UA-135459055-1

強制運命を持たない人はいない

強制運命を持たない人はいない
この悲劇は、決して特殊なものではないのである。
だれにだって先祖がある。先祖を持たない人はいない。したがって、だれだって先祖の強
制意識・強制運命を持たない人はいないわけである。
ただそれが強いか弱いかのちがいがあるだけで、大なり小なり、この悲劇を、人類は背負
っているわけだ。
つよい葛藤を持つ人は、この上なく不幸である。
その、心の深奥でおこなわれる深刻な葛藤のために、かれは、その心もからだも異常な状
態を呈する。・いわゆる「葛藤症状」をひきおこすのである。セリエは、欲求不満がひきおこ
すストレスの症状にういて語っているが、この場合は、深層意識の底辺において二つの意識
の激突がひきおこす強烈な魂のストレス症状だといってよいであろう。それは、精神病理学
でいう「強迫観念的状態」の症候をあらわす。
それはとくに、少年少女にもっとも顕著に見ることができる。
まず、衝動的である。異常なはにかみ、むらっ気、小心、心の振幅の度が大きく、極端か
ら極端にゆれ動く。感情の抑制ができない。てんかんタイプ、あるいはヒステリータイプの
気質が顕著である。
つぎに、分裂的で、心の集中と統一ができない。知能が高いのに学校の成績がいちじるし
く低い。気が弱く、神経質でありながら、時におどろくほどな残忍性、執拗性、暴力性をあ
らわす。またはソウウツ的症状となって、非常に快活で、はしやいでとめどなく饒舌になる
かと思うと、沈曇、無口となって自分の部屋にとじこもり出てこない。それでいてソウウツ
病ではないのだ。                   。
以上の症候は、往々にして精神病者、「狂人」ではないかと思われる。しかし、決して狂人
ではないのだ。それは、すべて、正常な「自我」と、先祖の病的な強制意識・強制運命との
凄惨な葛藤から演じられる悲劇なのだ。これは、しばしば、専門医でさえもその真の原因を
把握しかねて、ただ「強迫観念的ノイローゼ症」と名づけて当惑していることがすくなくな
い。しかし、その根本原因をつかまなければ、これらの不幸な人たちは、生涯、その半精神
病的状態からぬけ出すことができないのである。

イギリスの精神病理学者で、この強迫観念的ノイローゼの世界的権威であるA・カーダム
ト゛は、この強迫観念的ノイローゼの症候分析で、つぎのように述べている。

強迫観念にとりつかれる人々は、強制的な思考や行動にはげしく動かされる。
強制的な行動はよく知られていて、かぞえきれないほどたくさんある。そうして、そ
うした行動もふたつのカテゴリー、つまり自抑。前者は、手すりの三本目ごとにさわるとか、舗石の隙間を踏まないで歩く、というような、無駄な、不合理な行為をふくんでいる
。手がよごれていようといまいと、それには関係なく、手を洗いたい・という絶えることのない衝動は、青年期にもっともふつうに見られる症候のひとつである。この段階の最先端に、着物を着たりぬいだりする入念な儀式的行為が位置しており、それ幾時間もつづく激しい苦痛をあたえる儀式に変わるのである。
毎晩、二、三時間かけて、家の錠をおろす患者がいた。このような儀式的行為において、意志は依然としてはたらいてはいるか、おのれに背いている。それは望まないことを患者にさせる。(傍線は桐山)

No one has a forced fate
This tragedy is by no means special.
Everyone has an ancestor. No one has no ancestors. Therefore, everyone is a strong ancestor
There is no one who does not have a sense of control and forced fate.
The difference between strong and weak is just that it is big or small, and human beings carry this tragedy on their backs.
That’s why.
A person with a strong conflict is extremely unhappy.
Because of the serious conflict that takes place deep in his mind, he is in an abnormal state of his mind and body.
It presents a state.・ It causes so-called “conflict symptoms”. Frustration causes frustration in serie
I’m talking about the symptoms of stress, but in this case, there are two consciousnesses at the bottom of the deep consciousness.
It can be said that it is a symptom of intense soul stress caused by the collision of. It’s psychopathology
It represents the symptomatology of “obsessive-compulsive state”.
It can be seen most prominently especially in boys and girls.
First, it is impulsive. Abnormal shyness, unevenness, small heart, large degree of amplitude of the heart, extreme?
It shakes extremely. I can’t control my emotions. Epilepsy type or hysterical type
The temperament is remarkable.
Next, it is divided and it is not possible to concentrate and unify the mind. Even though I have high intelligence, my school grades are high
Very low. Weak, nervous, but sometimes surprisingly brutal, relentless, and violent.
Turn around. Or become a manic-depressive symptoms, a very vivacious, become endlessly talkative in Hashiyai
When I think about it, it becomes cloudy and silent, and I can’t stay in my room. Still, Soutu
I’m not sick. ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
The above symptoms are often thought to be psychotic, “madman”. But never a madman
It’s not. It’s all about the normal “ego” and the morbid coercion and fate of our ancestors.
It is a tragedy played from a terrible conflict. This is often the true cause, even for specialists
I can’t figure it out, and I’m often embarrassed by calling it “obsessive-compulsive neurosis.”
I. But if you don’t get the root cause, these unfortunate people will live their lives, their half-spirits.
You cannot get out of the morbid state.

