UA-135459055-1

GIMP 初心者

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

自由選択を使いこなす

自由選択の使い方は、いたってシンプル、マウスをクリックしながら指定したい範囲を描くだけ!

まさに自由な線で選択範囲を指定することができます。

自由度を最高に使いこなすには、ペンタブレットがあった方が良いですが、マウスでも大丈夫です。より加工・編集レベルを上げたい人はペンタブレットの導入も検討されてください。

 

自由選択の基本

選択範囲にしたい部分をマウスをクリックしながら囲みます。

選択開始点と、最終点を結ぶと、点線になり、その内側は選択範囲が指定されている状態になります。自由選択の基本はこれで大丈夫ですが、自由選択はクイックマスクと使うと相性が良いので、クイックマスクと一緒に使う方法も覚えましょう。⇒ クイックマスクで選択範囲を作る方法

2012-04-27_1153256  2012-04-27_1153534

自由選択の応用

応用と書きましたが、こちらも基本的な部分です。

GIMP2.6からあらたにパスツールのように支点(アンカーポイント)をつかって自由選択できるようになりました。

2012-04-27_1154424

こちらは、線と線を結んでいくような形になります。

自由選択では大まかな範囲指定の時に使用することが多いので、このようにパスでパっパっと引いていくほうが早い気もします。

 

因みに、支点の移動はできるので、間違えた時も大丈夫です。各支点をドラッグして移動させましょう。なお、ダブルクリックをすると、選択開始点と最終支点とを結んだ範囲が選択されます。こちらも覚えておきましょう。

2012-04-27_1155374  2012-04-27_1155524

 

icon-check01「ctrl」を押すと、直前の支点から15度刻みの邦楽の位置に次の支点が置けます。

 

自由選択のツールオプション

2012-04-27_1216365

選択ツールの多くはツールオプションの項目も同じものが備わってます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Google アナリティクスの統計

generated by GADWP 

コメントを残す

*