UA-135459055-1

家族的無意識 4 運命はどこから来るのか? ”Family unconscious 4 Where does fate come from?

近代心理学は、

(1)フロイトの個人的に抑圧された無意識の層、

 

(2)ユングの集合的(群衆)無意識の層、

 

の二つの道を歩んできた。

 

 これに対し、

〔3}ソンディは、その中間にある家族的無意識の層を発見したのである。

つまり、個人と群衆のあいだに「宗族」を発見したのだ。これは、当然、出ずべくして出でたものである。個人

にしても群衆にしても、だれひとりとして「家族」でなかったものはない。とすると、当然そこにひとつの無意識司が存在(または形成)されるはずである。

 では、その無意識層の中に、ゾンデ″はなにを発見したか?

 かれは、「家族的無意識」と名づける無意識層の中に、特殊な抑圧意識を発見したのである。

 それは、ひと口でいうならば、

  「個人のなかに抑圧されている祖先の欲求が、恋愛・友情・職業・疾病および死亡における無意識的選択行動とたって、個人○運命を決定する」

というのである。

 

 ソンディはこういう。

  「恋愛・友情・職業・疾病および死亡における選択の分析にもとづいて、選択の根源はこの家族欲求」

 つまり、ひとの、恋愛、友情、職業、病気、死にかたまで、すべて、それらを決定するのは、そのひとのこころの深奥にひそんでいる祖先の抑圧された意識である、というのである。

 

 これは、個人の運命を形成するこれらの選択行動は、意識的・理性的な考慮の上に立つ決断にょって決定されるのではなく、(もちろん表面的にはそれがなされるが、実際には)選択行動は衝動行為であり、衝動的に選択する無意識的なものによって動かされるのだということである。(ここまではフロイトもほとんどおなじである。フロイトとちがうのは、その衝動が、その宗族-祖先-にふかい関連、かおるというのである)

 

 それはなにかというと、ひとの運命を決定するものが、抑圧された祖先の欲求ばかりではないということである。それがすべてではないということだ。それは非常に大きな要因ではある、が、そればかりではないということである。

 なぜかというと、密教占星術によれば、運命の「時期」まで決定されているからである。ソンディ理論によれば、「形式」の形成の説明はつくけれども、「時期」が決定される説明はつかない。それは先祖の抑圧意識のほかにも要因、かおるからである。それについてのわたくしの理論と意見はここでは述べない。べつな機会にゆずることにする。かなりに厖大な址となるからである。

ソンディ理論は「平面彬成」(空間)の理論であり、このほかに「立体構成」(時間)の理論かおる。㈲の理論は、ソンディのごとく、心理学的方法でなされるが、時間の理論は数学的方法でなされ、かなりに難解なものになる。これはまたべつな一冊の書物となるであろう。

 

タテの因縁とヨコの因縁

タテの因縁とヨコの因縁

人間の持つ因縁の大体を述べてきた。

あなたも、これらの因縁の中のいくつかを必ず持っているはずである、
では、これらの因縁ぱ、いったい、どこから生じたのであろうか?

 仏陀は、経典の中で、
「種の差別は業に由る」 とおっしやっておられる。

つまり、「業」によって、人それぞれちがう因縁を持って生まれるのである、とおっしやっているのである。
では、業は、因縁に対してどのようにはたらくのか?

基本的には「タテの因縁」と「ヨコの因縁」となってあらわれると説く。
タテの因縁とはなほか?

先祖から受けついだ系である。

ヨコの囚縁とはなにか? 自分が前生でなした業である。

このタテの因縁とヨコの因縁の交わるところが、自分である。
図示すると、つぎのようになる。

タテの因縁
(祖先から受けついだ業)
ヨコの囚縁
(自分の前生になした業)
交わるところ
(我である)

つまり、祖先の業と、自分の前生の業と、この二つの業によって生じたのが、自分の因縁である。言葉を替えていえば、自分は、祖先の因縁と自分の前生になした因縁と、この二つによって、この世に生まれ存在しているわけである。この二つの系続から成り立って
いるのが、自分という存在だ。

 どんな人でも、親-祖先なくしては存在しない。ということは、親、祖先から、さまざまなものを受けついでいるということである。顔かたち、性格、体質、その他もろもろのものを受けついでいる、これはどんな人も否むことは出来ない。
有名な儒教の大学者、安岡正篤先生は、その著書『大学』(経書の書名)の講義の中で、こうのべておられる。

 

脳障害の因縁

この因縁は、精神病の場合と、精神病でない頭部の障害、の二種に分けられる。
すなわち、精神病(ノイローゼ、脳梅毒など)と、頭部の怪我、または脳溢血、脳軟化
症等の病気で、程度の軽い因縁の人ぱ年中、頭痛、肩こり、不眠症などに悩まされる。
肉体障害の因縁をあわせ持つ人は、脳溢血から中気になったり、頭の負傷で手足がきか
なくなったりする。脳性小児マヒなどもこの因縁のあらわれである。

