UA-135459055-1

聖語としての梵字の歴史

一、聖語としての梵字の歴史

まず、梵字、梵語、悉曇、サンスクリット、種子、梵字仏、文字仏など、本書に出てくる梵字
に関する用語を整理しておきましょう。ともすると混乱するヴ」とがありますから、正しく理解し
ておく二とが大切です。
古代よりインドで使われている言語「サンスクリット」を「梵語」といいます。この梵語を記
すときに用いる文字が「梵字」です。梵字の書体は時代とともに変化しましたが、ふつう日本で
梵字といえば、その中の一書体である「悉曇梵字」をさします。
さて、前述しましたように、仏、菩薩、明王、天部などの諸尊を象徴表示する梵字を「種子」
といいます。f」の種子は、単なる仏のイニシャルとして記されるのではなく、一尊のもつすべて
を包蔵しているとされ、梵字の仏さま、つまり「梵字仏」として大切に扱われてきました。
三井ちょう円先生は、これを「文字恨」と名づけたのです。

聖なる文字、法の文字
梵字は、梵語のブラーフミーの漢訳です。ブラーフミーはブラフーフミーのもの」という意味で、ブラフマンとは仏教がおこる前からインドにあったバラモン教の創造神、
梵天のとです。「梵天によってつくられた文字」という伝説に基づいて「梵字」の名があるのです。
しかし、実際にいつ頃ブラーフミー文字が誕生したかについては定説はありません。ブラーフミ上又字で書かれた現存最古のものは、有名なアショーカ王の詔勅刻文で、時代的には紀元前三
世紀中頃のものといわれています。
アショーカ王(在位紀元前二六八-二三二年)はマウリア朝の第3代目の王で、インド半島の
南部を除くインド全土を統一して大帝国を築きました。王は仏教に深く帰依し、仏教の信仰と保
護を領民に告示するため、石刻の詔勅文を全土に設置しました。詔勅文は石柱や岩石に刻まれ、
梵語(実際は梵語方言のプラークリット語)が使われてい圭すが、なかにはギリシヤ語やアラム
語(当時の西アジア世界における国際語的な言語)などで、記されているものも発見されています。

 

仏教多とは、

仏教(ぶっきょう、旧字体: 佛敎、サンスクリット: बौद्धधर्मः 、英語: Buddhism)は、インドの釈迦(ゴータマ・シッダッタ、もしくはガウタマ・シッダールタ、ゴータマ・シッダールタ)を開祖とする宗教である。キリスト教・イスラム教と並んで、日本では出版点数の多い宗教の一つに数えられる[仏陀(仏、目覚めた人)の説いた教えである

その教義は、苦しみの輪廻から解脱することを目指している。原因と結果の理解に基づいており、諸々の現象が縁起するとされる。

仏教は仏、その教えである法、その実践者である僧からなる三宝を中心に組織されている。実践における戒定慧の三学は、戒律、心を集中する禅定、ものごとの縁起を観察する智慧であり、後ろ二つは併せて止観とも呼ばれる仏教の瞑想法である。実践にて重要となる能力は六波羅蜜や八正道のように、いくつかの方法でまとめらている。

仏教における瞑想法

仏教における瞑想法仏教における瞑想法では、人間心が多層的な構造を持っていることを踏まえ意識の深層段階へと到達することを目的とした手法が組み立てられる場合がある。例えば、大乗仏教における仏教哲学・仏教心理学では意識は八識に分類され、その中には末那識や阿頼耶識と呼ばれる層があり、仏教の瞑想法はそこへ到達するための方法と言われている。末那識、阿頼耶識は、近代になって西洋心理学で深層心理と呼ばれるようになったものに近いと言われている。一方、上座部仏教においては、瞑想修行の進展に伴い心の変化を九段階に体系化(一般的認識である欲界を超えた後に現れる第一禅定から第九禅定)しており、第一禅定以上の集中力において仏陀によって説かれた観瞑想の修行を行うことで解脱が可能と言われている。

