聖者の位  Saint rank

 

(聖者の位)

 しゆだおん 須陀垣人格・霊格の完成

しだごん斯陀含

あなごん阿那含

四神足法 法(霊力の完成) -アルハツト(仏陀)

 解脱に至る四つの段階がある。

 この段階を経ないで、完全解脱することは、いかなる人でも不可能であ

る。その四つの段階が、シュダオンーシグゴンーアナゴンーアルハットである。

 四念住・四正断・五根・五力・七覚支・八正道の修行により、しだいに、シュダオンーシダゴンーアナゴ、ン、と境界が高められてゆく。

 

どのような境界か?

つぎのように位置づける。

 それは、須陀逼の境界に入ると、特殊な霊光が生じるのである。あるい

は、その特殊なオーラが生じたから、聖者・須陀逼になったということなのであろう。

 ご承知の通り、人間のからだをとりまく特殊子7 ルギーの雲、つまり、

。オ上アの概念は、何十世紀もむかしにさかのぼる。聖人をえがいた古

い絵は、キリスト教徒が光輪を考え出すずっと以前から、聖人たちが光り

かがやくものの中に立っているのを示している。東洋の仏像は二十世紀も

むかしから、光輪・光背というかたちで表現している。神秘的な性質を持

つこのもやは、ロンドンの聖トーマス病院のウォルター・牛ルナーによっ

て最初に研究された。かれは、一九一一年に、色ガラスのスクリーンを通

して見ることによって、ほとんどの人のからだのまわりに約一六インチの

かがやいた縁を見ることができた。かれは、このオ上フはそれを身につけ

ている人の心の安らぎに応じて、形や色を変えると主張した。かれは、そ

れを医学的診断の補助として用いて、著名になった。

 つづいて、ケンブリッジの生物学者、オスカー・パグナルは、オーラを

物理学によってつかもうとした。かれは、コールタール染料であるジシア

ニンまたはピナシアノールの溶液をとおしてしばらく眺めることで目を

。増幅”させると、オーラはずっと容易に見えるようになると主張し、さ

らに、これをもっと容易にするために、トリエタノールアミンに溶かした

染料をみたすことのできる中空のレンズのメガネを設計した。

ヽさらに、ソ連の電気技師のセミヨンーキルリアンは、かれの妻と二十五  

年かかって、二つの電極間に、毎秒二〇万回も火花放電して振動する高周 148

波電場をつくり出す特殊な機械装置をつくった。一九六四年、この装置は

完成され、ソ連政府の援助のもとに、この装置を使った研究計画が開始さ

れ、多くの成果をあげはじめた。「生物学や超心理学の多くの分野で大き

な変革を起こしそうである。電気的なオ上フは、地位を確立したのだ」と、

ライアルーワトソンは、その著書『スーパー・ネイチュア』(蒼樹書房)で書いている。

 オーラは霊気であって、電気ではないとわたくしは思うのだが、電気を

用いた装置でとらえることは可能であるかも知れない。聖者は、特殊なオ

ーラをからだ全体、とくに頭上に放射している。須陀逼のオ土フは、青い、すきとおったきよらかな光のもやである。やや力の弱い感じがするが、一見、きよらかさに打たれる感じがする。わたくしが須陀逼を「きよめられたや者」とよぶのは、そこからきているのである。

 

  2、高められた聖者・斯陀含

 高められたとはなにが高められたのか?

 徳と力が高められたのである。聖者としての徳と力がそなわることであ

る。徳とは力である。ほんとうの力は、徳から生じたものである。ほんと

うの力とは、自分を高め、他人を高め、社会を高めるものである。徳から

生じたのではない力もあることはある。しかし、それは、究極的に自分を

ほろぼし、他人を傷つけ、社会を毒する。そういうものは真の力ではなく、

権の力である。だからそういう力を、権力とよぶ。徳をともなわない力で

ある。ほんとうの力は徳から生ずる。だから、徳をたくわえることは力を

たくわえることである。

 

 凡夫が不運なのは、不徳だからである。徳を積めば福を得る。徳によっ

て生じた力は、なにをしてもよい結果を生か。それを福というのである。

不徳の者は力がないから、なにをやっても中途半ばになり、また、まわり

合わせの悪い状況を直すこともできず、失敗する。それを不運といってあ

きらめるわけである。

 きよめられて須陀逼となった聖者は、つづいて、徳を高める斯陀含の修

行に入るのである。グルの指示にしたがって、瞑想と実践(梵行)の修行

をする。阿含経にしばしば「……我が生すでに尽き、梵行すでに立ち、所

作すでに作し、自ら後有(後の生)を受けざるを知る」とある梵行と所作

は、この修行のことをさすのである。

 斯陀含のオーラは、須陀逼よりやや光が強くなり、すこし黄色みを帯びる。

  3、次元を飛躍した聖者・阿那含

 霊性開顕の体験をし、霊界と交流する力を持つようになった聖者である。

 オーラは生き生きとしたオレンジ色である。ジェット機の吐き出す炎を

想い起こさせる色とパワーを持っている。

 4、次元を超越した大聖者・アルハット

ブッダのことである。

ブッダは霊界の最上界に位置ずる仏界の体現者である。

ブックのオーラについて書くならば、それはつぎのようなものである。

 

(Saint’s rank)

Shiyudaon: Completion of Sutagaki personality and spirituality

Including Shidagon

Conger eel including conger eel

Iddhipada method (completion of spiritual power) -Alhatt (Buddha)

There are four stages leading up to liberation.

It is impossible for anyone to completely liberate without going through this stage.