二重人格の因縁

前記の脳障害の因縁の系列に入る因縁に、この二重人格の因縁がある。
酒を呑むと、ガラリと人が変わってしまって、全く別人のようになってしまう。
酒乱はこの因縁である。表面意識がアルコールで麻庫すると、遺伝している潜在意識や深層意識が浮かび出て、別の性格が入れかわって出て来るのである。異常性格・同性愛などもこの因縁である。
この因縁は、家運衰退の因縁にも深い関連があり、二、三代前の縁者で、非常に不幸な、恵まれない死に方をした人か、あるいは、他人で、その家に非常な怨念を抱いて死んだ者
のいることが特徴である。

癌の因縁

胃ガン、子宮ガンなど、この因縁を持つ人ぱ必ず癌になる。

循環器系統障害の因縁

心臓、腎臓、肝臓等の循環器系に故障を起こす因縁である。

 

Causes of brain damage

This cause can be divided into two types: mental illness and non-psychotic head disorders.
That is, mental illness (neurose, cerebral syphilis, etc.), head injury, or cerebral hemorrhage, cerebral malacia.
People with mild illnesses suffer from headaches, stiff shoulders, insomnia, etc. all year round.
People who have a cause of physical disability may be sick from cerebral hemorrhage or have limbs due to head injury.
It disappears. Cerebral palsy is also a manifestation of this cause.
1

Fate of dual personality

This dual personality is one of the factors that fall into the series of causes of brain damage.
When you drink alcohol, the person changes completely and you become like a completely different person.
The drunkenness is the cause of this. When the surface consciousness is filled with alcohol, the inherited subconscious and deep consciousness emerge, and another personality is replaced. Abnormal personality and homosexuality are also factors in this.
This connection is also closely related to the cause of the decline in family luck, and it is a relative of a few generations ago who died very unfortunately and underprivileged, or someone else who had a great grudge against the house. Those who died hugging
It is characteristic that there is.

Fate of cancer

People with this cause, such as stomach cancer and uterine cancer, will definitely get cancer.

Causes of cardiovascular disorders
It is a cause of failure in the circulatory system such as the heart, kidneys, and liver.

夫婦縁障害の因縁

夫婦縁、結婚生活に障宵が起きる因縁である。              `
なんとなくお互いに性格が合わず、年中不満を待ちあってゴタゴタが絶えず、冷たい家る。

一 一 一 一
または、お互いに愛情はあるのだが、どちらかが病気になって別居をよぎなくされる、

とか、仕事の関係で別れ別れに住むことになる。シュウトなどの関係で夫婦仲がうまくかぬ、など、とにかく、愛情の有無にかかわらず、結果的に夫婦仲がうまくいかない。離婚してしまうというところまではいかぬが、とにかく、年中その一歩手前までいってゴタゴタしているのである。

夫婦縁破れる因縁

この因縁を持っている人は、男女とも、必ず生別か死別をまぬがれない。生別となるか
死別となるか、は、相手方の生命力の強弱による。

刑獄の因縁

凶運の時に、必ず刑事事件を起こして、刑務所につながれることになる因縁である。
人はどんな因縁を持つはどんな因縁を持つかがふつうである。
ごく悪い因縁が他にあると、殺人強盗の凶悪犯となり、軽い場合には業務上の過失、選挙違反などで刑罰にふる。        この囚縁があると、心がけの良い悪いにかかわらず、必ず罪にふれることになる。先口相談に未だ人で、こんな例があった。立派な人格者で、某大学の助教授であるが、ほんの

僅か素肌の酒を呑んで帰りの車を運転し、暗がりで人をひいて重傷を負わせてしまった。
飲酒運転の罪に問われ、裁判中である。これも、霊障によって起きることが多い。

手足を断つ肉体障害の因縁

目がつぶれて失明したり、手足を断つ、というように、肉体に傷害を受ける因縁である。
つまり怪我の囚縁で、自動車、汽車、電車等の事故に遭うのはみなこの因縁を持っている人である。人から傷害を受けるのもこの囚縁である。べつに、病気の因縁を持っている人
は、その囚縁と結びついて、手術、という形になってあらわれる場合も少なくない。事故で手足を失う、ということに出る場合のほか、神経痛、リューマチ等で手足が痛んだり、足腰が立だなくなったりする。脳障害の因縁をあわせ持つ人は、脳溢血、または脳軟化症などから中気になって、長年寝たきりとなる。

この因縁が内臓にあらわれた場合、肺結核、気管支炎、喘息などの呼吸器疾患を病む。幼児でこの因縁を待った子が、年中この因縁に体を責められるため、発育不良になったり、腺病質になったり、強度の神経質、夜泣きなどをするようなことがある(幼児、少年の神経症(カン症)は、脳障害の因縁からくる場合と、この肉体障害の因縁に責められてなる場合と、二通りあるのである)。