仏教の始祖とされているブッダ(”悟った人”の意)は、究極の智慧を得たのであるが、それは上述のインドの瞑想の技法(あるいはヨーガ)によって得たものであり、彼はその瞑想法をより安全かつ体系的なものに発展させた(『原始仏典』参照)。それゆえ仏教の諸派の中には、今でもヨーガの瞑想の技法を継承している派もあり、さらに独自に発展させている派もある。

サイバネティックス

サイバネティックス英語cybernetics)または人工頭脳学(じんこうずのうがく)は、通信工学制御工学を融合し、生理学機械工学システム工学を統一的に扱うことを意図して作られた学問です

ノーバート・ウィーナーによって提唱された。当時はまだ情報理論の発展する前であり、自動制御フィードバックがそれぞれ発展しても、両方の関連を認識することにすらかなわった時代です。

無意識の瞑想

  • ソンディ・テストで知られる精神医学者のレオポルド・ソンディ(Léopold Szondi)は、フロイトの説いた個人的無意識とユングの説いた集合的無意識の中間に位置する家族的無意識という概念を提唱した。
    ソンディは、精神医学の世界で「運命分析学」という未だに学問的価値を認められてない分野にメスを入れた稀有な存在であった。
    「家族的無意識」とは、先祖の抑圧された意識が子孫の運命に重大な影響を与えるといった考えで、運命が子孫に遺伝していくことを意味する。「親の因果が子に報い」と呼ばれる病気や負債の運命は「強制運命」と呼ばれ、個人の自由意志から生まれる「自由運命」と常に拮抗している。

    しかし、強制運命の支配下に置かれた不幸な人生も先祖のせいだけではない。
    そのような先祖の子孫として生まれてくることにより、過去世でのカルマを解消させられているのだから、よく理解し受け入れた上で、人生を自由運命に傾くよう舵取りをしなければならない。
    カルマの解消には、自分を第三者的に観る行法を身に付けるのが一番である。

  • ソンディは子孫が祖先から先祖代々継承している意識(衝動)のことを『衝動感情(衝動意識)』と呼び、『人間の運命とは選択である』といった。人間は祖先から受け継いだ衝動感情(衝動意識)をベースにして、『結婚選択・職業選択・疾患の選択・死亡形式の選択』という4つの人生の分野で重大な選択をしていくというのがソンディの理論である。

    L.ソンディの運命観には『自分が主体的に選択する要素』と『祖先からの意識・感情によって決定されるという要素』の2つがあり、人間が自分の運命を選択する(選択させられる)要因になる遺伝子には以下の8つの種類があるとした。『運命分析法』という心理テストでは、この8種類の遺伝子の働きの趨勢(強さ)とバランスを知ることができるとされている。

    Sch(自我衝動)……p(存在遺伝子),k(所有遺伝子)

    C(接触衝動)……m(依存遺伝子),d(獲得遺伝子)

    P(感情衝動)……hy(道徳遺伝子),e(倫理遺伝子)

    S(性衝動)……s(攻撃遺伝子),h(情愛遺伝子)

    レオポルド・ソンディの想定した祖先から受け継ぐという無意識は『家族的無意識』と呼ばれており、ジークムント・フロイトの『個人的無意識』よりは広く、C.G.ユングの『普遍的無意識(集合無意識)』よりはその範囲が狭いと考えられている。ソンディの運命分析学を前面に出した深層心理学の究極の目的は、『個人的無意識と家族的無意識と普遍的無意識の経験的・理論的な統合』であった。

仏教用語

成仏法

becameーbuddha System

Agon 2600 years ago the truth

f you analyze Al-Buddhism, it consists of two parts.

