A shaka called “Shinsho Buddha”   真正仏舎利”というおシャカさま

A shaka called “Shinsho Buddha”
I received the true bones of I and came to have a true guardian spirit. Authentic Buddha
If you are confident and devoted, you will break spirits and give virtues, as if you are defending
It can be said to be a spirit, and it has a great power.
真正仏舎利”というおシャカさま
の御真骨をいただき、真の守護霊が持てるようになったのです。真正仏舎利を
いただき信心すれば、霊障を断ち、福徳を与えてくれる、まるでそれ自身が守
護霊といっていい、すごいパワーがあるのです。

Everything in this world, anything that has no cause, no life, and cause
Even if it occurs, it does not exist without an edge that facilitates this. Overlapping with the cause, follow the course, the result appears.
There is no discrimination.
It is.
Shaka as a real Buddha who is a real Buddha is almighty under the law,
It is almighty after teaching, and it is almighty as a rescuer.
We call the Shaka’s body with the three powers “Guardian Buddha”
is.
この世の中のものすべて、どんなものでも、原因となるものがなくて生するものはなく、また因あって
生じても、これを助長する縁がなくては存在しない。因と縁か重なって、経過をたどり、結果か現れる。
差別はないのです。
のです。
  実在の仏である本尊としてのシャカは法のうえでオールマイティーであり、
   教えのうえでオールマイティーであり、救済者としてオールマイティーです。
   それら三つの力を持つシャカの法身舎利を私たちは「守護仏」とお呼びするの
です。

Suppression, conflict and scars in the unconscious conscious  無意識の意識層における抑圧や葛藤・傷痕

 

The professor ’s text is that only a specific group of people are disabled or sick.

It is not that there is. That is what most people in modern society say.

The Most of the autonomic disorders and cardiac dysfunctions listed here are suppressed in the unconscious conscious layer.

It came from pressure and conflict. In the future, this trend may increase, but the possibility that it will decrease

rare.

If the suppression, conflicts and scars in this unconscious layer are not eliminated or released, the correct

In addition to not being able to enter into thinking, even the training of “Kai L” in the previous stage cannot be done sufficiently.

Before extinguishing “annoyance” or “anxiety L” in the unconscious consciousness layer,

It must be released. Otherwise, these repressions, conflicts and scars will be bothersome

I can’t help living a very healthy mental life,

The fear of becoming will come out. It can cause various illnesses physically and the worst

In some cases, sudden abnormal behavior or impulsive and morbid behaviors may occur. Very training

It is not.

On the other hand, what kind of training methods will Aragama and Abidalma impose? Try it

Practice methods as seen in Avidaluma

修 Practice in Avidalma

5th place 75 law

There is a training method named “Daizenchi Law”.

”Systematic compilation of what was explained in Argama by Abidharma in the“ Fifth Seventy-Fifth Law ”

Made.

“The Seventy-Fifth Seventy-five Law” is an analysis of seventy-five types of entities that seem to have established this world.

This is the Avidalma taxonomy that divides this into five categories.

The annoyances mentioned above are also classified in the fifth place of the 75th Law. Basic body in Avidalma

Since it is a system, I will keep it next.

The fifth place is

1 Color method = material thing.

2. Mind method = The subject of the heart’s work, also known as Shin-Oh.

3. The “ownership method” is abbreviated as “heart” and refers to the function of the heart. This can be divided into the following six types.

Also, among the basic annoyances, dividends are given to the three evils of niece, sleep and niece as follows.

貪-覆 ・ 覆 ・ who ・ lyrics ・ 僑 ・ dissipation

Meditation-Samurai, Samurai, Trouble, Samurai, Harm, Escape

Scar-Overturn, testimony, lyrics, escape, forgetfulness, injustice

In other words, the three of the cloak, the proof, and the fan will be the two of the niece and niece, and the escape will be the three of the niece, esteem and coffin. Six major

Of the root annoyances, the eyelids, eyes, and scars are considered to have the strongest influence on the anxiety.

The name of the three bad roads L is also from here.

As for the classification of elementary, middle, and large, what is the standard is that 10 such as firewood etc. occur separately.

2 is a minor annoyance, and 2 such as worthless is only moderately unfavorable.

Because it is biased to the heart, it is said that it is very troublesome. This is a reasoned reasoning.

How to stop the above troubles? The training method for that is the same as the heart method

It is the great good land law of Aoi. Let’s explain each heart of the Great Zenji Law.

Daizenchi Law

Shin

The freshness of the heart. It is a heart that respects faith and enjoys good deeds.

, And the four truths preached in Buddhism, namely, “Science of the Four Lords” and “Sanpo L, ie, Buddha and its teaching,

The relationship between the monk, the work, and the reward, causality,

Say.

Work (dedication)

Diligent, courageous to do and do good.

Discard

”It means a heart that is free from personal feelings and calm.

E

心 A heart that feels remorse and is ashamed.

】 I am relieved and shy about teaching and other good people that I am imperfect and immoral.

The It is also an awe-inspiring heart for teaching and teachers.

A social position, being aware of yourself as one of the group, and acting in a manner that is not embarrassing

The

Gradual is a heart that is ashamed of yourself against others, and 愧 is a heart that is ashamed of yourself against others.

MUJI

There should be no waste. Don’t be obsessed with position, power, or material.

infinite

Good patience. There is no hatred or anger, but not only that, but it is a heart that actively cares for others.

Harmless

非 It is non-violent and does not harm others, but it is not only that, but it has serious compassion.

Minan

It ’s just a matter of soul and spirit.

適 応 To have good adaptability, always to keep the body light and safe, to accumulate virtue and to follow training

Try to be able to do it.

Persistent

Don’t be lazy, don’t flow freely, and train yourself and study.

As mentioned above, the heart of this Great Zenji Law will be paid as follows for the heart of trouble.

It is.

Authenticity-Mistrust / Unauthorized Knowledge

1 innocence / cover / proof

貪-貪 ・ 貪

Infinity-limited / 忿 / 恨

Employees with one eye failure / forgetfulness

Minan-Gonsen / Tan

Non-dissipation-dissipation / scattering

捨 Discarding- 棹 棹 / 嫉

Harmless-harm

In other words, the practitioner is always paying attention to his / her heart, and when the anxiety is about to move,

Immediately I will counter this with the heart of these great good law and control the heart of annoyance.

The By repeating this, we will finally end up avoiding the anxiety.

Isn’t it really a good idea?

But will it work?

The Mahayana Buddhism that appeared later subsided all these troubles into the Six Daikonhon troubles.

“Rokunami honey” (sixth row) was paid as a control dividend. It is as follows.

貪-Cloth enforcement

Limited-insulting

Scar–Tomoyuki (Haruka)

Pride-Obedience

Suspicious progress

Kami-Zen Juku

However, later on, the “cloth enforcement” became one. However, emphasizing “belief”

Thus, it became a double-set of devotion and Fuse. It is the most simplified.

Primitive Buddhism is not as easy as it is.

How simple is this?

Let me answer.

Both have major flaws.

Something?

It is a problem of unconsciousness mentioned in the previous chapter.

Both lack this point.

As expected, in primitive Buddhism, trying to deal with unconscious consciousness by entering a soft meditation assumption Yes

However, this is the same as that of people at the time waiting for unconscious people without strong oppression and conflict like modern people.

Moreover, it is possible only because it is a conscientious position as a practitioner.

Because of the wisteria, it is impossible to enter a soft meditation. Even before trying to get in, before reaching the border

Suppression and conflict came out, and it appeared as a ghost phenomenon

It ends up. No, before that, I could endure the “Kai” training course (although it is a mental and physical adjustment)

It ’s not easy.

In addition, in order to analyze my heart in too detailed detail and severely regulate my mind and behavior,

This is a new repression that causes conflict and complexity in the unconscious class of trainees.

