Chakra effects  チャクラの効能

That’s because endocrine glands–hormones were the source of that power.

Contrast chakras with endocrine glands from modern medicine. (table-)

Chakra effects

The chakra is located in the same place as the endocrine glands that secrete the hormone, and the hormone has

He mentioned that it is a place where phenomenal power is expressed.

Then, what kind of power does each chakra exert?

し て Let’s write down what Kundalini Yoga tells you as a secret. (Fig. 4

~ 6)

1. Moola Dalar Chakra

性 Endocrine glands are the sites of the kidneys.

Table 1 Chakras and endocrine glands

- - - -—————————————————————-. ————— =–= Too = –Eyes- ——

覚 When you awaken this chakra, your physical strength will increase abnormally, and your energy will be three to five times the energy of an ordinary person

It comes to have. I’ll be fine all night long for three or four days. Accept the deadly disease

Instead, it becomes a healthy body. Those who are sick have healed all their bad points.

U. Concentrating 5 amyama (Sanyama) on this chakra, the pros and cons of that was activated.

Sometimes even a dying sick will kick up the floor and get up. Actual age of both men and women

Be older than age.

It is said that the embodiment of this chakra has the strength to surpass the thirty-year-old grandfather as an eighty-year-old

Is done.

Instead, they have a strong sexual desire and fertility,

-In addition, use the method of changing to the intelligence of a thousand rugies. (It ’s chakra too.

Depending on the hormone)

チ ャ This chakra awakens and the child is rusty ル

When activated, you will be energetic and brave.

So that you can take an active and bold action.

Become.

ず Don’t be afraid of anything, confuse anything

Without fear, fearlessness, steadfast conviction

I won’t lose any difficulty. Beyond life and death

Demonstrate superhuman abilities. for that reason

In addition, this hormone is called “hero’s hormone”

It is called.

3. Manipura chakra

ヨ ー Yoga Su

The tiger says:

Application Tutorial

Figure 4 Airway

It is the part of the adrenal gland where the hormone of fighting, the hero hormone, springs out.

Came. However, these parts are by no means such as I mentioned earlier.

In addition, there is a deep relationship with endocrine glands, nerve groups, enzymes, etc., and actually, from a medical point of view,

Is a very important place and a place where important work is done.

“If you turn the sand heart E, you can know the tissue inside the body.”

Ma means special concentration after special training.

“Knowing the organization” means not only knowing the organization, but also free organization.

It means you can control it.

If you actually concentrate the sand heart E on this navy chakra, it belongs to this solar plexus 叢

Internal organs-from the esophagus to the stomach, liver, membranes, plaque and adrenal glands.

You can control the way you want. It’s also the secret of hormock

In the meantime, these internal organs immediately know what the condition is, even a little abnormal.

If there is, it will return to normal immediately.

ゴ It’s not only your own body, but also the body of others, you can go god roll freely.

He has the power to do so, and heals other people’s illnesses instantly.

4. Anahata Chakra

部位 Thymus, heart and lungs.

に よ り By the embodiment of this chakra, a remarkable amplification of sensory organs can be seen.

で は With ultimate power, you can see invisible light (infrared rays, ultraviolet rays) and listen to ultrasonic waves

be able to. As a result, natural disasters can be predicted.

It is due to the combination of its super sensation and high intelligence. They are their own meat.

It comes from the ability to control the body as you wish. Combined with Manipu soil Fuchakula.

5. Vishudachakra

部位 Thyroid and salivary glands.

増 幅 Amplification of sensory organs can be performed to a higher level.

交流 Be able to interact with the Holy Spirit and hear the voice of the holy.

Also, for me, it’s possible to buy it, and it’s possible to use Koichi at the bursack and Koichi.

You can assimilate to the heart, the child of wisdom, and hear from there. In other words, the great body 大

Even though it fell, the ruthless child of the heart had a trace in this space.

So if the heart beats the same in this chakra, everything that heart had was

It means that all things, consciousness and intelligence are assimilated and become your own.

That means opening the way to the spirit world (a four-dimensional world).

It is.

6. Ajuña Chakra

を 持 つ Has extremely developed intelligence.

Once you have touched your eyes and heard it once, you will never forget your memory.

で も Every complex structure or organization, instantly analyze, reason, understand, and essence

I understand

え え

The power of shine and induction.

One “ll @

Super dramatic creativity emanating from pure thinking that does not go through indirect thinking called Kotoba.

Ultimately, it completes the four virtue of “Jorakugajo” in Buddhism and reaches the Buddha’s sensitivity.

7. Sahasrara Chakra

Pineal gland, pineal gland, hypothalamus.

を By embodying this, you reach the Buddha’s sensibility. That is, the perfection of spirituality.

This chakra is called “light in the head” This chakra is

It’s because awakening moment, a light appears in this part, and it glows brightly.

U. (There is a secret essay)

This chakra integrates all chakras and controls it freely. All chi

He gradually transforms when he can freely control the Yakla.

Kundalini Yoga describes it as one with the holy ones.

チ ャ It is said that the Holy Spirit will dwell in this chakra and will interact with the Holy Spirit. This

The practitioners who have completed the Yakla are called superhumans, masters, and rescuers. Superman transcends the material world.

And you are no longer restricted by time and space.

In India, the Buddha is considered to be a superhuman, and is a perfection of this chakra.

Is shown. It is as big as the head of a Buddha statue wearing a hat.

This is called “flesh torture”. The training of Sakhasla Upper Fuchachra is completed.

It shows that the skull is developing in this way.

Thus, what is conveyed as the secret of Kundalini Yoga, for my experience

According to my personal comment,

How to do Kundalini meditation

How do you move the chakras?

that is,

Idea

Breathing

Muscle

相 is a synergistic effect.

But anyone starts training Kundalini Yoga right from the start

It is impossible.

It can be said that it is impossible.

You should start with the usual “meditation”.

So, read, practice, and practice regular meditation in the second chapter of this book, How to Meditation.

I want people to become proficient. Otherwise, training at Kundalini Yoga

Must be impossible.

So, here you are, to some extent, adept at ordinary meditation 瞑

Think of it and write it. However, I understand that you can only write hints.

I want you to.

However, with these tips, you can practice some of the meditation methods that follow,

By the way, now, how do you move the chakra?

And it’s a synergy between mind, breath and muscle.

But are both breathing and muscles under the control of intentions (including the subconscious)?

Ultimately, it’s an “intention.”

Why do you understand, understand, why, and why, have you arranged your mind, breathing and muscles

?

Because you must use the power of breathing to use your thoughts.

You.

ど う Why is that?

「This is to” show “your will.

念 The idea must be done.

So how do you do your thoughts?

行 In addition, if you do n’t have a way to go one way to breathe,

You have to know what must be done.

呼吸 Breathing works tremendously in order to circumvent the will. No, that ’s it.

You can’t go over your mind.

Because you need one physical “force” to get your mind running

Because.

Thoughts are formless and there is no physical force at all,

It is always weak.

So we have to strengthen it.

It doesn’t just go there, but ultimately it “moves” the chakras

It has to be powerful enough to “stimulate hard.”

In other words, a kind of conversion work was performed to increase the psychological effect to the physical effect.

You have to. Here is the secret of “sigh” and “sigh”.

力 The power of mind and breathing

This is the secret of Buddha’s Kundalini Yoga.

This cannot be conveyed in characters. Train me on the job or if

If you want to study on your own, please refer to my other books.

How to use muscles is more difficult. This “muscle” is the muscle in the heart.

You. In other words, “heart muscles”. It is natural that it is difficult. However, at the final stage,

This is absolutely necessary to awaken Kendallini.

This is the final mystery and is included in the book’s “training”.

Buddha’s training has to be undertaken in the field.

Meditation basics, breathing techniques

When teaching Buddha Shakudo to teach meditation, first explain how to breathe.

The human mind is very closely related to breathing.

The state of the mind appears in the breath as it is, and the state of the breath reflects the mind as it is.

If your mind calms down, your breathing will calm down, and if you calm down your breathing, your mind will calm down.

Heart and breath are one.

So I- control your mind by controlling your breathing 呼吸

Well, use advanced techniques. Starting from here, gradually mastered,

Eventually, you will be able to use your mind as you wish.

No, that’s not all. Going a step further, the muscles of the body, the muscles of the present heart,

You will be able to use it as you wish.

呼吸 Because breathing is one with the heart, but not only, is it also one with the body?

Lad. This time, as the training progresses, the breathing and the mind are united and the image of the heart is incredible.

It also moves involuntary muscles.

教 え る When teaching meditation, it is quite natural that Buddha Shakushin teaches from breathing.

That’s it.

 

 

それは、内分泌腺--ホルモンが、その力の発生源だったのだ。

 チャクラを、近代医学による内分泌腺と対照してみよう。(表―)

チャクラの効能

 チャクラは、ホルモンを分泌する内分泌腺と同一の場所にあり、ホルモンが持つ

驚異的な力を発現させる場所であることをのべた。

 では、各チャクラは、どのような力を発揮するのであろうか。

 クンダリニー・ヨーガの秘伝として伝えるところのものを記してみよう。(図4

~6)

1、ムーラーダーラーチャクラ

 内分泌腺の性腺、腎臓の部位である。

表1チャクラと内分泌腺

 -----  ---- ‐‐一一-  --- -‐ ---一一’ -‐’-- --  ’-’- ----~~-- =・ =--。---------=- -=ト ー= --目目~- --------

 

 このチャクラを覚醒すると、体力が異常に増進して、普通の人の三~五倍の精力

をもつようになる。三日、四日の徹夜くらい平気になる。}切の病気を受けつけ

ず、健康体そのものとなる。病弱だった者は、その悪いところが、みな癒ってしま

う。このチャクラに5amyama(サンヤマ)を集中してその予不ルギーが発動した

とき、瀕死の病人でも床を蹴って立ち上がるだろう。男女ともに実際の年齢上り十

歳以上若くなる。

 このチャクラの体現者は、八十歳の翁にして三十歳の壮者をしのぐ精力を持つと

される。

 そのかわり、強烈な性欲と生殖力を持つようになるので、その于不ルギーを、オ

ージャスという知能の千不ルギーに変える方法をあわせ用いる。(それもチャクラ

によって、ホルモンを使うのである)

 このチャクラが覚醒して子不ルギーが

発動すると、気力が充実し、勇敢になっ

て、積極果敢な行動力を発揮するように

なる。

 なにものをも恐れず、なにごとにも惑

わず、大胆不敵、不動の信念をもってど

んな困難にもひるまない。生死を超越し

た超人的手腕力量を発揮する。そのため

に、このホルモンを「英雄のホルモン」

とよぶのである。

3、マニプーラーチャクラ

 ヨーガの奥義書である『ヨーガースー

トラ』にこうある。

 

