UA-135459055-1

瞑想の準備  Preparing for meditation  瞑想の準備  Preparing for meditation

 

瞑想の準備

 

 それでは、これから瞑想に入る前の準備を説明しよう。

 

六法を調える

 瞑想に入る前には、まず六法を調える。

 

六法とは。

 一、環境(場所)を調える

 二、飲食を調える

 三、睡眠を調える

 四、身を調える

 五、気息を調える

 六、心を調える

 

 

身を調える、五、気忠を調える、六、心を調える、ことである。

 

環境を調える

 第一に、環境を調えることが大切である。

 最もよいのは、山岳、森林、海浜など、自然の景観がすぐれ、空気の澄んだと ころである。

 山ならば、滝のあるところなど、最も理想的である。

 都会ならば、部屋はなるべく静かで清潔なところが望ましい。室内の調度・家 具など、簡素なほどよろしい。植物などを置くとなおよい。

 光線は、あまり明るすぎないほうがよい。カーテンをもちいる場合は、薄みど り色か、薄いブルーがよい。室内の調度と窓外の眺めのバランスをとり、視神経 にソフトな調和をはかるべきである。

 気温は、あまり暑すぎたり、寒すぎたり、湿度の高いのもよくない。暑くて も、なるべくクーフーや扇風機をかけないこと。そして、空気の流通によく往意 しなければいけない。

 以上は、「訓練の場所」という狭い意味での”環境”といったのであるが、広 い意味でいうならば、この輪廻転生瞑想法の修行をつづけていくことのできる生 活環境をつくり出すことである。いくら白分かその気になっても環境がそれを許 さない、ということのないよう、環境づくりをすることである。大酒を飲まな い、喫煙をひかえる、というように、生活を規制することも大切な環境づくり のひとつである。

食を調える

 

 第二に、食を調えるというのは、つぎのようなことである。

 六万は本来、身心の養いのためにするものであり、健康をたもち、充実した精 陣~るためのものである。

 そのためいには、適度の量と、体の助けになる質のよいものと、この二つがそろ わなけい。

分白身の体内組織からとることを余儀なくされ、その結果、筋肉と皮膚が衰えて くる。

 体内でタンパク質の燃焼が起こっているが、無傷のまま残った脂肪のために、 そうとわからないことが往々にしてある。つぎにアバラ骨が外から見えるように なると、これはもう明らかにタンパク質不足である。

 だから、最も健康な菜食主義者には、卵・乳をとり入れた菜食主義をとってい る者が多い。つまり、肉類はとらないようにしながらも、食事に卵と乳製品をと り入れるのである。卵と牛乳は、最も質の高いタンパク質を提供するのである。

これらは、アミノ酸を完全なかたちで含む見本のようなものである。

 私は、これに加えてより完全な栄養を確保するために、菜食主義者のライフス タイルに少量の魚と、ときには肉類の臓物をとり入れることを勧めている。

 ビタミンヨには、菜食していると最も不足しがちな栄養素である。

 また、メチオニンが不足する。

修行を助ける食事をとらなけれぱいけない

 ジャー・ウィリアムズ博士は、よい健康を維持するだけではなく、ず

ば抜けた健康状態を可能にするための方法として、つぎのようにのべている。

 

 1、食事に変化をもたせて、広く牛乳や卵および乳製品、新鮮な各種の果物や

  野菜、魚や肉、そして穀類を食べあわせること。

 2、加工や精製の過程で栄養価値を損っている精製、加工食品を避けること。

  つまり、砂糖やキャンデー、純粋澱粉食品(菓子など)、アルコール飲料、ソ  フトドリックその他、過程の差はあっても必須栄養素の含有量がほとんど 無に等しい加工食品の摂取は、過度にならないように心がけること。

 3、これはいい食品で、あれは悪い食品という判断のできる”体の知恵”を育

ビタミンとミネラルのサプリメント(特定の栄養素を補うための食品のこと)

  栄養を々保険としてとること 行するのである。

 

睡眠を調える

 第三に睡眠を調える。

 人間は、仕事をし、はたらいて、活動したあと、かならず休んで体力の回復をはからなければならない。睡眠は最もよい休息であり、人間が生きている上に絶対必要なものである。

 しかし、健康な成人ならば、六、七時間の睡眠で足りる。もし眠ることが必要度を過ぎて多いときは、かえって精神がふるわず、心を暗くする。しかしまた寝不足であると、頭がぼんやりして集中できず、訓練に適さない。

 だから、かならず決まった時間に眠るようにして、節度を保ち、つねに気持ちをさわやかにして訓練に入るべきである。要するに、寝不足にならず、寝すぎもしない、ということである。

 

 第四に、身を調え、第五に、息を調え、第六に心を調えるのであるが、この三つの条件は、ひとつに合わせておこなうべきものであるから、別々に説明せず、

ひとつの動作として、順にのべることにする。

身を調える

 身を調えるとは、われわれが正しい呼吸法を体得するために

は、まず休を。削しく調えなければならないということである

 この訓練をはじめる前から、歩くときにも立ち止まるときにも、動くときも静かにしているときも、なにかをしているときでも、いちいちがみな注意深く綿密でなければいけない。もし動作が粗雑であれば、息づかいもそれだけ乱れる。息づかいが荒いと、心も乱れておさめにくくなる。呼吸法や瞑想のために静坐をしても、心が乱れがちで、落ち着いた気分にはなりにくい。

 だから静坐をはじめる前から、あらかじめ注意していなければならない。そのように用心しておいて、いざ静坐をはじめようとするときには、なおよく身も心も落ち着けるようなところを選ぶようにしなければならない。

 初めて坐るべき場所についたら、その場所にしっかりと落ち着かなければいけない。つねに安穏にしていられるように心がける。そのためにはまさに坐る脚から姿勢を正しくすべきである

Preparing for meditation

 

Let’s explain the preparations before starting meditation.

 

Adjust the Six Codes

Before starting meditation, first prepare the Six Codes.

 

What is the Six Codes?

1. Adjust the environment (place)

2. Adjust food and drink

Third, adjust your sleep

Four, get ready

Five, adjust your breath

Six, adjust your mind

 

 

 

To prepare yourself, five, to be loyal, six, to be mindful.

 

Adjust the environment

First of all, it is important to adjust the environment.

Best of all, he said, the natural landscape, including mountains, forests and beaches, was clear and the air was clear.

If it is a mountain, it is most ideal, such as where there is a waterfall.

In the city, it is desirable that the room is as quiet and clean as possible. The simpler the interior furnishings and household items, the better. It is even better to put plants etc.

The rays should not be too bright. If you use a curtain, a light blue color or a light blue color is recommended. You should balance the interior furnishings with the view outside the window to create a soft harmony with your optic nerve.

It is not good that the temperature is too hot, too cold, or too humid. Even if it’s hot, don’t use a fan or a fan as much as possible. And you have to be familiar with the air circulation.

The above is the “environment” in the narrow sense of “training place”, but in a broader sense, by creating a living environment in which the practice of this reincarnation meditation method can be continued. is there. It is important to create an environment so that the environment does not allow it no matter how much white it is. Regulating his life is one of the important ways to create an environment, such as refraining from smoking.

Prepare food

 

Secondly, preparing food is as follows.

60,000 is originally intended to nourish the body and mind, to maintain good health, and to provide a fulfilling spirit.

For that purpose, there are two things, one is a moderate amount and the other is a good quality one that helps the body.

He is forced to take from the body tissue of the whitefish, resulting in weakened muscles and skin.

Protein burning is occurring in the body, but it is often difficult to understand because of the fat that remains intact. Next, when the Abara bone becomes visible from the outside, it is clearly protein deficient.

Therefore, many of the healthiest vegetarians are vegetarians who incorporate eggs and milk. In other words, eggs and dairy products are included in the diet while avoiding meat. Eggs and milk provide the highest quality protein.

These are like swatches that contain the amino acids in their entirety.

In addition to this, I recommend incorporating a small amount of fish and sometimes meat offal into his tiles of the vegetarian Lifes to ensure more complete nutrition.

Vitamin yo is the most deficient nutrient when vegetarian.

Also, there is a shortage of methionine.

I have to eat a meal to help my training

Dr. Jar Williams not only maintains good health, but also

As a method to enable outstanding health condition, it is stated as follows.

 

1. By changing the diet, widely milk, eggs and dairy products, various fresh fruits and

Eat vegetables, fish and meat, and grains.

2. Avoid refined and processed foods that impair their nutritional value in the process of processing and refining.

In other words, do not overdose sugar, candy, pure starch foods (such as confectionery), alcoholic beverages, soybeans, and other processed foods that have almost no essential nutrients, even if there are differences in the process. Keep in mind.

3. This is a good food, and it fosters “body wisdom” that can be judged as a bad food.

Vitamin and mineral supplements (foods that supplement certain nutrients)

Nutrition is taken out as insurance.

 

Adjust sleep

Thirdly, adjust your sleep.

Human beings must take a rest and recover their physical strength after working, working, and working. Sleep is the best rest and is a must for human beings to live.

However, for a healthy adult, six or seven hours of sleep is sufficient. If you sleep too much, your mind will not behave and your heart will be darkened. However, if you do not sleep well, your head will be dull and you will not be able to concentrate, which is not suitable for training.

Therefore, you should always sleep at a fixed time, maintain moderation, and always refresh your feelings before starting training. In short, you don’t run out of sleep and you don’t sleep too much.

