UA-135459055-1

思念による王者の相承 Thoughtful consent of the king

 

これが、チベット密教のいう 「思念による王者の相承」であることを。思念による王者の相承とは、じつに、霊的バイブレーションによる伝達だったのである。

これによって、解説に至る四つの階梯のうちの、第三の境地に達したことを自覚したのであるが、これは、間脳開発の練行tapasを成就していなかったら、絶対に得られなかったものである。内なる受容の態勢がととのって初めて、外よりの王者相承が発せられるのである。

 

解脱に至る四つの階梯

 

、「解脱に至る四つの階梯」といった。

 だれでも、解脱に至るためには、この四つの段階を経なければならない。そしてこの四つの階梯を、すぐれた聖師にしたがって歩んでいくならば、だれでも解脱に到達できるのである。もちろん、あなたにしてもそのとおりだ。

 

 そこで、この四つの階梯について、のべてみよう。

 

四つの階梯とは、

 

一、Srota aPanna 須陀証

二、sakrd agamin  斯陀含

三、anagmin               阿那含

四、arhat          阿羅漢

 

である。

説明すると、

須陀逼--きよめられた聖者

斯陀含 ーー 高められた聖者

阿那含ーー(次元を)飛躍した聖者

阿羅漢ーー(次元を)超越し、完成した聖者、「仏陀」ともいう。

 

では、この四つの階梯を、修行者はどのようにして歩んでいくのだろうか。

 

脳辺縁系・新皮質脳を殺す修行

 

 それはひと口にいって、大脳辺縁糸・新皮質脳を殺す修行である。

 大脳辺縁糸と新皮質脳を殺さなければ、間脳は作動せず、第三の目は開かな

いのである。

 ただし、誤解してはいけない。大脳辺繰系・新皮質脳を殺すということは、

究極において、大脳辺繰糸、ことに新皮質脳を生かすということなのである。新

皮質脳は「創造の座」であるといわれる。しかし、ほんとぅの創造の座は間脳に

あるのである。間脳はこれまでくり返し説いてきたように、霊性の場であり、霊 感の座なのである。ここが開発されることにより、ほんとうのインスピレーションが発生するのである。

 

ただし、間脳を開発するためには、しばらくの間、大脳辺縁系と新皮質脳を閉ざさなければならないのである。間脳が開発されたとき、新皮質脳は新しくよみがえる。新しくよみがえった新皮質脳こそ、霊性を基盤とした超人的なインスピレーションと創造力を持つ頭脳となるのである。

 

 ではそれはどんな修行か?

 

霊性完成の方法と体系

 釈尊が残した霊性完成の修行法がそれである。これを、わたくしは、「成仏法」とよんでいる。成仏とは霊性を完成したことをいい、それを成就した人を「仏陀」とよぶ。だからわたくしはその方法を、「成仏法」とよぶのである。

 『輪廻転生瞑想法』でのべたとおりであるが、それは七つのシステムと三十七種のカリキュラムから成る成仏のための方法と体系である。これを、阿含経では「七科三十七道品」あるいは「三十七菩提分法」とよぶのである。この二つの名称は、わたくしが勝手につけたのではない。古来からの仏教用語である。

 

実践輪廻転生瞑想法〈2〉理想の未来をつくる輪廻転生曼荼羅瞑想法

新品価格
¥3,080から
(2021/1/14 19:37時点)

 

 わたくしが、阿含経以外のお経―-法華経、阿弥陀経をはじめすべてのお経

をいささか激しい表現で批判するのは、阿含経以外のお経には、どの経典に

も、この成仏法がないからである。釈尊がじっさい説かれたのは阿合経だけで

あるという歴史的な事実のほかに、阿含経以外には、この「成仏法」がないか

ら、わたくしはそういうのである。「成仏法」のない経典など、わたくしは真実

の仏教経典と認めることはできないのである。もちろん、それなりの存在意義

なり存在価値はあろうが、本流ではない。傍流というべきである。このことに

関しては、わたくしの他の著書を読んでいただきたい。

 

七科三十七道品とはつぎのようなものである。

 

四念住法身念住法 受念住法 心念住法 法念住法

以上である。

この七科目、三十七種のカリキュラムは、

 一、瞑想

 二、実践

 三、tapas(練行)

 

四正断法-断断法 修断法 随護断法 律儀断法

四神足法白欲神足法 勤神足法 心神足法 観神足法

五根法-信根法 精進根法 念根法 定根法 慧根法

五力法-信力法 精進力法 念力法 定力法 慧力法

七覚支法択法覚文法 精進覚支法 喜覚支法

      定覚支法 念覚文法 軽安覚文法 捨覚文法

八正道法-正見法 正思惟法 正語法 正業法 正命法 正精進法

      正念法 正定法

 

に分類できる。

 四念住法・五根法は、瞑想である。

 四正断法・五力法・七覚支法・八正道法は、実践と瞑想である。

 四神足法は、特殊な練行tapasである。

 神足とは、神通力(超能力)のことで、この四神足法は、超自然の神通力を得

るための四種の修行法である。前にのべたわたくしの練行tapasはこれに属である。

 この七つの科目のうち、練行tapasを中心に、瞑想と実践の科目をとり入れて

修行するのである。どの科目をどうとり入れて、どのように訓練するかは、

聖師が決定ずる。修行者それぞれ、みな素質と因縁がちがうので、それを見て、グルがめるのである。

 この修行において、グルの果たす役目は大きい。グルについて、少しのべよ

 

霊性の洗礼

 

まず、間違いなく霊性を開顕したグルを見つけて、そのグルに受け入れても

らうことである。それができたら、この修行は八分どおり成功したといっていい

くらいである。それくらい重要なことであり、かつ、むずかしいということある。

 グルなくして、正しい霊性開顕の仏道修行は不可能である。ふつうの仏教信

心とはちがうのである。信心のしかたや、信仰のしかた、経典の講義や解釈を教

わるという程度のものならばとにかく、霊性開顕の仏道修行は、強力な霊的能力

を持つグルの助けなくしては、絶対といっていいほど、できないのである。

 たとえば、インド近代の聖者ラーマナーマハリシが、入門者に対して、「凝視

の方法」で受け入れの儀式をおこなったとき、彼の両眼の輝きと力が相手の心

をつらぬいて、その雑念の流れを断ち切ってしまったといわれる。ときとして

は、まるで電流が身の内に流れ込んだように相手は感じたともいわれる。

 

 

That this is what Tibetan Buddhism calls “the consensus of the king by thought.” The thoughtful consensus of the king was, in fact, a transmission by spiritual vibration.

