UA-135459055-1

家族的無意識 4 運命はどこから来るのか? ”Family unconscious 4 Where does fate come from?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近代心理学は、

(1)フロイトの個人的に抑圧された無意識の層、

 

(2)ユングの集合的(群衆)無意識の層、

 

の二つの道を歩んできた。

 

 これに対し、

〔3}ソンディは、その中間にある家族的無意識の層を発見したのである。

つまり、個人と群衆のあいだに「宗族」を発見したのだ。これは、当然、出ずべくして出でたものである。個人

にしても群衆にしても、だれひとりとして「家族」でなかったものはない。とすると、当然そこにひとつの無意識司が存在(または形成)されるはずである。

 では、その無意識層の中に、ゾンデ″はなにを発見したか?

 かれは、「家族的無意識」と名づける無意識層の中に、特殊な抑圧意識を発見したのである。

 それは、ひと口でいうならば、

  「個人のなかに抑圧されている祖先の欲求が、恋愛・友情・職業・疾病および死亡における無意識的選択行動とたって、個人○運命を決定する」

というのである。

 

 ソンディはこういう。

  「恋愛・友情・職業・疾病および死亡における選択の分析にもとづいて、選択の根源はこの家族欲求」

 つまり、ひとの、恋愛、友情、職業、病気、死にかたまで、すべて、それらを決定するのは、そのひとのこころの深奥にひそんでいる祖先の抑圧された意識である、というのである。

 

 これは、個人の運命を形成するこれらの選択行動は、意識的・理性的な考慮の上に立つ決断にょって決定されるのではなく、(もちろん表面的にはそれがなされるが、実際には)選択行動は衝動行為であり、衝動的に選択する無意識的なものによって動かされるのだということである。(ここまではフロイトもほとんどおなじである。フロイトとちがうのは、その衝動が、その宗族-祖先-にふかい関連、かおるというのである)

 

 それはなにかというと、ひとの運命を決定するものが、抑圧された祖先の欲求ばかりではないということである。それがすべてではないということだ。それは非常に大きな要因ではある、が、そればかりではないということである。

 なぜかというと、密教占星術によれば、運命の「時期」まで決定されているからである。ソンディ理論によれば、「形式」の形成の説明はつくけれども、「時期」が決定される説明はつかない。それは先祖の抑圧意識のほかにも要因、かおるからである。それについてのわたくしの理論と意見はここでは述べない。べつな機会にゆずることにする。かなりに厖大な址となるからである。

ソンディ理論は「平面彬成」(空間)の理論であり、このほかに「立体構成」(時間)の理論かおる。㈲の理論は、ソンディのごとく、心理学的方法でなされるが、時間の理論は数学的方法でなされ、かなりに難解なものになる。これはまたべつな一冊の書物となるであろう。

 

タテの因縁とヨコの因縁

タテの因縁とヨコの因縁

人間の持つ因縁の大体を述べてきた。

あなたも、これらの因縁の中のいくつかを必ず持っているはずである、
では、これらの因縁ぱ、いったい、どこから生じたのであろうか?

 仏陀は、経典の中で、
「種の差別は業に由る」 とおっしやっておられる。

つまり、「業」によって、人それぞれちがう因縁を持って生まれるのである、とおっしやっているのである。
では、業は、因縁に対してどのようにはたらくのか?

基本的には「タテの因縁」と「ヨコの因縁」となってあらわれると説く。
タテの因縁とはなほか?

先祖から受けついだ系である。

ヨコの囚縁とはなにか? 自分が前生でなした業である。

このタテの因縁とヨコの因縁の交わるところが、自分である。
図示すると、つぎのようになる。

タテの因縁
(祖先から受けついだ業)
ヨコの囚縁
(自分の前生になした業)
交わるところ
(我である)

つまり、祖先の業と、自分の前生の業と、この二つの業によって生じたのが、自分の因縁である。言葉を替えていえば、自分は、祖先の因縁と自分の前生になした因縁と、この二つによって、この世に生まれ存在しているわけである。この二つの系続から成り立って
いるのが、自分という存在だ。

 どんな人でも、親-祖先なくしては存在しない。ということは、親、祖先から、さまざまなものを受けついでいるということである。顔かたち、性格、体質、その他もろもろのものを受けついでいる、これはどんな人も否むことは出来ない。
有名な儒教の大学者、安岡正篤先生は、その著書『大学』(経書の書名)の講義の中で、こうのべておられる。

 

脳障害の因縁

この因縁は、精神病の場合と、精神病でない頭部の障害、の二種に分けられる。
すなわち、精神病(ノイローゼ、脳梅毒など)と、頭部の怪我、または脳溢血、脳軟化
症等の病気で、程度の軽い因縁の人ぱ年中、頭痛、肩こり、不眠症などに悩まされる。
肉体障害の因縁をあわせ持つ人は、脳溢血から中気になったり、頭の負傷で手足がきか
なくなったりする。脳性小児マヒなどもこの因縁のあらわれである。