    プラーナ・ルート

図4気道

闘いのホルモン、英雄ホルモンを湧出~せる副腎の部位である。

きた。だが、これらの部位は、決してそういうものではなく、さきに述べたよう

に、内分泌腺、神経群、酵素などに深い関係があり、実際に、医学的見地からみて

も非常に重要な場所であり、大切なはたらきをする場所であるのである。

「砂心ぶEを向ければ、体内の組織を知ることができる」とあるが、この5arrlya 

maというのは、特別な修行を経た特殊な集中力をいう。

 この「組織を知る」というのは、単に組織を知るだけではなく、組織を自由にコ

ントロールすることができるという意味である。

 実際にこのナービーチャクラに砂心ぶEを集中すると、この太陽神経叢に属す

る内臓器官――それは食道から、胃、肝臓、膜臓、牌臓、副腎にいたるまで、すべ

てを自分の思うようにコントロールできるのである。それは、ホルモッ分泌もおな

じことで、これらの内臓器官が、どんな状態であるかをすぐに知り、少しでも異常

があればすぐに正常にもどしてしまう。

 また、それは、自分のからだだけではなく、他人のからだも自由にゴッドロール

する力を持つから、他人の病気なども即座に癒してしまうのである。

4、アナーハターチャクラ

 胸腺・心臓・肺臓の部位である。

 このチャクラの体現により、いちじるしい感覚器官の増幅が見られる。

 究極の力では、不可視光線(赤外線、紫外線)を見ることができ、超音波を聞く

ことができる。その結果、天災地変を予知することができるようになる。

 それは、その超感覚と高度の知能の結合によるものである。それらは、自分の肉

体を思うままに統御する能力から来る。マニプ土フーチャクラとの結合である。

5、ヴィシュッダーチャクラ

 甲状腺・唾液腺の部位である。

 感覚器官の増幅が、高い次元に向かってな~れる。

 聖霊と交流し、聖なるものの声を聞くことができるようになる。

 また、自分にとってト可採な、埋筰でキ友’一となど弘一、天也心なら七、すぐに七

心、智慧の子不ルギーに同化して、そこから聞くことができる。つまり、大の肉体

はほろびても、その大の持っていた心の子不ルギーは、この空間に痕跡をとどめて

いるので、このチャクラでその心の波動と同じになれば、その心が持っていたすべて

のもの、意識も知能もみな自分と同化して、自分のものになるということである。

 つまり、それは、霊界(四次元の世界)との交通の道が開けることを意味するの

である。

6、アージュニャー・チャクラ

 極度に発達した知能を持つ。

 一度、目にふれ、一度、耳にしたことは、ぜったいに忘れることのない記憶力。

 どのように複雑な構造でも組織でも、瞬間的に分析し、推理し、理解して、本質

を把握してしま

  えんえき きのう

う演輝と帰納の力。

一い「ll

コトバという間接思考を経ない純粋思考から発する超飛躍的な創造力。

究極には、仏教でいう「常楽我浄」の四徳を完成し、仏陀の感性に到達する。

7、サハスラーラーチャクラ

 松果腺・松果体・視床下部の部位である。

 これを体現すると、仏陀の覚性に到達する。すなわち、霊性の完成である。

 このチャクラは、「頭の中の光明」(忿ぽ臣こ苔r)とよばれる。このチャクラが

目ざめた刹那、この部位に光明があらわれて、燦然とかがやくからである、とい

う。(極秘口伝あり)

 このチャクラはすべてのチャクラを統合してこれを自由に制御する。すべてのチ

ャクラを自由に制御することができるようになると、彼はしだいに変身する。

 クンダリニー・ヨーガでは、これを聖なるものと一体になる、と形容する。

 このチャクラに、聖霊が宿り、聖霊と交流するようになるといづている。このチ

ャクラを完成した修行者を、超人、大師、救済者と呼ぶ。超人は物質世界を超越

し、時間と空間の制限を受けなくなる。

 インドでは、仏陀が超人であるとして、このチャクラの完成者であることを、形

 

 

 

 

を以て示している。それは、仏像の頭頂がまるで帽子でもかぶったように大きく盛

り土かっており、これを「肉僣」と呼ぶ。サハスラ上フーチャクラの修行が完成し

て頭骨がこのように発達していることを示すのである。

 以上、クンダリニー・ヨーガの奥義として伝えられるものに、わたくしの体験に

よる私見を加えて記述した。

クンダリニー瞑想のしかた

どのようにしてチャクラを動かすのであろうか?

それは、

 意念

 

 呼吸

  筋肉        

 の相乗作用である。

 しかし、だれにしても、いきなり最初から、クンダリニー・ヨーガの訓練に入る

ことは無理である。

 不可能といってよい。

 まず、ふつうの「瞑想」からはじめるべきである。

 だから、この本の第二章「瞑想のしかた」を読んで、実践し、ふつうの瞑想のし

かたに熟達していただきたい。それからでなければ、クンダリニー・ヨーガの修行

は無理といわねばならない。

 そこで、ここからさきは、あなたが、ふつうの瞑想に、ある程度、熟達している

ものと考えて、書くことにする。しかし、それも、ヒントしか書けないことを諒解

してほしい。

 しかし、このヒントをもとに、あとにのべるいくつかの瞑想法を実習すれば、し

 ところで、いま、わたくしは、どのようにしてチャクラを動かすのか、といっ

て、それは、意念と呼吸と筋肉の相乗作用だといった。

 しかし、呼吸も筋肉も、意念(潜在意識もふくめて)の支配下にあるのであるか

ら、究極的には、「意念」だということになる。

 そんな、わかりきったことを、承知の上でなぜ、意念・呼吸・筋肉とならべたの

か?

 それは、意念を使う上で、どうしても、呼吸の力を借りなければならぬからであ

る。

 それはどうしてか?

 意念を「示らす」ためである。

 意念は行らさなければならぬのである。

 では、意念を、どのようにして行らすのか?

 また、行息-’-‘息を行らすからには、行道―‐―-‐1行らす道も、おのずから無ければ

ならぬことを知らなければならない。

 意念をめぐらすために、呼吸はこの上なく重大なはたらきをする。いや、それな

くして意念はめぐらすことができないのだ。

 というのは、意念を行道させるためには、ひとつの物理的な「力」が必要だ

からである。

 意念はかたちなきものであり、物理的な力は、全く無いことはないけれども、非

常に微弱なものである。

 だから強化しなければならない。

 それも、ただたんに行らすだけではなく、最終的には、チャクラを「動かす」

「つよく刺激する」ところまで、強力なものにしなければならぬのである。

 つまり、心理作用を、物理作用にまでたかめるための、一種の変換作業がなされ

なければならないのだ。ここに、「行息」「止息」の秘密があるのである。

 意念と呼吸によって生じた力を

 これが仏陀のクンダリニー・ヨーガの極意である。

 これは、文字などでは伝えきれない。わたくしについて実地に修練するか、もし

独習したいのであれば、わたくしの他の著書などを参考にして工夫されたい。

 筋肉の使い方はもっとむずかしい。この「筋肉」とは、心の中にある筋肉であ

る。つまり、「心の筋肉」だ。むずかしいのは当然であろう。しかし、最終段階で、

ケンダリニーを覚醒させるためには、これがぜったいに必要なのである。

 これは、最終奥義であって、ブックの「練行」の中に入る。

 ブッダの練行は、実地に指導をうけるしかない。

瞑想の基本・呼吸法

仏陀釈尊が、瞑想を教えるにあたって、まず呼吸法を説いているわけをのべよ

 人間の心は、呼吸と非常に密接な関係があるのである。

 心の状態がそのまま呼吸にあらわれ、呼吸の状態がそのまま心を映し出す。

 心が静まれば、呼吸も静まり、呼吸を静めれば心も静まる。

 心と呼吸は一体なのだ。

 そこでI―‐、呼吸をコントロールすることにより、心をコントロールするとい

う、高度のテクニックを使うのである。ここからスタートして、しだいに熟達し、

ついには自分の思うように心を使うことができるようになるのである。

 いや、それだけではない。一歩すすんで、体の筋肉も、いまのべた心の筋肉も、

思う通りに使いこなすことができるようになるのである。

 というのは、呼吸は心と一体であるが、それだけではなく、体とも一体であるか

らだ。修行が進など、今度は、呼吸と心が一体になって、心がえがくイメージ通

り、不随意筋をも動かすようになるのである。

 瞑想法を教えるに際し、仏陀釈尊が、呼吸法から教えるのは、しごく当然なこと

なのである。

 

 

 

 

 

仏陀釈尊が直説された瞑想法 Meditation method that Buddha Shakuson was told directly

脳と心革命瞑想瞑想

 

