UA-135459055-1

Buddhism

科学におけるヒトの改造 Human remodeling in science

Human remodeling in science

 

In addition, General Electric Co., Ltd. has released a “pedipreter” (walker) for the US Army.
I’m making it. Like the long legs of stilts, it is an instrument that can be walked with a huge stride when attached. Unlike stilts, this metal leg has knees and manic joints that let you know if it’s balanced and adjust it. With this instrument, we’ll be able to straddle a small building and walk a kilometer in five or six steps.

In the future, you can combine these types of instruments and devices to not only walk on stride or lift heavy objects, but also every action-swim long distances at great speeds, a day or two. You will be able to easily swim around the bottom of the water and jump from branch to branch.

Obviously, this is not just a kikai, it is a’human amplifier assimilated into human work.

“And humans and machines have entered a new relationship. The two are virtually indistinguishable from each other.
A relationship that seems to be-cyborg is a term coined for such hybrids, “G.R. Tiller gives a new definition for cyborgs.

However, the ultimate in human cyborgization will be the amplification of the cerebrum, which is the center of human intelligence, rather than the hands, feet, and lungs. It has already begun. Scientists are working on technology that connects the human brain directly to computers. The year 2018 predicts that it will be possible by that time.

Then you will be asked how to embed a computer.

Research seems to be proceeding in this direction. But in reality, the opposite can happen. In other words, it is not unthinkable to put biological parts → 腦 in a computer. It is a complete synthesis of human and human. Combined marriage between humans and machines! It seems like that is happening.

Sci-fi writer Isaac Asimov predicts the creation of a new mixed race of humans and machines. So is that the culmination of human remodeling in science? Eventually, we’ll be wondering if we’re talking to mechanized humans or humanized machines.
Or, even myself, I don’t know which one.

Thus Homo sapiens disappears.

Will humans be quietly absorbed into machines without the extinction consciousness that they will come out? Or, on the contrary, the last Homo sapiens is the achievement of the scientist who created such science. One day, while praising, suddenly the consciousness disappears in the machine? If so, this is exactly the history of 100 million years of human beings and the existence of human beings. It can be said that it is the great nonsense of the century when all the shields were put on in that moment.

 

 

科学におけるヒトの改造

 

また、ゼネラル・エレクトリック社は、アメリカ陸軍用に「ペディプレター」(歩行器)を
つくりつつある。竹馬の長い足のように、それをつけると巨大な歩幅で歩きまわることのできる、器械である。竹馬とちがってこの金属の脚には膝や躁関節があり、バランスがとれているかどうかを知らせ、調節する仕組みになっている。われわれはこの器械をつけることにより、ちょっとしたビルなどひとまたぎにし、一キロの道を五、六歩で歩いていってしまうようになるだろう。

将来は、この種の器械や装置を組み合せて、大またで歩いたり、重い物をかるがると持ち上げたりするだけでなく、あらゆる動作――長い距離を非常なスピードで泳いだり、一日も二日も水底を泳ぎまわったり、枝から枝へとびうつったりを、やすやすとやってのけるようになるだろう。

明らかに、これは単なるキカイではなく、それは人間の働きに同化した『人間増幅器である。

「や人間と機械は新しい関係にはいった。二者が事実上見分けられないほどたがいにり合
っているような関係――サイボーグとはこのような混成生物にたいしてつくられた言葉である」とG・R・ティラーは、サイボーグに対して新しい定義をくだす。

しかし、ヒトのサイボーグ化の究極は、手や足や肺ではなく、結局、ヒトの知能の中枢である大脳の増幅ということになるであろう。すでにそれは始まっている。ヒトの脳とコンピューターを直結する技術に科学者たちはとり組んでいる。「西歴二〇一八年」は、 その頃までにそれは可能になるであろうと予測している。

そういうと、いかにコンピューターを埋めこむのかと聞かれる。

いう方向に研究はすすめられつつあるようである。だが、しかし、実際にはその反対のことも起こり得る可能性があるのだ。つまり、コンピューターのなかに、生体部品→腦ーをおくことだって考えられないことではないのである。それは、ヒトとキカイとの完全な合成である。人間と機械との複合結婚!、そういうものが起こりつつあるように思える。

SF作家のアイザック・アシモフは人間と機械の混血した新しい生物種ができることを予言している。すると科学におけるヒトの改造の極致は結局それなのか?そのうち、われわれは、機械化したヒトに話しかけているのか、ヒト化した機械に話しかけているのか、わからなくなる日がやってくるだろう。
あるいはまた、自分自身でさえ、そのどちらであるのかわからないというが。

かくしてホモ・サピエンスは消えてゆく。

ヒトは、自分たちがい出ほろびるという絶滅意識を持たぬまま、しずかに機械のなかに吸収されてしまうのか?あるいは、かえって、最後のホモ・サピエンスは、これほどの科学を生み出した科学者の功績をほめたたえつつ、ある日、突然、その意識を機械のなかに消してゆくのであおうか?もしもそうだとするならば、これこそまさに、一00万年のヒトの歴史と、ヒトという生物の持つすべての盾をその一瞬にかけた世紀の一大ナンセンスというべきだろう。

なにを得ようとして、なにを目的として、瞑想をするのか?  What are you trying to get and what are you trying to meditate on?

と心の革命12

 

ブッダの瞑想体験が意味するもの
ブッダは想になにを求めたか

 

 

なんのために瞑想をするのであろうか?
なにを得ようとして、なにを目的として、瞑想をするのか?
展想の一種である神では、「無功徳」あるいは「無所得」であるという。つーり、
なにかを求めて練をしても、なにも得るものはないぞ、というのである。この言
を文字の通りにうけとって、座禅をしてもなにも得るところはない、また、なに
か得ようとして座禅をするのは、邪道であるというように説くひともいる。しか
し、これはまちがいで、なにかを「得よう」という執着、こだわりを持っての座
神は、一心にやればやるほど、その執着、こだわりにとらわれ拘束されて、そこか
ら一歩、出られず、結局、真に求めるところのものから遠のくばかりであるという
しゅうちゃく
いましたである。文字の通りなにも得るものはないということではないのである。

 

瞑想も、座禅も、やればやっただけの「所得」があり、「功徳」がある。故・山
本玄峰老師も、「一日座れば一日の仏、二日座れば二日の仏」といっておられる。
では――、どんな所得があり、どんな功徳があるというのか?
ここに、瞑想によってさとりを完成し、仏陀になられたゴータマ・ブッダ(釈
尊)の体験がある。これは、マッジマ・ニカーヤ(中阿含経)という原始経典に
おいて、ゴータマ自身によってかたられたものである。
ぶっだ」
ちゅうあごんきよう
ァ – ガマ
しようじん
ぜんじよう
わたし(釈尊)は、つねに努力精進し、その想いは確立してすこしもみだれ
ず、体は安楽で動揺せず、心は禅定に入って静かである。そのわたしがあると
き、瞑想に入ってしだいに禅定が深まってきた。第一禅定から第二、第三、第
四禅定まで深まるにつれて、心に思い浮かぶなにものもなくなり、喜びや楽し
みだけとなり、そして遂にはそれもなくなって、ただ清浄な想いだけとなっ
た。
そのとき、わたしの心は、一点のけがれもなく、清く明るく、絶対不動であった。そしてわたしの心の展はおのずから前世の光事に関するおそい
れは一生だけではなく、二先、生、十生、二十生、そして組織のの、
きかわり死にかわりした光景が展開してきた。これが第二のである。
それからわたしの心は、あらゆる衆生のすがたに開けられてきた。
超人的な眼力でそのすがたを見た。そこには、買いもの、隊しいもん、いい
もの、映いもの、幸福なもの、不幸なものの、それぞれの後東熱いくいた
これが第二の智慧である。
それからわたしは、苦・集・滅・道の四諸(四つの真理)をありのままに知
り、わたしの心は、あらゆる存在の相から、全く解放され、ふたたびそれに執
着することはなくなった。これが第三の智慧である。(玉城雪訳による)
きには、想の深まりとその効用が、じつにあざやかに、生き生きとかたられ
すべてがここに表現されているといってよい。こ十世紀という時空
きっと、ときめきのなのだ。このべが
ンのゴータマの体験を、もう少し撮りきげてみよう。
「思想家験には五つの設勝がある
には、展想の深まりとその結果が、じつにあざや
はつの段域に分けられる。
かたられている。それ
第一の
つねに一つの目的にむかって横達をつづけることができ、
がるが確立してみだれず、
す。ああだは安楽で見落しない。
はいつも定に入って静かである。

参る。第四演定までしだいに
んと心の10
き、ついにはただ清浄な思いだけにみたされ、
一点のけがれもなく、清く明るく、部材不動となった。
つづいていの眼がひらかれ、
1、自分の前世における光景が展開しはじめる。
3、それは一生だけでなく、二生、三生、十生、二十生、とかざりなさかの
ばり、無限の生涯の、生きかいり死にかわりした光景が展開する。
れは生命の根源へ、選しであり、第一の智慧の獲得であった。
ふの駅はさらに、深くしみがり、ひとの持つ能力の限界を越えて、過去、現
くしくに流れていくあらゆるひとびとのすがたが送視される。
すのの部であった。

 

 

心の眼はさらに広く深く
在、そして未来へと流れてゆくあらゆるひとびとのすが
をれは、存在を規制する富業の実体の把握であった。
これが第二の世の獲得である。
「第五の段階」
1、宿業から解脱する四つの真理を如実に知り、
る、あらゆる存在からの解脱と超越を完成した。
それは第三の質感の獲得であり、「解脱の瞑想」であった。
凡人にも道はひらかれている
いかがであろうか?すばらしい体験だとあなたは思わないだろうか。これが
演題の効用なのである。そうしてだれでも、誤想をすればこういう効果を得ること
ができるのだ。
だが、そう言うと、あなたは言うかもしれない。釈遷のような大天才と、凡人で
あるわれわれと、どうしていっしょになるものか、駅逃がそういうすばらしい体験
したからといって、それがそのままわれわれに
するとチラのまねをするクラスで、結局、骨折り損のくたびれ
うことになる
とおなじをすることにより、われわれもまたかれと同じ結果に到達する
ことが可能なのである。最初の道をきりひらくものは天才でなければならぬ。しか
し、すでに大手のひらいた道は、だれでも歩むことができるのである。万有引力の
外見は、ニュートンの天才を持たなければならなかったが、いまでは小学校の児童
ら、万有引力は知っている。
もちろん、それは容易な道ではない。しかし、ゴータマ・ブッダは親切な道しる
べい、もしておいてくれた。それを真剣にたどることにより、かれの歩んだ
道やまりな歩むことは不可能ではない。かれが到達した最高の場所まで行く
いは無理だとして、そこまでいいくつかの段階を自分のものにすることはかなら
できるのである。
の民館でもいいではないか。それでも、それはじつにす
ばらしい護界なのである。それに、最初からそんなに多
Dr.o
ばらしい世界なのである。それに、最初からそんなに多くのものを望むのは、欲ば
リすぎるというものだ。さあ、瞑想の世界に一歩ふみこんでみよう。ブッダのあと
を、少しずつたどってみようではないか。
いったい、ゴータマ・ブッダは、なにを目的として瞑想をはじめたのであろう
かれはいったい、なんのために瞑想をはじめたのだ?
うつわ
人間のからだは苦しみを盛る器である
かれはいったいなんのために瞑想をはじめたのだ? という質問は、そのまま、
われわれはなんのために誤想をはじめるのか? という質問に置きかえることがで
きるであろう。
かれはいったいなんのために瞑想をはじめたのか?
オーダマ・ブッダは、多くのひとの知る通り、「四苦八苦」の解決を目的として
をはじめたのである。
一瞑想についての基礎知識

