UA-135459055-1

Krita

Krita

 

ダウンロードとインストール

まずKritaのインストールから簡単な初期設定、ファイルを作成するという絵を描くまでの手順の説明したいと思います!公式サイトにアクセスし、ダウンロードと書いてある場所をクリックします。

するとOSとbitの選択画面に飛ばされますので、ご自分のOSとbitに合ったものをダウンロードしましょう。

ダウンロードしたファイルをダブルクリックでインストーラが起動します。一般的なソフトウェアのインストールと同じように規約に同意し、インストール先を選択します。

インストールが終わったら早速Kritaを起動しましょう!

設定

早く絵を描きたい!と高ぶる気持ちを抑えて、まずは設定をしていきましょう。今回は簡単に初期設定だけしていきます。画面上部の設定をクリックし、Kritaの設定を変更を選択します。するとこのような設定画面が出てきます。

全般の設定

まずは表示されている全般タブから設定をしていきます。

そのまま表示されているカーソルタブのカーソル形状から設定していきましょう。

カーソルの設定

これはキャンバス上にカーソルが移動した際そのカーソルをどのように表示するかという設定です。形状に関してはお好みで設定して大丈夫です。自分の見やすい形状を選びましょう。

輪郭に関しては「ブラシ輪郭をその形状で表示」がオススメです。文字通りブラシの形が見えるのでどのようにどのくらいの線がひかれるのが分かりやすいです。

ウィンドウ、ツールの設定

ウィンドウの設定ですが、マルチドキュメントモード、背景画像、背景色に関してはお好みで調整していただいて大丈夫です。(キャンバス表示領域の色や背景が変わります)サブウィンドウ~以下の設定は初期のままで良いと思います。

ツールの設定に関しても基本的に触らないで大丈夫です。

その他の設定

その他の設定は、自動保存間隔は文字通り自動保存の時間間隔設定です。自分に合った時間で設定しましょう。

関連設定ですが圧縮率は容量を節約したい方はチェックを入れましょう。バックアップファイルは初期のままチェックを入れておきましょう。

画像を~の項目ですがこちらはチェックなしのままで大丈夫です。編集履歴サイズ以下の項目もそのままで大丈夫です。

キーボードショートカット、キャンバス入力の設定

続いてキーボードショートカットの設定です。こちらはキャンバス上でない操作に関するショートカットの設定です。どのキーに何が設定されているのか簡単に確認をしましょう。右向きの小さな三角をクリックすると一覧が表示されます。変更したい箇所があればショートカット欄の三角をクリックし好みのキーを設定しましょう。

キャンバス入力の設定は先ほどと逆にキャンバス上での操作のショートカットの設定になります。扱いやすいように設定しましょう。SAIやPhotoshopを使っていた方はそちらと似た使用感のキーの設定が用意されていますので画面上部のプロファイルを切り替えましょう。

タブレットの設定

次は飛ばしてタブレットの設定です。表示色管理パフォーマンスなどの設定は今は必要ないので飛ばします。

こちらは筆圧の設定となっており、デジタルで絵を描く上で欠かせない設定です。縦軸は出力、横軸は筆圧の高さに対応していますので描きやすい設定になるよう調整しましょう。

以上を設定したらOKを押して基本的な設定は終わりです。次はファイルを作成しましょう。

ファイルの新規作成

画面左上のファイルタブから新規をクリックします。

このような画面が出ると思います。左側のカスタムドキュメントをクリックしましょう。

この画面で作成するイラストに合わせてキャンバスのサイズやタイトル等を設定できます。定義済みをクリックすれば予め用意されたサイズを使用することが可能です。幅の項目の右隣のアイコンをクリックすれば縦横を切り替えることが出来ます。色やレイヤーの内容はそのままで大丈夫なので、タイトルを付けて下の新規作成をクリックしましょう。

すると設定したサイズのキャンバスが作成されるはずです。これでキャンバスの用意ができました。

ツールボックスの位置を確認

ファイルを作成した後このような画面になっているはずです。(先程背景色などを変更した方は多少の違いがあると思いますが…)