By doing this, I realized that I had reached the third level of the four steps leading up to the commentary, but this would never be possible without fulfilling the diencephalon development training tapas. It is a thing. Only when the inner acceptance system is established will the king’s consent from the outside be issued.

 

Four steps leading to liberation

 

, “Four steps leading to liberation”.

Anyone must go through these four stages in order to reach liberation. And anyone can reach liberation by walking along these four steps according to a good priest. Of course, you are right.

 

Therefore, let’s take a look at these four steps.

 

What are the four stairs?

 

I, Srota a Panna Suda certificate

2. Sakrd agamin including

3, anagmin, including Ana

4, arhat Arhat

 

Is.

To explain,

Suda 逼 — A cleansed saint

Including the saint

A saint who made a leap (in dimension)

Arhat (transcendental dimension), also known as the completed saint, “Buddha”.

 

So how do practitioners walk through these four steps?

 

Training to kill the limbic system and neocortical brain

 

It is a practice to kill the limbic thread and neocortical brain in a bite.

If the limbic thread and neocortical brain are not killed, the diencephalon will not work and the third eye will not open.

It is.

However, don’t get me wrong. Killing the limbic system / neocortical brain means

Ultimately, it is to make use of the limbic thread, especially the neocortical brain. new

The cortical brain is said to be the “seat of creation.” However, the true position of creation is in the diencephalon.

There is. The diencephalon is a place of spirituality and a seat of spirituality, as I have repeatedly explained. The development of this is a real inspiration.

 

However, in order to develop the diencephalon, the limbic system and neocortical brain must be closed for some time. When the diencephalon is developed, the neocortical brain is revived. The newly revived neocortical brain is the brain with superhuman inspiration and creativity based on spirituality.

 

Then what kind of training is it?

 

Method and system of spiritual completion

That is the practice of spiritual completion left by Shaka Nyorai. This is what I call the “Buddhahood Law.” The Buddhahood means the completion of spirituality, and the person who fulfills it is called the “Buddha”. That is why I call that method the “Buddhahood method.”

As mentioned in “Reincarnation Meditation”, it is a method and system for the Buddhahood consisting of seven systems and thirty-seven curriculums. In Agama, this is called “Seven departments and thirty-seven dojos” or “37 Bodhipakkhi”. These two names were not given by me. It is an ancient Buddhist term.

 

Practical reincarnation meditation method <2> Reincarnation mandala meditation method to create an ideal future

New price
From ¥ 3,080
(As of 2021/1/14 19:37)

 

 

 

 

I am all sutras other than Agama sutras, including the Lotus Sutra and Amida sutras.

In the sutras other than Agama, which scriptures are criticized with a rather intense expression

However, this is because there is no Buddhahood law. Shaka Nyorai was only preached by Agama

In addition to the historical fact that there is, is there any other “Buddhahood method” other than Agama?

That’s what I am. I am true, such as scriptures without “Buddhahood Law”

It cannot be recognized as a Buddhist scripture. Of course, the significance of existence

It may have some value, but it is not the mainstream. It should be called a sidestream. To this

Regarding this, please read my other books.

 

The seven departments and thirty-seven items are as follows.

 

Satipatthana method, Satipatthana method, Satipatthana method, Satipatthana method, Satipatthana method

That is all.

These seven subjects, thirty-seven kinds of curriculum,

1. Meditation

Second, practice

Three, tapas (training)

 

Four Right Exertions-Cut Law, Repair Law, Defensive Law, Law Law

Iddhipada white greed foot method, work god foot method, heart god foot method, Kanjin foot method

Indriya method-Shinne method, Seishin root method, Nene method, Samadhi method, Keine method

Five power method-credibility method, devotion method, mind power method, constant power method, moral power method

Seven Factors of Awakening-Choice of Awakening Grammar

Jokaku grammar, grammar, light grammar, grammar

Noble Eightfold Path-Fa Zheng Method, Fa Zheng Method, Fa Zheng Method, Fa Zheng Method, Fa Zheng Method, Fa Zheng Method

Mindfulness method Orthodox method

 

Can be classified into.

The Satipatthana method and the Indriya method are meditations.

The Four Right Exertions, the Five Strengths, the Seven Factors of Awakening, and the Noble Eightfold Path are practice and meditation.

The four gods foot method is a special training tapas.

Kotari is a magical power (supernatural power), and this four-god foot method gains supernatural magical power.

There are four types of training methods for this purpose. The previously mentioned sticky training tapas belongs to this genus.

Of these seven subjects, meditation and practice subjects were incorporated, centering on training tapas.

To practice. How to take which subjects and how to train

The Holy Master decides. Each practitioner has different qualities and ties, so when he sees it, he screams.

In this training, the guru plays a big role. A little about Guru

 

Spiritual baptism

 

First of all, even if you definitely find a guru that reveals spirituality and accept it

It is to get. If you can do that, you can say that this training was successful as much as eight minutes.

About. It’s that important and it’s difficult.

Without Guru, it would be impossible to practice Buddhism in the correct spiritual manifestation. Ordinary Buddhist faith

It is different from the mind. Teaching how to believe, how to believe, lectures and interpretations of scriptures

Anyway, the Buddhist training of spiritual manifestation is a powerful spiritual ability.

It can hardly be done without the help of a guru.

For example, modern Indian saint Ramana Maharishi “stares” at his beginners.

The brilliance and power of his eyes when performing the acceptance ritual in the “method of”

It is said that he broke through the flow of thoughts. Sometimes

It is said that the other party felt as if an electric current had flowed into his body.