では、四苦八苦とはなにか?
生・老・病・死」
これを四苦といい、これに、
あいべつり
おんせうまく
「愛別離苦・怨憎会苦・求不得苦・五陰盛苦」
の四苦をくわえて「八苦」という。
脳と心の革命保想-20
ご おんじょうく
それは、
生きてゆく上に生ずるさまざまな苦しみ、
老いの苦しみ、
病気の苦しみ、
死の苦しみ、
そして、
愛するものと別れる苦しみ。
いのちまでもとちかい合った恋人どうし、あるいは、その愛がむくわれてめでた
の愛の天敵、また、親子、兄弟、心から敬愛する師友、知己、みな、うのも
ばれた愛の光線、また、親子、兄弟、心が
いいながらでいるが、いつなんどき別離の悲哀に泣くことになるかもし
なのである。いや、愛するものとは、あながち人間関係のみとはかぎらない。地
ア、極力、職業奉、さまざまなものを、わたくしたちは愛している。そういうもの
と、いやで期はしなければならない苦しみ、これが愛別離苦である。
心の中で、寒く憎んでいる者と、顔を合わせ、生活をともにしていかなけれ
ば写らない苦しみ、その最も深刻な苦しみは、本来いちばん愛し合い和合し合
わなければならないはずの夫婦、親子、兄弟が、かたきどうしのように憎み合い、
参え合いながら、おなじ屋根の下で暮らしていかなければならぬ苦しみであろう。
そうして、環場で上司や病算と毎日、反目し合いながらはたらかなければなちのサ
ラリーマンやOL、の著しみも、これに準ずるものといえようか。
そういえば、いやでいやでたまらない学校へ毎日いって、きらいなこ強をしなけ
はならない学生選者の苦しみも、この恐増西であろうし、ほかにやりたいこと。
があったがる、そのために、まぎなく好きでもない職場に教養するのも、この松
場公家の一つである。だが、考えてみれば、なりゆきとはいえ。この人生におい
についての基礎知識

 

て、はからずも怨み合い憎み合う人間関係を持たねばなら、辛さ、やりきれなさ、
これが最も大きな怨憎会苦というべきかもしれない。
金、地位、権力、愛情、才能、知識等、求めても求めても得られぬ苦しみ。求め
ることにより生ずる不幸。しかし、また、求めることによって、人類は進歩し、成
長するのである。この皮肉な苦しみ、求不得苦。
うつわ」
考えてみれば、この人間の五体そのものが、苦を盛る器のように思えてくる。
行住坐臥、とりたてていうほどのものではないながら、五体にひしひしと感じる
身心の苦しみ。五陰盛苦である。
まことに、苦の世界とはよくいったもので、いま、この瞬間においても、わた!
したちは、この四苦八苦のどれかの苦しみを味わっているのではなかろうか。
ちよこまきううううう

 

 

こそ究極の解決法
ゴータマ・ブッダは、この四苦八苦を解
こうみた桃果、さいごに、瞑想よりほかないことを知ったのである。そうしてかれ
は成功した。
だからあなたも、ゴータマのように、あなたの人生に四苦八苦を感じて、なんと
かそれを解決しようと考えたら、このゴータマのあとをたどるよりほかに方法がな
いのである。
もちろん、あなたが、この人生になんの苦しみも感じないということなら、それ
は、誤想などする必要はない。この本もまた無用のものである。そのへんにぼうり
出して、テレビのスイッチでもひねったらよろしい。
しかし、もし少しでもなにかの悩みや苦しみを感じるなら、そうしてそれを
解決しようと思ったなら、それは瞑想によるよりほかないと知るべきである。ほか
に方法はないのである。ゴータマ・ブッダは、ありとあらゆる方法をこころみて、
さいごに、この瞑想にたどりついたのだったから
いまから二千数百年はえ、インドに生まれたゴータマが、皇太子の地位を捨てる
はど控んだ四苦八苦は、現代におけるわたくしたちの四苦八苦となんら変わりはない

 

 

 

Revolution of the mind 12

What the Buddha’s meditation experience means What did Buddha ask for in his thoughts?

What are you meditating for? What are you trying to get and what are you meditating for? God, a type of exhibition, says that he is “meritless” or “no income.” .. He said that even if he kneaded for something, he would not get anything. Some people take this word literally and say that there is nothing to be gained by doing zazen, and that it is an evil way to do zen to get something. However, this is wrong, and the god of attachment and commitment to “get” something, the more he does it, the more he is obsessed with that attachment and commitment, and he cannot step out of it. It was a mess that it was far from what I really wanted. It doesn’t mean that you literally have nothing to gain.

Both meditation and zazen have “income” and “merit” as much as they do. The late Gempo Yamamoto also said, “If you sit for one day, you will have one day of Buddha, and if you sit for two days, you will have two days of Buddha.” So, what kind of income do you have and what kind of merit do you have? Here is the experience of Gautama Buddha, who completed Satori by meditation and became a Buddha. This was created by Gautama himself in the primitive scripture called Madhyama Nikaya (Madhyama Agama). Buddha. It’s quiet. When I was there, I started meditation and gradually deepened my meditation. As I deepened from the 1st Zen meditation to the 2nd, 3rd, and 4th Zen meditations, nothing came to my mind, only joy and fun, and finally it disappeared, only pure thoughts. At that time, my heart was pure, bright, and absolutely immovable, without any injuries. And, of course, in the exhibition of my heart, not only the lifelong affairs of the light affairs of the previous life, but also the spectacles of the second, the second, the tenth, the twentieth, and the organization, instead of the death, have unfolded. This is the second. Then my heart has been opened to all sentient beings. I saw it with superhuman eyes. There are shopping, corps, good things, reflections, happy things, and unfortunate things, but this is the second wisdom of the TOKYO HOT. Then I knew the four truths of suffering, gathering, extinction, and the way as they were, and my heart was completely freed from all aspects of being, and I was no longer obsessed with it. This is the third wisdom. It can be said that the depth of thought and its utility are really vivid and lively (translated by Yuki Tamaki), and everything is expressed here. The space-time of the tenth century is surely a crush. Let’s take a little more picture of this Buddha’s Gautama experience. “In order for the thinker’s exam to have five victories, the depth of the exhibition and the results are actually divided into two stages. It is always aimed at one purpose. I can continue to lie down, but I can’t help but establish it. Oh, it’s easy and I don’t overlook it. It’s always quiet and quiet. At last, I was only seen with a clean thought, and there was no single point of injury, it was clean and bright, and the members became immovable. Begin. 3. It’s not just a lifetime, but a second, third, tenth, twenty life, and so on, an infinite life, a life-changing spectacle unfolds. It was the selection and the acquisition of the first wisdom. The station is deeper, and beyond the limits of one’s abilities, all the people who flow in the past and in the present. The bruises were sent to the eyes.

The eyes of the mind are broader and deeper, and all the people who flow into the future have grasped the substance of the wealthy industry that regulates their existence. This is the acquisition of the second world. “Fifth Stage” 1. Completed the liberation and transcendence from all beings, knowing the four truths of liberation from the lodging business. It was the acquisition of the third texture, the “meditation of liberation.” How about opening the way for ordinary people? Don’t you think it’s a wonderful experience? This is the utility of the presentation. Anyone can get this effect if they make a mistake. But if you say so, you might say. It’s a class that imitates us as it is, just because a great genius like a genius like a genius and us who are ordinary people have such a wonderful experience of station escape, after all. By doing the same when it comes to the pain of pain, we too can reach the same result as him. The one who opens the first path must be a genius. However, anyone can walk on the road that has already been opened by a major company. The appearance of universal gravitation had to have Newton’s genius, but now elementary school children know universal gravitation. Of course, that’s not an easy path. However, Gautama Buddha has given me a kind guide. By taking it seriously, it is not impossible for him to follow the path he has taken. If he can’t get to the best place he has reached, he can take some steps to his own. Isn’t it okay to have a private hall in Japan? Still, it’s a truly wonderful world of protection. Besides, it’s a world that is so many Dr.o idiots from the beginning. Besides, wanting so much from the beginning is too much to want. Let’s take a step into the world of meditation. Let’s follow the Buddha little by little. What was the purpose of Gautama Buddha’s meditation, and why did he start meditation? The question, “Why did you start meditation?” Can be replaced by the question, “Why do we start meditation?” What exactly did he start meditation for? Odama Buddha, as many know, started with the goal of solving the “suffering”. Basic knowledge about meditation
Then, what is the four pains? Life, old age, illness, and death. In addition to the pain, it is called “eight pains”. Brain and Mind Revolutionary Remembrance-20. Lovers who have been close to each other until life, or the natural enemy of love whose love has been plucked, parents and children, brothers, dear friends, acquaintances, everyone, the rays of love that have been crying, Parents and children, siblings, and hearts are good, but at some point they may cry for the sadness of separation. No, what you love is not limited to relationships. We love the earth, as much as possible, vocational service, and various other things. Such things and the suffering that must be done for a period of time, this is love separation. In my heart, the suffering that I have to face and live with the person who hates cold, and the most serious suffering is the couple, parent and child, who should be the most loved and reconciled. It will be the suffering that the brothers have to live under the same roof while hating each other and worshiping each other. Then, it can be said that the writings of office workers and office ladies, who have to work in conflict with their bosses and illnesses every day at the ringyard, are similar to this. Speaking of which, the suffering of the student elector who has to go to an unpleasant and irresistible school every day and have to strengthen his dislike is probably this horror west, and what else he wants to do. It is one of the Matsuba Kuge to educate people in a workplace that they definitely don’t like. However, when you think about it, it’s Nariyuki. Basic knowledge about the smell of this life

If you have to have a relationship of grudge and hate, it may be said that the pain and the inconvenience are the biggest grudges. Suffering that cannot be obtained by asking for money, status, power, affection, talent, knowledge, etc. The misfortune caused by asking. But also, by asking, mankind will progress and grow. This ironic suffering, unsuccessful suffering. When you think about it, the five human bodies themselves seem to be a vessel of suffering. Gyoju sitting down, although it is not something that can be taken, the physical and mental suffering that the five bodies feel squeaky. It is a sword of five shades. Indeed, the world of suffering is a common one, and even at this very moment, we may be experiencing one of these sufferings. Chiyokomaki Uuuuu

That is the ultimate solution. Gautama Buddha knew that Momoka, who had solved this struggle, was nothing but meditation. Then he succeeded. So, like Gautama, if you feel struggling in your life and try to solve it, there is no other way but to follow this Gautama. Of course, if you don’t feel any suffering in this life, it doesn’t have to be a misunderstanding. This book is also useless. It’s okay if you stick out and twist the TV switch. But if you feel any worries or sufferings, and you want to solve them, you should know that it is nothing more than meditation. There is no other way. Gautama Buddha tried every possible method and finally arrived at this meditation, so it is more than two thousand years ago, and Gautama, who was born in India, refrains from abandoning his position as crown prince. However, the four pains and eight pains are no different from the four pains and eight pains of us in modern times.

