栄養学的

たかが水、されど水 水と人間の関係

Vol.4 たかが水、されど水 水と人間の関係

日本は年間の降水量が世界平均の2倍近くあり、非常に水に恵まれた国といえます。そのため、水は蛇口をひねればいつでも使え、飲料水に困ることもほとんどありません。しかし近年では、国内をはじめ世界各国の天然水を使用した「・・の水」や「・・の名水」といった、いわゆる「ミネラルウォーター」が当たり前のように店頭で販売されるようになりました。
ミネラルウォーターは、1980年代に入り、日本で初めて大々的に発売されたのですが、その後、順調に売上を伸ばし、最近では国民1人当たりのミネラルウォーターの年間消費量は約20リットルと10年前の約3倍以上となっており、特に大都市ではミネラルウォーターの利用が一般的になっています。このような背景には、水道水の塩素の匂いなどの問題とともに、どうせ飲むのであればより健康に良い成分を多く含む水を飲用したい、という願望も少なからずあるようです。
毎日必ず利用するものだからこそ、もう一度考えて見たい「水」。今回のすこやかネットでは、この水についてスポットを当ててみようと思います。

水と人間

赤ちゃん:80% 成人:60% 老人:50%人間は、生まれた時は身体の80%が水分です。トマトの水分量が90%といいますから、いかに赤ちゃんが水分で満たされているのかがよく分かると思います。その後、成人では約60%、高齢者になると約50%まで水分量は落ち込み、高齢者は慢性的な脱水症状といっても過言ではありません。加齢とともに肌にシワやシミ等ができやすくなるのも、このためだと考えられています。

人間の身体は、約60%が水分でできています。そして、人間は毎日一定の水分を補給しなければ生きてはいけず、一般的に、毎日2〜2.5リットルの水が必要だとされています。私たちは、体内の水分の1%が失われただけでも、のどの渇きを覚えてしまうのです。

水が代謝を媒介

水は非常に多くのものを溶かすことができる性質を持つため、人間の体内では水に溶けたさまざまな物質を用いた、「代謝」と呼ばれる生身体化学反応を行われ、生命活動に必要なエネルギーや各種の物質を作り出して、不要になった物質を分解しています。この「代謝」は、水という溶媒の中で行われるとともに、その生身体化学反応の触媒として作用する酵素・タンパク質も、水に囲まれた柔軟な立身体構造を保っているため、その機能を発揮することができます。

また、前述したように人は1日に約2〜2.5リットルの水を必要としていますが、実際には、人が1日の活動を維持するためにはその約10倍の水が必要だといわれています。そのため、ここで生じる差は、腎臓で浄化再生された水が、また体内を循環するという、体内でのリサイクルによって補われているのです。

水で結ばれた生命維持装置

身体の中で水を含まない部分は1つもありません。骨の中にも髪の毛にも水分は含まれます。つまり、身体は水の部屋(細胞、組織)と水の流れる輸送管(血管)で結ばれた生命維持装置で成り立っているということができるでしょう。

具身体的には、水は体内で▽血液となり酸素や栄養分を身体の隅々まで運ぶ▽体液を構成し細胞の働きを助ける▽老廃物を尿に溶かして体外に排出する▽身体温を一定に保つ−などの重要な働きをしているのです。

水と健康の基本情報

1.人の水収支

成人男子が比較的安静にしていたときの水収支は右図のとおりとされています。ここで「体内でつくられる水」とは、タンパク質や炭水化物、脂肪などの代謝によって得られる水を指します。

運動や温熱環境のために発汗量が通常より多いときには、それに見合う水分量の確保が必要となります。

<人体の水分>

(出典:環境省熱中症環境保健マニュアル(2014)より) (Exercise Physiology 第4版, 1996, 53-54より引用、改変)

2.脱水と健康障害

(『水と健康ハンドブック』(武藤芳照ら, 日本医事新報社, 2006)、環境省『熱中症保健指導マニュアル2006』 等から引用し作成)

尿、汗等の喪失量に見合う水分を適量摂取できれば、血漿浸透圧は一定に保たれますが、水分摂取量が不足すると血漿浸透圧が上昇し、のどが渇き、尿が濃縮されます。水分の摂取量不足は、健康障害や重大な事故の大きなリスク要因の一つとなります。