A. Cardam, a British psychopathologist and world authority on this obsessive-compulsive neurosis
In this obsessive-compulsive neurosis symptomatological analysis, Do said:

People who are obsessed with obsession are swayed by compulsory thoughts and actions.
Coercive behavior is well known and there are countless numbers. And then
There are also two categories of such behavior: self-restraint. The former includes useless and irrational acts such as touching every third handrail or walking without stepping on the gaps in the pavement.
.. Regardless of whether your hands are dirty or not, the constant urge to wash your hands is one of the most common symptoms in adolescence. At the forefront of this stage is the elaborate ritual of putting on and taking off a kimono, which turns into a ritual that lasts for hours and is extremely painful.
There was a patient who unlocked his house every night for a couple of hours. In such ritual acts, the will is still working or against me. It makes the patient do what they don’t want. (The side line is Kiriyama)

変易生死   普通の人間と解脱に至る四つの階梯  Changeable life and death: Four steps leading to liberation with ordinary humans

仏語。聖者が迷いの世界を離れて、輪廻(りんね)を超えた仏果に至るまでに受ける生死。→分段生死

 

 の解説

仏語。聖者が迷いの世界を離れて、輪廻 (りんね) を超えた仏果に至るまでに受ける生死。→分段生死

 

生死

しょうじ

(梵)サンサーラ saṃsāra の訳。輪廻とも訳す。業因によって六道の迷界に、生まれかわり死にかわりして輪廻することで、涅槃(さとり)の逆。生死のはてしないことを底知れない海に譬えて生死海といい、苦悩の世界であるから生死の苦海という。生死の苦海を渡って涅槃の彼岸に到ることは困難であるから難度海ともいう。

① 二種生死。

(1)分段ぶんだん生死。有漏の善悪業を因とし煩悩障を縁として三界内の麤なる果報を受けるとき、その果報は寿命の長短や肉体の大小など一定の斎[際]限をもっているから分段身といい、分段身を受けて輪廻することを分段生死という。
(2)変易へんやく生死。不思議変易生死ともいう。阿羅漢辟支仏・大力の菩薩は分段生死を受けることはない。しかし、無漏の有分別の業を因として所知障を縁として、界外即ち三界の外の殊勝細妙な果報の身即ち意生身を受け、この身をもって三界内に来て菩薩の行を修めて仏果に至る。その身は悲願の力によって寿命も肉体も自由に変化改易することができて一定の斎[際]限がないから変易身といい、変易身を受けることを変易生死という。
② 四種生死。分段生死を三界について分け、これに変易生死を加えて四とする。また変易生死を方便・因縁・有後・無後の四生死に分ける。またみょう(現世の卑賎)より冥(死後の悪道)に入る、冥より明(死後の善趣)に入る、明(現世の尊貴)より冥に入る。明より明に入ることの四を四種死生という。
⓷ 七種生死。分段生死を三界について分け、これに変易生死の四種を加えて七とする。ただし後世の解釈ではこれを次の七種とする。分段生死・流来生死(真如の理に迷って生死の迷界に流来する初めをいう)・反出生死(発心して生死より反出する初めをいう)・方便生死(見思の惑を断ち三界の生死から超出する入滅の二乗についていう)・因縁生死(無漏業を因として無明を縁として生を受ける初地以上の菩薩についていう)・有後有生(有有生死ともいう。最後の一品の無明を残す第一〇地の菩薩についていう・無後生死(無有生死ともいう。無明を断ちつくして後身を受けない等覚の菩薩についていう)。(仏教学辞典)
輪廻

転生(てんせい、てんしょう)は聖者の輪廻である。

解脱に至る四つ

「解脱に至る四つの階梯」といった。

 だれでも、解脱に至るためには、この四つの段階を経なければならない。そしてこの四つの階梯を、すぐれた聖師にしたがって歩んでいくならば、だれでも解脱に到達できるのである。もちろん、あなたにしてもそのとおりだ。 そこで、この四つの階梯について、のべてみよう。

 

四つの階梯とは、

 

一、 Srota aPanna    須陀音

二、 sakrd agamin    斯陀含

三、 anagmin                   阿那含

四、 arhat            阿羅漢  仏陀

である。

 

説明すると、

 

須陀オン--きよめられた聖者

斯陀含 ーー められた聖者

阿那含ーー(次元を)飛躍した聖者

阿羅漢ーー(次元を)超越し、完成した聖者、「仏陀」ともいう。

 

 

普通の人間は生死は分段ぶんだん生死である。

輪廻を巡る。

つの下層世界(地獄餓鬼畜生の3つ)を指す。三悪道(さんあくどう)、あるいは三悪、また三途三塗とも、さんづ / さんず)などともいう。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の運勢  3月20日  Today’s fortune March 20

 

 

 

 剛毅、もしくは力
正位置・・・勇気。自己犠牲。念力。インスピレーション。不可能を成し遂げる力。常識や社会通念の打破。偉大な精神的指導力。忍耐。努力と忍耐による愛の勝利。理想へ向かう。相手の醜い欲望をなくさせる。危険を恐れない勇気をもつなら計画を実行に移すことが出来る。
逆位置・・・獣性や強いものに負ける。常識や法に負ける。力の乱用。忍耐の欠如。弱さ。チャンスを逃がす。
ウェイト解説
正位置・・・力。エネルギー。行動。勇気。寛大。完全な成功と名誉。
逆位置・・・独裁。力の乱用。弱さ。不一致。時には不名誉。
一白水星の日
この日には不遇、失意気味の来訪者が多いものです。自分自身も、憂い事で憂鬱になるものです。 部下や子供の問題も出る。この日は特に陰徳に心がけることが大切で
躍動の週  安の日
心身共に安定した日。
突発的な出来事や急な感情の変化とは無縁の日なので、自然体でリラックスした時間を持つことができるでしょう。
焦らずゆったり構えていれば、幸運は向こうからやってきます

Tsuyoshi or power
Positive position … Courage. Self-sacrifice. Psychokinesis. Inspiration. The power to accomplish the impossible. Breaking down common sense and common sense. Great spiritual leadership. Patience. Victory of love through effort and patience. Go to the ideal. Eliminate the ugly desires of the other party. If you have the courage to not be afraid of danger, you can put the plan into practice.
Reverse position: Loses to beasts and strong ones. Lose to common sense and law. Abuse of force. Lack of patience. weakness. Miss the chance.
Weight commentary
Normal position … force. energy. Action. courage. Generous. Complete success and honor.
Reverse position … dictatorship. Abuse of force. weakness. Mismatch. Sometimes disgraceful.

Ichihaku Mercury Day

There are many unlucky and disappointed visitors on this day. I myself am also depressed by melancholy. There are also problems with subordinates and children. It is especially important to keep in mind the immorality on this day

Dynamic Week Cheap Day
A day when both body and mind are stable.
It’s a day free from sudden events and sudden emotional changes, so you’ll have a natural and relaxing time.
If you don’t rush and hold yourself relaxed, good luck will come from the other side.

