UA-135459055-1

Buddhism

仏教 日本における釈尊の真骨  Buddhism The true value of Shaka Nyorai in Japan

 

全日本仏教徒のためにある唯一の寺院「覚王山日泰寺」5つの魅力!

覚王山日泰寺は日本で唯一、どこの宗派にも属さない寺院で、現在のタイ(泰)国、当時の暹羅(シャム)国から拝受した釈尊の真骨を奉安するために開山されました。開山にあたって全国の仏教宗派の代表が集まり寺院建立候補地を協議をしましたが決定に難渋し、名古屋市民が10万坪の敷地を用意したことから当地に開山されることになったそうです。覚王山日泰寺の山号は釈尊を表した覚王山、寺号は日本国と泰国との親善を象徴する日泰寺となっており、開山当時の寺号は日暹寺となっていました。

タイ国宝である御本尊「金銅釈迦如来像」を拝む

覚王山日泰寺の御本尊は、日泰寺開山のために暹羅(シャム)国国宝となっている釈尊金銅佛を、当時の国王から下賜されたものです。本堂内にはタイ語で「釈迦牟尼仏」と記されたタイ国プミポン前国王直筆の勅額が掲げられ、勅額にはプミポン前国王と御本尊を下賜(かし)されたチュラロンコン陛下の紋章がしるされています。本堂内には須弥壇両側に高山辰雄画伯による釈尊の大壁画や、それぞれの国に馴染みの深いタイの「蘭(ラン)」、日本の「菊」を題材にした金子鷗亭師による書一対などがあります。

散策しながら御真骨が収められている「奉安塔」に参拝する

覚王山日泰寺境内の北東方向には、釈尊の真骨が安置された奉安塔のための境内があります。境内奥に位置している奉安塔は高さ15mの花崗岩で造られたガンダーラ様式の塔で、2階部分に釈尊の真骨が収められた真舎利が安置されています。こちらの境内には奉安塔のほかに、奉安塔の礼拝施設となっている舎利殿や奉安塔前の礼拝殿などがあります。広々とした雰囲気のある日泰寺本殿境内から覚王山の町を散策して、市街地の中にありながら緑に囲まれた奉安塔境内への散策はいかがでしょうか?
覚王山日泰寺の境内北側には曹洞宗の認可を受けている日泰寺専門僧堂があります。専門僧堂とは僧として出家したものが修行のために安居する場です。日泰寺専門僧堂は静岡県にある可睡斎専門僧堂の分僧堂として、日泰寺の日常的な寺院の運営を支える奉仕僧が安居・修行するために設けられ現在に至っています。専門僧堂では奉仕僧の修行だけでなく高僧による公開講座が行われていて、僧俗・一般にかかわらず参加することができますので、僧侶の方といっしょに机を並べたり、宿泊したり(要僧堂へ申込時相談)するという体験ができます。
真舎利を拝受したことから超宗派の寺院として開山された覚王山日泰寺、宗派に属している寺院とは違ったどこか開放的な雰囲気を持っています。超宗派による支え合いや釈尊について考えたり、「微笑みの国」と呼ばれているタイを思い浮かべたりしながら参拝や散策をしてみませんか?
日泰寺

愛知県名古屋市千種区法王町1-1

 

 

Nittaiji Temple is the only temple in Japan that does not belong to any denomination, and was opened to enshrine the true value of Shakuson received from the current country of Thailand (Thailand) and the country of Siam at that time. .. At the time of opening the mountain, representatives of Buddhist denominations from all over the country gathered to discuss the candidate site for the construction of the temple, but it was difficult to decide, and it seems that the mountain was opened here because the citizens of Nagoya prepared a site of 100,000 tsubo. The mountain name of Nittaiji Temple is Nittaiji Temple, which represents the Buddhist temple, and the temple name is Nittaiji Temple, which symbolizes the goodwill between Japan and Taikoku. At the time of the opening of the mountain, the temple name was Nittaiji Temple.

Worship the Thai national treasure, the statue of Shaka Nyorai
The principal image of Nittaiji Temple on Mt. Kakuo was given by the king at that time to the Buddha of Sham, which has become a national treasure of Siam for the opening of Nittaiji Temple. Inside the main hall, there is a royal sum written by the former King Bhumibol of Thailand, which is written in Thai as “Shaka Muen Buddha”. It has been marked. Inside the main hall, there are large mural paintings by Tatsuo Takayama on both sides of the Sumidan, a pair of books by Otei Kaneko on the theme of Thai “Ran” and Japanese “Chrysanthemum”, which are familiar to each country. And so on.

..
While strolling, worship at the “Hoan Tower” where the true bones are stored
To the northeast of the precincts of Nittaiji Temple on Mt. Located in the inner part of the precincts, the Buddhist pagoda is a Gandhara-style pagoda made of granite with a height of 15 m, and the Shinsari, which contains the true bones of Shaka Nyorai, is enshrined on the second floor. In addition to the pagoda, there are the shrine and the worship hall in front of the pagoda, which are the worship facilities of the pagoda. Why not take a walk through the town of Kakuozan from the spacious atmosphere of the main shrine of Nittaiji Temple, and then take a walk into the precincts of the Hoan Tower, which is surrounded by greenery while being in the city.
On the north side of the precincts of Nittaiji Temple, there is a Nittaiji temple that is licensed by the Soto sect. A specialized monk is a place where those who have been priests as monks can rest for training. The Nittaiji Temple is a branch of the Kasuisai Temple in Shizuoka Prefecture, and has been established for the purpose of resting and practicing by the service monks who support the daily operation of the temple. In the specialized monastery, not only the training of service monks but also open lectures by high priests are held, and you can participate regardless of priesthood or the general public, so you can line up desks with monks and stay overnight (priests) You can experience the experience of consulting at the time of application.

Nittaiji Temple, which was opened as a super-sectarian temple because it received Shinsari, has an open atmosphere that is different from the temples that belong to the sect. Why don’t you worship and take a walk while thinking about the support and shaka Nyorai of the super-denominations and thinking of Thailand, which is called “The Land of Smiles”?
Nittaiji Temple

1-1 Hoocho, Chikusa-ku, Nagoya-shi, Aichi

今日の運勢 3月2日  Today’s fortune March 2

 

 運命の輪
正位置・・・幸運。成功。無限のひろがり。宿命。占星学。天文学。運命的な出来事。運命的な結びつき。一目ぼれ。新しい恋のめばえ。環境の変化による問題の解決。
逆位置・・・つかの間のチャンス。幸運の後にやってくる突然の不幸。失恋。事業の失敗。経験不足からくる失敗。逆戻し。挫折。悪い転換。事件の終わり。
ウェイト解説
正位置・・・運命。幸運。成功。向上。至福。
逆位置・・・増大。豊富。過分。

一白水星の日

この日には不遇、失意気味の来訪者が多いものです。自分自身も、憂い事で憂鬱になるものです。 部下や子供の問題も出る。この日は特に陰徳に心がけることが大切です

冷静な判断と周囲への相談を心がけたい日。
破壊の週前半で先送りにしてきた事はこの日に片付けましょう。
判断が必要な場合は迷わず周囲に相談しましょう。
心身が若干不安定なので、リラックスできる時間を十分確保することが大切です

 

Ichihaku Mercury Day

There are many unlucky and disappointed visitors on this day. I myself am also depressed by melancholy. There are also problems with subordinates and children. It is especially important to keep in mind the immorality on this day

A day when you want to make a calm judgment and consult with the people around you.
Let’s get rid of what we put off in the first half of the week of destruction on this day.
If you need to make a decision, don’t hesitate to consult with others.
Your mind and body are a little unstable, so it’s important to have plenty of time to relax.