仏舎利宝珠尊和讃の講義  Lecture on Buddhist temple Rihoju Wasan

仏舎利宝珠尊和讃の講義をいたします。
和讃には非常にやさしいことばず、拡元、行の仕方、信仰の心
がまえなどが説かれております。やさしいことばですので、うっか
りして、和讃が説いているところの深い意味を汲み取れないでいる
人がいるかもしれません。また、やさしいことばだからということ
で、その意味をあまり深く味わおうとしない人も多いかもしれない。
しかし和讃というのは、やさしいことばの中に、たいへん重要な
内容が込められております。毎日読誦するむのですから、この講義
で深い意味を知り、読誦するたびにその内容をかみしめて、行の糧

にしなければなりません。
また、もう暗記してしまっているから、と勤行のときも目先だ
けで和讃を唱えている人もいるかもしれませんが、それでは本当の
勤行にならない。やぱり、暗記していても聖典をむしいただきなが
ら、その内容を深く心にめぐらせて、読誦しなければいけない。そ
れが本当のお経の読み方です。

きみょIちょうらい
帰命頂礼 仏舎利尊

功徳のほどを伝うべし

仏の慈悲のかぎりなく

まっ せ  しゅじょう

末世の衆生救わんと

へんげほっしん
変化法身仏舎利尊

霊処かずあるその中に

ほっしんだ とによ いほうじゅそん
法身駄都如意宝珠尊

けどぅりしょう
化導利生はてしなし
あくごういっさいた
悪業一切断ち切りて

この塔安置のところには

人みなすべて安穏に
ぇきぴょうくやく
疫病苦厄のうれいなし

日々の供養を忘るるな

法身如来あらわれて

つくるといえど宝塔の

ちりばめ輝くさまとなり

の法を説き給う

凡夫の法性たちまちに

衆生の胸にしみ透る
さてまた4 か世に貪りの

衣類さえなき貧しさに

至心に宝生いのるなら

ほうしょうげだつ
宝生解脱のその力
そもそも祀る宝塔は

大悲方便止まずして

奇利をとどめ置き結う

納め祀れる霊になり

仏舎利尊の宝塔は

大悲今変妙にして
らいはいくよう
礼拝供養の徳積めば

福徳果報かぎりなし

諸難のせまる恐れなく

牛馬の来に至るまで
されば行者は宝 り

たとえ愈がや木ぎれにて

忽ち変じて七宝の
し まおうごん  だいこうみょう
紫磨黄金の大光明

法身如来の声なれば

ひらきて悉地を成ずなり

声なき声ぞ尊とけれ

罪にむくわれ身にまとう

なげく貧窮の人にても

法身如来たちまちに

 

We will give a lecture on Buddhist shrine Rihoju Sonwasan.
Very easy words for wasan, expansion, way of doing, spirit of faith
It is explained that it is before. It ’s an easy word, so it ’s ok.
I haven’t been able to grasp the deep meaning of what Wasan is preaching.
There may be people. Also, because it’s a kind word
So, many people may not try to taste the meaning too deeply.
However, wasan is very important in easy words.
The contents are included. I read this lecture every day.
I learned the deep meaning of it, and every time I read it, I grabbed the content and ate the food of the line.

Must be.
Also, because I have already memorized it, it is just around the corner when I am working
Some people may be chanting wasan, but then it’s true.
I can’t work. Even if you memorize it, please pluck the scriptures.
Then, you have to read the contents deeply in your heart. So
This is how to read the true sutra.

Kimyo I Chorai
Returning to the top of the Buddhist temple

You should convey the merit

Without the mercy of the Buddha

Sattva

To save the sentient beings of the last generation

Hengehosshin
Change Dharmakaya Buddhist temple Toshison

There is a spiritual place in it

He was relieved, he was
Dharmakaya Cintamani

But let’s go
Kaido Toshio Hospitality
Akugo
Cut off the bad karma

At this tower enshrinement

All people are at peace
Eki Pyokuyaku
No joy of plague

Don’t forget your daily memorial service

Dharmakaya appeared

Even though it’s made, it’s a treasure tower

Becoming shining studded

Preach the law of

Immediately after the law of the ordinary husband

See through the chest of sentient beings
By the way, 4 or the world is greedy

In poverty without even clothing

If you really want to be a treasure

Hoshogedatsu
The power of Hosho liberation
The treasure tower that is enshrined in the first place

Don’t stop mourning

Keep the odds and tie

Become a spirit to be enshrined

The treasure tower of Buddhist temple Toshison

Great sadness now strange
Haiku
If the virtue of worship memorial service is accumulated

There is no limit to the good news

Without fear of trouble

Until the arrival of cows and horses
By the way, the performer is a treasure

Even if it ’s a piece of wood

Suddenly changed to cloisonne
And he’s crazy
Purple Golden Great Light

If it becomes the voice of Dharmakaya

Open up and form a Siddhi

A voice without a voice

Being guilty and wearing

Even for the poor

Immediately after Dharmakaya

虚空蔵菩薩  Akasha

虚空蔵菩薩

 こくうぞうぼさつ
虚空蔵菩薩

梵名は、アーカーシャガルバン。アーカーシヤは「虚空」、ガルバは「胎蔵」という意味です。

菩薩の福徳と仏智が大空(虚空)のように広大無辺であるところから、この名がつけられました。

その限りない福と智の徳を、必要とする人に必要なだけ与える、といわれています。「慈悲」の地蔵菩薩に対して「智慧」の仏として信仰されています。

 この虚空蔵菩薩を本尊として修する「虚空蔵菩薩求聞持法」は、頭脳を明晰にし、記憶力を高める修法としてよく知られています。

 同じく「虚空蔵菩薩念誦法」は、業障を除き、福徳円満にして物心両面の財宝を得ることができるとされています。

丑年および寅年生まれの人の守り本尊とされています。

タラーハ・ 慣用音 たらあく

「虚空蔵」はアーカーシャガルバ(「虚空の母胎」の意)の漢訳で、虚空蔵菩薩とは広大な宇宙のような無限の智恵と慈悲を持った菩薩、という意味である。そのため智恵や知識、記憶といった面での利益をもたらす菩薩として信仰される。

 

Bodhisattva
Kokuzo Bodhisattva

The name of the sword is Akasha Galvan. Akasiya means “empty” and Galva means “womb”.