Loit stated that “culture and morality, education and religion are the source of various human complexes.”

B, “Observations and conflicts in our unconscious layers of consciousness, most of the trauma are due to it L and fingers

Although this practice method is exactly what this practice method is, if it is applied one step further, it will be a hit for modern people

Isn’t it safe to say that?

This is also true for Mahayana Buddhism. Mahayana Buddhism, a popular religion, succeeded in simplifying the most.

Nevertheless, the biggest mistake of Mahayana Buddhism is that “annoyance” is captured only by surface consciousness.

However, by introducing the “Shin”, it is possible to achieve various types of suppression and compression in the unconscious conscious layer.

″ While trying to deal with kusu, as I said before, suppression and conflict in the unconscious conscious layer,

The mind resulting from the trauma is an unusual mind that is hurt and distorted. “I don’t believe in kami, hotoke, truth, or justice.

It is heart L. Persuading this in various ways, or surrendering, the “religious

By trying to squeeze “to try to stir up faith,

Therefore, the wound of mental trauma will be enlarged. Exactly what Freud says, “social sanctions are always religious

It is combined with the lions and blames them so that they can never recover again.

  

教授のこの文章は、特定の一部のひとびとだけが障害を起こしたり、病気になって

いるというのではないのである。現代社会に生きるほとんどのひとびとがそうだといっているのであ

る。ここにあげられている自律神経障害や、心臓機能疾患のほとんどは、無意識の意識層における抑

圧や葛藤から生じたものである。今後、この傾向は増大することがあっても減少するという可能性は

ほとんどない。

 この、無意識の意識層における抑圧や葛藤・傷痕を消滅あるいは解放しなければ、正しい定(瞑

想)に入れないだけではなく、その前段階の「戒Lの修行すら十分になすことができないのである。

無意識の意識層にある「煩悩」や「随煩悩Lを消滅する前に、まず抑圧・葛藤・傷痕を消滅あるいは

解放しなければならぬのである。そうしなければ、これらの抑圧や葛藤・傷痕は、煩悩・随煩悩とむ

すびついて、歪んだ病的な精神状態をひき起こし、とても健全な精神生活などいとなむことができな

くなる恐れが出てくるのである。それは肉体的にもさまざまな病気をひき起こす原因になり、最悪の

場合には、突発的な異常行動や、衝動的で病的な行動をとるようになったりする。とても修行どころ

ではないのである。

 これに対して、アーガマおよびアビダルマはどのような修行法を課すのであろうか。それをみてみ

アビダルマにみる修行法

 

 アビダルマにみる修行法

   五位七十五法

 「大善地法」と名づける修行法がある。

 アーガマにおいて説かれたものを、アビダルマが「五位七十五法」のなかにとり入れ、体系的に編

成したものである。

 「五位七十五法」というのは、この世の中を成立させていると思われる実体を七十五種に分析して、

これを五大別したアビダルマの分類法である。

 さきにあげた随煩悩もこの五位七十五法のなかに分類されている。アビダルマにおける基本的な体

系なので、つぎにかかげておく。

 五位というのは、

 1 色法=物質的なもの。

 2 心法=心のはたらきの主体で、心王ともいう。

 3 心所有法=心所と略称し、心のはたらきをいう。これは、つぎの六種に分けられる。

 

 また、根本煩悩のうち、三悪道の、貪・眠・鰯に、つぎのように配当されている。

 貪-覆・樫・誰・詞・僑・放逸

 瞑-忿・恨・悩・嫉・害・放逸

 痕-覆・証・詞・放逸・失念・不正知

 つまり、覆・証・扇の三は貪・裔の二者に、放逸は貪・賦・凝の三に通ずるとするのである。六大

根本煩悩のうち貪・眼・痕の三は、随煩悩に対して最も強い影響力を持っていると見るわけで、「根

本三悪道Lという名もここから出ているわけである。

 小中大の類別はなにを基準にしたものであるかについては、忿等の10はおのおの別に起こるがゆえ

に小随煩悩と名づけ、無価等の2は、不善にのみ偏するがゆえに中随煩悩と名づけ、諒挙等の8は、

染心に偏するがゆえに大随煩悩と名づけるのだとある。まことに緻密に推論したものである。

 以上の随煩悩をいかにして止滅させるか? そのための修行法が、おなじく心所法のなかにあげら

れている㈲の大善地法なのである。大善地法の各心所について解説してみよう。

  大善地法

 信

心のきよらかさ。信義を重んじ、善行を楽しむ心である。

 それと、仏教で説く四つの真理、すなわち「四諦の理」と、「三宝Lすなわち、仏と、その教えと、

その僧団、および、業と、その報いとのあいだの因縁・因果性、以上の三つにたいするふかい確信を

いう。

  勤(精進)

 勤勉であり、なすべきことや、善行にたいして勇敢なことである。

  捨

 私心をはなれ、平静でかたよりのない心をいう。

  衛

 つよく反省し恥ずる心。

 教えや、他のすぐれた人に対して、自分が不完全であり、不徳であることを反省し、恥ずる心であ

る。それはまた、教えや師友にたいしてふかい恭敬の心となる。

  愧

 社会的な立場、グループの一人としての自分を自覚し、恥ずかしくないように行動することであ

る。

 漸は他に対して自分を恥ずる心、愧は自分自身に対して自分を恥ずる心である。

  無貪

むさぼりのないこと。地位・権力・物質などに執着したりとらわれたりしない。

  無限

 つよい忍耐力。憎しみや怒りのないことであるが、それだけでなく、積極的に他を愛憐する心でる。

  不害

 非暴力であり、他を害さないことであるが、それだけではなく、篤い同情心を持つことである。

  軽安

 すなおで身心明朗であることである。

 よき適応性を持つことであり、つねに身心を軽快安適にたもち、徳を積み、修行にしたがうことが

できるように心がけることである。

  不放逸

 なまけず、放縦に流れないで、修行や勉学にはげむこと。

 以上であるが、この大善地法の心所は、随煩悩の心所にたいして、つぎのように対照配当されるの

である。

  信―不信・不正知

1無愧・覆・証

無貪-貪・樫

  無限-限・忿・恨

  勤1眼怠・失念

  軽安―悟沈・悩

  不放逸-放逸・散乱

  捨-棹挙・嫉

  不害-害

 つまり、修行者は、つねに自分のこころに注意をはらっていて、煩悩の心所が動こうとするとき、

ただちにこれら大善地法の心所を以てこれに対抗し、煩悩の心所を制圧してしまおうというのであ

る。これをくりかえすことにより、ついには煩悩の心所が起こらぬようにしてしまおうというわける。

 なるほど実によく考えたものではないか。

 しかしそううまくいくであろうか?

 のちにあらわれた大乗仏教は、これらの随煩悩をすべて六大根本煩悩におさめてしまって、これに

「六波羅蜜」(六度の行)を対照配当した。つぎの通りである。

  貪―布施行

  限忍辱行

  痕―-智慧行(般若)

  慢-持戒行

  疑―精進行

  悪見-禅定行

 しかし、さらにのちにいたって、「布施行」ひとつにしぽるようになった。ただし、「信」を強調し

て、信心と布施との二本立てになったのである。最も簡便化されたわけである。

 原始仏教の修行の一挙一動二言一句もゆるがせにしない息のつまるような修行法にくらべて、ま

ったく単純化されたわけであるが、これはどうであろうか?

お答えしよう。

 どちらにも大きな欠陥があるのである。

なにか?