絵を描く前にツールについて簡単に説明をしておきます。(量が多いので少し長めになってしまいます。すぐ次の手順に移りたい方は飛ばしていただいてツールについてわからず、必要な時に確認するという形でも問題ありません。)

今から説明するツールボックスとは画面左側のアイコンの表示されているスペースのことです。

では早速、左上のマウスカーソルのようなアイコンのツールから順に説明していきます。がその前にまずツールのオプションを表示できるようにしておきましょう。

右上のカラーサークルの下部分に「レイヤー」「ブラシプリセット」「ツールのオプション」というタブが並んでいますのでその「ツールのオプション」タブをクリックしましょう。

ちなみにアイコンにマウスカーソルを合わせてしばらく待つとツールの名前が出ます。今回の説明ではそちらの名前を使用しています。

今日の運勢 6月2日 Today’s fortune June 2

 

 

 

四緑木星の日

縁談、商談の来訪者あり。言動をつつしみ話を進めると良い。いつも良い日、皆良い人。こんな心境を養いたい。

 

凌犯期間  栄の日
何かを始めるのに適した日。
気分が晴れ、モチベーションもアップするので、リスクのあることや、躊躇していたことにも果敢にチャレンジすることで、良い結果が現れます。
自分に自信をもって、少しオーバーなくらいの気持ちで臨むとよいでしょう。

● Four Green Jupiter’s Day

∙ There are visitors for business meetings and business talks. It’s good to move on and talk. Always a good day, all good people. I want to cultivate such a feeling.

Criminal period   Sakae Day
A good day to start something.
I feel better and get more motivated. By boldly taking on the risks and being hesitant, good results will appear.
You should feel confident in yourself and feel a little overloaded.

Yukiko Yanagida, the words of a Japanese monk who saved S. Jobs, who was messed up by human relationships人間関係ぐちゃぐちゃのS・ジョブズを救った日本人僧侶の言葉 柳田 由紀子

https://bunshun.jp/articles/-/37895

 

どん底を見た男、スティーブ・ジョブズ。華やかなイメージのジョブズだが、実際には一度、自ら創業したアップル社から追放されている。原因は、傲慢な性格に起因する経営不振。しかも、リベンジを期して興した新会社では、やることなすこと失敗続きで、あわや一文無しに。

だが、男はあきらめなかった。1996年、アップルに復活すると、iPod、iPhone、iTunesなど世界的ヒット商品を、次々と世に放った——。そんなジョブズの隣には、いつも日本人僧侶がいた。生涯、師と仰いだ禅僧、故・乙川弘文(おとがわこうぶん)。風来坊主とも呼ばれた禅僧から、ジョブズが血とし肉とした7つの言葉。

弘文は、書の達人でもあった。ジョブズのフォントに対する情熱に影響が見られる ©︎Nicolas Schossleitner

禅僧の言葉(5)《禅とは掃き清めること》

アップルを石もて追われたジョブズは、時代の寵児から一気に坂を転げ落ちた。時に1985年、ジョブズ30歳。道を失いかけた彼は、禅の師、弘文を追い求めた。たとえば、追放の翌年。なんとジョブズは、弘文の里帰りに同行し、新潟の小さな街、加茂にまで足を伸ばしている。

一方、この頃、弘文自身は、ニューメキシコ州サンタフェ近くの山岳地で、一種の隠遁生活を始めていた。もちろん、ジョブズはここにも現れている。人里離れた山奥まで師を追った弟子に、師は説いた。

 みんなは、禅を瞑想だと思っている。でも、そうじゃない。禅とは掃き清めることなんだ。

実はこれ、かの有名な『般若心経』の〈色即是空(しきそくぜくう)〉に繋がる言葉である。

 色(しき)はすなわちこれ空(くう)

ここでの〈色〉は、あらゆる物質要素を指す。〈色〉であるところの物質要素は〈空〉。平たくいうと、物質とは実体のない状態なのですよ、というのが〈色即是空〉が意味するところだ。

弘文の書 photo/Courtesy of the Abbott family

となると、私たち人間も物質要素のひとつだから、実体がないことになる。ところが、人の自我の殻はとてもガンコで硬くて、世の中の中心を占めてしまう。そうではなく、自分の思いに執着せず、自身を「掃き清めよ」と、弘文はジョブズに説いた。

