UA-135459055-1

Mind and heart

By the way, in mind and in mind, the “heart” is classified as follows from the top of the work.
Mind, heart, mind
It is.
The mind is the movement of the mind towards a certain direction, such as the will.
The
Just in case the movement of the mind is gathered and it comes to have one power,
The name “power” expresses this well.
Ki is a condition in which the body flows in the direction in which the mind is. However,
In this spirit, things created consciously, unconsciously, physiologically, and naturally
There are two types, those flowing in the body. For example, “I’m fine”
It is expressed in words. Therefore, depending on the point of view, it is important to
It could also be said. Originally, dividing one thing called mind
That’s why I can say that.
Here, for the sake of convenience, in the case of “Qi”, it is mainly consciously
Think of it as saying something created.
How to use the heart
Well, how do you use that “heart” then?
The heart is inherently incomprehensible. Always move with me
It is said that it was supposed to be “the time” about this from a distracting place
It is hard to grasp. How do you think of this
Do you make full use of it?
There is one way.
Something?
heart.
There is a very close relationship between heart and respiration.
The condition of the mind appears in the breathing as it is, and the condition of the breathing reflects the mind. heart
If you calm down, your breathing will calm down, and if you calm down, your mind will calm down.
Mind and breathing are one thing.
There, I control the mind by controlling the breathing
Use advanced techniques. Start from here and gradually masterfully
Finally, you will be able to use your mind as you see it.
No, that’s not all. Go ahead one step and use your body (muscles) as you think
It will be possible to Because breathing is one with heart,
Not only that, but because it is one with the body. As training goes on, this time breathing and mind
But. As you become the body, you will move the involuntary muscles as the image drawn by the mind
is there.

Breathing

I’m breathing. Alive
Now, I say that mind and breathing are one, but breathing is one and the same
It is not only a matter of course but also one with the body.
If you are healthy and stable in your mind, your breathing will be mild and stable.
If your body is upset, your breathing will also be disturbed and unstable. When tired or sick
When heavy, breathing is shallow and rough. Even when you receive a mental shock
It is
In addition, people with psychogenic illnesses and mentally ills also have rough breathing and are not normal.
Indeed, breathing is alive.
Therefore, the breathing method to control the heart is, first of all,
To start.
For if you’re breathing badly, you’re not a psychic. Body, mind,
The brain, too, is able to exert its full influence, even under the influence it has.
It is impossible.
No, it’s not only that you get sick or get sick, sometimes your right life
There is a risk of losing it.
On the other hand, if you get a good, good breath, your body will be strong and will last forever
As youthful, always bright and fresh, the brain also acts as light
Become.
Let’s breathe the opposite, not good, for evidence that it is not a lie. What
Is it?
L is the worst way of breathing.
Sorrow, shallow and weak breathing, and, worse, still, hold breath for a while
It is breathing.
For example, if your mind is closed to worry or anxiety
It is none other than breathing exercise. The lungs themselves will never breathe or breathe on their own
It is because you can not
Therefore, people who are breathing without having enough breathing muscles work should have enough breathing.
It means that it is not done.
Everyone knows how important respiration plays in maintaining the body.
There will be no one who does not. If your breath stops, it will immediately lead to death. It
If you are doing an important way of breathing in an inadequate way,
Will it be profitable or have you ever thought? This is to live
It should be a review of the most basic way of saying.
The purpose of respiratory exercise is not just lung gas exchange. It is in the blood circulation
It also shares important work. In shallow and weak breathing, in the blood
Not only lack of oxygen but also inadequate discharge of carbon dioxide from the body
become. In addition, the flow of blood also worsens. Therefore, I keep breathing like this
Then, the vitality of the whole body is reduced. Naturally, health is lost, and sickness
It is.
Without resistance, the body becomes a hotbed of illness.
The human body is made up of a huge number of cells, about sixty trillion
Sixty trillion cells are nourished by the flowing blood and are alive.
It is said that no cancer occurs in the blood-flowing viscera, which is filled with oxygen. Cancer fine
The cells are devoid of oxygen. Don’t underestimate that your breathing is shallow.
‘S. Furthermore, as you just mentioned, respiration is only related to cells throughout the body
There is no respiratory movement, autonomic nervous system, hormonal system, or lymphatic flow, each organ
It has a strong influence on the situation in between.
To do that, first of all, you must know how to get strong and strong breathing from strong respiratory muscles.
I must. As a result, you acquire a strong and strong mind and body, a bright and bright brain
The first foundation necessary for

What kind of person would you like to be together to raise your sense of self-affirmation?

People who are good to be together to raise a sense of self-affirmation are simply “people with a high sense of self-affirmation.” The way to identify it is whether you spend time together and don’t care about your shortcomings. It is whether you can see your good point.

If you can feel that you have not abandoned yourself, you can say that the person who is with you is a person with a high sense of self-affirmation and a person who enhances this self-affirmation.

Because they are good at finding the good point of the other party, they are comfortable when they are together. On the other hand, people who have a low sense of self-affirmation find out what they like and point out.

Also, since the body is honest, there is also a way to ask the body. This method is recommended, as many modern people are desensitized.

After having met the person and spent a while together, did you feel full of energy when you were alone on your way home, or was it tired and tired? It is simple, but such fine senses also teach us the essence.

 What is the mission of Buddhism now?  いま、仏教の果たすべき使命はなにか? 

Authentic Buddha Shari

I was amazed when I studied the Buddhist method. It ’s because of the power of Sung Buddha

It is completely different. Nika month, it will be completely lifted by two repairs. At that moment

I took it.

】 Why did Shinsho Buddha come to Ai Mune?

What is the mission of Buddhism now?

This is the spiritual purification of this world.

Revival of human spirituality.

This is it.

To that end, wipe out the imperfect Buddhist spirits that cover the Japanese archipelago, the mausoleum of each family that exists at a ratio of one to three

We need to start from here to eliminate obstacles.

The only thing that can do this is Shakyamuni’s “Seibutsu method”.

There are two ways of Buddhist Buddhist law.

First of all, the seventy-seven seventy-seven items of my personality

So when we think about it, now in Buddhism, this Buddha ’s philosophy is carried out as it is.

There is only my Ago sect.

In Thailand, Burma, Sri Lanka, and in Japan, there are authentic Buddhist temples.

However, frankly, there may be a cult that is educated based on the Buddha’s philosophy.

Uka. If any, it is rare.

This time, the genuine Buddhist shrine donation from Sri Lanka is the one requested by our Ago Sou

There is no. From the Sri Lankan side of the mysterious round,

The gift has been overtaken because it is the only Buddhist cult in Japan that I have.

た I was sincerely pleased and received this as “the heart of the Buddha”.

But it was exactly “Buddhist”.

Even though it is a true Buddhist temple, the law is corrected by the law, and its virtue and law are widespread.

Unless people are saved and saved, there is nothing but a treasure.

The Buddha wanted the true Buddhist shrine to be enshrined by the Aobu Buddhist law. And then.

It was a genuine Buddhist shrine from Sri Lanka. Now is the time to see this authentic Buddhist temple

Therefore, we must embark on the spiritual purification of this world and the spiritual resurrection of mankind.

It ’s the will.

Yes, I took it.

含 The motto of Aou Sect is

From the religious movement to the social movement.

The activity in the excitement of the religious movement cannot save the world anymore. Social movement

This is the motto of Aou Mune.

Now, the Ago sect is a sentinel in the social cleanup movement with the Buddha as the main shrine.

I am trying to find out.

真正仏舎利 

成仏法を修したとき、わたくしは驚嘆したのである。それは、成仏力がこれまでと

まったくちがうのである。ニカ月、二回の修法で完全解脱してしまうのだ。その瞬間、わ

たくしはさとったのである。

 なぜ、真正仏舎利が阿合宗へ来たのかを。

 いま、仏教の果たすべき使命はなにか?

 この世界の霊的浄化である。

 人間の霊性復活。

 これである。

 それには、日本列島を覆う不成仏霊の一掃、三軒に一軒の割合いで存在する各家庭の霊

障のホトヶの解消、ここからはじめなければならない。

 それをなし得るのは、釈迦の「成仏法」しかないのである。

釈迦の成仏法には2通りある。

一つば、自分 道品 の 七十三十七道品

 そこで考えてみると、いま、仏教国の中で、この釈尊の理念をそのまま世におこなって

いるのは、わが阿含宗しかないのである。

 タイにも、ビルマにも、スリランカにも、そしてわが日本にも、真正仏舎利はある。

 しかし、率直にいって、釈尊の理念にもとづいて教化活動をしている教団があるであろ

うか。あるとしても、稀れである。

 このたびの、スリランカよりの真正仏舎利贈与は、わが阿含宗からお願いしたものでは

ないのである。ふしぎな廻り合わせにより、スリランカ側から、「釈尊直説の阿含経を奉

持している日本で唯一の仏教教団」ということで、贈与のことが申し越されてきたのであ

 

 

 わたくしは、これを、「仏さまのおこころ」として、心からよろこび、拝受したのであ

るが、それはまさしく「仏意」だったのである。

 真正仏舎利といえども、正法によって法が修され、その 徳・法徳がひろく世につたえ

られて、ひとびとが救われるのでなければ、宝の持ちぐされというよりほかない。

 法を持つ阿含宗に、真正仏舎利が祀られることを、仏さまは望まれたのだ。そして。

 リランカからの真正仏舎利渡来となったのである。いまこそ、この真正仏舎利と成仏法を

以て、この世界の霊的浄化、人類の霊性復活に乗り出さねばならぬ、これが、仏さまの御

意志なのだ。

 そう、わたくしはさとったのである。

 阿含宗のモットーは、

  宗教運動から社会運動へ である。

 宗教運動というワクの中での活動では、もうこの世の中は救えないのである。社会運動

へと拡大せよ、これが阿含宗のモットーーである。

 いま、阿含宗は、仏勅をかかげて、真正仏舎利を本尊とする社会浄化運動に、大きく歩

み出そうとしているのである。

続きを読む

Suppression, conflict and scars in the unconscious conscious  無意識の意識層における抑圧や葛藤・傷痕

 

The professor ’s text is that only a specific group of people are disabled or sick.

It is not that there is. That is what most people in modern society say.

The Most of the autonomic disorders and cardiac dysfunctions listed here are suppressed in the unconscious conscious layer.

It came from pressure and conflict. In the future, this trend may increase, but the possibility that it will decrease

rare.

If the suppression, conflicts and scars in this unconscious layer are not eliminated or released, the correct

In addition to not being able to enter into thinking, even the training of “Kai L” in the previous stage cannot be done sufficiently.