密教の仏たち 10 准胝観音 Esoteric Buddhas 10 Cundi Kannon

准胝観音

 

密教においては七倶胝仏母(しちくていぶつも)[1]とも呼ばれる。密号は最勝金剛、降伏金剛

日本では「准胝仏母」、「准胝観音菩薩」、「准胝観世音菩薩」、「天人丈夫観音」などさまざまな呼称がある。

中国では密教、この後も広く禅宗や浄土宗、道教等でも信仰されるが、かつてインドから東南アジアでも信仰された[注 3][19]

日本の真言宗の開祖である空海高野山の開基の際に、僧房の次にまず准胝堂を建立し、准胝観音を弟子たちの得度の本尊としてお祀りしたのは有名で、のちに高野山が荒廃した際にも僧俗の手によって庫裡にこの准胝観音を安置し守り続けられた。それゆえ、准胝堂の補修が行なわれた昭和の時代になるまで、高野山では准胝堂で僧侶となるための得度の儀式が執り行なわれていた[20]。また、真言宗醍醐派の開祖・聖宝尊師がこれに倣って醍醐寺の開基に准胝観音を勧請し、その孫弟子の仁海は六観音に准胝観音を加え、その後も長く民衆の信仰を集めている

 

 

准胝観音の功徳

  • 善無畏三蔵の訳による『七仏倶胝仏母心大准提陀羅尼法』(大正蔵№1078)には、「仏いわく、この准胝仏母の真言と印契の密法によって、十悪罪五逆罪等の一切の重い罪を滅して、よく一切の善法を成就し、さらには戒律を具足し、清廉潔白の身となって、速やかに心の清浄を得る。もし、在家の行人がいて飲酒や肉食を断つことなく、たとえ妻子があったとしても、ただ、この准胝仏母を本尊とすることで、あらゆる仏法・密法を成就することができる」と説かれている。
  • 地婆訶羅三藏の訳による『仏説七倶胝仏母心大准提陀羅尼経』(大正蔵№1077)には、「もし、在家の善男善女らが『准胝真言』を唱え、これを日々に保つことがあれば、その人の家には災難や事故、病気等による苦しみが無く、あらゆる行いには行き違いや望みが果たせないということも無く、その人の言葉は皆が信用して、よく聞いてくれるようになる。また、幸福に恵まれず、才能にも恵まれない人があって、密教の才覚もなく、侶の修行である『三十七菩提分法』という釈迦の教えに廻りあうことができない人がいたとしても、この准胝観音の『陀羅尼法』の伝授を受けることができたならば、速やかに無上の覚りを得ることができる。更には、『准胝真言』を常に記憶にとどめ、よくこの真言を唱えて善行となる戒律を守ることができれば、あらゆる願いも成就する」と説かれている。[23]

 

准胝観音(じゅんていかんのん)とは?

准胝仏母(じゅんていぶつも)・七倶胝仏母(しちくていぶつも)ともいいます。もとはヒンドゥー教の女神であるドゥルガーで、シヴァ神の妃とされています。とても美しい姿ですが、神々の武器を持って魔族を倒した戦いの女神です。そのため本来は女尊であり、観音ではないという指摘もあります。しかし、ここでは観音として紹介しますね。

 

仏教に取り入れられてからは慈悲深い清浄をもたらす神とされ、七倶胝仏母(しちぐていぶつぼ)ともいわれています。これは遙か過去より多くの仏を誕生させた仏の母という意味です。そのため、真言宗系では人道を救済する六観音(聖観音・千手観音・十一面観音・如意輪観音・馬頭観音・准胝観音)に数えられますが、天台宗系では准胝仏母といわれ如来に分類されています。不空羂索観音と合わせて七観音と呼ばれることもあります。

ご利益

修道者守護、無病息災、延命のご利益があり、安産や子供が授かるなどの功徳があります。

 

空海の孫弟子にあたる理源大師(りげんだいし)聖宝は修験の僧として知られ、自ら霊木を刻んで祀ったのが准胝観音と如意輪観音でした。経典には、修験者が准胝陀羅尼を唱えれば身が清浄となり成仏できると説かれています。また聖宝は醍醐天皇の皇子誕生を准胝観音に祈願し、のちの朱雀、村上両天皇が誕生したといいます。そのため一般的には子授け、安産としての功徳が知られています。

准胝観音(じゅんていかんのん)の像容

手は18本で3つ目の姿であることが多いです。中央の手は説法印と施無畏印をとります。また持ち物は武器や数珠、蓮華などを持っています。

准胝観音(じゅんていかんのん)の真言

オン・シャレイ・シュレイ・ジュンテイ・ソワカ

 

 

Cundi Kannon

 

In esoteric Buddhism, it is also called Shichiku Tebutsumo [1]. The secret issue is the winning Kongo, the surrendering Kongo

In Japan, there are various names such as “Cundi Buddha”, “Cundi Kannon Bodhisattva”, “Cundi Kannon Bodhisattva”, and “Tenjin Tsuyoshi Kannon”.

In China, it was worshiped in esoteric Buddhism, and after that it was widely worshiped in Zen Buddhism, Jodo Buddhism, Taoism, etc., but it was once worshiped from India to Southeast Asia [Note 3] [19].

It is famous that Kukai, the founder of the Shingon sect of Japan, built Cundi Hall next to the priest when the foundation of Mt. Koya was established, and enshrined Cundi Kannon as the principal image of the disciples. Even when it was devastated, the priests kept this Cundi Kannon in the kuri and continued to protect it. Therefore, until the Showa era when Junteido was repaired, a ritual of proficiency to become a monk was held at Junteido in Koyasan. [20] In addition, the founder of the Shingon sect Daigo sect, Shobo Takashi, solicited Cundi Kannon for the opening of Daigoji Temple, and his grandson Ningai added Cundi Kannon to Rokukannon, and continued to gather the faith of the people for a long time. ing

 

Merit of Cundi Kannon
In “Seven Buddha Club Buddha Mother’s Heart Daisuke Cundi Raunho” (Taishozo No. 1078) translated by Zenpo Awe Sanzo, Eliminate all serious sins such as sins and five treasonous sins, often fulfill all good laws, add discipline, become innocent and innocent, and quickly obtain cleanliness of the mind. Even if there are wives and children without refusing to drink or eat meat, it is possible to fulfill all Buddhist and secret laws by making this Cundi Buddha the principal priest. ” There is.
In “Buddhist Theory Seven Clubs Buddha Mother’s Heart Cundi Dharani Sutra” (Taishozo No. 1077) translated by Jibo Dharani, “If the good men and women at home chanted” Cundi Mantra “, this If you keep it on a daily basis, your home will not suffer from disasters, accidents, illnesses, etc., and you will not be misunderstood or unable to fulfill your wishes in every act, and everyone will trust your words. Also, there are people who are not blessed with happiness and talent, and have no talent for esoteric Buddhism. Even if there are people who cannot go around, if they can receive the instruction of “Dharani” of this quasi-Kannon, they will be able to quickly get a sense of excellence. If you can always remember this and keep the commandments of good deeds by chanting this mantra, all your wishes will be fulfilled. ” [twenty three]

 

What is Cundi Kannon?

Also known as Cundi Buddha and Cundi Buddha. She was originally a Hindu goddess Durga and is considered the princess of Lord Shiva. She looks very beautiful, but she is the goddess of battle who defeated the demons with the weapons of the gods. Therefore, it is pointed out that she is originally a female priest, not Kannon. However, I will introduce it here as Kannon.

 

Since it was introduced into Buddhism, it has been regarded as a god that brings benevolent cleanliness, and is also called the Shichigu Tebutsubo. This means the mother of the Buddha who gave birth to more Buddhas than in the past. Therefore, in the Shingon sect, it is counted as six Kannon (Sacred Kannon, Senju Kannon, Eleven-faced Kannon, Nyoirin Kannon, Hayagriva Kannon, Cundi Kannon), but in the Tendai sect, it is called Cundi Buddhist mother. It is classified into. It is also called Shichikannon together with Fukū-in Temple Kannon.

Benefits

It has the benefits of protecting monks, having no illness, and prolonging life, and has merits such as safe delivery and childbirth.

 

Rigendaishi Shobo, a grand disciple of Kukai, was known as a monk for Shugendo, and it was Cundi Kannon and Nyoirin Kannon that enshrined himself by carving a sacred tree. The scriptures say that if the trainee chanting Cundi Dharani, he will be clean and can become a Buddhahood. In addition, Shobo prayed for the birth of Emperor Daigo’s prince to Cundi Kannon, and it is said that later Emperors Suzaku and Murakami were born. Therefore, it is generally known for its merit as a childbirth and easy delivery.

Image of Cundi Kannon

Her hands are 18 and often the third figure. The central hand takes the preaching mark and the abhayamudra mark. Her belongings include weapons, beads, and lotus flowers.

Cundi Kannon’s Mantra

On Sharay Shrey Juntei Sowaka

密教の仏たち 12 如意菩薩  Esoteric Buddhas 12 Bodhisattva

如意菩薩


如意輪観音(にょいりんかんのん、Cintāmaṇicakra、チンターマニチャクラ)は、仏教における信仰対象である菩薩の一尊。観音菩薩の変化身(へんげしん)の一つであり、六観音の一尊に数えられる。

 

三昧耶形如意宝珠、紅蓮華。種字はキリーク(ह्रीः、hrīḥ)]

 

  • オン・バラダハンドメイ・ウン
  • オン・ハドマ・シンダマニ・ジバラ・ウン

如意とは如意宝珠(チンターマニ)、輪とは法輪(チャクラ)の略で、如意宝珠の三昧(定)に住して意のままに説法し、六道の衆生の苦を抜き、世間・出世間の利益を与えることを本意とする。如意宝珠とは全ての願いを叶えるものであり、法輪は元来古代インドの武器であったチャクラムが転じて、煩悩を破壊する仏法の象徴となったものである。六観音の役割では天上界を摂化するという。

 

Bodhisattva

 

Nyoirinkannon (Bon: Cintāmaṇicakra, Cintāmaṇicakra) is a bodhisattva that is the object of worship in Buddhism. He is one of the transformations of the Kannon Bodhisattva and is counted as one of the six Kannon.

