UA-135459055-1

未分類

釈尊の成仏法  霊性とはじつにそれを知る趨性  Shaka Nyorai’s Buddhahood method: Spirituality and the tendency to know it


釈尊     それからわたしの心は、あらゆる衆生の相に向けられてきた。わたしは超人的な眼力でその相を見た。そこには貴いもの、賤しいもの、美しいも
の、醜いもの、幸福なもの、不幸なものの、それぞれの宿業が渦巻いていた。これが第二の智慧である。

それからわたしは、苦・集・滅・道の四諦(四つの真理)をありのままに知り、わたしの心は、あらゆる存在の相から、全く解放され、ふたたびそれ
に執着することはなくなった。これが第三の智慧である。

釈尊は瞑想によって、自分の前生の、二生、三生、十生、二十生、さらには無
限の生涯の、生き変わり死に変わりしてきた光景を見ているのである。それは自分だけではなく、あらゆる人間の前生と、さらに後有(このっぎの人生)を見て
いるのである。

釈尊はここで、決しておとぎ話や、たとえ話、寓話をのべているのではない。釈尊の成仏法を修行すれば、その真実であることがすぐわかる。その修行によ
り、わたくし白身、人の三、四世代前、そしてつぎの世代における存在までは透視できるようになっているのである。

人間の生命は、多くの人たちが考えているように、決してひとつの生涯だけで終わるものではないのである。ある生涯が終わったら、またひきつづき、つぎの
生命形態に移っていくのである。

多くの人たちはその認識がなく、ひとつの生涯のみで、人の生命は終わるものと思っている。ここに、決定的な、そして致命的な生命観の欠陥があるのであ
る。

霊性とはじつにそれを知る趨性なのだ。

人の依って来たるところを知り、去るところ、往くところを知る能力である。いわゆる来所を知り、往所を知る智慧である。これを得れば、人はおのずから、
なにをなすべきか、なにをなさざるべきかがわかってくる、そこから人間の真の進歩、発展がスタートするのである。それがないから、人間は、霊的に少しも進
歩せず、発展せず、いつまでも低いところを輪廻して、無限にさまよい歩いてい
るのである。いや、それだけではない。その果てに、人間は、自分の住む大切な世界を、自らの手で壊滅させてしまうことになるのであるこの無知を、釈尊は、「無明」(乙忿ごと名づけたのである。

ショウジョケバエの論理

この「無明」という言葉には、二つの意味がある。

まったくの無知と、完全な闇である。

「明」には明知(智慧)と、光明、の二つの意味がある。

 真実を悟る智慧を持たず、真っ暗闇の中を、手さぐりで歩いている状態である。まことに人間はそのとおりではないか。来たるところを知らず、往くところを知らず、ただ現在(現生)あるのみである。その現在を、ひたすら目先の利益追求に狂奔する。その結果、いかなるところに往くのか、いかなる世界に、いかお先真っ暗である。
なる生命形態として存在することになるのか、まったくお先真

「第三の目」は、このお先真つ暗な闇の世界を見通すのである。「第三の目」に問はない。真昼のごとく明らかに見ることができるのである。

 奇妙なことに思われるかもしれないが、わたくしは、釈尊の十生、二十生を見通す力を思うごとに、ショウジョウバエを想い起こすのである。

 ショウジョウバエは、その世代が極端に短い。ふつう、一世代がわずかに約一ヵ月である。だから、何十世代もの変遷を短時間で見ることができる。

 そこで、生物学者や、遺伝学者は、ショウジョウバエを使って、その変化を実験する。ひとつの遺伝子の変化が、何十世代のうちに、どういう結果を生ずるか、目のあたりに知ることができるのである。

 釈尊の叡智もそれである。

 彼のように、何十世代もの人間の移り変わりを如実に見ることのできる力をそなえていれば、ひとつの原因が、どのような経過を経て、どのような結果をもたらしたか、つぶさに知ることができる。彼がじっさいに語っているように、その人間がなんという名前で、いつ、どこに生まれて、どういう人生を送ったか、またその人生を終わって、つぎにまたどういう人生を迎えたか、ある生涯のどんな行為が、つぎの生涯にどんな結果としてあらわれたか、すべての人間にわたって
知ることができる。これがほんとうの叡智なのである。

仏陀の瞑想から輪廻転生瞑想法へ

瞑想のすべてがここに表現されているといってよい。
二十一世紀という時空のへだたりを飛び越えて、読者よ、じつに、瞑想とはかくのごときものなのだ。
ここには瞑想のすべてがある。
この釈尊の体験を、もう少し掘り下げてみょう。

