UA-135459055-1

今日の運命 9月19日

庚午日

 

 

六白金星の日

 新しい企画を持った人との接触あり。気が高ぶり争いが起りやすい。負けるは勝ち。怒ったら損、自己を誇るなかれ。心豊かにほのぼのと。

 

勢至菩薩

阿弥陀如来の脇侍。智力を象徴し、智慧の光をもって万物を照らし衆生の迷いを除き、無上力を得させ、苦を取り除く偉大な力を持つ菩薩。大勢至菩薩

 

御真言

オン、サンザン、ザンサク、ソワカ

触るだけで「瞑想」できる?瞑想をサポートするデバイス「Core」がすごい

フロントロウ編集部
瞑想をサポートしてくれる画期的なデバイス「Core」が、今海外で話題沸騰中。ただ触るだけで瞑想状態に入りやすくなるという「Core」の魅力に迫る。

海外で注目の瞑想用デバイス「Core」

ストレス社会が加速するなか、注目度が高まっている「瞑想」。しかし実践するにはコツがいることから、サポートするアプリなどが数々出ているけれど、それでも上手くいかないという人も少なくない。そんな瞑想難民を救うために開発されたのが、なんと触るだけで瞑想状態に入れる手のひらサイズのデバイス「Core」。

球体の一部が切り取られたようなシルエットが特徴的な「Core」は、電源をつけて手で包み込むように触ると、瞑想状態に入りやすくなるという全く新しい発想のアイテム。

多くのアスリートが愛用するマッサージガン「ハイパーボルト」でおなじみのハイパーアイス(HYPERICE)から2020年の1月に発売すると、その画期的な機能が海外で瞬く間に話題を集め、米Time誌や米Forbs誌などのメディアがこぞって特集。ウェルネスデバイスの注目株のひとつとなっている。

 

 

触るだけで瞑想に入りやすくなるという「Core」には、どんなカラクリがあるのか。

心地よい振動が瞑想に誘う

「Core」が瞑想をサポートしてくれるカギとなるのが、心地よい振動。「Core」が発する穏やかな振動が呼吸や集中力を整え瞑想に入るのをサポートするため、触るだけで深い瞑想状態へと導いてくれるという。

iPhone 13のSoC「A15 Bionic」のGPU性能が明らかに、13と13 ProのGPU性能差もハッキリ

iPhoneではシリーズごとに異なるSoCを搭載していますが、例えばiPhone 12シリーズではすべて同じSoCの A14 Bionicを搭載しています。しかし、iPhone 13シリーズでは初めて iPhone 13/iPhone 13 miniと iPhone 13 Pro/iPhone 13 Pro Maxで搭載されているA15 Bionicの構成が異なることが明らかになっています。iPhone 13シリーズが発表された Appleの新製品発表イベントでは、A15 Bionicについて「iPhone 13の場合はGPUが4コア」「iPhone 13 Proの場合はGPUが5コア」とモデルごとの構成の違いを簡単に説明していたのですが、ベンチマークアプリにiPhone 13シリーズのものと思しきベンチマーク結果が登録されたことで、実際にパフォーマンスにどの程度違いが生じてくるのかが明らかになりました。

ベンチマークソフトのGeekbenchに、iPhone 13シリーズのものと思しきベンチマークスコアが登録されていると報告されています。 CPUのベンチマークスコアは前シリーズのiPhone 12と比べてシングルコア性能が約10%増、マルチコア性能が約20%増となっていたため、「それほど大きな性能アップを果たしていないのでは」と指摘されていました。

 

これに続く形で、新しく発見されたのがGPU性能を測る指標となる Metalスコアです。なお、iPhone 13シリーズは発売前のタイミングであるからか、Geekbench上では「iPhone 14」と登録されています。このiPhone 13のものと思しきMetalスコアは「10608」となっており、A14 Bionicを搭載するiPhone 12のMetalスコアよりも約15%高いスコアを記録しています。

 

スマートウォッチ HUAWEI スマートウォッチ Band 6 1.47

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

HUAWEI ファーウェイ Band6/Graphite Black BAND6/BLACK
価格:7800円(税込、送料別) (2021/9/18時点)

 

バンド型のウェアラブル端末新製品がファーウェイから登場。手軽さはそのままに画面サイズを大きくすることで情報の見やすさや操作のしやすさが大きくアップしている

コンパクトさ、お手軽さが魅力の「HUAWEI Band」シリーズに
画面が大きくなった新モデルが仲間入り!

軽量コンパクトな本体で人気を集める、ファーウェイのリストバンド型ウェアラブル端末の「HUAWEI Band」シリーズに新モデル「HUAWEI Band 6」が登場した。最大の変化は、より大きく、より見やすく、より操作しやすくなったディスプレーだ。

発売されたばかりの「HUAWEI Band 6」。写真はグラファイトブラックのカラバリ

HUAWEI Band 6には、1.47型のカラー有機ELディスプレーを搭載。画面解像度は194×368ドットで、従来モデルの「HUAWEI Band 4 Pro」と比較して画面表示領域が148%拡大した。これにより、時間はもちろんのこと、画面に表示されるさまざまな計測データが見やすくなるとともに、操作性も大きく向上している。