 

His Sanmai Yagata is Gurenge, Gurenge. The type is Kiriku (ह्रीः, hrīḥ)].

 

On Balada Hand May Eun
On Hadoma Shindamani Jibara Eun

Ruyi is an abbreviation for Chintamani, and Ring is an abbreviation for Falun (chakra). The intention is to give the benefit of. The Nyoi Jewel fulfills all wishes, and the Dharmachakra is a symbol of Buddhism that destroys worldly desires by turning Chakram, which was originally a weapon of ancient India. It is said that the role of Rokukannon is to ingest the heavenly world.

 

今日の運命 2021年9月10日 Today’s fate September 10, 2021

2021910

辛酉日

 

 

六白金星の日

新しい企画を持った人との接触あり。気が高ぶり争いが起りやすい。負けるは勝ち。怒ったら損、自己を誇るなかれ。心豊かにほのぼのと

 

 

吉凶混合の日。
仕事運と対人運が好調なので、物事はスムーズに進み周囲からのフォローも期待できます。
ただし調子に乗りすぎると思わぬ怪我や事故に巻き込まれる可能性があります。
何事にも冷静な判断を心がけましょう。
甘露日
あらゆることで良い結果が得られる日。
特に物事のスタートや大きな決断に向いています

不動明王

五大明王、八大明王の一で、その主尊。種々の煩悩、障害を焼き払い、悪魔を降伏して行者を擁護し、菩提を成就させ長寿を得させるとされる。大火炎を背負い、右手に剣、左手に索を持つ

御真言

ナウ、マク、サ、マンダ、バ、ザラ、ダン、カン

 

悪魔
正位置・・・病気。意気消沈。不況。不服。不満足。力の誤用。有益な友人を失いやすい。友人の裏切り、策謀。既婚者への愛の成就。悪への屈服。黒魔術。呪法。科学。学究。
逆位置・・・心霊学。オカルトへの理解のはじまり。臆病。屈服からの解放。病気の回避。科学性の欠如や無視。迷信。
ウェイト解説
正位置・・・破壊。暴力。激烈。異常な努力。力。運命。前もって定められていて動かせないもの(必ずしも悪いものとは限らない)。
逆位置・・・悪い宿命。弱さ。狭量。盲目。

September 10, 2021

Yin Metal Rooster Day

 

 

 

Six Platinum Star Day

There is contact with people who have new projects. It’s easy to get upset and fight. Losing is winning. If you get angry, lose yourself, don’t be proud of yourself. Heartwarming and heartwarming

 

 

 

A mixed day of good and bad.
Work luck and interpersonal luck are good, so things go smoothly and you can expect follow-up from those around you.
However, if you get too sick, you may be involved in an unexpected injury or accident.
Make a calm judgment in everything.
Sweet dew day
A day when you can get good results in everything.
Especially suitable for starting things and making big decisions

 

Fudo Myoo

It is one of the Five Great Meiou and the Eight Great Meiou, and its main honor. He is said to burn out various worldly desires and obstacles, surrender the devil, defend the performers, fulfill the bodhi and gain longevity. Carrying a large flame on his back, holding a sword in his right hand and a rope in his left hand

Mantra

Now, Mac, Sa, Manda, Ba, Zara, Dan, Kang

 

Devil
Positive position … Illness. Depressed. recession. Dissatisfaction. Dissatisfaction. Misuse of force. Easy to lose useful friends. Betrayal of friends, plot. Fulfillment of love for married people. Succumbing to evil. black magic. Spell. Science. Academic.
Reverse position … Spiritism. The beginning of understanding the occult. Cowardly. Freedom from succumbing. Avoiding illness. Lack of science or neglect. superstition.
Weight commentary
Normal position … destroyed. violence. Fierce. Extraordinary effort. Power. Fate. Things that are predetermined and cannot be moved (not necessarily bad).
Reverse position … bad fate. weakness. Narrow amount. Blind.

 

 

 

真言密教の瞑想法 Shingon Esoteric Buddhism Meditation

真言密教の瞑想法


真言密教の瞑想法


宇宙の大生命と一体となる
「密教の一字禅」などともいわれ、前に述べた摩訶止観の瞑想にマンダラ(図画)
という目標をあたえたものと思えばよい。(だから、前述の小止観の作法につづい
て、この阿字観をやればよいのである)
真言密教では「引 」という文字に神秘的な力があるとしている。どうしてかと
いう論議がいろいろなされているが、ここでは略す。

弘法大師空海の師、恵果アジャリは、
けいかわが心に月輪を観ず。
月輪の上に阿字を観ず
阿学変じて如意宝珠となる
宝珠引法界に遍満して口に阿字を誦す
と述べている。


要するにこれを瞑想化したものである。
満月輪は清らかに澄みきって、清涼寂静の感をわれわれにいだかしめる。
この清涼寝静の満月輪に、神秘不可思議の力を有する 引 字と、仏法のさとり!
あらわす蓮花とをあわせ、これとわが心をひとつに合致せしめて、わが心を清涼報
能ならしめ、列 字の不可思議なる力と仏法のさとりと一体になろうとするわけで
そこで、瞑想の目標(本尊)として、満月輪にもとに、しるしてみよう。

マンダラを用いる阿字観の行法


月桜の種は一尺一寸二分(約三六・九センチ)にえがいて、月輪の中に蓮花をえが
その上に字を書いて本尊とする。
「座った座から引字の中ほどまで、一尺六寸(約五二・八センチ)ばかりのところ
本号をかける。本尊と行者との間隔は、八寸(約二六・四センチ)から四尺(約。
キッチンまでの間なら行者の自由にしてよい。
魔にはふとんを敷いて、その上に半端鉄座で座る。手には法界定印をむすぶ。
「ったら、からだを前後左右へ二、三遍ゆるがしてみて、心にとどこおることのな
いにして、算と月とひとしく、帰とヘソとひとしくして、両方の弾魔社を守
をするにするとは、線が無端の土路を通じて本療(特照)の年に。

である。西を上のにつければ、おのずち
一のしかた

 

との事。
る。機はらず、状せず、まっすぐにして、廃道(三液の循環)をよくするよう
ミーをとなえる。
マントラ
次に、数珠を二、三遍宿りながら、礼拝の真言、
「オンサラバ タタギャターハンナマンナウキャロ
次に、護身法(合学すればよい)。
次は、合学して五大願をとなえる。
入んないんだ
くちなんて
いう。
ようなんてい
どうせい
かたはつかいとうやく
茶生無辺警願度、福智声辺誓願集、法門無辺誓願覚、如来無辺誓願事、菩提無
上響願証、自他法界同利益
次に、胎蔵界五字の真言、ア・ビ・ラ・ウン・ケンを百遍となえる。
次に、法界定印をむすんでヘソの前に置き、気合せよ。
まず、わが心中に自円明の月影あり。月業の中に逢花あり。蓮花の上に引字
あり。本事の心の決字・蓮花・月とわが心の字差花・月輪と発生の引

 

Sale
開き、目して観すること数過。
す。この、海に、川しだいに広く、しだいに大にして、コース
*重要ない法に通過すると戦してのち、にわかに本尊と心とを忘れて、無分別
使すべし
しうして、またいぜよ。
大事前に演した河・遠征、月輪をしたいにまきちぢめて、元の一覧
この大きさにおさめ、それを自身の胸の中に安置しすると観じる。
このとき、すわり、身と心と忘れて、ただ無分別(無念無想)に住す。その
多く、被れたるのを期として、定に入った保想を止め、念珠を探って、新をす。
一部しかた
をあわぎてよ。いずれでもよい。

 


おん
て、それは声に出してアをとなえるわけではない。心の中で静かにアの音をとな
えるのである。

 

広観と飯観

 


この瞑想のいちばんの眼目(急所)は、この「広観と、必観」である。
十導を観じて行者と一体になった 別 字・蓮花・月輪をだんだん拡大して、つい
には三千大千世界、この大宇宙いっぱいにひろげる観想を広観といい、その大宇宙
いっぱいにひろがった本尊を、もとの一肘量の大きさに約める観想を斂観という。
とは、ちぢめて小さくするという意味である。
真言密教のアジャーは、この広観の観想を、本尊のみが宇宙大にひろがってい
い、修行昔はそれを見ているようなかたちとして解説される。たとえば、
行者の眼の前にある阿字観の本尊を、眼をつぶっても、瞼の裏、ないしは胸
中には、さりと見え得るほどに、本尊と不二一体となって観想するのが阿字観法のありかたであろが、今度はそのように行者と不二一体となった本尊を、だんだんと拡大していき、逃空一杯にひろげて了ったら、その極限はどうなるの
であろうか。結局は、それは無限大のものとなってしまい、眼識、意識等の対
象としての条件をなくして了うのである。

 


字としてのアの形や、円形としての月縮が見える間は、まだそれは無限大と
なっていないのである。無限大のものとなるがためには、行者の上方にも、下
方にも、前にも後にも、左右の両横にも、筑前や斜後にも、斜上や斜下にも、
すべての方向に本尊がひろがっていかねばならず、人間がその眼識や意識で物
事を認識(にんしきみとめる)するためには、そのような十方世界へのひ
ろがりの真只中にあっては、けっしてそれを一定の形として受け取り得なくな
るのである。

 


人間は自分の後方の文字は読めず、頭上の形は視線を向ければ見えず、まし
て上下前後左右一挙に物を認識することは不可能である。そこで阿字観の本尊
を無限大にひろげていくことは、阿字観の本尊と行者が不二一体となったま
また、るのであろ。

 


たのは自分の後方の
下前後を一挙に物を認識する
にのあいくこととは、阿字観の本尊

ア、蓮、月の形を越えた精神統一の無的境地へと突入するための手段であ
それはあたかも、人間の小さな計らいを捨てて、仏陀の無分別智に身をゆだ
れようとする行為に似ている。――対象を虚空大にひろげてしまったら、その
対象は無的になる。無的になった対象を観ずるということは、無念無想、すな
わち何も思わぬ状態になることと等しい。観想中に何も思わぬ状態になったと
き、人間に体感可能な(体で感じられるのは)自己の心の働きそのものである
(大野峻覧『阿字観の手びき)

 