To. The four stages are Shudaon-Siggon-Anagon-Alhat.

By the training of Satipatthana, Four Right Exertions, Indriya, Five Strengths, Seven Factors of Awakening, and Noble Eightfold Path, the boundary between Shudaon-Fern-Anago, N, is gradually raised.

What kind of boundary is it?

Position it as follows.

It is that a special spiritual light is generated when entering the boundary of Suda. Yes

It seems that he became a saint, Suda, because of the special aura.

As you know, the special child 7 ruggy cloud that surrounds the human body, that is,

.. The concept of Ojoa dates back decades. An ancient sculpture of a saint

The paintings are lit by saints long before Christians came up with the halo.

It shows that he is standing in a bright object. Oriental Buddha statues in the 20th century

From a long time ago, it is expressed in the form of a halo and a halo. Has a mysterious nature

This haze is by Walter Beef Lunar at St. Thomas’ Hospital in London.

Was first studied. He passed through a colored glass screen in 1911.

By looking at it, about 16 inches around the body of most people

I could see the bright edges. He wore it

He insisted that the shape and color be changed according to the peace of mind of the person. He is

It became prominent by using it as an aid to medical diagnosis.

Next, Cambridge biologist Oscar Pagnal gave an aura.

I tried to grab it by physics. He is a coal tar dye, Jisia

Look through a solution of nin or pinacanol for a while to see

.. He claimed that the aura would be much easier to see if it was “amplified”.

In addition, to make this easier, it was dissolved in triethanolamine.

I designed eyeglasses with hollow lenses that can see the dye.

ヽ Furthermore, Soviet electrician Semillon-Kirlian is twenty-five with his wife.

It takes a year, and a high circumference that vibrates by sparking 200,000 times per second between the two electrodes 148

I made a special mechanical device that creates a wave electric field. In 1964, this device

Completed and with the assistance of the Soviet government, a research program using this device has begun.

It has begun to produce many results. “Large in many areas of biology and parapsychology

It is likely to make a big change. The electrical office has established itself. ”

Rial Ruwattson wrote in his book “Super Nature” (Aoki Shobo).

I think the aura is spiritual, not electricity, but electricity

It may be possible to capture with the device used. The saint is a special o

-La is radiating the entire body, especially overhead. Suda 逼’s Odofu is a blue, nice and mellow light haze. It feels a little weak, but at first glance it feels like it’s being struck by cleanliness. It is from there that I call Sudayo a “cleansed person.”

2. Includes elevated saints and swords

What was enhanced? What was enhanced?

The virtue and power were enhanced. To have virtue and power as a saint

To. Virtue is power. The true power comes from virtue. really

The power of U is to elevate oneself, elevate others, and elevate society. From virtue

There may be forces that have not arisen. But it ultimately makes me

It smashes, hurt others, and poisons society. Such things are not true power

The power of power. Therefore, such power is called power. With power without virtue

is there. Real power comes from virtue. Therefore, storing virtue is power

It is to store.

The reason why ordinary husband is unlucky is because it is unscrupulous. If you accumulate virtue, you will get good fortune. By virtue

Does the force generated by this make use of the result that can do anything? That is called fortune.

The unscrupulous person has no power, so whatever he does, he is halfway through, and around

I can’t fix the bad situation and I fail. Call it unlucky

It gives up.

The saint who was cleansed and became a sword, followed by a rehabilitation including the sword that enhances virtue.

Enter the line. Practicing meditation and practice according to the instructions of the guru

do. Often in Agama, “… my life has already run out, and I have already stood up.

“I already made it, and I know that I have to receive the aftermath (later life)”

Refers to this training.

The aura containing this is slightly brighter than Suda and has a slight yellow tinge.

3, including the saint Ana who made a leap in dimension

A saint who has experienced spiritual manifestation and has the power to interact with the spirit world.

The aura is a lively orange color. The flame that the jet plane spits out

It has a color and power that reminds us.

4. Transcendental saint Alhat

It’s Buddha.

Buddha is the embodiment of the Buddha world, which is located at the top of the spirit world.

If you write about the aura of a book, it looks like this:

 

今日の運勢 9月22日 Today’s fortune September 22

September 22

 

八白土星の日

内輪もめが起こりやすい。格別慈悲心が大切の日。もうけ話は損失となりやすい。

破壊の週  壊の日
様々な災難に見舞われる日。
物事は上手くいかず、気分も落ち込み、喪失感や不安感に襲われます。
現状を変えようと躍起になっても空回りするだけです。
この日は全て受け身に徹して、周りに流されるくらいの気持ちで過ごしましょう。
甘露日
あらゆることで良い結果が得られる日。
特に物事のスタートや大きな決断に向いています

]

Yashiro Saturn Day

Inner ring wrinkles are likely to occur. A day when special mercy is important. Making money is easy to lose.

Week of Destruction Day of Destruction
A day of various disasters.
Things don’t go well, you feel depressed, and you feel lost and anxious.
Even if you try to change the status quo, it just spins idle.
Let’s spend all this day passively and feel like being swept away.
Sweet dew day
A day when you can get good results in everything.
Especially suitable for starting things and making big decisions

自己破壊の傾向を持つ精神形態  Mental form with a tendency to self-destruct

霊障の原理

「自己破壊の傾向を持つ精神形態」

霊障についてのべよう。

 われわれは、祖先から~まざまなものをうけついでいる。

 その 中には、良きものと悪しきものがある。

 良きものの代表が、前にのべた冥徳のホトケ、守護霊のホトケである。

 悪しきものの代表が、霊障のホトケだ。

 では、霊障のホトケとは、いったい、どんなホトケなのか?