釈尊の瞑想体験には五つの段階がある

ここには、瞑想の深まりとその結果が、じつにあざやかに語られている。
第一の段階
わたしは、
1、つねに一つの目的にむかって精進をつづけることができ、
2、想念が確立してみだれず、
3、からだは安楽で動揺しない。
4、心はいつも定に入って静かである。
-第二の段階
第一禅定から第二、第三、第四禅定までしだいに深まっていって、
1、心に想い浮かぶなにものもなくなり、
2、喜びや楽しみだけとなり、
3、ついにはただ清浄な想いだけにみたされ、
4、一点のけがれもなく、清く明るく、絶対不動となった。

―、自分の前世における光景が展開しはじめる。
2、それは一生だけでなく、二生、三生、十生、二十生、とかぎりなくさか
のぼり、無限の生涯の、生き変わり死に変わりした光景が展開する。
それは生命の根源への遡及であり、第一の智慧の獲得であった。

第四の段階
心の眼はさらに広く深くひろがり、ひとの持つ能力の限界を越えて、過去、現
在、そして未来へと流れていくあらゆるひとびとのすがたが透視される。
それは、存在を規制する宿業の実体の把握であった。
これが第二の智慧の獲得である。

第五の段階
つづいてわたしは、
1、宿業から解説する四つの真理を如実に知り、
2、あらゆる存在からの解脱と超越を完成した。
それは第三の智慧の獲得であり、「解脱の瞑想」であった。
いかがであろうか? すばらしい体験だとあなたは思わないだろうか?・ こ
れが仏陀の瞑想なのである。そうしてだれでも、仏陀の瞑想をすればこういう境
地に達することができるのだ。
だが、そういうと、あなたはいうかもしれない。釈尊のような大天才と、凡人
であるわれわれと、どうしていっしょになるものか、釈尊がそういうすばらしい
体験をしたからといって、それがそのままわれわれに通ずるとはかぎらないの
だ。むしろ、鵜のまねをするガラスで、けっきょく、骨折り損のくたびれもうけ
ということになるのではないか、と。
そうではないのである。
釈尊とおなじ瞑想をすることにより、われわれもまた彼とおなじ結果に到達す
ることが可能なのである。最初の道を切り開くものは天才でなければならぬ。し
かし、すでに天才の開いた道は、だれでも歩むことができるのである。

 

 


Shason, then my heart has been directed to all sentient beings. I saw that phase with superhuman eyes. There are precious things, worthy things, beautiful things
Although ugly, happy, and unhappy, each camp was swirling. This is the second wisdom.

Then I knew the four noble truths (four truths) of suffering, gathering, extinction, and the way as they were, and my heart was completely freed from all aspects of being, and it was again.
I’m no longer obsessed with. This is the third wisdom.

Through his meditation, Shason is his predecessor, second, third, tenth, twenty, and even nothing.
I am seeing the spectacle of life and death that has changed to life. It’s not just about myself, but looking at all human predecessors and even human beings (this life)
He is there.

Shason is by no means telling fairy tales, parables, or parables here. If you practice Shakyamuni’s Buddhahood law, you will soon find out the truth. By that training
It is possible to see through my white meat, three or four generations before human beings, and even the existence in the next generation.

Human life, as many people think, does not end with just one life. After a certain life, continue again, the next
It shifts to the form of life.

Many people are unaware of it and believe that a person’s life will end in just one life. Here is a decisive and deadly flaw in the view of life.
To.

Spirituality is the tendency to know it.

It is the ability to know where people come and go, and where they leave and where they go. It is the wisdom to know the so-called visit and the outbound. If you get this, people will naturally
The true progress and development of human beings starts from the understanding of what to do and what to do. Without it, humans advance a little spiritually
I can’t walk, I can’t develop, I’m wandering around infinitely low places
It is. No, that’s not all. At the end of the day, Shason named this ignorance, which human beings would destroy the precious world in which he lives, with his own hands.

The logic of Bibionidae

The word “avidy” has two meanings.

Total ignorance and complete darkness.
“Ming” has two meanings, Akechi (wisdom) and Komei.
Without wisdom to realize the truth, he was walking in total darkness by groping. Isn’t that true for humans? He doesn’t know where to come, he doesn’t know where to go, he’s just present (present). The present is enthusiastic about pursuing immediate profits. As a result, where he goes, what world he is in, and how dark he is.
Will it exist as a form of life?

The “third eye” sees through this dark world. There is no question about the “third eye”. It can be seen clearly like noon.