Before extinguishing “annoyance” or “anxiety L” in the unconscious consciousness layer,

It must be released. Otherwise, these repressions, conflicts and scars will be bothersome

I can’t help living a very healthy mental life,

The fear of becoming will come out. It can cause various illnesses physically and the worst

In some cases, sudden abnormal behavior or impulsive and morbid behaviors may occur. Very training

It is not.

On the other hand, what kind of training methods will Aragama and Abidalma impose? Try it

Practice methods as seen in Avidaluma

修 Practice in Avidalma

5th place 75 law

There is a training method named “Daizenchi Law”.

”Systematic compilation of what was explained in Argama by Abidharma in the“ Fifth Seventy-Fifth Law ”

Made.

“The Seventy-Fifth Seventy-five Law” is an analysis of seventy-five types of entities that seem to have established this world.

This is the Avidalma taxonomy that divides this into five categories.

The annoyances mentioned above are also classified in the fifth place of the 75th Law. Basic body in Avidalma

Since it is a system, I will keep it next.

The fifth place is

1 Color method = material thing.

2. Mind method = The subject of the heart’s work, also known as Shin-Oh.

3. The “ownership method” is abbreviated as “heart” and refers to the function of the heart. This can be divided into the following six types.

Also, among the basic annoyances, dividends are given to the three evils of niece, sleep and niece as follows.

貪-覆 ・ 覆 ・ who ・ lyrics ・ 僑 ・ dissipation

Meditation-Samurai, Samurai, Trouble, Samurai, Harm, Escape

Scar-Overturn, testimony, lyrics, escape, forgetfulness, injustice

In other words, the three of the cloak, the proof, and the fan will be the two of the niece and niece, and the escape will be the three of the niece, esteem and coffin. Six major

Of the root annoyances, the eyelids, eyes, and scars are considered to have the strongest influence on the anxiety.

The name of the three bad roads L is also from here.

As for the classification of elementary, middle, and large, what is the standard is that 10 such as firewood etc. occur separately.

2 is a minor annoyance, and 2 such as worthless is only moderately unfavorable.

Because it is biased to the heart, it is said that it is very troublesome. This is a reasoned reasoning.

How to stop the above troubles? The training method for that is the same as the heart method

It is the great good land law of Aoi. Let’s explain each heart of the Great Zenji Law.

Daizenchi Law

Shin

The freshness of the heart. It is a heart that respects faith and enjoys good deeds.

, And the four truths preached in Buddhism, namely, “Science of the Four Lords” and “Sanpo L, ie, Buddha and its teaching,

The relationship between the monk, the work, and the reward, causality,

Say.

Work (dedication)

Diligent, courageous to do and do good.

Discard

”It means a heart that is free from personal feelings and calm.

E

心 A heart that feels remorse and is ashamed.

】 I am relieved and shy about teaching and other good people that I am imperfect and immoral.

The It is also an awe-inspiring heart for teaching and teachers.

A social position, being aware of yourself as one of the group, and acting in a manner that is not embarrassing

The

Gradual is a heart that is ashamed of yourself against others, and 愧 is a heart that is ashamed of yourself against others.

MUJI

There should be no waste. Don’t be obsessed with position, power, or material.

infinite

Good patience. There is no hatred or anger, but not only that, but it is a heart that actively cares for others.

Harmless

非 It is non-violent and does not harm others, but it is not only that, but it has serious compassion.

Minan

It ’s just a matter of soul and spirit.

適 応 To have good adaptability, always to keep the body light and safe, to accumulate virtue and to follow training

Try to be able to do it.

Persistent

Don’t be lazy, don’t flow freely, and train yourself and study.

As mentioned above, the heart of this Great Zenji Law will be paid as follows for the heart of trouble.

It is.

Authenticity-Mistrust / Unauthorized Knowledge

1 innocence / cover / proof

貪-貪 ・ 貪

Infinity-limited / 忿 / 恨

Employees with one eye failure / forgetfulness

Minan-Gonsen / Tan

Non-dissipation-dissipation / scattering

捨 Discarding- 棹 棹 / 嫉

Harmless-harm

In other words, the practitioner is always paying attention to his / her heart, and when the anxiety is about to move,

Immediately I will counter this with the heart of these great good law and control the heart of annoyance.

The By repeating this, we will finally end up avoiding the anxiety.

Isn’t it really a good idea?

But will it work?

The Mahayana Buddhism that appeared later subsided all these troubles into the Six Daikonhon troubles.

“Rokunami honey” (sixth row) was paid as a control dividend. It is as follows.

貪-Cloth enforcement

Limited-insulting

Scar–Tomoyuki (Haruka)

Pride-Obedience

Suspicious progress

Kami-Zen Juku

However, later on, the “cloth enforcement” became one. However, emphasizing “belief”

Thus, it became a double-set of devotion and Fuse. It is the most simplified.

Primitive Buddhism is not as easy as it is.

How simple is this?

Let me answer.

Both have major flaws.

Something?

It is a problem of unconsciousness mentioned in the previous chapter.

Both lack this point.

As expected, in primitive Buddhism, trying to deal with unconscious consciousness by entering a soft meditation assumption Yes

However, this is the same as that of people at the time waiting for unconscious people without strong oppression and conflict like modern people.

Moreover, it is possible only because it is a conscientious position as a practitioner.

Because of the wisteria, it is impossible to enter a soft meditation. Even before trying to get in, before reaching the border

Suppression and conflict came out, and it appeared as a ghost phenomenon

It ends up. No, before that, I could endure the “Kai” training course (although it is a mental and physical adjustment)

It ’s not easy.

In addition, in order to analyze my heart in too detailed detail and severely regulate my mind and behavior,

This is a new repression that causes conflict and complexity in the unconscious class of trainees.

Loit stated that “culture and morality, education and religion are the source of various human complexes.”

B, “Observations and conflicts in our unconscious layers of consciousness, most of the trauma are due to it L and fingers

Although this practice method is exactly what this practice method is, if it is applied one step further, it will be a hit for modern people

Isn’t it safe to say that?

This is also true for Mahayana Buddhism. Mahayana Buddhism, a popular religion, succeeded in simplifying the most.

Nevertheless, the biggest mistake of Mahayana Buddhism is that “annoyance” is captured only by surface consciousness.

However, by introducing the “Shin”, it is possible to achieve various types of suppression and compression in the unconscious conscious layer.

″ While trying to deal with kusu, as I said before, suppression and conflict in the unconscious conscious layer,

The mind resulting from the trauma is an unusual mind that is hurt and distorted. “I don’t believe in kami, hotoke, truth, or justice.

It is heart L. Persuading this in various ways, or surrendering, the “religious

By trying to squeeze “to try to stir up faith,

Therefore, the wound of mental trauma will be enlarged. Exactly what Freud says, “social sanctions are always religious

It is combined with the lions and blames them so that they can never recover again.

  

教授のこの文章は、特定の一部のひとびとだけが障害を起こしたり、病気になって

いるというのではないのである。現代社会に生きるほとんどのひとびとがそうだといっているのであ

る。ここにあげられている自律神経障害や、心臓機能疾患のほとんどは、無意識の意識層における抑

圧や葛藤から生じたものである。今後、この傾向は増大することがあっても減少するという可能性は

ほとんどない。

 この、無意識の意識層における抑圧や葛藤・傷痕を消滅あるいは解放しなければ、正しい定(瞑

想)に入れないだけではなく、その前段階の「戒Lの修行すら十分になすことができないのである。

無意識の意識層にある「煩悩」や「随煩悩Lを消滅する前に、まず抑圧・葛藤・傷痕を消滅あるいは

解放しなければならぬのである。そうしなければ、これらの抑圧や葛藤・傷痕は、煩悩・随煩悩とむ

すびついて、歪んだ病的な精神状態をひき起こし、とても健全な精神生活などいとなむことができな

くなる恐れが出てくるのである。それは肉体的にもさまざまな病気をひき起こす原因になり、最悪の

場合には、突発的な異常行動や、衝動的で病的な行動をとるようになったりする。とても修行どころ

ではないのである。

 これに対して、アーガマおよびアビダルマはどのような修行法を課すのであろうか。それをみてみ

アビダルマにみる修行法

 

 アビダルマにみる修行法

   五位七十五法

 「大善地法」と名づける修行法がある。

 アーガマにおいて説かれたものを、アビダルマが「五位七十五法」のなかにとり入れ、体系的に編

成したものである。

 「五位七十五法」というのは、この世の中を成立させていると思われる実体を七十五種に分析して、

これを五大別したアビダルマの分類法である。

 さきにあげた随煩悩もこの五位七十五法のなかに分類されている。アビダルマにおける基本的な体

系なので、つぎにかかげておく。

 五位というのは、

 1 色法=物質的なもの。

 2 心法=心のはたらきの主体で、心王ともいう。

 3 心所有法=心所と略称し、心のはたらきをいう。これは、つぎの六種に分けられる。

 

 また、根本煩悩のうち、三悪道の、貪・眠・鰯に、つぎのように配当されている。

 貪-覆・樫・誰・詞・僑・放逸

 瞑-忿・恨・悩・嫉・害・放逸

 痕-覆・証・詞・放逸・失念・不正知

 つまり、覆・証・扇の三は貪・裔の二者に、放逸は貪・賦・凝の三に通ずるとするのである。六大

根本煩悩のうち貪・眼・痕の三は、随煩悩に対して最も強い影響力を持っていると見るわけで、「根

本三悪道Lという名もここから出ているわけである。

 小中大の類別はなにを基準にしたものであるかについては、忿等の10はおのおの別に起こるがゆえ

に小随煩悩と名づけ、無価等の2は、不善にのみ偏するがゆえに中随煩悩と名づけ、諒挙等の8は、

染心に偏するがゆえに大随煩悩と名づけるのだとある。まことに緻密に推論したものである。

 以上の随煩悩をいかにして止滅させるか? そのための修行法が、おなじく心所法のなかにあげら

れている㈲の大善地法なのである。大善地法の各心所について解説してみよう。

  大善地法

 信

心のきよらかさ。信義を重んじ、善行を楽しむ心である。

 それと、仏教で説く四つの真理、すなわち「四諦の理」と、「三宝Lすなわち、仏と、その教えと、

その僧団、および、業と、その報いとのあいだの因縁・因果性、以上の三つにたいするふかい確信を

いう。

  勤(精進)

 勤勉であり、なすべきことや、善行にたいして勇敢なことである。

  捨

 私心をはなれ、平静でかたよりのない心をいう。

  衛

 つよく反省し恥ずる心。

 教えや、他のすぐれた人に対して、自分が不完全であり、不徳であることを反省し、恥ずる心であ

る。それはまた、教えや師友にたいしてふかい恭敬の心となる。

  愧

 社会的な立場、グループの一人としての自分を自覚し、恥ずかしくないように行動することであ

る。

 漸は他に対して自分を恥ずる心、愧は自分自身に対して自分を恥ずる心である。

  無貪

むさぼりのないこと。地位・権力・物質などに執着したりとらわれたりしない。

  無限

 つよい忍耐力。憎しみや怒りのないことであるが、それだけでなく、積極的に他を愛憐する心でる。

  不害

 非暴力であり、他を害さないことであるが、それだけではなく、篤い同情心を持つことである。

  軽安

 すなおで身心明朗であることである。

 よき適応性を持つことであり、つねに身心を軽快安適にたもち、徳を積み、修行にしたがうことが

できるように心がけることである。

  不放逸

 なまけず、放縦に流れないで、修行や勉学にはげむこと。

 以上であるが、この大善地法の心所は、随煩悩の心所にたいして、つぎのように対照配当されるの

である。

  信―不信・不正知

1無愧・覆・証

無貪-貪・樫

  無限-限・忿・恨

  勤1眼怠・失念

  軽安―悟沈・悩

  不放逸-放逸・散乱

  捨-棹挙・嫉

  不害-害

 つまり、修行者は、つねに自分のこころに注意をはらっていて、煩悩の心所が動こうとするとき、

ただちにこれら大善地法の心所を以てこれに対抗し、煩悩の心所を制圧してしまおうというのであ

る。これをくりかえすことにより、ついには煩悩の心所が起こらぬようにしてしまおうというわける。

 なるほど実によく考えたものではないか。

 しかしそううまくいくであろうか?