大脳辺縁系・新皮質脳を殺す修行 Training to kill the limbic system and neocortical brain

 

大脳辺縁系・新皮質脳を殺す修行
それはひと口にいって、大脳辺繰系・新皮質脳を殺す修行である。
大脳辺縁系と新皮質脳を殺さなければ、間脳は作動せず、第三の目は開かないのである。

ただし、誤解してはいけない。大脳辺緑系・新皮質脳を殺すということは、
究極において、大脳辺緑系、ことに新皮質脳を生かすということなのである。

新皮質脳は[創造の座]であるといわれる。しかし、ほんとうの創造の座は間脳にあるのである。間脳はこれまでくり返し説いてきたように、霊性の場であり、

霊感の座なのである。ここが開発されることにより、ほんとうのインスピレーションが発生するのである。

ただし、間脳を開発するためには、しばらくの間、大脳辺縁系と新皮質脳を閉ざさなければならないのである。間脳が開発されたとき、新皮質脳は新しく
よみがえる。新しくよみがえった新皮質脳こそ、霊性を基盤とした超人的なインスピレーションと創造力を持つ頭脳となるのである。

ではそれはどんな修行か?

霊性完成の方法と体系

釈尊が残した霊性完成の修行法がそれである。これを、わたくしは、[成仏法]とよんでいる。成仏とは霊性を完成したことをいい、それを成就した人を「仏陀」とよよ。だからわたくしはその方法を、「成仏法」とよぶのである。、それは七つのシステムと三十七種のカリキュラムから成る成仏のための方法と体系である

 

Training to kill the limbic system and neocortical brain
It is a practice that kills the limbic system and neocortical brain in a nutshell.
Unless the limbic system and neocortical brain are killed, the diencephalon will not work and the third eye will not open.

But don’t get me wrong. Killing the limbic system / neocortical brain means
Ultimately, it is about making use of the limbic system, especially the neocortical brain.

The neocortical brain is said to be the [seat of creation]. However, the true seat of creation lies in the diencephalon. The diencephalon is a place of spirituality, as I have repeatedly explained.

It is a seat of inspiration. The development of this is a real inspiration.

However, in order to develop the diencephalon, the limbic system and neocortical brain must be closed for some time. When the diencephalon was developed, the neocortical brain was new
Revive. The newly revived neocortical brain is the brain with superhuman inspiration and creativity based on spirituality.

So what kind of training is it?

Method and system of spiritual completion

That is the practice of completing spirituality left by Shaka Nyorai. This is what I call the [Buddhahood Law]. The Buddhahood means the completion of spirituality, and the person who fulfills it is called the “Buddha”. That is why I call that method the “Buddhahood Law.” , It is a method and system for the Buddhahood consisting of seven systems and thirty-seven curriculums.

今日の運勢  2月27日 Today’s fortune February 27

.愚者
正位置・・・愚かな行為。浮浪者。定職や定まった住居も無い者。流れ者。大道芸人。香具師。やくざ者。未熟。間違った道を行く。旅。ノイローゼ。精神病。狂犬病。物質への執着。愛より物質。条件をとっての結婚。
逆位置・・・希望。終わりからの再生。精神的な目覚め。悟りをひらく。学問。知識を求めての旅。海外留学。海外旅行。よい旅。
ウェイト解説
正位置・・・愚行。偏執狂。極端。酩酊。アルコール中毒。熱狂。暴露。
逆位置・・・無知。不在。分配。不注意。無感覚。無効。虚栄。

 

七赤金星の日

人より協力の依頼を受けたりする日。金運、喜び事あるも調子に乗って酒色に乱れぬよう心すべき日。小利に迷わず自他喜びを共にする心掛けも大切

仕事運以外は不調な日。
過去の因果が巡ってくるので、物事がうまくいかないからといって人を非難したり、責任を押し付けたりせず、自らに課せられている課題だと言い聞かせて努力することが大切です。

Seven Red Venus Day

The day when we receive a request for cooperation from a person. It’s a day when you should be careful not to get disturbed by the color of sake, even if you have good luck and joy. It is also important to keep in mind to share the joy of self and others without hesitation

A bad day except for work luck.
Since the causes and effects of the past come around, it is important not to blame others or impose responsibility just because things go wrong, but to say that it is an issue that you are facing.

仏教の脳チャクラ覚醒法 七科三十七道品  Buddhist brain chakra awakening method

仏教の脳チャクラ覚醒法③ 教育、哲学、宗教の欠陥!! 知性、理性、人間性には限界がある!! 霊性を覚醒せよ!!

スピリチュアル 哲学 いじめ 教育 心理学 ヨガ 超能力 霊能力 脳科学 サイコパス
今まで書いてきましたとおり、人間の脳には、致命的、構造的欠陥があることが近年の大脳生理学の研究によってわかってきています。そうしますと、今までの教育論などにも、当然、欠陥が出てきます。

今まで、人間は、人間特有の大脳の新皮質、特に前頭連合野に訴えかける教育、哲学、宗教などによって、人間性を高めようとしてきました。つまり、知性、理性を高め、人間性を高めようとしてきたわけです。

しかし、これらの教育方法、哲学、宗教には、明らかに欠陥があるのです。それは、少なくとも3つあります。 まず第一に、今まで書いてきましたように、人間の大脳の大半、つまり古皮質、旧皮質である大脳辺縁系は、動物脳なわけです。動物脳にいくら教育をしてもまったくナンセンスであって、無意味なのです。まさに、「馬の耳に念仏」「わかっちゃいるけどやめられない」のです。 それは、ある程度は、新皮質、特に、前頭連合野の部分には、有効でしょうが、大半である動物脳には、全く効かないのです。 それどころか、高度の教育、哲学、宗教は、人間の適用能力を超えてしまい、有害でさえあるのです。動物脳が拒絶するからです。それが現代人特有のストレスとなっているのです。 人間社会を形成していく上で、高い倫理観、道徳観は絶対に必要です。しかし、人間の脳の大半は、動物脳なわけですから、それらがストレスとなることもまた間違いないわけです。

第二に、高度の教育、哲学、宗教は、人間特有の問題点を引き起こすということです。 人間特有の問題点というのは、他の動物にはない、人間特有の、残虐性、破壊性というものも活性化してしまうということです。 高度の教育、哲学、宗教というものは、前頭連合野の部分を活性化させます。しかし、実はこの脳は、知性、理性を司るとともに、人間独特の競争意識、欲望、情操(ねたみ、うらみ、嫉妬)、つまり、残虐性、破壊性をも支配している部位なのです。つまり、この脳は、諸刃の剣なのです。この脳を活性化させるということは、残虐性、破壊性をも活性化させるということになってしまうのです。 この脳は、人間特有の知性、理性を支配しているとともに、人間特有の残虐性、破壊性をも支配しているのです。まさに人間性とは、知性、理性とともに、残虐性、破壊性をも意味しているのです。 動物は普通、同族同士で殺し合いはしません。群居本能というものがあるからです。ところが人間は違います。人間の脳の大半は、動物脳ですから、当然、群居本能もあるのでしょうが、しかし、人間には、人間特有の脳、前頭連合野があって、この脳は、自分勝手な、都合のいい理屈、理論、大義名分というものを作り出し、群居本能を押さえつけ、残虐性、破壊性をも作り出すのです。それが、現代の社会問題、すなわち、いじめ、テロ、戦争、環境破壊へとつながっているのです。

第三は、ほとんどの教育、哲学、宗教というものは、新皮質脳だけを強化し、その新皮質脳によって、霊性の部位である間脳を押さえ込み、退化させてしまうということです。 理知的、科学的な人ほど、新皮質脳が発達し、間脳が閉ざされてしまっている傾向が強いのです。そういう方々は、霊的な話をすると、すぐに牙をむき出しにして、反論してきます。虫が好かないのでしょうが、これは、新皮質脳の本能的な欠陥です。仏教信者の人でさえ、こういった傾向があります。 新皮質脳優位の方がた、教育者、科学者、哲学者、それに宗教家まで、とにかく証明もできないのに、理屈、理論を付けて、霊性を排除しようとします。それこそお得意の科学的証明もできないのに。 これは、明らかに、新皮質脳による間脳の封じ込め現象で、こういう脳の退化現象は、動物ではよく起こる現象だそうです。優位になった脳が、それに対抗する脳、都合が悪い脳を押さえ込んでしまうのです。それで正しければ問題はありませんが、人間の場合は、間違っていることは現状を見れば明らかです。

現代の高度文明、高度情報化社会は、欠陥脳を持つ人間の適用能力をすでに超えてしまっているのです。人間が維持できる社会をすでに超えてしまっているのです。科学は、諸刃の剣なのです。どちらにも転びます。 多くの学者たちが、現代社会の矛盾点を指摘し、警告しています。人類社会が自滅するのは、時間の問題だと言われています。詳しくは、「間脳思考」「密教 超能力の秘密」「変身の原理」をご覧ください。