仏陀釈尊が直説された瞑想法

 前の章で、通常おこなわれている瞑想法をご紹介した。

 阿含宗の瞑想法は、これらの瞑想法とかなり違う、特異なものである。それは、

仏陀釈尊が阿合経でお説きになった瞑想法にもとづくものだからである。

 前章の瞑想法は、いずれも、シナ仏教の強い影響をうけたものである。仏陀釈尊

が、阿合経でお説きになったものとかなり違うところがある。

 どこが違うかというと、仏陀釈尊の瞑想法の特徴は、「呼吸法」である。それは、

たんなる呼吸のしかたというような「呼吸法」ではなく、呼吸と意念を合一して機

能させる特殊なものである。

 それがどのようなものか、経典を見ていただこう。

是の如く我れ聞きぬ。一時、仏、舎衛国の祇樹給孤独園に住まひたまへり。

爾の時世尊、諸の比丘に告げたまはく、『安那般那の念を修習せよ。若し比丘

の安那般那の念を修習するに多く修習せば身心止息することを得て右党、有

観、寂滅、純一にして明分なる想を修習満足す。何等をか安那般那の念を修習

するに多く修習し已らば身心止息し、有覚、有観、寂滅、純一にして明分なる

想を修習満足すと為す。是の比丘、若し聚落城邑に依りて止住し、晨朝に衣を

著け鉢を持ち、村に大りて乞食するに善く其の身を護り、諸の根門を守り善く

心を繋けて住し、乞食し已つて住処へ還へり、衣鉢を挙げ足を洗ひ已つて或は

林中の閑房の樹下、或は空露地に大りて端身正坐し、念を繋けなば面前、世の

貪愛を断じ欲を離れて清浄に、限恚・睡眠・悼悔・疑、断じ、諸の疑惑を度

り、諸の善法に於て心決定することを得、五蓋の煩悩の心に於て慧力をして庶

らしめ、障擬の分と為り、涅般に趣かざるを達離し、内息を念じては念を繋け

て善く学し、外息を念じては念を繋けて善く学し、息の長き息の短き、一切の

身の大息を覚知して一切の身の大息に於て善く学し、一切の身の出息を覚知し

て一切の身の出息に於て善く学し、一切の身の行息・大息を覚知して、一切の

身の行息・大息に於て善く学し、一切の身の行息・出息を覚知して、一切の身

の行息・出息に於て善く学し、喜を覚知し、楽を覚知し、身行を覚知し、心の

行息・大息を覚知して心の行息・大息を覚知するに於て善く学し、心の行息・

出息を覚知して、心の行息・出息を覚知するに於て善く学し、心を覚知し、心

悦を覚知し、心定を覚知し、心の解脱人1 を覚知して、心の解脱大息を覚知す

るに於て善く学し、心の解脱出息を覚知して、心の解脱出1 を覚知するに於て

善く学し、無常を観察し、断を観察し、無欲を観察し、滅入息を観察して、滅

入息を観察するに於て善く学し、滅出息を観察して、滅出息を観察するに於て

善く学する。是れを安那般那の念を修するに身止息し心止息し、有覚、有観な

らば寂滅、純一にして明分なる想の修習満足せりと名づく』と。仏此の経を説

き已りたまひしに諸の比丘、仏の説かせたまふ所を聞きて、歓喜奉行しき。

                         (雑阿含経・安那般那念経)

仏陀の瞑想法のナゾを追う

 この経典は、古来、瞑想家の間では有名な古典となっている。前にのべた禅宗の

「数息観」もここから出ているのである。

 経題の「安那--`呂」は出る息のこと、「般那―‐‐-Q簒~」は入る息のこと。そ

こで、古来、安那般那とは、出る息、入る息を調整して心をしずめる観法-・瞑想

法のことをいうものとされてきた。そこから、いまいったように「数息観」が工夫

されたのであろう。

 しかし、わたくし、思うのに、これはちがうのである。この経典は、たんなる呼

吸法を説いたものではないのである。

 わたくしも、瞑想をはじめた当時は、古来の解釈に疑問を持だなかった。しか

し、さまざまな瞑想法を学び、力もつくにしたがって、これはちがうぞと思いはじ

めたのである。

 

 

 

 考えてごらんなさい。このごく短い経典の中で、じつにかず多くの呼吸法が説か

れているのである。

 つぎにあげてみよう。

外 息

人 息

出 息

行 息

身の行息・人息

身の行息・出息

心の行息・人息

心の行息・出息

心の解脱大息

心の解脱出息

滅入息

滅出息

身止息

心止息

 じつに、一五種類の呼吸法が説かれているのだ。これだけでも、そんな簡単なも

のではないことがわかるではないか。

 ここに列挙した呼吸法の名称を見ただけで、たんに数息観や随息観(前出)程度

のかんたんな呼吸法を教えたものではないことくらい、ピンと来るはずだ。

 おそらく、これまでの経典解釈者は、これらの呼吸法の内容がどのようなものな

のか、よくわからぬので、そのまま素通りしてしまったのではないかと思われる。

 たしかに  その内容は、尋常一様のものではなかったのである。

 ヨーガと瞑想の奥義をきわめたものでなければ、とうてい理解できないものだっ

たのだ。

 わたくしは、この経典を理解し、体得しなければ、阿含宗をひらく資格はないと

考え、二十数年、血の出るような努力をつづけた。そしてついにそのナソを解い

た。

 この経典のナソを解くポイントは、経典の冒頭の一句に秘められている。

  「安那般那の念を修習せよ」

 と冒頭にある。

 安那般那を修習せよ、ではないのである。

 安那般那の念を修習せよ、とあるのだ。

 これに該当する瞑想法はどんな瞑想法なのか?

 わたくしは、必死に追求し、瞑想を重ねた。

 そういうと、仏陀釈尊は、なぜもっと分かりやすく説いてくれなかったのか、ど

うしてそんな意地の悪い説きかたをしたのかといわれるかも知れないが、そうでは

ないのである。

 それは、この経典は、仏陀の当時の高弟たちにたいして説かれたものであり、こ

の講義を聴聞した修行者たちが、みな、これらの呼吸法に熟達した者ばかりで、

一々、初心者にたいするようにその内容について説明する必要がなかったからで

ある。

 そこで、これらの呼吸法について、ごくかんたんに説明してみよう。

 まず、「息」である。

 これを、たんなる呼吸と解釈してしまってはいけない。そう解釈するから、この

貴重な経典を、たんなる呼吸法を説いた経典と見てしまうのである。

 この「息」にはもっと深い重大な意味があるのである。

 それはなにか?

 それは、「息」と「念」とを一つに合したものなのである。「安那般那の念を修習

せよ」と仏陀はいう。それがこれなのである。

 ここに、仏陀釈尊の呼吸法の秘密がある。

 そこでまず、経典に示された一五の呼吸法について、かんたんにのべよう。

 

‐     --     ‐--

 入 息

 出 息

これは、深い瞑想の修行に入るにあたっての、身心調節の呼吸法である。

  行 息

 この「行息」が、「念」と「安那般那」とを一つにした特殊な瞑想法の第一段階

なのである。

 じん

 身の行息・入息

 じん

 身の行息・出息

これは、身において、「念」と「安那般那」とを一つにしたもの(これから、こ

れを。気息”または。生気”という名称で呼ぶ)を行らすこと。即ち体の特定の場

所に気息をめぐらして行くことである。特定の場所とはどこか? また、「行らす」

とはどういうことか? あとでのべよう。

  心の行息・入息

  心の行息・出息

 これは、心において気息を行らすこと。

 この「心」というのは、端的にいって、脳のことである。思念する心は、脳にあ

るからである。脳の特定の場所に気息をめぐらして行くのである。特定の場所とは

どこか?

 あとでのべよう。

身止息  身において気息を止念す

心止息―-心において気息を止念す

気息を、身と心に止め、念ずるのである。

身と心の、どこに止め念ずるのか? また「止める」とはどういうことか? あ

とでのべよう。

 心の解脱入息

 心の解脱出息

解脱の段階に入った最高レベルの瞑想法である。

  滅入息

  滅出息

 脳の或る部分を動かし、仏陀の覚性に到達する修行である。生気・呼吸・意念す

べてを超越した境地に入る。

 さらに、仏陀は、四つの最上深秘の呼吸法を説いている。

勝止息

上止息

奇特止息

無上止息

 である。

 仏陀は、他の経典(雑阿含経「止息経しで、「この四つの呼吸法は、すべての呼

吸法において、これ以上のものはない最上の呼吸法である」とのべている。

 これまでの、シナ仏教、日本仏教の瞑想者たちは、阿含経典に説かれているこれ

ら仏陀釈尊直説の瞑想法を、ほとんど知らないできたのである。

 かれらは、仏陀釈尊直説の阿合経典群を誤認して、「小乗仏教」などと既し、こ

れを学ばなかったためのシワ寄せである。

 ごらんになった通り、阿含経というお経は、仏陀釈尊が直接、弟子たちに講義し

た「仏法」をそのまま記したもので、いうならば、純粋の「法」そのものが記述さ

れている。

 法華経や、阿弥陀経その他の大乗経典を読みなれた人には、取っつきにくいと思

われる。あるいは、面くらうのではないかと思われる。大乗経典につきものの、ご

利益談やおかげばなしはいっさいないからである。味も素っ気もないお経だ。

 阿合経は、いうなれば、「仏法」の教科書なのである。それも、数学や幾何の教

排1 ゼヒ忍えばよい。というのは、仏法の「法」そのものが、じつに理性的に純粋

に、(科学的にといってもよい)説かれているからである。数学や幾何に、感情の

入る余地はない。どこの世界に、数学や幾何の教科書に、ご利益ばなしや、おかげ

ばなしが入るであろうか?

 そういうことが、シナ仏教や日本仏教の人たちには、理解できず、「小乗仏教」

などといって、学ぶことを放棄してしまったのである。非常にむずかしいためもあ

ったであろう。

仏陀の呼吸法のナゾを解く

 仏陀釈尊が、阿含経典で教えておられる呼吸法とは、どんな呼吸法なのか? ま

た、この呼吸法を用いる瞑想法とは、どんな瞑想法なのか? わたくしは一心に模

索追求した。

 そのころ、わたくしは、クンダリニー・ヨーガを修練していた。

 そのクンダリニー・ヨーガの瞑想をしているときであった。ふっと気がついたの

だ。

それは、ふかい定に入って、そのまま、からだの或る一点に、生気を止めている

ときであった。

 これは、極度にむずかしい技法である。からだの或る一点に、生気を送りこみ、

それを徐々に凝縮して、さらにその于不ルギーをしだいに増幅してゆくI-。その

間、兎の毛で突いかはどのス牛も許~れない。

 そのときに、はっと気がついたのだ。

 なんと!

 仏陀の教えていることを、いま、わたくしはやっているのではないか!

 そうだ、これだ!

 わたくしは歓喜の声をあげた。そして、定に入ったまま、釈尊の教える呼吸法

を、つぎからつぎへと、試みていった。

 もちろん、そのときは、すべてにわたってわかったとはいえない。しかし、大づ

かみに、釈尊の教えている呼吸法のポイントをつかんだと確信した。

 I-釈尊は、後代の「クンダリニー・ヨーガ」の原点となるものを、教えていた

のである。

人間のからだの中の「力の湧き出る泉」

 クンダリニー・ヨーガは、古来、超人的能力を生み出すことで有名である。

 クンダリニー・ヨーガが超人的能力を生み出す秘密は、ホルモンの分泌を自由に

調節するところにあった。

 クンダリニー・ヨーガは、人間のからだの中に、七ヵ所の「力の湧き出る泉」を

発見し、この泉を自由に操って、超人的能力を発生する技術をつくり出したのであ

る。そうして、この「力の湧き出る泉」を「チャクラ」と名づけた。

 チャクラがどうして超人的ともいうべき特殊な力を発生するのか、長い間、それ

は神秘的なナソとされていたが、近代生理学の発達によって、そのナソは解けた。

 チャクラの場所は、すべて、ホルモンを分泌する内分泌腺と一致するのである。

 クンダリニー・ヨーガの熟達者は、特殊な修行によって得た力で、チャクラを刺

激し、ふつうの人間の持だない力を発生させるのであるが、その「特殊な修行」と

いうのが、仏陀釈尊の「特殊な呼吸法」であることを、わたくしは発見したのであ

る。

 釈尊の呼吸法の特徴をあげよう。

  行 息

 

  止 息

 である。

 前の節で、わたくしは、

「身の行息」

 について、

 これは、身において気息を行らすこと。即ち、体の特定の場所に気息をめぐ

らして行くことである。特定の場所とはどこか? また「行らす」とはどうい

うことか? あとでのべよう。

 と書いているが、この「特定の場所」というのが「チャクラ」なのである。

「行らす」というのは、チャクラは数力所あるので、それらを、つぎつぎとたどっ

て行くことの表現である。

 つギゝに、

「身止息-身において気息を止念す」

 について、

 気息を身ど心に止

また「止める」とは

め、念ずるのである。身と心の、どこに止め念ずるのか?