 のちにあらわれた大乗仏教は、これらの随煩悩をすべて六大根本煩悩におさめてしまって、これに

「六波羅蜜」(六度の行)を対照配当した。つぎの通りである。

  貪―布施行

  限忍辱行

  痕―-智慧行(般若)

  慢-持戒行

  疑―精進行

  悪見-禅定行

 しかし、さらにのちにいたって、「布施行」ひとつにしぽるようになった。ただし、「信」を強調し

て、信心と布施との二本立てになったのである。最も簡便化されたわけである。

 原始仏教の修行の一挙一動二言一句もゆるがせにしない息のつまるような修行法にくらべて、ま

ったく単純化されたわけであるが、これはどうであろうか?

お答えしよう。

 どちらにも大きな欠陥があるのである。

なにか?

 さきの章で述べた無意識の意識の問題である。

 どちらもこの点が欠けている。

 さすがに原始仏教では、ふかい瞑想定に入ることによって無意識の意識の処理をしようとしてはい

る・しかし、これは、現代人のようなつよい抑圧や葛藤のない無意識層を待った当時の人びとの、し

かも出家修行者というめぐまれた立場であるからこそ可能なのであって、現代人はその持つ抑圧や葛

藤のために、ふかい瞑想定に入ることができないのである。入ろうとしても、ふかい境地に達する前

にヽ抑圧や葛藤が飛び出してきて、憑霊現象や、「キッネ憑き」的現象となってあらわれ、挫折して

しまうのである。いや、それ以前に、「戒」の修行課程(それは心身と環境の調整であるが)に耐えられ

ず、落伍していってしまうのだ。

 それにまた、あまりにも緻密詳細にこころを分析してきびしく自分の心と行動を規制するため、そ

れがあたらしい抑圧となって、修行者の無意識層に葛藤やコンプレ″クスを生ぜしめるのである。フ

ロイトは、「文化と道徳・教育・宗教が人間のさまざまなコンプレックスの源泉となっている」と述

べ、「われわれが無意識の意識層に持つ抑圧と葛藤、精神的外傷のほとんどはそれによるものだLと指

摘しているが、まさにこの修行法こそ、適用を一歩あやまると、現代人にとってそれにあたるものに

なるといってよいのではないか。

 それは大乗仏教についてもいえることで、大衆宗教である大乗仏教は、最も簡略化することに成功

はしたけれども、大乗仏教の最大のあやまりは、「煩悩」を表面意識のみでとらえていることである。

もっとも、ふかい「信」に入らせることにより、無意識の意識層におけるさまざまな抑圧やコンプレ

″クスを処理しようと考えるのであろうが、前に述べた通り、無意識の意識層における抑圧や葛藤、

精神外傷から生じたこころは、傷つき歪んだ異常なこころで「カミもホトケも真理も公正も信じない

こころLなのである。これを、さまざまに説得し、あるいは折伏など、フロイトのいう「宗教的おど

しをかけることによって「信心をふかめようとすることは、ますますそのコンプレ″クスをふか

め、精神的外傷の傷を拡大することになる。まさにフロイトのいう「社会的制裁はつねに宗教的おど

しと組み合わさっており、人間を二度とふたたび立ち直れないほど責めさいなむ。

 

 

Saptakoṭibuddhamātṛ 准胝観音

梵名サプタコーティ・ブッダマートリ(सप्तकोटिबुद्धमातृ [Saptakoṭibuddhamātṛ])とも呼ばれる。密号は最勝金剛、降伏金剛

「オン・シャレイ・シュレイ・ジュンテイ・ソワカ」(Oṃ cale cule cunde svāhā [21] [14][注釈 3]などがよく知られている

ボ、bu)

もし、在家の善男善女らが『准胝真言』を唱え、これを日々に保つことがあれば、その人の家には災難や事故、病気等による苦しみが無く、あらゆる行いには行き違いや望みが果たせないということも無く、その人の言葉は皆が信用して、よく聞いてくれるようになる。また、幸福に恵まれず、才能にも恵まれない人があって、密教の才覚もなく、僧侶の修行である『七科三十七道品』[注釈 22]という釈迦の教えに廻りあうことができない人がいたとしても、この准胝観音の『陀羅尼法』の伝授を受けることができたならば、速やかに無上の覚りを得ることができる。更には、『准胝真言』を常に記憶にとどめ、よくこの真言を唱えて善行となる戒律を守ることができれば、あらゆる願いも成就する」と説かれている。[43]

本文読み下し

準提功徳衆、寂静にして心常に誦すれば、一切諸々の大難、よくこの人を犯すこと無し。天上及び人間、福を受くること仏の如く等し、この如意珠に遇はば、定んで無等等を得ん。もし我、誓願大悲のうち、二世の願を成ぜずんば、我、虚妄罪過のうちに堕して、本覚に帰らず大悲を捨てん。

本文和訳

準提尊とその功徳がある(曼荼羅の)聖衆を、心を鎮めて一心に、毎日(常々)念じたならば、あらゆる災難や大事故に遇ったとしても、その人は大難を逃れることができる。何故なら準提尊の誓願に「人天を救う」というのがあり、天神と人間は仏と同等の福を受け、この如意宝珠にも等しい仏を本尊とすれば、必ずや仏の覚りの無上正等覚を得るからである。もし私(龍樹)の「衆生が今世と来世に解脱を得るように」との大悲の願いが成就しないなら、私(龍樹)は衆生を欺いた罪によって地獄に落ち、覚りも得られず、大悲の誓願も捨てることになる。

准胝十八大願』 印相や持物によるそれらの意味は以下のようになる[44]。

説法印・・・・・一切法(全ての仏法)を説くことを表す。

妙寶幢・・・・・よく最勝の大寶幢(旗印)を建立し、正しい教えを広める。

施無畏印・・・・一切衆生を速やかに苦しみや、恐怖から離れせしめる。

妙蓮華・・・・・穢れの泥沼から蓮華の如く抜け出させ、衆生の六根を清浄とする。

智慧剣・・・・・貪瞋痴の三毒に代表される煩悩の結縛を断ち切る。

灌澡瓶・・・・・甘露を流出して衆生を潤し、更には密教の灌頂を与える。

妙寶鬘・・・・・その願いに応じて、妙法との結びつきを確かなものとする。

金剛索・・・・・一切衆生を仏法へと導き、相応の法を獲得せしめる。

天妙果・・・・・菩提の果を表示し、広く修行の善果を完成させる。

八輻輪・・・・・常に大法輪を転じ、その威光により三界を照らす。

大鉞斧・・・・・堅固な不善の教えを破壊し、人我(にんが)の山を切り崩す。

大法螺・・・・・一切の清浄な教えを説き、三千世界を振動させる。

金剛鉤・・・・・その人に善となる一切の物事(人・物・金)を、よく引き寄せる。

如意瓶・・・・・この世の宝と経典類を流出し、それらを意の如く受用させる。

金剛杵・・・・・天龍八部を帰属させ、ならびに難伏の者たちを調伏する。

般若経・・・・・自然(じねん)の覚りをもたらし、仏法の「甚深微妙」の意味を理解させる。

摩尼珠[注釈 25]・・・心地(しんじ)を活発にし、智慧の光明を円満にして翳りを無くする。

両手説法印・・無上の密法を明らかにする。(法身説法)

सप्तकोटिबुद्धमातृ [Saptakoṭibuddhamātṛ

Oṃ cale cule cunde svāhā

If the good men and women who live in the house chant “Kanen Shingon” and keep it on a daily basis, there will be no suffering from disasters, accidents, illness, etc. in their homes, and every conduct will be misplaced and hoped There is no such thing as being unable to fulfill, and everyone’s words will be trusted and will be heard well. In addition, there were people who were not blessed with happiness and were not blessed with talent. Even so, if you can receive this mandala kannon’s “Mandara method”, you will be able to quickly get a sense of innocence. Furthermore, if you can always remember the “British Shingon” and remember the precepts of good deeds by chanting this truth, all your wishes will be fulfilled. ”

Thirty-seven department seven items   三十七科七道品    

 

 三十七科七道品とはつぎのようなものである。

四念処法-‐-身念処法 受念処法 心念処法 法念処法

四正断法--断断法 律儀断法 随護断法 修断法

四神足法--‐欲神足法 勤神足法 心神足法 観神足法

五根法--信根法 精進根法 念根法 定根法 慧根法

五力法-信力法 精進力法 念力法 定力法 慧力法

七竟支法-択法覚支法 精進覚支法 喜覚支法 軽安覚支法 捨竟支法 定覚支法 念竟

 支法

八正道法-正見法 正思惟法 正語法 正業法 正命法 正精進法 正念法 正定法

以上である。

 

この七科目、三十七種のカリキュラムは、

 1、瞑想

 2、実践

 3、lapas(練行)

に分類できる。

 四念処法・五根法は、瞑想である。

 四正断法・五力法・七覚支法・八正道法は、実践と瞑想である。

 四神足法は、特殊なtapasである。

 神足とは、神通力(超能力)のことで、この四神足法は、超自然の神通力を得るための四種の

修行法である。前に述べたわたくしの{召aはこれに属するものである。

 この七つの科目のうち、tapasを中心に、瞑想と実践の科目をとり入れて修行するのであ

る。どの科目をどうとり入れて、どのように訓練するかは、聖師が決定する。

219——-一霊性完成の方法と体系

Thirty-seven departments and seven-way items are as follows.