 さきの章で述べた無意識の意識の問題である。

 どちらもこの点が欠けている。

 さすがに原始仏教では、ふかい瞑想定に入ることによって無意識の意識の処理をしようとしてはい

る・しかし、これは、現代人のようなつよい抑圧や葛藤のない無意識層を待った当時の人びとの、し

かも出家修行者というめぐまれた立場であるからこそ可能なのであって、現代人はその持つ抑圧や葛

藤のために、ふかい瞑想定に入ることができないのである。入ろうとしても、ふかい境地に達する前

にヽ抑圧や葛藤が飛び出してきて、憑霊現象や、「キッネ憑き」的現象となってあらわれ、挫折して

しまうのである。いや、それ以前に、「戒」の修行課程(それは心身と環境の調整であるが)に耐えられ

ず、落伍していってしまうのだ。

 それにまた、あまりにも緻密詳細にこころを分析してきびしく自分の心と行動を規制するため、そ

れがあたらしい抑圧となって、修行者の無意識層に葛藤やコンプレ″クスを生ぜしめるのである。フ

ロイトは、「文化と道徳・教育・宗教が人間のさまざまなコンプレックスの源泉となっている」と述

べ、「われわれが無意識の意識層に持つ抑圧と葛藤、精神的外傷のほとんどはそれによるものだLと指

摘しているが、まさにこの修行法こそ、適用を一歩あやまると、現代人にとってそれにあたるものに

なるといってよいのではないか。

 それは大乗仏教についてもいえることで、大衆宗教である大乗仏教は、最も簡略化することに成功

はしたけれども、大乗仏教の最大のあやまりは、「煩悩」を表面意識のみでとらえていることである。

もっとも、ふかい「信」に入らせることにより、無意識の意識層におけるさまざまな抑圧やコンプレ

″クスを処理しようと考えるのであろうが、前に述べた通り、無意識の意識層における抑圧や葛藤、

精神外傷から生じたこころは、傷つき歪んだ異常なこころで「カミもホトケも真理も公正も信じない

こころLなのである。これを、さまざまに説得し、あるいは折伏など、フロイトのいう「宗教的おど

しをかけることによって「信心をふかめようとすることは、ますますそのコンプレ″クスをふか

め、精神的外傷の傷を拡大することになる。まさにフロイトのいう「社会的制裁はつねに宗教的おど

しと組み合わさっており、人間を二度とふたたび立ち直れないほど責めさいなむ。

 

 

 

Seven subjects of Buddha, 37 kinds of curriculum,  仏陀の七科目、三十七種のカリキュラム

Training method to acquire Nirvana’s wisdom
“Nanashina 37-seven items” or “Thirty-seven Samurai tribulation method”

Seven types of systems and 37 types of curriculum to acquire sacred wisdom
You can find Buddha scriptures and Buddhist scriptures that seem to have expressed Nirvana in the scriptures of Buddha’s Aue.
On the contrary, you can discover the training method to acquire Nirvana’s wisdom.
The practicing method is the practicing method named “Nanashina 37 Dojo” or “Thirty-seven Samurai Method”. This is a course of seven subjects and 37 types, and President Kiriyama calls it “seven types of systems and 37 types of curriculum for acquiring sacred wisdom”. People of the world know very little about Buddhist scriptures because they only know Mahayana Buddhism.
It is stated in the Pali sentence “Nakao”, No. 103 kinti sutta as follows.
Hihi et al. Here, the law is understood by me and preached to you. In other words, Shigenenju, four straight cuts, four gods, five roots, five powers, seven senses, eight Masamichi. Therefore, all Hioka and others must reconcile and reconcile and learn this without conflict.
The practice and practice of wisdom gained by Buddha is clearly shown here.
The method of practicing these seven subjects, which was taught by Ao Susumu, was named “Nanashina Thirty-seven Dojo” or “Thirty-seven Samurai Method” by Avidalma. It means the 37 training methods that lead to Satori.

Shigenju House Law
In the old translation, it is called Shinenjo. It’s also called Shigenori. There are four types of introspection and meditation techniques for obtaining satori. There are four types: Shinenju, Jinenju, Shinenju, and Hoenju.

Four straight cutting methods
In the old translation, it is called four full-time work. Four exercises: cutting, ritual cutting, guardian cutting, and cutting.

Shijinsoku method
Translated with all four elements.
This is the basis for obtaining four universal powers. Training methods for four types of “natural gods, godsoku, jinjinsoku, shinjinsoku” and “kanjinsoku” to obtain supernatural magic.

Gone method
There are five types: Shinkon, Shojinkon, Nenkon, Jokon, and Sone. The root is the ability to work freely. A practice in which the faith of the Buddhist monk’s three treasures and his dedication, spirit, meditation, and wisdom demonstrate high abilities toward Nirvana.

Five powers method
Power of power, spiritual power, power of mind, constant power, power of power (or wisdom). Training to acquire advanced power to reach Nirvana.

Seven senses support method
Chokoku-Kaku, Shojin-Kaku, Ki-Kaku, Kaku-an-Kaku, Saku-Kaku-Kashi, Fixed-Kids ) ・ Seven of the nests. Seven disciplines to Nirvana.

Hachisho road method (also written as Hachisho road)
Eight roads to reach the ideal boundaries: “Shoken”, “Shoshiyui”, “Shogo”, “Shogo”, “Shoyo”, “Shoyo”, “Shojin” ) ・ Shinnen ・ Shojo 」

That’s all for “Nanashina 37-seven items”.
Shigenozumi and Gone methods are meditation.
The four straight-cut method, five power method, seven senses method, and eight right way are practice and meditation.
The Four Gods method is a special tapas. The gods are the magical powers (superhuman abilities), and these four gods are the four kinds of training methods for obtaining supernatural magical powers.

 

ニルヴァーナの智慧を獲得する修行法
「七科三十七道品」あるいは「三十七菩提分法(ぼだいぶんぽう)」

神聖なる智慧を獲得するための七種類のシステムと、三十七種類のカリキュラム
ブッダの説かれた阿含の経典群の中には、ニルヴァーナを表現したと思われる経典、仏典を見出すことができるのです。
それどころか、ニルヴァーナの智慧を獲得する修行法までも、発見できるのです。
その修行法とは、「七科三十七道品」あるいは「三十七菩提分法」と名づけられた修行法です。これは、七科目・三十七種類にわたる教科目であり、桐山管長は、これを「神聖なる智慧を獲得するための七種のシステムと、三十七種類のカリキュラム」と呼んでいます。世の人々は、大乗仏教だけしか知らないために、仏教にこういう経典のあることをほとんど知りません。
パーリ文「中阿含」第百三の kinti sutta につぎのように述べられています。
ここに比丘らよ、われによりて法は悟られ、汝らに説かれたり。すなわち四念住・四正断・四神足・五根・五力・七覚支・八正道これなり。それゆえにすべての比丘らは相和し相欣び、争うことなくして、これを学ばざるべからず。
ブッダによってさとられた智慧の獲得の修行法、実践法が、ここに明らかにのべられています。
阿含経に説かれたこの七科目の修行法は、アビダルマ論師によって「七科三十七道品」あるいは「三十七菩提分法」と名づけられました。さとりにいたる三十七の修行法という意味です。

四念住法(しねんじゅうほう)
旧訳では四念処(しねんじょ)といいます。四念処観ともいいます。さとりを得るための四種の内観・瞑想法です。身念住(しんねんじゅう)・受念住(じゅねんじゅう)・心念住(しんねんじゅう)・法念住(ほうねんじゅう)の四つです。

四正断法(ししょうだんほう)
旧訳では四正勤といいます。断断(だんだん)・律儀断(りつぎだん)・随護断(ずいごだん)・修断(しゅだん)の4つの修行。

四神足法(しじんそくほう)
四如意足とも訳す。
四つの自在力を得るための根拠となるもの。超自然的な神通力を得るための4種『欲神足(よくじんそく)・勤神足(ごんじんそく)・心神足(しんじんそく)・観神足(かんじんそく)』の修行法。