[1]熱中症

発汗によって血液中の水分が減少すると、生体内では細胞外液と内液の移動によって循環機能に支障を来さないような体液を維持するような調整が行われます。しかし、水分補給を行わないと、脱水による血液の濃縮のために循環不全を起こし、酸素や栄養素の運搬あるいは体温調節にも重篤な障害を起こして、熱中症を起こすことがあります。

熱中症とは高温環境下での障害の総称で、重症度により、通常、

  • 熱疲労(血流増大の要求に心臓から送り出す血液量が追いつかなくなった状態。脱力感、倦怠感、めまい、悪心などの症状から始まり時には失神も見られます。)
  • 熱痙攣
  • 熱射病(異常な体温上昇により中枢神経障害を起こした状態。血液が固まらなくなったり、全身の臓器障害を合併したりすることが多く、死亡率も高くなります。)

の3種類に分けられています。

熱中症死亡数の図

熱中症による死亡者数の発生状況は上左図のとおりで、それぞれの年の気象条件によって大きな変動が見られますが、冷夏でもかなりの発生が見られます。

年齢・性別の死亡者数の発生状況は上右図のとおりで、労働現場だけでなく、スポーツ活動や日常生活の中でも死亡者の発生が見られます。

[2]脳梗塞(のうこうそく)

脳梗塞とは、脳血管が閉塞又は狭窄し、脳虚血を来たし、脳組織が酸素、または栄養の不足のため壊死、または壊死に近い状態になる疾患を言います。平成18年の人口動態統計によれば、脳梗塞による死亡者数は78,975人で日本人の死亡原因の中でも多くを占めており、また、後遺症を残して介護が必要となることが多く、福祉の面でも大きな課題を伴う疾患です。

発症時間で最も多いのが夜間から早朝にかけてで、これは、就寝中には水分をとらないために脱水傾向になることと関わっているとされています。また、年間を通じては夏と冬に多く、夏は脱水、冬は体を動かさなくなることが発症と関わっているとされています。

[3]心筋梗塞(しんきんこうそく)

心筋梗塞とは、虚血性心疾患のうちの一つで、冠動脈の血流量が下がり、心筋が虚血状態になり壊死、または壊死に近い状態になる疾患を言います。平成18年の人口動態統計によれば、急性心筋梗塞による死亡者数は45,039人で日本人の死亡原因の中でも多くを占めています。

動脈硬化病変を基盤として脱水状態になった場合には、閉塞性血栓が発生し、心筋梗塞に至る場合があります。

[4]その他

その他、いわゆるエコノミークラス症候群(深部静脈血栓症)等の予防のためにも、水分補給は重要とされています。

3.健康のための水の飲み方

(『水と健康ハンドブック』から引用し作成)

のどの渇きは脱水が始まっている証拠であり、渇きを感じてから水を飲むのではなく、渇きを感じる前に水分を摂ることが大事です。水分が不足しやすい、就寝の前後、スポーツの前後・途中、入浴の前後、飲酒中あるいはその後等に水分を摂ることが重要とされており、枕元に水分をおいて就寝することも重要です。水分の摂取量は多くの方では不足気味であり、平均的には、コップの水をあと2杯飲めば、一日に必要な水の量を概ね確保できます。

その際、砂糖や塩分などの濃度が高いと、吸収までの時間が長くなる点に注意が必要です。また、アルコールや多量のカフェインを含む飲料は、尿の量を増やし体内の水分を排せつしてしまうので、水分補給としては適しません。

なお、腎臓、心臓等の疾患の治療中で、医師に水分の摂取について指示されている場合は、この指示に従う必要があります。

 

 












アルコールと上手に付き合いたい! 「酔い」の種類と飲酒時のTIPS

お酒は人間関係を円滑にするコミュニケーションツールのひとつですが、飲みすぎると体に悪い影響を及ぼすことも。今回は二日酔いを治す方法と、二日酔いになりにくくする対策法をご紹介します。

コミュニケーションの潤滑油といえばお酒

若い世代ではお酒を飲む人が減ったといわれています。それでも酒宴は、古くから親交を深める場として重宝されてきました。結婚などのお祝いの席や何かをやり遂げたとき、その日の疲れを癒やすためにみんなで飲むお酒は格別においしいもの。節度を持って楽しく飲めば、仲間との絆も深まるでしょう。

「適量」のお酒には、ストレスを緩和してリラックスできたり、血行をよくしたりとうれしい効果もあります。飲みすぎには十分注意して、翌日への活力となる飲み方をしたいものですね。

アルコール適量 - 健康管理

お酒の体への影響って?