 

Fourth, adjust yourself, fifth, adjust your breath, and sixth, adjust your mind, but since these three conditions should be combined into one, I will not explain them separately.

As one operation, we will list them in order.

Get ready

Getting ready is for us to learn the correct breathing technique

First, take a break. It means that you have to adjust it sharply.

Before starting this training, everyone must be careful and meticulous, whether walking or stopping, moving or quiet, or doing something. If the movement is rough, the breathing will be disturbed. If you breathe hard, your mind will be disturbed and it will be difficult to hold back. Even if you sit still for breathing or meditation, you tend to be upset and less likely to feel calm.

Therefore, you have to be careful in advance before you start sitting. With that in mind, when you start sitting down, you should choose a place where you can calm your body and soul.

When you first arrived at the place where you should sit, you have to settle down firmly in that place. I always try to stay calm. For that purpose, the posture should be correct from the leg on which it sits.

ピンガラ・イダーの呼吸法

ともあれ、古代ヨーガと密教と、この二つのものはひとつにならねばならぬ。本来、それはひとつのものだったのだ。原点に立ちもどってひとつになることにより、それは、偉大な力を発揮する。

まー、その口火を私が切った。私を乗りこえてゆく人びとに、私は大きな期待をかける。

 

ながよ古代神道息吹き長世》はインドにあった――ピンガラ・イダーの呼吸法

 

この橋は、古代ヨーガと密教の秘密のかけ橋であった、と私は前の文章で書いたが、さらに、わがくにの古代神道にまでその道が通じていたとは、さすがの私にもまったく思いがけぬことで
わった。

 

古代神道に、「息吹き長世の法」(または伊吹き長代ともしるす)と称せられる秘法があった。

一種の呼吸法であるが、『神人一”の秘術として、代々、皇室につたえられていた。一部民間にも伝承されたが、いつの時代からか、消滅してしまったのだ。戦乱の時代、皇室衰微のときに絶えたのであろう。

 

名のみって、実体の法は無く、ゆえに幻の秘法とされてきた。こういうこと
は、よくあることで、たとえはらがうが、足利時代にさかんであった「眠薬の舞」などがそうでるのはのこり、絵図などもあるが、一本足の竹馬に乗って舞う技術が、いったいどのようちのわから、いまはただその竹馬に片足をかけて露うだけであるという。

 

き長のも、それで、私も以前、修行中に、これが最大き長世の法であるといなってしまうのではないかと思われ、

大の男が思わず悲鳴をあげてしまう。
このときは気がつかなかった。のちになって、このときの呼吸のしかたが異常だったことに気がつき、何度もそれをくりかえしてみた。最初はできなかったが、定に入り、腫部と胸部のチャ
クラはい、次にこの特殊な呼眠法ができるようになった。寒熱目在の息を吐く呼吸法のコツが体得できた。

はなしに聞く息吹き長世の呼既法がこれであると合点された。

息吹き長の原点は、古代ヨーギーが、なかにやったのである。この呼吸の技術は、古代ヨーガ独悪いもいる。

吹きには、法は、この技術によるものであることは疑いない。
いきいで”ジャージ、、、、

なかで、シュームナー管に次いで重要なものは「イダーとピンで、これは、サンドリニーから出て、シュームナー管と並行して上する。道中、新城、チャイチャ・ラーに支線を通じつつ、さらに本線はし、でっ、、にわかれ、ひとつにいき通って左右の鼻孔に通じ、ひとつは甲状腺はーとらば、月いとされ、白色でつめたいものとされ、右の気道をビンのよ、これは日いでくいものとされる。ヨーガは、「クンバカ」という呼やすさはくにこのまきすることがなかったのにもかかわらず、クンター、とに、このオーディ通し、熱人の等吸法を自然に体得してしまっ
もしもビンビン、ミーの評まで自在の吐くことができるとい

うことをいう指導者はいないが、このカーディが完全に開されれば、必然的にどうなのかる。私は自分の体験でそれを知った。
この古代ヨーガの技術がどのようにしてわが国の古代神道にとり入れられたものか、私に小判然としない。おそらくは、神代とよばれる古い時代に、古代ヨーガぎはした超人が、人から
渡来してこれをつたえたものであろう。あるいは、それが、この国で神とよばれるこの国の始祖になったのかも知れない。

たしかに、この特構な呼吸法は、肺と心臓の機能をいちじるしく強化して、全身の血流を浄化し、体力にたかめると同時に精神ぎふかく無静させ、頭脳を新鮮な思営力でみたしてくれる。

また、それはいのおくふかふかおかしいンさかきたててくれるようである。それは古代の神への回帰でかろうか。ふかい定に入ると、たくましい古代の神々が、果てしなく深い評!
におぶって、厚い胸をそらし、声をかぎりに神叫びにおらぶ、はたかな声がわが胸に躍動して

くる思いだ。この地の池に充実を持ちつづけるならば、人はたしかに三〇〇歳を生きつづはるごとも無事ではない。私はいま、この呼既法き、だれでも容易に体得できるよう、あたらし
いま渋べきだ世の道元はかりっ、ある。古神道の行法にのっとり、ヨーガのチャクり入れたビンタ、ざーの開発法はすでにほとんど完成している。ただ、この法は、ごミリメートが、濃いとし、もし間違えるとよくない影響もあると考えられるので、
ベンド、就で、たえることは不可能です。実地の指導なくしては体得し得ない。

 

 

P

 

サハスララ・チャクラ Sahasrara chakra

この図ではよく分らないが、氏は、みずからジャワに行って観察し、スケッチして発表して
いるのだから、間違いはないであろう。
もうひとつの型は、東大寺・法華堂の仏像で、肉編の盛りあがりにはべっに意味はないが、こ
にくいの像の頭飾りが、このチャクラの輻の数をあらわしているという。
サハスララ・チャクラをあらわすこの二つの型は、東洋中にある何千という仏陀の像の頭部に
見ることができる。この宝冠のかたちをしたチャクラこそ、神聖な力の象徴であり、不思議な精
神力の様であり、これこそまさに輝けるたましいの宝冠である。この宝冠こそ、ほんとうに帰い人が頭上にいただく宝冠である』
と氏はいっている。
このチャクラを、ヨーロッパにおいて宝冠チャクラと呼ぶのは、おそらくこういうところに起
因するのではなかろうか。たしかに、仏陀こそ、もっともすぐれたる超人であることに間違いは
なく、そうして、超人すなわち越・ヒト、ホモ・エクセレンスにほかならず、その超人の住む世
界こそ、まさに超人類社会』にほかならぬのである。超人類社会を創造する鍵はまさにここに
あるのである。

 

第二の発見 ――ヒトはなぜ手を持つか?

 

以上で一心ヨーガのチャクラの解説は終った。さきに述べた内分泌腺と対照して見るならば、
おのずから興味のふかいものがあるであろう、といったら、注意ぶかい読者は、ここで、おそら
く、はてな?と首をかしげるに相違ないのだが、はたしてあなたはどうであろうか?
もしも不審に思うことがなかったら、もう一度よく前の項に目を通してほしいものである。
おわかりか?

 

九つのチャクラと九つの内分泌腺,と節題をつけながら、前の項で解説しているチャクラは、
七つしかないのである。あとの二つはどうしたのか?それとも、九っというのは活字の誤植熱線や港ないのである。

私は、古代ヨーガの行法と、真言密教の行法とをあわせてトレーニングしているうち、たいへんととに気がついたのだ。トレーニングを積んでかなりの力がついてきたのだけれども、
かんじんのその力を発揮する方法がないということである。最初、私は、それだけの力がまだ自
分についていないのであろうと思っていた。しかし、しだいしだいにみちてくる力を全身に感じ
く、後、ついに苦しくなってきた。鬱勃とみちみちてくる潮のごときこの力を思いきり叩きつ
けるごとくほとばしらせてみたい。しかし、その方法をヨーガは持たぬ!

 

そういえば、あなたもはや気がついたであろう。ヨーガのチャクラは”ダルマさん」であのに、手も足もない。あるのは頭と胴体だけだ。
し力の護摩の完成を志していなかったら、あるいはこのことに気がつかなかったかが、ひたすら今まで通のヨーガの修行をして、ヨーガのワクのなかで修行を完成して
いない。しかし、私然、力の護摩を焚くという目的があった。私は、金方のくために、古代ヨーガの法に入ったのだ。ヨーガに、手、足、という。力を他に伝達する
を用いる方法がないのは、ヨーガというものがどこまでも自己完成を目的としたものである
めなのかも知れない。しかし、私は念力の護摩を焚かればならない。

 