、どういうことか? あとでのべよう。

 と書いている。

 どこに止め、念ずるのか?

 「チャクラ」しがないではないか。

 チャクラは、長い間、神秘的なナゾとされていたが、それは、すべて、ホルモン

を分泌する内分泌腺と一致していたのである。

 ホルモンは、著名な科学評論家により、酵素・ビタミンとならんで、

 「魔法の化学物質」

 とよばれている。用いかたによっては、魔法としか思えないような驚異的結果を

生み出すからである。

 

 

 

Brain and mind revolution meditation meditation

Meditation method that Buddha Shakuson was told directly
で In the previous chapter, we introduced the usual meditation techniques.
The meditation method of Agon Shu is quite different from these meditation methods and is unique. that is,
This is because it is based on the meditation method that Buddha Shakuji preached in Aikyo.
瞑 The meditation methods in the previous chapter were all strongly influenced by Sina Buddhism. Buddha Shakuson
However, there are some points that are quite different from those described in Aikyo.
The difference is that the characteristic of Buddha’s meditation method is “breathing method”. that is,
It is not a “breathing method” that simply means how to breathe.
It is a special thing that works.
経 Let’s look at the scriptures to see what it looks like.
I don’t listen to you. Temporarily lived in the Buddha and Seki Countryside in the Giki-ken Solitary Garden.
When he told the various hills of the age, he learned, “Let’s learn the spirit of Anna Hanna. Young hika
If you practice a lot in learning the spirit of Anna Hanna, you will be able to stop your body and mind, right party, yes
Watching, lonely, and purely, the training satisfies the evident thoughts. Learn what Anna Hanuna was doing
If you have learned a lot, you will be sighed, conscious, sighted, lonely, pure and clear
I do it when the training is satisfied. Seto Hioka, settled down in Jurakujo-eup, dressed in Chencho
Holds a bowl, protects himself well, and protects the roots of the villages.
They lived with their hearts, begged, returned to their homes, raised their robes, and washed their feet.
In the forest, under a tree or in the open air, sit in a straight position, and if you keep in mind,
Abandon greed and leave greed cleanly.
In the hearts of the five-headed anguish,
Become a participant, make mistakes, break away from the nirvana, keep in mind, keep in mind
Learn well, keep in mind when breathing out, learn well, keep in mind, long breath, short breath, all
Recognizing the breath of the body, learning well in all the breath of the body, recognizing the birth of all the body
To learn well in every incarnation of the body,
Learn well in your body and breath, recognize all your breath and birth,
Learns well, recognizes pleasure, recognizes comfort, recognizes movement,
We learn well in recognizing the breath and breath of the heart by recognizing the breath and breath of the mind,
Recognizing the birth, learning well in recognizing the sighs and breaths of the mind, recognizing the mind,
Awareness of pleasure, awareness of a sense of mind, awareness of the liberation of the mind 1, awareness of the liberation of the mind
In learning well, in recognizing the escape of the mind, in recognizing the escape of the mind 1
Learn well, observe impermanence, observe loss, observe despair, observe inhalation,
To learn well in observing inspiration, observing extinction, observing extinction
Learn well. Let’s sigh and sigh to learn the spirits of Anna Anna
It is said that if you are lonely, you will be satisfied with the training of the unambiguous idea. Buddha this sutra
He listened to the various hills and the Buddha’s preaching place in Tamahishi and rejoiced.
(Zatsuomone 含経, depreciation 那般 那念 through)
Chase the Buddha’s Meditation Puzzle
This scripture has long been a famous classic among meditators. The Zen Zen sect before
The “view of the number of breaths” also emerges from here.
The title “Anna–Luro” is the breath that comes out, and “Hanna—Quru-” is the breath that comes in. So
Here, ancient times, Hanna Anna is a way of seeing and adjusting the breath that comes out and the breath that comes in.
It has been referred to as the law. From there, the idea of ​​a number of breaths is devised
It must have been.
But, I think, this is different. This scripture is a simple call
It is not a preaching method.
When I started meditation, I couldn’t doubt the ancient interpretation. Only
As you learn various meditation techniques and become more powerful,
It was.

Please think. In this very short scripture, many breathing techniques are discussed indeed
It is being done.
Let’s give it next.
Inside
breath
Outside breath
Human breath
Exhalation
Behavior
Body and human breath
Sighs and births
Heart breath, human breath
Heart’s breath / breath
Liberation of the heart
Liberation of the mind
Annihilation
Extinct
Stall
Heart sigh
In fact, fifteen different breathing techniques are being preached. Even with this alone,
Do you understand that it is not?
で Just looking at the names of breathing methods listed here, it is only a view of a few breaths and breathing (see above)
It should come as much as it did not teach simple breathing techniques.
Probably, the scripture interpreters so far have not
I don’t know why, so I guess it’s gone straight through.
Certainly, the content was not always the same.
で な け れ ば If you don’t understand the secrets of yoga and meditation, you can’t understand it
It was.
な け れ ば If I do not understand and understand this scripture, I am not qualified to open Agon Shu
I thought and spent twenty years trying to bleed. And finally unravel the naso
Was.
ポ イ ン ト The key to solving the naso in this scripture is hidden in the first phrase of the scripture.
“Let’s learn the mind of Anna Anna”
At the beginning.
般 Let’s learn Anna Anna.
あ る There is a way to learn the spirit of Anna Anna.
ど ん な What kind of meditation method is this?
し I was desperately pursuing and meditating.
Why did Buddha Shakujin not explain it more clearly?
It may be said that he had made such a nasty preaching,
There is no.
It is said that this scripture was preached to the high brothers of Buddha at that time,
The practitioners who listened to the lecture were all proficient in these breathing techniques,
Because I didn’t need to explain the contents like a beginner
is there.
So I will explain these breathing methods very easily.
First, the breath.
Don’t interpret this as just breathing. I interpret it so
They see the precious scripture as a scripture that prescribes a simple breathing technique.
This “breath” has a deeper and more significant meaning.
What is it?
It is a combination of “breath” and “mind”. “ Training with Anna Anna
Say, “says Buddha. That is this.
Here is the secret of Buddha’s breathing technique.
First of all, let’s take a brief look at the fifteen breathing methods shown in the scriptures.


Inside
breath
Outside
breath
Inspiration
Sigh
This is a breathing modality of mind to enter deep meditation training.
Flight
This “sigh” is the first stage of a special meditation method that combines “sense” and “Hanna Anna”.
That’s it.
Dust
行 Birth and inspiration
Dust
行 Birth / Birth
This is a combination of the “mind” and the “anna hana” in the body (from now on,
That. Breath (or “animation”). That is, a specific place in the body
It is to take a breath to the place. What is a specific place? Also, “Go”
What does it mean?べ Let’s see later.
行 Heart breathing / breathing
行 Sighs and births of the heart
This is breathing in your heart.
The “heart” is simply the brain. The mind to think is in the brain
This is because that. They breathe into a specific part of the brain. What is a specific location
somewhere?
べ Let’s see later.
Sighs-Hold your breath in your body
Cardiac sighs-hold your breath in your heart
Keep your breath in your body and mind and remember.
Where do you stop in your body and mind? What does “stop” mean? Ah
Let’s go out.
解 Inspiration and inspiration
解 Escape of mind
It is the highest level of meditation that has entered the liberation phase.
Mei breath
Flashing Deiki
修 Training that moves a part of the brain to reach Buddha’s sensibility. Animation, breathing, thinking
Enter a state that transcends everything.
Furthermore, Buddha prescribes four top secret breathing techniques.
Victory
Upper sigh
Strange breath
Breathlessness
.
The Buddha wrote that the other scriptures (Za-A-Ku, “Satoshi-kyo,”
This is the best breathing method in breathing, with nothing more. ”
瞑 So far, meditations of Sina Buddhism and Japanese Buddhism have been
They could barely know the meditation method of Buddha Shakuton’s theory.
They misunderstood the Buddha Shakudan’s Ai sutras, and said that it was “Small Buddhism”.
It is a wrinkle because I did not learn it.
As you can see, the sutra called A-en was passed directly to the disciples by Buddha
It is a transcript of the “Buddhist law”, which is purely the “law” itself.
Have been.
思 Those who have read the Hokke sutra, the Amida sutra, and other Mahayana sutras may not be
Be done. Or maybe it’s going to be fun. Despite the Mahayana scripture,
Because there is no profit talk or thanksgiving. It ’s a taste that ’s both simple and simple.
Aikyo is a textbook of “Buddhist law”. It ’s also about mathematics and geometry.
It’s good if you don’t have to be crazy. This is because the “law” of Buddhism itself is purely intelligent.
Because it is preached (albeit scientifically). Math and geometry, emotion
There is no room for entry. In every world, thanks to math and geometry textbooks
Will there be talk?
Such Buddhism and Japanese Buddhism people cannot understand,
But he abandoned learning. Because it ’s very difficult
Would have been.
Solve Buddha’s breath
呼吸 What is the breathing technique that Buddha Shakuson teaches in the Sutra of Akan? Pama
What is this meditation method using breathing?は
Searched for.
こ At that time, I was training Kundalini Yoga.
と き It was during the meditation of Kundalini Yoga. I suddenly noticed
It is.
It goes into a certain state, and as it is, stops at a certain point in the body
It was time.
This is an extremely difficult technique. At a certain point in the body,
I-, which gradually condenses it and gradually amplifies its energy. That
Meanwhile, no cows are allowed to poke with rabbit hair.
と き に At that time, I realized that.
What!
で は I’m doing what Buddha teaches now!
Yes, this is it!
I cried out. And, as usual, the breathing method taught by Buddha
Was tried one after another.
Of course, at that time, I could not say that everything was understood. But
I was convinced that I got the point of the breathing method taught by Shakuson.
I-Shakuson taught what was the starting point of the later Kundalini Yoga
It is.
“The spring where power springs out” in the human body
Kundalini Yoga is famous for creating superhuman abilities since ancient times.
The secret that Kundalini Yoga creates superhuman abilities is the free secretion of hormones
There was a place to adjust.
Kundalini Yoga has seven “springs of power” in the human body.
Discovering and manipulating this spring freely to create technology that generates superhuman abilities.
You. Then, he named this “spring of power” “chakra”.
長 い Why chakras generate special power that can be called superhuman for a long time
Was thought to be a mysterious naso, but with the development of modern physiology, that naso was dissolved.
The locations of the chakras all correspond to endocrine glands that secrete hormones.
Kundalini Yoga masters stab chakras with the power gained through special training.
Intensely, it generates power that ordinary humans do not have.
Say

maha Cundā


  1. maha Cundā

In India and Tibet, it is generally regarded as a Buddhist mother and is not considered a change Kannon. Kannon is considered a male noun in India because of its masculine noun.