 世の一般の人びとは、「霊障」というと、幽霊のようなものが出てきて、

たたりをすることだと考えているようである。また、霊能家と称する人た

ちの中にも、そう説く人が多い。

 ちがうのである。わたくしのいう「霊障」は、そんな単純なものではな

い。また、そんな程度のものだったら、霊障なんて、少しもおそろしいも

のではない。多少、気味の悪い思いをするくらいだ。

 霊障がおそろしいのは、その人の心の中にひそんでいて、無意識のうち

に、その人を動かし、その人の運命の軌道を狂わせて、強烈なダメージを 42

あたえるからである。

 それは、人の無意識層、潜在意識・深層意識の中にひそんでいる。

ユーレイなどではないのだ。

 わたくしは、前の章で、こうのべた。

『要するに、人間は、十数億年にわたる生物の記憶を、深層意識に持っ

ているということである。

 それは、十数億年にわたる先祖を通じての記憶である。この無数とも

いうべき祖先たちの記憶を、自由にとり出して使うことができたら、ど

ういうことになるだろう?

 三十代さかのぼっても、十億人の先祖がいるというのだ。

第一章 先祖の助けをいただく冥徳供養

 このかぞえきれないほどの先祖の中には、神にもひとしい偉大な人物

がいたかも知れない。ブッダにも比すべき大聖者もいたかも知れない。

こういうすばらしい祖先の力を受けることができたら、どんな奇蹟でも

起こすことができるだろう』

 この反対の場合を考えてみよう。

 無数の先祖の中には、大聖者も大偉人もいたであろうが、また、凶悪き

わまりない先天的犯罪者や、無惨な最後をとげて、死んでも死にきれない

ような思いを残している人物もいるであろう。いや、確率からいったら、

そういう人たちのほうが、圧倒的に多いのではなかろうか?

 そういう人たちの記憶(経験、といってもよい)もまた、われわれの深

層意識の中にはあるのである。

 

 そういう記憶が、もしも突然あらわれて、われわれを動かすようなこと 44

があったら、いったいどんなことになるか? 考えただけでも慄然たる思

いに襲われるのではなかろうか?

 「そんなバカなことが!」

 とあなたはいうか?

 だが、それは決して、「バカなはなし」ではないのである。現実的に、

われわれの深層意識の中にひそむ悪しき先祖(の記憶)が、われわれを動

かしているのである。

 たとえば、非常に多くの人に見られる「中途挫折の因縁」というのがあ

る。なにをやっても中途で挫折、失敗して、ものごとをなしとげることの

できない因縁である。

 これは、男性の場合、主として職業の上にあらわれ、女性の場合、愛・結婚の上にあらわれる。

 程度の差はあるけれども、ほとんどの人が持っているので、心理学者も

深い興味をいだき、心理学の上からいろいろと考察している。

 つねに中途挫折をくりかえす人を「運命神経症」と名づけたのは、フロ

イトである。

 この運命神経症というのは、その人の無意識の意識の中に、不可抗力的

なある力が存在していて、いつもものごとが中途で挫折し失敗するように

させられてしまうというものである。

フロイトは、この無意識の中にひそむ力を、[殿弟嚇逮]とよんだ。

 こういう人の小さいときからの生活をしらべてみると、いつも、ものご

とが、もうちょっとというところでダメになり、失敗しているのである。

それは、この人の心の奥トト意識しない意識の中に、ものごとをこわして 

失敗してしまう方向に持っていこうとする自己破壊の心がはたらいて、そ 46

うさせてしまうというのが、フロイトの説なのである。

 これは、フロイトだけではない。他の心理学者たちもみとめており、た

とえば、メニンジャーはこれを「自己破壊の傾向を持つ精神形態」とよんでいる。

 こういう自己破壊の心は、いったいどこから生ずるのであろうか?

 これは、そのほとんどが、その人の祖先か、あるいは、祖先の周辺の人

たちが原因しているのである。

 ジグモンドーフロイト、カールーユングにつづく世界的な心理学者、リ

ポットーソンディは、この現象にふかい興味を持って、てってい的に追求

研究した。そして、これらの現象は、無意識の意識層における運命的な衝

動によるものであるとして、深層心理学の分野に、「運命心理学」「衝動心理学

」というあらたな部門をきりひらいた。

 かれは、ここにあらわれる深層意識を「家族的無意識」と名づけた。

 それまでの深層心理学は、おおづかみに分けて、フロイトの「個人的無

意識」、ユングの「集合的無意識」(群衆心理学)の二つの層が対象とされ

ていた。

 ところが、ソンディの運命分析心理学は、この二つの層の中間にある

「家族的無意識」という無意識の第三番目の領域をきりひらいたのである。

 つまり、「個人」と「群衆」の間に、「家族」を発見したわけだ。これはじつにユニークな、そして妥当な発見であった。

 結論として、ソンディは、つぎのようにいうのである。

「家族」に即圧されている特殊な祖先の欲求が、子孫の 

。恋愛・(結婚)・友情・職業・疾病・および死亡の型式”における無 意識的選択行動となって、その運命を決定する。

 先きに、私は、無意識層にひそむ祖先の記憶がわれわれを動かす、といった。ソンディは、祖先の欲求という表現をしている。結局おなじことをいっているわけだが、心理学者としてのソンディの立場からすれば、この表現のほうが、妥当であろう。

 だが、なんと! このソンディの理論によると、中途挫折の因縁どころ

か、職業、友人、恋人や結婚相手の選択、病気、死にかた(!)まで決定

されてしまうのである。

だれに? 。特殊な祖先”に、である。

 これだけのものを。特殊な祖先”に決定されてしまったのでは、自分の

意志など、まるっきり無いも同然ではないか。

 われわれはこれら人生のキイーポイントになるものを、すべて自分の意

志や知性によって決定していると考えている。

 しかし、じっさいはそうではなかったのである。自分の無意識層の中に

ひそむ。祖先の特殊な欲求‘がわれわれの知らぬうちに、われわれを動か

して、それを決定していたのである。

 われわれは、。祖先の特殊な欲求”にふりまわされているのだ。

 どのようにふりまわされているのか。

 じつは、この「運命分析心理学」の創始者、リポットーソンディ博士は、

自分自身、この「特殊な祖先の欲求」にふりまわされかけた体験を持つ

のである。

 

..