神人・小泉大志命   God man Koizumi Tai Shi Ming

守護神を持て?みんなの幸せのために

新品価格
¥1,100から
(2021/3/19 20:04時点)

神人・小泉大志命

 

 

伊勢の生き神さま

 わたくしと神界の浅からざる因縁『L-‐-それは神人・小泉大志命との出会いから始まる。

 あれは『変身の原理』が刊行された翌年のことであるから、もう三十年以上も昔のことになる。

 

 「伊勢の生き神さまと呼ばれている小泉先生という方が、先生の『変身の原理』を読んでたいへん感心され、お会いしたいとおっしゃっておられよすが、お会いにな

りますか?」

 わたくしは、即座にうなずいた。どういう方であるか知らないが、生き神さまといわれるほどの方ならば、会ってなにか得るところがあるだろうと思っだからであ

 「お若いころは剣道の達人で、天覧試合にも選ばれて出たそうです。のち和式に入って修行を積み、いろいろ不思議なお力を持たれるようになって、生き神さまと

呼ばれるようになったのだそうです」

「おいくつですか?・」

「たしか、去年、還暦を迎えられたとお聞きしています」

 

 

 駅を出ると、僻蒼とした木立の中に、森厳の気に満ちた大きな神社があった。

 もう日の暮れなので、その場で遥拝をし、神社と道ひとつをはさんで向かい合う小泉先生のお宅に足を向けた。

t観尼七り目色よ、一こ旨套てつ賢士よkLな監防ご 小泉先生は、中肉中背であったが、剣術で鍛えた筋骨たくましく、さらに、眼光聊球として、まさに神人と呼ぶにふさわしい気品を放たれていた。若く美しい澄子

しから歓迎してくださった。

夫人とともにわたくしを心か 初めてお会いしだ。それは、結構な晩餐の間も続いた。気がつくと、だいぶ、夜も更けていた。

人とともにわたくしを初めてお会いしたという感じがまったくなく、応接間で、修行談に話がはずん

                

神の鎮まるお屋

 「今夜は、桐山先生に、特別な部屋でおやすみいただきます。これまで、どんな方ごこyられても、この部屋だけはお通ししたこと、がありません。それは、神

さま いらるおお屋

小泉先生はそうおっしゃった。

 わ心ぐし~ひいくりして、

「それはとんでもないことです。そんな貴い部屋にやすむなど、困ります。わたく

しは道場の片すみで結構です。そのほうが気楽ですから」

 実際、神さまのいらっしゃる部屋などで眠れるものじゃないと思ったのである。

一晩じゅう、正座して合掌していなければならない……。

「いや、どうしてもそこにお泊まりください」

 と小泉先生はちょっと強い調子でおっしゃったので、そのお言葉に従うことにし

た。

 通された二階のその部屋は、十五、六畳くらいの和室であったが、厚いじゅうたんが敷き詰められ、立派な玉や、宝剣、神器などが奉安され、神々しい気に満ちて

いた。 と同音に声があかっか。

 わたくしはうなずき、同じ意味の言葉を返した。会話が始まったが、すべて、古代語 t代時代の言葉であった。不思議なことに、わたくしはそれらの言葉を理にしているのである。不思議なことに、解するだけではなく、彼らと同じように口に解するだけてロカく というのは、あとになって思ったことであって、そのときは、なんら不思議などと

感じず、当然のこととして会話を交わしていたのである。意していることもあるし、忘れてしまった

 そのとき交わした話の内容は、強く記憶しているこものもある。記憶していることは二種類に分類できる

゜わたくし個人にとって非常に皿叫なことと、このは外にとりIて非常に重大なことと、この二つである。

 およそ、二時間くらいたったであろうか、彼らは静かに座を立ち、同音に、「お元気で」という意味の言葉を口々にし、戸口に向かった。男は右、女は左の戸口か

ら、一列に出ていった。

 わたくしは右、左と、交々、手を振りながら、彼らを見送った。最後の一人が姿を消したとき、わたくしはふいに意識が朧朧となった。

 

 ふっと、目がさめた。

 

 どこだろう?

 あたりを見まわすと、わたくしは、小泉參剣道場の神の間の、床の中に寝ているのである。

 

「なんだ、夢か」

しかし、とわたくしは頭を振った。

 とても夢とは思えない。あの部屋の様子苓、集まりた人た1 のて八言へ0表情も、ほんのいま会って別れた人のようにはっきりと思い出されるのである。いや、

板敷きの間の、あの冷えた感触が、腰のあたり、足の裏に、友ざまざと感じられるではないか。とても夢とは思えない。                。。

 しかし、夢であることに間違いはない。

 わたくしは、しばらくの間、まじまじと天井を眺めながら、もの思いにふけった。

 そのうちに、再びわたくしは眠りに入った。

 

 今度は、なんの夢も見ることのない熟睡であった。目がさめると、壮快な気分であった。洗而して、神棚を打し、刺の食卓に向かりた。

 「いかがでした? 昨夜はよくおやすみになられましたか?・」

 小泉先生のお言葉に、はっと、昨夜の夢がよみが元つか。わたくしは、箸を置いて、お答えした。

 「よくやすみましたが、とても不思議な夢を見ました」

 わたくしは、昨夜見た夢をくわしくお話しした。

 「小泉先生、この夢はどういうことなんでしょうか?」

 同じく箸を置き、膝の上に手を置いて、じっとわたくしの話をお聞きになっておられた小泉先生は、わたくしの目を射るような眼光で見つめながら、お答えになった。

「桐山先生、それは夢ではありません。それは、実際にあったことなんです」

「「え?」

 とわたくしは絶句した。

「夢ではない……?」

「夢なぞではない。実際に起こったことなんです。あなたは、昨夜、元宮に行って、昔の神々とお会いになったのです」

 「元宮?」

 「そうです。この道場の向こうにある神社のことです。あの神社は、伊雑宮と申し上げるのですが、ここでは元宮で通っています。伊勢の皇大神宮は、最初、ここに

お祀りされた。のち、伊勢にお選りになったが、最初、ここにお祀りされた。そこで元宮と申し上げるのです」

「なるほど」

「あなたはそこへ昨夜行かれて、神集いを書れたのです」

「神集い?」

 