ただ、現代でも、若者の間では、7割以上の方が、霊的なものを信じているのだそうです。やはり、まだ、人類の間脳は、完全には閉鎖していないようです。 しかし、このままいきますと、間脳の立場は、急速に悪くなっていくような状況です。新皮質脳が、教育、哲学、宗教が、さも正しいようなことを言って、封じ込めにかかるからです。科学の進歩は、上記のように、諸刃の剣です。霊性が欠如すれば、暴走します。どうにかして、これを防がなくてはなりません。そうでなければ、人類に未来はありません。

上記のように、教育、哲学、宗教には、

①古皮質、旧皮質の動物脳には効果がない。そればかりか、強いストレスを与えてしまう。

②知性、理性だけでなく残虐性、破壊性をも活性化させてしまう。

③理屈、理論を付けて間脳、霊性を封じ込んでしまう。

脳科学的に考えて、この3つの致命的な欠陥があるのです。

以上によって、教育、哲学、宗教によって、大脳新皮質だけ極端に開発しても、有害であるということがわかると思います。

それでは一体どうしたらよいのでしょうか? それには、人間の脳を根本的に改造する以外にありません。ただし、改造といっても、手術などではありません。 特殊な技術を使って、人間の脳を改造、覚醒するのです。そうして、「霊性」というものを発現させるのです。 霊性というものを発現させたとき、本当の知性、理性というものが発現するのです。仏教で言うところの、智慧が生じるのです。 仏教には、その特殊技術、特殊な修行法があるのです。 仏教では、その技術を「成仏法」と呼んでいます。これは、仏教にしかない技法です。 ヨーガや道教にも、脳を改造する技法が伝わっています。しかし、完璧ではありません。そもそも、ヨーガや道教のチャクラ覚醒法は、仏教の秘密技法が外部に流出したものなのです。詳しくは、「仏陀の法」をご覧ください。(チャクラとは、人間に七つある、霊性、超能力を発生させる部位のことです。ホルモンを分泌させる臓器と密接に関係しています。脳には、二つ有り、間脳の脳下垂体と視床下部に存在します。)

上記のとおり、人間の脳には、少なくとも、3つの欠陥があります。 これらの欠陥脳を仏教の修行法によって改造するのです。

「間脳思考・霊的バイオホロニクスの時代」から抜粋させていただきます。

『人間の中で、いくらか目覚めた人達は叫びます。   「人間性を回復せよ!!」と。  だが、これほど愚かなことはないのです。人間性の回復?  人間ほど残虐で恐ろしい生物はいないのです。さきにあげた「変身の原理」でのべておりますように、人類は、「同じ種に属するものは殺さない」という本能が欠如している点で、動物界でも極めて得意な存在です。

「ジャングルの掟」は、相手を殺すことの正当な動機として、飢えた時の捕食の衝動だけを許し、しかもその相手はかならず別の種に属するという前提があります。同じ種同士の一体一のたたかい、あるいはグループ間の抗争は、象徴的な威嚇か、一方が逃げ、または降伏の意思を示す態度で終わりを告げ、相手に致命的な傷を負わせるということはほとんどないのです。

同じ人間という種同士で殺し合う動物は、人間だけです。実に、永遠に繰り返される同一種内の「戦争」こそ、人間の条件の中心的特徴というべきでしょう。  「人間性の回復」など叫ぶのは、人間の本質を全く知らぬ人のいうことです。  「人間性を捨てろ!!」 でなければならぬのです。そして、 「霊性をとりもどせ!!」 と叫ぶべきなのです。    』

 

『大脳辺縁系・新皮質脳を殺す修行

それは一口で言って、大脳辺縁系(動物脳)・新皮質脳を殺す修行である。  大脳辺縁系・新皮質脳を殺さなければ、間脳は作動せず、第三の目は開かないのである。  ただし、誤解してはいけない。大脳辺縁系・新皮質脳を殺すということは、究極において、大脳辺縁系、殊に新皮質脳を生かすということなのである。  新皮質脳は「創造の座」であるといわれる。しかし、本当の創造の座は、間脳にあるのである。  間脳は、これまで繰り返し説いてきたように、霊性の場であり、霊感の座なのである。ここが開発されることにより、本当のインスピレーションが発生するのである。

ただし、間脳を開発するためには、しばらくの間、大脳辺縁系と新皮質脳を閉ざさなければならぬのである。  間脳が開発されたとき、新皮質脳は新しく蘇る。新しく蘇った新皮質脳こそ、霊性を基盤とした超人的なインスピレーションと想像力を持つ頭脳となるのである。』

 

『仏教でいう「顛倒世界」(てんどうせかい、理解の仕方が逆さまであること。実相の世界とかけ離れた虚仮の世界こけのせかいを実相の世界と思い誤り執着すること。)は、大脳辺縁系脳・新皮質脳が犯す間違いである。それは脳ホラーキーのアンバランスが生み出す迷妄なのである。

先に述べたように、人類はここ数千年間、新皮質脳による世界を作り上げてきた。霊的世界を抹殺してしまい、霊的世界の存在を認識する間脳を閉鎖してしまった。 現象世界と霊的世界が共存している実相世界を正しく認識させるためには、新皮質脳と大脳辺縁系脳を一時的に閉鎖して、霊的世界を認識できる間脳を動かす訓練をしなければならないのである。

今までの宗教(仏教をくふめて)は全て間違っていたのである。間違いを犯している心を、間違いを犯している心で変えさせようとしていたのである。これは徒労であった。新皮質脳を使って新皮質脳を変えさせようとしていたのである。一時は理解し、納得するかにみえるが、すぐに元に戻ってしまう。 「汝悔い改めよ」といい、「悟れ」という。すべて心が対象である。それは誤りで、 心を変えるのではなく、脳を変えるのだ。 間違った脳を閉ざして、正しい脳の働きをうながす。これが本当なのである。 それによって、脳ホラーキーはバランスを取り戻すのである。 そうすれば、悔い改めよも、悟れも必要ないのだ。間脳が開き、霊的能力が働き出せば、そんなことはわかりきったあたりまえのことになってしまうのであり、聖書もお経も全く不要になってしまう。

中略 七科三十七道品しちかさんじゅうしちどうぼんの成仏のカリキュラムとは、そういう方法なのである。』

 

 

 

 

Buddhist brain chakra awakening method ③ Deficiencies in education, philosophy, and religion! !! There are limits to intelligence, reason, and humanity !! Awaken spirituality !!

Spiritual Philosophy Bullying Education Psychology Yoga ESP Psychic Brain Science Psychopath
As I have written, recent studies of cerebral physiology have revealed that the human brain has fatal and structural defects. If you do so, there will naturally be flaws in the educational theory that has been used up until now.

Until now, humans have sought to enhance their humanity through education, philosophy, and religion that appeal to the neocortex of the human cerebrum, especially the frontal association area. In other words, we have tried to improve our intellect, reason, and humanity.

However, these teaching methods, philosophies and religions are clearly flawed. There are at least three. First of all, as I have written, most of the human cerebrum, the paleocortex and the limbic system, is the animal brain. No matter how much you educate the animal brain, it is completely nonsense and meaningless. Indeed, “Nembutsu in the horse’s ears” and “I understand, but I can’t stop.” It may, to some extent, work on the neocortex, especially on the frontal associative area, but not on most animal brains at all. On the contrary, advanced education, philosophy and religion go beyond human applicability and are even harmful. Because the animal brain rejects it. That is the stress peculiar to modern people. High ethical and moral views are absolutely necessary to form a human society. However, since most of the human brain is the animal brain, there is no doubt that they can be stressful.