Also known as Shichiku-Tetsubutsu, also known as Sappakoti Budda Matri (梵 [Saptakoṭibuddhamātṛ])

नागार्जुन, Nāgārjuna, klu sgru Bodhisattva

Even in the event of any disaster or catastrophe, the person can escape the disaster. This is because the vow of quasi-sponsorship is “to save people and heaven.” Tenjin and humans receive the same happiness as a Buddha, and if a Buddha equal to this Buddha is regarded as a principal, the Buddha’s absence will be sure. This is because you gain a higher sense of equality. If my (Nāgārjuna) ‘s wish for sorrow to “leave the beings into liberation in this and the afterlife” is not fulfilled, I (Nāgārjuna) falls into hell for the sins that deceive the beings, I will also throw away my grief

 

2020年の干支は「庚子」。新スタートに大チャンス!

 

それでは2020年の「庚子」にはどんな未来が待っているのか。干支が指し示す意味を詳しく見てみよう。

「庚」は上手く転身できる年、「子」は賢くスタートが切れる年

まずは十干からひも解いていこう。2020年の十干は「庚」である。十干は太陽の巡りと動物の生命の循環サイクルを「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」の10種類で示したもので、「庚」は7番目にあたる。季節でいえば秋の初めであり、生命サイクルでは結実や形成という変化転換を表す。

また「庚」という漢字は、杵を両手で持ち上げる象形と植物の成長が止まって新たな形に変化しようとする象形からできた文字で、「かわる」や「つぐ」という意味がある。これらを考え合わせると、「庚」とは結実の後に転身することを意味する。

次は十二支だ。2020年の十二支は「子」である。十二支は月の巡りと作物の発芽から収穫までの生命の循環サイクルを、ご存知の通り「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」の12種類で示したもので、「子」は1番目にあたる。

「子」は種子が土中で発芽したまさにその瞬間を意味する。その後、「丑・寅・卯・辰・巳」と徐々に芽が育ち、「午」で陰陽の転換点を迎え、「未・申・酉・戌」と結実する。そして最後の「亥」で地面に落ちた種が土中へ埋まり、次世代の生命へと繋がっていく。

准肌観音

 

 

准胱観音真言
なう まく さ た なん さん みゃく さん ぼ だ く ち なん
た にや た おん しゃ れい しゅ れい じゅん でい そわ か

准服とは、梵名チユンデイ上の呂号の音写で
「清浄無垢」という意味があり、さとりの道を歩
ませる観音です。
別名、准服仏母、七倶服仏母とも呼ばれます。
七倶服とは「無量」を意味しますから、多くの諸
仏の母となります。そのため観音菩薩ではないと
の説もあります。経軌にも観音として説かれてい
ないことから、犬台密教では准肛如来として仏部
の尊としますが、真言密教では観音の一つとして
六観音の中に加えます。
求児・安産の本尊としてもまつられます。もと
は水の神で、その姿は女身といわれています。
なお、胎蔵曼荼羅中台八葉院の観音の種子は、
この准服観音のブ(回)字が記されています。

The end of Mahayana Buddhism Chapter 6 真の「修行法」

大乗仏教の終焉

第六章

4 4貧蔽

 これが、三十七菩提分法の象徴である三十七尊を祈念し、供養する修法なのである。

 すなわち、護摩作法あって、印をむすび、観想に入る。

  『観ぜよ、我が身の九識転じて五智と成る。いわゆる第九蒼摩羅識転じて法界体性智と成る。第

  八識転じて大円鏡智と成る。第七識転じて平等性智と成る。第六識転じて妙観察智と或る。前五

  識転じて成所作智と成る。この五智に五部の諸尊一切聖衆(すなわち三十七尊のこと)を摂入

  す。また、わが身すなわち諸尊なり。善くこれを観ぜよ。』

 これで三十七尊を供養し、三十七尊すなわちわが身なりと観念し、yこれを以て三十七課程の修行が

わが身においてすべて完了するのである。

 これが様式化でなくてなんであろうか。わたくしが、『密教入門・求聞持法の秘密』において、密

教には観念宗とよばれる致命的欠陥があると警告したのはこの点なのである。これでは観念宗どころ

か、御都合主義であり、いい気なものだといわれても、返す言葉がないのではなかろうか。

 これでは密教が左道化し、堕落したのも当然である。修行法がないからだ。ヒンド。-教や土俗信

仰とむすびついて消滅し去るのも当然の成り行きというべきだろう。’

 

 

真の「修行法」

だがI、 誤解しないでいただきたい。わたくしは、真言密教をいたずらに批難し、訥膀しているのではない

のである。

 たとえ「仏さま」として象徴化し、まつり上げてしまったにせよ、仏陀の修行法を前面に打ち出し

たことは、すばらしいことであるといってよいのである。初期大乗以来、捨て去られてしまっていた

仏陀の修行法が、ここに復活したのである。その点において、わたくしは、密教は仏陀の教法にたち

かえることを目ざしたものであるというのである。

 ただ惜しむらくは、この修行法が仏として象徴化されてしまったため、それにつれてなまじいに

 「修行法」として様式化された加持祈祷法ができあがり、それを修することが修行であるということ

になってしまったことである。

 考えてみれば、この三十七尊の象徴化による体系づくりは、まさに天才的偉業というよりほかない

ものである。これを作製、あるいは編成したグループは、実際に三十七課程の修行を実践していたの

である。おそらく、当時のヒンドクーイズムその他の信仰形態などをも勘案して、最も効果的な表現

形式としてこのように編成されたのであろう。この表現の背後には、教学としての実践と理論が裏打

ちされていたのである。

 しかし、時代を経るにしたがって、その真意が失われ、ただその表現のみが残り、祈祷形式の修行

法だけが受けわたしされるようになってしまった。

 実際に戒・定・慧の三学を身におさめ、三十七課程の修行を実践する、あるいは、した、修行者が、時に応じ、三十七尊をまつった金剛界曼荼羅を前にふかい瞑想に入ることはどれほどすばらしい

ことであるか、体験した者にはよくわかるのである。

 だがI、後代、その様式化され、枝葉末節的な作法によって修飾された修行法を、「行法次第Lと称し、そ

の受けわたしを「法の伝授」とよび、それを以て密教の真髄の授受であるとして自他ともに満足して

いるとしたら、もしもそうであるとしたら、それはナンセンス以外のなにものでもなく、そんなもの

はもはや密教ではないといったら過言であろうか?

 しかし、あの、初期・中期の大乗の行きづまりを打開すべく、仏陀の修行法を真向から打ち出して

立ち上がった第一期真言乗創立者たちの理念と情熱を考えたら、密教徒としてだれしも頭を垂れるよ

りほかないのではなかろうか?

 真言密教はその理念と情熱をふたたびとりもどさねばならぬ。

 たとえ仏さまに象徴化されてしまったとしても、仏陀の教法、修行法をいまの世にはっきり示して

いる大乗仏教は、密教をおいて他にないのである。

 三十七尊を仏の座からひきおろし、もとの修行法に立ちかえらせるのだ。

 それこそが、大日如来をはじめとする三十七尊の仏の本懐なのである。

 その上で、礼拝し、供養し、祈願するとき、そのとき三十七尊は最高最上の御利益をあたえてくだ

さるであろう。

 

 

第六章 大乗仏教の終焉

    ”救い”から”さとり″へ

 

 そういうと、それでは仏教は「出家宗教」に立ちかえれというのかヽそういわれるかも知れない・

 そうではないのである。

 時代がちがうのである。

 仏陀の時代には、出家するよりほか修行する道がなかった・二千数百年も前の古代なのである・

 二大根本分裂のときにもヽ一般民衆がヽ道を求めて修行をすることは不可能であった・慈悲を強調

し、布施行を実践させることで、宗教としての役目をはたすよりほかなかったのである。

 日本における鎌倉期の大乗仏教もそうであった。

 自分の名前すらも書くことのできない民衆には、「さとり」よりも、「救い」をまず説き、それによ

って辛うじて民衆を仏陀につなぐよりほかなかったのである。

 それはヽ幕府という封建体制が、その反動勢力を維持する手段として利用するに及んで、明治維

新ヽそして宗教法人法が改正される第二次大戦終了後まで、動かしがたいものとなって固定した。教

団がわもまたヽその反動勢力とむすぶことにより、その勢力を守られて安逸をむさぼった。

 いまや時代がちがうのである。

 民衆の教育程度は高くヽ経済力も比較にならない。情報伝達の機構はとめどなく進歩している。い

くらでも「修行」はできるのである・またヽ一般人ができるように修行を編成することが、仏教の指

導者としての任務ではないのか。自分ができないから一般民衆などなおできないであろうなどと考え

ているとしたら、田心い上がりも甚しいというべきだろう。

 かくも高度に発達した社会において、五百年、千年も前の古代において、便宜的に説かれた「仏さ

まの慈悲Lと「救いLを説くことは、社会と民衆を侮辱することにほかならない。

 いまやわれわれは、仏さまの慈悲による「救いLを求めるのではなく、仏陀の理念による「さと

りLを求めなければならぬのである。仏陀の教法において、慈悲はとこまでも第二義のものであり、

第一義は智慧による「さとり」なのである。それを、いま、われわれは必要とするのである。

 それはもはや、よい、わるいの問題ではない。まさに時代の要請なのである。

 仏さまの慈悲による「救い」や「お助け」ではどうにもならぬところまで、人類社会は追いつめら

れてしまっているのである。逆にいうなら、そこまで追いつめられたのは、いままでの宗教のありか

たがすべてまちがっていたからである。

 今日の新聞(日本経済新聞11/4)の報道によると、アメリカの上院もいよいよ。中性子爆弾”の開

発のための支出法案を可決したという。あの、〃悪魔の爆弾‘といわれるものである。そうして、こ

の国はキリスト教国であり、キリスト教はもっぱら「愛Lを説くのである。

 西洋においてはキリストの「愛Lが説かれ、東洋においては仏さまの「慈悲」が説かれる。

 そしていまや西も東も破滅に瀕しているのである。

 仏陀は、「愛Lと「慈悲」以上のものを説かれたのである。その仏陀の説かれたものがいまこそ必

要なのだ。                               。

 愛も慈悲も必要だが、さらにそれ以上のものが必要なのだ。それを仏陀は二千年来、叫びつづけて

いるのである。それをあなたはどう思うか。

 