横変死の因縁

肉体障害の因縁が更に強くなり、悪化したもので、必ず、横死、変死をする。自殺、他
殺、事故死のいずれかをまぬがれることができない。多く、三代以内の血縁中に、同じ
せなければ、必ずこの因縁の結果通りとなる。縁者でなく、他人のホトヶであることも少
なからずある。

脳障害の因縁

この因縁は、精神病の場合と、精神病でない頭部の障害、の二種に分けられる。
すなわち、精神病(ノイローゼ、脳梅毒など)と、頭部の怪我、または脳溢血、脳軟化
症等の病気で、程度の軽い因縁の人は年中、頭痛、肩こり、不眠症などに悩まされる。
肉体障害の因縁をあわせ持つ人は、脳溢血から中気になったり、頭の負傷で手足がきか
なくなったりする。脳性小児マヒなどもこの因縁のあらわれである。

二重人格の因縁

前記の脳障害の因縁の系列に入る因縁に、この二重人格の因縁がある。
酒を呑むと、ガラリと人が変わってしまって、全く別人のようになってしまう。

癌の因縁

胃ガン、子宮ガンなど、この因縁を持つ人は必ず癌になる。
循環器系統障害の因縁心臓、腎臓、肝臓等の循環器系に故障を起こす因縁である。

酒乱はこの因縁である。表面意識がアルコールで麻庫すると、遺伝している潜在意識や深層意識が浮かび出て、別の性格が入れかわって出て来るのである。異常性格・同性愛などもこの因縁である。
この因縁は、家運衰退の因縁にも深い関連があり、二、三代前の縁者で、非常に不幸な、
恵まれない死に方をした人か、あるいは、他人で、その家に非常な怨念を抱いて死んだ者のいることが特徴である。

 

Fate of marital relationship disorder

It is a cause of trouble in marital relations and marriage. ‥
Somehow their personalities don’t match each other, and they are constantly messing around waiting for dissatisfaction all year round.

One by one
Or, they have love for each other, but one of them gets sick and is forced to separate.

Or, I will live in a farewell because of my work. Anyway, regardless of whether or not you have a love affair, the couple will not get along well because of the relationship such as Shuto. It doesn’t go to the point of getting divorced, but anyway, it’s a mess all year round.

Marital relationship

People who have this connection, both men and women, cannot survive the bereavement or bereavement. Will it be different
Bereavement depends on the strength of the other party’s vitality.

Fate of prison

In the event of bad luck, he will always cause a criminal case and be connected to a prison.
It is normal for a person to have what kind of connection he has.
If there is another very bad cause, he will be a thug of murder and robbery, and if it is minor, he will be punished for business negligence, election violation, etc. If you have this prisoner’s relationship, you will definitely be guilty of it, regardless of whether you are good or bad. There was such an example as a person who was still in the protostome consultation. He has a good personality and is an assistant professor at a certain university, but only

He drank a little bare-skinned liquor and drove the car home, hitting people in the dark and seriously injuring him.
He is on trial for drunk driving. This is also often caused by spiritual disorders.

The cause of physical disability that cuts off limbs

It is a cause of physical injuries such as blindness due to blindness and limbs being cut off.
In other words, it is the person who has this connection who is involved in an accident such as a car, a train, or a train. It is this prisoner who is injured by humans. People who have a cause of illness
Is often associated with the prisoner’s ties and appears in the form of surgery. In addition to the case of losing limbs due to an accident, neuralgia, rheumatism, etc. may hurt the limbs or make the legs stiff. People who also have a cause of cerebral disorder become bedridden for many years due to cerebral hemorrhage or cerebral softening.

When this cause appears in the internal organs, it causes respiratory diseases such as pulmonary tuberculosis, bronchitis, and asthma. A child who has been waiting for this cause in an infant may be blamed for this cause all year round, resulting in stunted growth, adenopathy, intense nervousness, and crying at night (toddler and boy nerves). There are two types of illness (neurosis), one that comes from the cause of brain damage and the other that is blamed for the cause of this physical disorder).

Fate of lateral death

The cause of physical disability becomes stronger and worse, and it always causes lateral death or suspicious death. Suicide, etc.
You cannot escape either killing or accidental death. Many, same in blood relatives within three generations
If not, it will always be the result of this connection. It is rare that it is not a relative but another person’s photo
There is nothing.

Causes of brain damage

This cause can be divided into two types: mental illness and non-psychotic head disorders.
That is, mental illness (neurose, cerebral syphilis, etc.), head injury, or cerebral hemorrhage, cerebral malacia.
People with mild illnesses suffer from headaches, stiff shoulders, insomnia, etc. all year round.
People who have a cause of physical disability may be sick from cerebral hemorrhage or have limbs due to head injury.
It disappears. Cerebral palsy is also a manifestation of this cause.

Fate of dual personality

This dual personality is one of the factors that fall into the series of causes of brain damage.
When you drink alcohol, the person changes completely and you become like a completely different person.

Fate of cancer

People with this cause, such as stomach cancer and uterine cancer, always get cancer.
Causes of circulatory system disorders It is a cause of failure of the circulatory system such as the heart, kidneys, and liver.