The name comes from the fact that the bodhisattva’s fortune and Buddhist wisdom are vast and open like the sky.

It is said that the endless virtues of good fortune and wisdom are given to those who need them as much as necessary. It is worshiped as a Buddha of “wisdom” against the Jizo Bodhisattva of “mercy”.

The “Kokuzo Bodhisattva Gumonji Method”, which rehearses this Kokuzo Bodhisattva as the principal image, is well known as a method of clarifying the brain and enhancing memory.

Similarly, the “Kokuzo Bodhisattva Memorial Law” is said to be able to obtain treasures both physically and mentally with good fortune, excluding business obstacles.

It is considered to be the guardian deity of people born in the year of the ox and the year of the tiger.

Taraha, idiomatic sound

“Kokuzo” is a Chinese translation of Akashagarba (meaning “the mother’s womb of the emptiness”), and Kokuzo Bodhisattva means a bodhisattva with infinite wisdom and mercy like a vast universe. Therefore, he is worshiped as a bodhisattva who brings benefits in terms of wisdom, knowledge, and memory

 

 

.アーカーシャサンスクリット語आकाशĀkāśaAkasha、アカシャ、阿迦奢)は、インドで「虚空」「空間」「天空」を意味する言葉であり、インドの五大のひとつである。

 

 

もともとはインド哲学における物質の根源である四大(しだい))に、それらを産出し包括するために概念的に加えられた空間、すなわち虚空を意味し、併せて五大を構成する[1][2]

単に「空」と訳されることも多いが、この場合は「アーカーシャ」ではなく「シューニャ」(サンスクリット語शून्यśūnya)を意味する場合があり、両者は意味する由来がまったく異なるため解釈に重大な影響を与えないよう慎重な注意が必要である。

また、『ウパニシャッド』においては人間の内面や事物の本質を意味する「アートマン」(元の言葉は「呼吸」)とされたが、ヤージュニャヴァルキヤは「」・「空間」・「ガンダルヴァ」・「太陽」・「」・「」・「」・「インドラ」・「プラジャーパティ」・「ブラフマン」を包摂するもの、すなわち存在の一切を統括する法則とした。

西洋の近代オカルティズムではしばしばエーテルと同一視される。

人はどんな因縁を持つか  What kind of connection does a person have?

色情の因縁

男女が、異性(同性の場合もある)によって苦しんだり傷ついたりする因縁である。これは、家運衰退の因縁のもととなる因縁である。
また、夫、妻が、その洽訃春の色情のトラブルで苦しめられる場合も、色情の因縁炉力るということになる。

へんぎよう
偏業の因縁

職業の上にあらわれる因縁である。
この因縁を持つ人は、宗教家、芸術家、芸能人、裁判官、水商売などが適する。そのどれがよいかは、別の因縁とも照らしあわせてみる必要があるが、とにかくこの因のある
人は、これらの職業以外につくと絶対に芽が出ない。つまり、適性ということに関係してくるわけだが、そういうことをふくんだ上で、運命的にその職業以外では伸びないということである。

職業の適性ということは非常に重大なことで、それゆえに、いろいろな適性検査などが考案されているわけだが、適業、適性、というものは、因縁的に決定されているのである。
人の職業は、大づかみにいって、技術系(生産事業、技術者)、営業系(販売事業、営業、商人)、組織系(官公吏、政治家)の三種に分けられるが、人はみな、それぞれの系列に向く因縁と向かぬ因縁を持っており、向かぬ職業に就いた場合、絶対に芽が出ぬものであるから、注意して選択しないと生涯の不幸となる。

財運・水の因縁

財運があって、お七は人より何倍も多く入ってくるが、水のように流れ出してしまって、
身にっかない。 無理に溜めようとすると、自分が病気になったり、家族が病気になったりする。これぱ、
水の財運で、水というものは、流動しているかぎり腐敗せず、きれいである。溜まり水は必ず濁り、腐敗する。それと同じで、この因縁を持つ人は、常にお金が流れ動いて身につ人はどんな因縁を持常にお金が流れ動いて身につかぬのである。無理にお金を溜めると、腐敗現象が起きて、家族に病人やヶが人が出たり、
人にだまされたりして、全部、お金が出て行ってしまう。

領運の因縁

人の上に立つ因縁である。この因縁をもつ人は、必ず、大なり小なり人の上に立って、大好感傷どなる。但し、この頭領運に二種類あて、純然たる頭領運と、組織内の頭領運とに分けられる、純然たる頭領運は、だいたい創業者として成功する。組織内に頭領  課長、部長という一分野の首長で終わる。
頭領運はよい囚縁の部類に大るが、反面、孤独運を持ち、晩年は家庭的に不幸になりやすい。

頭領運のない人は、自ら頭領になると必ず失敗する。よき頭領運の人をえらんで、次位に甘んじ、よく補佐をすることに専念するがよい。それが、自分の才能、手腕を二分に発揮し得る最良の道である。野心を持って自分がその位置に就くと、物事渋滞して苦労ばかり多く、必ず失敗するのである。

 

子縁うすい因縁

子供との縁がうすい因縁である。
この因縁があると、子供が生れないか、生れても、五、六歳になるまでに死んでしまう。また、自分の実子と縁がうすいだけではなく、養子をもらっても、この因縁あ限りうまくいかない。その養子の運気(生命力)が強ければ衝突して出て行ってしまうし、生命力が弱ければ死んでしまうのである。

産厄の因縁

出産に際して、難産で苦しむ因縁である。衰運の時期で生命力が弱っている時にあたると、死ぬ恐れがある。水子の霊障や、難産で死んだ縁者の霊障のあることが多い。

 

Fate of sexuality

It is the cause of men and women suffering and being hurt by the opposite sex (sometimes of the same sex). This is the cause of the decline in family luck.
In addition, if the husband and wife are suffering from the trouble of the sexuality of the sexual spring, it will be the cause of the sexuality.

