UA-135459055-1

スキャナー  さらば書類。紙の資料を1秒でスキャンして文字をテキスト化できるスキャナー

Image: GLOT

紙の配布物が増える春の新生活にも!

名刺サイズからA3サイズまでの用紙を、たった1秒1000万ピクセルの画質にてスキャンする「Samicon ポータブルスキャナー」が発売されました。これがあればゴッツいスキャナー要らずで、折りたためば収納に便利。OCR機能があるので、取り込んだ文字をテキストデータに変換することもできちゃいます。

ビックリするほど多機能

他にも欠損部を自動的に補完でき、斜めになっても自動で位置を補正、適当に置いた複数の名刺も個別にまっすぐ補正して取り込む賢さです。

加えて表裏両面ある用紙を2回のスキャン後に結合する機能、さらにOCRが対応する言語は180カ国以上に及び、WordやExcel、JPG、TXT、PDFに出力も可能なだけでなく、動画をAVI形式で録画までやってのけるというから、ウェブ会議や授業を行う先生も重宝しますね。

紙の資料が多い人たちにぜひ

使い方は、コンピューターにアプリをインストールして本体を繋ぐだけというシンプルさ。自粛期間で時間がある人は資料整理ができますし、教育関係、弁護士、会計士、医療機関にお勤めの方々、親世代は毎日のように子供が持ち帰る学校のお知らせなども管理が楽になることと思います。

「Samicon ポータブルスキャナー」はWindows XP~10までの対応で1万6,800円Mac非対応)。そんなに安いわけではありませんが、置き場所にも困りませんし、あれば後々「買って良かったなー」と感じるんじゃないでしょうか。

今日の運勢  4月8日 Today’s fortune April 8

.月
正位置・・・予期されない危険。恋愛上の不運。スキャンダル。欺く。欺かれる。迷い。裏切り。家庭、家族の不和。家族の中に出る病人。死亡した関係者にまつわる事柄。霊感。心霊現象。死者との交霊。信仰。墓地。悪霊が付く。悪魔祓い。不安のある旅立ち。転職。就職。進学。見合い結婚などで未知の世界へ飛び込むこと。先祖。先祖霊。霊界。
逆位置・・・小さな嘘。軽いスリルを味わう。少しの失敗。過去の出来事に影響される。魔女的な女性に影響される。過去の嫌な相手が現れる。恋愛上の口論。
ウェイト解説
正位置・・・隠れた敵。危険。中傷。闇。恐怖。欺き。幻想。オカルト的な力。失敗。
逆位置・・・不安定。続かないこと。沈黙。小さな欺きと失敗。

二黒土星の日
仕事の事、旅行の事、病人の事、などが出やすい日。こみいった事が多い。いそがしい割に成果は少ない。 短慮は禁物。いやな仕事も進んで引き受ける位の気持ちが大切
再生の週  危の日
吉凶混合の日。
仕事運と対人運は概ね好調で、周囲からの評価も期待できます。
健康には注意が必要で、思わぬ怪我や事故に巻き込まれる可能性が高い日です。
何事も調子に乗りすぎると痛い目に遭うでしょう

.. Month
Positive position: Unexpected danger. Bad luck in love. scandal. throw dust in eyes. Be deceived. I’m at a loss. betrayal. Home and family discord. A sick person in the family. Matters related to the person who died. inspiration. Psychological phenomenon. Spirituality with the dead. faith. Cemetery. Evil spirits are attached. Devil exorcism. Anxious departure. Change jobs. Employment. Go on to higher education. Jumping into an unknown world by matchmaking marriage. ancestor. Ancestor spirit. The spirit world.
Reverse position … a small lie. Taste a light thrill. A little failure. Affected by past events. Influenced by a witchy woman. An unpleasant partner in the past appears. A romantic quarrel.
Weight commentary
Positive position … Hidden enemy. Danger. Slandering. darkness. Fear. Deception. Illusion. Occult power. Failure.
Reverse position: unstable. Don’t continue. silence. Small deception and failure.