The drunkenness is the cause of this. When the surface consciousness is sunk with alcohol, the inherited subconscious and deep consciousness emerge, and another personality is replaced. Abnormal personality and homosexuality are also factors in this.
This affiliation is also closely related to the declining family luck, a couple of generations ago, and very unfortunate.
It is characterized by the fact that there are people who have died underprivilegedly, or others who have died with great resentment in the house.

般若菩薩  Prajna Bodhisattva

般若菩薩

菩薩般鷺
梵名は、プラジニャーパ上フミター と言といいます。
最も身近なお経である『般若心経』に「般若羅蜜多」という句が何度か出てきます。これは「智慧の完成」を意味するパーリ語パンニーパーラミターの音写で、「般若」とは、さとりの智慧を意味します.

般若菩薩は、この「般若波羅蜜多」を尊格化したもので、般若思想を説くすべての般若経典の象
徴(本尊)とされています。

また、般若菩薩は大日如来の正法輪身でもあります。つまり法そのものの姿である大日如来(自性輪身)が、衆生に法を説き教化するために菩薩の姿をとって現われる時には、の般若菩薩となるのです。

しり しゅろ た び じゃ  い そわ か
ディーヒ・dhih ・ 慣用音 じく

Prajna Bodhisattva

 

Bodhisattva heron
The name of the sword is called Prajjapa Kamifumiter.
The phrase “Prajna Ramita” appears several times in the most familiar sutra, “Prajna Shinkyo”. This is a transcription of the Pali Panny Parramita, which means “completion of wisdom,” and “prajna” means Satori’s wisdom.

The Prajna Bodhisattva is a dignified version of this “Prajnaparamita” and is an elephant of all Prajnascripts that preach the Prajna ideology.
It is said to be the principal image.

The Prajna Bodhisattva is also the Dharmachakra of Dainichi Nyorai. In other words, when Dainichi Nyorai (selfish ring), which is the form of the law itself, appears in the form of a bodhisattva in order to preach and indoctrinate the law to sentient beings, it becomes a prajna bodhisattva.

Palm palms, palms, and palms
Dhih, dhih, idiomatic sound

 

般若菩薩  2  Prajna Bodhisattva

説明

仏教における菩薩の一尊。「般若波羅蜜菩薩(はんにゃはらみつぼさつ)」ないし「般若波羅蜜多菩薩(はんにゃはらみたぼさつ)」の略であり、般若は「プラジュナー(prajñā)=”智恵”の意」、波羅蜜多は「パーラミター(pāramitā)=”達成”の意」を音写したもの。「般若仏母(はんにゃぶつも)」、「慧波羅蜜多菩薩(えはらみたぼさつ)」、「阿利也波羅只穰波羅蜜多(ありやはらきじょうはらみた)」などの名前でも呼ばれる。般若波羅蜜多経を神格化した菩薩であり、智慧を司るとされ、般若菩薩の真言を唱えれば人空無分別、法空無分別、倶空無分別といった三種の智慧を会得し、般若波羅蜜、つまり智到彼岸(智が達成された状態)に至るという。胎蔵界曼荼羅では持明院の主尊として中央に配されるほか、虚空蔵院にも六波羅蜜の一尊として南方(右側)上段一位(中央虚空蔵菩薩の右隣り)に配する。

密号は「智慧金剛(ちえこんごう)」ないし「大慧金剛(だいえこんごう)」、種字は「धिः(dhiḥ)」、「धी(dhī)」、「धीः(dhīḥ)」、「ज्ञ(jña)」、「प्र(pra)」、印相は梵篋印(胸の前で右手を上にして片方の指をもう片方の手のひらにそれぞれ当てる)ないし般若根本印(薬指と中指を立てて手の甲で両手を合わせ、小指と人差し指は曲げ親指で抑える)、真言は「唵地室哩輸嚕多尾惹曳娑嚩賀(おんちしりしゅろたびじゃえいそわか)」、三昧耶形は宝剣。

画像一覧

般若菩薩の画像[1]

般若菩薩(持明院)

国訳秘密儀軌編纂局 編
「新纂仏像図鑑 地之巻」より
国立国会図書館蔵
Copyright: public domain

胎蔵界曼荼羅持明院における図像。一面三目六臂の円満相で堅甲冑を身に着け、左手に梵篋、臍輪、右手に護印、残った両手は根本の契を結ぶ。

般若菩薩の画像[2]

般若菩薩(覺禪抄)

国訳秘密儀軌編纂局 編
「新纂仏像図鑑 地之巻」より
国立国会図書館蔵
Copyright: public domain

般若菩薩の画像[3]

般若菩薩(虚空蔵院)