Principle of spiritual disorder

“Mental form with a tendency to self-destruct”

Let’s talk about spiritual disorders.

We have received various things from our ancestors.

Some of them are good and some are bad.

The representatives of the good things are the ghosts of the souls mentioned earlier and the ghosts of the guardian spirit.

The representative of bad things is the spiritual disorder Hotoke.

Then, what kind of hotoke is a spiritual disorder hotoke?

For ordinary people in the world, when they say “spiritual disorder”, something like a ghost comes out,

It seems that he thinks it is a haunting. Also, a person who called himself a psychic

There are many people who preach that.

It’s different. What I mean by “spiritual disorder” is not that simple.

No. Also, if it’s something like that, spiritual disorders are a little scary.

Not. It feels a little creepy.

The horrifying spiritual disorder is hidden in the person’s heart, unconsciously

In addition, move the person, deviate the trajectory of the person’s fate, and cause intense damage 42

Because it gives.

It is hidden in the unconscious, subconscious and deep consciousness of human beings.

It’s not a ghost.

I mentioned this in the previous chapter.

“In short, human beings have a deep consciousness of the memory of living things for billions of years.

It means that it is.

It is a memory through an ancestor over a billion years. With this myriad

I wish I could freely take out and use the memories of my ancestors.

Will that be the case?

It is said that there are billions of ancestors even in their thirties.

Chapter 1 A memorial service with the help of ancestors

Among these innumerable ancestors, a great person who is also a god

There may have been. There may have been some great saints comparable to Buddha.

Any miracle if you can receive the power of such a wonderful ancestor

I can wake you up. ”

Let’s consider the opposite case.

Among the myriad ancestors, there would have been great saints and great men, but they were also evil.

Uncertain congenital criminals and dying after a miserable end

Some people may have such thoughts. No, in terms of probability

Isn’t there an overwhelming number of such people?

The memories (experiences) of such people are also our depth.

It is in the layer consciousness.

That kind of memory suddenly appeared and moved us 44

What would happen if there was? Just thinking about it was a terrifying thought

Isn’t it attacked?

“Such a stupid thing!”

Are you there?

However, it is by no means a “stupid story”. Realistically

The evil ancestors (memories) hidden in our deep consciousness move us

I’m doing it.

For example, there is a “fate of halfway setback” that is seen in so many people.

To. No matter what I do, I get frustrated, fail, and get things done

It is a cause that cannot be done.

In the case of men, it appears mainly on occupation, and in the case of women, it appears on love / marriage.

Although there are differences in degree, most people have it, so psychologists also

He is deeply interested and considers various things from the perspective of psychology.

The person who constantly repeats frustration was named “fate neurosis” by Flo.

It is.

This fateful neurosis is force majeure in the unconscious consciousness of the person.

There is a certain power, so that things always fail in the middle

It is supposed to be made to.

Freud called this power hidden in the unconscious [arrest of his younger brother].

When looking at the life of such a person from a young age, it was always a thing

However, it has failed in a little while.

It breaks things in the unconscious consciousness of this person’s heart.

The self-destructive mind that tries to take it in the direction of failure is working, that 46

Freud’s theory is that it makes him sick.

This is not just Freud. Other psychologists are also aware of it

For example, Meninger calls this a “mental form with a tendency to self-destruct.”

Where does this kind of self-destructive mind come from?

Most of this is the person’s ancestors or people around the ancestors

Is the cause.

Sigmund Freud, a world-class psychologist following Karlou Jung, Li

Potto Sondy has a keen interest in this phenomenon and pursues it in a targeted manner.

I studied. And these phenomena are fateful impulses in the unconscious conscious layer.

In the field of deep psychology, “fate psychology” and “impulsivity psychology” are considered to be due to movement.

I opened a new department.

He named the deep consciousness that appears here “family unconscious”.

The deep psychology up to that point was divided into two parts, Freud’s “personal nothingness”.

Two layers, “consciousness” and Jung’s “collective unconscious” (crowd psychology), are targeted.

Was there.

However, Sondy’s fate analysis psychology lies between these two layers.

It opened up the third area of ​​the unconscious, the “family unconscious.”

In other words, I found a “family” between the “individual” and the “crowd.” This was a truly unique and reasonable discovery.

In conclusion, Sondy says as follows.

The desire of a special ancestor who is immediately pressured by the “family” is the descendant’s desire.

.. It becomes an unconscious selection behavior in “love, (marriage), friendship, occupation, illness, and type of death” and determines its fate.

Earlier, I said that the memories of our ancestors hidden in the unconscious layer move us. Sondy describes it as the desire of his ancestors. After all, I say the same thing, but from Sondy’s point of view as a psychologist, this expression is more appropriate.

But what! According to this Sondy’s theory, the cause of the halfway setback

Or profession, friend, choice of lover or marriage partner, illness, death (!)

It will be done.