Second, advanced education, philosophy, and religion cause human-specific problems. The problem peculiar to humans is that it also activates the cruelty and destructiveness peculiar to humans, which other animals do not have. Advanced education, philosophy and religion rejuvenate parts of the frontal association. However, in reality, this brain controls intellect and reason, and also controls human-specific competitiveness, desire, and emotion (envy, envy, jealousy), that is, cruelty and destructiveness. In other words, this brain is a double-edged sword. Activating this brain also activates cruelty and destructiveness. This brain controls not only human-specific intelligence and reason, but also human-specific cruelty and destructiveness. Indeed, humanity means not only intellect and reason, but also cruelty and destructiveness. Animals usually do not kill each other in their relatives. This is because there is a group instinct. However, humans are different. Since most of the human brain is an animal brain, there may be a group instinct, of course, but humans have a human-specific brain, the frontal association area, and this brain is selfish and convenient theory. , Theory, the cause, suppresses the instinct of the group, and also creates cruelty and destructiveness. That leads to modern social problems: bullying, terrorism, war and environmental destruction.

Third, most education, philosophy, and religion strengthen only the neocortical brain, which suppresses and degenerates the diencephalon, which is the spiritual part. The more intelligent and scientific people are, the more likely they are that the neocortical brain has developed and the diencephalon has been closed. When they talk about spirituality, they immediately expose their fangs and argue. I don’t like bugs, but this is an instinctive defect in the neocortical brain. Even Buddhist believers have this tendency. Even those who dominate the neocortical brain, educators, scientists, philosophers, and even religions cannot prove it anyway, but they try to eliminate spirituality by adding reason and theory. Even though I can’t prove my strength in science. This is clearly a phenomenon of diencephalon containment by the neocortical brain, and it seems that such a phenomenon of brain degeneration is a common phenomenon in animals. The dominant brain suppresses the opposing brain and the inconvenient brain. If that’s correct, that’s okay, but for humans, it’s clear from the status quo that it’s wrong.

Today’s highly civilized and highly information-oriented society has already exceeded the applicability of humans with defective brains. It has already exceeded the society that humans can sustain. Science is a double-edged sword. It falls on either side. Many scholars point out and warn of contradictions in modern society. It is said that it is only a matter of time before human society self-destructs. For more information, see “Diencephalon Thinking,” “Esoteric Buddhism, Secrets of ESP,” and “Principle of Transformation.”

However, even in modern times, more than 70% of young people believe in spiritual things. After all, it seems that the diencephalon of humankind is not completely closed yet. However, if we continue as it is, the position of the diencephalon will rapidly deteriorate. Because the neocortical brain takes containment, saying that education, philosophy, and religion are just right. Scientific progress, as mentioned above, is a double-edged sword. If you lack spirituality, you will run away. Somehow, we have to prevent this. Otherwise, humanity has no future.

As mentioned above, for education, philosophy, religion,

(1) It has no effect on the animal brain of the paleocortex and the old cortex. Not only that, it gives a strong stress.

(2) It activates not only intelligence and reason but also cruelty and destructiveness.

③ Add theory and theory to contain the diencephalon and spirituality.

From a brain science perspective, there are three fatal flaws.

From the above, you can see that even if only the neocortex is extremely developed by education, philosophy, and religion, it is harmful.

So what should we do? The only way to do this is to radically remodel the human brain. However, remodeling is not surgery. It uses special technology to remodel and awaken the human brain. In that way, what is called “spirituality” is expressed. When the spirituality is expressed, the true intellect and reason are expressed. Wisdom, as it is called in Buddhism, arises. Buddhism has its special skills and special training methods. In Buddhism, the technique is called “Buddhahood Law”. This is a technique unique to Buddhism. The technique of remodeling the brain is also transmitted to yoga and Taoism. But it’s not perfect. In the first place, yoga and Taoist chakra awakening methods are the secret techniques of Buddhism leaked to the outside. For more information, see “Buddha’s Law.” (Chakras are the seven parts of humans that generate spirituality and psychic powers. They are closely related to the organs that secrete hormones. There are two in the brain, and there are two in the hypothalamus. It is present in the pituitary gland and hypothalamus.)

As mentioned above, the human brain has at least three defects. These defective brains are remodeled by Buddhist practices.

This is an excerpt from “The Age of Diencephalon Thinking / Spiritual Bioholonics”.

“Among humans, those who have awakened to some extent shout. “Restore humanity !!” But nothing is as stupid as this. Restoration of humanity? No other creature is as cruel and terrifying as humans. As mentioned in the “Principle of Transformation” mentioned earlier, human beings are extremely good at the animal kingdom in that they lack the instinct of “not killing those belonging to the same species.”

The “rule of the jungle” is based on the premise that the legitimate motive for killing an opponent is to allow only the urge to prey on hunger, and that the opponent always belongs to another species. A one-on-one struggle between the same species, or a conflict between groups, can be a symbolic threat, or one can end with an attitude of fleeing or surrendering, causing fatal injury to the other. There are few.

Humans are the only animals that kill each other among the same human species. Indeed, the eternally repeated “war” within the same species should be the central feature of the Human Condition. Screaming “restoration of humanity” is a person who does not know the essence of human beings at all. It must be “throw away your humanity !!” And you should shout, “Regain your spirituality !!” “”

 

“Practice to kill the limbic system and neocortical brain

In a nutshell, it is a practice that kills the limbic system (animal brain) and neocortical brain. Unless the limbic system and neocortical brain are killed, the diencephalon will not operate and the third eye will not open. However, don’t get me wrong. Killing the limbic system / neocortical brain is ultimately to save the limbic system, especially the neocortical brain. The neocortical brain is said to be the “seat of creation.” But the true seat of creation lies in the diencephalon. The diencephalon, as I have repeatedly explained, is a place of spirituality and a place of inspiration. The development here creates real inspiration.

However, in order to develop the diencephalon, the limbic system and neocortical brain must be closed for some time. When the diencephalon is developed, the neocortical brain is revived. The newly revived neocortical brain is the brain with superhuman inspiration and imagination based on spirituality. 』\

 

“The” defeated world “in Buddhism (the way of understanding is upside down. The false world that is far from the real world is misunderstood as the real world and obsessed with it) is the limbic system. It is a mistake made by the limbic brain and neocortical brain. It is a delusion created by an imbalance in the brain holarchy.

As mentioned earlier, humankind has created a world of neocortical brains for thousands of years. It wiped out the spiritual world and closed the brain while recognizing the existence of the spiritual world. In order to correctly recognize the real world where the phenomenal world and the spiritual world coexist, training to temporarily close the neocortical brain and the limbic brain and move the diencephalon to recognize the spiritual world. You have to do it.

All religions (including Buddhism) up to now were wrong. He was trying to change the mind of making mistakes with the mind of making mistakes. This was a waste of time. He was trying to use the neocortical brain to change the neocortical brain. At one point it seems to be understood and convinced, but soon it returns to normal. “Thou shalt repent” and “enlightenment.” Everything is about the mind. It’s a mistake, it changes the mind, not the mind. It closes the wrong brain and encourages the correct brain work. This is true. By doing so, the brain holarchy regains balance. Then you don’t need to repent or enlighten. If the diencephalon opens and the spiritual ability begins to work, such a thing will become obvious and the Bible and sutras will be completely unnecessary.

Omitted The curriculum of the Buddhahood of Shichika-sanju Shichidobon is such a method. 』\

Anyone who has four steps leading to liberation will be Buddha 解脱に至る四つの階梯 人は誰でもBuddha成る

解脱に至る四つの階梯

 

 

「解脱に至る四つの階梯」といった。

 だれでも、解説に至るためには、この四つの段階を経なければならない。そ してこの四つの階梯を、すぐれた聖師にしたがって歩んでいくならば、だれでも 解脱に到達できるのである。もちろん、あなたにしてもそのとおりだ。

 そこで、この四つの階梯について、のべてみよう。

 四つの階梯とは、

一、srota apanna 須陀オン

二、sakrd agamin        斯陀含

三、anaga msn    阿那含

四、arhat      阿羅漢     B uddha  仏陀

である。

説明すると、

 

須陀逼 -きよめられた聖者

 斯陀含上局められた聖者

 阿那含―大次元を)飛躍した聖者

 阿羅漢-―人次元を)超越し、完成した聖者、「仏陀」ともう。

 では、この四つの階梯を、修行者はどのようにして歩んでいくのだろうか。

 

 

七科三十七道品の成仏のカリキュラムとは、そういう方法なのである。
「きよめられた聖者」は、いまのべた内的なものだけではなく、外的にもきよめられなければならないのである。
それはどういうことかというと、自分の持つ「霊的なけがれ」もとり除かなければならないということである。
霊的なけがれとは、自分にかかわりのある不成仏霊・霊障のホトケのことである。これをことごとくとり除かなければならない。

