UA-135459055-1

The profound wisdom of seeds

Seeds with meaninglessness and meaninglessness
It is a good idea to use seeds as symbolic seeds that represent each one with a single word

You
The seeds are usually taken from the name of each prestige or true word. Ataka
So that many fruits can be obtained from the seeds of
It is said that it is named as seed because it can produce Buddha fruit such as Buddha wisdom and satori.
In this way, the seed representing Zhao has the meaning and virtue of the endless
It is believed that if you copy it, you will immediately get a bodhi.

Buddhist meditation
By the way, in ancient India, there is meditation as one of Brahmin’s practices before the advent of Buddhism.
Yes. It is said that the Buddha was best able to get the best by meditation. Buddhist meditation is true
Because it is a law that aims at reason and masters true wisdom, it can be said to be the basic and most advanced law of Buddhist practice.
maybe.

種子のもっ深遠な哲理

無量無辺の意義と徳をそなえる種子
一字をもって各尊をあらわす象徴的な梵子を種子といい

ます。
ふつう、各尊の尊名、あるいは真言のなかからとった一宇がその種子となっています。あたか
も植物の種子から多くの果実が得られるように、仏の象徴であり真言である梵字から仏の尊形や
仏智、さとりといった仏果を得ることができるので、種子と名づけられたといわれています。
このように、猪尊をあらわす種子は無量無辺の意義と徳をそなえているので、ヴ]れを唱え、心
に念じて、書写すれば、すみやかに菩提を得るとされています。

仏教の瞑想法
さて、古代インドでは、仏教が興る以前から、バラモンの修行法のひとつとして瞑想法があり
ました。釈尊はの瞑想によって最高のさとりを得たと伝えられています。仏教の瞑想法は、真
理にめざめ、真の智慧を体得する行法ですから、仏道修行の基本的かつ最も高度な行法といえる
かもしれません。

Prepare the environment for meditation

The five methods are to control eating and drinking in one. Two to adjust the sleep. In three

Set up. Set your mood for four. It is about adjusting your mind to five.

First of all, to prepare food is as follows.

Meals are for the purpose of helping people get along in the right path.

However, if you are eating too much, it feels good and only

It is difficult to feel calm, even if you take a seat.

However, if you eat too little and not enough, you will only get tired, your mind will grow,

I do not think well about what I think. Both of these two get the setting

It is not a way to

In addition, when you eat something that’s been broken or dirty, you realize your heart

Make it easy to get lost. If you are eating a stimulant that is not good for your body,

These diseases move (to have a chronic illness) and the condition of the body gets worse. So

If you’re going to learn to set up, by the way

It must be.

Second, to set up sleep because sleeplessness makes you feel overshadowed

Because there is, it means that this should not be left as it is.

If you need to sleep more often, you have more time to study Buddhist law

As well as being abolished, there is also a tendency to lose the spirit of effort, and also to make your heart clearer and good heart

Sink the sun. Just to understand that life is impermanent, sleep well,

Make your mood clear and brighten your mind.

The third is to adjust the body, the fourth to adjust the breath, and the fifth to adjust the mind,

These three conditions should be described together, as they should be used together.

You can’t. Let’s talk about this below.

First of all, in order for us to meditate correctly, we need to

It means that you have to adjust it.

Before starting meditation, when walking or stopping, even when moving

Even when you are doing something or something, every one is careful

It must be.