1 “Doctrine of auspicious” as a teaching
2 “Seven Schools, Seventy-seven items” (also called “Seven-seven bowl split method”) as a law of practice
It is.
If this is called by the classification method of the later generation, “the auspicious doctrines” is “Kenkyo”.
Four steps leading up to liberation
“Four steps leading up to liberation”
Everyone has to go through these four stages to get rid of it.
And if you walk these four steps according to a good holy master,
It is possible for them to reach liberation. Of course, that’s true for you too.
The four stages are
One, Shudaon (Susakigaki)
2 Shidagon (including this)
Three, anagon (including ana)
Four, Arhat (Arahan)
It is.
To explain,
Shudaon the saint who removed all the injuries
Shidagon the fallen saint
Aagon (the dimension) the saint who jumped
Al Hutt Buddha
Also known as ‘Buddha’, a transcendental, completed saint.
How do the practitioners walk through these four stages?
Method and system of spiritual perfection
That is the practice of spiritual perfection left by Shaka. This is called “Fun Buddha Law”. The adult Buddha refers to the completion of spirituality, and the human who fulfilled it is called “Buddha”. Therefore, I call the method “Fundish law”.
It is a method for an adult Buddha from seven systems and 37 different curriculums
And the system. Is a Buddhist term of
.
It is a historical fact that it is the only reason that Shaka has been preached
Since there is no “Fundish law” other than Amekai, I will say so
is there. I think that I can be regarded as a true Buddhist scripture, such as a scripture without “the 成法 法”
It is impossible. Of course, there will be some sense of existence and worth of existence
But it is not mainstream. It should be called a sidestream.

The seven families and thirty seven goods are as follows.
Quadratic method-cutting method
Discipline
Four God foot method—-Greed God foot method
Law of protection
Psychic foot method
Repair method
Kanshin foot method
Five root method-one Shinne method Shining root method Nemune method Fixed root method Sone method
Five-force method l-Belief method Progressive force method Mental power method Fixed force method Repulsive method
law—-alternative law support law 法 support law law  law
Decision Support Law
Endorsement law
Affection law
Right heart
Positive law
It is above.
These seven subjects, 37 kinds of curriculum,
-,meditation
2, practice
3, tapas (training)
It can be classified into
The four memorial methods and five root methods are meditation.
The Shiatsu method, the five strength method, the Shichikei method, and the Hachisho course are practice and meditation.
The four god foot method is a special kind of tapas.
God foot is the Shinto power (supernatural power), and this four god foot method is supernatural Shinto power
There are four types of practice to get The tapas I mentioned earlier belong to
Of these seven subjects, focusing on taPas, including meditation and practice subjects
To go.
The holy priest decides which subjects to take and how to train them. Repair
Because each of the prosecutors tends to be related to the prestige, it is possible to see the guru.
is there.
In this training, Guru’s role is great. A little bit about Gu
Spiritual baptism
Find the guru who revealed the spirituality without fail and accept it
It is safe to say that I succeeded as it was. That it is important and difficult
It is.
Without Guru, it is impossible to practice Buddha’s spiritual development. Common Buddhism
It is different from faith. Way of faith, way of faith, lecture and interpretation of scripture
In any case, the spiritual practice of spiritual revelation is a powerful spirit
Without the help of a holy man with the
It is
For example, the Indian modern saint Lamanamaharishi, for the introductory person,
When the ceremony of acceptance is performed in the way of staring, the brightness and power of his eyes are
It is said that the heart of the hand has been cut off and the flow of misfortunes has been cut off. Time and
Then, it is said that the other party felt as if the current flowed into oneself.
With these spiritual experiences, disciples are first cleansed and want to be spiritual
You will be yearning for spiritual aspiration.

阿含  2600年前の真実 Agama: The truth 2600 years ago

 

阿合仏教を分析すると、それは二つの部分から成り立つ。

 