自分にかかわりのある不成仏霊・霊障のホトケを持っていると、それらが持つよこしまな性格や想念の影響から逃れることができないのである。さらに恐ろしいのは、それらの不幸な存在がたどった運命の、「運命の反覆」をするおそれが強いのである。

 

「運命の反覆」とはカルマの反復にほかならない。これが最
も恐ろしいのである。これは修行者にかぎらず、ふっうの人の生活においても、悲惨な人生を送った霊障のホトケの人生を、そのまま反覆するケースを非常に多く見るのである。

 

大脳辺縁系・新皮質脳を殺す修行

 それはひと口にいって、大脳辺繰糸・新皮質脳を殺す修行である。

 大脳辺繰糸と新皮質脳を殺さなければ、間脳は作動せず、第三の目は開かな いのである。

 ただし、誤解してはいけない。大脳辺緑系・新皮質脳を殺すということは、 究極において、大脳辺緑系、ことに新皮質脳を生かすということなのである。新 皮質脳は「創造の座」であるといわれる。しかし、ほんとうの創造の座は間脳に あるのである。間脳はこれまでくり返し説いてきたように、霊性の場であり、

霊 感の座なのである。ここが開発されることにより、ほんとうのインスピ レーションが発生するのである。

 ただし、間脳を開発するためには、しばらくの間、大脳辺縁系と新皮質脳を 閉ざさなければならないのである。間脳が開発されたとき、新皮質脳は新しく よみがえる。新しくよみがえった新皮質脳こそ、霊性を基盤とした超人的なイ ンスピレーションと創造力を持つ頭脳となるのである。

 

 ではそれはどんな修行か?

 

霊性完成の方法と体系

 

 釈尊が残した霊性完成の修行法がそれである。これを、わたくしは、「成仏 法」とよんでいる。成仏とは霊性を完成したことをいい、それを成就した人を

「仏陀」とよぶ。だからわたくしはその方法を、「成仏法」とよぷのである。

 くわしくは、『輪廻転生瞑想法』でのべたとおりであるが、それは七つのシ ステムと三十七種のカリキュラムから成る成仏のための方法と体系である。これ を、阿合経では「七科三十七道品」あるいは「三十七菩提分法」とよぷのであ る。この二つの名称は、わたくしが勝手につけたのではない。古来からの仏教用 語である。

 わたくしが、阿含経以外のお経―-法華経、阿弥陀経をはじめすべてのお経 をいささか激しい表現で批判するのは、阿含経以外のお経には、どの経典に

も、この成仏法がないからである。釈尊がじっさい説かれたのは阿合経だけで あるという歴史的な事実のほかに、阿含経以外には、この「成仏法」がないか ら、わたくしはそういうのである。「成仏法」のない経典など、わたくしは真実 の仏教経典と認めることはできないのである。もちろん、それなりの存在意義 なり存在価値はあろうが、本流ではない。傍流というべきである。このことに 関しては、わたくしの他の著書を読んでいただきたい。

 

七科三十七道品とはつぎのようなものである。

 

四念住法トト身念仕法 受念住法 心念仕法 法念仕法

四正断法-断断法 修断法 随護断法 律儀断法

四神足法-欲神足法 勤神足法 心神足法 観神足法

五根法-信根法 精進根法 念根法 定根法 慧根法

五力法11信力法 精進力法 念力法 定力法 慧力法

七覚支法トト択法覚支法 精進覚文法 喜覚文法

      定覚文法 念覚支法

軽安覚文法 捨覚文法

八正道法-‐‐正見法 正思惟法 正語法 正業法 正命法 正精進法  正念法 正定法

以上である。

 

この七科目、三十七種のカリキュラムは、

 べ瞑想

 二、実践

 

 四念住法・五根法は、瞑想である。

 四正断法・五力法・七覚文法・八正道法は、実践と瞑想である。

 四神足法は、特殊な練行taPasである。

 神足とは、神通力(超能力)のことで、この四神足法は、超自然の神通力を得 るための四種の修行法である。前にのべたわたくしの練行tapasはこれに属する ものである。

 この七つの科目のうち、練行tapasを中心に、瞑想と実践の科目をとり入れて 修行するのである。どの科目をどうとり入れて、どのように訓練するかは、

聖師が決定ずる。修行者それぞれ、みな素質と因縁がちがうので、それを見 て、グルが決めるのである。

 この修行において、グルの果たす役目は大きい。グルについて、少しのべよ

 

霊性の洗礼

 

まず、間違いなく霊性を開顕したグルを見つけて、そのグルに受け入れても らうことである。それができたら、この修行は八分どおり成功したといっていい くらいである。それくらい重要なことであり、かつ、むずかしいということで ある。

 グルなくして、正しい霊性開顕の仏道修行は不可能である。ふつうの仏教信 心とはちがうのである。信心のしかたや、信仰のしかた、経典の講義や解釈を教 わるという程度のものならばとにかく、霊性開顕の仏道修行は、強力な霊的能力 を持つグルの助けなくしては、絶対といっていいほど、できないのである。

 たとえば、インド近代の聖者ラーマナーマハリシが、入門者に対して、「凝視 の方法」で受け入れの儀式をおこなったとき、彼の両眼の輝きと力が相手の心 をつらぬいて、その雑念の流れを断ち切ってしまったといわれる。ときとして は、まるで電流が身の内に流れ込んだように相手は感じたともれる。

 

Four steps leading to liberation

Now, I’m saying, “Four steps leading to liberation.”

Everyone needs to go through these four steps to get to the explanation. And if we follow these four steps according to a good saint, anyone can reach liberation. Of course, you’re right.

Then, let’s talk about these four steps.

What are the four ladders?

One, Srota apanna Suda on

Second, sakrd agamin included

Three, anana msn including Ana

Four, arhat Arhan Buddha Buddha

Is.

To explain,

Suda逼-Cleaned Saint

The saints who are included in the station

Saints who leapt to the big dimension)

Arakhan: transcends the human dimension) and the completed saint, “Buddha”.

Then, how do the practitioners walk on these four steps?

That’s how the Buddhist curriculum of Nanashina Thirty-Seven Dojo is.
A “cleansed saint” must be cleansed not only internally as it is now, but also externally.
What that means is that you must also remove your own “spiritual injuries”.
Spiritual injuries are hot stones of imperfect Buddhist spirits/disorders related to oneself. You have to get rid of all this.

If you have the improper Buddhist spirits and spiritual disabilities that are related to you, you will not be able to escape the effects of their devious personality and thoughts. What is even more frightening is that there is a strong possibility that these unfortunate beings will “repeat the fate” of the fate that they followed.

The “repeat of destiny” is nothing but the repetition of karma. This is the best
Is also scary. This is not limited to practitioners, but in the lives of ordinary people, there are many cases in which the life of a spiritually distressed Hotoke who has lived a tragic life is overturned.

Training to kill the limbic and neocortical brains

It is a practice to kill the cerebral limb and the neocortical brain in a bit.

If you do not kill the cerebral limb and the neocortical brain, the diencephalon will not work and the third eye will not open.

However, don’t get me wrong. The killing of the cerebral meridian/neocortical brain is, in the ultimate sense, the utilization of the cerebral meridian, especially the neocortical brain. The new cortical brain is said to be the “creation seat.” However, the real place of creation lies in the diencephalon. The diencephalon is a place of spirituality, as I have repeatedly explained,

It is an inspirational seat. When this is developed, it really brings inspiration.

However, in order to develop the diencephalon, it is necessary to close the limbic system and the neocortical brain for a while. When the diencephalon is developed, the neocortical brain is reborn. The newly raised neocortical brain will be the brain with superhuman inspiration and creativity based on spirituality.

Then what kind of training is it?

Method and system of spiritual completion

That is the practice method of complete spirituality left by Buddha. This is what I call the “seibutsu”. Seibutsu means that the spirituality has been completed.

It is called “Buddha”. That is why I call that method “seibutsu”.

In more detail, as mentioned in “Reincarnation Meditation Method”, it is a method and system for Buddhism that consists of seven systems and thirty-seven curricula. This is referred to as “Nanashina Thirty-Seven Dojo” or “Thirty-seven Bodhi-hobu” in Ai Sutra. These two names were not my own choice. It has been used for Buddhism since ancient times.