 と小泉先生は、強い視線でわたくしを見つめながら、

「あなたは素菱嗚命の生まれ変わりなのです。あなたは昨日、ここに来られた。それは、わたくしがお招きしたわけだが、実際は、神々があなたをお引き寄せになっ

たのです。昨夜、神集いされた神々は、みな素菱鳴命の一族、郎党たちです。だから、あなたは、みな、ご存じのはずなのです。神集いされて、重大なお話がなされ

た。そう聞くと、あなたは、なるほどとうなずくところがあるはずです」

 わたくしの頭の中を、走馬燈のように、昨夜の出来事がよみがえり、駆けめぐった。

 わたくしは黙ってうなずいた。

「桐山先生、あなたは、素菱鳴命の生まれ変わりであるから、国開きの大事業をな徽であるあなたを本能的に憎み、滅亡させるために全力を挙げる。彼ら、国津神の

子孫たちは、そんなことは知らないが、理由もなしに、あなたを心から憎み、叩きつぶそうと攻撃してくる。一方、天津神の子孫たちは、そういうことは知らないけ

れども、理由もなく、あなたを敬愛し、あなたの味方となって、身命をなけうち、

 

あなたを助ける。

 

 これから、敵、味方がはっきりします。国津神の子孫は、すべて敵となるでしょ

う。天津神の子孫は強力な味方となる。どちらも、そういうことは知らないけれども、宿命的、本能的に、そうなるのです」

 わたくしは、じっと聞き入った。

 1おなた口、非常か苫労かこれるが、多くの人があなたを助けるから、国開きの大

業は必ず成就するでしょう。それは、神々の助けなのです。神々があなたを助ける

から、どんな難関も乗り越えて、あなたは大業を成就する。わたくしもまた、これから、毎夜、神剣を振るって、あなたの大業成就、息災長寿を祈念してさしあげます」

 「ありがとうございます」

 わたくしは、心の底から、お礼の言葉とともに、小泉先生に合掌した。

 小泉先生は、最後に、にっこり笑って、こうおっしゃった。

「国津神の子孫たちも、最後にはみな帰伏して、あなたに忠誠を誓うようになるのです。それは、歴史を見ればわかるとおりです」

 声をあげて、笑われるのであった。

 以来、三十数年の歳月が流れた。目をつぶると、あの一夜の記憶がいまもなお、

 

まざまざと脳裡によみがえってくる。

 そして.

 おもしろいことがあるのだ。

 それは、あの磯部の神集いの中にいた顔を、わたくしは、これまでにお会いした人びとの中に、何人も見出しているのである。そういう顔は、いまもわたくしの周

囲にたく~んいるし、これからも次々と現れて、わたくしを助けてくれることになるのであろう。わたくしが、人に会うことが好きなのは、おそらくその顔を発見す

ることがとても楽しいからではなかろうか。

 

天皇防護 小泉太志命(こいずみたいしめい) 祓い太刀 の世界

新品価格
¥3,300から
(2021/3/19 20:00時点)

Shinjin Koizumi Daishi

 

 

 

Living God of Ise

The shallow connection between me and the divine world “L — It begins with the encounter with the god, Daishi Koizumi.

..

That was the year after the publication of “The Principle of Transformation”, so it was more than 30 years ago.

 

Mr. Koizumi, who is called the living god of Ise, was very impressed by reading his “Principle of Transformation” and said that he would like to meet you.

Do you want ”

I immediately nodded. I don’t know what kind of person it is, but I think that if you are a living god, you will get something to meet.

“When I was young, I heard that he was a master of kendo and was selected for a viewing game. Later, he entered the Japanese style and practiced, and became able to have various mysterious powers with the living god.

It seems that it came to be called. ”

“How old are you?·”

“I heard that you reached the 60th birthday last year.”

 

 

When I left the station, there was a big shrine filled with the spirit of the forest in the dense grove.

It was already dark, so I worshiped on the spot and went to the house of Mr. Koizumi, who faces the shrine across the road.

Mr. Koizumi, who is a medium-sized, medium-sized guard, is a swordsman who has a good eye color, and is a swordsman. He was given a dignity that deserved to be called a god. Young and beautiful Sumiko

Since then he has welcomed me.

I met him for the first time with his wife. It continued during a good supper. When I noticed, it was late at night.

He never felt like he met me for the first time with a person, and he couldn’t talk about his training during the drawing room.

God’s calming shop

“Tonight, Mr. Kiriyama will have a good night in a special room. No matter who you are, I have never been through this room. That is God.

Sama his shop

Mr. Koizumi said so.

Washingushi ~ Hiikuri,

“That’s ridiculous. I’m in trouble, such as resting in such a precious room.

You can use one corner of the dojo. It ’s easier. ”

Actually, I thought that I couldn’t sleep in the room where God was.

You have to sit upright and hold your hands all night …

“No, please stay there.”

Koizumi-sensei said in a slightly strong tone, so he decided to follow the words.

Ta.

The room on the second floor that was passed through was a Japanese-style room of about 15 or 6 tatami mats, but it was filled with thick carpets, and fine balls, treasure swords, sacred treasures, etc. were enshrined and filled with divine feelings.

He was. Is there a voice in the same sound as?

I nodded and returned words with the same meaning. Conversations began, but they were all ancient words from the t-generation era. Curiously, I make sense of those words. Curiously, he wasn’t just trying to figure it out, he was just as foolish as they were, and he thought later, and at that time, it was strange.

I didn’t feel it, and as a matter of course, I had a conversation. Sometimes I mean it, I forgot

The content of the story exchanged at that time was strongly remembered. What you remember can be classified into two types

゜ It is a very screaming thing for me personally, and this is a very important thing for me outside, and these two things.

It would have been about two hours, they stood quietly, and in the same sound, uttered the word “how are you” and headed for the doorway. Is the doorway on the right for men and on the left for women?

I went out in a line.

I saw them off, waving their hands, right and left. When the last one disappeared, I suddenly became unconscious.

 

Suddenly, I woke up.

 

Where is it?

Looking around, I was sleeping in the floor between the gods of the Koizumi Kendo hall.

 

“What a dream?”

But I shook my head.