Nikuro Saturn Day
A day when work, travel, sick people, etc. are easy to come out. There are many things that are complicated. Although it is busy, there are few results. Don’t be short-sighted. It’s important to be willing to take on unpleasant work
Week of Rebirth Dangerous Day
A mixed day of good and bad.
Work luck and interpersonal luck are generally strong, and we can expect evaluations from those around us.
It is a day when you need to be careful about your health and you are likely to be involved in an unexpected injury or accident.
If you get too sick, you will get hurt.

apple  Appleの自動運転車やARグラス開発などについてティム・クックCEOがインタビューの中で語る

Appleのティム・クックCEOがニューヨーク・タイムズのインタビューに応じ、Apple CarやApple Glassesといった開発がウワサされる新ハードウェアから、FacebookやEpic Gamesといった対立する企業についてまで、さまざまな質問に答えています。

Opinion | Apple’s C.E.O. Is Making Very Different Choices From Mark Zuckerberg – The New York Times
https://www.nytimes.com/2021/04/05/opinion/apples-ceo-is-making-very-different-choices-from-mark-zuckerberg.html

Tim Cook interview: Apple’s car plans and thoughts on Elon Musk
https://www.cnbc.com/2021/04/05/tim-cook-interview-apples-car-plans-and-thoughts-on-elon-musk.html

Sideloading Apps Would ‘Break’ the Security and Privacy of iPhone, Says Tim Cook – MacRumors
https://www.macrumors.com/2021/04/05/tim-cook-sideloading-apps-would-break-the-iphone/

車市場に参入するのではないかということは長らく報じられてきました。2020年末頃からは「Appleが自動運転車をパートナー企業と協力して開発することを目論んでいる」という報道まで出ています。

Apple製の自動運転車は2024年についに生産開始か – GIGAZINE

こういった報道を受け、クックCEOは「私の考えでは自律型システムこそがコアテクノロジーです。その一歩後ろに、自動運転車がありますが、これは多くの点でロボットと同じと言えます。自律型システムで可能なことはたくさんあります」と語り、自動運転車ではなく自律型のシステムそのものに注目していると答えました。

 

さらに、クックCEOは「我々は社内で非常に多くのことを調査しています。それらの多くは日の目を見ませんが、これは『実現しない』という意味ではありません」と語り、自動運転車について何かしらの取り組みを行っていることを示唆しながら、それが正式な製品やサービスとして形になるかはわからないと述べました。

なお、インタビュアーに「自動運転車の開発に取り組んでいるのか?」と直球の質問を投げかけられていますが、クックCEOはコメントを控えています。

Appleと電気自動車メーカーのテスラは直接的な関係を持っていませんが、 Appleがテスラの元従業員を複数人雇用していると指摘されたり、テスラの創業者であるイーロン・マスク氏が「過去にAppleにテスラを売却しようとしたことがある」と発言したりと、たびたび2社の関係についての報道が飛び出しています。

イーロン・マスクが過去にテスラをAppleに売却しようとしたことを明らかに – GIGAZINE

クックCEOはイーロン・マスク氏およびテスラについてコメントを求められた際に、「ご存じの通り私はイーロンと話したことがありませんが、彼が設立した会社には大きな賞賛と敬意を払っています。テスラは電気自動車市場でのトップの座をこれほど長い期間にわたってつくという、信じられないような業績を残しています」と語りました。

AppleはApp Store上で配信するすべてのアプリが広告識別子・ IDFAの利用について、ユーザーの許可を必須とする形でプライバシーポリシーを改定すると発表しました。この一環として、Appleは間もなく配信予定のiOS 14.5で、新機能の「 App Tracking Transparency(ATT)」を実装します。これによりアプリがユーザーをトラッキングしたり、IDFAにアクセスしたりするには、ユーザーの許可を得る必要が出てくることとなります。

プレ会員先行募集開始/会員制クラフトビールサービス DREAM BEERは全国各地のブルワリーとご自宅を専用サーバーで繋ぎ、多彩な銘柄が楽しめる会員制クラフトビールサーバー。最大6ℓが無料になる特典満載のプレ会員登録スタート