I suspect that all sutras, including Hokkei and Amitabha, are criticized with a bit of fierce expression except for Sutras.

This is because there is no law of this French. In addition to the historical fact that Buddha was the only one who was told that it was only Ai Sutra, I think that there is this “seibutsu” other than Akon Sutra. I can’t admit that it is a true Buddhist scripture, such as a scripture without a “seibutsu”. Of course, there is a certain sense of existence and value, but it is not the mainstream. It should be called a sidestream. Regarding this, please read my other books.

The seventy-seven departments dojo is as follows.

Four Nemitsu Law, Toto, Mind Law, Mind Law, Mind Law

Four Positive Laws-Official Laws, Restorative Laws, Sustainable Laws, Laws of Law

The Four Gods Law-The Greeds God Law

Gone method-Shinne method, devoted root method, Nemone method, fixed root method, Keine method

Five-power method, 11-credit method, vegetative method, psychokinetic method, constant-power method, and vigorous method

Seven sense support method Toto choice support method

Quorum grammar, happostyle

Karuyasu grammar, Naruto grammar

Hachishodo—Masami-ho, Seiseki-ho, Orthodox-hoshoku, Seimei-ho, Shoshin-ho, Hoshin-ho

That is all.

This seven subject, thirty-seven curriculum,

Meditation

Second, practice

The four-nine living method and the five root method are meditations.

The four positive cut method, the five force method, the seven sense grammar, and the eight positive method are practice and meditation.

The Shikamizoku method is a special training taPas.

God is the power of supernatural powers (supernatural powers), and the four types of training are the four methods of training to obtain supernatural powers of supernatural nature. The sticky tapes practiced in the previous section belongs to this category.

Among these seven subjects, we will focus on training tapas and practice meditation and practice subjects. Which subject to take and how to train

The Holy Master decides. Each practitioner has a different affiliation with their traits, and Guru decides upon it.

The gurus have a great role to play in this training. A little bit about the guru

Spiritual baptism

First, make sure you find a guru that reveals spirituality and accept it. If we could do that, we could say that this training was successful in eight minutes. That’s what is important and difficult.

It is impossible to practice Buddhism in the correct spirituality without Guru. It is different from ordinary Buddhism. Anyway, as long as it is a method of belief, a method of belief, or a lesson of teaching or interpreting a scripture, Buddhist practice of spiritual manifestation is absolutely necessary without the help of a guru who has a powerful spiritual ability. You can’t do that.

For example, when modern Indian saint Rahmanah Maharishi performed an acceptance ritual to the introductory person by the “gaze method”, the brilliance and power of his two eyes pierced the heart of the other person, It is said that the flow has been cut off. At times, the other party feels as if a current has flowed into them.

三十七道品の七科を全部修めたら、仏になれるのですか?

宗教・807閲覧

共感した

ベストアンサー

goh********

goh********さん

2012/3/18 7:38

Buddha の  三十七道品の七科  四念住  Buddha’s thirty-seven dozen seven departments, four satipatthana

四念住

 

 

四神足法(しじんそくほう)
四如意足とも訳す。
四つの自在力を得るための根拠となるもの。超自然的な神通力を得るための4種『欲神足(よくじんそく)・勤神足(ごんじんそく)・心神足(しんじんそく)・観神足(かんじんそく)』の修行法。

全て 名詞
4 の例文 (0.00 秒)
  • 正しい念は、三十七道品のなかの四念住などにおける念とあるように、基本概念の一つである。 
  • 四念住・四正断・四神足・五根・五力・七覚支・八正道の七科に分かれる。 

四念処の内容は以下の通り[1]

  • 身念処(身念住) – 身体の不浄を観ずる(不浄観
  • 受念処(受念住) – 一切の受は苦であると観ずる(一切皆苦
  • 心念処(心念住) – の無常を観ずる(諸行無常
  • 法念処(法念住) – 諸法無我を観ずる(諸法無我

 

四念処(しねんじょ)・四念住(しねんじゅう)

「四念処・しねんじょ」は(玄奘以降の新しい漢訳では「四念住・しねんじゅう)とも呼ばれます。

真理とは真逆の間違った考え方の、四顛倒(してんどう)の

「常楽我浄」(じょうらくがじょう)を打破する瞑想です。

ありのままに自分を観察する瞑想で、

気づきの瞑想、観察する瞑想、ヴィパッサナー瞑想のことになります。

この、四念処の瞑想は、経典の中では、

「身受心法」(しんじゅしんほう)の教えで、

ブッダの説法がよくでてきます。

次に、身受心法を見ていきましょう。

身受心法(しんじゅしんほう)

・身念処(しんねんじょ)・身念住(しんねんじゅう)

「身体について」からだをよく観察をして、

「身体は不浄」であることをみる(気づく)瞑想です。

これは、「不浄観」(ふじょうかん)と表現されていて、

自分の身体は五蘊(ごうん)から成り立つ存在で、

身体で接触して感受するものすべて、

はかない「一切皆苦」(いっさいかいく)の煩悩になることを、

観察の瞑想をして洞察していきます。

その自分の身体の五識(ごしき)「目、耳、鼻、舌、身体」を如実に観察します。

五蘊(ごうん)

・受念処 (じゅねんじょ)・受念住(じゅねんじゅう)

「感受について」、感受をよく観察して、
「感受は苦」であることをみる(気づく)瞑想です。

これは、

五蘊で成り立つ自分の感受する「受」(じゅ)を如実に観察していきます。

感受するものはすべて、「快・不快・どちらでもない」の3パターンのいづれかで判断して感受します。

「目で見るもの、耳で聞くもの、鼻で嗅ぐもの、舌で味わうもの、身体で触れるもの、こころで感じること」すべて「快・不快・どちらでもない」の3パターンいづれかで感受して、すべてはかない「苦」になることを観察します。

その自分の五識(ごしき)「目、耳、鼻、舌、身体」で感受することを如実に観察します。

・心念処 (しんねんじょ)・心念住(しんねんじゅう)

「心について」、心をよく観察して、
「心は無常」であることをみる(気づく)瞑想です。

これは、

五蘊で成り立つ自分の考え方を形成していく「行」(ぎょう)は常に変化するものである「諸行無常」(しょぎょうむじょう)であると如実に観察します。

その自分の心を如実に観察します。

経典では、

貪りのある心を「わたしの心は貪りをもっている」と知る。
貪りを離れた心を「わたしの心は貪りを離れた」と知る。

怒りのある心を「わたしは怒りの心をもっている」と知る。
怒りを離れた心を「わたしは怒りの心を離れた」と知る。

と表現されています。

・法念処 (ほうねんじょ)・法念住(ほうねんじゅう)

「もろもろの事象・法について」、
もろもろの事象・法をよく観察して、
「あらゆる物質は無我」であることをみる(気づく)瞑想です。

これは、

三法印(さんぼういん)の「諸法無我」(しょほうむが)を如実に観察することです。

三法印・四法印 「図解」

経典での表現のされかた

四念処・四念住の「身受心法」は原始仏典には、

「よく気を付け、
熱心に正しく自覚し、
落ち着いて過ごし、
世間の貪り憂いを克服すべき」

とでてきます。

「念」(ねん)はパーリ語でサティ(sati)で
①記憶(教えを)する。
②心が散漫になったりしないように注意力を促す。
③四念処(サティパッタ-ナ)の常に無常・苦・無我を念頭に置く
の意味があります。

ぼーさん

この「身受心法」の瞑想では、まだ「受」も、想う気持ちの「想」も 存在している色界の瞑想です。受も想もない境地が「想受滅」でさらにもっと上の瞑想の境地です。

ちなみに、「身」のからだは欲望を支配する欲界の世界で、
身体の欲望をなくした純粋な物質の色界の世界で「受」を観察していく瞑想です。
(参考):「三界」(さんがい)輪廻する世界

四顛倒(してんどう)

ブッダが見た「真理」の三法印は、
普通の人々にはみえなくて、わからないので、

普通の人々はまったく逆のことを思って日々過ごして生きている考えが、四顛倒(してんどう)の、四つの真理がたおれて見えている教えです。

その四つの真理が、「常楽我浄」になります。

常楽我浄(じょうらくがじょう)