It may seem strange, but every time I think of the power to see through the tenth and twenty life of Shason, I remember Drosophila.
The generation of Drosophila is extremely short. Usually, one generation is only about one month. Therefore, you can see the transition of dozens of generations in a short time.
Therefore, biologists and geneticists use Drosophila to experiment with the changes. You can see what the consequences of a single genetic change will be in dozens of generations.
That is also the wisdom of Shaka Nyorai.
If you have the power to see the transition of human beings for dozens of generations like him, you can know in detail what kind of process and what kind of result one cause brought about. it can. As he says, what the name of the person was, when, where he was born, what kind of life he lived, what kind of life he ended, what kind of life he had, what kind of life he had. The consequences of the act in the next life, across all human beings
You can know. This is true wisdom.

From Buddha’s meditation to reincarnation meditation
..
It can be said that all of meditation is expressed here.
Jumping over the space-time stagnation of the 21st century, readers, meditation is really like that.
Here is all about meditation.
Let’s dig a little deeper into this experience of Shaka Nyorai.

Shaka Nyorai’s meditation experience has five stages

Here, the depth of meditation and its consequences are spoken vividly.
First stage
I,
1. You can always continue to devote yourself to one purpose,
2. The idea is not established,
3. The body is comfortable and not upset.
4. My heart is always constant and quiet.
-Second stage
Gradually deepening from the first meditation to the second, third, and fourth meditations,
1. There is nothing that comes to my mind,
2. Only joy and fun
3. Finally, I was only satisfied with my clean feelings,
4. There was no injury, it was clean and bright, and it was absolutely immovable.

―, The scene in my previous life begins to develop.
2. It’s not just a lifetime, but a second life, a third life, a ten life, a twenty life, and so on.
Climbing, an infinite life, a life-changing and deadly scene unfolds.
It was a retrospective to the source of life and the first acquisition of wisdom.

Fourth stage
The eyes of the mind spread wider and deeper, beyond the limits of human ability, past and present
All the people who are present and flow into the future can be seen through.
It was a grasp of the substance of the lodging business that regulates its existence.
This is the acquisition of second wisdom.

Fifth stage
Then I
1. Knowing the four truths explained from the lodging business,
2. Completed liberation and transcendence from all beings.
It was the acquisition of the third wisdom, the “meditation of liberation.”
How is it? Don’t you think it’s a great experience?・ This
This is Buddha’s meditation. Anyone can meditate on the Buddha like this.
You can reach the ground.
But then you might say. A great genius like Shaka Nyorai and an ordinary person
Shaka Nyorai is such a wonderful thing, why we are together with us.
Just because you have an experience doesn’t mean that it goes straight to us
It is. Rather, it is a glass that imitates a cormorant, and it makes me tired of breaking my bones.
I wonder if that will be the case.
That is not the case.
By doing the same meditation as Shaka Nyorai, we also reach the same result as him.
It is possible. The one who opens the first path must be a genius. Shi
However, anyone can walk the path already open to geniuses.

思念の相承と四神足法

 

 

思念の相承と四神足法

 

 いよいよ、釈尊の成仏法の中心の法である、四神足法の解説に入る。これが

「輪廻転生瞑想法」の根幹となる法である。

 

釈尊の成仏法の中でも、最高難度の法である。

 

 いままでの訓練をこなしてきた修行者であれば、なんとか歯が立つのではないかとは思うが、決して容易ではない。いままでの訓練でさえ、むずかしいのに、これ以上の訓練はできるだろうかと、不安に思う方も多いのではないだろうか?

 

霊界の法の世界において、法の完成者タターガタ(如来)が常恒に法を説いている。

「思念による王者の相承」とは、この法身タターガタが、言葉や象徴という媒介なしに、直接相手の心に自分の心を伝達するものである。

 

この場合、心、というのは単なる思念の心ではなく、パワーを主としたものと思うべきである。これによって、相手はたちどころに仏陀として完成するのである。

 

 これは最高であり、理想的なものであること、もちろんである。「王者の」、という所以である。

 

 とのべた。つまり、仏陀となって成仏するためには、この「思念による王者の相承」を受けることが、理想とされているのである。

 

 しかし、これには条件があるのだ。

 

どのような条件か?