I don’t think it’s a dream. The state of that room, the people who gathered, 1 to 8 words, and 0 facial expressions are clearly remembered as if they had just met and broke up. Disagreeable,

You can feel that cold feeling between the boards, around your waist and on the soles of your feet. I don’t think it’s a dream. ‥ ..

However, there is no doubt that it is a dream.

I lost my mind while looking at the ceiling for a while.

In the meantime, I fell asleep again.

 

This time, it was a deep sleep without any dreams. When I woke up, I felt refreshed. After washing, I hit the Kamidana and headed for the stab table.

“How was it? Did you have a good night last night?”

In the words of Professor Koizumi, did the dream of last night come from? I put down my chopsticks and answered.

“I had a good night’s sleep, but I had a very mysterious dream.”

I talked in detail about the dream I had last night.

“Mr. Koizumi, what does this dream mean?”

Similarly, Mr. Koizumi, who put his chopsticks on his lap and put his hand on his lap and listened to my story, answered while staring at my eyes.

“Professor Kiriyama, that’s not a dream. It really happened.”

“”e?”

I had no words.

“It’s not a dream …?”

“It’s not a dream. It’s what happened. You went to Motomiya last night to meet the old gods.”

“Motomiya?”

“That’s right. It’s a shrine on the other side of this dojo. That shrine is called Izawanomiya, but I go here at Motomiya. Ise Grand Shrine is here at first.

It was enshrined. Later, he was selected by Ise, but was first enshrined here. That’s why I call it Motomiya. ”

“I see”

“You went there last night and wrote a gathering of gods.”

“God gathering?”

 

Mr. Koizumi and Mr. Koizumi stared at me with a strong gaze.

“You are the reincarnation of the life of the gods. You came here yesterday. It was my invitation, but in reality, the gods attracted you.

It was. The gods gathered last night are all the members of the Roh party, a clan of Narumei. That’s why you all know. God gathered and a serious story was told

Ta. When you hear that, you should have a nod. ”

The events of last night revived and ran around in my head like a magic lantern.

I silently nodded.

“Professor Kiriyama, you are the reincarnation of Soryo Narumei, so you instinctively hate you, who is a big business of opening the country, and do your best to destroy them.

The offspring, who don’t know that, hate you from the bottom of their hearts and attack you for no reason. On the other hand, the descendants of Tianjin God do not know such a thing.

But for no reason, I admire you, be on your side, and die

 

I will help you.

 

From now on, the enemy and allies will be clear. All the descendants of Kunizu God will be enemies.

U. The descendants of Tianjin God become a powerful ally. Neither knows that, but fatefully and instinctively. ”

I listened carefully.

1 Your mouth is very or hard work, but many people will help you, so it’s a big opening to the country

The work will surely be fulfilled. It is the help of the gods. Gods help you

So, overcoming any obstacles, you will accomplish great work. From now on, I will also wield a sword every night to pray for your great achievement and longevity. ”

“Thank you”

From the bottom of my heart, I joined Mr. Koizumi with a thank-you note.

At the end, Professor Koizumi smiled and said:

“In the end, all the descendants of Kunizu God will surrender and pledge allegiance to you, as you can see from history.”

He was laughing aloud.

Since then, more than thirty years have passed. When I close my eyes, I still remember that night

 

It comes back to life.

And.

There is something interesting.

It was, I found many faces in that Isobe Kamutudoi among the people I had met so far. Such a face is still my week

I’m in the siege, and I’m sure they will continue to appear one after another and help me. What I like to meet people is probably discovering that face

Isn’t it because it’s so much fun?

 

今日の運勢 3月19日 Today’s fortune March 19

 

 

 

 

魔術師
正位置・・・希望。創造。巧み。熟練。創業。修行を始める。恋愛や交際の始まり。入学。ものごとの始まり。聖地。聖者。宗教上の本山などへの参詣。結婚式。新婚旅行。
逆位置・・・優柔不断。不適当。弱さ。不安定。神経の不足。創造力の不足。未来の計画に対する臆病さ。無理にすすめられる結婚や結婚式。技量不足で低迷する恋愛。
ウェイト解説
正位置・・・手腕。外交。手際。巧妙。病。苦痛。損失。災害。敵の罠。自信。意志。男性の質問者。

 

 

九紫火星の日

金銭問題、女性にかかわる苦労あり。人に背反されることあり。派手な苦労をする日。

 

 

躍動の週  衰の日
気持ちが不安定で、体調もすぐれないことが多い日。
ネガティブな感情にとらわれやすく、病気や怪我を招いてしまうことも。
メンタルの不安定さから甘言に騙される心配も。
どんなにうまい話でもこの日に決断するのは避けましょう

magician
Positive position … Hope. Creation. Skillful. Skilled. Founded. Start training. The beginning of romance and dating. admission. The beginning of things. Sanctuary. Saint. Visit to religious temples. wedding. Honeymoon.
Reverse position: indecisive. Inappropriate. weakness. unstable. Lack of nerves. Lack of creativity. Cowardice for future plans. Marriage and weddings that are forcibly recommended. A romance that is sluggish due to lack of skill.
Weight commentary
Normal position … Wrist. Diplomacy. Skill. Clever. disease. pain. loss. disaster. Enemy trap. Confidence. will. Male questioner.

 

 

 

Nine purple Mars day

There are financial problems and difficulties related to women. It may be contrary to people. A day of flashy hardships.

 

 

 

Week of dynamism Day of decline
Days when feelings are unstable and often unwell.
It is easy to get caught up in negative emotions and can lead to illness and injury.
There is also a concern that you will be deceived by sweet words due to mental instability.
Avoid making decisions on this day, no matter how good the story

 

求闘持聡明法一一一変身のカリキュラム Curriculum of transformation

 

求闘持聡明法一一一変身のカリキュラム

 

 

求聞持聡明法秘伝

 

チャクラを開発する三つの武器

 

求聞持聡明法による超能力開発は、ひと口にいうと、これまでくり返してのべてきたように、チャクラを開発して、そこから生ずる超人的子不ルギーを体の要所に送りこみ、それによって超人的な体力、超人的な精神力を獲得し、いごに、総合的な千不ルギーを脳に送って脳細胞を改造し、天才的な頭脳に変えてしまうというものである。

 

 では、いったい、人間の持つ何かそういう力を発揮するのであろうか?

