

まとめ

活性酸素が体内で増えすぎることによる影響や、ファイトケミカルスを含む野菜・果物について見てきました。ファイトケミカルスはさまざまな種類をバランスよく摂取することが望ましいです。でも忙しい毎日では、たくさんの種類の野菜や果物を継続的に摂るのが大変なときもありますよね。サプリメントなどもうまく活用しながら、ライフスタイルに合わせて取り入れてみましょう。

American Holistic College of Nutrition 栄養学 5  Nutrition 5

 

Herbology Lesson

According to Webster, the word inorganic is described as: 1. Not organic; not endowed with, or subjected to, organization; devoid of an organized structure, or the structure of a living being; unorganized; as rocks, minerals and all nonliving chemical compounds and elements are inorganic. 2. Pertaining to or embracing substances or species, as inorganic chemistry; inorganic forces; the inorganic kingdom.

The word organic is described by the same authority as pertaining to an organ or is functions; consisting of organs or containing them; as the organic structure of the human body or of plants.

It will be seen plainly wherein the difference lies, but it is necessary to go a step farther in order to fully grasp the real difference. The end product of combustion, of organic matter particularly, is largely carbon dioxide, and both animal and human metabolism is considered today to be a slow process of oxidation. The human body always contains much more oxygen than any other element. The word oxygen is derived from the Greek meaning “to bring forth.”

The only breathable oxygen produced by nature is from the leaves or lungs of plants and given off to the atmosphere in abundance.

Carbon dioxide does not and cannot Support the life of the human or animal cell, but it is absorbed into the organism of the miant, the carbon being used for structural purposes and the oxygen being breathed out.

The very breath of human life is, herefore, dependent upon the vegetable or

ab kingdom. Holy Scripture says, “The Is thereof is for meat and the leaves for the powerful escharotic poisons known. One I will quickly prove fatal by destroying The organic structure of any tissue it touches, terally eating away tissues of the mouth,

e t © 2002: American Holistic College of Nutrition

healing of the nations,” and modern science verifies that fact.

We know well that the herb can and does assimilate inorganic mineral matter, and that through some mysterious and unknown alchemy convert this inert and lifeless matter into living organic material, which, when presented to the animal or human cell, is hungrily absorbed, sustaining and renewing its life process.

We also know that the life process of the human cell cannot be sustained by any element or compound obtained directly from the inorganic kingdom.

Even oxygen in the air we breathe is diluted with 79.07 percent nitrogen by volume, or 77 percent nitrogen by weight.

If pure oxygen is inhaled for more than a comparatively short length of time, it will destroy the tissues by burning them. If a mouse is placed into a large jar of oxygen, he will frisk about and be excessively active for 20 or 30 minutes, and then drop dead. But the oxygen from plants, used as food and medicine, does not so destroy.

S Here we shall give one or two examples of the effect of organic and inorganic compounds or elements upon the human organism, in order to prove beyond doubt the destructive effect of the one and the beneficial effect of the other.

Oxalic acid does not occur free in nature, but is found in combination with sodium, potassium, calcium, iron, and manganese in the juices of many plants, such as rhubarb, sorrel, oak bark, cinchona, yellow dock, etc.

Oxalic acid is prepared artificially by oxidizing sugar and starch with nitric acid, and in this form is one of the most esophagus, stomach, duodenum, and finally perforating the peritoneum and approximately 30 minutes after swallowing and after great suffering, will result in

C

 