Four-minded method — Thought method, Accepted method, Mind method,

Four straight cutting methods–cutting method ritual cutting method escort cutting method cutting method

Four Gods Act — Gyokushimpo

Gone method-Shine method, Shinjin method

Five power method-power method, spiritual power method, mind power method, constant power method, repulsion method

Nanakuma support method-choice method support method, sensation support method, Kisaku support method, light safety support method, abandonment support method, fixed support method

Supporting law

Eight Masamichi method-Masami method Masamiko method

That’s it.

These seven subjects, 37 kinds of curriculum,

1. Meditation bowl

2. Practical practice

3. Lapas

Can be classified.

The Shimonen method and the Gone method are meditations.

The four straight cutting methods, the five power methods, the seven senses method, and the eight Masamichi methods are practice and meditation.

The Shigami foot method is a special tapas.

Kamikashi is a mythical power (super power), and this four-god foot method has four kinds of spears for supernatural power.

It is a practice method. My {call-a belongs to this.

の う ち Of these seven subjects, focusing on tapas, training is carried out by incorporating subjects of meditation and practice.

The The saint decides which courses to take and how to train.

219 ——- Method and system for completing spirituality 続きを読む

Evolutionary phenomenon   進化の促進現象  

阿合仏教・超能力の秘密  Homo-SapiensからHomo-Excellens・

 

進化の促進現象

 

 「ヒトは進化におけるひとつの通過生物にしかすぎないから………」

 と、ジョルジューオリヴィエーパリ大学理学部人類学主任教授で、そのかず多くのすぐれた

著作のなかにフランス学士院宣を受けた業績を持つ彼は、その著″ヒトと進化・過去・現在そし

て未来″のなかで、Homo futurs(未来人)の出現についてこう語るのだ。

 『ヒトの進化は、注目すべきさまざまな様相をあらわしている。進化は速くなるだろうとか、い

やこのままだろうとかいわれているが、いずれにしてもヒトの進化けひとつの新しい属、あるい

はひとつか数個の新しい種へとつながっていくだろう。-促進された進化は実際に、ヒトの後

継者、動物学上の新しい種属たる次の生物の出現に至るはずなのかも知れないのである。

 そいつば形態学的見地からは、われわれとそう大して異なってはいないだろうが、われわれと

は全く別な精神構造を持っているだろう。現に、デュボワとブルーメルカンプは、脳の進化は全

体としての大きさの増大、成長期間の延長、脳の仕事に対する比の増加を伴いつつ跳躍的にまた

不連続的になされるということを認めている。脳発達度係数を各段階でI・四一四(ご)で割る。

するとヒトでは目下二・七四なので、未来の種属、つまり超・ヒトは三・九という脳発達度係数

をもっだろう。ラピックの仮説をとりあげてみよう。つまり、この変化は大脳のニューロンがも

う一回余計に分裂することに因るのかもしれないと想像できる。たとえば現在のヒトが成長過程

で三三回ニューロンの分裂をしているなら、ヒトの後継者、未来人は三四回の分裂をするだろう

から、そのためにもっ七大きな脳をもつだろう。もちろんいまあげたのはひとつの古い仮説にす

ぎず、その後確認されていない。ジェリソンによれば、生物学的な進化の段階は身体部とは関係

なく、特別なニューロンに起因するのだという。またプジョーは、脳発進度係数の連続的な(飛

躍》はないが、しかし漸進的な中間係数(および大きな個体差)があることにを明確に示した。

一方、アランブールは、こんな生き物は生息できないだろうと考えている。が、とにかく、この

超・ヒトの知的能力は辛うじて想像できる。

 たとえば、第四次元の理解、複雑な全体をとっさに把握する力、第六感の獲得、無限に発展し

た道徳意識の保有、とくにわれわれの悟性には不可解な精神的な特質の所有、などである。わた

しは、脳発速度係数三・九を持つ生き物の体の形や、すばらしい知能や、われわれには理解でき

ない行動がどんなものであるかなど、想像力の豊かな人たちにまかせることにする。われわれが

盲であるのに対して、われわれの後継者たちは千里眼の持ち主なのだろうからI』

 といってから、未来人の出現を予想するのは決して空想物語ではないのであって。

 『ヒト属の藪状の分枝、つまりわれわれと同時代あるいは後に続く時代に生きるいくつかの種へ

の枝分れを予見するのは筋が通っているのである。かつて直立猿人Homo erectus Rあり、次

にネアンデルタール人Homo neandertalensis Rあり、いまホモーサピエンス Homo sapiens

がいる。それらの血のつながり方は重要な問題ではないが、後日の未来のヒトHomo futursの

出現を予期しておくのは当然である。何の特質をとりあげて彼を名づけるべきかわれわれには解

っていないので、このように未来人と名をつけておくことにする。もっとも、ある人たちは彼を

優秀人Homo eχcenensと呼んでいる』

 -つまり、智慧あるヒトから、優秀なるヒトヘの移行である。

 それでは、この優秀なる未来人たちはいつ出現するのであろうか?

 オリヴィエ教授に聞こう。

 「一〇万年以内」

 と授教はいう。

 「未来のヒトはI〇万年以内に、多分それより前に、現われるだろう」と彼は断言する。

 え? 一〇万年? とあなたは目をまるくしていうかも知れない。ナアンダ、ツマラン、それ

じゃなんにもならないじゃないか、それじゃ予言としての価値などありゃしない。それは、いつ

か太陽が燃えっきてしまうだろうという予百と同じことでなんの意義があるというのだ。それこ

そ、あっしになんのかかわりもねえことでござんす、だよ。それじゃ、テイヤール神父のオメガ

点とまるっきり同じことじゃないか。

 まあまあ静かに、静かに。オリヴィエ教授の言葉はまだつづくのだ。

 「だが、また、それは、明日にもというわけにはゆかぬにせよ、間もなく突然にすがたをあらわ

す可能性もあるのである」と。

 ふうむ、とあなたはここで小くびをかたむけるだろう。どうしてまたそんなに時間のはばがあ

ろんだろう? 間もなく、から、一〇万年-、ちょっと時間があり過ぎるんじやないか?

 ごもっとも。少し説明がいるのである。

 進化に二つの型がある。ひとつは自然のままの進化、自然のなりゆきにまかせた進化である。

もうひとつは、なんらかの力が加わって進化を促進した場合の進化、(方向づけられ、コントロ

ールされた進化)これを、進化の促進現象(F・マイヤー)という。

 X5lxN t z4Rt y 5

生物の胚に定着して、進化のコースに乗るまでには、数百世代、数千世代という1 い時間がかか

るのである。〃生物の進化とは変化に必要な時間の概念をも言外に意味している。つまり、進化

とは、時問の暗黙の関数なのだ。(ビュフォンyなのである。一〇万年という長い時問-それ

は古生物学的、地質学的にいったらI瞬にひとしいIをオリヴィエがあげたのは、自然進化に

まかせた場合のことをいっているのである。その上で彼はいう。

 『これらの予測に年代をすえてみよう、未来人のヒトはI〇万年以内に、多分それより前に、現

われるだろう。他方、その時代は気候の乱れによって特長づけられるだろう。というのは、ある

地質学者たちは将来二万年以内に地球が再び暖かくなると予知している。次にまた寒期がくるだ

ろうが、この期にはひとつの暖かい間氷期によって分けられた二つの氷河期が五万年後と九万年

後に考えられている。ヒトははたして地質学的な進化を変更しようと試みるだろうか? あるい

はまた、地質学的進化は、未来のヒトの進化の決定的な原囚のひとつになるだろうか?』

 なるほどI。考えてみると、今から七万~〇〇〇年前にはじまった最後の氷河川に、自然

は、ヒトの大脳に大きな変化をあたえ、ヒトはそれによって大きく文明へのステップを踏み出し

た。オリヴィエ教授はそれとおなじことを、これから五万年ないし九万年のちにくるっぎの氷河

期と間氷期に期待しているのであろう。クロマニョン入がホモーサピエンスに飛躍したごとく、

つぎの氷河期が、ホモーサピエンスからホモーエクセレンスの飛躍台になる11と。

 だが、それはおそらく実現しないであろう。ホモーサピエンスはそれまで待つことができない

し、また、待つ必要もなくなっている。ヒトはすでに、自分の進化に介入しはじめているのだか

 では、もうひとつの進化をみてみよう。

 『--しかし彼等の到来は明日にもというわけではない。実のところ、ルーガリックによれば、

動物学上の属は五、六百万年ごとに形成されるという。ヒト属は約五〇万年たっている(ピテカ

ントロプス、つまり直立猿人の出現から)ので、もし進化が″このまま″進むとするなら、まだ

数百万年あるわけだ。もちろん、このように古生物学上の時間を考慮せずに、ヒトがいつの日か

突然にこの″超・ヒト化への突然変異″を自己のうちに生じることかあり得るかもしれない。ル

ーガリックの法川は、すでに存在する属のなかでの新しい種の形成には三〇万年から六〇万年の

期間を要するとみている。したがって、もしホモーサピエンスが本当に三万年しかたっていない

なら、まだまだ長い期問がわれわれを待ちうけているわけだ。ところが、もし、ネアンデルター‘

ル人がホモーサピエン’スという種のなかでのひとつの人種にすぎないとナると、未来のヒトは間

もなく不意に来ることになる。

 そのように考えるもうひとつの別の理由がさらにあるのだ。それは進化の促進現象である。だ

が、自然からの促進現象は問題にならず、ヒト自身による促進現象が注目されねばならない。

すなわちヒトがきわめて近いうちに自己の進化にはたらきかけるであろうということが問題なの

である。現にヒトは自分が進化していくことを知っているから、意識においてサルとは違ってい

る。そうして、ヒトが自分の進化の見物人のままでい続けると想像し得るためには、技術の進歩

はあまりにも急速である。すなわち、問もなく、ヒトは、突然変異を引き起こすか、あるいはヒ

トを無理にも進化させるよう選ばれた環境によってとりかこまれるだろう』(傍点著者)

 そうしてヒトは進化を果たすのだ。明日にでもI。

 考えてみよ。自然の進化は、地上の生物が空を飛ぶまでに三千万年の時を必要とした。しか

し、大脳の発達したヒトが空間を征服するのには、わずか三世紀の時間で十分だった。文化的、

技術的進歩について、J・ハクスリーの有名な言葉を引用しよう。

 『ヒトの進化への1 いプロローグの時には、大きな文化的、技術的変化はI〇万年毎にきびしく

要求された。

 続いて氷河期終了後には、千年毎のオーダーで十分だった

 歴史時代に入ってからの大部分では、重大な変化に対する時間の単位は大体一世紀であった。

しかるに最近それは一〇年あるいはそれ以下に短縮させたら

 諸君! 一〇万年がI〇年に短縮されているのである。未来人、ホモーエクセレンスは、も

う、あなたの周囲にあらわれているのではないのかな?