Let’s change
Fate of unbalanced work

It is a cause that appears on the profession.
Religious artists, artists, entertainers, judges, and water business are suitable for those who have this connection. It is necessary to compare which one is better with another cause, but anyway, there is this cause.
A person never sprouts outside of these professions. In other words, it has something to do with aptitude, but with that in mind, it is fateful that it will not grow outside of that profession.

Occupational aptitude is very important, and therefore various aptitude tests have been devised, but aptitude and aptitude are determined by factors.
People’s occupations can be roughly divided into three types: technical (production business, engineer), sales (sales business, sales, merchant), and organizational (public official, politician). All have ties that are suitable for each line and those that are not, and if you get a job that is not suitable, you will never sprout, so if you do not select carefully, you will be unhappy in your life. ..

Fortune and water

With good fortune, Oshichi comes in many times more than people, but it flows out like water,
I don’t get it. If you try to collect it forcibly, you may get sick or your family may get sick. This is
In the fortune of water, water does not rot and is clean as long as it is flowing. The pooled water is always turbid and rots. In the same way, a person who has this connection always has money flowing and wears it, and a person who has any connection always has money flowing and does not acquire it. If you forcibly save money, the phenomenon of corruption will occur, and sick people and people will appear in your family.
I’m fooled by people and all the money goes out.

Fate of luck

It is a cause that stands on people. A person with this connection will always stand on top of a person, more or less, and become very sentimental. However, there are two types of head luck, and pure head luck, which can be divided into pure head luck and head luck within the organization, generally succeeds as a founder. It ends with a chief in one field, a section chief and a department manager within the organization.
The head luck is in the category of good prisoners, but on the other hand, he has lonely luck and tends to be unhappy at home in his later years.

A person without a head luck always fails when he becomes a head. You should choose a person with good luck, settle for the second place, and concentrate on assisting well. That is the best way to fully demonstrate your talents and skills. If you take that position with ambition, things will be congested and you will have a lot of trouble and you will definitely fail.

Child rim

The relationship with the child is a thin cause.
With this connection, children will not be born, or even if they are born, they will die by the age of five or six. In addition, not only is the relationship with my own child thin, but even if I get an adopted child, this connection will not work. If the adopted child’s luck (life force) is strong, he will collide and go out, and if his life force is weak, he will die.

The cause of misfortune

It is the cause of suffering from dystocia during childbirth. If you hit it when your vitality is weak during a period of decline, you risk dying. Often there is a spiritual disorder of Mizuko or a relative who died of dystocia.

今日の運勢 1月14日 Today’s fortune January 14th

 

 

二黒土星の日

仕事の事、旅行の事、病人の事、などが出やすい日。こみいった事が多い。いそがしい割に成果は少ない。 短慮は禁物。いやな仕事も進んで引き受ける位の気持ちが大切

決断力の鈍る日。
交渉事や契約は避けて、先送りしたほうがよいでしょう。
悩みや迷いがあっても、ひとりで答えをだそうとせずに、相談できる人に打ち明けることで、正しい解決の糸口が見つかります

Nikuro Saturn Day

A day when work, travel, sick people, etc. are easy to come out. There are many things that are complicated. Although it is busy, there are few results. Don’t be short-sighted. It is important to feel like taking on unpleasant work

A day when determination is slow.
You should avoid negotiations and contracts and postpone them.
Even if you have a problem or hesitation, you can find a clue to the correct solution by telling the person who can consult without trying to answer by yourself.

「家族的無意識 2  ”Family unconscious  2

近代心理学は、 (1)フロイトの個人的に抑圧された無意識の層

(2)ユングの集合的(群衆)無意識の層、 の二つの道を歩んできた。  これに対し、

3}ソンディは、その中間にある家族的無意識の層を発見したのである。

つまり、個人と群衆のあいだに「宗族」を発見したのだ。これは、当然、出ずべくして出でたものである。個人 にしても群衆にしても、だれひとりとして「家族」でなかったものはない。とすると、当然そこにひとつの無意識司が存在(または形成)されるはずである。  では、その無意識層の中に、ゾンデ″はなにを発見したか?  かれは、「家族的無意識」と名づける無意識層の中に、特殊な抑圧意識を発見したのである。  それは、ひと口でいうならば、

 「個人のなかに抑圧されている祖先の欲求が、恋愛・友情・職業・疾病および死亡における無意識的選択行動とたって、個人○運 である。

 ソンディはこういう。   「恋愛・友情・職業・疾病および死亡における選択の分析にもとづいて、選択の根源はこの家族的欲求」  つまり、ひとの、恋愛、友情、職業、病気、死にかたまで、すべて、それらを決定するのは、そのひとのこころの深奥にひそんでいる祖先の抑圧された意識である、というのである。

 これは、個人の運命を形成するこれらの選択行動は、意識的・理性的な考慮の上に立つ決断にょって決定されるのではなく、(もちろん表面的にはそれがなされるが、実際には)選択行動は衝動行為であり、衝動的に選択する無意識的なものによって動かされるのだということである。(ここまではフロイトもほとんどおなじである。フロイトとちがうのは、その衝動が、その宗族-祖先-にふかい関連、かおるというのである)

それはなにかというと、ひとの運命を決定するものが、抑圧された祖先の欲求ばかりではないということである。それがすべてではないということだ。それは非常に大きな要因ではある、が、そればかりではないということである。  なぜかというと、密教占星術によれば、運命の「時期」まで決定されているからである。ソンディ理論によれば、「形式」の形成の説明はつくけれども、「時期」が決定される説明はつかない。それは先祖の抑圧意識のほかにも要因、かおるからである。それについてのわたくしの理論と意見はここでは述べない。べつな機会にゆずることにする。かなりに厖大な址となるからである。 ソンディ理論は「平面彬成」(空間)の理論であり、このほかに「立体構成」(時間)の理論かおる。㈲の理論は、ソンディのごとく、心理学的方法でなされるが、時間の理論は数学的方法でなされ、かなりに難解なものになる。これはまたべつな一冊の書物となるであろう。