瞑想に環境に整える

五法とは、一に飲食を調節すること。二に睡眠を調節すること。三には身を

調えること。四に気息を調えること。五には心を調えることである。

 第一に、食を調えるというのはつぎのようなことである。

 食事はほんらいからだをたすけ正しい道にすすましめるためのものである。

それなのに、もし食べすぎているような状態でいると、気はあせり、からだけ

だるく、心がとぎれがちで、座禅をしても心は安らかになりにくい。

 だが、もし食べることが少なすぎて足りないと、からだけ疲れ、心は呆け、

思うところも考えることもしっかりとしない。この二つは、どちらも禅定を得

る道にはならない。

 また、もしけがれたものやよごれたものを食べていると、ひとの心を悟く

し、迷いやすくする。もしからだによくない刺激物を食べていると、かねてか

らの病が動いてくるし(持病が出ること)、からだの調子も悪くなる。だから

禅定を修習しようとするなら、そのはじめにぜひとも深くこれらをつつしまな

ければならない。

第二に、睡眠を調えるというのは、眠とはこれ無明が心に覆いかぶさるので

あるから、これをほしいままにしてはならないということだ。

 もし眠ることが必要度を過ぎて多いときは、それだけ仏法を修習する時間が

廃されるだけでなく、努力の心も失われがちで、しかも心をくらくし、善い心

を沈没させる。まさに人生が無常であることをさとり、睡眠をよく調伏して、

気分を清白に、心を明るくきよからしめるがよい。

 第三には、身を調え、第四には息を調え、第五には心を調えるのであるが、

この三つの条件は、まさに合わせて用うべきなので、べつべつに説明すること

はできない。以下これについて述べてみよう。

 第一に身を調えるとは、われわれが正しい瞑想をするためには、からだを正

しく調えなければならないということである。

 瞑想をはじめる前から、歩くときにも立ち止まるときにも、動くときも静か

にしているときも、なにかをしているときでも、いちいちがみな注意深く綿密

でなければいけない。

 

Yoga as an origin of meditation

It is not good to just solve the suffering and suffering. At the same time as solving

We must improve people. In addition, we solve by improving

It may be said. This is the correct meditation.

So my meditation starts with “solving the problem I’m suffering now”

is there.

The meditation transcends from all beings, as Gothamah Buddha has arrived at the end of the day

I’m going to get rid of it, but before transgression and getting rid of it, I just handle and solve reality freely

Must have the power of Without having that power, it was said that transcendence or cancellation

It’s just a kind of escape. The meditation method with that power is “Greed world determination” and “the second stage”

It is a meditation on the floor.

However, it should not be wrong here that having this power is just your own

It does not mean that you want to get rid of your desires. y have this power

Depending on what you want to be realized may be true

Suddenly I realize that I am suffering from mischief, and I dream from my dream

Sometimes it looks like someone else.

Either way, isn’t it wonderful?

 

As the origin of meditation

Meditation has been practiced for a very long time in India. It’s Indian ethnic

It can be said that it was with the history of

The literature on meditation is in the era of Vedic, Upanishad (c.

You can see it up to the year 〇). Since that time, already

Thought was considered to be a religious practice as a unique way of practice in India.

Ru.

It was called a yoga or a samurai or a wolf.

In Japan, speaking of yoga generally seems to be a kind of gymnastics

Although it is primarily meditation, gymnastics is a physical adjustment that helps meditation.

It was

As I mentioned earlier, Buddha is also a yoga according to the rule of the religious at that time

Of meditation, but I am not satisfied with it, and I am further encouraged by Buddha’s unique

I completed the meditation. Here, about traditional yoga meditation,

Let’s just say.

Mental restraint in yoga

In the meditation according to the beggar called Yogar Sutra, also known as the scripture of yoga practitioners

It divides the psychological process to mental concentration into four stages.

Perception, concentration, calmness, and misery.

Among these, the three stages of enthusiasm, quietness, and enthusiasm are collectively referred to as “restraint”

But, of course, in practice, one of the above three stages is independent

It does not go on, but it goes on continuously.

By the way, what does yoga mean? “Yogasutra” is next

・ It is defined as follows. “Yoga is about suppressing the work of the mind.”

Also, in the document “Gataupanishad”, which is older than “Yogasutra”,

“Yoga is to immobilize the five sensory organs,” he said.

In other words, with some mental concentration law, the movement that is the body of the mind

It is a yoga to hold back firmly. And train it

The way to go is yoga law.