 ゆうべ、あのバーのカウンターで、さりげなくあなたの隣りでスコッチをなめていたあの少し

風変りなあの男がそうではなかったか。君のクラスのあの男が、実は、未来人、ホモーエクセレ

ンスではないのかな? あるいは、三目まえに会っていっぺんに好きになってしまったあのひとがI?

 いや! そうだ! あなた自身、あなたが未来人なのではなかったか?

  • 単行本: 515ページ
  • 出版社: 平河出版社; 改訂版 (1972/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4892030104
  • ISBN-13: 978-4892030109
  • 発売日: 1972/07
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13.2 x 3.4 cm

 

密教・超能力の秘密

新品価格
¥2,200から
(2019/10/30 19:36時点)

 

Evolutionary phenomenon

“Because humans are only one organism in evolution …”

, And a great professor of anthropology at the Faculty of Science of Georges Olivier Paris University.

He has the achievements of receiving a French bachelor’s mission in his writings.

In the future, he talks about the emergence of Homo futurs.

“Human evolution represents a variety of notable aspects. Evolution will be faster, yes

It’s said that it’s going to stay, but in any case, there is a new genus of human evolution,

Will lead to one or several new species. -Accelerated evolution is actually after human

It may be the successor, the emergence of the next organism, a new zoological species.

It might not be so different from us from that morphological point of view, but with us

Will have a completely different mental structure. In fact, Dubois and Blue Merckamp

Jumping again and again with increasing body size, prolonging the growth period, and increasing the ratio of brain work

Admits that it is done discontinuously. Divide the brain development coefficient by I · 41 (go) at each stage.

Then, since it is currently 2/74 for humans, the brain growth degree coefficient is 3/9 for future species, that is, super-humans

Would have. Let’s take the hypothesis of Rapic. In other words, this change is caused by cerebral neurons.

I can imagine that it may be due to another division. For example, the current human being

So if you have a neuron division three or three times, a human successor, a future person will have three or four divisions

Therefore, it will have a big brain for that. Of course, all I have given is an old hypothesis

It has not been confirmed since then. According to Jerison, the stage of biological evolution is related to the body

Not because of special neurons. Peugeot has a continuous brain start factor

There was no feat, but it clearly showed that there was a gradual intermediate coefficient (and a large individual difference).

On the other hand, Arambourg believes that such creatures cannot live. But anyway, this

You can barely imagine the intellectual ability of the superhuman.

[For example, understanding the fourth dimension, the ability to quickly grasp the complex whole, acquiring the sixth sense, developing infinitely

Possession of moral consciousness, in particular possession of spiritual qualities that are inexplicable in our enlightenment. Cotton

We can understand the shape of a creature with a brain rate coefficient of 3, 9 and wonderful intelligence.

I will leave it to people with rich imagination, such as what kind of behavior is not. We

I ’m blind, but our successors are the owners of a thousand miles.

After all, it is not a fancy story to predict the emergence of future people.

“To some species that live in the same or later period

The reason for foreseeing the branching is that it is straightforward. Once there is an upright monkey Homo erectus R, next

There is a Neanderthal person Homo neandertalensis R, now Homo sapiens Homo sapiens

There is. The connection of those blood is not an important problem, but the future of human futures

It is natural to expect the appearance. We know what qualities we should name him

I’m not going to name it as a future person. However, some people

Calling the excellent person Homo eccenens ”

– that, from wisdom is human, migration excellent Naru Hitohe.

So when will these excellent future people appear?

Talk to Professor Olivier.

“Within 100,000 years”

Says teaching.

“The future humans will appear within 10 million years, perhaps before that,” he affirms.

e? Is it 100,000 years? And you might be blinded. Naanda, Tumaran, it

Then it won’t be anything, and there is no value as a prophecy. When is it

What the significance is in the same thing as the prey that the sun will burn. It

Oh, I’m sorry to have nothing to do with you. Well then, Father Taiyar Omega

Isn’t that exactly the same thing as a dot?

Ok so quiet and quiet. Professor Olivier’s words still continue.

“But again, tomorrow, it will soon appear suddenly.

There is also a possibility of it. ”

Fumu, and you will make a small neck here. Why is there so much time

Is n’t it? Soon after, one hundred thousand years-will there be too much time?

Ok. There is a little explanation.

There are two types of evolution. One is the evolution of nature, the evolution left to nature.

The other is evolution when some force is applied to promote evolution (directed and controlled).

This is called evolution promotion phenomenon (F. Meyer).

X5lxNtz4Rty5

It takes a few hundreds of generations and thousands of generations to settle in the embryo of a living organism and take the course of evolution.

It is. Biological evolution also means the concept of time required for change. That is, evolution

Is an implicit function of time. (This is Buffon y. A long time of 100,000 years-that.

In paleontological and geological terms, Olivier gave me a unique I in an instant.

I’m talking about the case of leaving it. On top of that he says.

”“ Let’s set the ages for these predictions, the future humans will be present within 10 million years, probably before that.

Will be. On the other hand, the era will be characterized by a turbulent climate. Because there is

Geologists predict that the earth will warm again within the next 20,000 years. Next is the cold season

In this period, two glacial periods separated by one warm interglacial period are 50,000 years and 90,000 years

It is considered later. Will humans ever try to change the geological evolution? Alii

Will geological evolution become one of the decisive primitive prisoners of future human evolution? ]

I see. If you think about it, the last ice river that began 70,000 to 000 years ago

Gives a big change to the human cerebrum, and humans thereby take a major step toward civilization

It was. Prof. Olivier does the same thing, and the glaciers of Kurugi after 50,000 to 90,000 years

It may be expected in the interglacial and interglacial periods. Like Kuromanyon leaps to homo sapiens,

The next ice age will be a leap from homo sapiens to homo excellence11.

But that probably won’t happen. Homo Sapiens can’t wait until then

And there is no longer any need to wait. Are humans already beginning to intervene in their evolution?

Let’s see another evolution.

“- but their arrival is not that also tomorrow. In fact, according to Lugaric,

The zoological genus is said to form every five to six million years. The human genus is about 500,000 years old (Piteca

Ntropps, ie from the emergence of upright monkeys)

There are millions of years. Of course, without considering the paleontological time in this way,

Suddenly, this “mutation to super-humanization” may occur in the self. Le

-Horikawa of Garlic has been in the process of 300,000 to 600,000 years for the formation of new species among the existing genera.

I think it will take time. So if the homo sapiens really has been 30,000 years old

Then there are still long periods waiting for us. But Neanderthal ’

If the people are only one race among the species called Homo sapiens,

It will come unexpectedly.

It is yet another another reason to think so. It is an evolutionary phenomenon. Is

However, the acceleration phenomenon from nature does not become a problem, and the acceleration phenomenon by humans must be noted.

In other words, the problem is that humans will work on their own evolution in the near future

It is. Actually, humans know that they will evolve, so they are different from monkeys in consciousness.

The In order to be able to imagine that humans will continue to be spectators of their evolution, progress in technology

Is too rapid. That is, without question, whether human, causing a mutation, or non

It will be engulfed by the environment chosen to force it to evolve ”(advanced author)

That’s how humans evolve. I will be tomorrow.

Think about it. The evolution of nature required 30 million years before terrestrial creatures flew. Only

However, only three centuries of time were enough for a human with a cerebrum to conquer space. Cultural,

Quote J. Huxley’s famous words about technological progress.

“At the time of the 1st prologue to human evolution, major cultural and technological changes are severe every 10 million years.

I was demanded to.

Subsequently, after the Ice Age, orders every 1000 years were sufficient.

For the most part since the beginning of historical times, the unit of time for a significant change was roughly a century.

But recently it has been shortened to 10 years or less

Guys! Is the ten million years has been reduced to I_〇 year. Future person, homo excellence is also

Cormorants, wonder if your not than have appeared around?

Yuube, that little bit that licked the scotch next to you at the bar counter

Was n’t that strange man? That guy in your class is actually a future person, Homo Excel

Isn’t it? Or is that person I met in front of Sanmoku and loved me?

Disagreeable! That’s it! Wasn’t you yourself a future person?

座禅のときの魔境 Although it is a magical place at the time of zazen, this expression of suppression awareness is not limited to zazen and meditation, and there are not a few cases that give a great deal of damage to the person’s life. I have to do it.

想・座禅のときに、不意に、爆発的に表出することがある。瞑想は、潜在意識層に

おいておこなわれるので、ふだんはそこにひそんでいる意識が、突然、表面にあら

われてくることがある。それが、座禅のときの魔境だが、この、抑圧意識の表

出は、座禅・瞑想のときだけとはかぎっておらず、その人の人生に非常なダメージ

をあたえてしまうことが少なからずあるので、大いに注意しなければならぬのであ

る。

 もう少しくわしくのべよう。        、

抑圧意識

フロイト型とソンディ型

 

 われわれは、自分でも気がつかないすぐれた才能を、潜在意識の中に持っている

のだが、同時に、その才能の発現をさまたげ、さらには自分を傷つける抑圧意識

や、それから生ずる葛藤をも、潜在意識の中に持っているのである。

 この抑圧意識をとり除かなければ、人は健全な生活をいとなむことができない。

わたくしは、人間の抑圧意識を、二つに分ける。

潜在意識層における抑圧意識

深層意識層における抑圧意識

である。そして、わたくしは、

潜在意識層の抑圧意識を、「フロイト型」とよぶ。

深層意識層の抑圧意識を、「ソンディ型」とよぶ。

まず、フロイト型である。

1、フロイト型

 

 

とづくものである。

 フロイトは、無意識の意識にメスを入れた近代心理学の始祖の一人であるが、か

れは、「無意識が、一定の時間を経てから、意識生活に影響を及ぼす」ことを発見

して、のちに有名になった精神分析論を展開した。

 それをかんたんにのべると、人間が誕生して以後の最初の数年間は、催眠とほと

んどおなじ状態である。なぜなら、それは、意識的精神(表面意識)よりもむし

ろ、無意識的精神(潜在意識)0ほうが、多く活動している状態であるからで、そ

の数年間は、子どもは、~束ざまな影響と暗示をうける。それらの影響と暗示は、

子どものもろもろの欲望や傾向に、まっこうから対立する。その結果、葛藤や、精

神外傷が生ずる。

 子どもは、そしておとなになってからも、それらのことは何も想い出世ないが、

かれが気づかなくても、それらはかれの行動にたえず影響を及ぼす。

 さらにヽそれは、数年も、時には十数年もたってから、その人格に思いがけ

ぬ反応を生ずる、というのである。

 要約すると、つまり、人間の精神形成とその行動に、無意識の意識が、想像以上

につよい影響をあたえているということである。

 また、心理学者ジャンーポールーシャリエはつぎのようにいっている。

 第一に、抑圧は心理的葛藤を生じさせる。われわれのなかには、そうした葛

藤をいつまでたっても解決できない者がいる。その場合、彼らの人格発達と、

おとなとしての成長は~またげられたり、乱されたりする。

 第二に、抑圧された諸傾向は、けっして消滅することはなく、社会的習慣の

背後に身をひそめ、思いがけないきっかけを利用して外に表われてくる。その

表われ方はさまざまで、ときには、遊戯、戦争、迫害などのかたちではげしく

ほとばしり出たり、あるいは何でもないような出来事のかくれた、象徴的な姿

のもとに、あるいは、満たされない欲望に禁じられた満足をあたえる夢となっ

こ、あるいはい問違い、失錯行為(しくじり、たとえば、ど忘れ、言い間

 