元来、人々から「現実歪曲フィールド」と形容されたほどの傲慢男だったジョブズ。しかも、当時の彼は金銭的に崖っぷちで、新会社、ネクストの社内も、人間関係もぐちゃぐちゃになっていた。ニューメキシコの山奥で「掃き清めよ」と教えられたジョブズは、この言葉を胸に、再びシリコンバレーへと戻っていったのだった。

禅僧の言葉(6)《月、星、太陽、風、雨、すべては、あなたの肉体の一部なのです》

ケイレブ・メルビー著『ゼン・オブ・スティーブ・ジョブズ 』(集英社インターナショナル)

ジョブズの不遇時代は10年続いたが、弘文とジョブズ、二人は、この時期にもっとも濃密な交流をしている。なかでもきわめつけは、ジョブズによる同居の提案だった。

ニューメキシコまでやって来たジョブズは、弘文に「シリコンバレーに戻って欲しい」と、熱烈に懇願した。その頃、ジョブズは、部屋が30室もある豪邸(別名ジャックリング邸)に住んでいたが、「敷地内に家を新築する」とまで言ったという。弘文自身は当初、申し出を拒んだが、次第に、ジョブズ邸をカリフォルニア滞在時の拠点とし、同居するようになった。

同居中の二人を訪問した弘文の弟子のひとりは、

「恐ろしいほど広い家なのに、物がほとんどなくてガランとしていた。あったのは、大きなダイニングテーブルと、ものすごく高級なステレオ、パイプオルガン、それにフルーツ用のボウル。その中には、たいてい“アップル”が盛られていましたね」

と、笑って述懐する。

2人の30年にわたる交流を描いたアメリカン・コミック『ゼン・オブ・スティーブ・ジョブズ』より

ジョブズと弘文の同居は、ジョブズが結婚するまでのおよそ5年続き、この間にジョブズは、弘文から『般若心経』に見られる大乗仏教の真髄や、坐禅の心を徹底的に学んだ。

以下は、弘文の法話をまとめた小冊子、「弘文が語る『般若心経』」(”Kobun’s talks on the Heart Sutra”/私家版)からの引用。

 私たちを取り巻く感覚は、私たちの肉体の一部です。月、星、太陽、風、雨、すべては、あなたの肉体の一部なのです。

〈空〉と並んで、『般若心経』で大事な概念に〈縁起〉がある。〈縁起〉というと、一般には「縁起が良い、悪い」など、吉凶の占い的に使われることが多いが、ここでは「物事が、何かの原因によって生じること」「世界の在り方をそのまま示したもの」と、解釈するとわかりやすい。

すると、〈縁起〉とは、この世の万物は〈空〉だということ。〈空〉とは、持ちつ持たれつ影響し合っているということ。だから、我執を捨て自分を空っぽにし、周囲と調和して生きていきましょうということ。周囲とは、私たちが住む地上の娑婆世界だけでなく、月、星、太陽、風、雨——私たちを取り巻くすべての宇宙を含む。

ジョブズは、不遇時代に弘文と暮らしながら〈空〉と〈縁起〉を学んだ。その日々のなかで、事あるごとに他人を拒絶しどん底に落ちた傲慢男は、いつの間にか宇宙にたゆたい、次になすべきことが自然に見える人物になっていった。ジョブズ、奇跡の復活の背後には、圧倒的な“禅の力”があったのである。

ニューメキシコ州の山岳地帯に、弘文が開いたネイティヴアメリカン調な禅堂。ジョブズも訪れた。

禅僧の言葉(7)《人助け? 笑わせてあげることだよ》

京大時代から弓に親しんだ 写真提供/柴田勘十郎氏

若い頃、ジョブズとインド巡礼の旅に出た大学同窓生のダニエル・コトケによれば、「唯我独尊で人を人とも思わなかったスティーブが、弘文だけは特別扱いで敬意を払っていた」と証言する。

いったいなぜ、ジョブズは、それほどまでに弘文に惹かれたのだろう?