人は無常であるのに、「常である」とみて、
苦に満ちあふれているのに、「楽である」とみて、
縁起(えんぎ)と五蘊(ごうん)で成りたつ無我の自分なのに、「自我がある」とみて
不浄(ふじょう)なことを、「清らかである」とみて過ごしています。
これを「常楽我浄」(じょうらくがじょう)と言って、

ブッダが見た「真理」とは、まったくさかさまな四つの見方をして、
苦しみの世界に生きているのがわたくしたち普通の人間の教えになります。

ぼーさん

大乗仏教での「常楽我浄」(じょうらくがじょう)は涅槃の境地を表した意味で用いられることがあります。

涅槃の覚りの徳は絶対の永遠の常であり、
楽しみであり、
能動的な自在者の我であり、
きよらかな浄である、

四つの徳で、四徳(しとく)と呼ばれます。

しかし、
三法印を理解していないままだと、
四顛倒になるので注意が必要ですね。

原始仏典にでてくる「四念処・しねんじょ」

長部経典 第2経「沙門果経」(しゃもんかきょう)では

「小・中・大の戒律の教え」→「感覚器官の防護」→《注意力・明瞭な意識》の観察する瞑想の教えがでてきます。そして、→「満足」→「五蓋の除去」→「色界の四禅」→「無我の洞察」→「神通力を得て」→「漏尽智」の煩悩が消滅して『四諦』を理解するとでてきます。

《注意力・明瞭な意識》

ブッタは修行者はどんな行動するときも明瞭な意識をもって行動します。衣を着るときも、鉢を持つときも、食べるときも、飲むときも、排便するときもどんな時も自分が今何をしているのかを明瞭な意識を自覚して行動し身につけています。

 

ぼーさん
瞑想というと難しいかんじですが、テレビを見ながら、スマホをさわりながらとかではなく、自分の行いを意識を持って行うことですね!

長部経典 第22経「大念処経」(だいねんじゅきょう)では

「身体について(身体は不浄)」
・髪・毛・血・歯・皮・肉・筋・骨・骨髄・腎臓・心臓・血液・小便、等々自分の細部までを観察する
・地水火風の要素を観察する
・死体の瞑想、墓場に捨てられた死体がカラスや犬に食べられ腐っていくのを観察する

「感覚について(感受は苦)」
・楽しみ、苦しみ、非肉体的の感受が生起し消滅するのを観察する

「心について(心は無常)」
・貪り、怒り、迷妄、心の統一、広大な心が生起し消滅するのを観察する

「もろもろの存在(事象・法)について(あらゆる物質は無我)」
・五蓋について、生起と消滅を観察する
・六識の束縛の生起と消滅を観察する

「呼吸の仕方」は
◇念ずることを目の前に据えて坐る、気を付けながら息を吸い、息を吐く、
◇身体の活動を静めて、私は息を吐こうと思い実修する。
◇自分の内に、他人の外の身体について観察、身体の中で生起してくるもの、
消滅する現象を観察する。
◇ただ「身体のみが存在する」と思い、依存がなく、執着がなくなる。

と表現されてでてきます。

えん坊
ねぇ、ぼーさん!最初の瞑想がこんなに難しいの、、、。
ぼーさん
えん坊は、ご飯食べ終わった後も、米つぶが顔についてるのも気づかないからね、、、。でも大丈夫だよ!ブッダはきちんと瞑想の教えを教えてくれているからね!瞑想の実践や修行内容が書かれているお経を紹介しますね!

 

「明瞭な意識」で観察の瞑想がでてくる↓

Satipatthana

 

 

 

Iddhipada method
Translated as Iddhipada.
The basis for obtaining four free powers. Four types of training methods for obtaining supernatural mythical power: greed gods, gonjinsoku, shinjinsoku, and kanjinsoku.

All nouns
4 example sentences (0.00 seconds)
The correct idea is one of the basic concepts, as is the case with Satipatthana in the thirty-seven dojos. …
It is divided into seven departments: Satipatthana, Four Right Exertions, Iddhipada, Indriya, Five Strengths, Seven Factors of Awakening, and Noble Eightfold Path. …

The contents of Satipatthana are as follows [1].

Satipatthana (Satipatthana) –Seeing the uncleanness of the body (Uncleanness)
Satipatthana (Satipatthana) –I see that all vedan is painful (everyone is suffering)
Satipatthana (Mindful residence) -Watching the unchanging mind (Unusual behavior)
Satipatthana (Law Satipatthana)-Seeing the selflessness of various laws (lawlessness)

 

Satipatthana, Satipatthana

“Satipatthana / Shinenjo” is also called (in the new Chinese translation after Xuanzang, “Satipatthana / Shinenju”).

The wrong way of thinking, which is the exact opposite of the truth, of the four defeats

It is a meditation that breaks down “Jorakugajo”.

In meditation to observe yourself as you are

It’s about awareness meditation, observing meditation, and Vipassana meditation.

This meditation of Satipatthana is in the scriptures.

With the teaching of “Shinjushinho”

Buddha’s preaching often comes up.

Next, let’s look at the self-reliance method.

Self-reliance method (Shinjushinho)
・ Satipatthana ・ Satipatthana

“About the body” Observe the body closely and

It is a meditation to see (notice) that the body is unclean.

This is described as “Patikulamanasikara”.

My body is made up of five skandhas,

Everything that you feel in contact with your body

To be annoyed by the ephemeral “everyone suffers”

We will meditate on observation and gain insight.

Observe the five senses of your body, “eyes, ears, nose, tongue, and body.”

・ Satipatthana (Junenjo) ・ Satipatthana (Junenju)

“About the feeling”, observe the feeling closely,
It is a meditation to see (notice) that “sensation is painful”.

is this,

I will observe the “Uke” (ju) that I feel, which is made up of five skandhas.

Everything you feel is judged by one of the three patterns of “pleasant, unpleasant, and neither”.

“What you see with your eyes, what you hear with your ears, what you sniff with your nose, what you taste with your tongue, what you touch with your body, and what you feel with your heart” are all “pleasant, unpleasant, neither” Observe that everything becomes ephemeral “bitter”.

Observe what you feel with your five senses, “eyes, ears, nose, tongue, and body.”

・ Satipatthana ・ Shinnenju

“About the mind”, observe the mind closely,
It is a meditation to see (notice) that “the mind is impermanent”.

is this,

I clearly observe that the “line” that forms one’s own way of thinking, which consists of five skandhas, is the “various lines” that are constantly changing.

Observe that one’s heart.

In the scriptures

Knowing a greedy heart, “My heart has greed.”
Knowing that the heart that has left greed is “my heart has left greed.”

Know that an angry heart is “I have an angry heart.”
Knowing that the heart that has left anger is “I have left the heart of anger.”

It is expressed as.

・ Satipatthana ・ Honenju

“About various events and laws”,
Observe various events and methods carefully,
It is a meditation to see (notice) that “every substance is selfless”.

is this,

It is to observe the “Shohomuga” of Sanboin.

How to express in the scripture

Satipatthana and Satipatthana’s “Self-reliance method” is described in the Early Buddhist scriptures.

“Be careful,
Be enthusiastic and correct
Stay calm,
We should overcome the greed of the world. ”

Will come out.

“Nen” is a Pali word for sati
① Remember (teach).
② Encourage your attention so that you do not get distracted.
③ Always keep in mind the impermanence, suffering, and selflessness of Satipatthana.
There is a meaning of.

 

Bo-san

This “self-reliance method” meditation is a meditation in the color world where both “reception” and “thought” of feelings still exist. The state of meditation that is neither received nor thought is the state of meditation that is even higher.

By the way, the body of the “body” is in the world of desire that controls desire,
It is a meditation that observes “Uke” in the world of pure material color world that has lost the desire of the body.
(Reference): “Three worlds” (Sangai) The world that revolves around

Four defeats

The three methods of “truth” that Buddha saw are
Because it is invisible to ordinary people and does not understand

The idea that ordinary people spend their days living thinking the exact opposite is the teaching of the four truths of the four truths.

The four truths are “Joraku Gajo”.