私の修行は次にすすんで、ムラダーラ、スヴァンスクーナの二つのチャクラは完全にマスタ
ーし、マニピューラ・チャクラのトレーニングに入っていた。このチャクラの修得も次第にす!
み、定に入っていると、チャクラの中心から、透明な火婚(のようなエネルギー)が凍よいか
のが見えるようになった。ヨーガ・スートラにいうサマーナの気を統御すれば身体から大婚
することができる。とあるそのサマーナ気を私は克服しつつあった。しかし、そのサマーナ
の銀のネルギーを一点に集中して対象(政木)に点火する方法は、どの英護活にも記してな
い。マニピューラ・チャクラを中心に、次第に全身が大のエネルギーで演されることを
感じつつ、その人を、現実の火として,物質化。する方法の探求に苦しんだ。
そのと、ボーラスで行されたC・T・クリークという人の書いた「まめ」という
家事にする機会を得た。そのか区、神智学の体オ、ブッバッキー女史のグループの、
るとのラーメーターがクンダリーの最り、ナンダカーのを
のボルトにする人体電気を持つことができるように
する多くの人たちのその実演をしてみたないうえを選んだったてのひら
ーピーダー的正が、そこに置かれた厚いカシの板に学をおしあて、しばらくしてはなしたあと
を見ると、焼きゴテをあてたように、僧正の掌のあとが黒くくっきりとついていたというのであ
る。(これと同じことが、龍王文庫の三浦関造氏の著書に載っており、また、さきにあげた The
chakras にも記されている)
「これだ!」
と私は心中叫んだ。
手だ!
ヒトはなぜ手を持っているのか?
手は、ヒトの力を具現化する。ヒトにとって手は力を伝達する道具である。思考は声になって
あらわれ、力は手によって形をあらわす。思考でさえ手であらわすことができるではないか。
手だ! 私はひたすら手に思念を凝らし、手にエネルギーを集中した。
トレーニングがヴィシュダー・チャクラに進んだときであった。突然、手が無意識のうちに動
きはじめた。私はそのとき、ひとつのエネルギーになりきっていた。手は、手自身ひとつの生き
ものとなってそのエネルギーを奔出させようと欲するもののごとく大きく強く動いた。私はその
流れに乗っていた。
たんちょ
これが、私のチャクラ「手印・チャクラ」誕生の端緒であった。
これは当然のことであった。ヴィシュダー・チャクラは、奥義書によると、上肢(両腕、脇部

の筋肉と深い関係があるとされている。ヴィシュダー・チャクラの修得により、私の火のエネル
ギーは、両腕にその通路をひらいたのである。しかし、その完成はまだ先のことであった。それ
は、もうひとつの重要な発見がなされるまで待たなければならなかった。しかし――、五千年の
長い間、だれひとり知るものがなかったムドラー・チャクラ開発のいとぐちはここにひらけたの
である。私は、日夜、ひたすらその完成に身を焼いた。
クンダリニーの秘密

 

佐保田鶴治博士のヨーガの分類によると、『インドでヨーガとよばれている行法や思想はあま
りにもや根や様である。それら数十にも及ぶヨーガの流派は、その狙いどころも違っておれば、
その修行方法も迷っていて、それらに共通した特色や本質をさがし出すことはたいへんにむずか
しい。いま、それら多くの流派のなかから最も特色のあるものをとり出し、それら各流派の行法
にりに現代的な用語をもって特色づけるとするならば、つぎのようなことになる。

 

一、ラージャ・ヨーガ心理的
ニ、ハタ・ヨーガー 生理的
三、カルマ・ヨーガ 倫理的
四、バクティ・ヨーガ宗教的
五、ラヤ・ヨーガー 心霊的
「ジーナ・ター 簡単?
マントラ、ミーガ規滅的

のの本にの高るものもしては、体質をとるツィア1ャーマ・ヨーガという一流者あ
る。題し期学的な現象を物色とするクンダリニー・ルーガも広く世界の注目を浴びている。解説
スーツの楽器」を求めるにあたって、私は、これら数多くあるヨーガのうち、希教―。
戦にもっとも深い製縁のあるヨーガとして、クンダリニー・ヨーガをえらんで入っている
が、私は、ラングラュー・ヨーダが真言密教にふかい関係があるといったが、実は、ふかい
線どころ、賞教にとってクンダリュー・ヨーガこそ、その源流であり、水流であっため
異質、施設、天台湾、教は、宗派仏教として成立せんがためにその本流をはなれて様化し、
らいに分を失ってしまったのである。なぜそういうことがいえるか。その論拠は、この項で城以
するのであるが、まず、その前に、クンダリュー・ヨーガについて説明することにしよう。
インダクター・ミーツは、佐保國博士のいわれる通り超心理学的現象を主眼とする。超心理学と改影か?それ活、恒常的能力、つまりそれは、常識的な人御影方を
電力して、動(who hannie をクとするもので、要するに、過心線現象とはも力をシステムならない。クンダリニー・ヨーガは、その超能力をヒトにあたえようとするのである。

 

どういう方法で、クンダリニー・ヨーガはヒトに超能力をあたえようとするのであろうか?
クンダリニー・ヨーガの機構について説明しょう。
クンダリニー・ヨーガは、その力の発現を前に述べた七つのチャクラとクンダリニーという特
殊な力の開発によってなしとげようとする。
クンダリニーとは、神社のいちばん下端、尾紙幣より約三センチ (人によって多少ちがう)ほど
上部にあるエネルギーの源泉である。クンダリニー・ヨーガは、いろいろな方法で、このクンダ
リニーを刺激し、このエネルギーをひき出そうとする。
クンダリニーはいろいろな表現をされている。
クンダリニーが燃え上ったとき人は火になる。それは神聖な火となってすべてを焼きつくし、
ひとつのものだけを残す。(ヴェーダ)
人のなかに眠るコブラ(蛇)が目ざめて走りのぼるとき、人は真に目ざめる。(ヴェーダ)
401 超能力開発のシステム
われは力なり、神なり、クンダリニーなり。(バガヴァット・ギータ)

 

 

Although not clear from this figure, he went to Java himself to observe, sketch and present.
There will be no mistake.
The other type is the Buddha statue at Todaiji Temple and Hokkado.
It is said that the headdress of the difficult statue shows the number of spokes of this chakra.
These two types of Sahasrara chakras are on the heads of thousands of Buddha statues throughout the Orient.
You can see it. This coronet-shaped chakra is a symbol of sacred power and a mysterious spirit.
It’s like a divine power, and this is exactly the coronet of a shining soul. This coronet is the coronet that the returnees really get overhead. ”
Said.
This is probably where this chakra is called the coronet chakra in Europe.
Isn’t it due? Certainly, there is no doubt that the Buddha is the best superhuman.
No, and then, it is nothing but a superhuman, that is, Yue-Human, Homo-Excellence, and the world in which the superhuman lives.
The world is nothing but a superhuman society. The key to creating a superhuman society is right here
There is.

 

 

Second discovery-Why do humans have hands?

 

 

This is the end of the explanation of the Isshin Yoga chakra. In contrast to the endocrine glands mentioned earlier,
If you’re not sure if you’re interested in something, the careful readers are here.
You must be angry with Hatena, but what about you?
If you don’t feel suspicious, please read the previous section again.
Do you understand?

 

 

The chakras explained in the previous section are described under the title of nine chakras and nine endocrine glands.
There are only seven. What happened to the other two? Or, nine isn’t a typographical error or harbor.

I noticed a lot while training in the practice of ancient yoga and the practice of Shingon Esoteric Buddhism. I’ve gained a lot of strength after training,
There is no way to exert that power of Kanjin. At first, I still have that much power
I was wondering if I wasn’t there. However, I feel the power that gradually comes to my whole body
After that, it finally became painful. Depressed and slamming this power like the tide
I want to let it blow out. But yoga doesn’t have that method!

 

 

By the way, you have already noticed. The yoga chakra is “Dharma-san”, but he has no hands or legs. There are only the head and torso.
If I hadn’t aspired to complete the power of Homa, or if I didn’t notice this, I just practiced yoga as usual and completed the training in the excitement of yoga.
not present. However, I personally had the purpose of burning the power. I entered the law of ancient yoga for the sake of money. Yoga, hands, feet. Transfer power to others
The reason why there is no way to use is that yoga is for the purpose of self-completion.
Maybe it’s for me. However, I have to burn the psychokinesis.

 

 

My training is next, and the two chakras, Muradara and Svanskuna, are completely masters.
I was in training for the Manipula chakra. Gradually learn this chakra!
See, if it’s settled, can the transparent fire marriage (like energy) freeze from the center of the chakra?
I came to see. If you control the spirit of Samana in Yoga Sutra, you will get married from the body
can do. I was overcoming that certain summera spirit. But that summerna
The method of igniting the target (Masaki) by concentrating the silver energy of the
stomach. The whole body will be gradually performed with great energy, centering on the manipula chakra.
While feeling, materialize the person as a real fire. I struggled to find a way to do it.
Also, “Mame” written by a person named CT Creek in Bolus.
I got the opportunity to do housework. That ward, the body of theosophy, Ms. Buckucky’s group,
The rammeter of the kundalini is the best of the kundalini, the nanda car
To be able to have human body electricity to bolt
I haven’t tried the demonstration of many people who have just chosen to do it.
-After Peeder Tadashi learned from the thick oak board placed there, and after a while
When I looked at it, it was said that the back of the monk’s palm was clearly black, as if he had applied a grilled iron.
NS. (The same thing can be found in the book by Kanzo Miura of the Ryuo Bunko, and the one I mentioned earlier.
Also mentioned in chakras)
“This is it!”
I shouted in my heart.
Hands!
Why do humans have hands?
The hand embodies human power. For humans, the hand is a tool for transmitting power. Thinking becomes a voice
Appear, force is expressed by hand. Isn’t it possible to express even thoughts by hand?
Hands! I just thought about my hands and concentrated my energy on my hands.
It was when the training went to the Vishda chakra. Suddenly, my hand moves unconsciously
I started to come. At that time, I was becoming an energy. The hand is the life of one hand
It moved big and strong like the one who wanted to become a thing and release its energy. I that
I was on the flow.
Tancho
This was the beginning of the birth of my chakra “Mudra / Chakra”.
This was natural. According to the mystery book, the Vishda chakra is the upper limbs (arms, armpits)

It is said that it is closely related to the muscles of. With the acquisition of the Vishda chakra, my fire energy
Guy opened the passage in his arms. However, its completion was still a long way off. that
Had to wait until another important discovery was made. But–, 5,000 years
For a long time, the cousin of the Mudra Chakra development, which no one knew, opened here.
Is. I worked hard day and night to complete it.
Kundalini’s secret

 

 

According to Dr. Tsuruji Sahoda’s classification of yoga, “The practices and ideas called yoga in India are not good.
It is a root and a mist. Dozens of yoga schools have different aims,
The training method is also unclear, and it is very difficult to find out the characteristics and essence common to them.
I’m sorry. Now, we have taken out the most distinctive ones from those many schools, and the practices of each school.
If we were to characterize the nigiri with modern terms, it would be as follows.