その理由には、柔らかな包容力のある弘文と、戦闘的なジョブズの相性のよさや、弘文が京大時代から培った洋の東西に通じた宗教観、世俗のなかでの修行を尊んだことなどがあげられるが、最終的な決め手は、弘文の〈慈悲心〉と〈泥中の蓮(でいちゅうのはちす)〉的生き方にあった。

慈悲は、キリスト教だけでなく、大乗仏教でも頻繁に登場する概念だ。釈迦は、この世を〈苦〉(自分の思いのままにならぬこと)と捉えたが、人々からその苦を取り除くために、見返りを一切求めず、他人の心の安らぎが、そのまま自分の安らぎなのだと胆に定めて、他者のために尽くすべきと説いた。それが慈悲心だ。

弘文は、出世欲もなければ世俗性もなく、慈悲に生きた僧侶だった。だから、物を乞われると財布ごと渡してしまうといったふうで、本人は、宿無しの上、いつも金欠だった。強欲なジョブズには、正反対なだけにさぞ魅力的に映ったろう。

 笑わせてあげることだよ。

ジョブズに出逢った頃 photo/Courtesy of Harriet Buffington Chino

これは、ある時、弟子から「人助けは、どうするのがベストだろう?」と、問われた時の弘文の答えだ。弘文には、ギンギンに走り続けるジョブズを、ふと我に返らせる禅機の効いたユーモアのセンスもあったのだ。

そんな弘文は、金欠や家庭崩壊のほかに、飲酒問題も抱えていた。道に寝込んで留置されたことも一度ならずだった。ところが、そこでも、留置者や前科のある人々から人生相談を受けることになり、「これも僧侶の仕事だよ」と、本人は飄々としていたという。

宗教には、戒律を守って組織や集団の平安を保つ側面と、泥をかぶって衆生とともに生きていく側面の両面があるが、弘文は後者を生きた。〈泥中の蓮〉とは、清らかな蓮の花が泥から咲くように、汚れた境遇の中で清らかさを発揮することのたとえである。

ジョブズは、生後まもなく父母から捨てられ養子に出された、まさしく泥の池に生を享けた人物だった。その事実が長い歳月、彼を苛んだ。彼こそ、清水の聖人ではなく、〈泥中の蓮〉を求めたのだ。そして、弱冠20歳で弘文に出逢ったジョブズは、その時、すでにして弘文の本質を見抜いていたのである。

晩年、ヨーロッパ布教時のスナップ photo from www.kobun-sama.orghttps://bunshun.jp/articles/-/37895

Steve Jobs, the man who saw the bottom. Although Jobs has a gorgeous image, it has actually been exiled from Apple, which started its own business. The cause is poor management due to his arrogant personality. Moreover, at the new company that was established in anticipation of revenge, what he did was unsuccessful, and nothing was written.

But the man didn’t give up. When it returned to Apple in 1996, it released world-class hit products such as iPod, iPhone, and iTunes one after another. Next to Jobs, there was always a Japanese monk. Zen Buddhist monk who referred to him as a teacher for the rest of his life, the late Hirofumi Otogawa. Seven words that Jobs made blood and flesh from a Zen monk, also called Furai Bozu.

Hirofumi was also a master of calligraphy. Jobs’ passion for fonts is affected ©© Nicolas Schossleitner
Zen monk’s words (5) 《Zen is sweeping and cleansing》

Jobs, who was chased by Apple with stones, fell down the slope at once from the babies of the times. Sometimes in 1985, Jobs was 30 years old. Losing his way, he pursued the Zen teacher Hirofumi. For example, the year after the exile. Jobs accompanied him on his way home from Hirofumi, and went to Kamo, a small town in Niigata.

Meanwhile, at this time, Hirofumi himself had begun a kind of seclusion life in a mountainous area near Santa Fe, New Mexico. Of course, Jobs also appears here. The teacher preached to a disciple who pursued him to the remote mountains.

Everyone thinks Zen is meditation. But it’s not. Zen is sweeping and cleansing.

Actually, this is a word that leads to the famous “Hirakushintsukyou”.