     

行動(神経症の状態。精神外傷によって誘発され、感情生活の障害をともなう

精神疾患。社会的不適応の原因)となって浮かびあかってくる。

                      (岸田秀訳『無意識と精神分析』)

 わたくしの考えは、これらの学説にもとづいている。

 子どものころに受けた精神的・肉体的虐待や迫害、屈辱などは、時間の経過に

つれて、意識の下部(つまり潜在意識層)に沈んでゆく(つまり、忘れる)が、そ

こに、葛藤と傷痕となって残る。これが「抑圧意識」である。

 この抑圧意識は、たえずその人の表面意識に影響をあたえ、人格の形成と行動を

律する。しかも、その抑圧意識は、数年、あるいは十数年以上もたってから、思い

がけぬ衝動となって、理解しがたい行動を起こさせることがある。

 こういう抑圧意識をそのままにして、超能力志向などに走ったら、どういうこと

になるであろうか。

 いかがであろう。

 わたくしは、オウム真理教に走って問題を起こした若ものたちのほとんどは、潜

在意識層に、こういうつよい抑圧か傷痕を持っている人たちだと思っている。

 いや、教祖の麻原彰晃氏自身が、そうではないかと思うのである。

 以上が、「フロイト型」である。

2、ソンディ型

 

 これにたいして、「ソンディ型」というのは、フロイト、ユングのあとをうけて

あらわれた新しい心理学「運命心理学・家族的深層心理学」の創始者、L・ソンデ

ィの学説にもとづくものである。

 L ソンディというのは、近代心理学の開拓者であるジークムントーフロイト、

力-ルーユッグにつづいて、それまでにまったくなかった新しい心理学の領域を関

創した、ハンガリーのリポットーソンディ(ロto{印o乱こ博士である。

 L ゾンデfの業績をかいつまんで説明すると、近代心理学は、一元〇〇年、フ

 

て、無意識の意識の理論としての深層心理学は、二つの「層次研究」にわかれて進

んでいったのである。

 すなわち、

  I、フロイトの個人的に抑圧された無意識の「層」

  2、ユングの集合的無意識の「層」(一九回二年)

 である。

 ところが、一九三七年に、第三番目の研究方向が、この二つの層の中間に出現し

たのである。

 それが、L・ソンディによって開創された「運命分析」OSchieksalsanalysoとよ

ぶ深層心理学理論である。

 要するに、それまでの深層心理学は、大づかみに分けて、フロイトの個人の無意

識層と、ユングの集合的無意識層(群衆心理学)と、この二つの「層」が研究対象

とされていたのである。

 ところが、L・ソンディの「運命分析」は、それらの層の中間にある「家族的無

意識」という無意識の第三番目の領域を、研究対象にして解明しようとするのであ

る。

 つまり、「個人」(フロイト)と「群衆」(ユング)との中間に「家族」を発見し

たわけである。

 これは、いかにも妥当であり、かつユニークな着眼といわねばならない。

 かれは、その「運命分析」理論で、こう主張するのである。

 「個人の深層意識のなかに抑圧されているある特定の祖先の欲求が、その個人の恋

愛・友情・職業・疾病・および死亡における無意識的選択行動となって、その個人

の運命を決定する」

 つまり、自分の深層意識のなかに抑圧されてひそんでいるある先祖の欲求が、自

分の知らないうちに、自分の恋愛・友情・職業・病気・死にかたまで、決定してし

Lう、というのである。

 ・わけ、われわれにとって、この上なくショッキングな学説といわねばなるま

い学説というべきだろう。

 

 

 われわれの人生が、恋愛・友情・職業・病気・死にかたまで、ある特定の先祖の

欲求によって決定されてしまうとしたら、「自分」の出るマクなど、まったくない

ではないか。

 あるご先祖さまの欲求のままに、一生ふりまわされるということになる。そんな

バカなことがほんとうにあるのだろうか?

 だれしもそうかんたんに信じ難いものと思われるが、L・ソンディは、数多くの

実例をあげて、その学説の論拠とし、それはそのまま、学界に認められ、かれの学

説は、いまや、深層心理学における一つの大きな潮流となっているのである。

 その実例の中には、ドストエーフスキーやバルザックなど世界的作家がふくま

れ、非常な説得力を持っている。が、なによりも、この学説開創の発端となったか

れ自身の不思議な経験を聞いたら、だれしも、かれの学説に耳を傾けざるを得ない

のではないかと思われるのだ。おもしろいことに、この世界的学説は、かれ自身の

非常に奇妙な体験が動機となってスタートしたのである。

 それらについては、ここでは省略する。興味をお持ちの方は、わたくしの別の著

書(『君a誰れの轍孤馳証』等)をお読みいただきたい。

 わたくしは、このソンディ理論を、今から四十年以上も前に知り、深い興味を待

った。

 以来、かれのこの理論が、じつに多くの人びとの身の上に起きていることを、わ

たくしは、じっさいにこの目で見てきた。(私自身もふくめて、である)

 かれのこの理論は、「運命の反復現象」となって起きるのである。

 つまり、不幸な人生を送ったある特定の祖先の運命を、無意識のうちに、そのま

ま反復してしまうのである。

 その反復が、「恋愛」「友情」「職業」「疾病」「死亡の型式」等の上にあらわれる

内である。その中には、精神的な悩み、葛藤などもふくまれている。

 それは、まことに不気味で、かつ、悲惨としかいいようがない。それをする原動

力が、無意識層の中にひそんでいるのだから、自分はまったく気がつかないのであ

へ、ごわけ的にあらわれる。だから、ソンディの心理学を、「衝動心理学」と

 

要約すると、こうなる。

人は無意識層の中に、

生まれてからのちに生じた抑圧意識(フロイト型)

 

生まれる前から生じていた抑圧意識(ソンディ型)

 と、この二つを持っている、ということである。(もちろん、稀だが、どちらも

持っていない、という人もある。どちらも持っているという人もある)

 これらの抑圧意識をとり除かないと、いずれにしても、健全な人生を送ることは

むずかしい。

 なぜならば、その人は、表面意識にある知性・理性と、潜在意識、深層意識の中

にひそむ抑圧意識とがつねにたたかって、葛藤を起こすからである。

 抑圧意識は、衝動的な行動となってあらわれようとする。しかし、それは、表面

意識にある理性・知性とはあい容れられないものが多い。だから、当然、葛藤が起

キゝる。

 その葛藤を押さえようとして、さらにつよい抑圧が生じたり、傷痕をつくったり

する。

 本人は、どうして、心の中に、自分でも分からない、得体の知れぬ葛藤が起きる

のか、理解できないまま苦悩する。はだから見ていると、矛盾にみちた人間で、精

神病者としか思えない。

 しかし、専門医の診断では「正常」なのである。

 いま、激増しつつある子どもたちの「情緒不安定」「家庭内暴力」「登校拒否」

も、いや、大人たちのもろもろの矛盾きわまりない行動も、ほとんどすべてこの抑

圧意識から生じていることを、人は知らねばならぬのだ。

 

When thinking and zazen, it may appear explosively unexpectedly. Meditation is in the subconscious
The consciousness that is usually hidden there suddenly appears on the surface.
Sometimes we come. That is the “Makai-to, but this table of consciousness of oppression”
Out is not only during zazen and meditation, it is very damaging to the person’s life
Because there are not a few cases that give up
The
♪ Let’s have a little more detail. ,
Suppression
Freud type and Sondy type

We have excellent talents in the subconscious that we cannot even notice
However, at the same time, the consciousness of oppression that blocks the expression of that talent and even hurts me
And the conflict that arises from it is also in the subconscious.
“If we do not remove this awareness of oppression, people cannot live a healthy life.
I divide human consciousness of oppression into two.
Suppression awareness in the subconscious
Suppression Consciousness in Deep Consciousness
It is. And I
The suppression awareness of the subconscious layer is called “Freud type”.
The suppression awareness of the deep conscious layer is called “Sondy type”.
First, it is Freud type.
1, Freud type

It is based on.
Freud is one of the founders of modern psychology who put a female in unconscious consciousness.
Re discovered that unconsciousness affects consciousness life after a certain amount of time
Then, he developed the psychoanalysis that became famous later.
</ P> <p> Simply put it, hypnosis and relief for the first few years after humans were born
It is almost the same state. Because it is more than a conscious mind (surface consciousness)
Well, because the unconscious mind (subconsciousness) is more active,
For several years, children have a lot of influences and suggestions. Their effects and implications are
It is completely opposed to the various desires and trends of children. As a result, conflicts,
God trauma occurs.
Children and adults can’t think of anything about them,
Even if he is not aware, they constantly affect his behavior.
ヽ Furthermore, it has been several years, sometimes more than a dozen years, and I have to think about that personality.
It is said that it will cause a reaction.
In summary, in other words, unconscious consciousness in human spirit formation and behavior is beyond imagination.
It is that it has a positive impact.
Also, psychologist Jean-Paul Charrier says:
First, repression causes psychological conflict. Some of us
There is a person who can not solve the wisteria forever. In that case, their personality development,
Growth as an adult will be struck or disturbed.
Second, the repressed trends never disappear, and social habits
She hides behind her and uses an unexpected trigger to appear outside. That
There are various ways of appearing, sometimes in the form of play, war, persecution, etc.
A symbolic figure of an event that spills out or does nothing
Or a dream that gives forbidden satisfaction to unsatisfied desires
This, or wrong, misconduct (for example, messing up,

.
Behavior (neurotic condition. Induced by mental trauma, with emotional impairment
Mental illness. It becomes a cause of social maladjustment).
K. W. (Translated by Hideshi Kishida, “Unconscious and Psychoanalysis”)
My ideas are based on these theories.
The mental and physical abuse, persecution, and humiliation that I received as a child
As a result, it sinks (ie, forgets) into the lower part of consciousness (ie, the subconscious layer),
It remains as a conflict and scar. This is “awareness of oppression”.
This awareness of oppression constantly affects the person’s surface consciousness,
I will do it. Moreover, the consciousness of repression has been thought for several years or more than a dozen years.
It can be an irresistible urge to cause a behavior that is difficult to understand.
What would you say if you ran for super powers, etc. while keeping this suppression consciousness intact?
Will it become?
How is it?
I am the one who ran into Aum Shinrikyo and caused problems, most of the young
I think they are those who have such a strong suppression or scar in their consciousness.
No, my guru Shogo Asahara thinks that is the case.
The above is the “Freud type”.
2, Sondi type