 

 わたくしは、つぎのようにのべている。

だが、そういうと、一 (「思念による王者の相承」)は最高理想のものなのであるから、他のなにものも必要ないのではないかといわれるかもしれない。そうではないのである。その最高理想のものを受けるために、tapasは必要なのである。

 

 また、同章で、インドのサヘートーマヘートにおける強烈な霊的バイブレーションについて、つぎのようにものべている。

 

 賢明な読者はすでにお気づきであったろう。これが、チベット密教のいう「思念による王者の相承」であることをI―。思念による王者の相承とは、じつに、霊的バイブレーションによる伝達だったのである。

 

 わたくしは、これによって、解脱に至る四つの階梯のうちの、第三の境地に達したことを自覚したのであるが、これは、間脳開発の練行taPasを成就していなかったら、絶対に得られなかったものである。丙なる受容の態勢がととのって初めて、外よりの王者の相承が発せられるのである。

 

 つまり、仏陀となる、あるいは仏陀の境界に近づくためには、「思念による王者の相承」が必要なのであるが、その王者の相承を受けるためには、間脳開発の練行taPasを成就していることが必須なのである。

 

 わたくしは、この王者の相承を受けて、阿那含の境地に達し、このとき、死ぬまでにかならず仏陀になると強く自覚したが、それはわたくしが、tapasを成就した上で、インドのサヘートーマヘート、ミラクルの池に行ったからこそ、白銀のバイブレーションを受けることができたのである。

 

 したがって、「思念による王者の相承」を受けるためには、tapasを成就していることが、絶対条件なのである。

 

 では、その練行tapasとはなにか?

 

このこそが、四神足法なのである。

 

いい換えれば、四神足法を成就していなければ、仏陀になるために必要な「思念による王者の相承」を受けられないのである。しかしながら、四神足法は、釈尊の成仏法の中でも最高度にむずかしい法である。だれでも容易に修行できる内容ではない。

 釈尊のむずかしい成仏法を修行しなければ、いつまでたっても思念の相承を受けられず、間脳が開かず、霊性開顕が不可能であるならば、いったいどれは

どの人が、霊性開顕をすることができるであろうか?

 

 ごく限られた、わずかなエリートしか、到達することができないであろう。

当然のことながら、釈尊の成仏法を発展させた輪廻転生瞑想法も成就できないことになるのだ。

 

 だが、そうではないのである。

 わたくしは、永年の修行により、この問題点を解決し、だれでも比較的容易

に成仏法の修行を進めていける法を完成することができたからである。

 

 それは、「水晶龍神瞑想法」という法である。

 この瞑想法は単なる瞑想法ではない。

 じつは、この水晶龍神瞑想法は、釈尊の成仏法の真髄である、

「四神足法そのもの」 なのである。

 そして、この水晶龍神瞑想法の最大の特長は、

「瞑想法自体が思念の相承である。」

 ということなのである。

 修行者は、この法にのっとって修行を進めていくことにより、本来であれ

ば、tapasである四神足法を成就しないかぎり、絶対に受けられない思念の相承を、修行をはじめる最初の段階から受けながら、四神足法に必要な、チャクラの開発訓練を進めていくことができるのである。

ことに、クンダリニー・ヨーガでは、最も危険とされる脳内のチャクラの開発を、安全に、おだやかに進めていくことができるのだ。

 

あなたは、この水晶龍神瞑想法(四神足法)を修行することによって、神通力

を得ることができるであろう。

 ただし、この法は、最極秘伝に属する法なので、すべてを筆にすることはでない。

 

Kechimyaku and Iddhipada

 

Finally, we will begin to explain the Iddhipada method, which is the central law of Shaka Nyorai’s Buddhahood method. This is

It is the basis of the “reincarnation meditation method”.

 

It is the most difficult law in Shakyamuni’s Buddhahood law.

 

If you are a practitioner who has done the training so far, I think that you will somehow get a tooth, but it is not easy at all. Even though the training so far is difficult, many people may be worried that more training will be possible.

 

In the world of law in the spirit world, the perfector of law, Tatagata (Nyorai), constantly preaches the law.

“Kechimyaku of the King by Thought” means that this Dharmakaya Tatagata directly conveys one’s heart to the other person’s heart without the mediation of words or symbols.

 

In this case, the mind should be thought of as power, not just a mind of thought. As a result, the opponent is immediately completed as a Buddha.

 

This is the best and ideal, of course. That is why it is “the king”.

 

It was said that. In other words, in order to become a Buddha and become a Buddha, it is ideal to receive this “consensus of the king by thought”.

 

However, there are conditions for this.

 

What are the conditions?

 

I wrote as follows.

However, in that case, it may be said that one (“the consensus of the king by thought”) is the highest ideal, so nothing else is needed. That is not the case. Tapas is necessary to receive the highest ideal.

 

Also, in the same chapter, the intense spiritual vibration in Saheto-Maheto, India is described as follows.

 

The wise reader would have already noticed. I- that this is what Tibetan Buddhism calls “the consensus of the king by thought.” The thoughtful consensus of the king was, in fact, a transmission by spiritual vibration.