「酔う」とは、アルコールで脳がまひすること。酔いには段階があり、ほろ酔い→酩酊(めいてい)→泥酔(でいすい)→昏睡(こんすい)と進むにつれ、コントロールが利かなくなります。

人によって異なりますが、楽しく飲めるのはほろ酔い状態まで。ほろ酔い状態のアルコール量は、ちなみに、アルコールが分解されるのに必要な時間は、お酒に強い人でもビール1缶につき数時間かかるといわれます。

当然、個人差があり、人によってはもっと時間がかかることもあります。翌日活動を開始するまでの時間と酒量を計算して、ほろ酔い気分までに抑えるのが楽しく飲むコツです。お酒に弱い人や体調がよくない場合は特に注意してくださいね。

アルコール適量 - 健康管理

知りたい!悪酔いしないためのTIPS

それでは、悪酔いしないためのヒントをいくつかご紹介しましょう。

・食事をしながらゆっくり飲む
胃の中に食べ物があると、アルコールの吸収を遅らせることができます。お酒を飲むときは必ずおつまみなどを食べながら、ゆっくり楽しみましょう。

・水を飲む
血中アルコール濃度を急激に上げないために、水を飲みながらお酒を飲むのもおすすめです。特にアルコール度数の強いお酒を飲むときは、意識して水を飲むようにするか、薄めて飲むようにしましょう。

・飲みすぎない
二日酔いの原因はずばり飲みすぎです。肝臓の処理能力を上回るほど大量に飲まないように、適量を心がけましょう。記憶をなくすまで飲むのはNGです。

 

まとめ

楽しくお酒を飲むなら、ほろ酔い程度に抑えるのが一番です。一気飲みは急激にアルコール血中濃度を上げるので控えること。体質やその日の体調によっても酔いやすさは変わるので、自分の体の調子を見ながら飲みましょう。

 

 

ULBO PLATINUM シトルリン アルギニン 亜鉛 厳選8成分配合 180粒 栄養機能食品

新品価格
¥2,467から
(2019/11/21 09:34時点)


時短と節約で一石二鳥! マスターしたい簡単作り置き

忙しい現代人。毎日の残業や長い通勤時間で身も心も疲れてしまって、つい「食」をおろそかにしていませんか?しかし人間は体が資本。乱れた食生活を続けることで不調を引き起こしてしまう恐れもあります。
「でも朝はできるだけ寝ていたいし、夕食をきちんと作る時間もない……」という人にオススメなのが「作り置き」です。時間がある時や週末などにまとめて作っておけば、いつでも簡単に栄養バランスが整った、身体にやさしい料理を食べることが可能になります。ここでは作り置きの魅力やコツをご紹介。

毎日忙しい現代人

作り置き - 食生活

毎日仕事に追われ、忙(せわ)しない日々を送っている現代人。「健康の源は正しい食生活から」とわかっていながらも、慌ただしい朝は朝食を抜き、オフィスでは毎日コンビニ弁当、という人も少なくないのではないでしょうか?

しかし、今は特に問題なくても、栄養の偏った食事や食生活を続けることで、不調や生活習慣病を引き起こす可能性もゼロではありません。とはいえ、忙しい現代人が多くの野菜や適量の肉や魚、豆類などを取り入れた、栄養バランスのよい食事を毎回作るのは極めて大変なこと。そこでオススメなのが昨今話題を集めている「作り置き」です。

 

「時間もない、お金も貯めたい……」ならつくり置きを活用!

