瞑想法の驚異的効果  The amazing effect of meditation

瞑想法の驚異的効果

 この瞑想法の効果は、まさに「魔法」的であるといってよい。
では、その効果はどこからくるのであろうか。端的にいうと、つぎの通りである。
それは、自律神経の中枢である太陽神経叢への横隔膜による刺激と、マニプーラーチャクラヘの刺激によるホルモン湧出からくるのである。
その効果をあげてみよう。
1、体の新陳代謝を盛んにする。
肺の機能が高まり、これまでの何倍も大量の酸素を血液の中に吹きこみ、体
じゅうに送りこむ。

2、筋肉の発達をうながす。
新陳代謝が盛んになれば、体じゅうの組織が強化されるのは当然であり、筋肉が発達する。ことに、内臓の筋肉が強化される。

3、神経のはたらきが安定する。
それは、自律神経を安定させるからである。
自律神経(植物性神経)とは、すべての内臓、腺、血管等、人間の意志と無
関係に反応する器官を支配する不随意神経で、これらの器官のいろいろな機能
を自動的に調節している。それで、自律神経とよばれるのである。
自律神経は二つの特徴を持っている。それは、
一、意志をともなわず、自動的にはたらくこと。
二、この神経は、かならず交感神経と副交感神経の二つかできていて、その支配をうけること。

 

The amazing effect of meditation

効果 The effect of this meditation method can be said to be truly “magical”.
So where does that effect come from? In short, it is as follows.
It is derived from the stimulation of the solar plexus, the center of the autonomic nervous system, by the diaphragm and the hormonal expulsion by the stimulation of the manipula chakrahe.
Let’s get that effect.
1. Promote the body’s metabolism.
The function of the lungs is enhanced, and oxygen is blown into the blood many times more than before,
Send all over.

2. Encourage muscle development.
When metabolism becomes active, it is natural that the tissues throughout the body are strengthened and muscles develop. In particular, the muscles of the internal organs are strengthened.

3. The function of the nerve is stabilized.
This is because the autonomic nerve is stabilized.
Autonomic nervous system (vegetable nervous system) refers to all internal organs, glands, blood vessels, etc.
The involuntary nerves that govern the organs that respond to relationships, and the various functions of these organs
Is automatically adjusted. That is why it is called the autonomic nervous system.
The autonomic nervous system has two features. that is,
First, work automatically without will.
Second, there are always two types of nerves, the sympathetic nerve and the parasympathetic nerve.
Under the control of

日本はなぜ運がいいのか?


わが国の日本は不幸ある。

その不幸の原因は

「日本国の不徳だ! 日本国に徳が足りないのた」

 というところへ行き着きます。では、その徳の足りなさは、いったいどこから来るのでしょうか?

 いろいろと原因はあるでしょうが、ご先祖のお徳を忘れてしまい、先祖供養を全くしなくなった家庭が多いことに、大きな原因の一つを見るわけです。

仏界の  須陀但 、神界の須陀但

 

 こ

「日本国を立て直して救うには、仏界の力を取り入れて、神仏両界が力を合わせなければならない」

 と伊勢の神々がお考えになった結果であろう、考えております。

 日本は神国ですから、どうしても神々のお力が必要です。しかしながら、神々のお力だけでは足りないものがあります。それはなんでしょうか?

 成仏法です。生者・死者ともに完全に成仏させて霊的に浄める、という成仏法が神界にはありません。どうしても、仏教の成仏法と神界の神々の力の二つがなければ、日本の国は再建できません。そのギリギリのところまで、来てしまったのです。だからこそ、今回、成仏法を招聘は人間によってなされましたが、そのお考えを発せられたのは神々です。そして、仏教にのみに伝わる成仏法と神々のお力とが相まって、平和に繁栄する二十一世紀の日本を構築してい。

 霊界におきましても、成仏していく過程において、仏界に縁のある人たちと神界に縁のある人たちとでは、別々の道を歩みます。そして最後は、ニルヴァーナヘ到達するわけです。桐山セイユウ『君は誰れの輪廻転生か』(平河出版社)には、「勝五郎の転生」という項があります。

 

 勝五郎さんに関して書かれたさまざまな文献を見ますと、どうしても須陀但であった、と判断せざるを得ません。勝五郎さんは何生か前

に、神界の守護神によって須陀氾になっているのです。彼は仏界に縁のある人ではなく、神界に縁のある人です。

須陀但  ・斯陀含ともに、神界の霊界にもいるわけです。つまり霊界は、神界と仏界に分かれているのです。

 日本は神国です。したがって、どうしても神々のお力をいただかなければなりません。それはなぜかと言いますと、わたくしが霊視をすると、前述のように霊界は神界と仏界に分かれており、神界に縁のある人は神界の霊界へ、仏界に縁のある人は仏界の霊界へと入るわけです。これは外国には例がなく、日本だけです。そこに、日本における神の存在の、特殊性を考えざるを得ません。

 行き、仏界に縁のある人

は、仏界の須陀垣として仏界の霊界へ入ります。そのように、一目に須陀汎と言っても、神界の須陀氾、仏界の「仏界でも、神界でも、同じ名称というのはおかしいのではありませんか?」

 と言う人もあるでしょう。しかし、名称などというものは、便宜的につけられた仮のものであって、先の両者の内容は同じですからね。霊界におけるその境界は同一なのです。

守護神のお力で須陀恒となるケース

 勝五郎さんの霊視を深く進めていきますと、彼は神界に縁のある方であり、前掲書にも書きましたように、そ の前生は藤蔵さんですが、さらにその前々生辺りまでさかのぼりますと、神界において相当に位の高かった人の、生まれ変わりだったように思われます。さらに詳しく理解するには、時間をかけて霊視をしていくしかありませ んが、現在の時点ではっきりと言えることは、勝五郎さんの前々々生は神界の須陀おんになられたお方です。そし て、藤蔵さんが亡くなった時に、スーツと道案内してくれたおじいさんというのは、神界の方なのです。要するに、一種の神にまで到達したお方です。

 つまり、勝五郎氏‐―今度は敢えて、「さん」ではなく「氏」と言いますが-を道案内したおじいさんとは、勝五郎氏の守護神なのです。仏界の方は守護霊、神界の方は守護神というように、わたくしは区別してお呼びし ておりますが、その老人は守護神です。

 このような霊視の結果、成仏法を修さなくても、神界の方々のお力に導かれてサイの広場を飛び越え、須陀逼 の世界へ入るというケースが、今までに日本で起きていたことが、はっきりとしました。ただし、神界の神々の お力で須陀おんや斯陀含になれたとしても、阿那含、ましてや阿羅漢にまで到達するには、どうしてもお釈迦さまの成仏法が必要です。ニルヴァーナヘ到達させることができるのは、成仏法しかありません。しかし、須陀おん・ 斯陀含にまでは、神界に縁のある方々ならば、守護神のお力でなることができます。それが最近になって、よう やく分かりました。

 そのように日本は特殊な国であり、仏界の力だけでは、この国を完全に救うことはできません。神界の神々のお力、冥助がなければ、この国を完全に救うことはできない。しかし、その真実を、

神々が、

「やはり仏界のお力が必要なのだ!」

 とお考えになったか、あるいは仏界の仏さま方が、

「日本を救うには神界のお力が必要なのだ!]