 

 

One, Raja Yoga Psychological
D, Grouper Yoga Physiological
Third, karma yoga ethical
4. Bhakti Yoga Religious
Five, Raya Yoga spiritual
“Gina Tar Easy?
Mantra, Miga Catastrophic

One of the most expensive books in the book is Zia 1yama Yoga, a top-notch person who has a constitution.
NS. Kundalini Luga, whose title is a chronological phenomenon, is also receiving widespread worldwide attention. Commentary
In seeking a “suit instrument”, I am a rare religion among these many yogas.
Kundalini yoga is selected as the yoga with the deepest connection to the war.
However, I say that Langlau Yoda has a lot to do with Shingon Esoteric Buddhism.
For the award, Kundalyu Yoga is the source and the water stream.
Heterogeneous, institutional, heavenly Taiwan, and religion have separated from their mainstream because they are not established as sectarian Buddhism.
I lost my minute. Why can you say that? The rationale is from the castle in this section.
But first, let’s talk about Kundalyu Yoga.
Inductor Meets focuses on parapsychological phenomena, as Dr. Kuni Saho said. Is it parapsychology and transformation? It’s activity, constant ability, that is, it’s a common sense person’s shadow.
Powering and moving (who hannie is the key, in short, the hypercenter line phenomenon is not a system of force. Kundalini yoga tries to give humans its supernatural powers.

 

 

How does Kundalini Yoga try to give humans psychic powers?
Let’s explain the mechanism of Kundalini Yoga.
Kundalini Yoga is a special feature of the seven chakras and kundalini mentioned earlier in the manifestation of its power.
Try to achieve it by developing special power.
Kundalini is about 3 cm (slightly different depending on the person) from the tail banknote at the bottom of the shrine.
It is the source of energy at the top. Kundalini Yoga is this Kundalini in many ways
It stimulates Linny and tries to extract this energy.
Kundalini is expressed in various ways.
When the kundalini burns, a person becomes a fire. It becomes a sacred fire and burns everything,
Leave only one thing. (Vedas)
When a cobra (snake) sleeping in a person awakens and runs up, the person truly awakens. (Vedas)
401 ESP development system
We are power, God, and Kundalini. (Bhagavad Gita)

科学におけるヒトの改造 Human remodeling in science

Human remodeling in science

 

In addition, General Electric Co., Ltd. has released a “pedipreter” (walker) for the US Army.
I’m making it. Like the long legs of stilts, it is an instrument that can be walked with a huge stride when attached. Unlike stilts, this metal leg has knees and manic joints that let you know if it’s balanced and adjust it. With this instrument, we’ll be able to straddle a small building and walk a kilometer in five or six steps.

In the future, you can combine these types of instruments and devices to not only walk on stride or lift heavy objects, but also every action-swim long distances at great speeds, a day or two. You will be able to easily swim around the bottom of the water and jump from branch to branch.

Obviously, this is not just a kikai, it is a’human amplifier assimilated into human work.

“And humans and machines have entered a new relationship. The two are virtually indistinguishable from each other.
A relationship that seems to be-cyborg is a term coined for such hybrids, “G.R. Tiller gives a new definition for cyborgs.

However, the ultimate in human cyborgization will be the amplification of the cerebrum, which is the center of human intelligence, rather than the hands, feet, and lungs. It has already begun. Scientists are working on technology that connects the human brain directly to computers. The year 2018 predicts that it will be possible by that time.

Then you will be asked how to embed a computer.

Research seems to be proceeding in this direction. But in reality, the opposite can happen. In other words, it is not unthinkable to put biological parts → 腦 in a computer. It is a complete synthesis of human and human. Combined marriage between humans and machines! It seems like that is happening.

Sci-fi writer Isaac Asimov predicts the creation of a new mixed race of humans and machines. So is that the culmination of human remodeling in science? Eventually, we’ll be wondering if we’re talking to mechanized humans or humanized machines.
Or, even myself, I don’t know which one.

Thus Homo sapiens disappears.

Will humans be quietly absorbed into machines without the extinction consciousness that they will come out? Or, on the contrary, the last Homo sapiens is the achievement of the scientist who created such science. One day, while praising, suddenly the consciousness disappears in the machine? If so, this is exactly the history of 100 million years of human beings and the existence of human beings. It can be said that it is the great nonsense of the century when all the shields were put on in that moment.

 

 

科学におけるヒトの改造

 

また、ゼネラル・エレクトリック社は、アメリカ陸軍用に「ペディプレター」(歩行器)を
つくりつつある。竹馬の長い足のように、それをつけると巨大な歩幅で歩きまわることのできる、器械である。竹馬とちがってこの金属の脚には膝や躁関節があり、バランスがとれているかどうかを知らせ、調節する仕組みになっている。われわれはこの器械をつけることにより、ちょっとしたビルなどひとまたぎにし、一キロの道を五、六歩で歩いていってしまうようになるだろう。

将来は、この種の器械や装置を組み合せて、大またで歩いたり、重い物をかるがると持ち上げたりするだけでなく、あらゆる動作――長い距離を非常なスピードで泳いだり、一日も二日も水底を泳ぎまわったり、枝から枝へとびうつったりを、やすやすとやってのけるようになるだろう。

明らかに、これは単なるキカイではなく、それは人間の働きに同化した『人間増幅器である。

「や人間と機械は新しい関係にはいった。二者が事実上見分けられないほどたがいにり合
っているような関係――サイボーグとはこのような混成生物にたいしてつくられた言葉である」とG・R・ティラーは、サイボーグに対して新しい定義をくだす。

しかし、ヒトのサイボーグ化の究極は、手や足や肺ではなく、結局、ヒトの知能の中枢である大脳の増幅ということになるであろう。すでにそれは始まっている。ヒトの脳とコンピューターを直結する技術に科学者たちはとり組んでいる。「西歴二〇一八年」は、 その頃までにそれは可能になるであろうと予測している。

そういうと、いかにコンピューターを埋めこむのかと聞かれる。

いう方向に研究はすすめられつつあるようである。だが、しかし、実際にはその反対のことも起こり得る可能性があるのだ。つまり、コンピューターのなかに、生体部品→腦ーをおくことだって考えられないことではないのである。それは、ヒトとキカイとの完全な合成である。人間と機械との複合結婚!、そういうものが起こりつつあるように思える。

SF作家のアイザック・アシモフは人間と機械の混血した新しい生物種ができることを予言している。すると科学におけるヒトの改造の極致は結局それなのか?そのうち、われわれは、機械化したヒトに話しかけているのか、ヒト化した機械に話しかけているのか、わからなくなる日がやってくるだろう。
あるいはまた、自分自身でさえ、そのどちらであるのかわからないというが。

かくしてホモ・サピエンスは消えてゆく。

ヒトは、自分たちがい出ほろびるという絶滅意識を持たぬまま、しずかに機械のなかに吸収されてしまうのか?あるいは、かえって、最後のホモ・サピエンスは、これほどの科学を生み出した科学者の功績をほめたたえつつ、ある日、突然、その意識を機械のなかに消してゆくのであおうか?もしもそうだとするならば、これこそまさに、一00万年のヒトの歴史と、ヒトという生物の持つすべての盾をその一瞬にかけた世紀の一大ナンセンスというべきだろう。

なにを得ようとして、なにを目的として、瞑想をするのか?  What are you trying to get and what are you trying to meditate on?