毎回料理する時間がない人に人気の作り置きだが、実はお金を貯めたい人にもピッタリです。例えばスーパーで特売されている食材を買って、無駄なく使い回せば大きな節約に。まとめて購入すれば割引になるスーパーも多く、賢く買い物をすることでお金も貯められます。

毎回料理する時間がない人に人気の作り置きだが、実はお金を貯めたい人にもピッタリです。例えばスーパーで特売されている食材を買って、無駄なく使い回せば大きな節約に。まとめて購入すれば割引になるスーパーも多く、賢く買い物をすることでお金も貯められます。

料理があまり得意でない人は、まずは作り置きするメニューを決め、必要な食材をメモに書きましょう。スーパーで特売されている野菜や肉がメモの内容と同じであれば、迷うことなくそれを購入します。メモと違う食材が特売されていたら、代用できるか都度考え、アイデアを膨らませます。ある程度料理に慣れてきたら、特売されている食材を中心に購入し、後から作る料理を考えられるようになりますよ。

 

続かなければ意味がない!つくり置きを無理なく続けるコツって?

作り置き - 食生活

いつでも身体にやさしい料理を食べられるのが魅力の作り置きですが、料理自体を面倒に思う人も少なくないのでは?
長く続けるには「おいしく感じられる」、「負担が少ないこと」が一番。作り置きレシピには凝った料理もネットで多く公開されているが、自分の好みにあったものを簡単に調理できることが何よりも重要です。

例えば食材を切ってレンジで加熱するだけ、フライパンで炒めるだけ、あるいは食べる時に調味料をかけるだけ、などといったシンプルな調理法もオススメです。また、時間がたっても「風味」や「食感」が損なわれにくい食材は扱いやすく、作り置きの大きな味方になってくれます。続けるうちに、スーパーで買い物をする際「この食材があれば●●が作れる」というアイデアが浮かんでくるようになり、そうなれば「作り置き」が楽しくなること間違いなし!

 

まとめ

忙しい日々の中でも「栄養バランスの整った食事を心がけたい人」や「食費を節約したい人」にピッタリな作り置き。毎日の健康や、ゆとりのあるライフスタイルのためにもぜひ始めてみてはいかがでしょうか?

 

American Holistic College of Nutrition 栄養学 5  Nutrition 5

 

Herbology Lesson

According to Webster, the word inorganic is described as: 1. Not organic; not endowed with, or subjected to, organization; devoid of an organized structure, or the structure of a living being; unorganized; as rocks, minerals and all nonliving chemical compounds and elements are inorganic. 2. Pertaining to or embracing substances or species, as inorganic chemistry; inorganic forces; the inorganic kingdom.

The word organic is described by the same authority as pertaining to an organ or is functions; consisting of organs or containing them; as the organic structure of the human body or of plants.

It will be seen plainly wherein the difference lies, but it is necessary to go a step farther in order to fully grasp the real difference. The end product of combustion, of organic matter particularly, is largely carbon dioxide, and both animal and human metabolism is considered today to be a slow process of oxidation. The human body always contains much more oxygen than any other element. The word oxygen is derived from the Greek meaning “to bring forth.”

The only breathable oxygen produced by nature is from the leaves or lungs of plants and given off to the atmosphere in abundance.

Carbon dioxide does not and cannot Support the life of the human or animal cell, but it is absorbed into the organism of the miant, the carbon being used for structural purposes and the oxygen being breathed out.

The very breath of human life is, herefore, dependent upon the vegetable or

ab kingdom. Holy Scripture says, “The Is thereof is for meat and the leaves for the powerful escharotic poisons known. One I will quickly prove fatal by destroying The organic structure of any tissue it touches, terally eating away tissues of the mouth,

e t © 2002: American Holistic College of Nutrition

healing of the nations,” and modern science verifies that fact.

We know well that the herb can and does assimilate inorganic mineral matter, and that through some mysterious and unknown alchemy convert this inert and lifeless matter into living organic material, which, when presented to the animal or human cell, is hungrily absorbed, sustaining and renewing its life process.

We also know that the life process of the human cell cannot be sustained by any element or compound obtained directly from the inorganic kingdom.

Even oxygen in the air we breathe is diluted with 79.07 percent nitrogen by volume, or 77 percent nitrogen by weight.