 とお考えになったか、あるいはその両方なのだ、という結論にわたくしは自然と到達しました。

 

“It’s an immorality of Japan! There is not enough virtue in Japan.”

I will arrive at a place called. So where does the lack of virtue come from?・

There are various causes, but I see one of the major causes because many families have forgotten the ancestors’ virtues and have no ancestor memorial service at all.

Buddha’s Suda sake, Shinkai’s Suda Tan

〒Agune is invited by an Ise Jingu-related organization to offer “Ise Jingu 61st Ceremony of the Year-end Shrine, Both Gods and Buddhas Oshiba Lanterns”

It will be fired near the sanctuary. This is the first time since Ise Jingu Shrine began and everyone involved was surprised.

I am most surprised at myself.

this is,

“In order to rebuild Japan and save it, the powers of the French world must be adopted, and the two worlds of God and Buddha must work together.”

I think that it may be the result of the thoughts of the gods of Ise.

Japan is a Shinto nation, so we need the power of the gods. However, there are things that the gods alone cannot do

There is. What is it?・

It is a Buddhist law. There is no Buddhist law in the Shinto world that both the living and the dead can be completely Buddhized and purified spiritually. What

However, the country of Japan cannot be reconstructed without the two laws of Buddhism and the power of the gods of the deity. The last minute

So I have come. That is why this time, the Aze sect, the only religious group in the world who holds the Buddhist law, says, “Ise Shrine

I think that the request for the service for the 61st ceremony of the year of the shrine, the celebration of the Shinto shrine and the Osamu Oshiba god of both gods and Buddha was received. Invitations are by humans

However, it was the gods who gave their thoughts. And the Buddhist law and the power of the gods, which are only passed on to Adanshu

Together, we will build a peaceful and prosperous 21st century Japan. That is exactly what this “Ise Shrine 61st Ceremony

It has the greatest significance of the sword of the God, Buddha Ichi Ao Oshiba Soke Tamasu.

Even in the spirit world, people who have a relationship with the Buddhist world and people who have a relationship with the Shinto world are separate in the process of becoming a Buddha.

Take the road. And at the end, it will reach Nirvana. “Who are you reincarnated in my life?”

The Kawa Shuppansha) has a section called “Katsugoro’s Reincarnation.” I often get questions about it.

“Why did Katsugoro-san become suda irrigation? -In Japan, the Buddhist law is only passed on to Agune.

Despite this, why was Katsugoro-san, who appeared before the appearance of Aguro, become a Sudani? ”

Like so.

I was asked, but I couldn’t answer. Various documents written about Katsugoro

When I look at it, I can’t help but judge that it was Sudoku. However, when I received the above question, I

“Yes, I have to find out.”

Though I was busy, I kept on spiritually for a long time. From that conclusion, Katsugoro-san was alive

Moreover, it has been made a Sudden by the guardian deity of the gods. He is not related to the Buddhist world, but to the Shinto world.

Both Suda and Suda are in the spirit world of the Shinto world. In other words, the spirit world is divided into the god world and the Buddha world.

Japan is a god country. Therefore, we must help the gods. I wonder why it

Then, when I make a spiritual vision, as mentioned above, the spirit world is divided into the sacred world and the Buddhist world, and the person who is related to the sacred world is the spirit of the sacred world.

People who have a relationship with the world of Buddha enter the spiritual world of the world of Buddha. There is no example in foreign countries, only in Japan. There, sun

I have no choice but to consider the peculiarity of the existence of God in books.

Since the members of the Agō sect practice Buddhism, they enter the spirit world as Sudagaki after death. At that time, two

It is divided into In other words, a person who has a relationship with the Shinkai goes to the spiritual world of the Shinkai as the Sukai of the Shinkai and

Enters the spiritual world of the Buddhist world as a Sudagaki of the Buddhist world. In that way, even if we call it Sudan Pan at a glance,

There are two types of Sudoku.

“Isn’t it strange that the same name is used in both the world of Buddha and the world of Shinto?”

Some would say. However, the names and the like are provisional and temporary, and the contents of both are the same. The boundaries in the spirit world are the same.

A case where the power of the guardian deity becomes Sudoku

If we go deeper into the spiritual vision of Mr. Katsugoro, he is closely related to the Shinto world, and as I wrote in the previous article, his predecessor was Mr. Fujikura, but further before that. As far back as the birthplace, the

It seems that he was reborn. In order to understand in more detail, there is no choice but to take a spiritual view over time, but what is clear at this point is that Katsugoro-san’s pre-previous livelihood becomes a suicidal warrior of the Shinto world. It is the person who was given. Then, when Fujikura-san died, the grandfather who guided him in the suit and the directions was from the Shinto world. Take

The person who has reached a kind of god.

In other words, the grandfather who guided Mr. Katsugoro-this time, I say “Mr.” instead of “Mr.”

It is the guardian deity of Mr. Kachigoro. The old man is the guardian god, although I call them differently, such as the guardian spirit in the Buddha world and the guardian god in the Shinkai world.

As a result of such a spiritual vision, even if the Buddhist law is not practiced, there are cases in Japan where people are led by the power of the gods to jump over Sai Square and enter the world of Sudaya. It was clear what was happening. However, even if the gods of the gods helped to become Suda and Saru, to reach Arana, let alone Arkan, the Buddha

The French law is required. Only Buddhist law can reach Nirvana. However, up to and including Suda and Suda, anyone with a relationship in the world of God can become the guardian deity. Recently, I finally understand.

As such, Japan is a special country, and it is not possible to save this country completely by the power of the French world. Of the gods of the world

Without help and help, we cannot save this country completely. However, it is the gods’ will that most religions believe that Rihatsu Buddhism will now carry out the service of Oshiba Lanterns with the invitation of Ise.

The gods

“You still need the power of the French world!”

If you thought, or the Buddha of the French world,

“We need the power of the gods to save Japan!”

I naturally reached the conclusion that I thought it was, or both.

The boss of the company that has been preparing the Ise’s land for repair came to the greeting earlier. And

“The construction is completely underway. There will be no hindrance to the festival on the day. Please be assured.”

Please report it.

“The only thing left is the weather.”

It was added, but I agree with you. However, the people at the boundaries of the world of God and Buddhism must

Protect all of us and do our best for world peace, peace of Japan and prosperity of many people.

It will be the weather.

Also, the members of the Agō sect were very devoted to Gomaki Kanshin. As a result, we have received reports of happy numbers that all dojos have exceeded the target number of vows. This “Ise Jingu Shrine 61st Ceremony of the Imperial Palace, Shinto and Buddhist deity

“Goma-sai” is a sacred ritual that gives great merit as a memorial service for our ancestors.