ハーブ学レッスン
ウェブスターによると、無機という言葉は次のように説明されています。組織に恵まれていない、または組織に服していない組織化された構造、または生物の構造がない;未組織;岩、鉱物、およびすべての非生物の化合物と元素は無機であるためです。 2.無機化学としての物質または種に関する、または包含する。無機的な力;無機の王国。
有機という言葉は、器官に関係するのと同じ権威によって説明されるか、機能します。臓器からなるか、それらを含む;人体または植物の有機構造として。
違いがどこにあるのかがはっきりとわかりますが、実際の違いを完全に把握するには、さらに一歩進む必要があります。特に有機物の燃焼の最終生成物は主に二酸化炭素であり、動物と人間の両方の代謝は今日、遅い酸化プロセスであると考えられています。人体は常に他のどの要素よりもはるかに多くの酸素を含んでいます。酸素という言葉は、ギリシャ語の「生み出す」という意味に由来しています。
自然によって生成される唯一の呼吸可能な酸素は、植物の葉または肺からのものであり、大気中に豊富に放出されます。
二酸化炭素は、人間や動物の細胞の生命を支えませんし、支えられませんが、それはミアントの生物に吸収され、炭素は構造目的に使用され、酸素は吐き出されます。
したがって、人間の生命の息吹は、野菜や
アブ王国。聖書は次のように述べています。「それは肉のためのものであり、葉は知られている強力なpoison毒のためのものです。 1つは、触れる組織の有機構造を破壊し、口の組織を食い荒らし、致命的であることをすぐに証明します。
e t©2002:American Holistic College of Nutrition
国家の癒し」と現代科学はその事実を検証します。
私たちは、ハーブが無機ミネラル物質を吸収し、吸収すること、そしていくつかの神秘的で未知の錬金術により、この不活性で生命のない物質を生きた有機物質に変換することをよく知っています。ライフプロセスを更新します。
また、無機細胞界から直接得られた元素や化合物では、ヒト細胞の生命過程を維持できないこともわかっています。
私たちが呼吸する空気中の酸素でさえ、体積で79.07パーセントの窒素、または重量で77パーセントの窒素で希釈されます。
純粋な酸素を比較的短い時間以上吸入すると、組織が燃焼して組織が破壊されます。マウスを酸素の大きな瓶に入れた場合、彼は20から30分間動き回って過度に活発になり、その後死んでしまいます。しかし、食物や薬として使用される植物からの酸素はそれほど破壊しません。
Sここでは、一方の破壊的効果と他方の有益な効果を疑いなく証明するために、有機および無機化合物または要素の人間の生物への効果の1つまたは2つの例を挙げます。
シュウ酸は自然界では遊離していませんが、ルバーブ、スイバ、オークの樹皮、キナ、黄色のドックなど、多くの植物のジュースに含まれるナトリウム、カリウム、カルシウム、鉄、マンガンと組み合わせて発見されます。
シュウ酸は、砂糖と澱粉を硝酸で酸化することにより人工的に調製され、この形態では最も食道、胃、十二指腸の1つであり、最終的に腹膜に穴をあけ、嚥下後約30分で大きな苦痛の結果、
C

ディアナチュラ ルテイン 目

ディアナチュラ ルテイン 30粒 (30日分)

新品価格
¥905から
(2019/9/26 05:29時点)

瞳の健康を保つサプリメントとは

サプリメントとはお薬ではなく、栄養補助食品と呼ばれることも多く、その語源は米国の「dietary supplement」ダイエタリー・サプリメントからきており、ヨーロッパではフードサプリメントとも呼ばれています。食生活において、ビタミン・ミネラルやアミノ酸等が不足している場合や摂取しにくい成分を補って健康を保つ為のものです。

眼科領域においては、加齢黄斑変性の進行予防にサプリメントの使用が急速に広まっています。目に関してのサプリメントの効果を確認するために、ルテインや各種ビタミン・ミネラル・DHAなどの様々な組み合わせを作り、それらを全く使用しない群との長期に渡る比較調査が、米国で大規模に2回行われました。これがAREDS(The Age-Related Eye Disease Study)やAREDS2と呼ばれるもので、医学的にも信頼できる調査と言えるでしょう。その医学的エビデンス(根拠)に基づき、かつ食生活などの違いも考えて、日本人向けの配合にした目の健康維持の為のサプリメントが、日本でも発売されるようになりました。

現在日本の大学病院眼科においても適応のある方に勧められています。当院においても適応のあると思われる方には、ご案内しておりますので医師にご相談下さい。目に関するサプリメントの中心となる成分の一つとしてルテインがあげられます。ルテインは目の網膜の中心部分の黄斑部に存在し、黄斑部を特に青色有害光線から守り、視細胞を保護していると考えられております。ルテインはほうれん草やブロッコリーなどに含まれるカロチノイドで、体内で生成出来ないため、食事で継続的に摂取する必要があります。しかし実際には、加齢黄斑変性の進行予防の効果を期待出来る程の量の緑黄色野菜を、毎日摂り続けることはなかなか困難と思われます。そのような場合にサプリメントが勧められるわけです。

加齢黄斑変性以外の目の健康の為のサプリメントとしては、最近いくつかの論文でアスタキサンチンという成分が眼精疲労にある程度の効果があるとの報告もあります。アスタキサンチンは天然の赤い色素で、サケやカニ、エビなどに多く含まるカロチノイドです。もちろん眼精疲労の軽減には、正しい全身管理や眼科医による適正な眼鏡やコンタクトの処方が原則ですが、20歳代や30歳代の方でも、パソコンディスプレイやLED照明からの紫外線や有害青色光線からの保護目的と合わせて、ルテインとアスタキサンチンが含まれるサプリメントを付加的にとるのが望ましいと思われます。