と心の革命12

 

ブッダの瞑想体験が意味するもの
ブッダは想になにを求めたか

 

 

なんのために瞑想をするのであろうか?
なにを得ようとして、なにを目的として、瞑想をするのか?
展想の一種である神では、「無功徳」あるいは「無所得」であるという。つーり、
なにかを求めて練をしても、なにも得るものはないぞ、というのである。この言
を文字の通りにうけとって、座禅をしてもなにも得るところはない、また、なに
か得ようとして座禅をするのは、邪道であるというように説くひともいる。しか
し、これはまちがいで、なにかを「得よう」という執着、こだわりを持っての座
神は、一心にやればやるほど、その執着、こだわりにとらわれ拘束されて、そこか
ら一歩、出られず、結局、真に求めるところのものから遠のくばかりであるという
しゅうちゃく
いましたである。文字の通りなにも得るものはないということではないのである。

 

瞑想も、座禅も、やればやっただけの「所得」があり、「功徳」がある。故・山
本玄峰老師も、「一日座れば一日の仏、二日座れば二日の仏」といっておられる。
では――、どんな所得があり、どんな功徳があるというのか?
ここに、瞑想によってさとりを完成し、仏陀になられたゴータマ・ブッダ(釈
尊)の体験がある。これは、マッジマ・ニカーヤ(中阿含経)という原始経典に
おいて、ゴータマ自身によってかたられたものである。
ぶっだ」
ちゅうあごんきよう
ァ – ガマ
しようじん
ぜんじよう
わたし(釈尊)は、つねに努力精進し、その想いは確立してすこしもみだれ
ず、体は安楽で動揺せず、心は禅定に入って静かである。そのわたしがあると
き、瞑想に入ってしだいに禅定が深まってきた。第一禅定から第二、第三、第
四禅定まで深まるにつれて、心に思い浮かぶなにものもなくなり、喜びや楽し
みだけとなり、そして遂にはそれもなくなって、ただ清浄な想いだけとなっ
た。
そのとき、わたしの心は、一点のけがれもなく、清く明るく、絶対不動であった。そしてわたしの心の展はおのずから前世の光事に関するおそい
れは一生だけではなく、二先、生、十生、二十生、そして組織のの、
きかわり死にかわりした光景が展開してきた。これが第二のである。
それからわたしの心は、あらゆる衆生のすがたに開けられてきた。
超人的な眼力でそのすがたを見た。そこには、買いもの、隊しいもん、いい
もの、映いもの、幸福なもの、不幸なものの、それぞれの後東熱いくいた
これが第二の智慧である。
それからわたしは、苦・集・滅・道の四諸(四つの真理)をありのままに知
り、わたしの心は、あらゆる存在の相から、全く解放され、ふたたびそれに執
着することはなくなった。これが第三の智慧である。(玉城雪訳による)
きには、想の深まりとその効用が、じつにあざやかに、生き生きとかたられ
すべてがここに表現されているといってよい。こ十世紀という時空
きっと、ときめきのなのだ。このべが
ンのゴータマの体験を、もう少し撮りきげてみよう。
「思想家験には五つの設勝がある
には、展想の深まりとその結果が、じつにあざや
はつの段域に分けられる。
かたられている。それ
第一の
つねに一つの目的にむかって横達をつづけることができ、
がるが確立してみだれず、
す。ああだは安楽で見落しない。
はいつも定に入って静かである。

参る。第四演定までしだいに
んと心の10
き、ついにはただ清浄な思いだけにみたされ、
一点のけがれもなく、清く明るく、部材不動となった。
つづいていの眼がひらかれ、
1、自分の前世における光景が展開しはじめる。
3、それは一生だけでなく、二生、三生、十生、二十生、とかざりなさかの
ばり、無限の生涯の、生きかいり死にかわりした光景が展開する。
れは生命の根源へ、選しであり、第一の智慧の獲得であった。
ふの駅はさらに、深くしみがり、ひとの持つ能力の限界を越えて、過去、現
くしくに流れていくあらゆるひとびとのすがたが送視される。
すのの部であった。

 

 

心の眼はさらに広く深く
在、そして未来へと流れてゆくあらゆるひとびとのすが
をれは、存在を規制する富業の実体の把握であった。
これが第二の世の獲得である。
「第五の段階」
1、宿業から解脱する四つの真理を如実に知り、
る、あらゆる存在からの解脱と超越を完成した。
それは第三の質感の獲得であり、「解脱の瞑想」であった。
凡人にも道はひらかれている
いかがであろうか?すばらしい体験だとあなたは思わないだろうか。これが
演題の効用なのである。そうしてだれでも、誤想をすればこういう効果を得ること
ができるのだ。
だが、そう言うと、あなたは言うかもしれない。釈遷のような大天才と、凡人で
あるわれわれと、どうしていっしょになるものか、駅逃がそういうすばらしい体験
したからといって、それがそのままわれわれに
するとチラのまねをするクラスで、結局、骨折り損のくたびれ
うことになる
とおなじをすることにより、われわれもまたかれと同じ結果に到達する
ことが可能なのである。最初の道をきりひらくものは天才でなければならぬ。しか
し、すでに大手のひらいた道は、だれでも歩むことができるのである。万有引力の
外見は、ニュートンの天才を持たなければならなかったが、いまでは小学校の児童
ら、万有引力は知っている。
もちろん、それは容易な道ではない。しかし、ゴータマ・ブッダは親切な道しる
べい、もしておいてくれた。それを真剣にたどることにより、かれの歩んだ
道やまりな歩むことは不可能ではない。かれが到達した最高の場所まで行く
いは無理だとして、そこまでいいくつかの段階を自分のものにすることはかなら
できるのである。
の民館でもいいではないか。それでも、それはじつにす
ばらしい護界なのである。それに、最初からそんなに多
Dr.o
ばらしい世界なのである。それに、最初からそんなに多くのものを望むのは、欲ば
リすぎるというものだ。さあ、瞑想の世界に一歩ふみこんでみよう。ブッダのあと
を、少しずつたどってみようではないか。
いったい、ゴータマ・ブッダは、なにを目的として瞑想をはじめたのであろう
かれはいったい、なんのために瞑想をはじめたのだ?
うつわ
人間のからだは苦しみを盛る器である
かれはいったいなんのために瞑想をはじめたのだ? という質問は、そのまま、
われわれはなんのために誤想をはじめるのか? という質問に置きかえることがで
きるであろう。
かれはいったいなんのために瞑想をはじめたのか?
オーダマ・ブッダは、多くのひとの知る通り、「四苦八苦」の解決を目的として
をはじめたのである。
一瞑想についての基礎知識

では、四苦八苦とはなにか?
生・老・病・死」
これを四苦といい、これに、
あいべつり
おんせうまく
「愛別離苦・怨憎会苦・求不得苦・五陰盛苦」
の四苦をくわえて「八苦」という。
脳と心の革命保想-20
ご おんじょうく
それは、
生きてゆく上に生ずるさまざまな苦しみ、
老いの苦しみ、
病気の苦しみ、
死の苦しみ、
そして、
愛するものと別れる苦しみ。
いのちまでもとちかい合った恋人どうし、あるいは、その愛がむくわれてめでた
の愛の天敵、また、親子、兄弟、心から敬愛する師友、知己、みな、うのも
ばれた愛の光線、また、親子、兄弟、心が
いいながらでいるが、いつなんどき別離の悲哀に泣くことになるかもし
なのである。いや、愛するものとは、あながち人間関係のみとはかぎらない。地
ア、極力、職業奉、さまざまなものを、わたくしたちは愛している。そういうもの
と、いやで期はしなければならない苦しみ、これが愛別離苦である。
心の中で、寒く憎んでいる者と、顔を合わせ、生活をともにしていかなけれ
ば写らない苦しみ、その最も深刻な苦しみは、本来いちばん愛し合い和合し合
わなければならないはずの夫婦、親子、兄弟が、かたきどうしのように憎み合い、
参え合いながら、おなじ屋根の下で暮らしていかなければならぬ苦しみであろう。
そうして、環場で上司や病算と毎日、反目し合いながらはたらかなければなちのサ
ラリーマンやOL、の著しみも、これに準ずるものといえようか。
そういえば、いやでいやでたまらない学校へ毎日いって、きらいなこ強をしなけ
はならない学生選者の苦しみも、この恐増西であろうし、ほかにやりたいこと。
があったがる、そのために、まぎなく好きでもない職場に教養するのも、この松
場公家の一つである。だが、考えてみれば、なりゆきとはいえ。この人生におい
についての基礎知識

 

て、はからずも怨み合い憎み合う人間関係を持たねばなら、辛さ、やりきれなさ、
これが最も大きな怨憎会苦というべきかもしれない。
金、地位、権力、愛情、才能、知識等、求めても求めても得られぬ苦しみ。求め
ることにより生ずる不幸。しかし、また、求めることによって、人類は進歩し、成
長するのである。この皮肉な苦しみ、求不得苦。
うつわ」
考えてみれば、この人間の五体そのものが、苦を盛る器のように思えてくる。
行住坐臥、とりたてていうほどのものではないながら、五体にひしひしと感じる
身心の苦しみ。五陰盛苦である。
まことに、苦の世界とはよくいったもので、いま、この瞬間においても、わた!
したちは、この四苦八苦のどれかの苦しみを味わっているのではなかろうか。
ちよこまきううううう

 

 

こそ究極の解決法
ゴータマ・ブッダは、この四苦八苦を解
こうみた桃果、さいごに、瞑想よりほかないことを知ったのである。そうしてかれ
は成功した。
だからあなたも、ゴータマのように、あなたの人生に四苦八苦を感じて、なんと
かそれを解決しようと考えたら、このゴータマのあとをたどるよりほかに方法がな
いのである。
もちろん、あなたが、この人生になんの苦しみも感じないということなら、それ
は、誤想などする必要はない。この本もまた無用のものである。そのへんにぼうり
出して、テレビのスイッチでもひねったらよろしい。
しかし、もし少しでもなにかの悩みや苦しみを感じるなら、そうしてそれを
解決しようと思ったなら、それは瞑想によるよりほかないと知るべきである。ほか
に方法はないのである。ゴータマ・ブッダは、ありとあらゆる方法をこころみて、
さいごに、この瞑想にたどりついたのだったから
いまから二千数百年はえ、インドに生まれたゴータマが、皇太子の地位を捨てる
はど控んだ四苦八苦は、現代におけるわたくしたちの四苦八苦となんら変わりはない

 

 

 

Revolution of the mind 12

What the Buddha’s meditation experience means What did Buddha ask for in his thoughts?