The color is the sky

“Color” here refers to all material elements. A material element that is <color> is <empty>. To put it plainly, a substance is a state without substance, which is what “color-immediate sky” means.

Book of Hirofumi photo / Courtesy of the Abbott family

Then, we humans are also one of the material elements, so there is no substance. However, the shell of a person’s ego is very stubborn and hard, and occupies the center of the world. Instead, he wasn’t obsessed with his own thoughts and said, “Sweep and cleanse yourself,” Hirofumi told Jobs.

Originally, Jobs was an arrogant man who was described by people as a “reality distortion field.” What’s more, he was financially blunt at the time, and the company inside the new company, Next, and the human relationships were messed up. Jobs, taught in the mountains of New Mexico to “cleanse and cleanse,” was inspired by these words and returned to Silicon Valley.

Zen monk’s words (6) 《Moon, stars, sun, wind, rain, all are part of your body》
Caleb Melby “Zen of Steve Jobs” (Shueisha International)

Jobs’ unfavorable era lasted for 10 years, but Hirofumi and Jobs are the most intimate exchanges at this time. Among these, Jobs was a proposal by Jobs to live together.

Jobs, who came to New Mexico, enthusiastically asked Hirofumi to “return to Silicon Valley.” At that time, Jobs said he had lived in a 30-room mansion (aka Jackling House), but even said he would “build a new house on the premises.” Hirofumi himself initially refused to offer, but gradually he began to live with him, making Jobs House the base for his stay in California.

One of Hirofumi’s disciples who visited the two living together,

“It was a horribly spacious house, but it was empty with few things. It had a large dining table, a very upscale stereo, a pipe organ, and a bowl of fruit. It was popular. ”

I laugh and swear.

From the American comic “Zen of Steve Jobs” that depicts the interaction of two people over 30 years

Jobs and Hirofumi lived together for about five years before they got married. During this time, Jobs thoroughly learned the quintessence of Mahayana Buddhism found in Hironaka Shinkyo and Zazen’s heart.

The following is a quote from a booklet, “Kobun’s talks on the Heart Sutra” (private version), a booklet summarizing the story of Hirofumi.

The feeling that surrounds us is part of our body. The moon, stars, sun, wind, and rain are all part of your body.

Along with <Sky>, <Lucky> is an important concept in “Pranjyashinkei”. In general, “lucky” is often used as a fortune telling of good and bad, such as “good or bad,” but here, “things are caused by something,” “the way the world is” is shown as it is. It is easy to understand when you interpret it as “tamono”.

Then, “lucky” means that all things in this world are “sky.” <Sky> means that they influence each other. So, let’s abandon our obsession and make ourselves empty and live in harmony with the surroundings. The surroundings include not only the equestrian world on which we live, but also the moon, stars, sun, wind, and rain—all the universes that surround us.

Jobs lived with Hirofumi in an unfavorable age and learned “sky” and “lucky luck.” In those days, the arrogant man who refused others every time and fell to the bottom became a person who wanted to stay in the universe and seemed to naturally do what to do next. There was an overwhelming “zen power” behind Jobs and the miracle revival.

Hirofumi’s Native American style Zen hall in the mountainous area of ​​New Mexico. Jobs also visited.
Zen monk’s words (7) Lol
Photo courtesy of Mr. Kanjuro Shibata, who has been familiar with bows since the days of Kyoto University

According to Daniel Kotoke, a college alumni on a trip to India with a pilgrimage to Jobs in his youth, “Steve, who had no self-respect and self-esteem, was the only person who respected Hirobumi.” ..

Why was Jobs so attracted to Hirofumi?

The reason for this is that Hirofumi, who has a soft inclusiveness, and the goodness of the fighting Jobs, the view of religion that Hirobumi cultivated from the Kyoto University era to the east and west of the western world, and his practice in the world However, the final deciding factor was Hirofumi’s “mercy” and “lotus in the mud.”

Mercy is a concept that frequently appears in Mahayana Buddhism as well as Christianity. Buddha views the world as “bitterness” (not to be in his own way), but he seeks no reward in order to remove it from the people, and the peace of mind of others is his own peace of mind. He boldly decided that he should do it for others. That is mercy.