五根法(ごこんほう)
信根(しんこん)・精進根(しょうじんこん)・念根(ねんこん)・定根(じょうこん)・慧根(えこん)の五つ。根とは自由にはたらく能力をいう。仏法僧の三宝にたいする信と、精進・念・禅定(瞑想)・智慧が、ニルヴァーナに向かって高い能力を発揮する修行。

五力法(ごりきほう)
信力(しんりき)・精進力(しょうじんりき)・念力(ねんりき)・定力(じょうりき)・慧力(えりき)(または智力)。ニルヴァーナに至る高度な力を得る修行。

七覚支法(しちかくしほう)
択法覚支(ちゃくほうかくし)・精進覚支(しょうじんかくし)・喜覚支(きかくし)・軽安覚支(きょうあんかくし)・捨覚支(しゃかくし)・定覚支(じょうかくし)・念覚支(ねんかくし)の七つをいう。ニルヴァーナへみちびく七つの修行。

八正道法(はっしょうどうほう)(八聖道とも書く)
理想の境地に達するための八つの道『正見(しょうけん)・正思惟(しょうしゆい)・正語(しょうご)・正業(しょうごう)・正命(しょうみょう)・正精進(しょうじん)・正念(しょうねん)・正定(しょうじょう)』

以上が、「七科三十七道品」です。
四念住法・五根法、これは、瞑想です。
四正断法・五力法・七覚支法・八正道法は、実践と瞑想です。
四神足法は、特殊な tapas( 練行)です。神足とは、神通力(超人的能力)のことで、この四神足法は、超自然的な神通力を得るための四種の修行法です。

マインドフルネスブームは「資本主義が仏教思想をパクった」という主張

by Marubatsu「今という瞬間に集中し、さまざまな価値判断を捨て、感じるままに現実を受け入れる」という マインドフルネスは、もともとは仏教から派生した考え方であり、ストレスの多い現代社会で活用すべきテクニックとして西洋で人気を博しています。しかし、そうしたマインドフルネスの流行は「資本主義による仏教思想の略取だ」と、サンフランシスコ州立大学の経営学教授であるロナルド・パーサー氏が厳しい批判を展開しています。

宇宙を征服せよ!アストロキングス 宇宙を征服せよ!新世代SF戦略シミュレーション、「アストロキングス」サービス開始!
アストロキングス
アプリをインストール

McMindfulness: how capitalism hijacked the Buddhist teaching of mindfulness | CBC Radio
https://www.cbc.ca/radio/tapestry

パーサー教授は経営学者である一方で、仏教禅宗系である 太古宗の僧侶でもあります。パーサー教授は、「マインドフルネスがこれほどまでに人気が出たり、実入りのいいものになったりするとは夢にも思いませんでした」という元仏教僧の言葉を紹介しています。

パーサー教授によると、ストレス関連の欠勤によってアメリカでは年間3000億ドル(約33兆円)の経済損失があり、10人中7人がストレスが原因で退職した経験があるとのこと。この調査結果についてパーサー教授は「人々が不安やストレス、うつ病に苦しんでいることは確かであり、問題があります」とした上で、企業や社会全体に眠る「ストレスがまん延する原因」を解決するのではなく、従業員が個々のストレスにマインドフルネスで対応する方向に進んでいることに疑問を呈しています。

彼女たちは「最終兵器-DOLLS-」 リセマラ不要!初回10連ガチャは何度でも引き直せる!
アッシュアームズ
アプリをインストール


by fotologic

パーサー教授は、週に60~70時間働くGoogleのエンジニアを例に挙げて、「Googleが提供するマインドフルネス教育によって、Googleのエンジニアは『ストレス軽減』という個人レベルの恩恵を受けています。しかし、マインドフルネスによって得た思慮深さによって、自分たちが取り組んでいるデジタル技術を疑問視することはありません。Googleのエンジニアがマインドフルネスによって思慮深く生産的になることで、社会全体の集中力を散漫にするような技術が生み出されているのは悲しい皮肉です」と述べています。

また、パーサー教授はアメリカ陸軍や海兵隊がマインドフルネスを軍隊のメンタルトレーニングに取り入れる研究を行っていることを指摘。戦場に向かう兵隊は大きなストレスにさらされ、時にはPTSD(心的外傷後ストレス障害)をかかえることもありますが、パーサー教授は「マインドフルネスによって兵士のストレスを緩和することで、誤って子どもを射殺する代わりに、民間人を救うことができるかもしれません。もちろんそれ自体は称賛に値しますが、マインドフルネスの軍事利用はもっと政治的に大きな問題から目を背けています」と、批判しています。

《傑作》放置するほうが、ゲームが面白くなっていくなんて・・・。
放置少女
アプリをインストール

そもそもマインドフルネスは、仏教においてはストレスを緩和する手段ではありません。仏教においてマインドフルネスは「常に落ち着いた心で生活を送る」という生き方を示す考え方であり、ストレス軽減という目的を達成する手段ではないと、パーサー教授は主張しています。

by Nick Fewings

パーサー教授は「本来のマインドフルネスは個人のストレスを軽減するものではなく、個人を超えて存在する苦しみの原因や状況と相互依存するためのものだと思います」と述べ、マインドフルネスを資本主義の「道具主義的アプリケーション」から解放するべきだと訴えました。

歴史好きもどハマりする戦国SLGがいま凄い!
覇王の天下
アプリをインストール

Neuron   ニューロン

Neuron

The brain has two types of cells. One of them is a neuron, which is believed to do the actual work. The other is a clear cell, which is thought to support and supply energy to neurons. Clear cells are also considered a memory reservoir. The number is much higher than neurons, and in fact, two-thirds of the brain’s material is made up of neuroclear. Until very recently, it was considered only a neuronal substrate and was completely ignored. However, recently, it has been noticed that this is a very important function, and is attracting attention. If more research is done on this in the future, many surprising facts will appear.

Many scholars are beginning to believe that it must come.

The shape and size of neurons vary, but the basic shape is a cell body (usually called a nerve cell) and various short and long protrusions.

Neurons adhere to and connect with other neurons through these processes, creating complex entanglements and assembling the nervous system. The reason why this bonding and connection occurs is based on the life experience of the owner. The experience of the brain owner creates the adhesion and connection of neuronal processes. Neurons do not increase in number due to division, unlike other cells, so once the brain is stagnated, it does not develop like muscle. Instead, each neuron is a subtle line

When it moves, it moves itself like a living thing, contacts other neurons, and when it is found that the contact is beneficial, it is tied together and glued and fixed. The place of adhesion is called a synapse, but the flow of signals that travels from neuron to neuron and from neuron to neuron through the synapse, from one to the next, is the function of the brain. It is ye and it is a function of the heart. The brain works in a unique way that the synapse-euroun connection reflects the life experience of its owner. On the other hand, G.R.Tiller calls this synapse a switch and is a famous book. Dr. J. Z. Young, a neurophysiological master of the “Brain and Memory”, is likened to a button. It determines all human mental activities such as thoughts, actions, judgments and decisions.

It’s a switch and a button. That’s why the more buttons and switches the better. The baseball player’s brain is different from how the philosopher’s brain is connected, but in many ways it resembles that of other baseball players. Therefore, there is no sight to find a way to turn an ordinary adult brain into a Gaussian, Beethoven, Einstein, Shakespeare, or even an excellent sportsman’s brain. But it’s not completely impossible. What to do?動 か Move many neurons that are idle and playing

It can be made easy. Can you do that?

It can be done. In the previous section, I would like you to recall the words of Professor Olivier. He says: “We have more neurons than we need, and in the case of brain damage we have extra cortical neurons that do nothing but replace damaged cells. … if we wake up and use these sleeping neurons, these potential attributes will manifest themselves. ”

When. So what exactly do we have which “sleeping neurons”?

They are properly classified and stored in a storage warehouse so that they can be retrieved immediately when needed.

Georgie Gallup is about the capacity and complexity of the human brain. I want to say “performance”.