What are you meditating for? What are you trying to get and what are you meditating for? God, a type of exhibition, says that he is “meritless” or “no income.” .. He said that even if he kneaded for something, he would not get anything. Some people take this word literally and say that there is nothing to be gained by doing zazen, and that it is an evil way to do zen to get something. However, this is wrong, and the god of attachment and commitment to “get” something, the more he does it, the more he is obsessed with that attachment and commitment, and he cannot step out of it. It was a mess that it was far from what I really wanted. It doesn’t mean that you literally have nothing to gain.

Both meditation and zazen have “income” and “merit” as much as they do. The late Gempo Yamamoto also said, “If you sit for one day, you will have one day of Buddha, and if you sit for two days, you will have two days of Buddha.” So, what kind of income do you have and what kind of merit do you have? Here is the experience of Gautama Buddha, who completed Satori by meditation and became a Buddha. This was created by Gautama himself in the primitive scripture called Madhyama Nikaya (Madhyama Agama). Buddha. It’s quiet. When I was there, I started meditation and gradually deepened my meditation. As I deepened from the 1st Zen meditation to the 2nd, 3rd, and 4th Zen meditations, nothing came to my mind, only joy and fun, and finally it disappeared, only pure thoughts. At that time, my heart was pure, bright, and absolutely immovable, without any injuries. And, of course, in the exhibition of my heart, not only the lifelong affairs of the light affairs of the previous life, but also the spectacles of the second, the second, the tenth, the twentieth, and the organization, instead of the death, have unfolded. This is the second. Then my heart has been opened to all sentient beings. I saw it with superhuman eyes. There are shopping, corps, good things, reflections, happy things, and unfortunate things, but this is the second wisdom of the TOKYO HOT. Then I knew the four truths of suffering, gathering, extinction, and the way as they were, and my heart was completely freed from all aspects of being, and I was no longer obsessed with it. This is the third wisdom. It can be said that the depth of thought and its utility are really vivid and lively (translated by Yuki Tamaki), and everything is expressed here. The space-time of the tenth century is surely a crush. Let’s take a little more picture of this Buddha’s Gautama experience. “In order for the thinker’s exam to have five victories, the depth of the exhibition and the results are actually divided into two stages. It is always aimed at one purpose. I can continue to lie down, but I can’t help but establish it. Oh, it’s easy and I don’t overlook it. It’s always quiet and quiet. At last, I was only seen with a clean thought, and there was no single point of injury, it was clean and bright, and the members became immovable. Begin. 3. It’s not just a lifetime, but a second, third, tenth, twenty life, and so on, an infinite life, a life-changing spectacle unfolds. It was the selection and the acquisition of the first wisdom. The station is deeper, and beyond the limits of one’s abilities, all the people who flow in the past and in the present. The bruises were sent to the eyes.

The eyes of the mind are broader and deeper, and all the people who flow into the future have grasped the substance of the wealthy industry that regulates their existence. This is the acquisition of the second world. “Fifth Stage” 1. Completed the liberation and transcendence from all beings, knowing the four truths of liberation from the lodging business. It was the acquisition of the third texture, the “meditation of liberation.” How about opening the way for ordinary people? Don’t you think it’s a wonderful experience? This is the utility of the presentation. Anyone can get this effect if they make a mistake. But if you say so, you might say. It’s a class that imitates us as it is, just because a great genius like a genius like a genius and us who are ordinary people have such a wonderful experience of station escape, after all. By doing the same when it comes to the pain of pain, we too can reach the same result as him. The one who opens the first path must be a genius. However, anyone can walk on the road that has already been opened by a major company. The appearance of universal gravitation had to have Newton’s genius, but now elementary school children know universal gravitation. Of course, that’s not an easy path. However, Gautama Buddha has given me a kind guide. By taking it seriously, it is not impossible for him to follow the path he has taken. If he can’t get to the best place he has reached, he can take some steps to his own. Isn’t it okay to have a private hall in Japan? Still, it’s a truly wonderful world of protection. Besides, it’s a world that is so many Dr.o idiots from the beginning. Besides, wanting so much from the beginning is too much to want. Let’s take a step into the world of meditation. Let’s follow the Buddha little by little. What was the purpose of Gautama Buddha’s meditation, and why did he start meditation? The question, “Why did you start meditation?” Can be replaced by the question, “Why do we start meditation?” What exactly did he start meditation for? Odama Buddha, as many know, started with the goal of solving the “suffering”. Basic knowledge about meditation
Then, what is the four pains? Life, old age, illness, and death. In addition to the pain, it is called “eight pains”. Brain and Mind Revolutionary Remembrance-20. Lovers who have been close to each other until life, or the natural enemy of love whose love has been plucked, parents and children, brothers, dear friends, acquaintances, everyone, the rays of love that have been crying, Parents and children, siblings, and hearts are good, but at some point they may cry for the sadness of separation. No, what you love is not limited to relationships. We love the earth, as much as possible, vocational service, and various other things. Such things and the suffering that must be done for a period of time, this is love separation. In my heart, the suffering that I have to face and live with the person who hates cold, and the most serious suffering is the couple, parent and child, who should be the most loved and reconciled. It will be the suffering that the brothers have to live under the same roof while hating each other and worshiping each other. Then, it can be said that the writings of office workers and office ladies, who have to work in conflict with their bosses and illnesses every day at the ringyard, are similar to this. Speaking of which, the suffering of the student elector who has to go to an unpleasant and irresistible school every day and have to strengthen his dislike is probably this horror west, and what else he wants to do. It is one of the Matsuba Kuge to educate people in a workplace that they definitely don’t like. However, when you think about it, it’s Nariyuki. Basic knowledge about the smell of this life

If you have to have a relationship of grudge and hate, it may be said that the pain and the inconvenience are the biggest grudges. Suffering that cannot be obtained by asking for money, status, power, affection, talent, knowledge, etc. The misfortune caused by asking. But also, by asking, mankind will progress and grow. This ironic suffering, unsuccessful suffering. When you think about it, the five human bodies themselves seem to be a vessel of suffering. Gyoju sitting down, although it is not something that can be taken, the physical and mental suffering that the five bodies feel squeaky. It is a sword of five shades. Indeed, the world of suffering is a common one, and even at this very moment, we may be experiencing one of these sufferings. Chiyokomaki Uuuuu

That is the ultimate solution. Gautama Buddha knew that Momoka, who had solved this struggle, was nothing but meditation. Then he succeeded. So, like Gautama, if you feel struggling in your life and try to solve it, there is no other way but to follow this Gautama. Of course, if you don’t feel any suffering in this life, it doesn’t have to be a misunderstanding. This book is also useless. It’s okay if you stick out and twist the TV switch. But if you feel any worries or sufferings, and you want to solve them, you should know that it is nothing more than meditation. There is no other way. Gautama Buddha tried every possible method and finally arrived at this meditation, so it is more than two thousand years ago, and Gautama, who was born in India, refrains from abandoning his position as crown prince. However, the four pains and eight pains are no different from the four pains and eight pains of us in modern times.

スシュームナー、イダー、ピンガラの三本

いわれていて一定しないが、そのなかでいちばん外側のサヤは肉体である。他のサヤは微細な村
質からできているので、感覚器官でとらえることはできない。肉体以外のサヤからなるからだは
肉体が死んだあとにも存続し、転生して新しい肉体を得る。ナーディは、そうした知覚できない
からだのひとつのなかを通っている。
この多くの管のなかで最も重要なのは、スシュームナー、イダー、ピンガラの三本である。こ
の三本の管は胴体のなかを並行して上下に通じている。そのうちスシュームナー管は脊柱の中火
を、そのいちばん下から脳内フラーマ・ランドラ)へと通じている。イダーとピンガラはそれぞ
れ左と右の県から発して脊柱の下底(クンダリニーの場所)に至っている。この三つの管、つま
り気道は、クンダリニー・ヨーガにおいて最も重要な役割を持っている』
三浦関造氏は、この三つのオーディについて、つぎのように解説する。
『神髄内には、宇宙線の三通路がある。中央にあるのをスシウムナといい、左側のをイグとい
い、右側のをピンガラという。
呼吸をすれば、空気が鼻から肺臓のなかに流れ入り、空気中の酸素が燃焼して血液を浄化し、
燃えかすの炭酸を吐き出す。ところで自分たちは、呼吸によって、酸素をとっているばかりでな
い。左右外れの奥には、扉づきの小さな門があって、一呼吸ごとに、その扉があかり、門が交替
に開園されて、宇宙線を吸い入れている。右から流れこむ宇宙線は身体を暖めて新作用を司
り、左から流れこむのは身体を冷やし、冷静作用を司っている。だからイダを月の軌道といい、
ギンダラを太陽の軌道という。
「宇宙は帯電振動に満たされている。これを宇宙エネルギー、エーテルホルダー、×は学熱
という。神学者は、宇宙線をとらえようとしているが、仲々成功しない。しかし、われわれの
体は、イダ、ピンがラの通路を通してこれを吸いとっているのである。
イダ、ピンガラに吸いこまれた宇宙線が、脊柱の下までくだると結合満無して、ふしぎな思
作用をおこす。これを火力 (クンダリーニ)の覚醒という。白光のクンダリームはあると、
メシウムサを登って、体内の内分泌腺を強めつつ、頭部にのぼってゆく。脳縦内には大好な中
ある。これをダラマス、精液凝、松果殿という。クンダガーがこの三中心を流すると、
「翼は発多発し、電力を放って、宇宙精神大意識を目ざます。これがまが実器の最大御納やる
る。(人購の秘
「三漫民、クンダリニーの覚礎を学宙線によるものとしており、私はこれ定義をやっ
れはあとで説くとして、ともあれ、これで、クンダリューというものの概念はは道路が多く
みたいと思う。問題は、いかにしてこのクンダリューを見線させるかということだ。それに、
たリクシダーを覚醒さえすればよいというわけのものではないので、クンダー線な
巻き残っから、もしかりそこなうと、愛棋のなかにある中神経をいたその身不能※
最きずるく自身や経人になったりする過がある、とそめ不意得るたくま
あああくいのである。今の会ュースによると、アメ業者大エ獲候補ダーンズ武器組撃
アクシデント
されて有柱をきずつけ、下半身麻痺して不随になる恐れがあると伝えているが、それと同じ結果
を招来しかねないのである。前記した事故で超能力を得たという人たちは、それこそ何万人に
ひとりいう俺によるもので、脊柱の負傷はそのほとんどが命を失うか、全・半身不随という
不幸な結果を生んでいる。(だから、いくら超能力を得たいと思ったからといって、二階から飛
び降りて尻もちをつくというような冒険をすることだけはやめておくことですな)必ず正しい力
最いる指導者につくようにと、いずれの原典もかたくいましめている所以である。
ゆえん