 

シャカの成仏法「七科三十七道品」

仏教の開祖釈迦は、仏陀すなわち「覚(さと)れる者」となった。このことを指して、悟りをさまたげる煩悩を断って輪廻の苦から解き放たれる意味で解脱といい、仏陀(覚れる者)に成るという意味で成仏という。

釈迦の弟子たちは、釈迦と同様の解脱を得るため釈迦より指導を受け、あるいは釈迦の死後はその教えに随い、釈迦の説いた教義を学び、教団の戒律を守り、三昧禅定とよばれる瞑想を行なう、いわゆる戒・定・慧(三学)の修行に努めた。その結果として釈迦と同様に輪廻から解脱できる境地(=涅槃)に達した人物を阿羅漢と呼ぶ。

 

シャカの成仏法「七科三十七道品」

ニルヴァーナの智慧を獲得する修行法
「七科三十七道品」あるいは「三十七菩提分法(ぼだいぶんぽう)」

神聖なる智慧を獲得するための七種類のシステムと、三十七種類のカリキュラム
ブッダの説かれた阿含の経典群の中には、ニルヴァーナを表現したと思われる経典、仏典を見出すことができるのです。
それどころか、ニルヴァーナの智慧を獲得する修行法までも、発見できるのです。
その修行法とは、「七科三十七道品」あるいは「三十七菩提分法」と名づけられた修行法です。これは、七科目・三十七種類にわたる教科目であり、桐山管長は、これを「神聖なる智慧を獲得するための七種のシステムと、三十七種類のカリキュラム」と呼んでいます。世の人々は、大乗仏教だけしか知らないために、仏教にこういう経典のあることをほとんど知りません。
パーリ文「中阿含」第百三の kinti sutta につぎのように述べられています。
ここに比丘らよ、われによりて法は悟られ、汝らに説かれたり。すなわち四念住・四正断・四神足・五根・五力・七覚支・八正道これなり。それゆえにすべての比丘らは相和し相欣び、争うことなくして、これを学ばざるべからず。
ブッダによってさとられた智慧の獲得の修行法、実践法が、ここに明らかにのべられています。
阿含経に説かれたこの七科目の修行法は、アビダルマ論師によって「七科三十七道品」あるいは「三十七菩提分法」と名づけられました。さとりにいたる三十七の修行法という意味です。

四念住法(しねんじゅうほう)
旧訳では四念処(しねんじょ)といいます。四念処観ともいいます。さとりを得るための四種の内観・瞑想法です。身念住(しんねんじゅう)・受念住(じゅねんじゅう)・心念住(しんねんじゅう)・法念住(ほうねんじゅう)の四つです。

四正断法(ししょうだんほう)
旧訳では四正勤といいます。断断(だんだん)・律儀断(りつぎだん)・随護断(ずいごだん)・修断(しゅだん)の4つの修行。

四神足法(しじんそくほう)
四如意足とも訳す。
四つの自在力を得るための根拠となるもの。超自然的な神通力を得るための4種『欲神足(よくじんそく)・勤神足(ごんじんそく)・心神足(しんじんそく)・観神足(かんじんそく)』の修行法。

五根法(ごこんほう)
信根(しんこん)・精進根(しょうじんこん)・念根(ねんこん)・定根(じょうこん)・慧根(えこん)の五つ。根とは自由にはたらく能力をいう。仏法僧の三宝にたいする信と、精進・念・禅定(瞑想)・智慧が、ニルヴァーナに向かって高い能力を発揮する修行。

五力法(ごりきほう)
信力(しんりき)・精進力(しょうじんりき)・念力(ねんりき)・定力(じょうりき)・慧力(えりき)(または智力)。ニルヴァーナに至る高度な力を得る修行。

七覚支法(しちかくしほう)
択法覚支(ちゃくほうかくし)・精進覚支(しょうじんかくし)・喜覚支(きかくし)・軽安覚支(きょうあんかくし)・捨覚支(しゃかくし)・定覚支(じょうかくし)・念覚支(ねんかくし)の七つをいう。ニルヴァーナへみちびく七つの修行。

八正道法(はっしょうどうほう)(八聖道とも書く)
理想の境地に達するための八つの道『正見(しょうけん)・正思惟(しょうしゆい)・正語(しょうご)・正業(しょうごう)・正命(しょうみょう)・正精進(しょうじん)・正念(しょうねん)・正定(しょうじょう)』

以上が、「七科三十七道品」です。
四念住法・五根法、これは、瞑想です。
四正断法・五力法・七覚支法・八正道法は、実践と瞑想です。
四神足法は、特殊な tapas( 練行)です。神足とは、神通力(超人的能力)のことで、この四神足法は、超自然的な神通力を得るための四種の修行法です。

 

仏陀の成仏法により、霊体は悪因縁、悪業、悪念から解放されます。
完全に解放された霊体は、涅槃(ニルヴァーナ)に入ります。
これを成仏というのです。

しかし、成仏といっても、生者と死者によって、それぞれちがいます。
生者の場合は、自分自身で成仏法・七科三十七道品(しちかさんじゅうしちどうぼん)を修行することができます。
修行によって霊体(生者)は、清められ、高められ、しだいに悪因、悪業から解脱してゆきます。
「シュダオン」「シダゴン」「アナゴン」という聖者の段階を経て、究極の大聖者「アラハン」(仏陀)に到達します。
この世において、仏陀に到達できない場合は、つぎの世においても、ひきつづき成仏法の修行を続け、究極的にはかならず仏陀になるのです。
死者の場合は、自分で修行することはできませんから、成仏法を成就した聖者に、成仏法をもって供養していただきます。
つよい怨念や執念によって不成仏霊となり霊障を発し、迷っているホトケは、聖者の発する悟りのバイブレーションを受けて解脱し成仏します。
ただし、この場合の成仏とは、完全に因縁・業煩悩といったものを解脱したという意味ではありません。
成仏法を成就した聖者( 有余依涅槃(うよえねはん)の聖者)の霊的テレパシー(霊力)によって、聖者の悟りをそのまま受け止めて、迷い執念などを離れて、冥界(死者のほんとうの世界=安らぎの場)へ向かうということです。
これが、仏陀釈尊の教えられた「仏法」です。

 

死者たちの怨念が、すべての人の深層意識を動かす

いま、この世界が壊滅の危機に瀕しているのは、この世界に充ち満ちている死者の怨念、悪念のバイブレーションが、すべての人の深層意識を動かしているためです。
その結果、人類はますます衝動的、闘争的、反道徳的になり、結果的に自分自身を虐殺しようとしつつあります。
まず、家庭が崩壊しはじめています。
これらの苦しみに満ちた死者の霊魂に全き安らぎを与えないかぎり、生きている人間に全き安らぎは訪れません。
仏陀釈尊の成仏法は、これらの苦しみを持ったまま死後生存している存在(霊魂)に安らぎをあたえ救済する力を持っているのです。

 

薬師如来  Bhaiṣajyaguru  Yakushi Nyorai Bhaiṣajyaguru

oṃ huru huru caṇḍāli mātaṅgi svāhā

薬師如来の意味(薬師如来とは)