The human brain has so much performance. Of course you are. How wonderful work can you do if you fully rotate this performance?

However, you know that you are just I of its performance, and according to the views of many experts, you spend only two percent to fifty I cents, and you’re left with nothing. What do you think? If you are completely satisfied with your current ability

If you are there, you don’t have to worry about it.

If so, isn’t it a number that cannot be heard?

So Georgie Gallup says in the book I mentioned earlier.

“Ironically, on the one hand, some of the most skilled US experts have made great efforts to study the potential of modern computers, but on the other hand, with much larger machines. I don’t know anything about the potential of a human brain, and the situation is almost unstudied. ”

“There,” G.R.Koyler said, “Is there a future for humans,” as if it were after that.

“Revolutionary ideas that have been taken up recently, the ability of the brain to remain unused, and the potential to be used.” The main difference between the question of highly civilized humans and the undeveloped is education. . Anthropologists have gathered a lot of reliable evidence that the spiritual qualities of the virgins are not so different from those of the most advanced society. If a child of a different race is transferred from his / her living environment and given an education similar to that of a well-educated family, it shows almost the same intellectual level. This is true for both individuals and races. An Indonesian tribe that has stopped eating cannibalism for only a few years has produced some of the world’s best chess players in about 60 years. Many talented mathematicians are born from similar races.

If education is like this so that humans can fly thousands of years in a few years, today’s people are supposed to reach a certain time in the future By disseminating it now, it will be possible to make a leap of hundreds of years into the future. So we have to anticipate the changes that will probably occur in the next few years and incorporate those changes that we think are most desirable as soon as possible. ”

And Georgie Gallup are eager to preach in that book.

That’s right. There is no room for any objection. But the words that you really have to listen to are

For this purpose, a list of 11 exercises is given. That exercise is what Huxley says.

Then. From praying, to wrinkles, to eat and to love

‘Gallup was like this with all the words. “″ These old methods are completely overlooked

It has been strange to have been. Besides, it has been completely forgotten later

There are often individuals or cultures that have always developed important skills. -But they are still

It teaches about the perception of everything and covers all areas of human experience ”

It ’s a great value ”

After that, why hasn’t the attention of such an old important technology been so much noticed?

Give a noteworthy opinion about

When it comes to “concentration”, the intellectual ability is broad and proportional to the degree of concentration when it is used.

I mentioned before that it was effective. Humans use only a small part of their intellectual ability

In view of this fact, we must emphasize more in the actual situation. That is concentration.

能力 The ability to concentrate can be trained, while pursuing religious purposes, many denominations in India

Have known for centuries how to develop extreme concentration through strong and persistent training

The slaughtered large-scale application. There is no secret about their training. About this theme

There are so many books written.

The reason for not getting much attention to these methods is that the purpose and means are very confusing

It is regarded as a supernatural technology ”(sideline is the author)

It should be called a table. Kanegane, I am about intelligence development through esoteric training

In the words of his foreign country, which describes what he advocates as it is,

Listening to the ears of the seeds.

That’s true. Georgie Gallup talks about the American education system

Is to be applied to the modern script as it is. The modern education system is intelligent

I don’t know the technology or method of enhancing things directly. It is indirect. In other words, teach things

Reminding me is a way to increase intelligence. This is the same as remembering things

It seems to be an ideal one-figure two-bird method that sometimes enhances intellectual ability, but there is one serious lack

Ru It is difficult to apply to those who have a poor ability to remember things. Big conflict here

There is a shield. The method of improving intelligence by remembering things is difficult to remember

It is powerless for. The idea that there is no specification because it is the limit for that person

It doesn’t matter. Of course, that doesn’t mean I’m denying modern teaching methods. thing

Arikawa is a modern educational system for improving intelligence while remembering. That’s what it does

I have to do it. However, more fundamentally, it works directly on the source of intelligence, the place where intelligence is generated.

It is necessary to have a technical method to increase its ability over time. so

In this way, you can acquire a high level of knowledge with enhanced intelligence, and further enhance it with intelligence development technology.

It’s a repeat.

This is what Aldassous Huxley says. Train your head directly to help you learn and live

Instead of training your head with learning, you train your head directly to improve your head, and then learn (or improve your head).

In other words, it is a technique to study after improving your head, not studying to improve your head.

The current learning method is indirect. In other words, why is the head tissue I, the neuron, and feathers?

It ’s like turning. So, only a few percent to five parcels of precious neurons

It’s not as long as it is. It ’s not such a primitive thing.

Let’s start the activity with a squeaky huron

Isn’t there a method of amazing terrain?

Such technology and methods are not only for Georgie Gear Wrap and Aldassous Huxley but for the whole world

Isn’t it the technology that humankind in the world is waiting for?

That’s why humans with awakened neurons are the intelligence of super-humans and homo excellence.

Is it?

But that is ideal. I can’t really do that. So what do you mean?

That’s not the case. There is. That technology is in reality.

This is the “Short-Carrying Method” in Esoteric Buddhism. In addition, the Montessori method is an excellent educational method created with such a direction in mind.

Montessori law achievements

Dr. Maria Montessori 1870 (1952) is an excellent female educator from Italy.

It is.

[Let ’s look at Ms. ’s overview in the encyclopedia.

“I studied medicine at the University of Rome and became an assistant in psychology at the university hospital. From 1989 to 2 years

After working at the National College of Special Education in Rome, he re-entered the University of Rome and experimented for seven years.

I learned science and pedagogy. For workers and children from 3 to 6 years old in 1907

ニューロン

脳は二つの型の細胞を持っている。そのひとつはニューロンで、これが実際の仕事を行なっていると信じられている。もうひとつはクリア細胞で、これはニューロンを支持し、またそれにエネルギーを供給するものと考えられている。クリア細胞は記憶の貯蔵所とも考えられている。その数はニューロンよりはるかに多く、実際、脳の物質の三分の二はニューロクリア(神経膠)からできている。これは、ごく最近までニューロンの基質にすぎないと見なされ、まったく無視されていた。しかし、最近、これが非常に重要なはたらきをしていることがわかってきて、注目を集めつっある。将来、これについてもっと十分な研究が行なわれれば、いろいろ驚くべき事実が現

われてくるにちがいないと多くの学者は信じはじめている。

 ニューロンの形、大きさは種々さまざまであるが、基本形は、細胞体(普通これを神経細胞という)とそれから出る長短いろいろの突起である。

 ニューロンは、この突起によってほかのニューロンと接着し、連結し、複雑なからみ合いをつくって神経系を組み立てている。この接着、連結はどうして起きるかというと、その所有者の生命経験によって起きる。その脳の所有者の経験がニューロン突起の接着と連結をつくるわけである。ニューロンは、他の細胞とちかって分裂によって数がふえないので、ひとたび脳がっくられてしまうと、筋肉のように発達することはない。そのかわり、それぞれのニューロンは微妙な行

動でそれ自体ひとつの生物のようにうごめき、他のニューロンと接触し、その接触が有益なものであることがわかると、そのまま結びついて接着固定する。この接着の場所をシナプスというが、シナプスを通ってニューロンからニューロンヘ、ニューロンの連鎖を次から次へと伝わってゆく信号の流れが、つまり、脳のはたらきであり、それがわれわれの知能のすがたであり、心の機能であるということになる。シナプスーーエユーロンの連結がその所有者の生命の体験を反映するというユニークな方法で、脳ははたらいているわけである。だか、G・R・ティラーはこのシナプスをスイッチであるといい、名著。脳と記憶”の神経生理学の大家、J・Z・ヤング博士はボタンにたとえている。思考、行動、判断、決定などヒトの精神活動のすべてを決定する

スイッチであり、ボタンだというわけである。そういうわけで、このボタンとスイッチは数が多いほどいいということになる。野球選手の脳は、哲学者の脳の連結のされかたとちがうが、いろいろの点で他の野球選手のものに似ている。したがって、平凡な成人した頭脳を一瞬にして、ガウス、べートーベン、アインシュタイン、シェイクスピア、さらにはすぐれたスポーツマンの脳に変えてしまうような方法を見つけ出す見こみはちょっと無い。けれども、まるっきり不可能なことでもない。どうするのか? 空いていて遊んでいる多くのニューロンを動かしてこれをはた

らかせるのである。そんなことができるのか?