国訳秘密儀軌編纂局 編
「新纂仏像図鑑 地之巻」より
国立国会図書館蔵
Copyright: public domain

胎蔵界曼荼羅虚空蔵院における図像。白黄色の身色で羯磨衣を身に着け右手に利剣を持ち、左手は胸の前で薬指と小指を立てあとは曲げ赤蓮華に丁字形に坐す。

Explanation

A bodhisattva in Buddhism. It is an abbreviation for “Prajñā Bodhisattva” or “Prajñā Bodhisattva”, and Prajñā = “wisdom”. , Hara Mita is a transcription of “Pāramitā” = “achievement”. Names such as “Hannyabutsumo”, “Eharamitabosatsu”, and “Ariyaharakijoharamita” But it is called. It is a bodhisattva who deified the Prajna Bodhisattva, and is said to control wisdom. In other words, it is said that it will reach the wisdom equinoctial week (the state where wisdom has been achieved). In the womb world mandala, it is placed in the center as the main honor of Mochimeiin, and in the Kokuzoin, it is also placed in the south (right side) and upper row (to the right of the central Kokuzo Bodhisattva) as one of the six honeys.

The secret number is “Chie Kongo” or “Daie Kongo”, and the type letters are “धिः (dhiḥ)”, “धी (dhī)”, “धीः (dhīḥ)”, “ज् ) ”,“ प्र (pra) ”, Mudra is the seal (with the right hand up in front of the chest and one finger on the palm of the other) or the main seal of Prajna (the back of the hand with the ring finger and middle finger raised) (Put both hands together and hold the little finger and index finger with a bent thumb), the true word is “Onchishiri Shurotabijaeisowaka”, and the Sanmai Yagata is a treasure sword.

Image list
Prajna Bodhisattva (Jimyoin)

National translation secret ritual compilation bureau edition
From “New Buddha Picture Book Jinomaki”
Collection of the National Diet Library
Copyright: public domain

Iconography at the Fetal World Mandala Mochimeiin. Wearing a solid armor with a full-faced, three-armed, six-armed phase, he has a suitcase on his left hand, a navel ring, a guard on his right hand, and the remaining hands make a fundamental contract.

Prajna Bodhisattva (Bodhisattva)

National translation secret ritual compilation bureau edition
From “New Buddha Picture Book Jinomaki”
Collection of the National Diet Library
Copyright: public domain

Prajna Bodhisattva (Kokuzoin)

National translation secret ritual compilation bureau edition
From “New Buddha Picture Book Jinomaki”
Collection of the National Diet Library
Copyright: public domain

Iconography at the Mandala of the Two Worlds Kokuzoin. He wears a white-yellow garment and holds a sword in his right hand, with his left hand standing in front of his chest with his ring finger and little finger, and then bending and sitting in a red lotus flower.

 

今日の運勢 1月11日 Today’s fortune January 11th

 

五黄土星の日

小さな自我は破れやすい。絶望的な思いの人の来訪を受けたりする。名利を離れ天を相手にの心境を養え

対人関係、特に恋愛において良好な日。
気持ちの面でもリラックスでき余裕がもてる日なのでデートに最適です。
新しい交友関係を広げるのにも適しているので、積極的に外出し興味のあることにどんどんチャレンジしましょう。

● Five Yellow Saturn Day

The small ego is easy to break. We receive visits from people who are desperate. Leave your name and cultivate your feelings toward heaven

A good day in interpersonal relationships, especially in romance.
It’s a perfect day for a date as it’s a relaxing and relaxing day.
It is also suitable for expanding new friendships, so let’s actively go out and challenge more and more what you are interested in

今日の運勢  1月10日  Today’s fortune January 10

 

 

六白金星の日

新しい企画を持った人との接触あり。気が高ぶり争いが起りやすい。負けるは勝ち。怒ったら損、自己を誇るなかれ。心豊かにほのぼのと。

対人関係が良好な日。
周囲と積極的にコミュニケーションをとることで、課題や問題が解決に向かいます。
ただし相手への余計な干渉や詮索は避けて、同調する姿勢を重視することが大切です

 

Six Platinum Star Day

There was contact with a person who had a new project. It’s easy to get upset and fight. Losing is winning. If you get angry, lose yourself, don’t be proud of yourself. Heartwarming and heartwarming.

A day with good interpersonal relationships.
By actively communicating with those around you, problems and problems will be resolved.
However, it is important to avoid unnecessary interference and snooping with the other party and emphasize the attitude of synchronization.

今日の運勢  1月9日  Today’s fortune January 9th

七赤金星の日

人より協力の依頼を受けたりする日。金運、喜び事あるも調子に乗って酒色に乱れぬよう心すべき日。小利に迷わず自他喜びを共にする心掛けも大切。

様々な災難に見舞われる日。
物事は上手くいかず、気分も落ち込み、喪失感や不安感に襲われます。
現状を変えようと躍起になっても空回りするだけです。
この日は全て受け身に徹して、周りに流されるくらいの気持ちで過ごしましょう

 

Seven Red Venus Day

The day when a request for cooperation is received from a person. It’s a day when you should be careful not to get disturbed by the color of sake, even if you have good luck and joy. It is also important to try to share the joy of yourself and others without hesitation.