二重人格の因縁

前記の脳障害の因縁の系列に入る因縁に、この二重人格の因縁がある。
酒を呑むと、ガラリと人が変わってしまって、全く別人のようになってしまう。
酒乱はこの因縁である。表面意識がアルコールで麻庫すると、遺伝している潜在意識や深層意識が浮かび出て、別の性格が入れかわって出て来るのである。異常性格・同性愛などもこの因縁である。
この因縁は、家運衰退の因縁にも深い関連があり、二、三代前の縁者で、非常に不幸な、恵まれない死に方をした人か、あるいは、他人で、その家に非常な怨念を抱いて死んだ者
のいることが特徴である。

癌の因縁

胃ガン、子宮ガンなど、この因縁を持つ人ぱ必ず癌になる。

循環器系統障害の因縁

心臓、腎臓、肝臓等の循環器系に故障を起こす因縁である。

 

Causes of brain damage

This cause can be divided into two types: mental illness and non-psychotic head disorders.
That is, mental illness (neurose, cerebral syphilis, etc.), head injury, or cerebral hemorrhage, cerebral malacia.
People with mild illnesses suffer from headaches, stiff shoulders, insomnia, etc. all year round.
People who have a cause of physical disability may be sick from cerebral hemorrhage or have limbs due to head injury.
It disappears. Cerebral palsy is also a manifestation of this cause.
1

Fate of dual personality

This dual personality is one of the factors that fall into the series of causes of brain damage.
When you drink alcohol, the person changes completely and you become like a completely different person.
The drunkenness is the cause of this. When the surface consciousness is filled with alcohol, the inherited subconscious and deep consciousness emerge, and another personality is replaced. Abnormal personality and homosexuality are also factors in this.
This connection is also closely related to the cause of the decline in family luck, and it is a relative of a few generations ago who died very unfortunately and underprivileged, or someone else who had a great grudge against the house. Those who died hugging
It is characteristic that there is.

Fate of cancer

People with this cause, such as stomach cancer and uterine cancer, will definitely get cancer.

Causes of cardiovascular disorders
It is a cause of failure in the circulatory system such as the heart, kidneys, and liver.

夫婦縁障害の因縁

夫婦縁、結婚生活に障宵が起きる因縁である。              `
なんとなくお互いに性格が合わず、年中不満を待ちあってゴタゴタが絶えず、冷たい家る。

一 一 一 一
または、お互いに愛情はあるのだが、どちらかが病気になって別居をよぎなくされる、

とか、仕事の関係で別れ別れに住むことになる。シュウトなどの関係で夫婦仲がうまくかぬ、など、とにかく、愛情の有無にかかわらず、結果的に夫婦仲がうまくいかない。離婚してしまうというところまではいかぬが、とにかく、年中その一歩手前までいってゴタゴタしているのである。

夫婦縁破れる因縁

この因縁を持っている人は、男女とも、必ず生別か死別をまぬがれない。生別となるか
死別となるか、は、相手方の生命力の強弱による。

刑獄の因縁

凶運の時に、必ず刑事事件を起こして、刑務所につながれることになる因縁である。
人はどんな因縁を持つはどんな因縁を持つかがふつうである。
ごく悪い因縁が他にあると、殺人強盗の凶悪犯となり、軽い場合には業務上の過失、選挙違反などで刑罰にふる。        この囚縁があると、心がけの良い悪いにかかわらず、必ず罪にふれることになる。先口相談に未だ人で、こんな例があった。立派な人格者で、某大学の助教授であるが、ほんの

僅か素肌の酒を呑んで帰りの車を運転し、暗がりで人をひいて重傷を負わせてしまった。
飲酒運転の罪に問われ、裁判中である。これも、霊障によって起きることが多い。

手足を断つ肉体障害の因縁

目がつぶれて失明したり、手足を断つ、というように、肉体に傷害を受ける因縁である。
つまり怪我の囚縁で、自動車、汽車、電車等の事故に遭うのはみなこの因縁を持っている人である。人から傷害を受けるのもこの囚縁である。べつに、病気の因縁を持っている人
は、その囚縁と結びついて、手術、という形になってあらわれる場合も少なくない。事故で手足を失う、ということに出る場合のほか、神経痛、リューマチ等で手足が痛んだり、足腰が立だなくなったりする。脳障害の因縁をあわせ持つ人は、脳溢血、または脳軟化症などから中気になって、長年寝たきりとなる。

この因縁が内臓にあらわれた場合、肺結核、気管支炎、喘息などの呼吸器疾患を病む。幼児でこの因縁を待った子が、年中この因縁に体を責められるため、発育不良になったり、腺病質になったり、強度の神経質、夜泣きなどをするようなことがある(幼児、少年の神経症(カン症)は、脳障害の因縁からくる場合と、この肉体障害の因縁に責められてなる場合と、二通りあるのである)。

横変死の因縁

肉体障害の因縁が更に強くなり、悪化したもので、必ず、横死、変死をする。自殺、他
殺、事故死のいずれかをまぬがれることができない。多く、三代以内の血縁中に、同じ
せなければ、必ずこの因縁の結果通りとなる。縁者でなく、他人のホトヶであることも少
なからずある。