タテの因縁とヨコの因縁

タテの因縁とヨコの因縁 人間の持つ因縁の大体を述べてきた。 あなたも、これらの因縁の中のいくつかを必ず持っているはずである、 では、これらの因縁ぱ、いったい、どこから生じたのであろうか?  仏陀は、経典の中で、 「種の差別は業に由る」 とおっしやっておられる。 つまり、「業」によって、人それぞれちがう因縁を持って生まれるのである、とおっしやっているのである。 では、業は、因縁に対してどのようにはたらくのか? 基本的には「タテの因縁」と「ヨコの因縁」となってあらわれると説く。 タテの因縁とはなほか? 先祖から受けついだ系である。 ヨコの囚縁とはなにか? 自分が前生でなした業である。 このタテの因縁とヨコの因縁の交わるところが、自分である。 図示すると、つぎのようになる。 タテの因縁 (祖先から受けついだ業) ヨコの囚縁 (自分の前生になした業) 交わるところ (我である) つまり、祖先の業と、自分の前生の業と、この二つの業によって生じたのが、自分の因縁である。言葉を替えていえば、自分は、祖先の因縁と自分の前生になした因縁と、この二つによって、この世に生まれ存在しているわけである。この二つの系続から成り立って いるのが、自分という存在だ。  どんな人でも、親-祖先なくしては存在しない。ということは、親、祖先から、さまざまなものを受けついでいるということである。顔かたち、性格、体質、その他もろもろのものを受けついでいる、これはどんな人も否むことは出来ない。 有名な儒教の大学者、安岡正篤先生は、その著書『大学』(経書の書名)の講義の中で、こうのべておられる。 霊障の因縁 先にも述べたが、霊障を伴う因縁がいくつかある。 「横変死の因縁」 「家運衰退の因縁」 「肉親血縁相剋の因縁」 「色情の因縁」 など、ほとんど、霊障のホトヶが霊視される。 ○横変死の囚縁 ○刑獄の囚縁 ○逆恩の囚縁 ○肉親血縁相剋の囚縁 ○夫の運気を剋害する囚縁 ○怨集の囚縁 ○ガンの囚縁 ○家運衰退の囚縁 ○刑獄の囚縁 ○中途挫折の囚縁 ○色情の囚縁 ○循環系統障害の囚縁 ○財運・本の囚縁 ○肉体障害の囚縁 ○脳障害の囚縁 ○夫婦縁障害の囚縁 〔五慨しへ格の囚縁 ○逆恩の’囚縁 ○手繰のうすい因縁 ○怨集の囚縁 ○夫婦縁破れる囚縁 ○消化器病の因縁 ○産厄の囚縁 ○色情の因縁 ○二乗人格の囚縁 ○中途挫折の囚縁 ○家運衰退の因縁 ○婦人科疾患の囚縁 o二重人格の因縁 ○財運・水の囚縁 ○怨集の囚縁 o手繰のうすい因縁 ○色情の因縁 ○循環系統障害の因縁 Vertical and horizontal ties

Vertical and horizontal ties Vertical and horizontal ties I have described most of the human ties. You must also have some of these ties, Then, where did these fate come from? Buddha is in the scriptures “Species discrimination depends on karma,” he said. In other words, he says that each person is born with a different cause depending on the “karma”. Then, how does karma work against fate? Basically, it appears as “vertical fate” and “horizontal fate”. What is the cause of the vertical? It is a system received from ancestors. What is a horizontal prisoner? It was a work that I did in my previous life. I am the intersection of this vertical and horizontal connection. Illustrated, it is as follows. Vertical fate (Business received from ancestors) Horizontal prisoner (The work that was done in my previous life) Where they meet (I am) In other words, it is my connection that was caused by the work of my ancestors and the work of my predecessor. In other words, I was born and existed in this world by the ancestor’s ancestors and the ancestor’s ancestors. Consists of these two systems I am the one who is. Any person would not exist without parents-ancestors. This means that we are accepting various things from our parents and ancestors. It accepts face shape, personality, constitution, and much more, which no one can deny. Professor Masahiro Yasuoka, a famous Confucian university scholar, mentioned in the lecture of his book “University” (the title of the book). Fate of spiritual disorder As mentioned earlier, there are several causes of spiritual disorders. “Fate of Suspicious Death” “Fate of the decline of family luck” “Fate of relatives and kinship” “Fate of pornography” Most of the time, the spiritual disorder of Hotoka is seen. ‥

Suspicious death prisoner ○ Prison ties ○ Reverse grace ○ Relatives and blood relatives ○ A prisoner who damages her husband’s luck ○ The prisoner of grudges ○ Cancer prisoner

○ The prisoner of the decline of family luck ○ Prison ties ○ Frustrated prisoner ○ The prisoner of sexuality ○ Prisoners of circulatory system disorders ○ Fortune and book ties ○ Prisoner of physical disability ○ Prisoner of brain damage ○ Marital relationship disorder [Five-minded prisoners

○ Reverse grace’ ○ Thin fate of hand-carrying ○ The prisoner of grudges ○ Marital relationship ○ The cause of digestive diseases ○ Prisoners of misery ○ Fate of pornography ○ Squared personality prisoner ○ Frustrated prisoner ○ The cause of the decline in family luck ○ Prisoners of gynecological diseases o Fate of dual personality ○ Fortune and water prison ○ The prisoner of grudges o Thin fate of hand-carrying ○ Fate of pornography ○ Causes of circulatory system disorde