Hirofumi was a priest who lived mercilessly, with no desire to succeed and no secularity. Therefore, when I was begged for something, I handed my wallet, and he was always lacking money without an inn. For Greedy Jobs, it’s just the opposite of what it looks like.

It’s about making me laugh.

Photo / Courtesy of Harriet Buffington Chino when I met Jobs

This is Hirofumi’s answer when he was once asked by his disciple, “What is the best way to help people?” Hirofumi also had a good sense of humor, which was a Zen machine that made Jobs, who continued to run smoothly, come back to me.

In addition to lack of money and the collapse of his family, Hirofumi had a drinking problem. It was not only once that I was laid down in the street and detained. However, even there, he received life counseling from detainees and people with a criminal record, saying, “This is also a monk’s job,” he said.

Religion has both the side of keeping the peace of the organization and the group by keeping the discipline and the side of living with sentient beings wearing mud, but Hirofumi lived the latter. “Lotus in the mud” is a parable of showing pureness in a dirty situation, as a pure lotus flower blooms from the mud.

Jobs was a man who was abandoned by his parents shortly after his birth and was adopted, and enjoyed life in a pond of mud. The fact irritated him for many years. He was not the saint of Shimizu, he wanted the lotus in the mud. And Jobs, who met Hirofumi at the age of 20, was already aware of Hirofumi’s essence.

Later years, a snap during the mission to Europe photo from www.kobun-sama.org

薬師如来  Bhaiṣajyaguru  Yakushi Nyorai Bhaiṣajyaguru

oṃ huru huru caṇḍāli mātaṅgi svāhā

薬師如来の意味(薬師如来とは)

薬師如来とは、薬壺を持ち病気を治す仏様として知られる、如来の一尊です。

西方極楽浄土阿弥陀如来に対して、薬師如来は東方浄瑠璃界(いわゆる現世)の教主とされています。

阿弥陀如来は死後の来世の平穏を司る仏なのに対して、薬師如来は現世での苦しみを取り除き安泰を司る仏として扱われています。

如来とは、そもそも人間が解脱し悟りを開いた状態を指しますから、薬師如来も「悟りを開いた人物の一人」という事になります。

はじめて人間で悟りを開いたのは釈迦であり釈迦が仏教開祖ですが、仏教が広まるにつれ、徐々にその教えが分化したり密教が栄え始めたりして行きました。

そんな中でのちに薬師如来、阿弥陀如来など、釈迦以外にも悟りを開いた如来が現れ、大日如来という仮想の存在も生まれました。

如来になる前の菩薩の時代に「十二の大願」を立て、その大願を全て果たして如来になられました。十二の大願の中には「病気の災いを除き安楽を与える」というものもあり、この大願を果たしたことから医薬を司る仏という意味で「医王」との別名があります。

 

oṃ huru huru ca ṇḍāli mātaṅgi svāhā

Meaning of Yakushi Nyorai (What is Yakushi Nyorai)

Yakushi Nyorai is a Buddha who has a pot and heals illness.

Yamishi Nyorai is said to be the professor of the Toho Joruri world (so-called present world), in contrast to Amida Nyorai in the western paradise.

Amida Nyorai is the Buddha who controls the peace of the afterlife after death, while Yakushi Nyorai is treated as the Buddha who controls the peace by removing the suffering in this world.

Nyorai refers to the state in which human beings are liberated and enlightened in the first place, so Yakushi Nyorai is also one of the enlightened persons.

Buddha was the first human being to gain enlightenment, and Buddha was the founder of Buddhism, but as Buddhism spread, its teachings gradually differentiated and esoteric Buddhism began to flourish.

After that, Yakushi Nyorai, Amitabha Nyorai, and other enlightened Nyorai appeared, and a virtual existence called Dainichi Nyorai was born.

In the era of Bodhisattva before the time of Nyorai, he made “Twelve Great Aspirations” and fulfilled all of his wishes. Among the twelve great wishes, there is also the one to “give comfort except the disaster of illness”, and there is another name for “medicine king” in the sense of the Buddha who administers medicine because of fulfilling this great wish.