 

  仏陀からの再出発

 人類の不幸はなによりもそのおろかなためである。愛か足りないためではない。慈悲が足りないた

めではない。智慧が足りないためである。仏陀が人類を救うために「智慧」の必要を説かれたのはま

さに正しいのである。

 愛も、慈悲も、真実にして高度の智慧の上に立って考えられたとき、はじめて、真実にしてあやま

りなき愛となり、慈悲となるのである。いや、真実にして高度の智慧を得たとき、ひとはおのずから

限りなき慈悲のこころと愛にみたされるのである。、愛と慈悲のこころを持つたからといって人は必ず

しも高い智慧を持つとはかぎらない。しかし、高度の智慧を待ったとき、人は必らず限りなき愛と慈

悲にみたされるのである。かつて仏陀がそうであったようにi。

 だがI、そういう智慧は修行なくしては得られないのである。仏陀は生来賢者であったが、それ

だけでは仏陀になれなかった。血の出るような修行によって仏陀になられたのである。われわれは仏

陀にはなれないかも知れないが、仏陀の残された教法を修行することにより、賢者にはなれる。いかなる場合にも、殺し合い、傷つけ合い、奪い合うような愚行を演じない賢者にII。そうしてまた、

そういう愚行を絶滅させ、かぎりない愛と慈悲にみたされた高度でゆたかな社会をつくりだす賢者にー

The end of Mahayana Buddhism
Chapter 6
4 4 Poverty
This is a practice of praying and memorializing the thirty-seven gods, a symbol of the Thirty-seven Bodhi Method
That is, with the Goma etiquette, conclude the seal and enter into contemplation.
“Look, look at my nine knowledge and become five wise. The so-called ninth somara changed and became the legal physique. No.
Changed into eight senses and became a great circle mirror. The seventh knowledge turns to equality. The sixth knowledge turned and there was a mysterious observation Satoshi. Previous five
Changed into knowledge and became Naruse Sakuchi. Into these five wisdom all five religions and saints (that is, thirty-seven gods)
Pass Also, my body, all gods. Watch this well. 』
で The 37 saints are now sacrifice, and the thirty-seven sons, that is, my dress, are considered.
Everything is completed in my body.
な ん What is this not stylization? In my book, “Introduction to the Secret of the Esoteric Education,
It is at this point that he warned that there is a fatal flaw in the religion known as the Kannon sect. This is the main point of the Kannon sect
Or, even if it is said to be opportunistic and good, there is no word to return.
It is natural that esotericism is left-handed and corrupt. There is no practice. Hind. -Education and folklore
It would be a natural consequence that they would disappear with disappearing from their backs. ’

True “training method”
But I, I hope you do not misunderstand. I criticize Shingon Esoteric Buddhism unnecessarily and I am not blunt
It is.
Even if it was symbolized as the “Buddha” and raised it, the Buddha’s practice was brought to the forefront
That is a wonderful thing. Abandoned since early Mahayana
Buddha’s practice was resurrected here. In that regard, I believe that esotericism has become Buddha’s teaching.
It is intended to frog.
Unfortunately, since this practice was symbolized as a Buddha,
加 A stylized Kayari prayer method has been completed as the “training method”, and training it is training.
It has become.
If you think about it, creating a system by symbolizing the thirty-seven gods is nothing but a genius feat.
Things. The group that created or organized this was actually practicing 37 courses of training
It is. Probably the most effective expression, considering Hinduism and other forms of religion at the time
It may have been organized this way as a form. Behind this expression is pedagogy practice and theory
It had been done.
However, as time passes, the meaning is lost, only the expression remains, and the practice of prayer style
Only the law has been accepted.
Indeed, they learned the three schools of commandment, stipulation, and wisdom, and practiced the thirty-seven courses, or the practitioner sometimes looked in front of the Kongokai mandala, which encircled the thirty-seven gods. How wonderful it is to enter meditation
That’s what the experienced person knows.
However, I, the progeny, the stylized training method that was modified by the stylized and end-of-leaf manner, was called “Let’s depend on the practice method.
Call me the “tradition of the law”, and with it I am satisfied with myself and others as the essence of esoteric teaching
If so, if it were, it was nothing but nonsense,
Is it an exaggeration to say that is no longer esoteric?
However, in order to break the deadlock of the early and middle Mahayana,
Given the philosophies and passions of the founders of the first era of Shingon, everybody as a esoteric hangs his head
Isn’t there anything else?
Shingon Esotericism must restore its philosophy and passion again.
て Even if it is symbolized by the Buddha, clearly show the Buddha’s teachings and practices in the world
There is no other Mahayana Buddhism except esoteric Buddhism.
Pull down the thirty-seven lords from the seat of the Buddha and return to the original practice.
That is the true essence of the 37 Buddhas, including Dainichi Nyorai.
上 When worshiping, memorializing and praying, the thirty-seven gods should give the highest and highest interests.
Will be.

Chapter 6: The End of Mahayana Buddhism
へ From “Salvation” to “Satori”

い う That may mean that Buddhism should be replaced by “exodus religion”.
で は It is not so.
The times are different.
In Buddha’s day, there was no way to practice other than to go home. It was ancient two hundred hundred years ago.
It was impossible for the general public to practice in search of the way even during the two major divisions, emphasizing mercy
However, the practice of cloth enforcement had no other role than religion.
大 The same was true of Mahayana Buddhism during the Kamakura period in Japan.
民 For people who cannot even write their own names, preach “salvation” rather than “satori”
It was almost nothing but connecting the people to Buddha.
The Meiji Restoration began to use the feudal system of the Shogunate as a means of maintaining the reactionary forces.
Until the end of the Second World War, when the Religious Incorporation Law was amended, it became immobile and fixed. Teaching
The group also ヽ と 安 む 反 反 反 に よ り こ と こ と に よ り に よ り に よ り に よ り に よ り.
時代 The times are now different.
The degree of education of the people is high, and the economic power is incomparable. Mechanism of information transmission has advanced endlessly. I
Anyone can do “training”. Also, it is a Buddhist finger that organizes training so that ordinary people can do it.
Isn’t it a mission as a leader? I think that I cannot do it because I cannot do it
If so, it should be a serious rise.
In such a highly developed society, the ancient Buddha, 500 years or 1000 years ago,
“The preaching of salvation L is nothing but an insult to society and the people.
Now, we do not seek the salvation L by the Buddha’s mercy, but by the Buddha’s philosophy
L must be obtained. In Buddha’s teachings, mercy has always been of secondary significance,
The first is the “Satori” by wisdom. We need it now.
It’s no longer a good or bad problem. This is exactly the demand of the times.
人 Human society has caught up to the point where “salvation” and “help” by the Buddha ’s mercy cannot be helped
It has been lost. Conversely, what caught up to that was the religion so far?
For they were all wrong.
According to a report in today’s newspaper (Nihon Keizai Shimbun 11/4), the US Senate is finally coming. Opening of neutron bomb
It is said that it has passed a bill for expiration. That’s what’s called the “devil bomb.” And then
Is a Christian country, and Christianity is exclusively about “Love L.
に お い て In the west, Christ’s “Love L” is preached; in the east, the Buddha’s “mercy” is preached.
And now both the west and the east are on the verge of ruin.
Buddha preached more than “Love L and” Mercy “. The Buddha’s preaching is now a must
It is important. .
You need love and mercy, but you need more. Buddha has been screaming for 2000 years
It is. What do you think of it?

再 Restart from Buddha
The unhappiness of mankind is above all for its neglect. Not because of love or lack. Lack of mercy
It is not. Because of lack of wisdom. It is the Buddha who preached the need for “wisdom” to save humanity.
That’s right.
When love and mercy are considered true and stand on a high level of wisdom, it becomes true for the first time.
It becomes love without love and mercy. No, when you are true and have a high degree of wisdom,
You will be in the heart of endless mercy and in love. But because of the heart of love and mercy,
They do not always have high wisdom. However, when waiting for a high degree of wisdom, a person is inevitably boundless
You will be sad. I as the Buddha once was.
But I, such wisdom cannot be obtained without training. Buddha was naturally a sage, but it
I couldn’t be Buddha alone. He became a Buddha through bloody training. We are Buddha
You may not be a da, but you can become a sage by training Buddha’s remaining teachings. In any case, a sage who does not perform killer, hurt, or rivalry folly II. And then again
A wise man who extinguishes such folly and creates an advanced and generous society with endless love and mercy.