 

I realized that I had reached the third of the four steps leading up to liberation, but this would definitely be the case if I had not fulfilled the diencephalon development practice tapas. It was not obtained. Only when the system of acceptance is established will the consensus of the king from the outside be issued.

 

In other words, in order to become a Buddha or approach the boundary of the Buddha, “the consensus of the king by thought” is necessary, but in order to receive the consensus of the king, the diencephalon development practice tapas is achieved. It is essential that you do.

 

With the consent of this king, I reached the border of Ana, and at this time I strongly realized that I would become a Buddha by the time I died, but after fulfilling tapas, I was in Sahe, India. It was because I went to Tohmahet and Miracle Pond that I was able to receive the silver vibration.

 

Therefore, in order to receive the “consensus of the king by thought”, it is an absolute requirement that tapas be fulfilled.

 

Then, what is the training tapas?

 

This is the Iddhipada method.

 

In other words, if you do not fulfill the Iddhipada method, you will not be able to receive the “consideration of the king by thought” necessary to become a Buddha. However, the Iddhipada method is the most difficult method among the Buddhahood methods of Shason. It is not something that anyone can easily practice.

If you do not practice Shaka Nyorai’s difficult Buddhahood method, you will never be able to accept your thoughts, your diencephalon will not open, and spiritual manifestation will not be possible.

Who can do spiritual manifestation?

 

Only a very limited number of elites will be able to reach it.

As a matter of course, the reincarnation meditation method, which is a development of Shaka Nyorai’s Buddhahood method, cannot be achieved.

 

However, that is not the case.

I have solved this problem through many years of training, and it is relatively easy for anyone to do it.

This is because we were able to complete a law that would allow us to practice the Buddhahood law.

 

It is a method called “Crystal Dragon God Meditation Method”.

This meditation method is not just a meditation method.

In fact, this crystal dragon god meditation method is the essence of Shason’s Buddhahood method.

It is “Iddhipada itself”.

And the biggest feature of this crystal dragon god meditation method is

“The meditation method itself is a consensus of thought.”

That is to say.

The practitioner should be able to proceed with the training in accordance with this law.

For example, if you do not fulfill the tapas Iddhipada method, you will receive the consensus of thoughts that you will never receive from the first stage of training, and proceed with the development training of the chakra necessary for the Iddhipada method. Can be done.

In particular, Kundalini Yoga can safely and gently proceed with the development of the most dangerous chakras in the brain.

 

By practicing this crystal dragon god meditation method (Iddhipada method), you have the power of magic.

Will be able to be obtained.

However, since this law belongs to the most secret, it is not possible to write everything.

高度なマルウェア対策をどう考えるか イランの核施設を狙った「Stuxnet」を振り返る

ニュース

高度なマルウェア対策をどう考えるか イランの核施設を狙った「Stuxnet」を振り返る

技術の進歩に伴い、サイバー攻撃も巧妙化してきた。高度化して知的に振る舞うマルウェアに対して、どのような対策を施せばいいのか。2010年代にイランの核施設を狙ったマルウェア「Stuxnet」の例を考える。

 技術の進歩に伴い、サイバー攻撃も巧妙化してきています。2010年代の代表的なマルウェアの一つに「Stuxnet」(スタックスネット)があります。Stuxnetは、米国とイスラエルが共同で、イランの核施設にある遠心分離器を制御するシステムを攻撃する目的で作ったとされるマルウェアで、2010年頃に話題になりました。この極めて高度なマルウェアを使ったコンピュータ・ウイルス計画は「Olympic Games」と呼ばれていたそうです。

イランのナタンズにあるウラン濃縮施設の産業用制御システムはインターネットには接続されていませんでした。セキュリティを高める方法の一つに「エアギャップ」と呼ばれる手法があります。これはインターネットなどのネットワークから物理的に隔離された状態でネットワークを利用することで、外部のネットワークからのサイバー攻撃などから重要な情報を守る効果が期待できます。外部ネットワークとつながっていないシステムや端末に侵入するには、USBメモリなど外部メディアとの物理的な接続が必要になります。ナタンズのウラン濃縮施設でもエアギャップが徹底されていましたが、USBメモリを介して産業用制御システムが感染してしまったのです。

Stuxnetは核施設にどう侵入したか

Stuxnetの主な目的は、施設内でウラン濃縮に利用される遠心分離機のコントロールを奪取し、イランの核実験・核開発を無効化することでした。StuxnetはWindows OSの脆弱性を悪用し、ドイツのSiemens社のシステム制御ソフトの脆弱性を標的とした攻撃をするなど、動作する条件は限定的でしたが、その自律性の高さに特徴がありました。自律性はAIの性質の一つですが、Stuxnetはマルウェアの中でも自律性が飛び抜けており、実質的に高度なAIと呼んでいいといえます。