Expressing this in a modern, easy-to-understand manner, the movement of consciousness in our daily life

It is possible to try to find out the self original figure by suppressing

It is a yoga, and there is a way of practicing to seek for it.

In Yogar Sutra, the psychological process of controlling the work of the mind by the mental concentration method of meditation is described in detail analytically. And this

Psychological yoga centered on meditation is what is called large ayoga

It is And the psychological process which deepens to this mental concentration is a sense of

It is divided into concentration, quietness, and enthusiasm

瞑想の原点としてのヨーガ

 

ただ苦しみ悩みを解決させるだけではダメなのである。解決すると同時に、その

ひとを向上させるのでなければならない。また、向上することによって解決すると

いう場合もある。これが、正しい瞑想なのである。

 だから、わたくしの瞑想は、「いま苦しんでいる問題の解決」からはじまるので

ある。

 瞑想はゴータマーブッダがさいごに到達されたように、すべての存在から超越し

解脱するのであるが、超越・解脱する前に、現実を自由自在に処理し解決するだけ

の力を持たねばならない。その力を持たずして、超越とか解脱とかいったって、そ

れは一種の「逃避」に過ぎない。その力を持つ瞑想法が「欲界定」と「第二の段

階」の瞑想なのだ。

 が、ここでまちがってはならないのは、この力を持つことが、ただたんに自分の

欲望を思うままにとげるということではないということである。yこの力を持つこと

によって、自分の望むことがその通り実現されることもあるし、バカげた野望・欲

望のとりこになって、いたずらに苦しんでいるおろかさに突然気がつき、夢からさ

めたひとのようになる場合もある。

 どちらにしても、すばらしいことではないか。

 

瞑想の原点としての

 

瞑想は、インドにおいて非常に古くからおこなわれていた。それは、インド民族

の歴史とともにあったといってよい。

 瞑想に関する文献は、ヴェーダ、ウパニシャッドの時代(紀元前一〇〇〇年~六

〇〇年)にまでさかのげって、目にすることができる。そのころから、すでに、瞑

想は、インド特有の身心修練の道として、修道者必修の行法とされていたのであ

る。

 それは、ヨーガあるいは三昧あるいは禅とよばれた。

 日本では、ヨーガというと、一般には、体操の一種のように思われているようで

あるが、それは元来、瞑想を主とするもので、体操は瞑想を助ける肉体の調整法だ

つたのである。

 さきに述べたように、ブッダもまた当時の修道者のならわしにしたがってヨーガ

の瞑想を修行せられたが、それには満足できず、さらにすすんでブッダ独特の(智

慧の)瞑想を完成~れたのである。ここでは、伝統的なヨーガの瞑想について、か

んたんに述べよう。

ヨーガにおける心の綜制

 ヨーガ修行者の聖典ともいうベキゝ『ヨーガースートラ』によると、瞑想における

精神集中への心理的過程を、四つの段階に分けている。

 割感・凝念・静慮・三昧である。

 このなかで、凝念・静慮・三昧の三つの段階を一括して、「綜制」といっている

が、もちろん、実際の修練の上では、以上の三つの段階の一つゴつが独立している

のではなくて、連続的に進行するわけである。

  ところで、いったいヨーガとはなにかというと、『ヨーガースートラ』はつぎの

・ように定義している。「ヨーガとは心のはたらきを抑滅することである」。

  また『ヨーガースートラ』より古い文献である『ガターウパニシャッド』では、

 「ヨーガとは五つの知覚器官を不動に執特することである」と述べている。

 つまり、何らかの精神集中法によって、心の本体であるとりとめもない動き

を、しっかりと抑制することがヨーガであるのです。そして、それを修練して

いく方法がヨーガ行法なのであります。

 これを現代的に分り易く表現すれば、我々の日常生活における意識の動きを

抑制していくことによって、自己本来の姿を見つけ出していこうとすることが

ヨーガであり、それを求めて修練していく方法がヨーガ行法なのであります。

『ヨーガースートラ』の中では、瞑想という精神集中法によって心の働きを制していく心理的過程が、詳細に分析的に述べられています。そして、このよ

うに瞑想を中心とした心理的なヨーガが、ラージアーヨーガとよばれるものな

のです。そして、この精神集中へ深まっていく心理的過程が、段階的に制感・

凝念・静慮・三昧と分けられているのであります

 