 できるのである。前の項で、オリヴィエ教授のいったことばを想い出していただきたい。彼はこういっている。「まさしくわれわれは必要とする以上の神経細胞を所有し、脳の障害の場合、傷ついた細胞の代りをする以外はなにもしない余分な皮質ニューロン。眠れるニューロン”を持っているのだ。……われわれがこれらの眠れるニューロンを目ざめさせ使用するなら、これらの潜在的特質はその姿を現わすであろう」

 と。では、いったい、われわれは、どれはどの″眠れるニューロン″を持っているのか?

ちゃんと分類され、記憶の倉庫に保存され、必要の時にはすぐにとり出せるようになっている。

 ジョージーギャラップは、人間の脳の容量と複雑さといったが、私は、。性能”といいたい。

ヒトの頭脳はこれだけ0 性能を持っているのだ。もちろん、あなたが、である。これだけの性能をフル回転したら、どんなにすばらしい仕事ができるだろう?

 ところが、そのあなたが、その性能のほんのわずかI、多くの専門家の見解によると、ニパーセントから五八Iセントしか使わず、あとは全くほうりっぱなしにほうっておかれているのだと知ったら、あなたはどう思うか? もしもあなたが現在の自分の能力にすっかり満足しきって

いるのであったらべつだんいうこともないのであるが、少しでも能力の向上ということに関心を

持っているるとしたら、聞き流しのできない数字なのではあるまいか?

 そこで、ジョージーギャラップは、さきにあげた著書のなかでこういっている。

 『皮肉なことに、一方では、幾人かの米国の最も熟練した専門家が、最新の電子計算機の潜在能力を研究することに大いに努力しているのに、他方、はるかに偉大な機械である人間の頭脳の潜在能力についてはなにも知らず、ほとんど研究されないままに終わっているのが現状なのである』

 ″そこで″と、G・Rこアイラーが、まるでそのあとをひきっぐかのように、「人間に未来はあるか」でこう述べる。

 『最近とり上げられている革命的な考え、脳の使われないでいる能力、潜在能力を利用しようと『高度に文明化された人間と、未開人との問の主なる相違は、教育である。人類学者は、未開人の精神的素質は、最も進歩した社会の人のそれと、それほど大きく違ってはいないという信頼できる証拠をかず多く集めている。やばんな種族の子どもをその生活環境からうつして、よく教育をうけた人の家庭の子どもと同じような教育をあたえると、ほぼ同じ知的水準を示すのである。このことは個人についても、種族ぜんたいについてもそうである。人食いをやめてわずか数年にしかならないインドネシアのある種族は、六〇年ほどの間に、世界一流のチェス(西洋将棋)競技選手をなん人か出した。同じような種族から、かず多くの有能な数学者が生まれている。

 もし、教育がこのように、人間をして数年の間に数千年も飛びこすことができるようにするものであるのなら、今日の人びとは、将来のある時期に到達すると思われる教育をいま普及させることによって、未来にむかって数百年もの飛躍をすることができるであろう。したがって、これから数年後におそらくおこってくる変化を予測し、できるだけ早く、もっとも望ましいと思われるこれらの変化をとり入れなければならないのである』

 とジョージーギャラップはその著書で熱意をこめて説いている。

 まさにその通りである。いささかの異論をさしはさむ余地もない。しかし、ほんとうに耳をかたむけなければならぬことばはそのあと

めに一一二の練習問題の一覧表をあげている。その練習問題は、ハックスリーのいうところによ

ると。お祈りをすることから、クシヤミをしたり、食べたり、愛を行なったりすることまで″す

 ギャラップは、ことばをつよめてこういうのだった。『″これらの古い方法がまったく見落とさ

れてきたということは奇妙なことだ。それに、後になってまったく忘れ去られてしまっている非

常に重要な技術を発達させた個人、あるいは文化がよくあるのだ。―しかし、それらはやはり

べてのものの知覚について教えており、人間経験のすべての分野を網羅している″のである

大きな価値を持ちつづけているのだ″と』

といってから、そういう古い重要な技術がなぜ、あまり注意をはらわれないようになってしま

ったかについて、注目すべき意見を述べる。

 1集中″についていうと、知的能力は大まかにいって、それが使われる時の集中度に比例して

効果的であると前にのべた。人間は自分の知的能力のほんの一部分だけを使っているにすぎない

という事実からみて、実際の場面でもっと重視しなければならない。それは、集中力である。

 集中する能力は訓練することができる、宗教上の目的を追求する間に、インドの多くの宗派

は、しんぼう強い持続的な鍛練を通じて、集中力を極度に発達させる方法を何世紀も前から知っ

魁け丿大願開削剖。彼らのトレーニングについてはなんらの秘密もない。このテーマについてかぞ

えきれないほどの本が書かれている。

 こういった方法に対してあまりに注意がはらわれていない理由は、目的と手段とが非常に混乱

た超自然的な技術とみなされているのである』(傍線は著者)

  まことに卓見というべきである。かねがね、密教のトレーニングによる知能の開発について私

 の提唱していることを、そっくりそのまま述べる彼の異国の言葉に、私は、ふかいよろこびとI

 種のおどろきの念をもって耳をかたむける。

  まことにその通りである。ジョージーギャラップがアメリカの教育システムについて語ったこ

 とは、そっくりそのまま現代の口本にあてはまることである。現代の教育システムは、知能その

 ものを直接高めるという技術、方法を知らない。間接的なものである。つまり、ものを教えこ

 み、おぼえさせるということが、知能を高めるという方法である。これは、ものをおぼえると同

 時に知的能力が高まるという一石二鳥式の理想的なものに思われるが、ひとつ重大な欠占があ

 る。それは、ものをおぼえる能力のひくい者には通用し難いということである。ここに大きな矛

 盾がある。ものをおぼえさせることによって知能を高めるという方法は、ものをおぼえにくいも

 のにとっては無力である。それがそのひとにとっての限界なのだから仕様がないという考えは問

 題にならない。もちろん、だからといって私は現代の教育方法を否定しているのではない。もの

をおぼえつつ知能を高めてゆくという現代の教育方式は有川である。それはそれでその機能をは

たさねばならない。しかし、もっと根本的に、知能の源泉、知能発生の場そのものに直接はたら

きかけてその能力を高めるという技術方法がなくてはならぬのではないかというのである。そう

して高めた知能をもって高い知識を身につけ、それをさらにまた知能開発技術でより高める、こ

のくりかえしである。

 これが、オルダスーハックスリーのいう。学習や生活に役立つように頭を直接トレーニングす

る″ことである。学習で頭をトレーニングするのではなく、直接頭をトレーニングして頭をよくしてから、(あるいは頭をよくしつつ)学習するのである。

 つまり、頭をよくするための勉強をするのではなく、頭をよくしてから勉強する技術である。

 いまの学習方法は間接的で、いうなれば、頭の組織をI、ニューロンを、羽毛でかるくなぜ

まわしているようなものだ。だから、せっかくのニューロンをわずかニパーセントから五パーセ

ントくらいしかっかえないのである。そんなプリミティブなものではなく、一四〇億の眠れるニ

ューロンをわしづかみにして、ぐいぐいゆさぶり、目ざめさせていっせい、に活動をはじめさせる

驚天動地の方法はないのか。

 そういう技術、方法こそ、ジョージーギヤラップ、オルダスーハックスリーだけでなく、全世

界の人類がこぞって待望する技術ではないのか。

 そうやって目ざめたニューロンを持つヒトこそ、超・ヒト、ホモーエクセレンスの知能ではな

いのか。

 だが、それは理想だ。そんなことが現実的にできるはずがない。そうあなたはいうのか?

