UA-135459055-1

【自炊が捗る!】ドキュメントスキャナーのおすすめ人気ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

書籍が自炊できたり、仕事上の書類などをペーパーレス化できるドキュメントスキャナー。富士通のScanSnap・キャノンのimageFORMULAシリーズをはじめ、各メーカーから続々と新商品が販売されています。大量スキャンできるシートフィードモデル・A3対応のオーバーヘッド型・携帯便利なハンディタイプなど種類豊富で、どれを選ぶべきか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、ドキュメントスキャナーの選び方と、おすすめ商品を人気ランキング形式でご紹介します。自炊はもちろん、名刺やはがきの整理・レシートを取り込んで家計管理するのにも活躍。「できること」がたくさんありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ドキュメントスキャナーの選び方

ドキュメントスキャナーにはさまざまな機種が存在します。まずはを選ぶ際のポイントをご紹介しますので、参考にしてくださいね。

用途に合わせて解像度を選ぶ

スキャンしたファイルを快適に利用するなら、スキャン品質のチェックは最重要ポイント。ここでは、用途に合わせた解像度をご紹介します。

白黒テキストは600dpi、フルカラー・グレースケールは300dpiを目安に

白黒テキストは600dpi、フルカラー・グレースケールは300dpiを目安に

スキャンの品質は解像度で確認できます。単位は「dpi(dot per inch)」で表示されるのが一般的。種類は、白黒・カラー・グレースケールに分かれます。

解像度は、文字のみの小説や書類などの文書を白黒でスキャンするなら600dpi。白黒画像の読み取りに使われるグレースケールとカラーは300dpiに設定すると、高品質でストレスのない閲覧が可能です。
解像度は商品によっても異なりますのが、最低限上記のスペックを上回る商品を選ぶのがおすすめです。

メールに添付するなら、解像度の設定範囲が広いものを選ぶ

メールに添付するなら、解像度の設定範囲が広いものを選ぶ

出典:amazon.co.jp

高い解像度でスキャンすると品質はよくなりますが、ファイルが重くなります。メールに添付したりWeb上で扱うなら、解像度を落とす必要があります

後日印刷する予定があるなら高解像度でのスキャンが必要ですが、あまり品質にこだわらない場合は、上記でご紹介した解像度の目安の半分程度の品質でも問題ありません。
解像度の設定は「1dpiずつ微調整できる」ものと「範囲が決まっている」ものがあります。設定できる範囲が広いほど用途も広がりますので、上限だけでなく最小サイズもしっかりチェックしておきましょう

スキャンしたいものの「サイズ・紙質」が読み取れる機種を

スキャンしたいものの「サイズ・紙質」が読み取れる機種を

出典:istockphoto.com

原稿の読み取りサイズはA4サイズに対応したものが一般的です。A4以上のサイズは、オプションでキャリアシートを使用するものや、オーバーヘッド型に多いので探してみてください。

また、最近では家計簿にも役立つレシート読み取り対応タイプや、免許証などに対応したプラスチックカード対応タイプも人気。必要に応じて選びましょう。

富士通 PFU ドキュメントスキャナー ScanSnap iX1500 (両面読取/ADF/4.3インチタッチパネル/Wi-Fi対応)

新品価格
¥42,236から
(2020/1/7 10:30時点)

Canon キヤノン ドキュメントスキャナ imageFORMULA DR-C240

新品価格
¥42,383から
(2020/1/7 10:30時点)

Canon ドキュメントスキャナ imageFORMULA DR-P215II

新品価格
¥22,970から
(2020/1/7 10:31時点)

Canon ドキュメントスキャナ imageFORMULA DR-P215II

新品価格
¥22,970から
(2020/1/7 10:31時点)

富士通 スキャナー ScanSnap SV600 (A3/片面)

新品価格
¥45,541から
(2020/1/7 10:32時点)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Google アナリティクスの統計

generated by GADWP 

コメントを残す

*