なるほど、そうであろうと思われる。しかし、わたくしにはまたべつな見解があ
では、国家。薬花、再編といっしょに、修行者自身をひろっていって、大
いないにしてしまうという疑心のしかたである。
いるのであるから、本が失していったら行者
自身もいっしょに拡大していかねばならない。行者だけとり残されてしまったら、
不二一体感が破れてしまって、そのあとの観想がチグハグになってしまう。
ここはどこまでも不二一体を破らずに行者自身もどんどん拡大していって、大宇
宙いっばいに周遍するのがよいように思われる。
阿字とはなにかというと、「阿字本不生」といって、ひと口でいうと、本不生と
は「宇宙の大生命」「永遠の大生命」といった意味である。その宇宙の大生命のシ
ンボルである オ・蓮花・月輪の本尊が、いま行者の観想によって生命を吹きこ
まれ、大宇宙に遍満したのである。
修行者もその大生命と一体になって、いまや大宇宙に遍満する大生命になった
と観想するのも生き生きとした瞑想になるのではなかろうか。
もちろん、大野師の伝統的な解釈もすばらしいし、読者は、そのいずれをもとっ
て、自由に瞑想にふけられたらよろしいと思う。いや、ここのところはあまりむず
かしい理屈は考えず、読者は自由にのびのびと心を遊ばせて、宇宙の大生命と一体
になる快感を味わわれるがよろしいのだ。ここにあげた二つの解釈のほかにも、
読者は、自由自在、不精神放の瞑想を楽しまれるがよい。
大宇宙いっぱいにひろがっ…

 

法は、自由自在、不備発放の瞑想を楽しまれるがよい。
っぱいにひろがった自分――オヤ、爪さきのあたりを蚊のようなものが
機んでいくぞ、なんだ、ジャンボ・ジェットか、おやおや、ウチの社長が乗ってい
大学るぞ、なあんだ、ケシ粒みたいなヤッだ、うわっはっはっは、と、ノイローゼもヒ
ステリーを吹きとんでしまう。どえらい企画やアイデアもとび出すかもしれない。

 

無分別観

 


そこでー、かんじんなのはここで出てくる無分別観である。
「にわかに本尊と心とを忘れて、無分別に住ずべし」
ラインで隠感にも似た無念無想の境地に入るのである。ぜったい無我の境地であ
ついでかんじんなのは、大宇宙に満した引字・蓮花・月輪の本尊と自分を
どの大きさにもどして、やれから本尊を自分の心の中におさめ、安置して、また
こで、身と心をはなれてしばらく無分別観に入るのである。
これによって、阿字観の眠想からはなれて日常生活にもどったのちも、一点のく
もりもない満月輪のすがすがしく清らかな心と、阿字本不生の大生命の力と、また
仏法のさとりとつねに一体の自分なのである。が、まあ、むずかしい理屈はよいか
ら、理屈ぬきにまず座って、やってごらんなさい。モヤモヤなんぞはどこかにふき
とんでしまう。これで、胃カイヨウや高血圧のなおった人が無数にいる。それに、
第一、こせこせしなくなるだけでも気持ちがよいはずだ。

 

 

Shingon Esoteric Buddhism Meditation

.. Shingon Esoteric Buddhism Meditation

It is also called “Esoteric Buddhism’s One-Character Zen” that is integrated with the great life of the universe, and it can be thought of as giving the goal of mandala (drawing) to the meditation of the previously mentioned Mandala. (That’s why you should do this Ajikan following the above-mentioned Kotokan’s method.) Shingon Esoteric Buddhism states that the word “hiki” has a mysterious power. There are various debates about why, but I will omit them here.

Kobo Daishi Kukai’s teacher, Megumi Ajari, does not see the moon ring in her heart. He states that he does not see the A character on the moon ring and recites the A character in his mouth by immersing himself in the jewel pulling method world, which turns into a jewel.

In short, it is a meditative version of this. The full moon ring is clear and clear, giving us a feeling of coolness and tranquility. This full moon ring of refreshing meditation is combined with a mysterious and mysterious character and a lotus flower that represents Buddhist Satori! Since we are trying to become one with the mysterious power of letters and the satori of Buddhism, let’s use the full moon ring as the goal of meditation.
Mandala-based Ajikan practice
The seeds of the moon cherry tree are engraved in one shaku, one inch and two minutes (about 36,9 cm), and the lotus flower is written on the moon ring to make it the principal image. “From the seat where you sit down to the middle of the drawing, you can call this issue at about 1 shaku 6 inch (about 52.8 cm). The distance between the principal image and the performer is 8 inch (about 26.4 cm). From 4 shaku (about. You can leave it to the kitchen. You can put a futon on the devil and sit on it with an odd iron seat. Trying to loosen it back and forth and left and right a couple of times, and trying to protect both bullet demons by making it the same as the calculation and the moon, and the return and the heso, without leaving anything in your heart. However, in the year of the main treatment (special lighting) through the endless dirt road.

That thing. NS. It’s timeless, it doesn’t look like it, it’s straightened, and it’s me to improve the abandoned road (circulation of three liquids). Mantra Next, while staying in a few beads, the mantra of worship, “Onsarabatata Gata Hannah Mannau Caro Next, the self-protection method (just go to school). I can’t enter. I don’t know what to do. I don’t know how to use it. Other legal world same interests Next, the mantra of the five characters of the fetal world, Abi la un ken, is called a hundred. There is a moon shadow of self-enlightenment in my heart. There is a flower in the moon business. There is a drawing on the lotus flower.

Sale opens, and there are too many things to see. vinegar. After fighting to pass the course * unimportant law, suddenly forget the principal image and the heart, and use it indiscriminately. .. I think that I would like to play the river / expedition and the moon ring that I performed in advance, and put it in the original list in this size and put it in my chest. At this time, I sit down, forget about my body and mind, and just live indiscriminately. Many of them, with the expectation that they will be covered, stop the fixed contemplation, search for japamala, and make a new one. Please hurry a part. Either is fine.

Oh, that doesn’t mean you can say aloud. You can quietly hear the sound of A in your heart.

Wide view and rice view

The most eye-catching point (key point) of this meditation is this “wide view and must-see”. The idea of ​​expanding the different characters, lotus flowers, and moon rings that became one with the performers after seeing the ten guides, and finally expanding to the 3,000-thousand-thousand world, this cosmos is called a broad view, and it fills the cosmos. The idea of ​​reducing the spread of the principal image to the size of the original elbow is called the universe. Means to make it smaller. Shingon Esoteric Buddhist Ajar is explained as if only the principal idol could spread to the universe and see it in the old days of training. For example, even if you close your eyes, you can think of the principal image of Ajikan in front of the performer’s eyes as one with the principal image so that you can easily see it on the back of your eyelids or in your chest. Regardless of the way Ajikanho is, this time, if the principal image that is united with the performer is gradually expanded and expanded to the fullest escape, what will happen to the limit? Is it there? In the end, it becomes infinite, and it ends up without the conditions for objects such as insight and consciousness.

While you can see the shape of A as a letter and the moon contraction as a circle, it is not yet infinite. In order to be infinite, all above, below, in front of and behind, on both sides of the left and right, in front of Chikuzen and behind, diagonally above and below, all The principal image must spread in the direction, and in order for human beings to recognize things with their own eyes and consciousness, in the midst of such a spread to the ten-sided world, it is never done. Can no longer be received as a fixed form.

Humans cannot read the letters behind them, and the shape above him cannot be seen by looking at him, much less recognizing things at once up, down, front, back, left and right. Therefore, expanding the principal image of Ajikan to infinity means that the principal image of Ajikan and the performers remain one and the same.

It is the principal image of Ajikan to be able to recognize things at once from the bottom and back of one’s back.
A, a lotus, a means to plunge into a state of spiritual unification that transcends the shape of the moon. It’s similar to. -If you expand the target to the size of the void, the target becomes ineffective. Seeing an object that has become nullified is equivalent to being in a state of remorse, that is, nothing unexpected. When something unexpected happens during the idea, it is the work of one’s mind that can be experienced by humans (what can be felt by the body) (Shunsuke Ohno, “Handbook of Ajikan”)

I see, I think so. However, I have another view, the nation. It is a suspicion that the practitioners themselves will be picked up and made a big deal along with the medicinal flowers and reorganization. Therefore, if the book is lost, the performer himself must expand together. If only the performers are left behind, the sense of unity will be broken, and the subsequent ideas will be squeaky. It seems that it is better for the performers themselves to expand steadily without breaking the union, and to go around the entire universe. What is Aji? “Ajimoto Fusei” means “the great life of the universe” and “the great life of eternity” in a nutshell. The principal image of his o, lotus flower, and moon ring, which is a symbol of the great life of the universe, was brought to life by the idea of ​​the pilgrims, and it became omnipresent in the universe. It may be a lively meditation to think that the practitioner has become one with the great life and has become a great life that is now omnipresent in the universe. Of course, Mr. Ohno’s traditional interpretation is also wonderful, and I hope that readers can freely indulge in meditation based on any of them. No, I don’t think about the difficult theory here, and the reader should be free to play freely and enjoy the pleasure of becoming one with the great life of the universe. In addition to the two interpretations given here, readers should enjoy free-spirited, unselfish meditation. Spread all over the universe …

The law should be free and enjoy deficient meditation. My widespread self-Oya, something like a mosquito will fly around the nails, what a jumbo jet, hey, my president is on board, hey, poppy grains It’s like that, wow haha, and neurose also blows away the hysteria. It may come up with great projects and ideas.

Indiscriminate view

So, what’s important is the indiscriminate view that comes out here. With the line “Suddenly forget the principal image and the heart and live indiscriminately”, you enter a state of regret that resembles a hidden feeling. In the state of selflessness, the next thing that is difficult is to return the principal image of the universe, the lotus flower, and the moon ring to any size, and then put the principal image in your heart and enshrine it. At this point, I get separated from my body and mind and enter into an indiscriminate view for a while. As a result, even after getting away from the sleepiness of Ajikan and returning to daily life, the refreshing and pure heart of the full moon ring without a single point of cloudiness, the power of the great life of Ajimoto, and the satori of Buddhism are always present. I am oneself. But, well, the difficult theory is good, so sit down and do it without reason. Moyamoya is wiped off somewhere. With this, there are countless people who have recovered from stomach sickness and high blood pressure. Besides, first of all, it should be comfortable just to get rid of it.