 

次の三つの武器を使うのである。

  ―、意 念

  2、呼 吸

  3、筋 肉

 である。

 

 この三つを武器にして、チャクラを覚醒させ、また、チャクラェルギーを体の各所に送りこむのである。

 だが  、考えてみると、呼吸も、筋肉も、結局は、意念にょって操作されるものである。(潜在意識・深層意識をふくめこしたがって、究極的には、こころが主体となるわけである。

 

 じっさい、その通りであって、チャクラを開発するのも、チャクラにおいて発生させた超人的子ルギーを体の要点・要所に送りこみ、これを活動させるのも、すべてその原動力は、。こころ”なのである。こころがすべてなのだ。

 

こころとは、じつに偉大な力を持っているものなのである。

 

 だがそういうと、いったい心なんていうものにそんな力があるのだろうかと疑う人がいるかも知れない。それももっともなことと思われるが、しかし、人間の心というものはじつに不思議な力を持っているのである

意念むが持つ不思議な力

 多くの人びとは気がついていないが、適切な方法をもって訓練すると、人間の心は信じられないような不思議な力を発揮する。その例はいくらでもあげることが出来る。たとえば、『スーパーネイチュアLの著者、L・ワトスンは、

 

つぎのように述べている。

-もう一つの実用的なチペットの風習はツモである。この技能は風邪をひかないためのもので、大部分の上地が標高一万フィート以上の国では、非常に尊重される能力である。入門者はまず、呼吸と瞑想を組合わせた方法を学び、遠く人里離れた土地へ行って修行する。

毎日、氷のはった渓流で水浴し、体内に燃える火を想像しながら雪の土にはだかで座る。修行が完了すると、風の吹く冬の夜に試験が行われる。入門者は布にくるまれ、渓流にはった氷に穴をあけて、そこにつけられるのであるが、体温でその布を少なくともその夜の間に三回、完全に乾かさなければならない。この試験に合格すると、修行者は、四季を通じて、どんな高所でも、単衣の木綿の衣服しか身にまとわないようになる。いくつかのエベレスト登山隊は、万年雪におおわれた山地で、完全にはだかの隠者がちゃんと生活しているのを見たとさえ報告している。

 

 

 密教には、もっともっと高度の、人間を変えてしまう秘法がいくつもある。

しかし、その原理は一つである。心を使うのである。ただ、その使い方が問題である。L・ワトスンは、いともかんたんに、「体内に燃える火を想像しながら」と書いているが、それはそう単純なものではない。その修行者は、法に従って、深く微妙な心の使い方をしているのである。そしてまた、この修行は、

単に寒さにたえる能力だけを修行者にあたえるのではなく、寒さにたえる力は表面にあらわれただけのものであって、内面においてかれはもっともっと価値あるものを得ているはずなのである。そのことは、あなたも、これからしだいに理解されるようになるであろう。

 

 ところで、その「心」を、わたくしは、そのはたらきの上から、つぎのよう

に分類している。

 

  心・念・気

 である。

 意とは、意志、というように、心が一定の方向に向かって動いている状態を

さす。

念とは、意の動きが集中し高まって、ひとつの力を持つにいたった状態で、念力、という名がこれをよく表現している。

 

 気とは、念が或る方向に向かって身体の中を流れて行く状態である。ただし、この「気」には、意識的につくり出されたものと、無意識的・生理的に、自然に身体の中を流れているものと、二種類ある。たとえば、「元気だというような言葉で表現されるものである。そこで、見かたによっては、気を集中したものが念なのだ、ということも出来るであろう。もともと、心という一つのものを分けて考えているのであるから、そこのところはどうともいえるわけである。ここでは、便宜上このように分類して、「気」という場合は主として意識的につくり出されたものをいっていると考えていただきたい。

養…………ヽむをどのように使うのか?

 さて、それでは、その「心」をいったいどのように使うのであろうか?

心とは元来、この上なくとらえ難いものである。コロコロと常に動いてとどまらぬところから、これを約めてこころということになったのだといわれる位、

それは把握し難いものである。いったいどうやってこれを思う通りに駆使するのか?

 

 一つ、方法があるのである。

なにか?

 

呼吸である。

 

 心と呼吸とは、非常に密接な関係がある。

 心の状態がそのまま呼吸にあらわれ、呼吸の状態がそのまま心を映し出す。

心が静まれば、呼吸も静まり、呼吸を静めれば心も静まる。心と呼吸は一体なのだ。

 そこでI-、呼吸をコントロールすることにより、心をコントロールするという、高度のテクニックを使うのである。ここからスタートして、しだいに熟達し、ついには自分の思うように心を使うことができるようになるのである。

 

 いや、それだけではない。一歩すすんで、体(筋肉)をも、思う通りに使いこなすことができるようになるのである。というのは、呼吸は心と一体であるが、それだけではなく、体とも一体であるからだ。修行が進むと、今度は、呼吸と心が一体になって、心がえがくイメージ通り、不随意筋をも動かすようになるのである。

 

Curriculum of transformation

 

 

 

Gumonji Satoshi Hou Hidden

 

Three weapons to develop chakras

 

In a nutshell, the development of psychic powers by the Gumonji Satoshi method develops chakras and sends the resulting superhuman childhood irritability to key points of the body, as we have repeatedly mentioned. By doing so, it acquires superhuman physical strength and superhuman mental power, and in the meantime, it sends a comprehensive thousand chakras to the brain to remodel brain cells and turn them into genius brains. ..

 

Then, does it exert any kind of human power?

 

Use the following three weapons.

-, Intention

2, call sucking

3, muscle meat

It is.

 

Using these three weapons, awaken the chakras and also the chakra child irrugies

It is sent to various parts of the body.

However, when you think about it, breathing and muscles are, after all, manipulated by will. (Including the subconscious and deep consciousness, therefore, ultimately, the mind becomes the subject.

 

That’s right, the driving force is to develop the chakras, to send the superhuman child energy generated in the chakras to the main points and key points of the body, and to activate them. “Kokoro”. Kokoro is everything.