In contrast to this, the “Sondy-type” is after Freud and Jung.
L. Sonde, founder of the new psychology “Fate Psychology / Family Deep Psychology”
It is based on the theory of
L Sondy is a pioneer of modern psychology, Sigmund Tofreud,
Power-Following Luyug, it is related to a new field of psychology that has never existed before.
Created by Hungarian Ripot To Sondi (Dr.
To explain the performance of L Sonde f in a nutshell, modern psychology was

Deep psychology as a theory of unconscious consciousness is divided into two “strategic studies”.
Than it went Nde.
That is,
I, Freud’s personally suppressed unconscious “layer”
2. Jung’s collective unconscious “layer” (19 times 2 years)
It is.
However, in 1937, a third research direction emerged between these two layers.
It was.
It is called “Fate Analysis” OSchieksalanalyso opened by L. Sondi
It is deep psychology theory.
In short, the deep psychology up to that point is roughly divided into Freud’s personal involuntary
Research target is the intellectual layer, Jung’s collective unconscious layer (crowd psychology), and these two “layers”
It was said that.
However, L. Sondy’s “Fate Analysis”
The third area of ​​unconsciousness called consciousness
The
In other words, “Family” was discovered between “Individual” (Freud) and “Crowd” (Jung).
That is why.
This must be said to be justified and unique.
He insists on this “fate analysis” theory.
“The desire of a certain ancestor that is suppressed in the deep consciousness of an individual is the love of that individual.
The individual becomes unconscious choice behavior in love, friendship, occupation, illness, and death
To determine the fate of
In other words, the desire of a certain ancestor who is suppressed in his deep consciousness
Without knowing, I decided on my romance, friendship, occupation, illness, and death.
That’s L.
・ That ’s why it ’s a shocking theory for us.
It should say have theories.

Our life, from romance, friendship, occupation, illness and death
If it is determined by desire, there is no Mac that “self” appears
Isn’t it?
It will be used for the rest of the life with the desire of some ancestors. Such
Are there really stupid things?
It seems that everyone is so hard to believe, but L. Sondi
An example is given as the basis for the doctrine, which is accepted by the academia as it is,
The theory is now a major trend in deep psychology.
Included in the examples are international artists such as Dostoevsky and Balzac
It is very persuasive. But above all, how did this theory start?
Anyone who listens to his own strange experience must listen to his doctrine
It seems that. Interestingly, this global doctrine is his own
It started with a very strange experience.
These are omitted here. If you are interested in another book by me
Please read the book (“Your Who’s Proof of Loneliness” etc.).
I knew this Sondy theory more than 40 years ago and awaited deep interest.
It was.
Since then, his theory has actually happened to many people.
I’ve seen this with my own eyes. (Including myself)
His theory is a “repetitive phenomenon of fate”.
In other words, the fate of a certain ancestor who lived an unhappy life, unconsciously.
It will repeat.
The repetition appears on “love”, “friendship”, “occupation”, “disease”, “type of death”, etc.
Is within. Among them are spiritual concerns and conflicts.
It’s really creepy and miserable. The prime mover to do it
The power is hidden in the unconscious, so I don’t realize it at all.
It appears in a casual manner. So Sondy ’s psychology is called “impulsive psychology”.

In summary:
In the unconscious layer,
Suppression consciousness that occurred after birth (Freud type)

Repression consciousness (Sondee type) that occurred before birth
And have these two. (Of course, rare, but both
Some people don’t have it. Some people have both)
If you do not remove these suppression awareness, in any case, to live a healthy life
Difficult.
Because the person is in the intelligence / reason in the surface consciousness, subconscious, deep consciousness
This is because the oppressive consciousness that always hides against him causes conflict.
Consciousness of oppression tends to appear as impulsive behavior. But it is the surface
Many of the consciousness and intellect are not acceptable. So, naturally, there is a conflict
Key
】 In order to suppress the conflict, there will be further suppression or making scars
To do.
, Why does the person himself have an unfamiliar conflict in his heart
I’m suffering without understanding. So, if you look at it, you are a human who has a contradiction.
I can only think of a god.
However, the diagnosis is “normal” by the specialist.
“Emotional instability”, “domestic violence”, “refusal to attend school” for children, which are increasing rapidly
But, no, almost all of the inconsistent behaviors of adults are this suppression.
One has to know what arises from pressure.

百光遍照王観図

この梵字は百光遍照観、百光遍照王観と称され、大日如来を中心にその周囲を五重の梵字が取り囲み、行者は頂きにアン(暗・闇・am)字を置いて、百光を発すると瞑想する梵字マンダラです。

mini_120830_1234「百光遍照王観図」
「百光遍照王観図」”

梵字「アン字」

「アン字」を中心におき、一重目は、梵字で「摩多・マタ」と呼ばれる母音の12文字が、円形に配列しています(アン字と12の母音で「13」の聖なる数でマンダラが構成されています)

「梵字を構成する母音と子音とは」
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Ohgai/8070/bon/setumei.html

二重目には、梵字の体文と呼ばれる子音の25文字が配されています。

三重目には、子音にの発心点(ι)が

四重目は、子音の梵字に修行点(◆)が

五重目には、子音の涅槃点(◆◆)が付きます。

発心⇒修行⇒涅槃と中心から外へ向けて聖者への段階を表現していると考えられます。

「アン字」を百字真言い、大日経に「百光を発する」と説かれているので「百光遍照王真言」とも呼びます。

子音の25文字×4重=100文字の梵字を、ひとつひとつ光を観想するので、百字真言と呼ばれています。

また、別名として、一切真言の自在者、真言王、一切真言の尊主、大威光者、大日常住者などとも呼びます。

ファイルan字
梵字「アン字」

「アン字観法」について
「密教誕生」平河出版社(P408~413)より抜粋

「心内に於ける八葉のかがやく白蓮華の上に満月の月輪あり、その上にアン(am)字たる真言導師すなわち真言救世尊があり、金色の光を発する。
この観を法によって習熟すれば、行者自身が正覚身、すなわち仏身と等同なることを証するにいたるべし。
口に真言をとなえ、身に大日の印を組む。そうして、第七マナ識、第八アーラヤの一切の妄想を止滅し、心奥にある如来蔵識を呼び起こして、そこに大日世尊の三密を観じ出す。
これが成就したとき、我が身もまた大日世尊と変ずる。」

空中無色無受想行識 と 集合的無意識

観自在菩薩深般若波羅蜜多時照見五蘊度一切苦厄舎利子不異空空不異色色即是空空即是色受想行識亦復如是舎利子是諸法空相不生不滅不垢不浄不増不減是故

 

空中無色無受想行識

 

三科(さんか)とは部派仏教における、世界を在らしめる『一切』を分類した三範疇、五蘊(五陰)・十二処十八界をいう。蘊・処・界、または陰・界・入と略すこともある[2]。また、六根六境六識の三範疇をいうこともある。

五蘊・十二処・十八界[1]

五蘊(五陰)・十二処・十八界編集

全てのは、下記の五蘊の一つの蘊、十二処の一つの処、十八界の一つの界とにおさまる[3]。およそはそれぞれの自性を保持するものであるから、あるがそれと別個な自性をもつ他の法の中におさまるということは決して無い[3]。諸を五蘊、十二処、十八界と説くのは、衆生(有情)の愚かさ、あるいは資質、あるいは希求するところに3通りがあるから、それらの各々に応ずるためとされる[3]。また、原始仏典においては、我々の全経験領域をさしてこれらを一切(sabbam、我々の全経験領域)と呼ぶものの、「がある」とは明言されず、しかもそのどれもが無常であり、であり、非我であり、それらを厭離し離欲すれば解脱して悟るといわれる[4]

五蘊編集

五蘊(ごうん、pañca-skandha) – 五陰(ごおん、旧訳)とも。人間の肉体と精神を五つの集まりに分けて示したもの。

  • (しき、rūpa) – すべての物質。
  • (じゅ、vedanā) – 感受作用。
  • (そう、saṃjñā) – 表象作用。
  • (ぎょう、saṃskāra) – 意志作用。
  • (しき、vijñāna) – 認識作用。

十二処編集

十二処(じゅうにしょ)または十二入(「」はāyatana) – 12の知覚を生じる場。六根六境[5]。 後に「処」の字をつけて呼ぶこともある。「処」とは、阿毘達磨倶舎論においては、と心作用(心所)の生じてくる門(生門(しょうもん))のこと[3]

  • 六根(ろっこん、ṣaḍ-indriya) – 主観の側の六種の器官[6]、感官[7]のこと。六内入処(ろくないにゅうしょ)とも。
  • (げん、cakṣus) – 視覚能力もしくは視覚器官
  • (に、śrotra) – 聴覚能力もしくは聴覚器官
  • (び、ghrāṇa) – 嗅覚能力もしくは嗅覚器官
  • (ぜつ、jihvā) – 味覚能力もしくは味覚器官
  • (しん、kāya) – 触覚能力もしくは触覚器官
  • (い、manas) – 知覚能力もしくは知覚器官[8][9]
眼・耳・鼻・舌・身の5つを「五根」といい[10]、人間の感覚能力[8] すなわち五感であり、意は認識するはたらきの拠り所となる感官である[11]
  • 六境(ろっきょう、ṣaḍ-viṣaya) – 客観の側の六種の対象[6]、感官の対象[7]のこと。六外入処(ろくげにゅうしょ)とも。
  • (しき、rūpa) – 眼根によって見られる色彩と形象[8][9]
  • 顕色けんじき[12](いろ)と形色ぎょうしき[12](かたち)の2種類に分たれ、また、青、黄、赤、白、長、短、方、円、高(凸形)、下(凹形)、正(規則的な形)、不正(不規則な形)、雲、煙、塵、霧、影、光、明、闇の20種に分たれる[13]
  • (しょう、śabda) – 聴覚の対象[6] [9]
  • 苦楽の感覚を発する有情身の発する音とそうでない音、意味を伝える音とそうでない音、および快い音とそうでない音との別により8種に分たれる[13]
  • (こう、gandha) – 嗅覚の対象[6] [9]
  • 良い香りと悪い香り、適度な香りとそうでない香りの別により4種に分たれる[13]
  • 甘さ、酸っぱさ、しおからさ、辛さ、苦さ、渋さの6種に分たれる[13]
  • (そく、sparśa) – 身根によって感じられる堅さ、熱さ、重さなど[8][9]
  • 滑らかさ、粗さ、重さ、軽さ、冷たさ、ひもじさ、渇きの7種、およびの4種(四大もしくは四大種という)の合計11種に分たれる[14]
  • (ほう、manas) – 意根によって知覚される概念を含むすべての存在[8][9]
また、五根に対応する境の部分(色・声・香・味・触)を五境、そこに生じる欲を五欲(五塵)と表現したりもする[15]。五根と五境をあわせて十色界という[16]