 

 

 

 

般若心経瞑想法 1 Heart Sutra Meditation Method 1

般若心経瞑想法

 

 

般若心経がこの二体のみ仏によって説かれているのもこのためである。
空にかたよろを「偏空」といい、有にかたよるを「熱有」といい、ともに健全ではない。
空にかたよらず、有にかたよらず、「中道空」を歩む智慧こそ、般若の智慧というのである。
五蘊・十二処・十八界と無・縁起
是故空中、無色、無受想行識。無眼耳鼻舌身意、無色声香味触法。無眼界、乃至無意識
界。
是の故に、空の中には色も無く、受・想・行・識も無し。
眼・耳・鼻・舌・身・意も無く、色・声・香・味・触・法も無し。眼界も無く、乃至、
意識界も無し。
ここでは、五蘊・十二処・十八界の、「三科の法門」について、それらが空であることを示しているのである。
わたくしは第一章(三四頁)で、
シャカへの坂旗? 「磁処界の三科の法門」の否定
と書いた。これがその部分である。三科の法門は、仏陀釈尊直説の教法である。それを「無」
と一言のもとにしりぞけてしまっているのである。
これはまさしく、仏陀釈尊の教説の否定であり、抜旗なのではないか?
そうではないのである。よく字句を見ていただきたい。
「その中においては、これらの諸法は無である」
というのである。「空の中においては」という前置きがあるのである。
とすると、これは、仏陀釈尊への叛旗ではない。
逆に、仏陀への回帰を説いていることになる。どうしてか?
仏陀はなにを説いたか?
「縁起の法」である。
「縁起の法』イコール「空」であるから、「空の中においては」ということばは、そのまま、
「縁起の法の中においては」と同義語になる。
取若心経の謎を解く
四れつまり、「是の故に、縁起の法の中では、色も無く、受・想・行・識も無し。眼・耳・鼻・
者・母・意もなく…」となるのである。
「縁起の法』イコール『」というのは、あまりに飛躍し過ぎるといわれるかも知れないが、
ブッダは、その教説の中で、しばしば「空」ということばを使っている。
たとえば、ブッダのことばを集めた『スッタニパータ』に、つぎのような詩句がある。
モーガラージャンよ。常におもいをこらし、自我に執する見解をうち破って、世間を
望として観察せよ。しからば死をのり越えることができるであろう。このように世間を
観察する人を、死王は見ることがない。
この詩句について、藤田宏達教授は、
これは、原始仏教の最初期の段階から、空の観察が説示されていたこと、そしてその
が「自我に熱する見解をうち破って立てられていること、つまり無我説にあるこ
・ド)をいっておれるが、この、無我説をもとにして説かれたブッダの「空」を、縁起の法を
もとにした空」にしたのが、ナーガールジュナであると、わたくしは考えるのである。
だから、題・処*界」三科の法門の否定は、決してブッダの教説の否定ではないし、まし
そ板原などではないのである。ナーガールジュナのこの論は、ブッダの教説のルートに乗る
ものであり、それへの回帰であり、発展だったのである。
大体、ブッダが三科の法門を立てたのは、諸法が、縁起の法則によって動いていることを
するために、諸法を分析して、五蘊・十二処・十八界に分類したのである。だから、特
詳細過。十八界という分類の数字に意義があったわけではなく、一応、一切法を
す。平八界に集約して、これらの諸法がすべて「縁起の法」によって動くと説い
のである。つまり、縁起の法を説くための分類だったのである。
まこみが、これをみたアビダルマの講師たちは、諸法の分析に熱中して、ついに、「五位,
設)に交で到達したのである。(のちの継議では五位百法)
オーダー・ジュタの「無色・無受想行識・無眼……」の一連の字句は、諸法の分精・分類
の愛を身をやつして、有,影の演議に熱中しているアビダルマ論謙たちへ「仏の線直に嬉「機活線登
た」という農機る一部であり、警告だったのである。羅。処。舞科の法門の否定は、有部
の症後十五法の定だったと見ることができます。
十二因縁」
無無明。応無無明なった姿。無をや、応然を魔、無養父鐵道。無智亦無。
「城継所特徴。
無明もなる。また無明の展ることもなし。

 

 

248 Heart Sutra Meditation Method

This is why only these two bodies of the Heart Sutra are preached by the Buddha.
The sky is called “uneven sky”, and the sky is called “heat”, both of which are unhealthy.
The wisdom of walking in the “middle way sky”, regardless of whether it is in the sky or in the sky, is the wisdom of Prajna.
Five 蘊, twelve places, eighteen worlds and nothing, auspicious

Therefore, in the air, colorless, unconceived behavior. Eyeless ear, nose, tongue, and colorless voice, flavor, and touch. The unconscious world or the unconscious world.
Because of this, there is no color in the sky, and there is no reception, thought, deed, or knowledge.
No eyes, ears, nose, tongue, body, no intention, no color, voice, scent, taste, touch, or method. There is no visibility,
There is no consciousness world.
Here, it is shown that the “Sanshina no Homon” of the five skandhas, twelve places, and eighteen worlds are empty.
, Saka flag to Shaka? I wrote that it was a denial of “the three departments of the magnetic processing world”. This is that part. The Homon of Sanka is the teaching method of Buddha Buddha’s direct theory. It has been dismissed as “nothing”.
Isn’t this just a denial of the Buddha Buddha’s doctrine, and isn’t it a flag? Please take a closer look at the words. “In it, these laws are nothing.” There is a preamble “in the sky”. If so, this is not a rebellion against Buddha Buddha. On the contrary, he is preaching a return to Buddha. Why? What did the Buddha preach? “The Law of Auspiciousness”. Since the word “in the sky” is equal to “the law of auspiciousness”, the word “in the sky” is synonymous with “in the law of auspiciousness”. Solving the mystery of the Heart Sutra In other words, “Because of this, there is no color in the law of auspiciousness, and there is no reception, thought, deed, or knowledge. Eyes, ears, nose, person, mother, and intention. No … “. The word “law of luck” equals “” may be said to be a leap forward, but Buddha often uses the word “sky” in his doctrine. For example, Sutta Nipata, a collection of Buddha’s words, has the following poem: It’s Mogarajan. Always be mindful, break the view of your ego, and observe the world as hope. It will be possible to survive death. The Death King never sees a person who observes the world in this way. Regarding this phrase, Professor Kotatsu Fujita said that it was preached to observe the sky from the earliest stages of early Buddhism, and that it was “made by breaking the view that is passionate about the ego.” In other words, it is said that this is in the selfless theory, but this “sky” of Buddha, which was preached based on the selfless theory, was changed to “the sky based on the law of auspiciousness”. , I think it’s Nagarjuna. Therefore, the denial of the Homon of the “Title / Place * Kai” Sanka is not the denial of Buddha’s doctrine, nor is it Mashiso Itahara. This theory of Nagarjuna was a return and development to the root of Buddha’s doctrine. In general, Buddha established the three departments of law by analyzing the laws and classifying them into five, twelve, and eighteen worlds in order to do that the laws are driven by the laws of auspiciousness. It is. Therefore, the special details are over. The numbers in the classification of the eighteenth world were not meaningful, and for the time being, the law was used at all. It is said that all of these laws are operated by the “law of auspiciousness”, which is summarized in the Heihachikai. In other words, it was a classification to preach the law of auspiciousness. Makomi saw this, and the Abhidharma instructors were enthusiastic about the analysis of various laws, and finally reached “fifth place, setting”.・ The series of phrases of Juta’s “colorless, unconceived behavior, no eyes …” are enthusiastic about the performance of Yu and Kage, with the love of the separation and classification of various laws. It was a warning to Abhidharma and others, as it was a part of the farming machine that said, “I was happy with the line of Buddha and climbed the line.” Luo. place. It can be seen that the denial of the Maishina Homon was the rule of the 15th law after the illness of Aribe. Twelve Nidana “Nothing. An unclear figure. Nothing, no devil, no foster father railway. No wisdom. “Characteristics of the castle successor. It will be unclear. There will be no exhibition of unclear. It will be sold.

なにを得ようとして、なにを目的として、瞑想をするのか?  What are you trying to get and what are you trying to meditate on?

と心の革命12

 

ブッダの瞑想体験が意味するもの
ブッダは想になにを求めたか

 

 

なんのために瞑想をするのであろうか?
なにを得ようとして、なにを目的として、瞑想をするのか?
展想の一種である神では、「無功徳」あるいは「無所得」であるという。つーり、
なにかを求めて練をしても、なにも得るものはないぞ、というのである。この言
を文字の通りにうけとって、座禅をしてもなにも得るところはない、また、なに
か得ようとして座禅をするのは、邪道であるというように説くひともいる。しか
し、これはまちがいで、なにかを「得よう」という執着、こだわりを持っての座
神は、一心にやればやるほど、その執着、こだわりにとらわれ拘束されて、そこか
ら一歩、出られず、結局、真に求めるところのものから遠のくばかりであるという
しゅうちゃく
いましたである。文字の通りなにも得るものはないということではないのである。

 

瞑想も、座禅も、やればやっただけの「所得」があり、「功徳」がある。故・山
本玄峰老師も、「一日座れば一日の仏、二日座れば二日の仏」といっておられる。
では――、どんな所得があり、どんな功徳があるというのか?
ここに、瞑想によってさとりを完成し、仏陀になられたゴータマ・ブッダ(釈
尊)の体験がある。これは、マッジマ・ニカーヤ(中阿含経)という原始経典に
おいて、ゴータマ自身によってかたられたものである。
ぶっだ」
ちゅうあごんきよう
ァ – ガマ
しようじん
ぜんじよう
わたし(釈尊)は、つねに努力精進し、その想いは確立してすこしもみだれ
ず、体は安楽で動揺せず、心は禅定に入って静かである。そのわたしがあると
き、瞑想に入ってしだいに禅定が深まってきた。第一禅定から第二、第三、第
四禅定まで深まるにつれて、心に思い浮かぶなにものもなくなり、喜びや楽し
みだけとなり、そして遂にはそれもなくなって、ただ清浄な想いだけとなっ
た。
そのとき、わたしの心は、一点のけがれもなく、清く明るく、絶対不動であった。そしてわたしの心の展はおのずから前世の光事に関するおそい
れは一生だけではなく、二先、生、十生、二十生、そして組織のの、
きかわり死にかわりした光景が展開してきた。これが第二のである。
それからわたしの心は、あらゆる衆生のすがたに開けられてきた。
超人的な眼力でそのすがたを見た。そこには、買いもの、隊しいもん、いい
もの、映いもの、幸福なもの、不幸なものの、それぞれの後東熱いくいた
これが第二の智慧である。
それからわたしは、苦・集・滅・道の四諸(四つの真理)をありのままに知
り、わたしの心は、あらゆる存在の相から、全く解放され、ふたたびそれに執
着することはなくなった。これが第三の智慧である。(玉城雪訳による)
きには、想の深まりとその効用が、じつにあざやかに、生き生きとかたられ
すべてがここに表現されているといってよい。こ十世紀という時空
きっと、ときめきのなのだ。このべが
ンのゴータマの体験を、もう少し撮りきげてみよう。
「思想家験には五つの設勝がある
には、展想の深まりとその結果が、じつにあざや
はつの段域に分けられる。
かたられている。それ
第一の
つねに一つの目的にむかって横達をつづけることができ、
がるが確立してみだれず、
す。ああだは安楽で見落しない。
はいつも定に入って静かである。

参る。第四演定までしだいに
んと心の10
き、ついにはただ清浄な思いだけにみたされ、
一点のけがれもなく、清く明るく、部材不動となった。
つづいていの眼がひらかれ、
1、自分の前世における光景が展開しはじめる。
3、それは一生だけでなく、二生、三生、十生、二十生、とかざりなさかの
ばり、無限の生涯の、生きかいり死にかわりした光景が展開する。
れは生命の根源へ、選しであり、第一の智慧の獲得であった。
ふの駅はさらに、深くしみがり、ひとの持つ能力の限界を越えて、過去、現
くしくに流れていくあらゆるひとびとのすがたが送視される。
すのの部であった。