梵字  准肌観音  Sanskrit character: Associate skin Kannon

准肌観音

准胱観音真言
なう まく さ た なん さん みゃく さん ぼ だ く ち なん
た にや た おん しゃ れい しゅ れい じゅん でい そわ か

准服とは、梵名チユンデイ上の呂号の音写で「清浄無垢」という意味があり、さとりの道を歩ませる観音です。

別名、准服仏母、七倶服仏母とも呼ばれます。七倶服とは「無量」を意味しますから、多くの諸仏の母となります。そのため観音菩薩ではないとの説もあります。

経軌にも観音として説かれていないことから、犬台密教では准肛如来として仏部の尊としますが、真言密教では観音の一つとして六観音の中に加えます。

求児・安産の本尊としてもまつられます。もとは水の神で、その姿は女身といわれています。
なお、胎蔵曼荼羅中台八葉院の観音の種子は、この准服観音のブ(回)字が記されています。

Associate skin Kannon

Associate Bladder Kannon Mantra
Nau Makusata Nansan Myakusan Bodakuchi Nan
Taniya Onsha Rei Shu Rei Jun Dei Sowaka

Associate clothing means “clean and innocent” in the transcription of the Ro-go on Sanskrit, and walks the path of Satori.
This is Kannon.
Also known as Associate Clothes Buddha and Shichiku Clothes Buddha. Since seven clothes mean “infinite amount”, many things
Become the mother of the Buddha. Therefore, there is a theory that it is not a Kannon Bodhisattva. It is also explained as Kannon in the history
In Inudai Esoteric Buddhism, it is regarded as a Buddhist priest as a quasi-Ana Nyorai, but in Shingon Esoteric Buddhism, it is added to Rokukannon as one of the Kannon.
It is also enshrined as the principal image of childbirth and childbirth. Originally a god of water, its appearance is said to be a woman.
In addition, the seeds of Kannon of the Fetal Mandala Nakadai Hachiyoin are marked with the B (times) character of this quasi-clothing Kannon.

 

今日の運勢 1月13日 Today’s fortune January 13

 

三碧木星の日

望み事を持った人が来訪する。思い掛けない事が起こる。善因善果。神、親、社会、衆生、物のご恩をかみしめ精神本位で行動すべき日 今まで9日間の行動の善悪によって思いがけない吉凶が生じます。

何かを始めるのに適した日。
リスクのあることや、躊躇していたことにも果敢にチャレンジすることで、良い結果が現れます。
全く未知の分野であっても積極的に挑戦してください。
自分に自信をもって、少しオーバーなくらいの気持ちで臨むとよいでしょう。

Mitsuo Jusei Day

A person with a desire visits. Something unexpected happens. Good cause and good effect. The day when we should act in a spiritual manner with the gratitude of God, parents, society, sentient beings, and things. The good and evil of our actions for the past nine days causes unexpected good and evil.

A good day to start something.
Good results can be achieved by boldly challenging things that are at risk or hesitant.
Please challenge positively even in a completely unknown field.
It’s a good idea to be confident in yourself and feel a little overkill.

般若心経 意味 Heart Sutra Meaning

般若心経全文

観自在菩薩       行深般若波羅蜜多時
かんじーざいぼーさつ ぎょうじんはんにゃーはーらーみたーじー

照見五蘊皆空         度一切苦厄
しょうけんごーうんかいくう どーいっさいくーやく

舍利子      色不異空      空不異色
しゃーりーしー しきふーいーくう くうふーいーしき

色即是空      空即是色      受想行識       亦復如是
しきそくぜーくう くうそくぜーしき じゅーそうぎょうしき やくぶーにょーぜー

舍利子      是諸法空相       不生不滅       不垢不浄
しゃーりーしー ぜーしょーほうくうそう ふーしょうふーめつ ふーくーふーじょう

不増不減      是故空中       無色    無受想行識
ふーぞうふーげん ぜーこーくうちゅう むーしき  むーじゅーそうぎょうしき

無眼耳鼻舌身意         無色聲香味触法
むーげんにーびーぜっしんいー むーしきしょうこうみそくほう 無眼界

乃至無意識界        無無明     亦無無明尽
むーげんかい ないしーむーいーしきかい むーむーみょう やくむーむーみょうじん

乃至無老死       亦無老死尽
ないしーむーろうしー やくむーろうしーじん

無苦集滅道        無智亦無得       以無所得故
むーくーしゅうめつどう むーちーやくむーとく  いーむーしょとくこう

菩提薩埵     依般若波羅蜜多故
ぼーだいさったー えーはんにゃーはーらーみたーこー

心無罣礙      無罣礙故      無有恐怖
しんむーけーげー むーけーげーこー むーうーくーふー

遠離一切顛倒夢想          究竟涅槃
おんりーいっさいてんどうむーそう くーぎょうねーはん

三世諸仏       依般若波羅蜜多故
さんぜーしょーぶつ えーはんにゃーはーらーみーたこー

得阿耨多羅三藐三菩提             故知般若波羅蜜多
とくあーのくたーらーさんみゃくさんぼーだい こーちーはんにゃーはらーらーみーたー

是大神呪      是大明呪        是無上呪
ぜーだいじんしゅー ぜーだいみょうしゅー ぜーむーじょーしゅー

是無等等呪        能除一切苦        真実不虚
ぜーむーとうどうしゅー のうじょーいっさいくー  しんじつふーこー

故説般若波羅蜜多呪             即説呪曰
こーせつはんにゃーはーらーみーたーしゅー そくせつしゅーわつ

羯諦羯諦        波羅羯諦
ぎゃーてーぎゃーてー はーらーぎゃーてー

波羅僧羯諦       菩提薩婆訶
はらそーぎゃーてー  ぼじそーわーかー

般若心経
はんにゃしんぎょう

般若心経の流れと内容

上記で紹介いたしました般若心経の全文を、現代の言葉に訳すと次のようになります。

「観音菩薩は真理を悟る修行につとめるなかで、ある真実に辿り着いた。その真実とは私たちを構成するあらゆるものは「空(実体がないこと)」であるということである。

そして、この気づきによって観音菩薩は全ての苦しみから解放されたのである。シャーリプトラよ、形あるものは実体がないことと同じであり、実体がないからこそ一時的な形あるものとして存在する。