 

 

 

 

 

 

 

星曼荼羅

星曼荼羅(宿曜道)

以前、愛染明王を調べていたとき、愛染さまは暦にも関係があるかもと思っていました。
「天弓(てんきゅう)愛染」さまのお姿を見てその手の弓と矢が真上(天)に向かっています。
それは、北極星を指しているのかもしれませんね。

 高野山 大伽藍 愛染堂 天弓愛染像

 大阪・久米田寺所蔵

星にまつわる仏を調べていますと、もともと道教において北極星を神格化した
妙見菩薩(北辰菩薩)がいます。北方守護の神です。護国・息災の深秘の修法、
尊王王法においては大日如来の化身とされます。

奈良時代に日本に伝わったといわれる宿曜道(密教占星術)と融合して密教の
修法や日蓮宗の祈祷でも重要視されることになったそうです。

今回、節分の日に、高野山南院(浪切り不動)を訪問しました。すると高野山の若い僧たちが、
高野山にあるすべての不動尊(愛染尊)でお護摩をするということです。

星曼荼羅の構成 (松浦 清:大阪市立博物館のお話 引用)

さて、星曼荼羅は北斗曼荼羅ともいわれ、密教の北斗法という延命や除災などを祈願する修法(しゅほう)の本尊ですが、制作の根拠となる経典がなく、日本で創案されたオリジナル作品と考えられています。円形と方形の二種類あり、平安時代後期に制作された奈良・法隆寺(ほうりゅうじ)所蔵の作品と大阪・久米田寺所蔵(くめだでら)の作品がそれぞれの代表例です。ここでは久米田寺所蔵の作品を見てみましょう。構成は本尊、九曜(くよう)、北斗七星を描く内院、黄道十二宮を描く第二院、二十八宿を描く第三院という三重構造となっており、58個の円形内に諸尊が描かれています。中央の本尊は一字金輪仏頂(いちじきんりんぶっちょう;釈迦金輪)という名前で、世界の中心である須弥山の上に描かれています。その直ぐ下に土星、四方に木、火、金、水星の五惑星を配置するのは陰陽五行説(おんようごぎょうせつ)の影響であり、四隅の太陽、月、食を起こす羅ご(この字は「目」偏に「侯」の旁で、合わせて「らご」と読みます)、彗星の計都(けいと)を合わせて九曜といいます。内院の下の方に横たわる七つの星は北斗七星。第6番目の武曲星(むこくせい)が小さな連星を伴うのは二重星のミザールとアルコルです。曼荼羅とは「真髄を具えたもの」という意味ですから、天文現象の主要ラインナップを描く星曼荼羅は、図様にふさわしい名前といえるでしょう。

諸星の中心に描かれた一字金輪仏頂を北極星=こぐま座のα星とする説がありますが、さて、どうでしょうか。星曼荼羅は記録によれば平安時代中期の10世紀の成立とみられますから、それは約千年前のことです。当時の星空をコンピュータで再現してみると、現在の北極星は天の北極から約6.5度も離れており、天の北極に明るい星はありませんでした。これは歳差運動によるものです。天の北極が宗派や法脈により妙見菩薩(みょうけんぼさつ)、尊星王(そんじょうおう)、熾盛光仏(しじょうこうぶつ)など、さまざまな名前で呼ばれるのも、天の北極に対する解釈の違いを表しているように思われます。星曼荼羅の成立も歳差を考慮する必要があるでしょう。

そこで高野山真言宗の方に、節分の時の星供(ほしく)の法施について聞きました。どうやら、複雑な
ようで、面授で教えていただかないと、難しいようです。

『その時の法施は、心経7巻或いは3巻です。その他にご真言をお唱えします。』と七曜、二十八宿の
仏達を教えてもらいました。

参考として『仏尊の事典』、『印と真言の本』学研から、真言や意味合いを勉強しましたが、
宗派や教えによってずいぶん違うようです。ここでは、基本は真言宗高野山派の方の助言を
受けて、記載しました。

奈良・法隆寺(ほうりゅうじ)

代表的な円形の曼荼羅を参考に、そこに描かれている諸佛をみることにします。

中心にあるのが、妙見菩薩ですが、もともとが毘る遮那佛であり、時代とともに大日如来と
なったのでしょう。古代から夜空に不動の中心星である北極星の信仰は当然あったのでしょう。
『七仏八菩薩神呪経』には最勝の菩薩とされ、天台宗では、北方守護の神として吉祥天と同体と
して、護国・息災の深秘の修法であったし、尊星王法においては、大日如来の化身とも観念された
といいます。

さらに、奈良時代にはいって、宿曜道(密教占星術)との融合を経て、密教の修法や日蓮宗などの
祈祷でも重視されることになっていきました。

大日如来(胎蔵界) あびらうんけん
(金剛界)おん ばざらだとばん
どちらでもいいそうです。丁寧には、両方。

頂輪王 ナウボサマンダ・ダラダラハシャラウン

天台宗では、一字頂輪王(一字金輪)を本尊にし北斗七星に祈祷する北斗法という
除災の大修法があります。

『行者の生まれによって異なる真言を唱える』とのことです。
(九曜・二十八宿・各北斗全てを一度に唱えるわけではありません)

北斗総呪
おん さった じのうや ばんじゃびじゃや ぜんほだまそら  びのうらきさん ばんばと そわか
『妙見菩薩神呪経』
貪狼星(とんろうしょう)     西南、   赤黒色、  左手に日
巨門星(こもんしょう)      西、    白黄色、  右手に月
禄存星(ろくぞんしょう)     西北、   赤青色、  左手に火珠
文曲星(もんごくしょう)     北、    青黒色、  左掌から水
廉貞星(れんじょうしょう)    東北、   黄色、    右手に珠
武曲星(むごくしょう)      東、    青色、    左手に柳の杖
破軍星(はぐんしょう)      東南、    白赤色、  右手に刀

それぞれ頭髪は、赤。 どうやら本地は、七仏薬師か観音とされる。
『北斗延命経』、『覚禅鈔』

「七星九執十二宮神呪」または「七曜総呪」
(九曜星)のうまく さんまんだ ぼだなん ぎゃらんけいしんばりや はらはた じゅちらまや そわか
星曼荼羅の第二院に描かれる。『宿曜経』、『梵天火羅九曜(ぼんてんからくよう)』

日曜星  おん あにちゃしり そわか                 太陽、日精、丑寅

月曜星  おん そましり そわか                    太陰、月精、戌亥

火曜星  おん あぎゃらかしり そわか けい            惑星、火精、南

水曜星  おん ぼだしり そわか                    彗星、水精、北

木曜星  おん ぼらか さんばちしゅり そわか           歳星、木精、東

金曜星  おん しゅきゃら しゅり そわか              太白、金精、西

土曜星  おん しゃに ししゃら しせいてい しゅり そわか   鎮星、土精、中方

計都星(けいと) おん けいと しり そわか              彗星、西南

羅ご星(らご)  おん らこなしゅり そわか              黄幡星、東北

十二宮
胎蔵界曼荼羅の最外院の四隅や星曼荼羅の第三院に、星座名とともに描かれる。
黄道十二宮(太陽の運行)で、天を十二に分割し12ヶ月とし、人の運命に配して、富貴・博学・多病・短命
など、その吉凶を判断するのにでてくる。

牛密宮(ごみつきゅう) おうし座、      白羊宮(びゃくようきゅう) おひつじ座
夫婦宮(ふうふきゅう) ふたご座、     摩竭宮(まかつきゅう) 山羊座
賢瓶宮(けんびょうきゅう) みずがめ座、 双魚宮(そうぎょきゅう)うお座
秤宮(ひょうきゅう) てんびん座、      弓宮(きゅうきゅう) いて座
蠍虫宮(かつきゅう)さそり座、        少女宮(しょうにょきゅう)おとめ座
ぼう蟹宮(ぼうかいきゅう)かに座、     獅子宮(ししきゅう)しし座

諸宿(二十八宿)
宿とは、星座のこと。月が29.5日で移動し、12月で1年。28宿は、月の軌道を
星座宮に区分して、それぞれの宮を人の運命をつかさどる神としたもの。
胎蔵界曼荼羅の外金剛院の四方に配した。

『宿曜経』、『舎頭諫経(しゃとうかんきょう)』
総呪
のうまく さんまんだ ぼだなん のうきしゃたら  にしだにえい そわか

東方七宿
昴宿(ぼうしゅく) のうまく さんまんだ ぼだなん きりちきゃ のうきしゃたら そわか
畢宿(ひっしゅく) のうまく さんまんだ ぼだなん ろきに のうきしゃたら そわか
觜宿(ししゅく)  のうまく さんまんだ ぼだなん ひりぎゃしら のうきしゃたら そわか
参宿(しんしゅく) のうまく さんまんだ ぼだなん あんだら のうきしゃたら そわか
井宿(せいしゅく) のうまく さんまんだ ぼだなん ぶのうばそ のうきしゃたら そわか
鬼宿(きしゅく)  のうまく さんまんだ ぼだなん びじゃや のうきしゃたら そわか
柳宿(りゅうしゅく)のうまく さんまんだ ぼだなん あしゃれいしゃ のうきしゃたら そわか
南方七宿
星宿(せいしゅく) のうまく さんまんだ ぼだなん まぎゃ のうきしゃたら そわか
張宿(ちょうしゅく)のうまく さんまんだ ぼだなん ほらは はらぐ のうきしゃたら そわか
翼宿(よくしゅく) のうまく さんまんだ ぼだなん うったら はらろぐ のうきしゃたら そわか
軫宿(しんしゅく) のうまく さんまんだ ぼだなん かしゅた のうきしゃたら そわか
角宿(かくしゅく) のうまく さんまんだ ぼだなん しったら のうきしゃたら そわか
亢宿(こうしゅく) のうまく さんまんだ ぼだなん そばてい のうきしゃたら そわか
てい宿(ていしゅく) のうまく さんまんだ ぼだなん そしゃきゃ のうきしゃたら そわか
西方七宿
房宿(ぼうしゅく) のうまく さんまんだ ぼだなん あどらだ のうきしゃたら そわか
心宿(しんしゅく) のうまく さんまんだ ぼだなん せいしゅった のうきしゃたら そわか
尾宿(びしゅく)  のうまく さんまんだ ぼだなん ぼうら のうきしゃたら そわか
箕宿(きしゅく)  のうまく さんまんだ ぼだなん ふるばあしゃだ のうきしゃたら そわか
斗宿(としゅく)  のうまく さんまんだ ぼだなん うったらあしゃだ のうきしゃたら そわか
牛宿(ぎゅうしゅく)のうまく さんまんだ ぼだなん あびしゃ のうきしゃたら そわか
女宿(じょしゅく) のうまく さんまんだ ぼだなん しらまな のうきしゃたら そわか
北方七宿
虚宿(きょしゅく) のうまく さんまんだ ぼだなん だにしゅた のうきしゃたら そわか
危宿(きしゅく)  のうまく さんまんだ ぼだなん しゃたびしゃ のうきしゃたら そわか
室宿(しっしゅく) のうまく さんまんだ ぼだなん ほらば ばつだらやち のうきしゃたら そわか
壁宿(へきしゅく) のうまく さんまんだ ぼだなん うたのう ばっだらば のうきしゃたら そわか
奎宿(けいしゅく) のうまく さんまんだ ぼだなん りはち のうきしゃたら そわか
婁宿(ろしゅく)  のうまく さんまんだ ぼだなん あしんび のうきしゃたら そわか
胃宿(いしゅく)  のうまく さんまんだ ぼだなん ばらに のうきしゃたら そわか

八字文殊呪  オン・アクビラウンケン・シャラク・マン

妙見菩薩   オン・ソチリシュタ・ソワカ

金剛吉祥  オン・バザラシリ・マカシリ・アニチヤシリ・ソマシリ・アギャラカシリ・ボダシリ・ボラカサンマチシリ・
シュキャラシリ・シャニシシャラシセイテイシリ・マカサンマエイシリエイ・ソワカ