To whom? .. To a special ancestor.

Only this one. If you have been decided as a “special ancestor”, your own

Isn’t it as good as having no will?

We have all the key points of our lives

I think it is determined by aspiration and intellect.

However, that was not the case. In my unconscious layer

Hide. The special desires of our ancestors move us without our knowledge

Then, it was decided.

we,. It is swayed by the special desires of its ancestors.

How is it being swayed?

In fact, Dr. Lipotto Sondy, the founder of this “Fate Analysis Psychology”,

I myself have the experience of being swayed by this “special ancestral desire”

It is.

 

今日の運勢 9月21日  Today’s fortune September 21st

 

九紫火星の日

金銭問題、女性にかかわる苦労あり。人に背反されることあり。派手な苦労をする日。

破壊の週  成の日
万事思い通りに進まない日。
あちこちの地雷を自ら踏んでしまうような日になります。
何をするにも十分な余裕をもって行うことで、傷は浅く、不運からの素早いリカバリーが可能です。
こういう日もあるさ、と割り切るくらいの心の余裕を持つことが大切です

Nine purple Mars day

There are financial problems and difficulties related to women. It may be contrary to people. A day of flashy hardship.

Destruction Week Chau Seng Day
A day when everything doesn’t go as planned.
It will be a day when you will step on land mines here and there.
If you do everything with plenty of time, the damage will be shallow and you will be able to recover quickly from bad luck.
It’s important to have enough room to divide the fact that there are days like this.

 

今日の運勢  9月20日  Today’s fortune September 20

 

 

一白水星の日

この日には不遇、失意気味の来訪者が多いものです。自分自身も、憂い事で憂鬱になるものです。 部下や子供の問題も出る。この日は特に陰徳に心がけることが大切です

 

破壊の週  危の日
何かとトラブルに縁のある日。
勘違いや誤算、ちょっとした気の緩みから、人とぶつかることも多く、空回りしてしまいます。
他人への十分な気遣いを忘れずに。
ビジネス面ではこの日の決断は大きな賭けとなりそうです。
十分に検討を重ねたうえで判断してください

Ichihaku Mercury Day

There are many unlucky and disappointed visitors on this day. I myself am also depressed by melancholy. There are also problems with subordinates and children. It is especially important to keep in mind the immorality on this day

Week of destruction Dangerous day
A day when something goes wrong.
Due to misunderstandings, miscalculations, and a little looseness, I often collide with people and run idle.
Don’t forget to be considerate of others.
On the business side, this day’s decision is likely to be a big bet.
Please make a decision after careful consideration.

今日の運勢 9月19日  Today’s fortune September 19th

 

二黒土星の日
仕事の事、旅行の事、病人の事、などが出やすい日。こみいった事が多い。いそがしい割に成果は少ない。 短慮は禁物。いやな仕事も進んで引き受ける位の気持ちが大切

破壊の週  安の日
冷静な判断と周囲への相談を心がけたい日。
破壊の週前半で先送りにしてきた事はこの日に片付けましょう。
判断が必要な場合は迷わず周囲に相談しましょう。
心身が若干不安定なので、リラックスできる時間を十分確保することが大切です

Nikuro Saturn Day
A day when work, travel, sick people, etc. are easy to come out. There are many things that are complicated. Although it is busy, there are few results. Don’t be short-sighted. It is important to be willing to take on unpleasant work

Week of Destruction Cheap Day
A day when you want to make a calm judgment and consult with the people around you.
Let’s get rid of what we put off in the first half of the week of destruction on this day.
If you need to make a decision, don’t hesitate to consult with others.
The mind and body are a little unstable, so it is important to have enough time to relax.

守護霊が持てる冥徳供養   四神足法である   A memorial service for the guardian spirit, Iddhipada

守護霊が持てる冥徳供養

 四神足法である。

 この法を修行することにより、霊的能力が完成する。

 わたくしは、仏陀の修行法を、つぎのように分類している。即ち、「教

え」と「法」の二つに分類するのである。

四念住法

四正断法

五根法

五力法

七党支法

八正道

4   4   

第二章 こうして守護霊を持つ

‐‐1

(聖者の位)

  しゆだおん

  須陀垣

人格・霊格

の完成

しだごん

斯陀含

 

 

あなごん

阿那含

142

四神足法 -1-- 法(霊力の完成) --―- アルハ

ツト(仏陀)

 解脱に至る四つの段階がある。

 この段階を経ないで、完全解脱することは、いかなる人でも不可能であ

る。その四つの段階が、シュダオンーシグゴンーアナゴンーアルハットで

ある。

 四念住・四正断・五根・五力・七覚支・八正道の修行により、しだいに、

シュダオンーシダゴンーアナゴ、ン、と境界が高められてゆく。

 どのような境界か?

 わたくしは、つぎのように位置づける。

シュグオンーーけがれをすべてとり除いた聖者、清められた聖者、とい 

 

 

 

 シダゴンLI⊥局められた聖者

 アナゴンーー・(次元を)飛躍した聖者

 アルハットー大次元を)超越し、完成した聖者、「ブッダ」ともいう。

  1、きよめられた聖者、シュダオッ

 シュダオンの境界に入ると、「聖者」とよばれる。すべてのけがれをと

 