Joraku Gajo

People are impermanent, but they think they are “always”
Even though it is full of pain, I think it is “easy”
Even though I am a selfless self made up of auspiciousness and five gods, I think that I have an ego.
I spend my time thinking that unclean things are “clean.”
This is called “Jorakugajo”.

The “truth” that Buddha saw is from four completely upside-down perspectives.
Living in the world of suffering is the teaching of ordinary human beings.

 

Bo-san

In Mahayana Buddhism, “Jorakugajo” is sometimes used to mean the state of Nirvana.

The virtue of Nirvana’s awakening is an absolute eternal everlasting
I’m looking forward to it
I am an active freelancer
It is a clean purification,

The four virtues are called Shitoku.

But,
If you don’t understand the Dharmamudrā
You need to be careful because it will be a mess.

“Satipatthana, Shinenjo” that appears in the primitive Buddhist texts
In the second sutra “Samon Kakyo”

“Teaching of small, medium and large commandments”-> “Protection of sensory organs”-> “Attention / clear consciousness” will give you the meditation teachings to observe. Then, → “Satisfaction” → “Removal of the five lids” → “Four Zens of the Color World” → “Insight of Selflessness” → “Getting Mythical Power” → “Four Noble Truths” disappears It will come out when you understand.

<< Attention / Clear Consciousness >>

Buddha acts with a clear consciousness when the practitioner does anything. He is aware of what he is doing now, when he wears clothes, when he holds a bowl, when he eats, when he drinks, when he defecates, and when he acts and wears it. I am.

 

 

Bo-san
Meditation is difficult, but it’s not about watching TV and touching your smartphone, but consciously doing what you do!
In the Nagabe scripture, the 22nd sutra, “Dainenjukyo”

“About the body (the body is unclean)”
・ Observe your own details such as hair, hair, blood, teeth, skin, flesh, muscles, bones, bone marrow, kidneys, heart, blood, urine, etc.
・ Observe the elements of groundwater, fire and wind
・ Meditation of corpses, observing crows and dogs eating and rotting corpses abandoned in the graveyard

“About the senses (feeling is painful)”
・ Observe that enjoyment, suffering, and non-physical sensations occur and disappear.

“About the mind (the mind is impermanent)”
Observe greed, anger, delusion, unity of mind, and the emergence and disappearance of a vast mind

“About the existence (events / laws) of various things (all substances are selfless)”
・ Observe the occurrence and disappearance of the five hindrances
・ Observe the occurrence and disappearance of the bondage of the six senses

“How to breathe”
◇ Sit with your thoughts in front of you, take care while inhaling and exhaling,
◇ Calm down my physical activity and practice with the intention of exhaling.
◇ Observing the body inside and outside of others, what happens inside the body,
Observe the disappearing phenomenon.
◇ I just think that “only the body exists”, there is no dependence, and there is no attachment.

It will be expressed as.

 

Enbo
Hey, Bo-san! The first meditation is so difficult …

Bo-san
Enbo doesn’t even notice the rice mash on his face after he finishes eating. But it’s okay! Buddha teaches me meditation properly! Introducing the sutras that describe the practice of meditation and the content of training!

 

Observation meditation comes out with “clear consciousness” ↓

悪口は 受け取らないと 相手の元に戻る  釈迦  If you do not receive bad words, you will return to the other party.

もし あなたが口汚いなく、罵る人がいたらどういましょう?
わたしだったら、倍額、罵る知れない。

 

釈迦様の場合は、

阿含経から

悪口は 受け取らないと 相手の元に戻る

 

あるところに、お釈迦様が多くの人たちから尊敬される姿を見て、ひがんでいる男がいました。

「どうして、あんな男がみんなの尊敬を集めるのだ。いまいましい」

そこで、男は散歩のルートで待ち伏せして、群集の中で口汚くお釈迦様をののしってやることにしました。

「お釈迦の野郎、きっと、おれに悪口を言われたら、汚い言葉で言い返してくるだろう。その様子を人々が見たら、あいつの人気なんて、アッという間に崩れるに違いない」

そして、その日が来ました。

男は、お釈迦様の前に立ちはだかって、ひどい言葉を投げかけます。

お釈迦様は、ただ黙って、その男の言葉を聞いておられました。

弟子たちはくやしい気持ちで、「あんなひどいことを言わせておいていいのですか?」とお釈迦様にたずねました。

それでも、お釈迦様は一言も言い返すことなく、黙ってその男の悪態を聞いていました。

男は、一方的にお釈迦様の悪口を言い続けて疲れたのか、しばらく後、その場にへたりこんでしまいました。

どんな悪口を言っても、お釈迦様は一言も言い返さないので、なんだか虚しくなってしまったのです。

その様子を見て、お釈迦様は、静かにその男にたずねました。

「もし他人に贈り物をしようとして、その相手が受け取らなかった時、その贈り物は一体誰のものだろうか」

こう聞かれた男は、突っぱねるように言いました。

「そりゃ、言うまでもない。相手が受け取らなかったら贈ろうとした者のものだろう。わかりきったことを聞くな」

男はそう答えてからすぐに、「あっ」と気づきました。

お釈迦様は静かにこう続けられました。

「そうだよ。今、あなたは私のことをひどくののしった。でも、私はそのののしりを少しも受け取らなかった。だから、あなたが言ったことはすべて、あなたが受け取ることになるんだよ」

What if you’re not swearing and someone is swearing?
I wouldn’t be swearing at double the price.

In the case of Buddha,

From Agama

If you do not receive bad words, you will return to the other party

At one point, there was a man who was distorted when he saw Buddha being respected by many people.

“Why does such a man get everyone’s respect. Damn.”

So, the man ambushed on the route of the walk and decided to curse the swearing Buddha in the crowd.

“Buddhist bastard, I’m sure that if I say something bad, I’ll say it back in dirty words. When people see it, his popularity must collapse in a blink of an eye.”

And that day has come.

The man stands in front of Shaka-sama and throws terrible words.

Buddha was just silently listening to the man’s words.

The disciples were disgusted and asked Buddha, “Can I say such a terrible thing?”

Still, Shaka-sama silently listened to the man’s curse without saying a word.

Perhaps the man was tired of unilaterally swearing at Shaka-sama, and after a while he sank into the spot.

No matter what he said, Buddha didn’t say a word, so he became somewhat empty.

Seeing that, Shaka quietly asked the man.

“If you try to give a gift to another person and the other person does not receive it, who is the gift?”

When asked, the man told me to poke.

“That goes without saying. If the other person didn’t receive it, he would be the one who tried to give it.

Immediately after answering that, the man noticed “Ah”.

Buddha quietly continued like this.

“That’s right. Now you’ve terribly cursed me, but I didn’t receive any of that curse, so everything you say will be received by you.”

今日の運勢 2月26日  Today’s fortune February 26

 

恋人
正位置・・・恋愛。女性側からの誘惑で成功した恋愛。無邪気な十代や若者の恋愛関係。セックス。嫉妬。美しさ。情熱。好きで打ち込む趣味。重要な事件の発生による選択の時期。
逆位置・・・よろめき。誘惑。遊びだけの関係。気まぐれ。結婚生活の危機。痴話げんか。道徳心の欠如による危険。ジェラシー。希望に関して重要な道が選べない。
ウェイト解説
正位置・・・魅力。愛。美。克服される試練。
逆位置・・・失敗。愚かな計画。別の意味では、不満のある結婚とあらゆる意味での不一致をあらわす。

六白金星の日

新しい企画を持った人との接触あり。気が高ぶり争いが起りやすい。負けるは勝ち。怒ったら損、自己を誇るなかれ。心豊かにほのぼのと

趣味や仕事がはかどり、予想以上の成果が得られる日。
溜まったタスクや先送りにしていたことなどは、この日に片付けましょう。
恋愛運が上昇する日なので、意中の人に思い切ってアプローチしましょう

Six Platinum Star Day

There was contact with a person who had a new project. It’s easy to get upset and fight. Losing is winning. If you get angry, lose yourself, don’t be proud of yourself. Heartwarming and heartwarming

A day when your hobbies and work progress and you get more results than you expected.
Let’s get rid of the accumulated tasks and postponed tasks on this day.
It’s a day when love luck rises, so let’s take the plunge and approach the person you are interested in