A day of various disasters.
Things don’t go well, you feel depressed, and you feel lost and anxious.
Even if you try to change the status quo, it just spins idle.
Let’s spend all this day passively and feel like being swept away

大黒天  マハーカーラ  Daikokuten Mahakala

大黒天(摩利支天と同一種子)

梵名をマハーカーラといい、「大いなる暗黒」との意味があります。

わが国では七福神の一つに数えられ、頭巾をかぶり、大きな袋を背負い、右手に打出の小槌を待った姿で親しまれています。

しかし、本来は、シヴア神の化身とされ、戦闘をつかさどるほか、冥府の神ともされています。

仏教では施福の神として寺院の台所にまつられ、僧侶たちが食べ物の心配をしないで修行に励かことができるように、必要なものが手にはいるように寺院を守護します。

大黒天を食厨の柱にまつったところから、家をささえる最も太い柱や一家のあるじを「大黒柱」というようになりました。一般には福徳の神として、商売繁昌など
ます。おん ま ら か きや や そわ か

日本には密教の伝来とともに伝わり、天部と言われる仏教の守護神達の一人で、軍神・戦闘神、富貴爵禄の神とされたが、特に中国においてマハーカーラの3つの性格のうち、財福を強調して祀られたものが、日本に伝えられた。密教を通じて伝来したことから初期には主に真言宗や天台宗で信仰された。インドでも厨房・食堂の神ともされていたが、日本においては最澄が毘沙門天・弁才天と合体した三面大黒を比叡山延暦寺の台所の守護神として祀ったのが始まりという。後に大国主神と習合した。室町時代になると日蓮宗においても盛んに信仰された。「大黒さん」として親しまれている。

袋を背負っているのは、大国主が日本神話で最初に登場する因幡の白兎の説話において、八十神たちの荷物を入れた袋を持っていたためである。また、大国主がスサノオの計略によって焼き殺されそうになった時に鼠が助けたという説話(大国主の神話#根の国訪問を参照)から、鼠が大黒天の使いであるとされる。

シヴァ([ˈʃivə]; サンスクリット: शिव, Śiva、「吉祥者」の意)はヒンドゥー教の神である。現代のヒンドゥー教では最も影響力を持つ3柱の主神の中の1人であり、特にシヴァ派では最高神に位置付けられている[1][2]。

トリムルティ(ヒンドゥーの理論の1つ)ではシヴァは「破壊/再生」を司る様相であり、ブラフマー、ヴィシュヌとともに3柱の重要な神の中の1人として扱われている[3][4]。また、シヴァ派では世界の創造、維持、再生を司る最高神として位置づけられている[5][6][7]。デーヴィ(ヒンドゥーの女神)らを重視するシャクティ派では女神らが最高神として位置づけられている一方で、シヴァもヴィシュヌ、ブラフマーとともに崇拝の対象となっている。このシャクティ派では女神らがシヴァやそれぞれの神の根源であると考えられており、パールヴァティー(女神)がシヴァに対応する相互補完的なパートナーであるとされている[8][9]。スマールタ派のパンチャヤタナ・プージャ(英語版)(儀式)ではシヴァは礼拝の対象となる5柱の中の1人に数えられる[1]。

最も賞揚される文脈では、シヴァは形の無い、無限の、超越的な、不変絶対のブラフマンであり[10]、同時に世界の根源的なアートマン(自我、魂)であると語られる[11][12][5]。シヴァに関する神話では慈悲深い様を示す描写がある一方で、対照的に恐ろしい性質を見せるエピソードも多く語られ、曖昧さとパラドックスの神などとも表現される[13]。また、アディヨーギー・シヴァ(Adiyogi、第一の修行者)とも呼ばれ、ヨーガ、瞑想、芸術の守護神でもある[14][15][16]。

偶像上のシヴァの特徴としては、額の第三の目(英語版)、首に巻かれた蛇、三日月の装飾具、絡まる髪の毛から流れるガンジス川、武器であるトリシューラ(三叉の槍)、ダマル(英語版)(太鼓)が挙げられる。シヴァは通常リンガという形に象徴化され信仰される[17]。また、シヴァは地域によらずインド、ネパール、スリランカなど全土で信仰されている

Daikokuten (same seed as Marici)

The name of Sanskrit is Mahakala, which means “great darkness.”

In Japan, it is counted as one of the Seven Lucky Gods, and is familiar with wearing a hood, carrying a large bag on its back, and waiting for a gavel to be launched in the right hand.

However, originally, it is considered to be the incarnation of Shiva, who is in charge of battle and is also the god of the Netherworld.

In Buddhism, the god of blessing is enshrined in the temple kitchen and protects the temple so that the monks can get what they need so that they can practice without worrying about food.