 

Buddha’s meditation / setting

 

The Buddha’s meditation and setting, before these types of
I think I have to ask for the truth.
Luckily, it is believed that in the course of Oi, this is probably the prototype of Buddha’s meditation and setting.
Is seen occasionally. We are Buddhists to carefully collect them and restore them
It is thought that it is a mission of
For the convenience of time, I will omit the details of the meditation and setting I just mentioned.
The Also, when there was an opportunity, let me tell you, where the Buddha
It is a “Seven School, Thirty-seven” product that teaches to practice disciple repeatedly in the concession.
“Seven systems and 37
I call it “Liquirum”. All consist of special meditations and settings.
Well, I don’t have time to explain this in detail, but just give the name

I-Sanshin method
This system consists of four types of curriculum.
That is, it is a memorial service method, a memorial service method, a memorial service method, and a memorial service method.
2-Quaternary method
This system also consists of four types of curriculum.
In other words, the law of law, law of law, law of law, law of law.
3-four god foot method
This system also consists of four types of curriculum.
In other words, greed footsteps, working god foot methods, mental god foot methods, Kanshin foot methods.
4 five root method
This system consists of five types of curriculum.
In other words, the Shine method, the Shine method, the Nekon method, the fixed root method, and the Sone method.
Five-force method
This system also consists of five types of curriculum.
In other words, the Belief Act, the Progressive Force Act, the Nemesis Act, the Constant Force Act, the Repulsive Act.
6 覚 law
This system consists of seven types of curriculum.
In other words, the selective law method, the persuasion law method, the perceptive law method, the persuasion law method, the persecution law method
It is a law and memorandum.
7 Eight ways
フィードバックを送信
履歴
保存済み
コミュニティ

Buddhism  Something?

Buddhism (ぶ, 字: 字, Sanskrit: 、, English: Buddhism) is a religion based on the founding of Indian Buddha (Gotama Siddatta, or Goutama Siddarta, Gotama Siddarta). Along with Christianity and Islam, in Japan it is one of the many religions with a large number of published points.

The doctrine seeks to break away from the suffering circle. Based on an understanding of cause and effect, various phenomena are considered to be prosperous.

Buddhism is organized around the three treasures of Buddha, the law that is its teaching, and the monk who is its practitioner. The three disciplines of disciplinary law in practice are the discipline, the concentration of mind, wisdom to observe the auspiciousness of things, and the latter two are Buddhist meditation methods, also collectively referred to as sedans. The important skills in practice are summarized in several ways, such as Rokuharamitsu and Hachisho.

Buddhism, which began in India around 450 BC, is now studied as early Buddhism. Sakaki was unwilling to deny the existence of Atman (Shingo), which is the practitioner’s claim of other hardships. Several hundred years after the death of the Buddha, part-time Buddhism was born, and it was further divided into the popular part and the upper part, but it is the southern part of the upper part Buddhism that continues as a large power, and the early teaching Is an example. At the end of the BC, the Mahayana Buddhism, which is expected to be transmitted to the north, began in Japan, and the doctrines and groups are developing in various ways. It is diverse, such as a form of secular religion, and changes in the form of faith, such as the Pure Land faith. According to “Nippon Shoki” Buddhism was introduced in the Asuka period 552 (Senmei Emperor 13 years)
フィードバックを送信
履歴
保存済み
コミュニティ

Preparation for meditation

Preparation for meditation

Now, let’s explain the preparation before entering meditation.
Prepare the six laws
Before going into meditation, I first set up the six laws.
What is the Six Law?
Set up the environment (place)
Two, prepare food and drink
Three, set up sleep
Four, get ready
Five, adjust your breath
Six, adjust your mind

Adjust your body, five, adjust your integrity, six, adjust your mind.