 

眼耳鼻舌身意

 

色声香味触法

眼界乃至無意識界

無明亦無無明尽乃

至無老死亦無老死尽無

苦集滅道

無智亦無得以無所得故菩提薩埵

 

 

 

フロイトは、ヒステリー(現在の解離性障害や身体表現性障害)の治療に当たる中で、人は意識することが苦痛であるような欲望を無意識に抑圧することがあり、それが形を変え神経症の症状などの形で表出されると考えた。そのため、無意識領域に抑圧された葛藤などの内容を自覚し、表面化させて、本人が意識することによって、症状が解消しうるという治療仮説を立てた

ユング心理学(分析心理学)は個人の意識、無意識の分析をする点ではフロイトの精神分析学と共通しているが、個人的な無意識にとどまらず、個人を超え人類に共通しているとされる集合的無意識(普遍的無意識)の分析も含まれる。ユング心理学による心理療法では能動的想像法も取り入れられている。能動的想像法とは、無意識からのイメージが意識に表れるのを待つ心理療法的手法である。また、ユング心理学は、他派よりも心理臨床において夢分析を重視している。夢は集合的無意識としての「元型イメージが日常的に表出している現象」でもあり、また個人的無意識の発露でもあるとされる

シャドウとは

上記でも説明したように、自分では認めたくない自分の事を「シャドウ」と呼びますが、そもそもシャドウとは何なのかについて説明していきます。

シャドウとは誰もが持つ「影」の事で、人はそれぞれ自分では認めたくない自分を持ちます。
認めたくない気持ちが強いほど影は濃くなりその影響力は強くなります。

また、西洋と東洋それぞれに伝わる神話や伝説には
共通したテーマを扱った物も多いことから、
洋の別を問わず人類の心の奥深くには
共通した「集合的無意識」が存在すると考えたのです。

図のように、意識や個人的無意識よりもさらに深いところにある層で、
民族や国家、人種を問わず普遍的に存在しています。

レオポルド・ソンデ

ハンガリー出身の心理学者レオポルド・ソンディ(Leopold Szondi,1893-1986)は、運命分析学という深層心理学の学派を創設したり、『ソンディ・テスト』という人物写真を利用した投影法の心理テストを開発したことで知られる。日本語での名前表記は、レオポルド・ソンディ以外にも、英語読みで『リポート・ソンディ』という風に表記されることも多い

集合的無意識(Kollektives Unbewusstes)」

とは、偉大な心理学者カール・ユング(Carl Gustav Jung)によって提唱された。
人間の意識の奥には、個人的無意識が存在し、さらにその奥には集合的無意識が存在するという概念だ。
集合的無意識は、個人のみならず集団や民族、人類全体、さらには時空を超えて森羅万象、宇宙の意識ともつながっている。
集合的無意識に共通する基本的形を「元型(Archetyp )」と呼び、この元型から集合的無意識が生じ、原始心像が意識化され、元型そのものが意識化されることは決してない。



ソンディ・テストで知られる精神医学者のレオポルド・ソンディ(Léopold Szondi)は

、フロイトの説いた個人的無意識とユングの説いた集合的無意識の中間に位置する家族的無意識という概念を提唱した。
ソンディは、精神医学の世界で「運命分析学」という未だに学問的価値を認められてない分野にメスを入れた稀有な存在であった。
「家族的無意識」とは、先祖の抑圧された意識が子孫の運命に重大な影響を与えるといった考えで、運命が子孫に遺伝していくことを意味する。「

親の因果が子に報い」と呼ばれる病気や負債の運命は「強制運命」と呼ばれ、個人の自由意志から生まれる「自由運命」と常に拮抗している。



しかし、強制運命の支配下に置かれた不幸な人生も先祖のせいだけではない。
そのような先祖の子孫として生まれてくることにより、過去世でのカルマを解消させられているのだから、よく理解し受け入れた上で、人生を自由運命に傾くよう舵取りをしなければならない。
カルマの解消には、自分を第三者的に観る行法を身に付けるのが一番である。

 

ソンディは子孫が祖先から先祖代々継承している意識(衝動)のことを『

衝動感情(衝動意識)』と呼び、『人間の運命とは選択である』といった。人間は祖先から受け継いだ衝動感情(衝動意識)をベースにして、『結婚選択・職業選択・疾患の選択・死亡形式の選択』という4つの人生の分野で重大な選択をしていくというのがソンディの理論である。



L.ソンディの運命観には『自分が主体的に選択する要素』と『祖先からの意識・感情によって決定されるという要素』の2つがあり、人間が自分の運命を選択する(選択させられる)要因になる遺伝子には以下の8つの種類があるとした。『運命分析法』という心理テストでは、この8種類の遺伝子の働きの趨勢(強さ)とバランスを知ることができるとされている。

Sch(自我衝動)……p(存在遺伝子),k(所有遺伝子)

C(接触衝動)……m(依存遺伝子),d(獲得遺伝子)

P(感情衝動)……hy(道徳遺伝子),e(倫理遺伝子)

S(性衝動)……s(攻撃遺伝子),h(情愛遺伝子)

レオポルド・ソンディの想定した祖先から受け継ぐという無意識は『家族的無意識』と呼ばれており、ジークムント・フロイトの『個人的無意識』よりは広く、C.G.ユングの『普遍的無意識(集合無意識)』よりはその範囲が狭いと考えられている。ソンディの運命分析学を前面に出した深層心理学の究極の目的は、『個人的無意識と家族的無意識と普遍的無意識の経験的・理論的な統合』であった。

Psychoanalysis is based on the basic hypothesis that humans have an unconscious process and that human behavior depends on the unconscious. Freud, in the treatment of hysteria (currently dissociative and somatic symptom disorders), can unknowingly suppress desires that are painful for humans to change shape and neurosis. I thought that it would be expressed in the form of symptoms such as. Therefore, we made a treatment hypothesis that the symptoms can be resolved by being aware of the content of the conflict suppressed in the unconscious area, exposing it to the surface, and being aware of it.

Carl Gustav Jung

Jung’s psychology (analytical psychology) is similar to Freud’s psychoanalysis in that it analyzes the individual’s consciousness and unconsciousness, but it is not limited to the individual unconsciousness, but is common to all humankind beyond the individual. It also includes an analysis of the collective unconscious (universal unconscious). Psychotherapy by Jung Psychology also incorporates the Active Imagination. The active imagination is a psychotherapeutic method that waits for the image from the unconscious to appear in the consciousness. In addition, Jung Psychology emphasizes dream analysis in clinical psychology more than other groups. Dreams are said to be a “phenomenon in which the archetype image is expressed on a daily basis” as a collective unconscious, and also a manifestation of the personal unconscious.

What is a shadow?

As I explained above, I call myself a “shadow” that I don’t want to admit, but I will explain what a shadow is in the first place.

A shadow is a “shadow” that everyone has, and each person has a self that he or she does not want to admit.
The stronger the feeling of not wanting to admit, the darker the shadow and the stronger its influence.

Also, in the myths and legends of the West and the East,
Since there are many things that deal with common themes,
Deep in the hearts of mankind, regardless of the ocean
I thought that there was a common “collective unconscious”.

As shown in the figure, in a layer deeper than consciousness or personal unconsciousness,
It exists universally regardless of ethnicity, nation, or race.

Leopold Szondi

Hungarian psychologist Leopold Szondi (1893-1986) founded a school of deep psychology called fate analysis and developed a projection psychological test using portraits called the Szondi test. Known for doing. In addition to Leopold Szondi, the name notation in Japanese is often written in English as “Report Sondy”.

“The Collective Unconscious (Kollektives Unbewusstes)” was advocated by the great psychologist Carl Gustav Jung.
The concept is that there is a personal unconscious in the depths of human consciousness, and there is a collective unconscious in the depths.
The collective unconscious is connected not only to the individual but also to the group, the people, the entire human race, and even the consciousness of the universe and the universe beyond time and space.
The basic form common to the collective unconscious is called the “archetyp”, and the collective unconscious arises from this archetype, the primitive image is conscious, and the archetype itself is never conscious.

Léopold Szondi, a psychiatrist known for the Szondi test, proposed the concept of a family unconscious, which lies between Freud’s personal unconscious and Jung’s collective unconscious.
Sondy was a rare figure in the world of psychiatry, putting a scalpel into the field of “fate analysis,” which has not yet been recognized for its academic value.
“Family unconscious” means that the fate is inherited by the offspring, with the idea that the suppressed consciousness of the ancestors has a significant impact on the fate of the offspring. The fate of illness and debt, which is called “the cause and effect of the parent rewards the child,” is called “forced fate,” and is always in conflict with the “free fate,” which is born from the free will of the individual.

But the unfortunate life under the control of forced fate is not just due to ancestors.
By being born as a descendant of such an ancestor, the karma of the past life has been eliminated, so we must understand and accept it well and steer our lives toward free destiny.
The best way to eliminate karma is to learn how to look at yourself as a third party.

Sondy calls the consciousness (impulse) that offspring inherit from their ancestors from generation to generation, “impulsive emotion (impulsive consciousness),” and says that “human destiny is a choice.” Based on the impulsive emotions (impulsive consciousness) inherited from our ancestors, human beings make important choices in the four fields of life: marriage choice, occupation choice, disease choice, and death form choice. Sondy’s theory.

L. Sondy’s view of fate has two elements: “elements that he chooses independently” and “elements that are determined by the consciousness and emotions of his ancestors.” ) The following eight types of genes are considered to be factors. A psychological test called “fate analysis method” is said to be able to know the trend (strength) and balance of the functions of these eight types of genes.

Sch (ego impulse) …… p (existing gene), k (owned gene)

C (contact impulse) …… m (dependent gene), d (acquired gene)

P (emotional impulse) …… hy (moral gene), e (ethical gene)

S (sexual drive) …… s (attack gene), h (love gene)

The unconsciousness inherited from Leopold Szondi’s envisioned ancestors is called the “family unconscious”, wider than Sigmund Freud’s “personal unconscious” and more than CG Jung’s “universal unconscious (collective unconscious)” The range is believed to be narrow. The ultimate purpose of deep psychology, which brought Sondy’s fate analysis to the fore, was “the empirical and theoretical integration of the personal unconscious, the family unconscious, and the universal unconscious.”