 そうではないのだ。あるのである。そういう技術が現実にあるのだ。

 密教にある「求聞持聡明法」がそれである。また、そういう方向を目ざして創造されたすぐれた教育法にモンテッソリ法かおる。

モンテッソリ法の業績

 マリアーモンテッソリ博士(Maria montessori 1870 1952)は、イタリアのすぐれた女流教育家

である。

 百科事典で女史の概観をみてみよう。

『ローマ大学で医学を学び、同大学附属病院の精神病学の助手となった。一八九九年から二年

間、ローマの国立特殊教盲学校で働いたのち、ローマ大学に再入学し、七年間にわたって実験心

学理と教育学をまなんだ。一九〇七年に、三歳から六歳にいたる労働者子弟のための幼稚園「児

童の家「(9回lr~ご回)を開設し、いわゆるモンテッソリ法による教育をおこなった。

 彼女は、教師による権威主義的教育につよく反対し「児童の権利」を尊重すべきことを説い

た。すなわち児童の身体および精神の自然的発達を助長する自由な教育、ひとり、ひとりの子ど

 また、感官の訓練こそすべての精神的発達の基礎をなすと考え、種々の道具を考案して、感官

の訓練をはかろうとした。以下略』(討傑珊素)

 女史の業績について、英国の著名な脳生理学者、W・G・ウォルター博士はその著「生きてい

る脳」のなかでこう述べている。

 『故M・モンテッソリ博士は、今世紀の初めに、精神欠陥者を教育して国家試験に合格する程度

に仕上げるための、自由訓育と感覚教育とを創造した。その仕事は革命的なものであった。モン

テッソリ博士がその経験的方法によってこのような仕事に成功したのは、博士が個性を研究する

とともに、生徒たちの頭脳の共通的特質をよく見きわめてその知能を開発したからだと脳の生理

学は示唆している』

 教育学の専門家でない私は、モンテッソリ博士のシステムにあまり深く立ち入ることを遠慮す

るけれども、モンテッソリ法のすぐれているところは、感覚器官の訓練によって脳細胞を動かそ

うとしたところにあると私は考える。思考によらず、感覚器官を動かして大脳の能力を促進する

方法は、思考だけによって知能を高める方法よりも、はばひろい効果を上げることができるであ

ろうし、(もちろん思考も感覚器官を使うが)また、それは伝達手段が感覚器官という、より直

接的なものであるだけに、知能の場そのものに直接タッチする可能性がつよいわけである。

 すぐれた知能開発法といわねばならぬ。

 けれども。

 密教はもっと直接的な、すぐれた方法を知っている。

 モンテッソリ法は、結局は「教育法」のひとつである。知能の開発法そのものというわけには

いかないのである。 。

 しかし、密教の法は、「教育法」ではない。知能の開発法そのものである。それは、脳のなか

で、直接、脳細胞そのものを動かす技術である。これこそまさに知能の開発法そのものであると

同時に、知能開発の技法としてこれ以上のものはないのではなかろうか?

もの活動のリズムに即した個性発展のための教育を力説した。

 

 

 

MAHA CUNDI DHARANI 108 Times + Lyrics (for Meditation)

MAHA CUNDI DHARANI 108 Times + Lyrics (for Meditation)

 

MAHA CUNDI DHARANI 108 Times + Lyrics (for Meditation)

MAHA CUNDI DHARANI 108 Times + L

種子

種子はबु(ボ、buBonjiBu.png

If you sing the truth 10,000 times, you can see the Buddha in your dreams and spit out black objects from your mouth. In addition, when the person’s crimes are heavy, if the true word is cast 20,000 times, the dream will rise to the palace of all tenjins, etc. ” In the Associate Assistance of the Buddha ’s Emperor Daimyo Mandala [56], “If you sing this true word 100,000 times, you will see voices, saints of the sensation, Buddhas and Buddhas. If you can’t see it, if you cast 100,000 more times, you spit out the black rice in your dreams. -Omitted- If these phases appear, that is, know that the sins will be destroyed. It can be done. ”

もし真言を一万回唱えれば、夢の中において仏菩薩を見ることができ、自分の口から黒い物を吐く。また、その人の罪業が重い場合には、真言を二万回唱えれば、夢の中で諸天神の宮殿にのぼる」等々の成就の諸相が述べられ、金剛智三蔵訳の『仏説七倶胝仏母准提大明陀羅尼経』[56]には、「この真言を十万回唱えれば、夢に声聞や縁覚の聖者や諸仏・菩薩を見る。また、罪業が重くてこれらの諸相を夢に見ることが出来ない場合には、更に十万回唱えれば夢の中で口から黒飯を吐く、 -中略- もし、これらの相が現れたならば、即ち罪業が滅するのを知ることが出来る」と説かれている。

 What is the mission of Buddhism now?  いま、仏教の果たすべき使命はなにか? 

Authentic Buddha Shari

I was amazed when I studied the Buddhist method. It ’s because of the power of Sung Buddha

It is completely different. Nika month, it will be completely lifted by two repairs. At that moment

I took it.

】 Why did Shinsho Buddha come to Ai Mune?

What is the mission of Buddhism now?

This is the spiritual purification of this world.

Revival of human spirituality.

This is it.

To that end, wipe out the imperfect Buddhist spirits that cover the Japanese archipelago, the mausoleum of each family that exists at a ratio of one to three

We need to start from here to eliminate obstacles.

The only thing that can do this is Shakyamuni’s “Seibutsu method”.

There are two ways of Buddhist Buddhist law.

First of all, the seventy-seven seventy-seven items of my personality

So when we think about it, now in Buddhism, this Buddha ’s philosophy is carried out as it is.

There is only my Ago sect.

In Thailand, Burma, Sri Lanka, and in Japan, there are authentic Buddhist temples.

However, frankly, there may be a cult that is educated based on the Buddha’s philosophy.

Uka. If any, it is rare.

This time, the genuine Buddhist shrine donation from Sri Lanka is the one requested by our Ago Sou

There is no. From the Sri Lankan side of the mysterious round,

The gift has been overtaken because it is the only Buddhist cult in Japan that I have.

た I was sincerely pleased and received this as “the heart of the Buddha”.

But it was exactly “Buddhist”.

Even though it is a true Buddhist temple, the law is corrected by the law, and its virtue and law are widespread.

Unless people are saved and saved, there is nothing but a treasure.

The Buddha wanted the true Buddhist shrine to be enshrined by the Aobu Buddhist law. And then.

It was a genuine Buddhist shrine from Sri Lanka. Now is the time to see this authentic Buddhist temple

Therefore, we must embark on the spiritual purification of this world and the spiritual resurrection of mankind.

It ’s the will.

Yes, I took it.

含 The motto of Aou Sect is

From the religious movement to the social movement.

The activity in the excitement of the religious movement cannot save the world anymore. Social movement

This is the motto of Aou Mune.

Now, the Ago sect is a sentinel in the social cleanup movement with the Buddha as the main shrine.

I am trying to find out.

真正仏舎利 

成仏法を修したとき、わたくしは驚嘆したのである。それは、成仏力がこれまでと

まったくちがうのである。ニカ月、二回の修法で完全解脱してしまうのだ。その瞬間、わ

たくしはさとったのである。

 なぜ、真正仏舎利が阿合宗へ来たのかを。

 いま、仏教の果たすべき使命はなにか?