 

 

心の眼はさらに広く深く
在、そして未来へと流れてゆくあらゆるひとびとのすが
をれは、存在を規制する富業の実体の把握であった。
これが第二の世の獲得である。
「第五の段階」
1、宿業から解脱する四つの真理を如実に知り、
る、あらゆる存在からの解脱と超越を完成した。
それは第三の質感の獲得であり、「解脱の瞑想」であった。
凡人にも道はひらかれている
いかがであろうか?すばらしい体験だとあなたは思わないだろうか。これが
演題の効用なのである。そうしてだれでも、誤想をすればこういう効果を得ること
ができるのだ。
だが、そう言うと、あなたは言うかもしれない。釈遷のような大天才と、凡人で
あるわれわれと、どうしていっしょになるものか、駅逃がそういうすばらしい体験
したからといって、それがそのままわれわれに
するとチラのまねをするクラスで、結局、骨折り損のくたびれ
うことになる
とおなじをすることにより、われわれもまたかれと同じ結果に到達する
ことが可能なのである。最初の道をきりひらくものは天才でなければならぬ。しか
し、すでに大手のひらいた道は、だれでも歩むことができるのである。万有引力の
外見は、ニュートンの天才を持たなければならなかったが、いまでは小学校の児童
ら、万有引力は知っている。
もちろん、それは容易な道ではない。しかし、ゴータマ・ブッダは親切な道しる
べい、もしておいてくれた。それを真剣にたどることにより、かれの歩んだ
道やまりな歩むことは不可能ではない。かれが到達した最高の場所まで行く
いは無理だとして、そこまでいいくつかの段階を自分のものにすることはかなら
できるのである。
の民館でもいいではないか。それでも、それはじつにす
ばらしい護界なのである。それに、最初からそんなに多
Dr.o
ばらしい世界なのである。それに、最初からそんなに多くのものを望むのは、欲ば
リすぎるというものだ。さあ、瞑想の世界に一歩ふみこんでみよう。ブッダのあと
を、少しずつたどってみようではないか。
いったい、ゴータマ・ブッダは、なにを目的として瞑想をはじめたのであろう
かれはいったい、なんのために瞑想をはじめたのだ?
うつわ
人間のからだは苦しみを盛る器である
かれはいったいなんのために瞑想をはじめたのだ? という質問は、そのまま、
われわれはなんのために誤想をはじめるのか? という質問に置きかえることがで
きるであろう。
かれはいったいなんのために瞑想をはじめたのか?
オーダマ・ブッダは、多くのひとの知る通り、「四苦八苦」の解決を目的として
をはじめたのである。
一瞑想についての基礎知識

では、四苦八苦とはなにか?
生・老・病・死」
これを四苦といい、これに、
あいべつり
おんせうまく
「愛別離苦・怨憎会苦・求不得苦・五陰盛苦」
の四苦をくわえて「八苦」という。
脳と心の革命保想-20
ご おんじょうく
それは、
生きてゆく上に生ずるさまざまな苦しみ、
老いの苦しみ、
病気の苦しみ、
死の苦しみ、
そして、
愛するものと別れる苦しみ。
いのちまでもとちかい合った恋人どうし、あるいは、その愛がむくわれてめでた
の愛の天敵、また、親子、兄弟、心から敬愛する師友、知己、みな、うのも
ばれた愛の光線、また、親子、兄弟、心が
いいながらでいるが、いつなんどき別離の悲哀に泣くことになるかもし
なのである。いや、愛するものとは、あながち人間関係のみとはかぎらない。地
ア、極力、職業奉、さまざまなものを、わたくしたちは愛している。そういうもの
と、いやで期はしなければならない苦しみ、これが愛別離苦である。
心の中で、寒く憎んでいる者と、顔を合わせ、生活をともにしていかなけれ
ば写らない苦しみ、その最も深刻な苦しみは、本来いちばん愛し合い和合し合
わなければならないはずの夫婦、親子、兄弟が、かたきどうしのように憎み合い、
参え合いながら、おなじ屋根の下で暮らしていかなければならぬ苦しみであろう。
そうして、環場で上司や病算と毎日、反目し合いながらはたらかなければなちのサ
ラリーマンやOL、の著しみも、これに準ずるものといえようか。
そういえば、いやでいやでたまらない学校へ毎日いって、きらいなこ強をしなけ
はならない学生選者の苦しみも、この恐増西であろうし、ほかにやりたいこと。
があったがる、そのために、まぎなく好きでもない職場に教養するのも、この松
場公家の一つである。だが、考えてみれば、なりゆきとはいえ。この人生におい
についての基礎知識

 

て、はからずも怨み合い憎み合う人間関係を持たねばなら、辛さ、やりきれなさ、
これが最も大きな怨憎会苦というべきかもしれない。
金、地位、権力、愛情、才能、知識等、求めても求めても得られぬ苦しみ。求め
ることにより生ずる不幸。しかし、また、求めることによって、人類は進歩し、成
長するのである。この皮肉な苦しみ、求不得苦。
うつわ」
考えてみれば、この人間の五体そのものが、苦を盛る器のように思えてくる。
行住坐臥、とりたてていうほどのものではないながら、五体にひしひしと感じる
身心の苦しみ。五陰盛苦である。
まことに、苦の世界とはよくいったもので、いま、この瞬間においても、わた!
したちは、この四苦八苦のどれかの苦しみを味わっているのではなかろうか。
ちよこまきううううう

 

 

こそ究極の解決法
ゴータマ・ブッダは、この四苦八苦を解
こうみた桃果、さいごに、瞑想よりほかないことを知ったのである。そうしてかれ
は成功した。
だからあなたも、ゴータマのように、あなたの人生に四苦八苦を感じて、なんと
かそれを解決しようと考えたら、このゴータマのあとをたどるよりほかに方法がな
いのである。
もちろん、あなたが、この人生になんの苦しみも感じないということなら、それ
は、誤想などする必要はない。この本もまた無用のものである。そのへんにぼうり
出して、テレビのスイッチでもひねったらよろしい。
しかし、もし少しでもなにかの悩みや苦しみを感じるなら、そうしてそれを
解決しようと思ったなら、それは瞑想によるよりほかないと知るべきである。ほか
に方法はないのである。ゴータマ・ブッダは、ありとあらゆる方法をこころみて、
さいごに、この瞑想にたどりついたのだったから
いまから二千数百年はえ、インドに生まれたゴータマが、皇太子の地位を捨てる
はど控んだ四苦八苦は、現代におけるわたくしたちの四苦八苦となんら変わりはない

 

 

 

Revolution of the mind 12

What the Buddha’s meditation experience means What did Buddha ask for in his thoughts?

What are you meditating for? What are you trying to get and what are you meditating for? God, a type of exhibition, says that he is “meritless” or “no income.” .. He said that even if he kneaded for something, he would not get anything. Some people take this word literally and say that there is nothing to be gained by doing zazen, and that it is an evil way to do zen to get something. However, this is wrong, and the god of attachment and commitment to “get” something, the more he does it, the more he is obsessed with that attachment and commitment, and he cannot step out of it. It was a mess that it was far from what I really wanted. It doesn’t mean that you literally have nothing to gain.

Both meditation and zazen have “income” and “merit” as much as they do. The late Gempo Yamamoto also said, “If you sit for one day, you will have one day of Buddha, and if you sit for two days, you will have two days of Buddha.” So, what kind of income do you have and what kind of merit do you have? Here is the experience of Gautama Buddha, who completed Satori by meditation and became a Buddha. This was created by Gautama himself in the primitive scripture called Madhyama Nikaya (Madhyama Agama). Buddha. It’s quiet. When I was there, I started meditation and gradually deepened my meditation. As I deepened from the 1st Zen meditation to the 2nd, 3rd, and 4th Zen meditations, nothing came to my mind, only joy and fun, and finally it disappeared, only pure thoughts. At that time, my heart was pure, bright, and absolutely immovable, without any injuries. And, of course, in the exhibition of my heart, not only the lifelong affairs of the light affairs of the previous life, but also the spectacles of the second, the second, the tenth, the twentieth, and the organization, instead of the death, have unfolded. This is the second. Then my heart has been opened to all sentient beings. I saw it with superhuman eyes. There are shopping, corps, good things, reflections, happy things, and unfortunate things, but this is the second wisdom of the TOKYO HOT. Then I knew the four truths of suffering, gathering, extinction, and the way as they were, and my heart was completely freed from all aspects of being, and I was no longer obsessed with it. This is the third wisdom. It can be said that the depth of thought and its utility are really vivid and lively (translated by Yuki Tamaki), and everything is expressed here. The space-time of the tenth century is surely a crush. Let’s take a little more picture of this Buddha’s Gautama experience. “In order for the thinker’s exam to have five victories, the depth of the exhibition and the results are actually divided into two stages. It is always aimed at one purpose. I can continue to lie down, but I can’t help but establish it. Oh, it’s easy and I don’t overlook it. It’s always quiet and quiet. At last, I was only seen with a clean thought, and there was no single point of injury, it was clean and bright, and the members became immovable. Begin. 3. It’s not just a lifetime, but a second, third, tenth, twenty life, and so on, an infinite life, a life-changing spectacle unfolds. It was the selection and the acquisition of the first wisdom. The station is deeper, and beyond the limits of one’s abilities, all the people who flow in the past and in the present. The bruises were sent to the eyes.