– PR –

例えば以下のようなものです。

  • USB経由でコンピュータに装着された時点で、コンピュータにゼロデイ脆弱(ぜいじゃく)性(まだ対策が取られていないセキュリティ上の欠陥)がないか自動的にチェックする
  • 感染後、ネットワーク上のコンピュータに、遠心分離機を制御するPLC(プログラマブルロジックコントローラ、産業用の自動制御装置)がないか自動的に探査する
  • 遠心分離機の設定を不正に操作し、回転機器を故障させ、濃縮ウランの産出量を激減させる
  • 管理者と遠心分離機の間で、圧力、回転、振動などのセンサーデータを改ざんして、施設の技術者に異常を知らせないようにする
  • 標的となった装置のセンサーが出す警告信号をとめる指令を出し、管理者が誤作動に気付かないようにする

このように高度な処理手順(アルゴリズム)が実装されているマルウェアも、エアギャップがあれば問題ないように思えますが、実際はUSBメモリを施設内のコンピュータに差すという人的ミスによって簡単にセキュリティを突破されてしまったのです。実際のところ、誰がUSBを差し込んだかは現在もよく分かっていませんが、施設の特徴やセキュリティ上の視点から、内部の人間である可能性が高いといえるでしょう。

前の記事
Apple、Logic Pro XにLive Loopsを追加 サンプラーも大幅機能強化
次の記事
リモートワークで新人教育はどう変わる? オンライン研修をした中小企業の気付きと悩み
– PR –
        次のページへ

 

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

 

– PR –
ページトップに戻る

星まつりに行っました。  I went to the star festival.

阿含の星まつり

2021年2月7日(日)午前9時30分より 京都市山科区北花山(阿含宗総本殿境内地)にて

神仏両界大柴燈護摩供(しんぶつりょうかいだいさいとうごまく)
「阿含の星まつり」は、正式には「火の祭典・阿含の星まつり神仏両界大柴燈護摩供」と呼び、本山(京都市山科区北花山大峰)境内地において厳修される、阿含宗最大の行事です。約40年以上の歴史を持つ、この行事は、参拝者が例年50万人を超え、京都の冬の風物詩として、その名が知られています。
この護摩供は、仏教の総本尊「真正仏舎利尊」および、神界の主神として素佐之男命を奉安し、大導師を務められる桐山管長が長年の修行の中で体得された、「神仏両界の秘法」によって奉修されます。
神界壇・金剛界壇では「宝生護摩」(運気を転換して宝を生み出す)が、仏界壇・胎蔵界壇では「解脱供養護摩」(先祖をご供養して運を開く)がお焚き上げされます。

 

 

 

 

星まつりに、いっていましち。

本年がこのすいていました。

お守りをもらった。

今日の運勢 2月24日 Today’s fortune February 24

恋人
正位置・・・恋愛。女性側からの誘惑で成功した恋愛。無邪気な十代や若者の恋愛関係。セックス。嫉妬。美しさ。情熱。好きで打ち込む趣味。重要な事件の発生による選択の時期。
逆位置・・・よろめき。誘惑。遊びだけの関係。気まぐれ。結婚生活の危機。痴話げんか。道徳心の欠如による危険。ジェラシー。希望に関して重要な道が選べない。
ウェイト解説
正位置・・・魅力。愛。美。克服される試練。
逆位置・・・失敗。愚かな計画。別の意味では、不満のある結婚とあらゆる意味での不一致をあらわす。

 

 

 

四緑木星の日

縁談、商談の来訪者あり。言動をつつしみ話を進めると良い。いつも良い日、皆良い人。こんな心境を養いたい

災難が多く、感情も不安定な日。
何かとトラブルに発展しがちです。
何事も冷静に落ち着いて物事に対処することで運気の衰退は免れます。
ただし良い意味での「破壊」を行うには最適な日です。
借金の精算や不要な物の断捨離を進んで行いましょう。

Four green Jupiter day

There are visitors for marriage and business negotiations. It is good to proceed with the story while saying and acting. Always good days, good people. I want to cultivate such a feeling

A day with many disasters and unstable emotions.
It tends to lead to trouble.
Keeping calm and dealing with things will prevent your luck from declining.
However, it is the best day to do “destruction” in a good way.
Let’s be willing to settle debts and cut off unnecessary things

