UA-135459055-1

今日の運命 9月17日

今日の運命 9月17日

 

八白土星の日

内輪もめが起こりやすい。格別慈悲心が大切の日。もうけ話は損失となりやすい。

戊辰日

普賢菩薩

釈迦如来の右の脇侍。白像に乗り、理知、功徳、教化、衆生を生死の苦海から救い、悟りの境地(彼岸)に導くとされる。尚、この菩薩の立てた十大願は一切の菩薩の行願の旗幟とされる

御真言

オン、サンマ、カ、サト、バン

 

 

 

apple iPhone13 ProとiPhone12 Proを比較|違いは何?どっちが買い?

2021年9月15日、遂にiPhone13 Proが発表されました。

本記事では、iPhone13 Proと前モデルであるiPhone12 Proの違いを比較し、どっちが買いか解説します。

iPhone13 Proの登場に伴いiPhone12 Proとどっちを買おうか悩んでいる方や、iPhone13 Proがどのような進化を遂げたのか気になる方は是非参考にしてみてください。

iPhone13 Pro・iPhone12 Pro比較まとめ
  • 価格
    iPhone12 Proが若干安い
  • チップ
    iPhone13 Proのチップは世界一レベル
  • カメラ
    iPhone13 Proの動画撮影機能がスゴい!
  • リフレッシュレート
    iPhone13 Proで120Hzを実現
  • バッテリー
    iPhone13 Proで1.5時間向上

 

結論】iPhone13 ProとiPhone12 Proはどっちが買い?

画像引用元:Apple

結論から言うと、今からPro仕様のiPhoneを購入しようとしている方はiPhone13 Proを買うべきです。

iPhone13 Proは、あらゆる機能面でiPhone12 Proを上回っています。

安い機種が欲しい方はエントリーモデルのiPhone SE(第2世代)を購入すればよいので、特別な理由がない限りiPhone13 Proを購入するべきでしょう。

iPhone13 Proがおすすめな人

iPhone13 ProとiPhone12 Proを比較した上で、以下のような人にはiPhone13 Proがおすすめです。

iPhone13 Proがおすすめな人
  • 最新機種が欲しい人
  • 本格的な動画撮影がしたい人
  • 滑らかな映像や操作を楽しみたい人
  • 1TBの容量が必要な人
  • バッテリー持ちを重要視する人

Appleの最新機種だというだけでも、iPhone13 Proが欲しい人は何人もいるのではないでしょうか。

iPhone13 Proは動画撮影機能がiPhone12 Proから大きく向上しており、リフレッシュレートも120Hzを実現しました。

1TBのストレージ容量にも対応しバッテリー持ちもよくなったので、迷うことなくiPhone13 Proを購入するべきでしょう。

iPhone12 Proがおすすめな人

ここまでiPhone13 Proを購入すべきだと言い続けてきましたが、iPhone13 Proが登場してもなおiPhone12 Proがおすすめな人は以下のような人です。

iPhone12 Proがおすすめな人
  • 少しでも安くPro仕様のiPhoneが欲しい人
  • パシフィックブルーが好きな人
  • 少しでも軽い端末を使いたい人

iPhone12 Proは、iPhone13 Pro発表と同時にAppleからの販売が停止しました。

しかしキャリアからの販売は続いており、今後格安SIMなどで型落ちとして販売される可能性もあります。

少しでも安くPro仕様のiPhoneが欲しい人はiPhone12 Proを買うとよいでしょう。

また、パシフィックブルーはiPhone13 Proにはないカラーです。

重さもiPhone12 Proの方が16gほど軽いため、それらの違いが気になる方にはiPhone12 Proがおすすめです。

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

 

apple Apple Watchの血中酸素濃度の測定精度は?コロナウイルスにも有効なのか

本記事では、Apple Watchの血中酵素濃度の精度について解説します。

血中酵素濃度は、最近だと新型コロナウイルス患者の状態を調べるためにも用いられていますが、Apple Watchの測定精度はそこまで頼れるものなのでしょうか

Apple Watchで測定できる血中酵素濃度とは

画像引用元:Apple Watch Series 6 – Apple(日本)

血中酵素濃度とは、酵素飽和度とも呼ばれるもので、血中のヘモグロビンに結合した酵素の量の比を表したものです。

一般的に96%以上だと正常だとされることが多く、93%以下だと「要注意」、90%以下だと「呼吸不全」の心配も出てきます。

自治体によっては、新型コロナウイルスに感染中の自宅待機者に、血中酵素濃度を測る「パルスオキシメータ」を貸し出すなど、重症化の目安としても利用されています。

Apple Watchの血中酸素濃度の測定精度

画像引用元:Apple Watch Series 6 の血中酸素ウェルネス App で、血中に取り込まれた酸素のレベルを測定する – Apple サポート (日本)

それでは、Apple Watchで測定できる血中酵素濃度の精度は高いのでしょうか。

残念ながら、Apple Watchの血中酵素濃度を測定する機能は、医療用ではありません。

あくまで一般的なウィットネスとウェルネスを目的としたものです。「精度が高い」とは口が裂けてもいえません。

Appleもこの点を注意しており、Apple Watchで測定した血中酵素濃度は、自己診断にも医師への相談にも使えないと公式ページで記しています。

血中酸素ウェルネス App の測定は、医療用 (自己診断や医師への相談を含む) ではなく、あくまで一般的なフィットネスとウェルネスを目的としたものです。

引用元:Apple Watch Series 6 の血中酸素ウェルネス App で、血中に取り込まれた酸素のレベルを測定する – Apple サポート (日本)

したがって、Apple Watchの測定結果を見て「96%以上だから安心だ」とか「93%以下だから心配だ」などと判断してはいけません。

新型コロナウイルスの重症化の目安にするなどもってのほかです。

新型コロナウイルスには有効でないので注意

以上、Apple Watchの血中酵素濃度の精度についてでした。

Apple Watchの血中酵素濃度を測定する機能は医療用ではありません。

自己診断や医師への相談に使うこともできないと、Appleはしっかり明言しています。

Apple Watchを信用して取り返しのつかないことになったら大変です。