 

The heart is the one that has great power.

 

However, there may be some who wonder if the mind has such power. That seems reasonable, but the human mind has a mysterious power.

The mysterious power of will

Many people are unaware, but when trained in an appropriate way, the human mind exerts an incredible and mysterious power. You can give as many examples as you like. For example, “The author of Super Nature L, L. Watson,

 

It states as follows.

-Another practical tippet custom is Tsumo. This skill is to avoid catching colds and is a highly respected ability in most countries where the land is above 10,000 feet above sea level. Beginners first learn how to combine breathing and meditation, and then go to remote areas to practice.

Every day, I bathe in an icy mountain stream and sit naked in the snow, imagining the fire burning inside my body. Once the training is complete, the test will take place on a windy winter night. Beginners are wrapped in a cloth, pierced with ice in a mountain stream, and put on it, but at body temperature the cloth must be completely dried at least three times during the night. After passing this exam, the practitioner will only wear a single cotton garment at any height throughout the four seasons. Some Everest climbers have even reported seeing a completely naked hermit living in a snow-capped mountain range.

 

 

 

Esoteric Buddhism has a number of more advanced and human-changing secrets.

However, the principle is one. Use your heart. However, how to use it is a problem. L. Watson simply wrote, “Imagine a fire burning in your body,” but it’s not that simple. The practitioner uses the deep and delicate mind according to the law. And again, this training is

Rather than simply giving the practitioner the ability to withstand the cold, the ability to withstand the cold is only manifested on the surface, and he must have gained much more value on the inside. That will be understood by you as well.

 

By the way, from the top of its function, I would like to express that “heart” as follows.

It is classified into.

 

Mind, mind, and qi

It is.

The will is the state in which the mind is moving in a certain direction, such as the will.

As expected.

Psychokinesis is a state in which the movements of mind are concentrated and heightened to have one power, and the name psychokinesis often expresses this.

 

Qi is a state in which the mind flows through the body in a certain direction. However, there are two types of “ki”, one that is created consciously and the other that flows naturally in the body unconsciously and physiologically. For example, it is expressed by words such as “I’m fine.” Therefore, depending on how you look at it, you may be able to say that you should focus on what you are looking for. Originally, one thing called the mind is considered separately, so that can be said to be insignificant. Here, for convenience, we classify them in this way, and when we say “ki”, we would like you to think of it as something that was mainly consciously created.

Nourishment ………… How do you use ヽ?

Then, how do you use that “heart”?

The mind is, by nature, the most elusive. It is said that it was decided to reduce this from the place where it always moves and does not stop.

It’s hard to grasp. How do you make full use of this as you wish?

 

There is one way.

Something?

 

Breathing.

 

The mind and breathing are very closely related.

The state of mind appears in breathing as it is, and the state of breathing reflects the mind as it is.

If the mind calms down, the breathing calms down, and if the breathing calms down, the mind calms down. The mind and breath are one.

Therefore, I-, an advanced technique of controlling the mind by controlling breathing is used. Starting from here, you will gradually become proficient and eventually you will be able to use your mind as you wish.

 

No, that’s not all. You will be able to take a step forward and use your body (muscles) as you wish. Because breathing is one with the mind, but not only with the body. As the training progresses, the breathing and the mind become one, and the involuntary muscles move as the image of the mind evokes.

 

今日の運勢 3月18日 Today’s fortune March 18

 

 

剛毅、もしくは力
正位置・・・勇気。自己犠牲。念力。インスピレーション。不可能を成し遂げる力。常識や社会通念の打破。偉大な精神的指導力。忍耐。努力と忍耐による愛の勝利。理想へ向かう。相手の醜い欲望をなくさせる。危険を恐れない勇気をもつなら計画を実行に移すことが出来る。
逆位置・・・獣性や強いものに負ける。常識や法に負ける。力の乱用。忍耐の欠如。弱さ。チャンスを逃がす。
ウェイト解説
正位置・・・力。エネルギー。行動。勇気。寛大。完全な成功と名誉。
逆位置・・・独裁。力の乱用。弱さ。不一致。時には不名誉。

 

八白土星の日

内輪もめが起こりやすい。格別慈悲心が大切の日。もうけ話は損失となりやすい。

 

躍動の週  栄の日
何かを始めるのに適した日。
リスクのあることや、躊躇していたことにも果敢にチャレンジすることで、良い結果が現れます。
想像力が増し、直感が冴える日なので、全く未知の分野であっても積極的に挑戦してください。

Tsuyoshi or power
Positive position … Courage. Self-sacrifice. Psychokinesis. Inspiration. The power to accomplish the impossible. Breaking down common sense and common sense. Great spiritual leadership. Patience. Victory of love through effort and patience. Go to the ideal. Eliminate the ugly desires of the other party. If you have the courage to not be afraid of danger, you can put the plan into practice.
Reverse position: Loses to beasts and strong ones. Lose to common sense and law. Abuse of force. Lack of patience. weakness. Miss the chance.
Weight commentary
Normal position … force. energy. Action. courage. Generous. Complete success and honor.
Reverse position … dictatorship. Abuse of force. weakness. Mismatch. Sometimes disgraceful.

 

Yashiro Saturn Day

Inner ring wrinkles are likely to occur. A day when special mercy is important. Making money is easy to lose.

 

Dynamic Week Sakae Day
A good day to start something.
Good results can be achieved by boldly challenging things that are at risk or hesitant.
It’s a day when your imagination grows and your intuition becomes clear, so even if you’re in a completely unknown field, take on the challenge.