If pure oxygen is inhaled for more than a comparatively short length of time, it will destroy the tissues by burning them. If a mouse is placed into a large jar of oxygen, he will frisk about and be excessively active for 20 or 30 minutes, and then drop dead. But the oxygen from plants, used as food and medicine, does not so destroy.

S Here we shall give one or two examples of the effect of organic and inorganic compounds or elements upon the human organism, in order to prove beyond doubt the destructive effect of the one and the beneficial effect of the other.

Oxalic acid does not occur free in nature, but is found in combination with sodium, potassium, calcium, iron, and manganese in the juices of many plants, such as rhubarb, sorrel, oak bark, cinchona, yellow dock, etc.

Oxalic acid is prepared artificially by oxidizing sugar and starch with nitric acid, and in this form is one of the most esophagus, stomach, duodenum, and finally perforating the peritoneum and approximately 30 minutes after swallowing and after great suffering, will result in

C

 

ハーブ学レッスン
ウェブスターによると、無機という言葉は次のように説明されています。組織に恵まれていない、または組織に服していない組織化された構造、または生物の構造がない;未組織;岩、鉱物、およびすべての非生物の化合物と元素は無機であるためです。 2.無機化学としての物質または種に関する、または包含する。無機的な力;無機の王国。
有機という言葉は、器官に関係するのと同じ権威によって説明されるか、機能します。臓器からなるか、それらを含む;人体または植物の有機構造として。
違いがどこにあるのかがはっきりとわかりますが、実際の違いを完全に把握するには、さらに一歩進む必要があります。特に有機物の燃焼の最終生成物は主に二酸化炭素であり、動物と人間の両方の代謝は今日、遅い酸化プロセスであると考えられています。人体は常に他のどの要素よりもはるかに多くの酸素を含んでいます。酸素という言葉は、ギリシャ語の「生み出す」という意味に由来しています。
自然によって生成される唯一の呼吸可能な酸素は、植物の葉または肺からのものであり、大気中に豊富に放出されます。
二酸化炭素は、人間や動物の細胞の生命を支えませんし、支えられませんが、それはミアントの生物に吸収され、炭素は構造目的に使用され、酸素は吐き出されます。
したがって、人間の生命の息吹は、野菜や
アブ王国。聖書は次のように述べています。「それは肉のためのものであり、葉は知られている強力なpoison毒のためのものです。 1つは、触れる組織の有機構造を破壊し、口の組織を食い荒らし、致命的であることをすぐに証明します。
e t©2002:American Holistic College of Nutrition
国家の癒し」と現代科学はその事実を検証します。
私たちは、ハーブが無機ミネラル物質を吸収し、吸収すること、そしていくつかの神秘的で未知の錬金術により、この不活性で生命のない物質を生きた有機物質に変換することをよく知っています。ライフプロセスを更新します。
また、無機細胞界から直接得られた元素や化合物では、ヒト細胞の生命過程を維持できないこともわかっています。
私たちが呼吸する空気中の酸素でさえ、体積で79.07パーセントの窒素、または重量で77パーセントの窒素で希釈されます。
純粋な酸素を比較的短い時間以上吸入すると、組織が燃焼して組織が破壊されます。マウスを酸素の大きな瓶に入れた場合、彼は20から30分間動き回って過度に活発になり、その後死んでしまいます。しかし、食物や薬として使用される植物からの酸素はそれほど破壊しません。
Sここでは、一方の破壊的効果と他方の有益な効果を疑いなく証明するために、有機および無機化合物または要素の人間の生物への効果の1つまたは2つの例を挙げます。
シュウ酸は自然界では遊離していませんが、ルバーブ、スイバ、オークの樹皮、キナ、黄色のドックなど、多くの植物のジュースに含まれるナトリウム、カリウム、カルシウム、鉄、マンガンと組み合わせて発見されます。
シュウ酸は、砂糖と澱粉を硝酸で酸化することにより人工的に調製され、この形態では最も食道、胃、十二指腸の1つであり、最終的に腹膜に穴をあけ、嚥下後約30分で大きな苦痛の結果、
C