UA-135459055-1

2021年10月18日 今日の運命

20211018日  己亥日  阿弥陀如来

四緑木星の日

縁談、商談の来訪者あり。言動をつつしみ話を進めると良い。いつも良い日、皆良い人。こんな心境を養いたい。

阿弥陀如来

一切の衆生を救うため四十八の誓いを立てた仏。浄土宗、真宗の本尊で、無限の慈悲と永遠の存在と徳を与えられる。この仏を信じ、その名を唱えれば死後ただちに極楽浄土に生まれると言われる。

 

御真言

オン、ア、ミリ、タ、テイ、ゼイ、カ、ラ、ウン

EMS腹筋ベルトに望める効果とは?

  1. EMSとは?

EMS

Electrical Muscle Stimulationの頭文字を取り、略してEMSとなります。

筋肉を鍛えるためのエクササイズ器具で、電気による刺激を筋肉に与えることで効果的に鍛えられるといわれています。バルクアップのための筋トレはもちろん、筋肉を増やすことでダイエット効果も期待できます。筋トレ効果が得られるのは何となく理解できるかもしれませんが、どうしてダイエットに効果的なのか疑問に感じた方もいるかもしれません。

ダイエットとは食事制限をしたり、運動で脂肪を燃焼させてスリムな体を手に入れることですが、脂肪を燃焼させるためには筋肉が必要です。筋肉量を増やせば基礎代謝をアップさせることができ、効率よく脂肪を燃やせるのです!つまり、EMSを使えば筋トレの効果が得られるため、筋肉量を増やすことができます。

筋肉量が増えると基礎代謝がアップするため、寝ているときや動いていないときでも筋肉が脂肪を燃やそうとするのです。
これが、EMSがダイエットにも効果的といわれている大きな理由です。

インナーマッスル

また、EMSはインナーマッスルを鍛えられる器具としても有名です。インナーマッスルとは深層筋肉のことで、関節の安定性を高めたり呼吸にも関わったりと、人体にとって必要な筋肉です。インナーマッスルの対極にあるのがアウターマッスルで、表層にある比較的大きな筋肉を指します。アウターマッスルは一般的な筋トレで鍛えやすいのですが、インナーマッスルはそうはいきません。インナーマッスルを鍛えるには、高度な筋トレの知識や技術などが必要です。つまり、一般的な筋トレではインナーマッスルは鍛えにくいのです。

しかし、EMSを使えばこうした問題も解決できます。EMSは電気でダイレクトに筋肉へ刺激を与えられるので、効率よく鍛えられるのです。これもEMSの大きな特徴といえるでしょう。

 

EMSにはどんな効果が望める?

「EMSがよいという評判はよく聞くものの、実際のところどんな効果が望めるの?」と疑問を抱いている方も少なくないでしょう。先述したように、EMSには筋肉を鍛えて大きくする効果や、ダイエット効果などが期待できます。ただ、現在ではさまざまなEMSの製品がリリースされており、どの商品を使用するかで得られる効果も変わってきます。

また、誰もが同じような効果を得られるというわけではなく、個人差があるのも事実です。短期間で効果が実感できたという方もいれば、長期間使わないと効果が実感できなかったというケースもあります。筋トレ器具やダイエット器具を利用する上での基本は、正しい使い方をすることと、継続することです。どんなに優れた器具であっても、使い方が間違っていると正しい効果は得られないでしょう。正しい使い方をするため、購入したときには取扱説明書をきちんと熟読してください。

そしてEMSには一度や二度使ったくらいで効果が現れるような即効性はありません。効果を得るためには継続して使い続けることが大切です。筋力アップやダイエットなどの効果を高めるためには、EMSだけに頼らず、適度な運動もしたほうがよいでしょう。特に、デスクワークに携わっている方だと体を動かす機会も少なく、筋力が衰えているかもしれません。適度な運動を日々の生活に取り入れることで、EMSとの相乗効果も期待できるでしょう。

さらに日々の食事管理をしっかり行うことも大切です。筋力をアップさせたいのなら、たんぱく質をたくさん摂取する必要があります。たんぱく質だけでなく、ビタミンミネラルなど、バランスよく栄養を摂取しなくてはなりません。ダイエット目的の方も、適切な食事量を心がけ、糖質や脂質のとりすぎに注意しましょう。

EMSを使用するメリット・デメリット

EMSは人気の筋トレ器具で、現在では多くの方が利用しています。たくさんのメリットがあるからこそ利用者が多いと考えられますが、デメリットがあることも覚えておかねばなりません。