今日の運勢  2月18日 Today’s fortune February 18

 


正位置・・・大火。噴火。地震。落雷。災難。事故。負傷。発病(火傷、高熱を伴う病)。熱。爆発物。暴力。破壊。消防自動車。闘争。衝突。悲劇。破産。信用の失墜。古い概念をくつがえす。精神の堕落。失望。経営者の交替。
逆位置・・・不当な圧迫。苦悩。投獄。罠にはまる。窮地。誤った告発。愛情面の誤算。熱しやすいがさめやすい態度。ボヤ。ちょっとしたスリルを味わう。
ウェイト解説
正位置・・・悲嘆。困窮。逆境。災難。不名誉。破壊。詐欺。
逆位置・・・意味は弱まるが、正位置と同じ意味。抑圧。投獄。暴政。

 

七赤金星の日

人より協力の依頼を受けたりする日。金運、喜び事あるも調子に乗って酒色に乱れぬよう心すべき日。小利に迷わず自他喜びを共にする心掛けも大切。

自らの宿命の日。
落ち着きがなくなり、物事に集中できない日です。
この日に決断したことや実行したことは、良くも悪くも後々になって大きな影響を与えます。
衝動的な言動は避けて、控えめに慎重に行動することが大切です,

 

Seven Red Venus Day

The day when a request for cooperation is received from a person. Fortune and joy, but it’s a day when you should be careful not to get disturbed by the color of sake. It is also important to try to share the joy of yourself and others without hesitation.

The day of my destiny.
It’s a day when I feel restless and can’t concentrate on things.
What you decide and do on this day will have a big impact later on, for better or for worse.
It is important to avoid impulsive behavior and act sparingly and cautiously.

運命 反復

運命  反復

 

先祖供養は、不幸な運命のもとに悲惨な人生を送った先祖の怨念が、子孫の運命につよい悪影響をあたえるために、それを仏陀の成仏法によって消滅させるのです。

 

脳 脳にチップを埋め込んだサルが「思考」でビデオゲームをプレイすることに成功したとイーロン・マスクが発言


テスラやSpaceXのCEOであるイーロン・マスク氏は、2017年に人間の脳をAIに接続することを目指すスタートアップ「 Neuralink」を立ち上げました。Neuralinkはこれまでに人の脳とAIをつなぐ埋め込みチップ「Link」を 発表していますが、マスクCEOは新たに、「 Clubhouse」というアプリの中で、脳にチップを埋め込んだサルがビデオゲームを「思考」でプレイすることに成功したと話したとのことです。

Elon Musk: Neuralink wires up monkey to play video games using mind
https://www.cnbc.com/2021/02/01/elon-musk-neuralink-wires-up-monkey-to-play-video-games-using-mind.html

Elon Musk claims a monkey’s using Neuralink to ‘play games with his mind’
https://thenextweb.com/neural/2021/02/01/elon-musk-claims-neuralink-created-a-brain-implant-that-a-monkey-is-using-to-play-video-games-with-his-mind/

Clubhouseは招待制の音声チャットアプリで、10日間で200万ユーザーを増加させ、記事作成時点で500万ユーザーが利用していると いわれています。マスク氏は2021年1月31日22時からこのClubhouseを使ってトークショーを行い、その中でNeuralinkに言及しました。

Neuralinkの埋め込みチップについてマスクCEOは「脳につながる小さなワイヤーを持つ、頭蓋骨の中のFitbitのようなもの」だと説明。すでに実験でサルの脳にチップを埋め込み、「思考」でビデオゲームをプレイさせることに成功したと述べました。また、サルを対象とした実験については、アメリカ合衆国農務省(USDA)の監察官に「これまで仕事で目にしてきた中で最も素晴らしいサルの施設」だとコメントされたと付け加えています。

Neuralinkが開発中の埋め込みチップがどのようなものなのかは、以下から確認可能です。

Neuralinkのイーロン・マスクCEOが脳とAIをつなぐ埋め込みチップ「Link」&自動手術ロボ「V2」を発表 – GIGAZINE

Neuralinkは記事作成時点で豚とサルの脳にチップを埋め込むことに成功していますが、人間を対象とした実験はまだ行われていません。一方でマスクCEOは過去に、「人間の脳に埋め込むことでテレパシーが可能になりコミュニケーションが迅速化される」という考えや、「人の死後に思考をロボットに注入する」といった考えについても述べています。加えて、近い将来には脳や脊椎に損傷を負った人がチップを利用することで、思考によりデバイスを制御できるようにしたいとも語りました。