From the place where Daikokuten was wrapped around the pillars of the food kitchen, the thickest pillars that support the house and the pillars of the family came to be called “Daikokuten”. Generally, as a god of good fortune, business prosperity, etc.
I will. Onmaraka Kiya or Sowaka

It was introduced to Japan with the introduction of esoteric Buddhism, and was one of the guardian gods of Buddhism called Tenbe, and was regarded as a god of war, a battle god, and a god of wealth, but especially in China, among the three characteristics of Mahakala, fortune What was emphasized and enshrined was passed on to Japan. Since it was introduced through esoteric Buddhism, it was worshiped mainly in the Shingon sect and Tendai sect in the early days. In India, it was also regarded as the god of kitchens and restaurants, but in Japan, Saicho enshrined Sanmen Daikoku, which was united with Bishamonten and Benzaiten, as the guardian deity of the kitchen of Hieizan Enryakuji Temple. Later, he learned from Okuninushi. In the Muromachi period, it was widely worshiped in the Nichiren sect. It is popular as “Mr. Daikoku”.

The reason for carrying the bag is that Okuninushi carried a bag containing the luggage of the eighty gods in the tale of Inaba’s white rabbit, which first appeared in Japanese mythology. Also, from the tale that the mouse helped when the Okuninushi was about to be burned down by Susanoo’s scheme (see Okuninushi’s Myth #Visit to Ne-no-kuni), it is said that the mouse is the messenger of Daikokuten.

Shiva ([ˈʃivə]; Sanskrit: शिव, Śiva, meaning “auspicious”) is a Hindu god. It is one of the three most influential main gods in modern Hinduism, and is positioned as the supreme deity, especially in the Shaivists. [1] [2]

In Trimurti (one of the Hindu theories), Shiva is in charge of “destruction / regeneration” and is treated as one of the three important gods along with Brahma and Vishnu [3] [4]. Also, in the Shaivists, it is positioned as the supreme deity that controls the creation, maintenance, and regeneration of the world [5] [6] [7]. While the Shaktists who emphasize Davi (the goddess of Hinduism) and others are positioned as the supreme deities, Shiva is also the object of worship along with Vishnu and Brahma. In this Shaktism, the goddesses are considered to be the roots of Shiva and their respective gods, and Parvati (goddess) is considered to be a complementary partner to Shiva [8] [9]. In the Smarta tradition of Panchayatana Puja (ritual), Shiva is one of the five pillars of worship. [1]

In the most exalted context, Shiva is said to be an infinite, infinite, transcendental, immutable Brahman [10] and at the same time the fundamental Atman (ego, soul) of the world [11]. [12] [5]. While the myths about Shiva have depictions of benevolence, many episodes show terrifying qualities in contrast, and are also described as the god of ambiguity and paradox. [13] Also known as Adiyogi (first practitioner), he is also the guardian deity of yoga, meditation, and art [14] [15] [16].

The features of Shiva on the idol are the third eye on the forehead, the snake wrapped around the neck, the crescent decoration, the Ganges river flowing from the entwined hair, the weapon Trishula, and Damaru. (English version) (Taiko) can be mentioned. Shiva is usually symbolized and worshiped in the form of a lingam. [17] In addition, Shiva is worshiped throughout India, Nepal, Sri Lanka, etc., regardless of region. [18] [19]

仏教とマヤの合統法養   Buddhist and Maya joint legal education

あらゆるものに神を見いだす汎神的な世界観をもち、世界の四隅に住み異なる姿を持つ神チャクなどのほか、13の天に住む13の神、9の暗黒に住む9の神がいる。このほか、自然のエレメント(元素)、太陽や月などの天体、嵐や雨などの気候、トウモロコシ、ジャガー、自殺、など様々なものに固有の神々がおり、マヤ文明圏におけるそれら事象の重要性が示されている。

16世紀にスペインがマヤ地域を植民地化する際、同行した修道士ディエゴ・デ・ランダが現地の宗教を異端として、古代の神々への信仰を捨てさせるべくマヤ文字絵文書をことごとく焚書した[2]ため、現存するマヤ神話のオリジナル史料は非常に少ない。一方、征服者側のスペイン語によるマヤ地域の探検記録などは数も残っており、その中でグアテマラ地域にいた有力部族キチェ族の伝承や来歴について記された『ポポル・ヴフ(Popol Wuj)』が、現在まで伝わるマヤ神話の数少ない貴重な文献となっている。

『ポポル・ヴフ』では、始まりの神テペウとクグマッツが試行錯誤しながら人間の創造を果たすという創世神話と、伝説的英雄の双子フンアフプーとイシュバランケーが、悪しき神々を討伐していく英雄譚が収められている[3]。この創世神話と英雄譚がマヤ神話の根幹となっており、話をモチーフとした彫刻もマヤ遺跡(チチェン・イッツァほか)で見られる。

マヤ遺跡からは生贄の儀式があったと思しき痕跡が複数見つかっている[4]が、その裏付けとなる背景の一つに、生贄として自殺した者の魂を楽園に導くという女神イシュタムがマヤ神話の中に存在する。

マヤ神話の文献『ポポル・ヴフ』では、テペウとクグマッツ(翼がある蛇の姿をした神。ククルカンとも呼ばれる)という2柱の神が、この世界や人間を創った創造主、最初から「在りて在る者」である。