破諸宿曜  オン・サラバ・タキシャタラ・サンマエイ・シリエイ・センチキャラ・コロ・ソワカ

成就一切  オンタタツツ・チチチチ・ツツツツ・バザラサトバ・ジャク・ウン・バ・コク・キリクカク・ウンパッタ・ウン

閻魔天の真言  オン・エンマヤ・ソワカ
もしくは ナウマクサマンダボダナン・バイバソバタヤ・ソワカ

 竹内白雅 画伯から拝借しています。http://p77g2t8o.web.infoseek.co.jp/

奈良・平安時代の星辰信仰について
「星の伝承関係のHPまとめて全部」
http://astro.ysc.go.jp/izumo/stars.html
以下は、上記サイトの資料を参照しました。

日本は、星の神話や伝説が少ない国と言われていますが、天体自体に興味がなかったわけではなさそうです。 政治をつかさどる人々が、星祭と星占いに明け暮れていた 時期もあるのです。

その時代は平安時代。 大陸では、自然科学・哲学であった陰陽五行思想は、日本 では”星の宗教”陰陽道となり、道教と合体して占い・呪術 として独自の発展をとげました。奈良時代までは、ここぞという時の秘伝であった陰陽道が、 平安時代には、日常のあらゆることの吉凶を占うのに使われる ようになったようです。

さらに9世紀、空海・最澄が密教を伝え、密教の占星術で ある宿曜道も時の占星術ブームにのって盛んになりました。 宿曜道は、インド原産でヨーロッパ色の強い新しい占星術で、たびたび陰陽道と対立し、お互いの要素を吸収しあいながら 最後には民衆にも広まっていきました。

陰陽道と宿曜道。 日本の星の信仰を代表する、2つの文化の流れを追ってみる ことにしましょう。

宿曜道

800年ごろ真言宗を開いた空海は、唐から宿曜道の詳しい教典をもちこんだ。このときから、暦学は陰陽道の独壇場ではなくなり、密教の占星術・宿曜道も参入してきた。

宿曜道は陰陽道が使っている唐の宣明暦を批判し、ヨーロッパ風の出典不明の暦「符天暦」を使って、日蝕予報で正確さをきそった。斎藤国治「古天文学の道」にその 様子が面白く紹介されている。

(符天暦について:宿曜道の暦は、当時イスラム、インドの天文学者の教科書的存在であった、プトレマイオスの「メガレシンタクシス(アルマゲスト)」および星占い書「テトラビブロス」が元になっている。「符天暦」は天体軌道論の原点ともいえるアルマゲストが多くの民族の手をへて日本に伝わった姿ではないのだろうか。)

宿曜道というのは、名前は似ているが、陰陽道とは起源も原理も全然違う。

宿曜道はインド原産の27宿占星術が基本となっており、基本の教典「宿曜経」(本当は長い名前)もインドの教典がもとになっている。インドのホロスコープ占星術は、西洋から伝わったものであるので、宿曜道も西洋風のホロスコープ占星術を行なう。
宿曜道の重要文献の1つにプトレマイオスの占星術書(テトラビブロス)の漢訳本があることから雰囲気がうかがえるであろう。

(テトラビブロスについて:アルマゲストとともに世界に広まったプトレマイオスの著作。何しろ占いの本なので天文学史からはぬけおちているが、7-12世紀ごろのイスラム、インドの天文学者らに大うけしていた本である)

平安後期になると、貴族に星祭りが流行し、密教の方でも道教の神を仏教風にした菩薩が生まれ、北斗七星や北極星などを祭った星曼陀羅が作られ、密教の星祭りが行なわれた。

平安の密教系星祭は天台宗のものが多いが、よく体系化された空海の真言宗に比べ、教義で劣る天台宗が、最澄なきあと生き残りをかけて多くの星祭を生み出していったものと考えられている。

密教の星祭・信仰

・北斗法--北斗曼陀羅を掲げ、祭壇に本命星を中心に四方に本命宿、当年星、生年宮、本命曜を配し息災延命を祈願する。

・尊星王法--北斗七星と妙見菩薩を祭る。

・本命星供--天台宗の属星祭。燭盛光法。

・大曼陀羅供--北斗七星、12宮の神、16天、27宿を祭る、天台宗の祭。

・元辰星供養--自分の干支の方角の逆に相当する干支から求める裏本名星を祭るもの。

・本命日--生まれた年あるいは日の干支、また生まれた年の支の日を本命日とし、忌み慎む。
(961年に、生まれた年の干支か、日の干支かで、陰陽道の賀茂保憲と密教の法蔵法師が争い、保憲が勝利した。しかし、11世紀よりあとでは本命日は生まれた日の干支とするようになった。)

・本命宿--生年月日の日を、27宿の1つにあて、本命宿とする。各月の1日に相当する宿を前もって決めておき、その宿から東-北-西-南の順に数えていく。
(これも保憲と法蔵で争われた。法蔵は生まれた日に月がいた宿を本命宿とするという珍しい説を出し、勝利したが、一般には前記の保憲の決め方が正しい。)

・本命宮--インド経由の西洋占星術がもとになっている宿曜道ならではの信仰。

・年星--年齢により、その年だけの守護星となるもの。

隆蓮房さま(高野山真言宗)の節分(星供)の勤行次第です。

三礼合掌、開経偈などの後に次のご真言をどうぞ。

先 大日  オン バザラダトバン

次 頂輪王  ナウボウサンンマンダ ダラダラハシャラウン

次 招北斗  ナウボウサンマンダ ダラナウエイケイキ ハイカイタイカイライボウラタラキャラ ソワカ

次 北斗總印言  オン サハヂナウヤ バンジャビジャヤ ゼンホダマソバビナウラキサンバンバト ソワカ

次 諸曜總印言  ナウマクサンマンダボダナン ギャラケイジンバリヤ ハラハタジュチラマヤ ソワカ

次 二十八宿總印言  ナウマクサンマンダボダナン タキシャタラニリナダニエイ ソワカ

次 当年星

次 本命星

次 本命曜

次 本命宮

次 本命宿

次 金剛吉祥  オン バザラシリ(金剛吉祥仏眼) マカシリ(大吉祥白衣) アニチヤシリ(日)
ソマシリ(月) アギャラカシリ(火) ボダシリ(水) ボラカサンマチシリ(木)
シュキャラシリ(金) シャニシシャラシセイテイシリ(土) マカサンマエイシリエイ(大吉祥諸大曜)
ソワカ

次 破諸宿曜  サラバタキシャタラ(總宿曜) サンマエイ(平等) シリエイ(吉祥) センチキャラ(息災)
コロ(事) ソワカ

又は 妙吉祥破諸宿曜障明  オン サラバナウキシャタラ サンマエイ シリエイ ソワカ

次 成就一切  オン タター ツツー チチー チチー ツツー ツツー バザラサトバ ジャクウンバンコク
キリクカク ウンパッタ ウン

次 仏慈護  オン ボダマイチリ バザラ アラキシャ カン

次 羅喉  オン ラゴナウ ヤソラ アランジャヤ ソマシャトナウヤ センジキャリ ソワカ

次 炎魔天  オン エンマヤ ソワカ
又は ナウマクサマンダボダナン バイバソバタヤ ソワカ

次 大師明神

次 法施 心経七巻 あるいは三巻

次 回向 願わくはこの功徳をもって 普く一切に及ぼし 悟りの道を成ぜんことを

宿曜道のルーツ

宿曜道の暦法は、符天暦がややこしい暦らしいので詳しい点が不明だが、星の信仰と占星術の実際はだいたいわかっている。宿曜道は仏教の中でも、真言・天台の両密教で行なわれる。密教は、大乗仏教の中でも最も新しい宗派で、 インド原産、広く知られるようになったのはA.D.7世紀ごろと言われる。

インドでできたので、ヒンドゥー教の神々と縁が深い。9曜(9惑星)は、日曜スーリヤ、月曜ソーマ、 火曜アンガラカ、水曜ブダ、木曜プリハスパティ、金曜シュクラ、土用サナイスカラ、羅喉ラーフ、計都ケトゥで構成される。

北斗七星はインドでは7聖仙、すばるは7聖仙の6人の妻だともいう。
7聖仙は、自分の妻と浮気をした軍神インドラの睾丸をとってしまったゴータマ仙、忍耐強い?ヴァシシタ仙、苦行を続けたが天女の色香に 負けて神通力がなくなったヴァシュヴァーミトラ仙、21人の妻をもったブラフマーの子カーシャパ仙、苦行中によってくる女性を追い払うため「私と会えば必ず妊娠する」という呪文をかけたプラスティヤ仙、 目から月(ソーマ)が生まれたアトリ仙、アタルヴァ・ヴェーダのもとアタルタ・アンギラスで祭られたアンギラス仙などで、文献によりメンバーがちがうという。
北極星はインドではドルヴァで、密教の妙見菩薩とは異なる。

27宿占星術(後に28宿となる)はインド独特のもので、中国の28宿とは宿の位置も名称も違う。原点はアーリア人の聖典の1つ、B.C.900ごろのアタルヴァヴェーダという呪術書である。中国28宿よりも古く、また後にインドに伝わるバビロニア風占星術とも違う。(メソポタミアには星宿はない。)

密教でいう宇宙の原理は「胎蔵・金剛の両界曼陀羅」で表わされるらしい。両界曼陀羅は、やはりA.D.7 世紀ごろインドでもとができあがり、それぞれ「大日経」「金剛頂経」にまとめられ、大日経の方はインド僧善無畏が中国にもっていって訳し、金剛頂経は不空三蔵がインドから持ち帰り訳した。
その2つの教典をもとに両界曼陀羅が中国で描かれたらしい。星の尊格はこの曼陀羅にも描かれている。

最も大きい神格は中心仏の大日如来であろう。太陽・光の神で、インド名はヴァイローシャナ、名高い阿修羅 王である。ヴァイローシャナは、びるしゃな仏→大日如来と変化していくようだが、奈良の大仏はまだ大日如来になる前にびるしゃな仏である、というのは有名。

北斗七星、妙見菩薩は他に独自の曼陀羅があるので、部分的にしか描かれていないが、28宿の神というのが女性神格で28人、描かれている。

密教では、ヴェーダの神よりアスラとなった土着の神の方が重視されてきており、曼陀羅に登場する尊格は 多くがアスラ系のヒンドゥー神、または密教で作られた仏(明王など)である。

■仏教の勉強室