 

このATTに対して、Facebookは「ターゲティング広告が難しくなり広告収入が激減する」と警告し、 中小企業が大きなダメージを受けることになると主張しています。

Facebookが「iOS 14のプライバシーポリシー改訂でターゲティング広告が難しくなり広告収入が激減する」と警告 – GIGAZINE

こういったFacebookからの反発に対して、クックCEOは自身のTwitterアカウント上で、広告トラッキングをするか否かの選択はユーザーにゆだねられており、 完全にユーザーのトラッキングが不可能になったわけではないと主張しています。

さらに、ニューヨーク・タイムズによるインタビューの中で、クックCEOは「現在、他社のアプリはユーザーを追跡することでユーザーの思考や行動を把握し、24時間365日ユーザーのウェブ上での行動を監視しています。こういった状況を変えることがATTの目指すところです。追跡に対してポップアップ表示を追加し、追跡されることに同意するか否かを問う質問を行います。ユーザーが追跡されてもOKならばこれまで同様で、そうでなければ追跡されることはなくなります」と語り、ATTが目指すところを改めて説明しています。

このほか、クックCEOはARについて、「ARに関しては、皆が素晴らしいものだと考えています。さらに、ARを用いてチャートやその他の表示物を追加することでディスカッションを補強することができれば、さらに素晴らしいものとなるかもしれません。健康や教育、ゲーム、小売りなどさまざまな分野でARの利用について考えられていますが、すでにいくつかの分野ではARが普及していると言えます。さらに先を見れば、ARにはより大きな可能性があると思います。そのため、Appleの将来にとっても非常に重要な部分をARが担う可能性があります」と語り、AR関連技術への取り組みを示唆しています。

pleは2022年に10万円超のAR・VRヘルメット、2025年にARメガネ、2030年にARコンタクトをリリースすると予測されています。

Appleが2022年に10万円超のAR・VRヘルメット、2025年にARメガネ、2030年にARコンタクトをリリースするとの予測 – GIGAZINE

加えて、 AppleとEpic Gamesの法廷闘争について、クックCEOは「App Storeのルールとガイドラインに従うことは必須であり、Epic Gamesは長年これに従ってきました。しかし、突如ルールに従うことをやめ、その後アプリの仕様を変更しました。これは一種の欺瞞(ぎまん)的な動きであったため、我々は法廷で争うこととなりました。我々はApp Storeのプライバシーとセキュリティの側面について説明しており、この主張に間違いはないと自信を持っています」と語りました。

「フォートナイト」開発元のEpic GamesがAppleを提訴 – GIGAZINE

Epic Gamesを含む複数の企業が「App Storeが徴収する手数料は不当に高い」と批判しており、iOSではApp Storeからしか基本的にアプリをインストールできないようになっている点が問題視されています。しかし、クックCEOは公式のアプリストア以外からアプリをインストールする サイドローディングが可能になれば、「iPhoneのプライバシーとセキュリティが打撃を受けることになります」と指摘しています。

apple  アップル、約200gのMR/ARヘッドセット開発か

photo:Maurizio Pesce

アップルは2022年なかばにMR/ARヘッドセット、2025年までにARグラス(メガネ)をリリースする予定だ。アップル関連の著名アナリスト、ミンチー・クオ氏が3月7日に予測を出した。

 

同氏によると、来年登場するMR/ARヘッドセットのプロトタイプの重さは現在200〜300グラムほどだが、技術的な問題を解決できれば100〜200グラムにでき、既存の製品よりも大幅に軽量化したものになるという。

ただし複雑なデザインのため、価格はハイエンドiPhoneと同じように10万円になると予想されている。

このほかMR/ARヘッドセットは独立した処理能力とストレージを搭載しており、持ち運べる「ポータブル」ではあるものの、iPhoneのような「モバイル」ではないという。管理するためのデバイスがほかに必要だということだろうか?