 この世界の霊的浄化である。

 人間の霊性復活。

 これである。

 それには、日本列島を覆う不成仏霊の一掃、三軒に一軒の割合いで存在する各家庭の霊

障のホトヶの解消、ここからはじめなければならない。

 それをなし得るのは、釈迦の「成仏法」しかないのである。

釈迦の成仏法には2通りある。

一つば、自分 道品 の 七十三十七道品

 そこで考えてみると、いま、仏教国の中で、この釈尊の理念をそのまま世におこなって

いるのは、わが阿含宗しかないのである。

 タイにも、ビルマにも、スリランカにも、そしてわが日本にも、真正仏舎利はある。

 しかし、率直にいって、釈尊の理念にもとづいて教化活動をしている教団があるであろ

うか。あるとしても、稀れである。

 このたびの、スリランカよりの真正仏舎利贈与は、わが阿含宗からお願いしたものでは

ないのである。ふしぎな廻り合わせにより、スリランカ側から、「釈尊直説の阿含経を奉

持している日本で唯一の仏教教団」ということで、贈与のことが申し越されてきたのであ

 

 

 わたくしは、これを、「仏さまのおこころ」として、心からよろこび、拝受したのであ

るが、それはまさしく「仏意」だったのである。

 真正仏舎利といえども、正法によって法が修され、その 徳・法徳がひろく世につたえ

られて、ひとびとが救われるのでなければ、宝の持ちぐされというよりほかない。

 法を持つ阿含宗に、真正仏舎利が祀られることを、仏さまは望まれたのだ。そして。

 リランカからの真正仏舎利渡来となったのである。いまこそ、この真正仏舎利と成仏法を

以て、この世界の霊的浄化、人類の霊性復活に乗り出さねばならぬ、これが、仏さまの御

意志なのだ。

 そう、わたくしはさとったのである。

 阿含宗のモットーは、

  宗教運動から社会運動へ である。

 宗教運動というワクの中での活動では、もうこの世の中は救えないのである。社会運動

へと拡大せよ、これが阿含宗のモットーーである。

 いま、阿含宗は、仏勅をかかげて、真正仏舎利を本尊とする社会浄化運動に、大きく歩

み出そうとしているのである。

 

Seven subjects of Buddha, 37 kinds of curriculum,  仏陀の七科目、三十七種のカリキュラム

 

Seven subjects of Buddha, 37 kinds of curriculum,

1. Meditation bowl

2. Practical practice

3. Lapas

Can be classified.

The Shimonen method and the Gone method are meditations.

The four straight cutting methods, the five power methods, the seven senses method, and the eight Masamichi methods are practice and meditation.

The Shigami foot method is a special tapas.

Kamikashi is a mythical power (super power), and this four-god foot method has four kinds of spears for supernatural power.

It is a practice method. My {call-a belongs to this.

“Of these seven subjects, training is carried out by incorporating meditation and practice subjects, focusing on tapas.

 

 

仏陀の七科目、三十七種のカリキュラムは、

 1、瞑想

 2、実践

 3、lapas(練行)

に分類できる。

 四念処法・五根法は、瞑想である。

 四正断法・五力法・七覚支法・八正道法は、実践と瞑想である。

 四神足法は、特殊なtapasである。

 神足とは、神通力(超能力)のことで、この四神足法は、超自然の神通力を得るための四種の

修行法である。前に述べたわたくしの{召aはこれに属するものである。

 この七つの科目のうち、tapasを中心に、瞑想と実践の科目をとり入れて修行するのである。

瞑想で身につく第一の力は「注意力

その瞑想のやり方はどんなもので、どんな効果があったのでしょうか。

瞑想で身につく第一の力は「注意力」

ハラリ氏は、ヴィパッサナー瞑想に出会っていなかったら、「サピエンス全史」を書くことはなく、今でも中世の軍隊の歴史を研究するだけで精一杯だったろうと語っています。

その彼が、瞑想によって身につく第一の力として上げているのが「注意力」です。

ハラリ氏が実践している瞑想法では、まず自分の呼吸に意識の焦点を当てる練習をします。

そして呼吸に意識を向けることに慣れたら、次に全身の感覚を頭のてっぺんから足のつま先まで順番に観察していきます。

こうして呼吸と体の感覚を対象にして観察を続けることで、意識の焦点をコントロールする力を養い、注意力を高めることになるのです。

 

せめぎあいが生み出す21の思考 ユヴァル・ノア・ハラリ『21 Lessons for the 21st Century』

Introduction はじめにPart I: The Technological Challenge 第1部:技術的挑戦

1. DISILLUSIONMENT The end of history has been postponed
幻滅 「歴史の終わり」は延期されました

2. WORK When you grow up, you might not have a job
仕事 おとなになっても、仕事はないかもね

3. LIBERTY Big Data is watching you
自由 ビッグ・データがお前を見ているぞ

4. EQUALITY Those who own the data own the future
平等 データを制すものが未来を制す

Part II: The Political Challenge 第2部:政治的挑戦

5. COMMUNITY Humans have bodies
コミュニティ 人間には身体がある

6. CIVILIZATION There is just one civilization in the world
文明 世界にはただ一つの文明があるのみ

7. NATIONALISM Global problems need global answers
ナショナリズム グローバルな問題にはグローバルな解決策が必要だ

8. RELIGION God now serves the nation
宗教 神は今や国家に仕える身

9. IMMIGRATION Some cultures might be better than others
移民 (確かに)ある文化は他の文化よりも「まし」かもしれない

Part III: Despair and Hope 第3部:絶望と希望

10. TERRORISM Don’t panic
テロリズム パニックってる場合じゃない

11. WAR Never underestimate human stupidity
戦争 人間の愚かさを甘く見てもらっては困る

12. HUMILITY You are not the center of the world
謙虚さ あなたは世界の中心なんかじゃない

13. GOD Don’t take the name of God in vain
神 神の名には相応の敬意を払うべし

14. SECULARISM Acknowledge your shadow
世俗主義 汝の影を受け入れよ

Part IV: Truth 第4部:真実/真理

15. IGNORANCE You know less than you think
無知 思っているほど自分のことはわかっちゃいない

16. JUSTICE Our sense of justice might be out of date
正義 我々の正義の感覚はもはや時代遅れなのかも

17. POST-TRUTH Some fake news lasts for ever
ポスト・トゥルース なかには未来永劫続くフェイクニュースもあるんだよ

18. SCIENCE FICTION The future is not what you see in the movies
サイエンス・フィクション 未来は映画で目にするようなものじゃない

Part V: Resilience 第5部:回復

19. EDUCATION Change is the only constant
教育 変化することだけが変わらない

20. MEANING Life is not a story
意味づけ 人生はストーリーなんかじゃない

21. MEDITATION Just observe
瞑想 ただ眺めていればよい

ざっと構成を確認しておくと、第1部と第2部では、それぞれ現代世界における「技術」と「政治」に関する主要な課題を概観し、それらの課題を分析する視点を第3部と第4部で提供する。その上で最後の第5部で一応の解決に向けた指針を示すという流れだ。

『サピエンス全史』や『ホモ・デウス』の既読者なら、この目次を眺めただけでなんとなく全体の中身が想像できることと思う。中にはどこかで見たことがあるな、と感じる部分もあるかもしれないが、実のところ、時評集だけのことはあって、この本の中身はハラリが『The New York Times』や『Bloomberg』、『Financial Times』などに寄稿したものが元になっている。そのせいか、章といっても長さはまちまちで、各章の繋がりも、ロジカルというよりは主題を同じくするものが緩やかに連なっているという感じだ。多くはエッセイ風であり、ハラリという個人の主観的判断が前面に出てくる。なかには、彼の個人史、すなわち「自分語り」が開陳されるところもある。

『The New York Times』の「Times Talk」に出演したハラリ。エディター/ライターのバリ・ウェイスが聞き手となり、ハラリは本書について語っている。VIDEO COURTESY OF TIME TALKS