1 教えとして「縁起の教理」
2 修行法として「七科三十七道品」(三十七菩提分法”とも呼ぶ)
である。
これを、後世の分類法で呼ぶと、「縁起の教理」は「顕教」である。
解脱にいたる四つの階梯
「解脱にいたる四つの階梯」
だれでも、解脱にいたるためには、この四つの段階を経なければならない。
そしてこの四つの階梯を、すぐれたる聖師にしたがって歩んで行くならば、だ
れごも解脱に到達できるのである。もちろん、あなたにしてもその通りだ。
四つの階梯とは、
一、シュダオン(須陀垣)
二 シダゴン(斯陀含)
三、アナゴン(阿那含)
四、アルハット(阿羅漢)
である。
説明すると、
シュダオン  けがれをすべてとり除いた聖者
シダゴン   められた聖者
アナゴン   (次元を)飛躍した聖者
アルハット   仏陀
大次元を)超越し、完成した聖者、「ブッダ」ともいう。
は、この四つの階梯を、修行者はどのようにして歩んでゆくのだろうか。
霊性完成の方法と体系
シャカが残した霊性完成の修行法がそれである。これを、「成仏法」とよんでいる。成仏とは霊性を完成したことをいい、それを成就したヒトを「ブッダ」とよぶ。だから、わたくしはその方法を、「成仏法」とよぶのである。
それは七つのシステムと三十七種のカリキュラムから或る成仏のための方法
と体系である。の仏教用語である。

シャカがじっさい説かれたのは阿合経だけであるという、歴史的な事実のほ
かに、阿含経以外には、この「成仏法」がないから、わたくしはそう言うので
ある。「成仏法」のない経典など、わたくしは真実の仏教経典とみとめること
はできないのである。もちろん、それなりの存在意義なり存在価値はあろう
が、本流ではない。傍流というべきである。
七科三十七道品とはつぎのようなものである。
四念処法-‐―身念処法 受念処法 心念処法 法念処法
四正断法--断断法
律儀断法
四神足法一-―‐―欲神足法 勤神足法
随護断法
心神足法
修断法
観神足法
五根法ー一信根法 精進根法 念根法 定根法 慧根法
五力法l‐信力法 精進力法 念力法 定力法 慧力法
七覚支法-‐‐‐択法覚支法 精進覚支法 喜覚支法 軽安覚支法
定覚支法 念覚支法
捨覚支法
情賄法
正念法
正定法
以上である。
この七科目、三十七種のカリキュラムは、
―、瞑想
2、実践
3、tapas(練行)
に分類できる。
四念処法・五根法は、瞑想である。
四正断法・五力法・七覚支法・八正道は、実践と瞑想である。
四神足法は、特種なtapasである。
神足とは、神通力(超能力)のことで、この四神足法は、超自然的な神通力
を得るための四種の修行法である。前に述べたわたくしのtapasはこれに属
するものである。
この七つの科目のうち、taPasを中心に、瞑想と実践の科目をとり入れて修
行するのである。
どの科目をどうとり入れて、どのように訓練するかは、聖師が決定する。修
行者それぞれ、みな素質と因縁がちがうので、それをみて、グルがきめるので
ある。
この修行において、グルの果たす役目は大きい。グルについて、少しのべよ
霊性の洗礼
まちがいなく霊性を開顕したグルを見つけて、そのグルに受け入れて
にしへ、力修け八分通り成功したといっていいくらいである。それくらい重要なことであり、かつ、むずかしいということ
である。
グルなくして、ただしい霊性開顕の仏道修行は不可能である。ふつうの仏教
信心とはちがうのである。信心のしかたや、信仰のしかた、経典の講義や解釈
を教わるという程度のものならばとにかく、霊性開顕の仏道修行は、強力な霊
的能力を持つ聖師のたすけなくしては、ぜったいといっていいほど、できない
のである。
たとえば、インド近代の聖者ラーマナーマハリシが、入門者にたいして、
「凝視の方法」で受け入れの儀式を行なったとき、かれの両眼の輝きと力が相
手の心をつらぬいて、その雑念の流れを断ち切ってしまったといわれる。時と
しては、まるで電流が身の内に流れこんだように相手は感じたともいわれる。
こういう霊的体験によって、弟子はまず心をきよめられ、霊的なものにたい
するあこがれ、霊的向上心をいだくようになるのである。

 

 

Analyzing Aai Buddhism, it consists of two parts.