もうひとつのARメガネについてはプロトタイプの製造もされていないためくわしいことはわからないが、こちらは「モバイル」である可能性が高いとのこと。

 

apple  AR視点で振り返るiPhone14年の進化

初代iPhoneが登場してから2021年で14年。その進化と共に、ARを使ったアプリやサービスも成長を続けてきた。ハード・ソフト両面からみたiPhoneの進化をARの視点で紐解いてみよう。iPhone 12 Pro+ARで現代アートが目の前に KDDIが無料アプリ

初期iPhoneのARアプリヒット作「セカイカメラ」

iPhone向けARアプリで最初の大きなヒットといえるのが、2009年リリースの「セカイカメラ」だ。このアプリは、カメラ越しに風景にARの「エアタグ」とよばれるラベルを追加できるものだった。エアタグにはテキストや写真、音声データなどを含めることができ、アプリを起動すると、他のユーザーがその場所に追加したエアタグが空中に浮かんで見える。

iPhone普及期の物珍しさも手伝って多くのユーザーに利用され、2014年のサービス終了までの5年間に、自治体との連携で地域の観光情報を表示する取り組みや、企業のキャンペーンでの活用などが多数行われた。

なお、セカイカメラのリリースと同年に発売されたiPhone 3GSでは、iPhoneで初めてデジタルコンパスが搭載された。また、カメラも前モデルのiPhone 3Gが2MPだったのに対して、3MPに向上。オートフォーカス機能も初めて搭載されるなど、カメラとして“普通に使える”レベルとなった。それに加えてプロセッサ性能も向上したことで、iPhoneのカメラを使ったアプリを作りやすくなった時期でもある。

ARアプリの浸透に寄与した「ポケモンGO」

ARが広く認知される契機となったのは、2016年のポケモンGOブームだろう。米調査会社Sensor Towerの調査によると、同アプリは米国でのリリースから7日で1000万ダウンロードを突破、リリース初月に2億ドル超の収益を達成している。さらに、2020年1月から10月までの10か月間の収益は前年比30%増の10億ドル、生涯収益は24億ドルに達するなど、現在も広く楽しまれる定番ゲームアプリに成長した。また、この頃にはApp Storeで提供されるARアプリも増え、ARが身近な技術となっていった。

ARアプリの利用範囲を広げた「ARKit」

2017年にはAppleが開発者向けフレームワーク「ARKit」をリリースし、ARアプリを制作しやすい環境が整った。

ARKitでは、iPhoneのカメラとモーションセンサーを使って平面を認識させ、空間上にARのオブジェクトを配置できる。これによって、メジャーを表示させて空間の長さを測るアプリや、室内にARの家具を配置して購入後のイメージを確認できるアプリなどが登場。ゲームなどのエンターテインメント分野だけでなく、実用的なツールにもARが使われるようになっていった。

「LiDARスキャナ」でより高度な開発も可能に

2020年春には、iPad Proに深度測定が可能な「LiDARスキャナ」が初搭載。同年秋発売のiPhoneシリーズの上位モデルにも搭載された。LiDARスキャナに使われているLiDARは、光の反射を利用して対象物までの距離や位置、形状などを測定できる技術。物体の奥行きなどの三次元の情報を取得できるため、室内の状況をより短時間で正確に把握できるようになった。

 

これはアプリの使い勝手向上にも寄与する。たとえば、iPhone標準の「計測」アプリを使う際、従来の端末では最初にiPhoneを左右に動かして床を認識させる必要があった。LiDARスキャナ搭載端末の場合はこの操作が必要なくなり、アプリ起動と同時にすぐに計測を開始できる。例えばTiktokやSnapchatなどのSNSでは、早くもLiDARを活用したAR体験ができるカメラ機能が取り入れられて話題になった。

さらにARKitでは、LiDARスキャナを使った「オブジェクトオクルージョン」の利用も可能になった。これは、現実の物体とARオブジェクトの前後関係などを正しく認識できる技術で、従来よりも正確でリアルなAR表現が可能になる。

iPhoneはこれからも進化を続け、それに伴ってiPhoneでのARの使われ方もより高度化・多様化していくだろう。Appleからは今後数年以内にARヘッドセットが発売されることも噂されている。