輪廻転生瞑想法III 飛躍的に能力を高める瞑想訓練法 Reincarnation meditation method III A meditation training method that dramatically enhances ability

輪廻転生瞑想法III 206

 

飛躍的に能力を高める瞑想訓練法

 

さて、いよいよ脳のチャクラの訓練に入るが、その前におこなっておくべき、いくつかの初歩的な瞑想訓練法を紹介する。

わたくしは、いま「初歩的な」といったが、これらの訓練法をじっさいにやってみると、なかなかむずかしいと感じると思う。
しかしその効果は絶大である。

この章の訓練をみっちりやれば、実生活における、あなたの能力(脳力)は飛躍的に向上するはずである。高い集中力を維持したり、常人の想像もつかない飛
躍したインスピレーションを得るといったことが、容易にできるようになるであろう。

わたくしも、若いころ、これらの訓練を、仕事の合間や電車に乗っているときなどに、くり返しおこなったが、その効験は目をみはるものがあった。

最初は少々むずかしいと思うかもしれないが、くり返し練習することによって、かならずできるようになるので、しっかりととり組んでいただきたい。

 

集中止)と瞑想(観)

 

では瞑想に入ろう。
生中洲欧生。坐漁をもちいる。瞑想の手印を組もう。これが初歩的瞑想のバト※である。(図5、照。ただし、この図では法界定印であるが、後出のアーカー
シャ・ハドラーをもちいる場合もある。瞑想の基本姿勢については『輪廻転生瞑想法=」に、くいしく解説しているので、かならず読んでいただきたい)
県の修行は、二つの領域から成り立つ。
いーとは沖央中法 (concentration)、ひとつは瞑想法 (meditation)である。
これに、いて解説し

 

よう。まず、シャッタ(止)である。

 


これは、ひとつのことに心を集中するのである。
数息観がその代表であるが、禅における公案、また、祈りを捧げるとか、経文を読む、真言を唱えるなども、精神集中法のひとつである。要はひとつのこと
に心を集中し、そこに止,まり、動かないことである。

この精神集中の状態は二つに分けることができる。
ひとつは「意識的精神集中」で、ひとつのことに意識を集中し、他のものに心を向けない、これを積極的に意識的におこなうのである。これは修行のはじめの
過程として、だれでも通るものである。

 

つぎの段階が、「無意識的精神集中」の状態である。これは、高度のもので、
意識的稽神集中をつづけているうちに、習練によって条件づけられ、ついに、とくに意識しないでもひとつのことに心を集中することができるようになる。
これによって無意識の意識層をコントロールし、ふつうでは絶対に統御できない無料識の意識を、ある特定の対象に向すること心の流れにまかせるとは

つぎに、ビパシャナ(観)である。

これは、ひとつのことに注意をとどめない。心の動きのひとつひとつに心を向けていくが、ひとつのことにとどまっていない。心の流れにまかせるのであ
る。これにも、「意識的瞑想」と「無意識的瞑想」がある。「意識的瞑想」は、表面意識が心の流れを観ている。
「無意識的瞑想」は、深層意識の心の流れそのものになっている。

では、その深層意識の流れを観ているものはなにか? だれが深層意識の流れを観ているのか?それは「無意識的精神集中」の心である。
だから、「止」と「観」は密接な関係があるのである。いまおこなわれている瞑想のほとんどは、「止」か「観」か、どちらかにかたよっている。禅は「止」
にウエイトがかかり、瞑想(としてやっているもの)は、「観」が主である。

 

Reincarnation Meditation III 206

 

 

A meditation training method that dramatically enhances your ability

 

 

Now, let’s start training the brain chakra, but before that, I will introduce some elementary meditation training methods that should be done.

I say “elementary” now, but I think it’s quite difficult to try these training methods.
However, the effect is enormous.

If you do the training in this chapter properly, your ability (brain power) in real life should improve dramatically. Maintaining high concentration and flying that ordinary people can not imagine
It will be easy to get great inspiration.

When I was young, I repeated these trainings during work breaks and when I was on the train, but the effects were remarkable.

It may seem a little difficult at first, but by practicing repeatedly, you will definitely be able to do it, so please work hard.

 

 

Collection cancellation) and meditation (view)

 

 

Let’s get into meditation.
Raw Nakasu European student. Use sitting fishing. Let’s set up a meditation sign. This is a rudimentary meditation bat *. (Fig. 5, Teru. However, in this figure, although it is a legal seal, the later Aker
In some cases, Sha Hadler is used. The basic posture of meditation is explained in detail in “Reincarnation Meditation Method =”, so please be sure to read it.)
The training of the prefecture consists of two areas.
Ito is Okihisashi (concentration), and one is meditation.
I will explain about this

 

NS. First is the shutter (stop).

 

When
This focuses on one thing.
The view of numbers is a typical example, but Koan in Zen, praying, reading sutras, chanting mantras, etc. are also one of the methods of concentration. The point is one thing
Focus on, stop, stay there, and don’t move.

This state of concentration can be divided into two.
One is “conscious mental concentration”, which focuses on one thing and does not focus on the other, and actively and consciously does this. This is the beginning of training
As a process, anyone goes through.

 

 

The next stage is the state of “unconscious concentration”. This is an advanced one
As you continue to concentrate on conscious training, you will be conditioned by practice, and finally you will be able to concentrate on one thing without being particularly conscious.
By doing this, it is possible to control the unconscious consciousness layer and leave the consciousness of free consciousness, which is normally absolutely uncontrollable, to the flow of mind toward a specific object.

Next is Bipashana (view).

This does not pay attention to one thing. I focus on each and every movement of my mind, but it’s not just one thing. Leave it to the flow of your heart
NS. There are also “conscious meditation” and “unconscious meditation”. In “conscious meditation”, the surface consciousness sees the flow of the mind.
“Unconscious meditation” is the very flow of the mind of deep consciousness.

So what is watching the stream of consciousness? Who is watching the stream of consciousness? It is the mind of “unconscious concentration”.
Therefore, “stop” and “view” are closely related. Most of the meditations that are practiced now depend on either “stop” or “view.” Zen is “stop”
The weight is applied to the meditation, and the meditation (what is done as) is mainly “view”.

密教の仏たち 10 准胝観音 Esoteric Buddhas 10 Cundi Kannon

准胝観音

 

密教においては七倶胝仏母(しちくていぶつも)[1]とも呼ばれる。密号は最勝金剛、降伏金剛

日本では「准胝仏母」、「准胝観音菩薩」、「准胝観世音菩薩」、「天人丈夫観音」などさまざまな呼称がある。

中国では密教、この後も広く禅宗や浄土宗、道教等でも信仰されるが、かつてインドから東南アジアでも信仰された[注 3][19]

日本の真言宗の開祖である空海高野山の開基の際に、僧房の次にまず准胝堂を建立し、准胝観音を弟子たちの得度の本尊としてお祀りしたのは有名で、のちに高野山が荒廃した際にも僧俗の手によって庫裡にこの准胝観音を安置し守り続けられた。それゆえ、准胝堂の補修が行なわれた昭和の時代になるまで、高野山では准胝堂で僧侶となるための得度の儀式が執り行なわれていた[20]。また、真言宗醍醐派の開祖・聖宝尊師がこれに倣って醍醐寺の開基に准胝観音を勧請し、その孫弟子の仁海は六観音に准胝観音を加え、その後も長く民衆の信仰を集めている

 

 

准胝観音の功徳

  • 善無畏三蔵の訳による『七仏倶胝仏母心大准提陀羅尼法』(大正蔵№1078)には、「仏いわく、この准胝仏母の真言と印契の密法によって、十悪罪五逆罪等の一切の重い罪を滅して、よく一切の善法を成就し、さらには戒律を具足し、清廉潔白の身となって、速やかに心の清浄を得る。もし、在家の行人がいて飲酒や肉食を断つことなく、たとえ妻子があったとしても、ただ、この准胝仏母を本尊とすることで、あらゆる仏法・密法を成就することができる」と説かれている。
  • 地婆訶羅三藏の訳による『仏説七倶胝仏母心大准提陀羅尼経』(大正蔵№1077)には、「もし、在家の善男善女らが『准胝真言』を唱え、これを日々に保つことがあれば、その人の家には災難や事故、病気等による苦しみが無く、あらゆる行いには行き違いや望みが果たせないということも無く、その人の言葉は皆が信用して、よく聞いてくれるようになる。また、幸福に恵まれず、才能にも恵まれない人があって、密教の才覚もなく、侶の修行である『三十七菩提分法』という釈迦の教えに廻りあうことができない人がいたとしても、この准胝観音の『陀羅尼法』の伝授を受けることができたならば、速やかに無上の覚りを得ることができる。更には、『准胝真言』を常に記憶にとどめ、よくこの真言を唱えて善行となる戒律を守ることができれば、あらゆる願いも成就する」と説かれている。[23]

 

准胝観音(じゅんていかんのん)とは?