今日の運勢 3月17日 Today’s fortune March 17

 

吊るし人
正位置・・・自己犠牲。自己放棄。試練。修行。難行。殉教者。幽界(潜在意識の世界)からの導き。身動きのとれない状況。服従。復活。再生。心の柔軟性。
逆位置・・・我欲のとりこ。わがまま。自己主張がすぎる。つかみ難い態度や状況。敗北に導く精神的葛藤。
ウェイト解説
正位置・・・英知。慎重。洞察力。試練。犠牲。直観。占術。予言。
逆位置・・・利己主義。民衆。国民。国家。政治団体。
]
七赤金星の日
人より協力の依頼を受けたりする日。金運、喜び事あるも調子に乗って酒色に乱れぬよう心すべき日。小利に迷わず自他喜びを共にする心掛けも大切

 

躍動の週  命の日
自らの宿命の日。
落ち着きがなくなり、物事に集中できない日です。
この日に決断したことや実行したことは、良くも悪くも後々になって大きな影響を与えます。
衝動的な言動は避けて、控えめに慎重に行動することが大切です

Hanging person
Positive position … Self-sacrifice. Self-renunciation. trial. Training. Difficulty. Martyr. Guidance from the ghost world (the subconscious world). A situation where you cannot move. Obedience. Revival. Regeneration. Flexibility of the mind.
Reverse position … Captivity of selfishness. Self-indulgence. Too much self-assertion. An attitude or situation that is difficult to grasp. Mental conflict leading to defeat.
Weight commentary
Positive position … wisdom. Be careful. Insight. trial. Sacrifice. Intuition. Fortune-telling. Prophecy.
Reverse position … selfishness. people. The people. Nation. Political organization.
]

 

Seven Red Venus Day

The day when we receive a request for cooperation from a person. It’s a day when you should be careful not to get disturbed by the color of sake, even if you have good luck and joy. It is also important to keep in mind to share the joy of yourself and others without hesitation

 

Lively Week Life Day
The day of my destiny.
It’s a day when I feel restless and can’t concentrate on things.
What you decide and do on this day will have a big impact later on, for better or for worse.
It is important to avoid impulsive behavior and act sparingly and cautiously.

日々真剣を振るい邪気、邪霊を祓う男  小泉太志命(こいずみたいしめい)

 

 

日々真剣を振るい邪気、邪霊を祓う男

小泉太志命(こいずみたいしめい)という孤高の聖者をご存じだろうか。
彼は昭和が終わるとともに神去(かむさ)ったが、生前に「次の元号は平成になる」と予言していた。さらに平成のあとは、「○○の時代だよ」とも予告していた。
さて、○〇とはどういう意味だろうか。
太志命については、7年前のムー本誌で紹介されたことがあるが、このたび筆者は彼の評伝の『天皇防護 小泉太志命 祓い太刀の世界』(ヒカルランド)を出版したので、あらためてその人となりを振り返ってみたい。

天皇防護 小泉太志命(こいずみたいしめい) 祓い太刀 の世界

新品価格
¥3,300から
(2021/3/16 08:30時点)

小泉は、明治40年に青森県八戸に生まれた。鹿島神流の青年剣士として頭角を現し、20歳で上京。古神道家の川面凡児(かわつらぼんじ)から神界に参入する禊の行法と幣さばきを学び、国学者の今泉定助(いまいずみさだすけ)より皇統を中心として万人、万霊を結び固める国体皇学を学んだ。
文武に秀でた彼の名声は高くなり、ついに元老の西園寺公望より「皇室と日本に降りかかる邪気(まがつみ)、邪霊(まなつひ)を祓い太刀の威力で撃退してくれ」と頼まれることになった。当時の日本は、外からは中国の道教寺院で天皇呪詛の祭典が日々行われ、欧米からは黒魔術による日本排斥の呪術が行われていた。また、内からは大陸に進出して利権を確保しようとする陸軍や政商たちの野望が渦巻いていた。
太志命は、西園寺公の要望に応え、鹿島神宮で参籠(さんろう)を続け、タケミカヅチの神から内外の魔障を祓い浄めるフツの御霊の祓い太刀の作法を授かった。
やがて、太志命の真剣からは2〜3尺の霊気がほとばしるほどになった。彼は、皇室を護り日本の前途を調えようと、日々真剣の祓い太刀を振りつづけたが、無念なことにわが国は武運に恵まれず敗戦、占領の悲哀をなめることになる──。

画像2

若き日の小泉太志命(左端)。明治40年に青森県八戸に生まれた彼は、鹿島神流の青年剣士として頭角を現し、さらに禊の行法と幣さばきを学んだ。

戦後独立を回復したのち、太志命は、伊勢の伊雑(いさわ)宮の前に剣道場をもうけ、混乱を極める戦後日本に襲いかかる魔障を取り除こうとした。眼に見える人間中心の個人主義や、拝金主義、共産主義といった新たな邪気、邪霊と闘い、古来の「霊(ひ)の元の道」を回復させようとした。
邪気や邪霊は、抽象的な観念ではなく、生きている靄のようなエネルギー体である。だから、それが侵入してくると直ちに祓い浄めなければならない。斬り捨てるだけでなく、それらを昇華、浄化し、改心させなければならない。
こうして、伊雑の神武参剣道場で毎日3万3000回、真剣を振りつづける神業(しんぎょう)が始まった。

 

伊勢の伊雑宮の前に太志命がもうけた剣道場「神武参剣道場」。ここで彼はひたすら霊剣を振るい、戦後日本に襲いかかる魔障を取り除こうとした。

 

剣道場の床に残された無数の刀の傷。いかに剣を振るったかが推し量られる。太志命(右)と妃澄真女命の御二人が道場にて。
K3330085.JPG

今日の運勢 3月16日 Today’s fortune March 16

 

 

 

正義
正位置・・・正義。裁き。裁判。調停。公正な人物。常識家。均衡をとって生きていく人。バランスのとれた愛情。家庭と仕事の均衡をうまくとる。財政上の均衡がとれる。
逆位置・・・相手を厳しく裁く。裁判上の厳しい裁き(敗北)。無法。暴力。財政上の失敗。公正さを欠く。家庭と仕事のバランスが崩れる。
ウェイト解説
正位置・・・平等。正しさ。高潔。行政。正当な判断。
逆位置・・・あらゆる意味における法。法律問題。頑迷固陋。偏見。過剰な厳しさ。
六白金星の日
新しい企画を持った人との接触あり。気が高ぶり争いが起りやすい。負けるは勝ち。怒ったら損、自己を誇るなかれ。心豊かにほのぼのと

再生の週  親の日
趣味や仕事に没頭できる日。
予想以上の成果が得られるので、一気に片付けましょう。
さらに恋愛運が好調なので、意中の人との距離を縮めるためには、この日に行動することをお勧めします。