脳障害の因縁

この因縁は、精神病の場合と、精神病でない頭部の障害、の二種に分けられる。
すなわち、精神病(ノイローゼ、脳梅毒など)と、頭部の怪我、または脳溢血、脳軟化
症等の病気で、程度の軽い因縁の人は年中、頭痛、肩こり、不眠症などに悩まされる。
肉体障害の因縁をあわせ持つ人は、脳溢血から中気になったり、頭の負傷で手足がきか
なくなったりする。脳性小児マヒなどもこの因縁のあらわれである。

二重人格の因縁

前記の脳障害の因縁の系列に入る因縁に、この二重人格の因縁がある。
酒を呑むと、ガラリと人が変わってしまって、全く別人のようになってしまう。

癌の因縁

胃ガン、子宮ガンなど、この因縁を持つ人は必ず癌になる。
循環器系統障害の因縁心臓、腎臓、肝臓等の循環器系に故障を起こす因縁である。

酒乱はこの因縁である。表面意識がアルコールで麻庫すると、遺伝している潜在意識や深層意識が浮かび出て、別の性格が入れかわって出て来るのである。異常性格・同性愛などもこの因縁である。
この因縁は、家運衰退の因縁にも深い関連があり、二、三代前の縁者で、非常に不幸な、
恵まれない死に方をした人か、あるいは、他人で、その家に非常な怨念を抱いて死んだ者のいることが特徴である。

 

Fate of marital relationship disorder

It is a cause of trouble in marital relations and marriage. ‥
Somehow their personalities don’t match each other, and they are constantly messing around waiting for dissatisfaction all year round.

One by one
Or, they have love for each other, but one of them gets sick and is forced to separate.

Or, I will live in a farewell because of my work. Anyway, regardless of whether or not you have a love affair, the couple will not get along well because of the relationship such as Shuto. It doesn’t go to the point of getting divorced, but anyway, it’s a mess all year round.

Marital relationship

People who have this connection, both men and women, cannot survive the bereavement or bereavement. Will it be different
Bereavement depends on the strength of the other party’s vitality.

Fate of prison

In the event of bad luck, he will always cause a criminal case and be connected to a prison.
It is normal for a person to have what kind of connection he has.
If there is another very bad cause, he will be a thug of murder and robbery, and if it is minor, he will be punished for business negligence, election violation, etc. If you have this prisoner’s relationship, you will definitely be guilty of it, regardless of whether you are good or bad. There was such an example as a person who was still in the protostome consultation. He has a good personality and is an assistant professor at a certain university, but only

He drank a little bare-skinned liquor and drove the car home, hitting people in the dark and seriously injuring him.
He is on trial for drunk driving. This is also often caused by spiritual disorders.

The cause of physical disability that cuts off limbs

It is a cause of physical injuries such as blindness due to blindness and limbs being cut off.
In other words, it is the person who has this connection who is involved in an accident such as a car, a train, or a train. It is this prisoner who is injured by humans. People who have a cause of illness
Is often associated with the prisoner’s ties and appears in the form of surgery. In addition to the case of losing limbs due to an accident, neuralgia, rheumatism, etc. may hurt the limbs or make the legs stiff. People who also have a cause of cerebral disorder become bedridden for many years due to cerebral hemorrhage or cerebral softening.

When this cause appears in the internal organs, it causes respiratory diseases such as pulmonary tuberculosis, bronchitis, and asthma. A child who has been waiting for this cause in an infant may be blamed for this cause all year round, resulting in stunted growth, adenopathy, intense nervousness, and crying at night (toddler and boy nerves). There are two types of illness (neurosis), one that comes from the cause of brain damage and the other that is blamed for the cause of this physical disorder).

Fate of lateral death

The cause of physical disability becomes stronger and worse, and it always causes lateral death or suspicious death. Suicide, etc.
You cannot escape either killing or accidental death. Many, same in blood relatives within three generations
If not, it will always be the result of this connection. It is rare that it is not a relative but another person’s photo
There is nothing.

Causes of brain damage

This cause can be divided into two types: mental illness and non-psychotic head disorders.
That is, mental illness (neurose, cerebral syphilis, etc.), head injury, or cerebral hemorrhage, cerebral malacia.
People with mild illnesses suffer from headaches, stiff shoulders, insomnia, etc. all year round.
People who have a cause of physical disability may be sick from cerebral hemorrhage or have limbs due to head injury.
It disappears. Cerebral palsy is also a manifestation of this cause.

Fate of dual personality

This dual personality is one of the factors that fall into the series of causes of brain damage.
When you drink alcohol, the person changes completely and you become like a completely different person.

Fate of cancer

People with this cause, such as stomach cancer and uterine cancer, always get cancer.
Causes of circulatory system disorders It is a cause of failure of the circulatory system such as the heart, kidneys, and liver.

The drunkenness is the cause of this. When the surface consciousness is sunk with alcohol, the inherited subconscious and deep consciousness emerge, and another personality is replaced. Abnormal personality and homosexuality are also factors in this.
This affiliation is also closely related to the declining family luck, a couple of generations ago, and very unfortunate.
It is characterized by the fact that there are people who have died underprivilegedly, or others who have died with great resentment in the house.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*