り除いた聖者である。

 すべてのけがれ、というのは、欲望その他の精神的なものだけでなく、

tQCWj 7

ヵ‘vて‘

外的にもきよめられなければならぬのである。

 それはどういうことかというと、自分の持つ「霊的なけがれ」もとりの

ぞかなければならないということである。

 霊的なけがれとは、自分にかかわりのある不成仏霊・霊障のホトケのこ

II

とである。これをことごとくとりのぞかなければならない。

 自分にかかわりのある不成仏霊・霊障のホトケを持っていると、それら

が持つ邪な性格や想念の影響からのがれることができないのである。さら

におそろしいのは、それらの不幸な存在がたどった運命の、「運命の反

復」をするおそれがつよいのである。「運命の反復」とはカルマの反復に

ほかならない。これが最もおそろしいのである。これは修行者にかぎらず、

ふつうの人の生活においても、その通りで、これを消滅させなければなら

ぬのである。        

 

  霊光の発生

 ところで、わたくしは、須陀垣が「預流」とよばれ、「預流」とはあた

らしく聖者の流れに入った者、という意味であると知ったものの、どうし 145

 

て須陀垣になると聖者とよばれるのか、その理由がわからなかった。まあ

そういうものなのだろうくらいにうけとっていたのである。そころが、霊

眼を持つようになって、すぐにその理由がわかったのである。

 それは、須陀逼の境界に入ると、特殊な霊光が生じるのである。あるい

は、その特殊なオーラが生じたから、聖者・須陀逼になったということな

のであろう。

 ご承知の通り、人間のからだをとりまく特殊子7 ルギーの雲、つまり、

。オ上アの概念は、何十世紀もむかしにさかのぼる。聖人をえがいた古

い絵は、キリスト教徒が光輪を考え出すずっと以前から、聖人たちが光り

かがやくものの中に立っているのを示している。東洋の仏像は二十世紀も

むかしから、光輪・光背というかたちで表現している。神秘的な性質を持

つこのもやは、ロンドンの聖トーマス病院のウォルター・牛ルナーによっ

て最初に研究された。かれは、一九一一年に、色ガラスのスクリーンを通

して見ることによって、ほとんどの人のからだのまわりに約一六インチの

かがやいた縁を見ることができた。かれは、このオ上フはそれを身につけ

146

ている人の心の安らぎに応じて、形や色を変えると主張した。かれは、そ

れを医学的診断の補助として用いて、著名になった。

 つづいて、ケンブリッジの生物学者、オスカー・パグナルは、オーラを

物理学によってつかもうとした。かれは、コールタール染料であるジシア

ニンまたはピナシアノールの溶液をとおしてしばらく眺めることで目を

。増幅”させると、オーラはずっと容易に見えるようになると主張し、さ

らに、これをもっと容易にするために、トリエタノールアミンに溶かした

染料をみたすことのできる中空のレンズのメガネを設計した。

ヽさらに、ソ連の電気技師のセミヨンーキルリアンは、かれの妻と二十五  

年かかって、二つの電極間に、毎秒二〇万回も火花放電して振動する高周 148

波電場をつくり出す特殊な機械装置をつくった。一九六四年、この装置は

完成され、ソ連政府の援助のもとに、この装置を使った研究計画が開始さ

れ、多くの成果をあげはじめた。「生物学や超心理学の多くの分野で大き

な変革を起こしそうである。電気的なオ上フは、地位を確立したのだ」と、

ライアルーワトソンは、その著書『スーパー・ネイチュア』(蒼樹書房)で

書いている。

 オーラは霊気であって、電気ではないとわたくしは思うのだが、電気を

用いた装置でとらえることは可能であるかも知れない。聖者は、特殊なオ

圭フをからだ全体、とくに頭上に放射している。須陀逼のオ土フは、青い、

すきとおったきよらかな光のもやである。やや力の弱い感じがするが、一

見、きよらかさに打たれる感じがする。わたくしが須陀逼を「きよめられ

たや者」とよぶのは、そこからきているのである。

  2、高められた聖者・斯陀含

 高められたとはなにが高められたのか?

 徳と力が高められたのである。聖者としての徳と力がそなわることであ

る。徳とは力である。ほんとうの力は、徳から生じたものである。ほんと

うの力とは、自分を高め、他人を高め、社会を高めるものである。徳から

生じたのではない力もあることはある。しかし、それは、究極的に自分を

ほろぼし、他人を傷つけ、社会を毒する。そういうものは真の力ではなく、

権の力である。だからそういう力を、権力とよぶ。徳をともなわない力で

ある。ほんとうの力は徳から生ずる。だから、徳をたくわえることは力を

たくわえることである。

 

 凡夫が不運なのは、不徳だからである。徳を積めば福を得る。徳によっ

て生じた力は、なにをしてもよい結果を生か。それを福というのである。

不徳の者は力がないから、なにをやっても中途半ばになり、また、まわり

合わせの悪い状況を直すこともできず、失敗する。それを不運といってあ

きらめるわけである。

 きよめられて須陀逼となった聖者は、つづいて、徳を高める斯陀含の修

行に入るのである。グルの指示にしたがって、瞑想と実践(梵行)の修行

をする。阿含経にしばしば「……我が生すでに尽き、梵行すでに立ち、所

作すでに作し、自ら後有(後の生)を受けざるを知る」とある梵行と所作

は、この修行のことをさすのである。

 斯陀含のオーラは、須陀逼よりやや光が強くなり、すこし黄色みを帯び

る。

  3、次元を飛躍した聖者・阿那含

 霊性開顕の体験をし、霊界と交流する力を持つようになった聖者である。

 オーラは生き生きとしたオレンジ色である。ジェット機の吐き出す炎を

想い起こさせる色とパワーを持っている。

 4、次元を超越した大聖者・アルハット

ブッダのことである。

ブッダは霊界の最上界に位置ずる仏界の体現者である。

ブックのオーラについて書くならば、それはつぎのようなものである。

 

A memorial service for the guardian spirit

It is the Iddhipada method.

