UA-135459055-1

ツァラトゥストラと阿含経  Tsaratustra and Aru Sutra

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

 

阿含仏教 超能力の秘密?君の潜在能力をひき出せ!!

新品価格
¥3,204から
(2020/8/7 19:42時点)

ツァラトゥストラと阿含経

 宗教というものが、たんなる聖人君子、あるいは、謹厳実直なマジメ人間をつくり出すだけのものならば、そんな宗教なぞ、なんの魅力もないと思った時期があった。ごく若い頃のことである。

それには、二つのものが原因している。

菊地寛の短篇小説に、極楽に往生れた男の話がある。

あまりにも平穏無事な日がつづく極楽の生活に退屈した男が、先に来ていた男に質問する。

「この生活がいつまでつづくのですか?」

先輩は、男をじっと見て答える。

「いつまでも、だ」

男は、地獄に生まれていたほうがよかったのではないかと、ふと思う、というのである。

 もう一つは、ニーチェの「ツァラトゥストラ」であった。

 当時、十代から二十代にかけての若者達の間に、ニーチェに心酔する者がおびただしかった。私もその中の一人であった。

  ニーチェは、「ツァラトゥストラ」を音楽に見立てることもできるといい、カストにあてた手紙では、音楽のどの種類に入れたものか、おそらく交響楽だろうか、などと書いているというが、この交響楽は二つのテーマから成り立っている。一つは、「超人」であり、

一つは「永劫回帰」である。

 ツァラトゥストラはいっている。

 「わたしはあなたがたに超人を教えよう。人間は克服されなければならない或るものなのだ。

あなたがたは、人間を克服するために、何をしたというのか?」(「ツァラトゥストラの序説」)

 また、ツァラトゥストラは、こういう。

 「超人は、人間という。暗雲”からひらめく。稲妻”と。狂気”である。人間は動物と超人とのあいだに張りわたされた一本の綱なのだ」

 ツァラトゥストラは、さらにいう。

「およそ生あるものはこれまで、おのれを乗り超えて、より高い何ものかを創ってきた。ところがあなたがたは、この大きい潮の引き潮になろうとするのか。人間を乗り超えるより、むしろ獣類に帰ろうとするのか。

 人間にとって猿とは何か。咲笑の種、または苦痛にみちた恥辱である。超人にとって、人間とはまさにそういうものなのだ。

 あなたがたは虫から人間への道をたどってきた。だがあなたがたの内部にはまだ多量の虫がうごめいている。またかつてあなたがたは猿であった。しかも、いまも人間は、どんな猿にくらべてもそれ以上に猿である。

 あなたがたのなかの最も賢い者も、植物と幽霊との継ぎはぎであり、混種であるにすぎぬ。

だが、わたしはあなたがたに幽霊になれ、もしくは植物になれと命じるだろうか?

 聞け、わたしはあなたがたに超人を教える」

 まだ十代の未熟な若者にすぎなかった私には、超人というものがどんなものか、よく理解しがたかったが、ニーチェの説く言葉の一節一節に、私は、果てしない心の高揚を感じた。

 当時、不治の病といわれた結核の病床にあって、苦しみの日々を送っていた私は、ニーチェの説く「力への意志」に、生きる勇気を鼓舞された。日々自殺を考える私に生き抜く希望をあたえてくれたのは、ニーチェたった。ニーチェはこういう。

「苦しみの、大いなる苦しみの規律‐‐-―一三の規律だけが今まで人間の高揚を創造したことを、あなたがたは知っているのか?」

 ニーチェは、苦しみを通じて、大いなる苦しみの規律を通じて何かが創造されることを示唆するのである。苦痛の存在しない状態は、決して理想ではない。人は大いなる苦しみを通じてより高い自己を創造するのだ。

 人間の新たな可能性を志向するこの超人を導く原理は、生と芸術の根源にひそむ「力への意志」であり、それは苦しみを超克することにより創造されてゆく。その果てに、超人がある!

 病み疲れた心身が、超人を想うとき、火のように熱く燃えた。

 

 

 その私か困惑したのは、もう一つのテーマ、「永劫回帰」ewige Wiederkunftであった。

 

 ニーチェはいう。

 「ある目あるいはある夜、ある悪魔があなたのもっとも孤独な孤独のなかに忍び足であなた

のあとをつけて、あなたにつぎのように言うとしたらどうであろうか。

 ………あなたが今生き、そして今まで生きて来たようなこの人生を、あなたはもう一度そして更に無数の回数生きねばならないであろう。そして、それには何一つ新しいものはない。

しかし、すべての苦痛およびすべての歓喜およびすべての思想および嘆息およびあなたの人生のすべての言葉に尽くしがたい小さなことと大きなことは、あなたに帰って来なければならない。しかも、一切は同一の順序および連続において

の砂時計は、くり返しくり返し回転させられるの細かいちりよ!」

そして、木々の間のこの蜘蛛およびこの月光でさえ、そしてこの瞬間およびわたし自身でさえその通りなのだ。存在の永遠そして、それと共なるあなた、ちりの中同一の出来事が、全く同じように永遠にくり返されるというのが、ニーチェの永劫回帰の思想である。

 われわれの人生には、始めもなければ終わりもない。それはただ、永遠に回転するのみである。そして、もしも一切の事物が回帰するとすれば、現在ここで起こっていることは、以前にすでに無数の回数において全くおなじように起こっていたのであり、しかもそれは未来においても果てしなくくり返されるはずである。とすれば、われわれの生存にはなんの意義もなければ目的もないということになるのではなかろうか?