The eyes of the mind are broader and deeper, and all the people who flow into the future have grasped the substance of the wealthy industry that regulates their existence. This is the acquisition of the second world. “Fifth Stage” 1. Completed the liberation and transcendence from all beings, knowing the four truths of liberation from the lodging business. It was the acquisition of the third texture, the “meditation of liberation.” How about opening the way for ordinary people? Don’t you think it’s a wonderful experience? This is the utility of the presentation. Anyone can get this effect if they make a mistake. But if you say so, you might say. It’s a class that imitates us as it is, just because a great genius like a genius like a genius and us who are ordinary people have such a wonderful experience of station escape, after all. By doing the same when it comes to the pain of pain, we too can reach the same result as him. The one who opens the first path must be a genius. However, anyone can walk on the road that has already been opened by a major company. The appearance of universal gravitation had to have Newton’s genius, but now elementary school children know universal gravitation. Of course, that’s not an easy path. However, Gautama Buddha has given me a kind guide. By taking it seriously, it is not impossible for him to follow the path he has taken. If he can’t get to the best place he has reached, he can take some steps to his own. Isn’t it okay to have a private hall in Japan? Still, it’s a truly wonderful world of protection. Besides, it’s a world that is so many Dr.o idiots from the beginning. Besides, wanting so much from the beginning is too much to want. Let’s take a step into the world of meditation. Let’s follow the Buddha little by little. What was the purpose of Gautama Buddha’s meditation, and why did he start meditation? The question, “Why did you start meditation?” Can be replaced by the question, “Why do we start meditation?” What exactly did he start meditation for? Odama Buddha, as many know, started with the goal of solving the “suffering”. Basic knowledge about meditation
Then, what is the four pains? Life, old age, illness, and death. In addition to the pain, it is called “eight pains”. Brain and Mind Revolutionary Remembrance-20. Lovers who have been close to each other until life, or the natural enemy of love whose love has been plucked, parents and children, brothers, dear friends, acquaintances, everyone, the rays of love that have been crying, Parents and children, siblings, and hearts are good, but at some point they may cry for the sadness of separation. No, what you love is not limited to relationships. We love the earth, as much as possible, vocational service, and various other things. Such things and the suffering that must be done for a period of time, this is love separation. In my heart, the suffering that I have to face and live with the person who hates cold, and the most serious suffering is the couple, parent and child, who should be the most loved and reconciled. It will be the suffering that the brothers have to live under the same roof while hating each other and worshiping each other. Then, it can be said that the writings of office workers and office ladies, who have to work in conflict with their bosses and illnesses every day at the ringyard, are similar to this. Speaking of which, the suffering of the student elector who has to go to an unpleasant and irresistible school every day and have to strengthen his dislike is probably this horror west, and what else he wants to do. It is one of the Matsuba Kuge to educate people in a workplace that they definitely don’t like. However, when you think about it, it’s Nariyuki. Basic knowledge about the smell of this life

If you have to have a relationship of grudge and hate, it may be said that the pain and the inconvenience are the biggest grudges. Suffering that cannot be obtained by asking for money, status, power, affection, talent, knowledge, etc. The misfortune caused by asking. But also, by asking, mankind will progress and grow. This ironic suffering, unsuccessful suffering. When you think about it, the five human bodies themselves seem to be a vessel of suffering. Gyoju sitting down, although it is not something that can be taken, the physical and mental suffering that the five bodies feel squeaky. It is a sword of five shades. Indeed, the world of suffering is a common one, and even at this very moment, we may be experiencing one of these sufferings. Chiyokomaki Uuuuu

That is the ultimate solution. Gautama Buddha knew that Momoka, who had solved this struggle, was nothing but meditation. Then he succeeded. So, like Gautama, if you feel struggling in your life and try to solve it, there is no other way but to follow this Gautama. Of course, if you don’t feel any suffering in this life, it doesn’t have to be a misunderstanding. This book is also useless. It’s okay if you stick out and twist the TV switch. But if you feel any worries or sufferings, and you want to solve them, you should know that it is nothing more than meditation. There is no other way. Gautama Buddha tried every possible method and finally arrived at this meditation, so it is more than two thousand years ago, and Gautama, who was born in India, refrains from abandoning his position as crown prince. However, the four pains and eight pains are no different from the four pains and eight pains of us in modern times.

般若心経の全文と解説

仏説摩訶般若波羅蜜多心経
観自在菩薩深般若波羅蜜多時照見五蘊度一切苦厄舎利子不異空空不異色色即是空空即是色受想行識亦復如是舎利子是諸法空相不生不滅不垢不浄不増不減是故空中無色無受想行識無眼耳鼻舌身意、無色声香味触法眼界乃至無意識界無明亦無無明尽乃至無老死亦無老死尽無苦集滅道無智亦無得以無所得故菩提薩埵依般若波羅蜜多故心無罣礙無罣礙故無有恐怖遠離一切[注 5]顛倒夢想究竟涅槃三世諸仏依般若波羅蜜多故得阿耨多羅三藐三菩提故知般若波羅蜜多是大神呪是大明呪是無上呪是無等等呪能除一切苦真実不虚故説般若波羅蜜多呪
即説呪曰羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦菩提薩婆訶
般若心経

般若心経の全文と解説

「般若心経」の全文と、その解説をご紹介します。
仏教の数ある宗派で読まれているお経にふれて、心が楽になるのを感じてみてください。

般若心経の全文

仏説摩訶般若波羅蜜多心経
(ぶっせつまか はんにゃはらみた しんぎょう)

観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空
(かんじざいぼさつ ぎょうじんはんにゃはらみったじ しょうけんごうんかいくう)

度一切苦厄 舎利子 色不異空 空不異色 色即是空
(どいっさいくやく しゃりし しきふいくう くうふいしき しきそくぜくう)

空即是色 受想行識亦復如是 舎利子 是諸法空相
(くうそくぜしき じゅそうぎょうしき やくぶにょぜ しゃりし ぜしょほうくうそう)

不生不滅 不垢不浄 不増不減 是故空中
(ふしょうふめつ ふくふじょう ふぞうふげん ぜこくうちゅう)

無色 無受想行識 無眼耳鼻舌身意 無色声香味触法
(むしき むじゅそうぎょうしき むげんにびぜっしんい むしきしょうこうみそくほう)

無眼界 乃至無意識界 無無明亦 無無明尽
(むげんかい ないしむいしきかい むむみょうやく むむみょうじん)

乃至無老死 亦無老死尽 無苦集滅道 無智亦無得
(ないしむろうし やくむろうしじん むくしゅうめつどう むちやくむとく)

以無所得故 菩提薩埵 依般若波羅蜜多故
(いむしょとくこ ぼだいさつたえ はんにゃはらみったこ)

心無罣礙 無罣礙故 無有恐怖 遠離一切顛倒夢想
(しんむけいげ むけいげこ むうくふ おんりいっさいてんどうむそう)

究竟涅槃 三世諸仏 依般若波羅蜜多故
(くうぎょうねはん さんぜしょぶつ えはんにゃはらみったこ)

得阿耨多羅三藐三菩提 故知般若波羅蜜多
(とくあのくたらさんみゃくさんぼだい こちはんにゃはらみった)

是大神呪 是大明呪 是無上呪 是無等等呪
(ぜだいじんしゅ ぜだいみょうしゅ ぜむじょうしゅ ぜむとうどうしゅ)

能除一切苦 真実不虚 故説般若波羅蜜多呪
(のうじょいっさいく しんじつふこ こせつはんにゃはらみったしゅ)

即説呪日 羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦
(そくせつしゅわっ ぎゃてい ぎゃてい はらぎゃてい はらそうぎゃてい)

菩提薩婆訶 般若心経
(ぼじそわか はんにゃしんぎょう)

仏説摩訶般若波羅蜜多心経
(ぶっせつまか はんにゃはらみた しんぎょう)

観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空
(かんじざいぼさつ ぎょうじんはんにゃはらみったじ しょうけんごうんかいくう)

度一切苦厄 舎利子 色不異空 空不異色 色即是空
(どいっさいくやく しゃりし しきふいくう くうふいしき しきそくぜくう)

空即是色 受想行識亦復如是 舎利子 是諸法空相
(くうそくぜしき じゅそうぎょうしき やくぶにょぜ しゃりし ぜしょほうくうそう)

不生不滅 不垢不浄 不増不減 是故空中
(ふしょうふめつ ふくふじょう ふぞうふげん ぜこくうちゅう)

無色 無受想行識 無眼耳鼻舌身意 無色声香味触法
(むしき むじゅそうぎょうしき むげんにびぜっしんい むしきしょうこうみそくほう)

無眼界 乃至無意識界 無無明亦 無無明尽
(むげんかい ないしむいしきかい むむみょうやく むむみょうじん)

乃至無老死 亦無老死尽 無苦集滅道 無智亦無得
(ないしむろうし やくむろうしじん むくしゅうめつどう むちやくむとく)

以無所得故 菩提薩埵 依般若波羅蜜多故
(いむしょとくこ ぼだいさつたえ はんにゃはらみったこ)

心無罣礙 無罣礙故 無有恐怖 遠離一切顛倒夢想
(しんむけいげ むけいげこ むうくふ おんりいっさいてんどうむそう)

究竟涅槃 三世諸仏 依般若波羅蜜多故
(くうぎょうねはん さんぜしょぶつ えはんにゃはらみったこ)

得阿耨多羅三藐三菩提 故知般若波羅蜜多
(とくあのくたらさんみゃくさんぼだい こちはんにゃはらみった)

是大神呪 是大明呪 是無上呪 是無等等呪
(ぜだいじんしゅ ぜだいみょうしゅ ぜむじょうしゅ ぜむとうどうしゅ)

能除一切苦 真実不虚 故説般若波羅蜜多呪
(のうじょいっさいく しんじつふこ こせつはんにゃはらみったしゅ)

即説呪日 羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦
(そくせつしゅわっ ぎゃてい ぎゃてい はらぎゃてい はらそうぎゃてい)

菩提薩婆訶 般若心経
(ぼじそわか はんにゃしんぎょう)

 

 

namaḥ sarvajñāya.

āryāvalokiteśvara-bodhisattvo gambhīrāyaṃ prajñāpāramitāyāṃ caryāṃ

caramāṇo vyavalokayati sma pañca-skandhāḥ.

tāṃśca svabhāvaśūnyān paśyati sma

iha Śāriputra rūpaṃ śūnyatā śūnyataiva rūpaṃ rūpānna pṛthak śūnyatā

śūnyatāyā na pṛthag rūpaṃ yad rūpaṃ sā śūnyatā yā śūnyatā tad rūpaṃ.

evam eva vedanā-saṃjñā-saṃskāra-vijñānāni.

iha Śāriputra sarva-dharmāḥ śūnyatā-lakṣaṇā anutpannā aniruddhā

amalā na vimalā nonā na paripūrṇāḥ.

tasmac Chāriputra śūnyatāyāṃ na rūpaṃ na vedanā na saṃjñāna saṃskārā

na vijñānāni.

na cakṣuḥ-śrotra-ghrāṇa-jihvā-kāya-manāṃsi.

na rūpa-śabda-gandha-rasa-spraṣṭavya-dharmāḥ.

na cakṣurdhātur yāvan na mano-vijñāna-dhātuḥ.

na vidyā nāvidyā na vidyā-kṣayo nāvidyā-kṣayo yāvan na jarāmaraṇaṃ

na jarāmaraṇa-kṣayo na duḥkha-samudaya-nirodha-mārgā na jñanaṃ

na prāptir aprāptitvena.

bodhisattvasya prajñā-pāramitām āśritya viharaty acittāvaraṇaḥ.

cittāvaraṇa-nāstitvād atrasto viparyāsātikrānto niṣṭha-nirvāṇaḥ.

tryadhva-vyavasthitāḥ sarva buddhāḥ prajñā-pāramitām aśrityānuttarāṃ

samyaksambodhim abhisambuddhāḥ.

tasmāj jñātavyo prajñā-pāramitā-mahā-mantro-mahā-vidyā-mantro

‘nuttara-mantro’ samasama-mantraḥ sarvaduḥkha praśamanaḥ satyam

amithyatvāt prajñā-pāramitāyāmukto mantraḥ.

tad yathā gate gate pāragate pārasaṃgate bodhi svāhā.

iti prajñā-pāramitā hṛdayaṃ samāptaṃ.