准胝仏母(じゅんていぶつも)・七倶胝仏母(しちくていぶつも)ともいいます。もとはヒンドゥー教の女神であるドゥルガーで、シヴァ神の妃とされています。とても美しい姿ですが、神々の武器を持って魔族を倒した戦いの女神です。そのため本来は女尊であり、観音ではないという指摘もあります。しかし、ここでは観音として紹介しますね。

 

仏教に取り入れられてからは慈悲深い清浄をもたらす神とされ、七倶胝仏母(しちぐていぶつぼ)ともいわれています。これは遙か過去より多くの仏を誕生させた仏の母という意味です。そのため、真言宗系では人道を救済する六観音(聖観音・千手観音・十一面観音・如意輪観音・馬頭観音・准胝観音)に数えられますが、天台宗系では准胝仏母といわれ如来に分類されています。不空羂索観音と合わせて七観音と呼ばれることもあります。

ご利益

修道者守護、無病息災、延命のご利益があり、安産や子供が授かるなどの功徳があります。

 

空海の孫弟子にあたる理源大師(りげんだいし)聖宝は修験の僧として知られ、自ら霊木を刻んで祀ったのが准胝観音と如意輪観音でした。経典には、修験者が准胝陀羅尼を唱えれば身が清浄となり成仏できると説かれています。また聖宝は醍醐天皇の皇子誕生を准胝観音に祈願し、のちの朱雀、村上両天皇が誕生したといいます。そのため一般的には子授け、安産としての功徳が知られています。

准胝観音(じゅんていかんのん)の像容

手は18本で3つ目の姿であることが多いです。中央の手は説法印と施無畏印をとります。また持ち物は武器や数珠、蓮華などを持っています。

准胝観音(じゅんていかんのん)の真言

オン・シャレイ・シュレイ・ジュンテイ・ソワカ

 

 

Cundi Kannon

 

In esoteric Buddhism, it is also called Shichiku Tebutsumo [1]. The secret issue is the winning Kongo, the surrendering Kongo

In Japan, there are various names such as “Cundi Buddha”, “Cundi Kannon Bodhisattva”, “Cundi Kannon Bodhisattva”, and “Tenjin Tsuyoshi Kannon”.

In China, it was worshiped in esoteric Buddhism, and after that it was widely worshiped in Zen Buddhism, Jodo Buddhism, Taoism, etc., but it was once worshiped from India to Southeast Asia [Note 3] [19].

It is famous that Kukai, the founder of the Shingon sect of Japan, built Cundi Hall next to the priest when the foundation of Mt. Koya was established, and enshrined Cundi Kannon as the principal image of the disciples. Even when it was devastated, the priests kept this Cundi Kannon in the kuri and continued to protect it. Therefore, until the Showa era when Junteido was repaired, a ritual of proficiency to become a monk was held at Junteido in Koyasan. [20] In addition, the founder of the Shingon sect Daigo sect, Shobo Takashi, solicited Cundi Kannon for the opening of Daigoji Temple, and his grandson Ningai added Cundi Kannon to Rokukannon, and continued to gather the faith of the people for a long time. ing

 

Merit of Cundi Kannon
In “Seven Buddha Club Buddha Mother’s Heart Daisuke Cundi Raunho” (Taishozo No. 1078) translated by Zenpo Awe Sanzo, Eliminate all serious sins such as sins and five treasonous sins, often fulfill all good laws, add discipline, become innocent and innocent, and quickly obtain cleanliness of the mind. Even if there are wives and children without refusing to drink or eat meat, it is possible to fulfill all Buddhist and secret laws by making this Cundi Buddha the principal priest. ” There is.
In “Buddhist Theory Seven Clubs Buddha Mother’s Heart Cundi Dharani Sutra” (Taishozo No. 1077) translated by Jibo Dharani, “If the good men and women at home chanted” Cundi Mantra “, this If you keep it on a daily basis, your home will not suffer from disasters, accidents, illnesses, etc., and you will not be misunderstood or unable to fulfill your wishes in every act, and everyone will trust your words. Also, there are people who are not blessed with happiness and talent, and have no talent for esoteric Buddhism. Even if there are people who cannot go around, if they can receive the instruction of “Dharani” of this quasi-Kannon, they will be able to quickly get a sense of excellence. If you can always remember this and keep the commandments of good deeds by chanting this mantra, all your wishes will be fulfilled. ” [twenty three]

 

What is Cundi Kannon?

Also known as Cundi Buddha and Cundi Buddha. She was originally a Hindu goddess Durga and is considered the princess of Lord Shiva. She looks very beautiful, but she is the goddess of battle who defeated the demons with the weapons of the gods. Therefore, it is pointed out that she is originally a female priest, not Kannon. However, I will introduce it here as Kannon.

 

Since it was introduced into Buddhism, it has been regarded as a god that brings benevolent cleanliness, and is also called the Shichigu Tebutsubo. This means the mother of the Buddha who gave birth to more Buddhas than in the past. Therefore, in the Shingon sect, it is counted as six Kannon (Sacred Kannon, Senju Kannon, Eleven-faced Kannon, Nyoirin Kannon, Hayagriva Kannon, Cundi Kannon), but in the Tendai sect, it is called Cundi Buddhist mother. It is classified into. It is also called Shichikannon together with Fukū-in Temple Kannon.

Benefits

It has the benefits of protecting monks, having no illness, and prolonging life, and has merits such as safe delivery and childbirth.

 

Rigendaishi Shobo, a grand disciple of Kukai, was known as a monk for Shugendo, and it was Cundi Kannon and Nyoirin Kannon that enshrined himself by carving a sacred tree. The scriptures say that if the trainee chanting Cundi Dharani, he will be clean and can become a Buddhahood. In addition, Shobo prayed for the birth of Emperor Daigo’s prince to Cundi Kannon, and it is said that later Emperors Suzaku and Murakami were born. Therefore, it is generally known for its merit as a childbirth and easy delivery.

Image of Cundi Kannon

Her hands are 18 and often the third figure. The central hand takes the preaching mark and the abhayamudra mark. Her belongings include weapons, beads, and lotus flowers.

Cundi Kannon’s Mantra

On Sharay Shrey Juntei Sowaka

未来社会があるとすれば  If there is a future society

未来社会があるとすれば

 

教育?
それは無力である。
それは知能を高めるものではなく、ただ、知識をひろげるだけのものに過ぎない。
教育は、ただ、その人の本来持っているところの知識をひろげるだけで、知能そのものを高め
はしない。知能を高める技術とは、ものを教え、ものをおぼえさせることではなく、おぼえる能
力そのものを高めるシステムでなければならない。馬鹿はいくら教育したって馬鹿である。馬鹿
に教育はまったく無力だ。馬鹿を利口にするためには特別の技術がなければならぬ。
宗教?。

 

それは、知能ひくきものたちの思行をなんとか良心にうったえて思いとどめさせようとするブレーキに過ぎず、知能を高めるためのなんの力も技術もない。念仏をとなえ、題目を高唱し、経典教学をそらんじ、神のみ名を呼んでも、心の安らぎ、なぐさめ、信念というたぐいのものは得られても、知能そのものが高くなるということはない。最高度に進化発達した知能を持つ未来社会に、宗教という特別な分野はなくなるだろう。

 

If there is a future society

 

 

education?
It is helpless.
It doesn’t enhance intelligence, it just spreads knowledge.
Education enhances intelligence itself by simply expanding the knowledge that the person originally has.
I will not do it. Technology that enhances intelligence is not the ability to teach and remember things, but the ability to remember them.
It must be a system that enhances the power itself. An idiot is an idiot no matter how much he educates. fool
Education is completely powerless. There must be special skills to be clever with idiots.
religion?.

 

 

It’s just a brake that tries to discourage the thoughts of the intelligent people with a conscience, and has no power or skill to improve their intelligence. Even if you call the name of God by chanting the title, chanting the title, and calling the name of God, you will get peace of mind, comfort, and belief, but your intelligence will not increase. .. The special field of religion will disappear in the future society with the highest evolution and development of intelligence.