薬師如来とは、薬壺を持ち病気を治す仏様として知られる、如来の一尊です。

西方極楽浄土阿弥陀如来に対して、薬師如来は東方浄瑠璃界(いわゆる現世)の教主とされています。

阿弥陀如来は死後の来世の平穏を司る仏なのに対して、薬師如来は現世での苦しみを取り除き安泰を司る仏として扱われています。

如来とは、そもそも人間が解脱し悟りを開いた状態を指しますから、薬師如来も「悟りを開いた人物の一人」という事になります。

はじめて人間で悟りを開いたのは釈迦であり釈迦が仏教開祖ですが、仏教が広まるにつれ、徐々にその教えが分化したり密教が栄え始めたりして行きました。

そんな中でのちに薬師如来、阿弥陀如来など、釈迦以外にも悟りを開いた如来が現れ、大日如来という仮想の存在も生まれました。

如来になる前の菩薩の時代に「十二の大願」を立て、その大願を全て果たして如来になられました。十二の大願の中には「病気の災いを除き安楽を与える」というものもあり、この大願を果たしたことから医薬を司る仏という意味で「医王」との別名があります。

 

oṃ huru huru ca ṇḍāli mātaṅgi svāhā

Meaning of Yakushi Nyorai (What is Yakushi Nyorai)

Yakushi Nyorai is a Buddha who has a pot and heals illness.

Yamishi Nyorai is said to be the professor of the Toho Joruri world (so-called present world), in contrast to Amida Nyorai in the western paradise.

Amida Nyorai is the Buddha who controls the peace of the afterlife after death, while Yakushi Nyorai is treated as the Buddha who controls the peace by removing the suffering in this world.

Nyorai refers to the state in which human beings are liberated and enlightened in the first place, so Yakushi Nyorai is also one of the enlightened persons.

Buddha was the first human being to gain enlightenment, and Buddha was the founder of Buddhism, but as Buddhism spread, its teachings gradually differentiated and esoteric Buddhism began to flourish.

After that, Yakushi Nyorai, Amitabha Nyorai, and other enlightened Nyorai appeared, and a virtual existence called Dainichi Nyorai was born.

In the era of Bodhisattva before the time of Nyorai, he made “Twelve Great Aspirations” and fulfilled all of his wishes. Among the twelve great wishes, there is also the one to “give comfort except the disaster of illness”, and there is another name for “medicine king” in the sense of the Buddha who administers medicine because of fulfilling this great wish.

七科三十七道品の成仏のカリキュラム  Curriculum of the Buddha of the Seventy-seven Departments

七科三十七道品の成仏のカリキュラムとは、そういう方法なのである。
「きよめられた聖者」は、いまのべた内的なものだけではなく、外的にもきよめられなければならないのである。
それはどういうことかというと、自分の持つ「霊的なけがれ」もとり除かなければならないということである。
霊的なけがれとは、自分にかかわりのある不成仏霊・霊障のホトケのことである。これをことごとくとり除かなければならない。

自分にかかわりのある不成仏霊・霊障のホトケを持っていると、それらが持つよこしまな性格や想念の影響から逃れることができないのである。さらに恐ろしいのは、それらの不幸な存在がたどった運命の、「運命の反覆」をするおそれが強いのである。

 

「運命の反覆」とはカルマの反復にほかならない。これが最
も恐ろしいのである。これは修行者にかぎらず、ふっうの人の生活においても、悲惨な人生を送った霊障のホトケの人生を、そのまま反覆するケースを非常に多く見るのである。

 

That’s how the Buddhist curriculum of Nanashina Thirty-Seven Dojo is.
A “cleansed saint” must be cleansed not only internally as it is now, but also externally.
What it means is that you also have to remove your own “spiritual injuries.”
Spiritual injuries refer to the improper Buddhist spirits and spiritual disabilities that have something to do with yourself. You have to get rid of all this.

If you have the improper Buddhist spirits and spiritual disabilities that are related to you, you cannot escape the effects of their devious personality and thoughts. What is even more frightening is that there is a strong possibility that these unfortunate beings will “repeat the fate” of the fate that they followed.

The “repeat of destiny” is nothing but the repetition of karma. This is the best
Is also scary. This is not limited to practitioners, but in the lives of ordinary people, there are many cases in which the life of a spiritually distressed Hotoke who has lived a tragic life is overturned.

Practice the Buddhist method of Buddha as the principal image of Buddhism  真正仏舎利を本尊とし、 釈尊直説の成仏法を修行する

ヒトはみな、環境(国や時代、家族等)や性別、容貌、体質、性格等において、それぞれ異なる条件を持って生まれます。
さらに、これらの条件の他に、生涯の流れの中で運命を決定するような条件もあるのです。
それはたとえば必ずガンを発症する、離婚をする、横変死する、といったものです。

このような生まれつき持った人生上の条件を「因縁」と呼びます。

仏陀の法は、これらの「因縁」を断ち切ってヒトを自由にし、同時に最高の運命を創造する究極の力(成仏力)を修行者にもたらします。その究極の状態が「完全なる因縁解脱を成就する=仏陀になる」ことです。

お釈迦さまはまずご自身が修行によって仏陀になられ、その後、八十歳で入滅されるまでの生涯を、人々に仏陀になる教えと方法(成仏法)を布教して歩かれたのです。

 

仏教における信仰は、
仏法僧の「三宝」によって成り立つ

仏教における信仰は、「仏」「法」「僧」の三大要素によって成り立ちます。仏教教団は、この三つの要素が正しいものであると同時に、すべてそろっていなければなりません。

一、仏
その宗旨における信仰の絶対対象である仏を「本尊」と呼びます。阿含宗の本尊は、釈迦の聖霊(せいれい)が宿る聖物(せいもつ)として、昔から仏教徒の間で深く尊崇されている「真身舎利(しんじんしゃり)」です。
阿含宗では、これを「真正仏舎利尊(しんせいぶっしゃりそん)」と呼んでいます。
仏教徒にとって、ゴータマ・ブッダ=お釈迦さまのご聖骨である真正仏舎利は「生いける釈迦」そのものであり、仏教では唯一最高の本尊です。
想像や概念上の仏ではなく、木像や図像の仏でもなく、ブッダとして実在した釈迦の聖骨であり、仏教における最高の本尊です。

 

二、法

「成仏法(じょうぶつほう)」
 生者、死者を問わず、カルマ(業)を断ち切り、因縁解脱(成仏)してブッダ(真理に目覚めた人)になる方法です。
釈尊が阿含経の中で説かれている、「七科三十七道品」がその成仏法です。

三、僧

真正仏舎利尊を本尊とする、サンガ(僧伽)、すなわち教団です。
「すべてのカルマを断つ釈迦直説の成仏法

 

All human beings are born under different conditions in terms of environment (country, era, family, etc.), sex, appearance, constitution, personality, etc.
In addition to these conditions, there are also conditions that determine fate in the course of life.
For example, it always causes cancer, divorces, sideways death.