なお、トークショーの翌日となる2月1日付けで、マスクCEOはTwitterで「Neuralinkで働くことを考えてみてください!」と従業員募集の投稿を行っています。

根本的な心の因縁―大根本煩悩  Fundamental Mind Fate-Daine Kleshas

根本的な心の因縁―大根本煩悩

 まず、増阿含経十八、増一阿含経二十四、長阿含経九、十、およびこれらの諸経 を要約した『アビダルマ』本論五等によって、ひとはどんなわるい心の因縁を持つ か、見てみよう。

 

 根本的に、六つのわるい心の因縁がある。これを「六大根本煩悩」という。

 

つぎ  にあげてみよう。

1貪 貪欲

 むさぼり。欲しい、惜しい、という心。

 名利と物質に対してふかい執着を持ち、これをはげしく獲得しようとする心。

「成唯識論」に、

 貪というは万のものをむさぼり、有るが上にもほしき拙き心なり。貪の、力あるへ者)は威を以て取り、無力は他に従って求 、とある。

 

2瞋

 

 なわない対象を憎悪する 自己の心情に違背する事物に対し、憎しみ憤り、心身を平安ならしめない心作用をいう。つまり、欲求不満と危惧に対してはげしい怒りを発する心である。

 「唯識大意]

に、  瞰は、わが心に背く事あれば(それが)善事にても必ず怒る心なり、とある。  。

 

三、無智 愚痴(ぐち

 

  無智のこと。愚昧。もろもろの道理に迷う愚塀の心作用。ものの道理のわか らぬこと。われわれの存在の根底にある根本的な無智。すべての煩悩の生ずる

 根源とされる。

  

境を照らす明なしというところから無明と名づけ、事物の道理を決断する智 なしというところから無智と名づけ、事物の道理を彰了する顕なしというとこ

 ろから無顕とも名づける。

 

四、慢

 

  自分に傲って他を軽蔑する心。

 「唯識大意}に、                  争

  慢というのは、わが身を特んで人を慢り、少しも謙下(へりぐだる)なき心 なり、とある。

 

五、疑

 

  疑い。疑い惑う。

  他人を拷疑し、あるいは道理の前にためらって実行にうつすことができない。 観念的で実行力がない。

 「唯識大意」に、 彫というはヽなにごとにてもその理を思い定めること能わずして、兎角に物

 を疑う心なり、とある。

 

六、悪見

 

ド則緋の・ブブい’ヽ、い、乙.fゝ’、、悪‐mは・戌見を囚執する’~そある。自分の誤った

 

Fundamental Mind Fate-Daine Kleshas

First of all, what kind of bad hearts do people have by referring to “Abhidharma”, which summarizes the eighteen Āgama, the twenty-four Āgama, the nine, ten, and these Āgama? let’s see.

 

Fundamentally, there are six bad hearts. This is called “Six Great Nemoto Kleshas”.

 

Let’s give it to the next.

1 Greedy

Devour. The heart of wanting and regrettable.

A heart that has a strong attachment to goodwill and substances, and is trying to acquire this violently.

In “Theory of Consciousness”

Greedy devoured everything, but it was also a lonely heart. It is said that the greedy, powerful man) takes power, and the powerlessness seeks according to others.

 

2 Dvesha

Shinni

 

This is a mental action that does not make the mind and body peaceful, with hatred and resentment against things that violate one’s feelings that hate the object that he does not. In other words, it is a heart that gives off anger at frustration and anxiety.

“Consciousness-only”

In addition, the view is that if something goes against my heart, I will definitely get angry even if it is good. ..

 

Three, ignorant complaints

 

It is ignorance. stupid. The mental action of a foolish wall that gets lost in various ways. It doesn’t make sense for him. The fundamental ignorance that underlies our existence. All the worldly desires occur

It is considered to be the root.

 

Named “Avidyā” because there is no light that illuminates the border, and “Avidyā” because there is no wisdom to decide the reason of things, and there is no manifestation that commends the reason of things.

It is also called subclinical.

 

Four, pride

 

A heart that mourns oneself and looks down on others.

“Consciousness-only”, Conflict

Pride means to be proud of yourself and to be a heart without any humility.

 

Five, doubt

 

Suspicion. I doubt.

It is not possible to torture others or hesitate to carry it out before reason. It is conceptual and has no ability to execute.

“Consciousness-only” means that carving is something that can be done in a rabbit corner without being able to think of the reason for anything.

There is a feeling of doubt.

 

Six, bad looks

 

Donori Scarlet’s Bubui’ヽ, I, Otsu.ゝ’, Evil-m is-capturing the dog’. My mistake

アゴン

https://agon-tuitachilive.com/