天の心フラカンに遭遇したのち、2柱の神は話し合って大地を創ることにした。「水よ去れ、大地よ現れろ」と叫ぶと、水の中から地面が現れて山となり、谷や川が形成された[5]。続いて二柱の神は動植物を創り上げた。しかし動物たちは言葉を話せず、神を崇めたり敬うこともしなかったので、神は自分たちを崇拝してくれる知性の高い種族、人間づくりに取りかかった[5]。

最初に泥から人間を創ろうとしたが、柔らかくて目鼻も水に溶けてしまい失敗に終わった。木を素材にして創ると人間の形になったが、魂や知恵を持たない失敗作だったので、神は洪水を起こして彼らを滅ぼしてしまった[6]。三番目にトウモロコシから創った男女4組は、テペウとクグマッツが望む叡智を備えていた。ただ世界の全てをも見通してしまうため、神々はあえて人間の目を曇らせて遠くまで見通せないようにした[6]。

この最初の人類にキチェ族の始祖4人が含まれているという話が『ポポル・ヴフ』の内容で、人間の彼らが伝説の地トゥランを旅立って以降は、神話よりもキチェ族の歴史が主な記述となる。

 

 

There are 13 gods who live in 13 heavens and 9 gods who live in the darkness, in addition to Chaku, a god who has a pan-god view of finding gods in everything and lives in the four corners of the world. In addition, there are gods unique to various things such as natural elements, celestial bodies such as the sun and moon, climate such as storms and rain, corn, jaguar, suicide, etc., and the importance of these events in the Maya civilization. It is shown.

When Spain colonized the Maya region in the 16th century, the accompanying monk Diego de Landa burned all Maya scriptures to abandon his faith in the ancient gods, with the local religion as a heretic. [ 2] Therefore, there are very few original sources of Maya mythology that still exist. On the other hand, there are many records of exploration of the Maya region in Spanish on the conqueror’s side, among which “Popol Wuj” describes the tradition and history of the influential tribe K’iche in the Guatemala region. However, it is one of the few valuable documents of Maya mythology that has been handed down to date.

In Popol Vuh, the creation myth that the beginning gods Tepeu and Kugumatz accomplish human creation through trial and error, and the legendary heroes Maya Hero Twins and Ishbaranke, the hero Tan who subdues the evil gods. It is contained [3]. This creation myth and hero Tan are the basis of Maya mythology, and sculptures with story motifs can also be seen at the Mayan ruins (Chichen Itza and others).

Several traces of sacrificial rituals have been found in the Mayan ruins [4], but one of the supporting backgrounds is the goddess Ixtab, who leads the soul of the person who committed suicide as a sacrifice to paradise. Exists in.

In the Maya mythological literature Popol Vuh, the two gods, Tepeu and Kugumatz (a snake-shaped god with wings, also known as Kukurkan), are the creators of this world and human beings. Those who are. ”

After encountering the heavenly heart Furakan, the two gods decided to discuss and create the earth. When he shouted, “Leave the water, appear the earth,” the ground emerged from the water and became mountains, forming valleys and rivers. [5] Subsequently, the two pillar gods created animals and plants. However, the animals did not speak the language and did not worship or respect God, so God set out to create an intelligent race, a human being, who worshiped them. [5]

At first he tried to create a human from mud, but it failed because it was soft and his eyes and nose dissolved in water. When made from wood, it became a human form, but because it was a failure without soul or wisdom, God caused a flood and destroyed them. [6] Third, the four pairs of men and women made from corn had the wisdom that Tepeu and Kugumatz wanted. However, the gods dared to cloud the human eye so that they could not see far, because they could see the whole world. [6]

The story of Popol Vuh is that this first human being includes four K’iche’s ancestors, and since they left the legendary land of Turan, the history of the K’iche is more than myth. This is the main description.

五大明王

五大明王(ごだいみょうおう)は、仏教における信仰対象であり、密教特有の尊格である明王のうち、中心的役割を担う5名の明王を組み合わせたものである。本来は別個の尊格として起こった明王たちが、中心となる不動明王を元にして配置されたものである。

 

五大明王の配置

 

今日の運勢 1月8日   Today’s fortune January 8th

 

 

八白土星の日

 内輪もめが起こりやすい。格別慈悲心が大切の日。もうけ話は損失となりやすい。

万事思い通りに進まない日。
あちこちの地雷を自ら踏んでしまうような日になります。
何をするにも十分な余裕をもって行うことで、傷は浅く、不運からの素早いリカバリーが可能です。
こういう日もあるさ、と割り切るくらいの心の余裕を持つことが大切です

 

Yashiro Saturn Day

Inner ring wrinkles are likely to occur. A day when special mercy is important. Making money is easy to lose.

A day when everything doesn’t go as planned.
It will be a day when you will step on land mines here and there.
If you do everything with plenty of room, the wounds will be shallow and you will be able to recover quickly from bad luck.
It’s important to have enough leeway to think that there are days like this.