The innate condition of life is called “fate”.

The Buddha’s law cuts off these “causes” and frees humans, and at the same time brings the ultimate power (seibutsu power) to create the ultimate fate for practitioners. The ultimate state is to “become Buddha to achieve complete fate resolution”.

The Buddha first went to Buddha by training himself, and then walked the life until he was destroyed at the age of 80, preaching to people the teachings and methods (Buddha Law) of becoming Buddha.

Faith in Buddhism is
Established by the Buddhist monk’s “three treasures”

Faith in Buddhism consists of three major elements: “Buddha,” “law,” and “monk.” The Buddhist denomination must have all three elements correct and at the same time.

One, Buddha
The Buddha, which is the absolute object of religion in that denomination, is called “honson”. The main priest of the Agō sect is the Shinshinsari, which has long been deeply revered among Buddhists as a sacred object in which the Holy Spirit of Buddha lives.
This is called “Shinsei Bussharison” by the Agō sect.
For Buddhists, the authentic sacred Buddha, which is the sacred bone of Gautama Buddha, is the “living Buddha” and is the only Buddhist highest deity.
It is not an imaginary or conceptual Buddha, not a wooden or iconic Buddha, but the sacred bone of the Buddha, which was the real Buddha, and the highest Buddhist deity.

Two, the law

“Seiji Buddhism”
It is a method of cutting off karma (work) regardless of whether it is a living person or a dead person, and releasing the causal relationship (seibu) to become Buddha (a person who has awakened to the truth).
The Buddha’s law is the “Nanashina Thirty-seven Doshin,” which Buddha is taught in the Akane Sutra.

Three, monk

It is a sangha (monk), or cult, whose main Buddhist image is the Buddhist priest.
“The Buddhist Law of the Buddha, which cuts off all karma

 

ヒトを改造する超技術  Super technology to remodel humans

 

ヒトを改造する超技術

 

 

 

そ、ホモーサピエンスに欠けている最も大切な資質であったのだ。ホモーエク セレンスは、進化の過程の或る一点で、これを失ったため、人類は破滅の道を 歩むようになったのである。しかし、本来、ヒトはこれを持っていたのである。

この人間改造の技術の特徴は、この五の資質の回復であった。他の四つの能力 は、この回復の訓練の間に、おのずと生ずる能力なのである。

もう一つの脳があった

人類は、これまで三つの脳を使ってきた。

古皮質、旧皮質、新皮質、である。

 生理学者、ペイプスHマクリーンは、これについて、こう論じている。

 「人類は苦悩している。自然は人類に三つの脳を授けたが、それらは構造が  ひどく異なるにもかかわらず共に機能し、たがいに通じ合わなければならな  いという代物だ。

この三つの脳のうち最古のものは基本的に昶虫類の脳であ り、

二番目が下等哺乳類から受け継いだ脳である。

そして三番目は後期哺乳 類から発達した脳で、それが、人類を異様に「人類的」にしてきたのである。

 一個の脳の中に三つの脳が共存する状態を寓話風に説くなら、つぎのように なろうか。

  精神医が患者に診察台に横になるように命じる。じつはかれは患者にワニ やウマと並んで寝ろと要求しているのだ」

 

 アーサー・ケストラーは、『ホロン革命』でこの文章を引いて、つぎのよう

に述べている。

 「ペイプス~マクリーンのこの論文は患者を人類全体に、精神医の診察台を 歴史の舞台にそれぞれ置き換えてみれば、そこにグロテスクだが真の人類の まことにその通りである。ワニとウマが、ヒトの脳の中に同居して、人間を 動かしているのである。人類が、時に、狂気としか思えないような矛盾きわま る非合理的行動に走るのは、このためにほかならない。これが、人類をして破 滅の道を歩ませた元凶である。たしかにその通りだ。

 だが、ここでちょっと考えてみよう。また、大いに考えてみる必要があ るのではないか?

 ほんとうにそうなのだろうか?

 人類とはそんな矛盾きわまる欠陥生物だったのだろうか?

 もしそうならば、人類の未来には絶望あるのみではないか。カミもホトケも ない。ホモーサピエンスは、混乱とのうちに喘ぎもがきつつ消滅してゆく しかないではないか。

 ほんとうにそうなのか?

 早まってはいけないのである。

 人類とは、決して、ただそれだけの、そんな欠陥 生物ではなかったのである。

 これまでの大脳生理学はまちがっていたのだ。すくなくとも大きな見落とし を一つしていたのだ。

 もう一つ、脳があったのである。

 ヒトはもう一つの脳を持っていたのだ。ただ、或る時点でそれを使うことを

止めてしまった。そのため、その脳は萎縮し退化してしまって、その機能を失 ってしまったのである。

 その機能は、ヒトにとって非常に大切な、いや、なによりも大切なものだっ たのである。

 その機能を失ったために、ヒトは欠陥 生物となってしまったのだ。

 この超・ヒトをつくる技術とは、その退化し、失われたものを取り返す技術 である。これから人類が進化してはじめて持つものではないのである。このこ とはこの上なく重要なことである。この未来人、ホモーエクセレンスは、これ

から先、長い時間をかけて進化の結果あらわれて来るのでもないし、突然変異 体としてフランケンシュタインの怪物のごとく登場するのでもない。それはひ とつの特殊な人間開発技術により、ホモーサピエンス自身が変身するというこ とである。だから、それは、ほかならぬあなた自身であるかも知れないの だ。なぜならば、それは、あなた自身の中にあるものを発掘し開発するのだか

復原された秘密技術

 尤も、いちばん最初にあらわれたホモーエクセレンスは、あるいは一種のミ ュータントであったかも知れない。あるいは、未来社会への環境適応の結果あ らわれた超・ヒトの先行者であったかも知れぬ。ちょうど、ネアンデルタール 人の群れの中に出現した最初のクロマニョン人のように‐。

 ルーガリックの法則によると、すでに存在する属の中での新しい種の形成は、 三〇〇年から六〇万年の時間を要するという。だから、先にのべた今から二〇 〇〇年まえという数字は、ホモーエクセレンスの先行者があらわれて、ホモー サピエンスの中に次第に新しい同族の種属を形成してゆくのにちょうど手ごろ の時間といえるだろう。

 最初のホモーエクセレンスは非常に孤独であったろう。彼はその持てるすぐ

れた能力ゆえに、おのずと、予言者となり、指導者となり、教育者とならざる

を得なかった。また、彼は、その持つ異常な能力によって、数千年さきの未来

を洞察し、ヒトの歴史の上における彼自身の位置と役割りをさとったに違いな

 彼は、まだ低い段階のホモーサピエンスたちを教育するための「教え」を説くと同時に、これからやがて次第に現われてくる同族たちを教育するためのカリキュラムもつくった。

 彼は、周囲に何人かの崇拝者を待った。その中からすぐれた素質を持つ者をえらんで、弟子として訓練した。あるいは、その弟子たちの中には、彼と同じホモーエクセレンスの先行者たちもいたであろう。この訓練が、当時の「教育」だったのだ。しかし、しばらくの後、「教育」の方向が変わってしまった。