By practicing this method, spiritual ability is completed.

I classify Buddha’s training methods as follows. That is, “teaching

It is classified into two categories, “e” and “law”.

Satipatthana method

Four Right Exertions

Indriya method

Five strength method

Seven Party Branch Law

Noble Eightfold Path

4 4

Chapter 2 Having a guardian spirit in this way

-1

(Saint’s rank)

Shiyudaon

Sudagaki

Personality / spirituality

Completion of

Shidagon

Including

Conger eel

Ana included

142

Iddhipada method — method (completion of spiritual power) — Alha

Tsuto (Buddha)

There are four stages leading up to liberation.

It is impossible for anyone to completely liberate without going through this stage.

To. The four stages are Shudaon-Siggon-Anagon-Alhat.

is there.

Gradually, through the training of Satipatthana, Four Right Exertions, Indriya, Five Strengths, Seven Factors of Awakening, and Noble Eightfold Path

The boundary is being raised with Shudaon-Fern-Anago, N.

What kind of boundary is it?

I position it as follows.

Shuguon-a saint who has removed all the injuries, a saint who has been purified.

Shidango LI ⊥ stationed saint

Anagon-a saint who made a leap forward

It is also called “Buddha”, a saint who transcends (Alhatto large dimension) and is completed.

1. The cleansed saint, Shudao

When entering the boundary of Shudaon, it is called a “saint”. With all the injuries

It is a saint who has been removed.

All injuries are not just desires and other spiritual things

tQCWj 7

‘V’

It must be cleansed externally.

What that means is that it also takes away your own “spiritual injuries”

It means that you have to look.

Spiritual injuries are the ghosts of the unborn Buddhahood and spiritual disorders that are related to you.

II

And. You have to get rid of all this.

If you have a ghost of an unborn Buddhahood or a spiritual disorder that is related to you, those

You cannot escape from the influence of your evil personality and thoughts. Furthermore

What is scary is the “anti-fate” of the fate that those unfortunate beings followed.

There is a strong risk of “restoration”. “Repetition of fate” means repetition of karma

It is nothing but. This is the most terrifying thing. This is not limited to practitioners

Even in the life of a normal person, that is true, and this must be extinguished.

Nunode. ‥

Generation of Reiko

By the way, in my case, Sudagaki is called “Sotāpanna”, and “Sotāpanna” is

I knew that it meant a person who entered the flow of saints, but what happened? 145

I didn’t know the reason why he was called a saint when he became Sutagaki. Oh dear

I was so impressed that it was something like that. The spirit

As soon as I had my eyes, I knew why.

It is that a special spiritual light is generated when entering the boundary of Suda. Yes

Is that he became a saint, Suda, because of that special aura.

Probably.

As you know, the special child 7 ruggy cloud that surrounds the human body, that is,

.. The concept of Ojoa dates back decades. An ancient sculpture of a saint

The paintings are lit by saints long before Christians came up with the halo.

It shows that he is standing in a bright object. Oriental Buddha statues in the 20th century

From a long time ago, it is expressed in the form of a halo and a halo. Has a mysterious nature

This haze is by Walter Beef Lunar at St. Thomas’ Hospital in London.

Was first studied. He passed through a colored glass screen in 1911.

By looking at it, about 16 inches around the body of most people

I could see the bright edges. He wore it

146

He insisted that the shape and color be changed according to the peace of mind of the person. He is

It became prominent by using it as an aid to medical diagnosis.

Next, Cambridge biologist Oscar Pagnal gave an aura.

I tried to grab it by physics. He is a coal tar dye, Jisia

Look through a solution of nin or pinacanol for a while to see

.. He claimed that the aura would be much easier to see if it was “amplified”.

In addition, to make this easier, it was dissolved in triethanolamine.

I designed eyeglasses with hollow lenses that can see the dye.

ヽ Furthermore, Soviet electrician Semillon-Kirlian is twenty-five with his wife.

It takes a year, and a high circumference that vibrates by sparking 200,000 times per second between the two electrodes 148

I made a special mechanical device that creates a wave electric field. In 1964, this device

Completed and with the assistance of the Soviet government, a research program using this device has begun.

It has begun to produce many results. “Large in many areas of biology and parapsychology

It is likely to make a big change. The electrical office has established itself. ”

Liaru Watson wrote in his book “Super Nature” (Aoki Shobo).

writing.

I think the aura is spiritual, not electricity, but electricity

It may be possible to capture with the device used. The saint is a special o

It radiates Keifu over the entire body, especially overhead. The blue soil of Suda is blue,

It is a mist of light that is nice and soft. It feels a little weak, but one

Seeing it, I feel like I’m hit by cleanliness. I was “cleansed” by Suda

It is from there that we call him a “taya”.

2. Includes elevated saints and swords

What was enhanced? What was enhanced?

The virtue and power were enhanced. To have virtue and power as a saint

To. Virtue is power. The true power comes from virtue. really

The power of U is to elevate oneself, elevate others, and elevate society. From virtue

There may be forces that have not arisen. But it ultimately makes me

It smashes, hurt others, and poisons society. Such things are not true power

The power of power. Therefore, such power is called power. With power without virtue

is there. Real power comes from virtue. Therefore, storing virtue is power

It is to store.

The reason why ordinary husband is unlucky is because it is unscrupulous. If you accumulate virtue, you will get good fortune. By virtue

Does the force generated by this make use of the result that can do anything? That is called fortune.

The unscrupulous person has no power, so whatever he does, he is halfway through, and around

I can’t fix the bad situation and I fail. Call it unlucky

It gives up.