Adjust the environment
First of all, it is important to adjust the environment.
The best thing is that the natural scenery such as mountains, forests and beaches is excellent and the air is clear.
It is about time.
If it is a mountain, the place with a waterfall is the most ideal.
In a city, the rooms should be as quiet and clean as possible. Indoor furniture / house
It is good enough to be simple. It is better to put a plant etc.
Rays should not be too bright. If you are using a curtain,
Or pale blue. Balance the room’s interior and the view outside the window,
Should have a soft harmony with
The temperature is too hot, too cold, or too humid. hot
Also, don’t put up a fu-fu or a fan if possible. And it is a good idea for the circulation of air
I have to do it.
The above mentioned “environment” in the narrow sense of “place of training”
In other words, life that can continue the practice of this reincarnation meditation method
It is to create a living environment. The environment allows it no matter how white it is
It is to create an environment so that it does not happen. Drink a large amount of alcohol
It is also important to regulate life, such as smoking and smoking
It is one of the
Prepare food

Second, to prepare food is as follows.
60,000 is originally intended to nourish the mind and body, and it is healthy and has
It is for the position-live or If.
That ‘s the right thing, a modest amount and a good thing to help the body, these two are just
It’s a trap.
Forced to take it from the body tissue of the divided body, and as a result, the muscles and skin fade
come.
The burning of protein in the body is taking place, but for fat that remains intact,
Sometimes I do not know so. Next to make the rib bone visible from the outside
When it comes to this, this is obviously a deficiency of protein.
So for the healthiest vegetarians, we use a vegetarian diet with eggs and milk.
There are many people who In other words, you should not eat meat, but you should eat eggs and dairy products in your diet.
It is Eggs and milk provide the highest quality proteins.
These are like samples that contain amino acids in their complete form.
In addition to this, to ensure more complete nutrition, the vegetarian lifes
It is recommended that tiles contain small amounts of fish and sometimes meat offal.
Vitamin Yo is the most deficient nutrient when you are eating.
In addition, methionine runs short.
I have to take a meal to help training

瞑想の準備

瞑想の準備

 

それでは、これから瞑想に入る前の準備を説明しよう。
六法を調える
瞑想に入る前には、まず六法を調える。
六法とは。
一、環境(場所)を調える
二、飲食を調える
三、睡眠を調える
四、身を調える
五、気息を調える
六、心を調える

、身を調える、五、気忠を調える、六、心を調える、ことである。

環境を調える
第一に、環境を調えることが大切である。
最もよいのは、山岳、森林、海浜など、自然の景観がすぐれ、空気の澄んだと
ころである。
山ならば、滝のあるところなど、最も理想的である。
都会ならば、部屋はなるべく静かで清潔なところが望ましい。室内の調度・家
具など、簡素なほどよろしい。植物などを置くとなおよい。
光線は、あまり明るすぎないほうがよい。カーテンをもちいる場合は、薄みど
り色か、薄いブルーがよい。室内の調度と窓外の眺めのバランスをとり、視神経
にソフトな調和をはかるべきである。
気温は、あまり暑すぎたり、寒すぎたり、湿度の高いのもよくない。暑くて
も、なるべくクーフーや扇風機をかけないこと。そして、空気の流通によく往意
しなければいけない。
以上は、「訓練の場所」という狭い意味での”環境”といったのであるが、広
い意味でいうならば、この輪廻転生瞑想法の修行をつづけていくことのできる生
活環境をつくり出すことである。いくら白分かその気になっても環境がそれを許
さない、ということのないよう、環境づくりをすることである。大酒を飲まな
い、喫煙をひかえる、というように、生活を規制することも大切な環境づくり
のひとつである。
食を調える