教育とは「脳の開発」に他ならない。その開発の方向が変わってしまったのである。人類の目ざす方向が変わってしまったのだ。かくして、人類はその時点で一変した。ホモーサピエンスは破滅への路線を走り出したのである。

 この時点で、新しき種、ホモーエクセレンスは終焉した。しかし、ホモーエクセレンスをつくり出す技術は残った。が、それも、時代を経るにつれ、しだいに分散し、その真の意味の理解されぬまま、断片となっていった。しかし、

分散し、断片となりながらも、それは、この世界が自分を必要とする時の来るのを、静かに待っていたのである。

 それがいま、復原されて世に出ようとしている。

 その時が来たのである。

 ホモーサピエンスは生物としてその限界に到達した。いま、この世界を覆う混乱と憎悪と絶望は、なによりも、それを物語るものである。いまこのひろい世界に、一瞬たりとも生命の危険を感ぜずして生きている人間はひとりもいない。あなた自身、そうであろう。

 今まではつねに機械と技術-‐科学がその危機を乗り越えてきた。しかし、今はその科学が先頭に立って人間に打撃を加えている。もう、先は見えてしまった。

 ホモーサピエンスの知能がっくり出した文明は極限に達した。もしもこの世界が生き残ろうと望むなら、新たな文明が生まれ出なければならない。ホモー

サピエンスの生み出したものはすべて、科学も技術も芸術も、宗教さえも限界に達した。倫理も道徳も崩壊した。古い人類は必死に古い文明にしがみついているけれども、これらはすべて過去の世界のものになった。

 限界に達した生物がさいごにえらぶ道は「集団自殺」である。いま、その集団自殺が地上に展開している。核と環境汚染、麻薬とエイズ、戦乱-すべてホモーサピエンス自身がっくり出したものである。結局、ホモーサピエンスは集団闘争による集団自殺によって絶滅するのであろう。すべての生物かたどる最後の道を、ホモーサピエンスもついにたどりはじめたということである。

 淘汰がはじまっているのである。

 そうだ。滅びるべきものは滅び去るがよい。それでヒト・其は絶えはしない。あたらしい種の胎動がここにある。ホモーエクセレンスは必ず現代の危機を乗り越え、新しい文明を創造するだろう。

 あたらしい文明と古い文明、ホモーサピエンスとホモーエクセレンスはしばらくの間、共存するであろう。それは三世代から七世代つづく。

 ネアンデルタール人とクロマニョン人の共存は、一〇〇世代から一五〇世代つづいた。ネアンデルタールが消滅するのにそれだけかかった。われわれの共

存は、促進されてごく僅かの時間で完了する。かれらは自滅の道をまっしぐらに進打から、これだけの時間のうちに、滅びるべきものは滅びるだろう。そのあとに、ホモーエクセレンスはあたらしい科学、あたらしい技術、あたらしい芸術、あたらしい宗教をつくり出す。それは、ホモーサピエンスとは比較にな・

らぬ高度の知性と感性と、なによりも輝くばかりの霊性が生み出したあたらしい次元のものである。

 われわれはいかにしてもそれを実現せねばならぬ。

 これまでにも幾多のすぐれた人びとが、それを期待し、求めつづけてきた。

ジュリアンーハクスリ卿は、新しい高い能力を待った未来人を「超人間」と呼んでその出現を待ち、ケニスーボールディング博士は来るべき新しい文明こ

そ「脱文明」と呼ばれなければならぬような飛躍をなしとげることになると考

え、バーロー・シャプリ博士はそれを「精神動物王国」と呼び、科学者であり哲学者であったテイヤールードーシャルダン神父は「オメガ点」を設定して超・ヒトの到来を信じ、人類学者のジョルジューオリヴィエ教授は、高い知能を持つホモーエクセレンスは間もなく来ると説き、かれらすべてかがやく未来を期待しつつ、

 

Super technology to remodel humans

It was the most important quality that Homo sapiens lacked. Homoek Selence lost it at some point in the evolutionary process, causing humanity to take the path of ruin. However, originally, humans had it.

The characteristic of this human remodeling technology was the restoration of these five qualities. The other four abilities are those that naturally occur during this recovery training.

There was another brain

Humankind has used three brains so far.

The old cortex, old cortex and neocortex.

Physiologist Papes H. McLean argues about this:

”Humanity is suffering. Nature has given humanity three brains, but they are the ones that have to work together and communicate with each other despite their vastly different structures.

The oldest of these three brains is basically a worm brain,

The second is the brain inherited from lower mammals.

And the third is the brain developed from late mammals, which has made mankind strangely “human.”

If we preached the state of three brains coexisting in one brain in an allegorical fashion, we would do the following.

A psychiatrist orders the patient to lie on the examination table. In fact, he asks patients to sleep alongside alligators and horses.”

Arthur Kestler draws this sentence in “The Holon Revolution”

As described in.

“This paper by Papes-McLean is a grotesque but true human race, and that’s exactly what humans and humans are all about. This is why human beings live in the brains of human beings, who sometimes run into contradictory and irrational actions that seem crazy at times. It is the cause of the destruction, and it is true.

However, let’s think a little here. Also, it may be necessary to think a lot.

Is it really so?

Was human beings a defective creature with such a contradiction?

If so, there is no hope for the future of humankind. There are neither kami nor hotoke. Homo sapiens must disappear while struggling with confusion.

Is it really so?

Don’t get too early.

Humanity was by no means the only such defective organism.

Cerebral physiology so far was wrong. At least one big oversight was.

There was another brain.

Humans had another brain. Just to use it at some point

I stopped it. As a result, the brain has atrophied and degenerated, losing its function.

The function was very important to human beings, and most importantly above all.

Human beings have become defective organisms due to the loss of their functions.

The technology to make super humans is the technology to recover the degenerated and lost things. It is something that humanity does not have until it evolves. This is the most important thing. This future person, Homo Excellence, is this

From then on, it will not appear as a result of evolution over a long time, nor will it appear as a mutant of Frankenstein’s monster. It is that Homo sapiens transforms itself by a special human development technique. So it may be none other than yourself. Because it’s discovering and developing what’s inside you

Secret technology restored

However, the first homo-excellence that appeared first could be a kind of mutant. Or, he may have been a super-human being who was the result of environmental adaptation to future society. Just like the first Cromagnons to appear in a flock of Neanderthals.

According to Lugaric’s law, the formation of a new species within an existing genus will take 300 to 600,000 years. Therefore, the number of 2,000 years ago from the present is just a reasonable time for Homo Excellence’s predecessors to gradually form new homologous species within Homo sapiens. right.

First Homo Excellence would have been very lonely. He can have it soon

Becoming a prophet, a leader, and an educator because of their ability

Didn’t get In addition, due to his extraordinary ability, he has a future of thousands of years.

And his position and role in human history.