て私か超人を志向するということは、どういうことになるのであろう

 それはかつて過去に無数回、私は超人を志向したということであり、また未来においても

無数回、超人志向をくり返すということなのだろうか。それならそんな無意味なことはもう止めようということになれば、それもまた過去において無数回くり返してきたことなのか。

 とすれば、超人になるということ自体、無意味なことになってしまうのではないか。

 それとも?

 超人になった瞬間、私は永劫回帰の環の中から飛び出して、別な存在になってしまうのか?

 超人と永劫回帰の矛盾をどう解いたらよいのか。病床で必死に考えながら、私の超人志向はますます燃えさかるのだった。

 

 

Afterword

Tsaratustra and Aru Sutra

There was a time when I thought that religion would have no charm if it was just a saint-kuniko or a serious and straightforward human being. That was when I was very young.

There are two things to it.

In Kikuchi Kan’s short story, there is a story of a man who was born in paradise.

A man bored with the life of paradise, in which a peaceful day continues, asks a man who came earlier.

“How long will this life last?”

The senior looks at the man and answers.

“Forever”

The man wondered if he should have been born in hell.

The other was Nietzsche’s “Zara Tustra”.

At that time, among the young people in their teens and twenties, there were a lot of people who fell in love with Nietzsche. I was one of them.

Nietzsche says that it is possible to think of “Zaratustra” as music, and in a letter addressed to the cast, what kind of music was put in it, and perhaps it was symphony. It consists of three themes. One is “superhuman”,

The first is “Permanent Return”.

Tsaratustra is going on.

”I will teach you superhumans. Humans are something that must be overcome.

What did you do to overcome humans? (“Introduction to Zara Tustra”)

Also, Tsaratustra said this.

”The superhuman is called a human being. It is inspired by the dark clouds. Lightning and “insanity”. Humans are a rope stretched between animals and superhumans.”

Tsaratustra further said.

“Abundant things have so far surpassed me to create something higher. But are you trying to be the ebb of this great tide? Rather than overcoming humans, beasts Are you going to return to?

What is a monkey for humans? It is a seed of laughter, or a disgrace of suffering. For superhumans, humans are just that.

You have followed the path from insects to humans. But you still have a lot of bugs in your interior. And once you were monkeys. Moreover, humans are still more monkeys than any monkey.

The wisest of you is only a patchwork of plants and ghosts, a mixed species.

But will I command you to become a ghost or a plant?

Listen, I teach you superhumans.”

As a teenage immature young man, I had a hard time understanding what superhumans were, but I could feel the endless excitement of each passage Nietzsche told. ..

At that time, I was suffering from the illness of tuberculosis, which was said to be an incurable disease. I was inspired by Nietzsche’s “will to power” to inspire me to live. It was Nietzsche who gave me hope to survive as I consider suicide every day. Nietzsche is like this.

“Do you know that only the discipline of suffering, the great suffering —- 13 disciplines ever created human upliftment?”

Nietzsche suggests that through suffering, something is created through the discipline of great suffering. The absence of pain is never ideal. One creates a higher self through great suffering.

The principle that guides this superhuman who aims for new possibilities of human beings is the “will to power” hidden in the roots of life and art, and it is created by overcoming suffering. At the end of it is a superhuman!

The sick and tired mind and body burned hot like a fire when thinking of a superhuman.

What I was confused about was another theme, “Eternal Regression” ewieg Wiederkunft.

Nietzsche says.

”One eye or one night, a devil sneaks into your most lonely loneliness

What if you add the suffix and say to you:

……… You will have to live this life as you lived and lived until now, and again and countless times. And there is nothing new in it.

But all the pain and all the delights and all the thoughts and sighs and all the words of your life, irreplaceable little things and great things must come back to you. Moreover, everything is in the same order and sequence

The hourglass is a fine dust that can be rotated repeatedly! ”

And even this spider and this moonlight among the trees, and even this moment and myself are right. It is Nietzsche’s idea of ​​eternal recursion that the same events in the dust, the eternity of existence, and you, along with it, are repeated forever.

Our life has neither the beginning nor the end. It just spins forever. And if all things return, what’s happening here has already happened exactly the same way countless times before, and it should repeat endlessly in the future. .. If so, wouldn’t it mean that our survival has no meaning or purpose?

What does it mean to be a superhuman?

It means that once in the past, I was a superman-oriented person, and also in the future.

I wonder if it means to repeat the superhuman orientation countless times. Then, if it was decided to stop such meaningless things, would they have been repeated numerous times in the past?

Then, it would be meaningless to become a superhuman.

Or?

Don’t you become a superhuman, will I jump out of the eternal loop and become another person?

How to solve the contradiction between superhuman and eternal regression. While thinking desperately in the hospital bed, my superhuman orientation became more and more inflamed.

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Google アナリティクスの統計

generated by GADWP 

コメントを残す

*