 

1 As a teaching, “the doctrine of auspiciousness”
2 As a training method, “Seven departments and thirty-seven dozens” (also called “37 Bodhipakkhi”)
Is.
If this is called by the classification method of posterity, “the doctrine of auspiciousness” is “religion”.
Four steps leading to liberation
“Four steps leading to liberation”
Anyone must go through these four steps to reach liberation.
And if you follow these four steps according to the excellent Holy Master,
The lever can also reach liberation. Of course, you are right.
What are the four ladders?
One, Shudaon (Sudagaki)
2. Sidagon (including this)
Three, Anagon (including Anagon)
Four, Arhat (Arhat)
Is.
To explain,
Shudaon The saint who removed all his injuries
Sidagon, the saint
Anagon (a dimension) a leap of saint
Alhat Buddha
It is also called “Budda”, a saint who transcends (large dimensions) and is completed.
How will the practitioner walk through these four steps?
Method and system of spiritual completion
That is the practice of spiritual completion left by Shaka. This is called the “Buddhahood Law”. The Buddhahood means the completion of spirituality, and the person who fulfills it is called “Budda”. That is why I call that method the “Buddhahood Law.”
It is a method for a certain Buddhahood from seven systems and thirty-seven curriculums
And system. Is a Buddhist term.
..
The historical fact that Shaka was actually told only by Agama
Since there is no such “Buddhahood method” other than Agama, I say so.
be. I consider it a true Buddhist scripture, such as a scripture without the “Buddhahood Law”.
Cannot be done. Of course, there will be some significance and value of existence.
However, it is not the mainstream. It should be called a sidestream.

The seven departments and thirty-seven dozens are as follows.
Satipatthana method — Satipatthana method, Satipatthana method, Satipatthana method, Satipatthana method
Four Right Exertions — Cutting Method
Law
Iddhipada Iddhipada ——– Iddhipada Iddhipada
Defensive law
Shinshin foot method
Cutting method
Kanjin foot method
Indriya method-Ichishinne method, Seishin root method, Nene method, Samadhi method, Keine method
Five-strength method l-credit method, devotion method, psychokinesis method, definite power method, morality method
Seven Factors of Awakening — Selective Factors of Awakening
Jokaku support method
Seven Factors of Awakening
Compensation law
Mindfulness
Orthodox method
That is all.
These seven subjects, thirty-seven kinds of curriculum,
-,meditation
2, practice
3, tapas (training)
Can be classified into.
The Satipatthana method and the Indriya method are meditations.
The Four Right Exertions, the Five Strengths, the Seven Factors of Awakening, and the Noble Eightfold Path are practices and meditations.
Iddhipada is a special tapas.
Iddhipada is a mythical power (supernatural power), and this Iddhipada method is a supernatural mythical power.
There are four types of training to obtain. My tapas mentioned earlier belongs to this
To do.
Of these seven subjects, meditation and practice subjects are taken into consideration, centering on tapas.
Do it.
The priest decides which subjects to take and how to train. Osamu
Each person has different qualities and ties, so when you look at it, the guru decides.
be.
Guru plays a major role in this training. A little about Guru
Spiritual baptism
Undoubtedly find a guru that reveals spirituality and accept it
It can be said that he was successful as he was able to improve his skills. It ’s that important and it ’s difficult.
Is.
Without a guru, proper spiritual manifestation of Buddhist training is impossible. Ordinary Buddhism
It is different from devotion. How to believe, how to believe, lectures and interpretations of scriptures
Anyway, the Buddhist training of spirituality is a powerful spirit.
You can’t do it without the help of a doctor of the church
It is.
For example, the modern Indian saint Ramana Maharishi, to his introductory
When performing the acceptance ritual in the “method of staring”, he combined the brilliance and power of his eyes.
It is said that he broke the heart of his hand and cut off the flow of thoughts. With time
It is said that the other party felt as if an electric current had flowed into his body.
This kind of spiritual experience first cleanses the disciple and wants to be spiritual.
You will have a longing to do it, and you will have a spiritual aspiration.