He preached the “teaching” to educate the Homo sapiens who are still at a low stage, and at the same time, created a curriculum to educate the fellows who will gradually appear in the future.

He waited for some worshipers around him. He trained as a disciple from those who had excellent qualities. Or perhaps some of his disciples had the same predecessor of homo-excellence. This training was “education” at the time. However, after a while, the direction of “education” changed.

Education is nothing but “brain development”. The direction of its development has changed. The direction that humanity is aiming for has changed. Thus, humanity changed completely at that time. Homo Sapiens set out on a path to ruin.

At this point, the new species, Homo excellence, has ended. However, the technology to create homo excellence remained. However, as time went by, it gradually dispersed and became a fragment without understanding its true meaning. But,

Although dispersed and fragmented, it was quietly waiting for the time when this world needed it.

It has been restored and is about to enter the world.
The time has come.

Homo sapiens has reached its limit as a living being. The turmoil, hatred, and despair that cover this world are, above all, a story of it. There is no human living in this vast world for a moment without feeling the danger of life. You yourself will be.

Until now, machines and technology — science has overcome the crisis. But now that science is taking the lead and damaging humans. I have already seen the future.

The intelligence of Homo sapiens has reached its limit. If this world wants to survive, a new civilization must be born. Homo

Everything that Sapiens has created has reached the limits of science, technology, art, and even religion. Both ethics and morals have collapsed. All this has become the thing of the past world, although the old humanity desperately clings to the old civilization.

The way in which creatures that have reached their limits are picked up by the dragon is “group suicide.” Now, the mass suicide is spreading to the ground. Nuclear and environmental pollution, narcotics and AIDS, war turmoil-all homo-Sapiens himself. Eventually, Homo sapiens will be extinct due to mass suicide in mass struggles. It means that Homo sapiens has finally begun to follow the last path of all living things.

∙ The selection has begun.

That’s it. What should be destroyed should be destroyed. That’s why humans are not constant. Here is a new kind of fetal movement. Homo excellence will surely overcome modern crises and create new civilizations.

New and old civilizations, Homo sapiens and Homo excellence will coexist for a while. It continues for 3 to 7 generations.

The coexistence of Neanderthals and Cromagnon continued for 100 to 150 generations. It only took Neanderthal to disappear. Both of us

The existence is promoted and completed in a very short time. They will go straight on the path of self-destruction, and within this time, what should be destroyed will perish. After that, Homo Excellence creates new science, new technology, new art, new religion. That’s a comparison with Homo Sapiens.

It is a new dimension created by a high degree of intelligence and sensitivity, and above all, the shining spirituality.

We must realize that.

A lot of excellent people have been expecting it and have been asking for it.

Sir Julian Huxli called the futurist who was waiting for a new high ability a “superhuman” and waited for its appearance, and Dr. Kennis Boulding was a new civilization to come.

I think that it will make a leap that must be called “de-civilization”

Well, Dr. Barlow Shapli calls it the “Psychological Animal Kingdom,” and Father Scientist and philosopher Fr. Tayre Raudhard Chardin set the “Omega point” to believe in the arrival of the superhuman, and anthropologist Professor Georges Olivier of H., said that highly intelligent homo-excellence will come soon, expecting a bright future for them all,

 

チャクラと最高の呼吸法 Chakras and best breathing techniques チャクラと最高の呼吸法・瞑想法

Buddha properly prepared the training method that will serve as a bridge to this Buddhist Buddhist law, Nanashina 37 Dojo. One of the training methods is the breathing method and meditation method called “Anna Panna Nenho”. I think that this meditation method can be considered as one of the meditation methods in the Seventy-Seven Departments, 37 items. Buddha is called “the best method of breathing and meditation.” This method is also closely related to Gumonji Someiho, an esoteric Buddhist method that is said to be a secret method that makes a person a genius, as taught by Kobo Kukai Daishi. The acquisition of this law will be a stepping stone to the Seishin Buddhist Law, Shichika 37 Buddhist products. Anna nana memorial method is the method of breathing and meditation from the elementary steps to the supreme mystery, which is written in “Ana sutra sutra anna memorial day”. Ten types of breathing and meditation methods are taught.


 

お釈迦様は、この成仏法 七科三十七道品へ至るまでの、その橋渡しとなる修行法も、きちんと用意してくださっていたのです。その修行法の一つが、「安那般那念法」(あんなぱんなねんほう)と呼ばれる呼吸法、瞑想法です。この瞑想法は、七科三十七道品の中の瞑想法の一つと考えてよいと思います。

お釈迦様が、「最高の呼吸法・瞑想法」と呼ばれるものです。

この法は、空海弘法大師様が、伝えて下さった、人を天才にする秘法といわれる、密教の「求聞持聡明法」(ぐもんじそうめいほう)とも密接に関係しています。

この法の習得が、成仏法 七科三十七道品への足がかりとなります。安那般那念法とは、「雑阿含経 安那般那念経」に書かれている、初歩から最高奥儀に至るまでの呼吸法・瞑想法のことです。10数種類の呼吸法・瞑想法が説かれています。

さらに、「雑阿含経 止息経」には、「勝止息、奇特止息、上止息、無上止息」の4つの呼吸法が説かれており、「この4つの呼吸法は、すべての呼吸法において、これ以上のものはない最上の呼吸法である。」とお説きになられています。この4つの呼吸法は、安那般那念法の最上のものということです。お釈迦様が、「最上の呼吸法・瞑想法」であるとおっしゃられているのですから、当然のことながら、この呼吸法・瞑想法をマスターしなければ成仏はできないということです。

この呼吸をチャクラを啓発するのが仏陀の七科三十七道品です。

求聞持聡明法秘伝   Kyokumei Satoshi Hodenden

求聞持聡明法秘伝

物質世界を超越し、時間と空間の制限を受けない。ヨーガースートラにあるよ

うに、自由に自分の肉体を消失させ、一瞬のうちにヒマラヤの奥地から東京に 飛来し、一刹那のうちにヨーロッパヘ去る。彼は、四次元世界の時間と空間の 秘密を体得しているのである。二次元(平面)世界の生物にとって、三次元 (立体)世界の生物の行動はナゾとしか思えぬように、三次元生物のわれわれ には、四次元世界に住む超人の動きは全く理解できない。インドでは、仏陀が 超人であるとして、このチャクラの完成者であることを、形を以て示してる。

それは、仏像の頭頂がまるで帽子でもかぶったように大きく盛り上がっており、 これを「肉髭」と呼ぶ。サハスラーラーチャクラの修行が完成して頭骨がこの ように発達していることを示すのである。

 さて、以上、ながながと、クンダリニー・ヨーガのチャクラについて説明した。

 なぜか?