The saint who was cleansed and became a sword, followed by a rehabilitation including the sword that enhances virtue.

Enter the line. Practicing meditation and practice according to the instructions of the guru

do. Often in Agama, “… my life has already run out, and I have already stood up.

“I already made it, and I know that I have to receive the aftermath (later life)”

Refers to this training.

The aura containing the sardine is slightly brighter than the swordfish and has a slight yellowish tinge.

To.

3, including the saint Ana who made a leap in dimension

A saint who has experienced spiritual manifestation and has the power to interact with the spirit world.

The aura is a lively orange color. The flame that the jet plane spits out

It has a color and power that reminds us.

4. Transcendental saint Alhat

It’s Buddha.

Buddha is the embodiment of the Buddha world, which is located at the top of the spirit world.

If you write about the aura of a book, it looks like this:

今日の運勢 9月18日  Today’s fortune September 18th

 

三碧木星の日

望み事を持った人が来訪する。思い掛けない事が起こる。善因善果。神、親、社会、衆生、物のご恩をかみしめ精神本位で行動すべき日 今まで9日間の行動の善悪によって思いがけない吉凶が生じます

破壊の週  衰の日
ネガティブになりやすく、健康面でも不安定な日。
病気や怪我に十分な注意が必要です。
この日は心身を整える日だと理解して、一人でリラックスして過ごす時間を確保することが災難回避のカギです.

Three blue Jupiter day

A person with a desire visits. Something unexpected happens. Good cause and good effect. The day when we should act in a spiritual manner with the grace of God, parents, society, sentient beings, and things.

Week of Destruction Day of Decline
A day that tends to be negative and unstable in terms of health.
You need to be careful about illness and injury.
Understanding that this day is a day to prepare your mind and body, and securing time to relax alone is the key to avoiding disasters.

神通力  Mythical power

六神通(ろくじんずう、ろくじんつう、: chaḷabhiññā)とは、仏教において菩薩などが持っているとされる6種の超人的な能力。
6種の神通力六通ともよばれ、止観瞑想修行において、止行禅定)による三昧の次に、観行(ヴィパッサナー)に移行した際に得られる、自在な境地を表現したものである。
具体的には以下の6つを指す。

  • 神足じんそく通(iddhi-vidha-ñāṇa) – 自由自在に自分の思う場所に思う姿で行き来でき、思いどおりに外界のものを変えることのできる力。飛行や水面歩行、壁歩き、すり抜け等をし得る力。
  • 天耳てんに通(dibba-sota-ñāṇa) – 世界すべての声や音を聞き取り、聞き分けることができる力。
  • 他心たしん通(ceto-pariya-ñāṇa) – 他人の心の中をすべて読み取る力。
  • 宿命しゅくみょう通(pubbe-nivāsānussati-ñāṇa) – 自他の過去の出来事や生活、前世をすべて知る力。
  • 天眼てんげん通( dibba-cakkhu-ñāṇa) – 一切の衆生の業による生死を遍知する智慧。一切の衆生の輪廻転生を見る力。
  • 漏尽ろじん通(āsavakkhaya-ñāṇa) – 煩悩が尽きて、今生を最後に二度と迷いの世界に生まれないことを知る智慧。生まれ変わることはなくなったと知る力。

 

Rokujin-dori (Rokujinzu, Rokujintsuu ,: chaḷabhiññā) are six types of superhuman abilities that are said to be possessed by Buddhists and Bodhisattvas in Buddhism.
6 kinds of mythical power. Also known as Rokutsu, it expresses the free state of affairs that can be obtained when moving to Vipassana after the samadhi of the Buddhist meditation (Zenjo) in the meditation practice of the Bikan.
Specifically, it refers to the following six.
Jin-soku-dori (Tomoe: iddhi-vidha-ñāṇa) –The ability to freely come and go wherever you want and change things in the outside world as you wish. Ability to fly, walk on the surface of the water, walk on the wall, slip through, etc.
Tenmi Tenni (Tomoe: dibba-sota-ñāṇa) –The ability to hear and distinguish the voices and sounds of all the world.
Other minds (Tomoe: ceto-pariya-ñāṇa) –The ability to read everything in the minds of others.
Syukumei (Tomoe: pubbe-nivāsānus sati-ñāṇa) –The ability to know all the past events, lives, and previous lives of oneself and others.
Tengen-dori (Tomoe: dibba-cakkhu-ñāṇa) –Wisdom to know the life and death of all sentient beings. The power to see the reincarnation of all sentient beings.
Leakage Jintsu (Tomoe: āsavakkhaya-ñāṇa) –The wisdom of knowing that you will never be born in a world of hesitation again at the end of your life. The power to know that it is no longer reborn.

今日の運勢 9月17日  Today’s fortune September 17th

 

四緑木星の日

縁談、商談の来訪者あり。言動をつつしみ話を進めると良い。いつも良い日、皆良い人。こんな心境を養いたい

破壊の週  栄の日
良くない事が栄えてしまう日。
思い通りに事が運ばなかったり、怪我や病気などの災難に遭うことが多いです。
無理して事を進めるよりも、先送りにした方がよいでしょう。
積極的に動くことは避けて、十分に注意を払った行動を心がけてください

Four green Jupiter day

There are visitors for marriage and business negotiations. It is good to proceed with the story while saying and acting. Always good days, good people. I want to cultivate such a feeling

Week of Destruction Sakae Day
A day when bad things flourish.
Often things don’t go the way you want, or you suffer disasters such as injuries or illnesses.
It’s better to put it off than to force it.
Avoid active movements and behave with great care.