そして形あるものは即ち実体無きものであり、実体がないことが即ち形あるものとなっているのである。我々の何かを感じたり、欲したりする心の動きもまた空なのである。

シャーリプトラよ、この世のあらゆる物事は空なのであるから、生ずることなく滅することもなく、汚れることも汚れないこともなく、増えもせず減りもすることはない。

心身ともにすべては空であり、実体は存在しない。つまり視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚、心といったものも存在しないのである。

そして、これらの感覚が存在しないのであるから、これを受け取ることではたらく意識や思考も存在しない。

見て感じるということもないし、迷うことも迷いがなくなることもない。また老いて死ぬこともないし、老いて死ぬということがなくなることもない。

苦しみも、苦しみの原因となる迷いも消え去ることもないし、その方法もない。そして知ることも得ることもない。 だから、得ることがないことを理解し、悟りを開く者は物事の本質に依るため、心に妨げ(固定的観念、物事に執着する気持ち、色眼鏡)となるものがない。

心に妨げがないために、恐れることもない。誤った考え方から距離を置くことで、平穏な心でいることができる。

あらゆる仏様は物事の本質を知ることによって、この上ない完全なる悟りを得ている。 したがって知るべきである、仏の智慧とは、偉大な力を持つ真言であり、偉大な悟りの真言であり、最上の真言であり、唯一無二の真言であり、全ての苦しみを取り除き、偽りなく真実であるということを。 そしてここに仏の智慧、教えである真言を伝える。

ぎゃーてー ぎゃーてー はーらーぎゃーてー はらそーぎゃーてー ぼじそーわかー
(往きて往きて、彼岸に往けるもの、彼岸に辿り着きし僧侶、悟りの境地へ)

観自在菩薩行深般若波羅蜜多時、照見五蘊皆空、度一切苦厄。(まずはじめにズバッと結論)
Avalokiteshvara
while practicing deeply with
the Insight that Brings Us to the Other Shore,
suddenly discovered that
all of the five Skandhas(五蘊) are equally empty,
and with this realisation
he overcame all Ill-being(苦厄).

舎利子。色不異空、空不異色、色即是空、空即是色。受・想・行・識亦復如是。
“Listen Sariputra,
this Body itself is Emptiness(空)
and Emptiness itself is this Body(色).
This Body is not other than Emptiness
and Emptiness is not other than this Body.
The same is true of Feelings,
Perceptions, Mental Formations,
and Consciousness.

舎利子。是諸法空相、不生不滅、不垢不浄、不増不減。
“Listen Sariputra,
all phenomena bear the mark of Emptiness;
their true nature is the nature of
no Birth no Death,
no Being no Non-being,
no Defilement no Purity,
no Increasing no Decreasing.

是故空中、無色、無受・想・行・識、無眼・耳・鼻・舌・身・意、無色・声・香・味・触・法。無眼界、乃至、無意識界。無無明・亦無無明尽、乃至、無老死、亦無老死尽。無苦・集・滅・道。無智亦無得。
“That is why in Emptiness(空),
Body(色), Feelings(受), Perceptions(想),
Mental Formations(行) and Consciousness(識)
are not separate self entities.

(ここからは原文にもとづきながらも意訳的な展開。味わい深い英訳ですね)

The Eighteen Realms of Phenomena
which are the six Sense Organs,
the six Sense Objects,
and the six Consciousnesses
are also not separate self entities.

The Twelve Links of Interdependent Arising(縁)
and their Extinction
are also not separate self entities.
Ill-being(無明), the Causes of Ill-being,
the End of Ill-being, the Path,
insight and attainment,
are also not separate self entities.

Whoever can see this
no longer needs anything to attain.

以無所得故、菩提薩埵、依般若波羅蜜多故、心無罣礙、無罣礙故、無有恐怖、遠離一切顛倒夢想、究竟涅槃。
Bodhisattvas who practice
the Insight that Brings Us to the Other Shore
see no more obstacles in their mind,
and because there
are no more obstacles in their mind,
they can overcome all fear,
destroy all wrong perceptions
and realize Perfect Nirvana.

三世諸仏、依般若波羅蜜多故、得阿耨多羅三藐三菩提。
“All Buddhas in the past, present and future
by practicing
the Insight that Brings Us to the Other Shore
are all capable of attaining
Authentic and Perfect Enlightenment.

故知、般若波羅蜜多、是大神呪、是大明呪、是無上呪、是無等等呪、能除一切苦、真実不虚。故説、般若波羅蜜多呪。
“Therefore Sariputra,
it should be known that
the Insight that Brings Us to the Other Shore
is a Great Mantra,
the most illuminating mantra,
the highest mantra,
a mantra beyond compare,
the True Wisdom that has the power
to put an end to all kinds of suffering(一切苦).
Therefore let us proclaim
a mantra to praise
the Insight that Brings Us to the Other Shore.

即説呪曰、羯諦羯諦、波羅羯諦、波羅僧羯諦、菩提薩婆訶。般若心経
Gate, Gate, Paragate, Parasamgate, Bodhi Svaha!
Gate, Gate, Paragate, Parasamgate, Bodhi Svaha!
Gate, Gate, Paragate, Parasamgate, Bodhi Svaha!

今日の運勢 1月12日 Today’s fortune January 12

 

 

四緑木星の日

縁談、商談の来訪者あり。言動をつつしみ話を進めると良い。いつも良い日、皆良い人。こんな心境を養いたい

来世を表す生まれ変わりの日。
積極的な行動には向かない日ですが、先々の予定を立てるには最適です。
近い未来だけでなく、漠然とでも将来のビジョンを思い描き、小さな準備からでも始められると、必ず結果が現れるでしょう

Four green Jupiter day

There are visitors for marriage and business negotiations. It is good to proceed with the story while saying and acting. Always good days, good people. I want to cultivate such a feeling

A reborn day that represents the afterlife.
It’s not a good day for positive action, but it’s a great way to plan for the future.
If you vaguely envision a vision for the future, not just in the near future, and start with small preparations, you will surely see results.