 わたくしの開発した求聞持聡明法は、このクングリニー・ヨーガのチャクラ が持つ驚異的な変身千不ルギーを用いて、凡人を天才に変えるのだからである。

 それをひとロでいうと、わたくし独特の方法で覚醒させたチャクラエネルギー を、特殊なルートを使って、体の各要所に送りこみ、巡らせるのである。特 に、大脳の中枢部である間脳・視床下部に、この千不ルギーを集中する。これ により、肉体ぜんたいの構造を改善するとともに、大脳を変えてしまうのであ る。

 そこで、わたくしの求聞持聡明法は、大別して、二つの方法から成り立つわけである。

 一、チャクラを覚醒して、変身于不ルギーを発生させる方法。

 二、その発生した于不ルギーを、体の各要所に送りこみ、循環させる方法、

 

 

特に大脳に送りこむ方法。

である。以下これについて解説することになるのであるが、その前に、もう少し、チャクラについてのべておく必要がある。

ムドラー・チャクラの発見

 今から一七年前、一九七二年に刊行した『密教・超能力の秘密』で、わたくしは、わたくしの新しく発見したチャクラについて、つぎのように発表した。

「私は、古代ヨーガの行法と、真言密教の行法をあわせてトレーニングしているうち、たいへん奇妙なことに気がついたのだ。トレーニングを積んでかなりの力がついてきたのだけれども、かんじんのその力を発揮する方法がな

いということである。最初、私は、それだけの力がまだ自分についていないのであろうと思っていた。しかし、しだいしだいにみちてくる力を全身に感じて、私は、ついに苦しくなってきた。欝勃とみちみちてくる潮のごときこの力を思いっきり叩きつけるごとくはとばしらせてみたい。しかし、その方法をヨーガは持たぬ!

 そういえば、あなたももはや気がついたであろう。ヨーガのチャクラは。ダルマさん”である。つまり、手も足もない。あるのは頭と胴体だけだ。

 私の修行は次第にすすんで、ム上フーグ上フ、スヴア九アイターナの二つのチャクラは完全にマスターし、マニプ上フーチャクラのトレーニングに入っていた。このチャクラの修得も次第にすすみ、定に入っていると、チャクラの中心から、透明な火焔(のような于不ルギー)が漂い浮かぶのが見

えるようになった。ヨーガースートラにいう。サマーナの気を統御すれば身体から火焔を発することができる”とあるそのサマーナ気を私は克服しつつ

あった。しかし、そのサマーナの気の于不ルギーを一点に集中して対象(壇木)に点火する方法は、どの奥義書にも記してない。私は、マニープ土フーチャクラを中心に、次第に全身が大の于不ルギーで満たされることを感じつつ、その火を、現実の火として。物質化”する方法の探求に苦しんだ。

 そのころ、ヨーロッパで刊行されたC・T・クリークという人の書いた

『ヨガの実相』という本を于にする機会を得た。そのなかに、神智学の偉才、ブラバツキー女史のグループの一員であった英国のリードビーター僧正が。クンダリニー・ヨガの奥義の、クンダリニーの秘密を体得すれば、物質化学における電気の百万ボルトに匹敵する人体電気を持つことができるようになる”といい、疑問視する多くの人たちの前でその実証をしてみせたという

文章を読んだ。定に入ったりIドビーター僧正が、そこに置かれた厚いカシの板に掌をおしあて、しばらくしてはなしたあとを見ると、焼きゴテをあてたように、僧正の掌のあとが黒くくっきりとついていたというのである。

 

 

 

桐山精雄

 

 

Kyokumei Satoshi Hodenden

Transcends the physical world and is not limited by time and space. It’s in Yoger Sutra

As you can see, you are free to lose your own body, and in a blink of an eye you can fly from the hinterland of the Himalayas to Tokyo and leave to Europe in a moment. He knows the secrets of time and space in the four-dimensional world. Just as the behavior of the creatures in the three-dimensional (three-dimensional) world seems strange to the creatures in the two-dimensional (two-dimensional) world, we cannot understand the movements of superhumans living in the four-dimensional world. In India, the Buddha is said to be a superhuman, and he shows that he is the perfector of this chakra.

The top of the Buddha statue is raised as if it were wearing a hat, and this is called a “flesh beard”. It shows that the training of the Sakhasler ratchakra is completed and the skull is developing in this way.

Above, I explained about the Kundalini yoga chakra with Nagana.

why?

This is because the Kyokumei holding intelligent method developed by me uses the amazing transformation of Senju Rugey of this Kungrini Yoga chakra to transform an ordinary person into a genius.

In a nutshell, the chakra energy awakened in a unique way is sent to various points on the body through a special route and circulated. In particular, this Thousand Rugy is concentrated in the diencephalon, the hypothalamus, which is the central part of the cerebrum. This improves the structure of the body and changes the cerebrum.

Therefore, my method of seeking knowledge has been roughly divided into two methods.

1. A method of awakening the chakras and causing transformation into irrigation.

Ⅱ, the method to send the generated unurgy to each point of the body and circulate it,

Especially the method of sending to the cerebrum.

Is. I’ll explain this below, but before that, I need to talk a little more about chakras.

Discovery of Mudra Chakra

In the “Secrets of Esoteric Buddhism/Supernatural Powers”, published 17 years ago, in 1972, I made the following announcement about my newly discovered chakra.

“I learned a very strange thing while training both ancient yoga practice and Shingon esoteric practice. Although I gained a great deal of training, I learned that There is no way to exert that power of

That is true. At first, I was wondering if I had the power to do it. However, as I felt the power of gradually increasing in my whole body, I finally became painful. I’d like to let this force fly out as much as I can with the tide and the rising tide. However, yoga doesn’t have the method!

Speaking of which, you may have noticed it. The yoga chakra. Dharma-san. That is, there are no hands or feet. There is only a head and a torso.

My training gradually progressed, and I completely mastered the two chakras, Mu-Fu-Fu-Fu and Suvua-Kyu Aitana, and were in training for Manip-Fu-Fu Chakra. As the learning of this chakra gradually progresses, when it is settled, a transparent flame (such as Ururugi) is seen floating from the center of the chakra.

I got it. Say to Yoger Sutra. If I can control the energy of Samana, I can release a flame from my body.”

there were. However, none of the mystery books describes how to concentrate the Samana’s disappointing rugy on one point and ignite the target (dangi). I feel that the whole body is gradually filled with a large amount of rugy, centering around the Manipu soil Fuchakura, and the fire becomes a real fire. I struggled to find a way to “materialize”.

At that time, written by a person called CT Creek published in Europe

I had the opportunity to publish a book called “The Real Phase of Yoga”. Among them, the lead beater monk, British, who was a member of the group of Ms. Brabatsky, a great theophilosopher. “Understanding the secrets of Kundalini Yoga, the secret of Kundalini, will allow us to have human body electricity that is equivalent to a million volts of electricity in material chemistry.” That he demonstrated that

I read the text. After a while, I saw Debbie Tadashi put his palm on a thick oak board placed there, and after a while, when I saw it, it was like a baked gote, It was said that it was clearly attached to black.

Kiriyama Seio

今日の運 6月28日

四緑木星の日

縁談、商談の来訪者あり。言動をつつしみ話を進めると良い。いつも良い日、皆良い人。こんな心境を養いたい