第二に、食を調えるというのは、つぎのようなことである。
六万は本来、身心の養いのためにするものであり、健康をたもち、充実した精
陣~活かIfるためのものである。
その’ハめいには、適度の量と、体の助けになる質のよいものと、この二つがそろ
わなけい。
分白身の体内組織からとることを余儀なくされ、その結果、筋肉と皮膚が衰えて
くる。
体内でタンパク質の燃焼が起こっているが、無傷のまま残った脂肪のために、
そうとわからないことが往々にしてある。つぎにアバラ骨が外から見えるように
なると、これはもう明らかにタンパク質不足である。
だから、最も健康な菜食主義者には、卵・乳をとり入れた菜食主義をとってい
る者が多い。つまり、肉類はとらないようにしながらも、食事に卵と乳製品をと
り入れるのである。卵と牛乳は、最も質の高いタンパク質を提供するのである。
これらは、アミノ酸を完全なかたちで含む見本のようなものである。
私は、これに加えてより完全な栄養を確保するために、菜食主義者のライフス
タイルに少量の魚と、ときには肉類の臓物をとり入れることを勧めている。
ビタミンヨには、菜食していると最も不足しがちな栄養素である。
また、メチオニンが不足する。
修行を助ける食事をとらなけれぱいけない
前記のロジャー・ウィリアムズ博士は、よい健康を維持するだけではなく、ず
ば抜けた健康状態を可能にするための方法として、つぎのようにのべている。
1、食事に変化をもたせて、広く牛乳や卵および乳製品、新鮮な各種の果物や
野菜、魚や肉、そして穀類を食べあわせること。
2、加工や精製の過程で栄養価値を損っている精製、加工食品を避けること。
つまり、砂糖やキャンデー、純粋澱粉食品(菓子など)、アルコール飲料、ソ
フトドリックその他、過程の差はあっても必須栄養素の含有量がほとんど
無に等しい加工食品の摂取は、過度にならないように心がけること。
3、これはいい食品で、あれは悪い食品という判断のできる”体の知恵”を育

ビタミンとミネラルのサプリメント(特定の栄養素を補うための食品のこと)
栄養を々保険としてとること
行するのである。

睡眠を調える
第三に睡眠を調える。
人間は、仕事をし、はたらいて、活動したあと、かならず休んで体力の回復を
はからなければならない。睡眠は最もよい休息であり、人間が生きている上に絶
対必要なものである。
しかし、健康な成人ならば、六、七時間の睡眠で足りる。もし眠ることが必要
度を過ぎて多いときは、かえって精神がふるわず、心を暗くする。しかしまた寝
不足であると、頭がぼんやりして集中できず、訓練に適さない。
だから、かならず決まった時間に眠るようにして、節度を保ち、つねに気持ち
をさわやかにして訓練に入るべきである。要するに、寝不足にならず、寝すぎも
しない、ということである。

第四に、身を調え、第五に、息を調え、第六に心を調えるのであるが、この三
つの条件は、ひとつに合わせておこなうべきものであるから、別々に説明せず、
ひとつの動作として、順にのべることにする。
身を調える
身を調えるとは、われわれが正しい呼吸法を体得するために
は、まず休を。削しく調えなければならないということである
この訓練をはじめる前から、歩くときにも立ち止まるときにも、動くときも静
かにしているときも、なにかをしているときでも、いちいちがみな注意深く綿密
でなければいけない。もし動作が粗雑であれば、息づかいもそれだけ乱れる。息
づかいが荒いと、心も乱れておさめにくくなる。呼吸法や瞑想のために静坐をし
ても、心が乱れがちで、落ち着いた気分にはなりにくい。
だから静坐をはじめる前から、あらかじめ注意していなければならない。その
ように用心しておいて、いざ静坐をはじめようとするときには、なおよく身も心
も落ち着けるようなところを選ぶようにしなければならない。
初めて坐るべき場所についたら、その場所にしっかりと落ち着かなければいけ
ない。つねに安穏にしていられるように心がける。そのためにはまさに坐る脚か
ら姿勢を正しくすべきである