UA-135459055-1

ヨガの基本は呼吸法にあります

ヨガの基本・腹式呼吸のメリット

 
 
 
 
 
 
笑顔 - 健康管理
 

ヨガの基本は呼吸法にあります。

ヨガには得られる効果が異なる呼吸法が複数ありますが、なかでも重要視されているのが腹式呼吸です。腹式呼吸のやり方は、お腹を前に膨らませるように深く息を吸い込んだら、お腹がへこむまで息を吐ききるというもの。ヨガのポーズをとるときは、この腹式呼吸を止めずにおこない続けるのがポイントです。

深い呼吸には、ストレスをやわらげてリラックスできる効果があります。腹式呼吸でたっぷり空気を吸い込んでゆっくり息を吐くと、副交感神経が優位になるためリラックスできるのです。また副交感神経が活発になると、眠りに入りやすくなり、質のよい睡眠をとれるともいわれています。初心者のうちはまず、腹式呼吸の練習を繰り返して、基本の呼吸法をマスターするとよいでしょう。
 

腹式呼吸を効果的にするためには鼻呼吸がカギ

腹式呼吸をするときは、口は使わず鼻から息を吸って吐くことを意識しましょう。なぜ鼻呼吸が大事なのかというと、鼻呼吸は口呼吸に比べて多くの空気を吸い込めるため、よりリラックス効果の高い深い呼吸ができるといわれています。

また、鼻呼吸には自律神経のバランスを整える効果もあります。鼻から息を吸うと体を活性化させる交感神経が、次に鼻から吐くと体と心をリラックスさせる副交感神経が優位になるため、鼻呼吸を繰り返すことで自律神経のバランスが整うのです。

自律神経の乱れはさまざまな体の不調につながります。ヨガをやるときはもちろんですが、普段から鼻呼吸による腹式呼吸を意識的におこなっていれば、体内リズムが整って不調やストレスを感じづらくなるかもしれません。
 

丹田に意識を集中させるのが腹式呼吸マスターのコツ

 
 
 
 
 
 
ヨガ - 健康管理
 

腹式呼吸では、おへそから約5㎝下にある「丹田(たんでん)」に意識を集中させることも大事です。息を吸うときに丹田のあたりを膨らませるようにすると、呼吸をしやすくなります。腹式呼吸がきちんとできるまでは、床に寝て丹田の上あたりに手をおき、お腹が上下に動いているかを意識しながら練習するとよいでしょう。息を吐ききり、体をゆるめた反動で空気が入り込むようにするのがコツです。

腹式呼吸によって体の中心となる丹田が鍛えられると、体の軸をまっすぐに保てるようになり姿勢も良くなります。

お腹周りの筋肉と共にインナーマッスルも鍛えられるので、体のバランスが整い、難しいヨガのポーズもこなせるようになります。丹田付近の筋肉を鍛えるには、歩いているときも座っているときも常に丹田に力を入れるように意識しておくと良いかもしれませんね。

ヨガの基本となる腹式呼吸では、丹田を意識しながら深く鼻呼吸をすることが大切です。リラックス効果のある副交感神経の働きを活性化させるため、特に鼻から息を吐くときにはなるべくゆっくりとおこないましょう。この腹式呼吸をマスターすれば、ヨガがもたらす効果を十分に得られるようになりますよ。
 

ビタミンってなに?

ビタミンってなに?

よく聞く栄養素でありながら、正しい知識を身につけている人が少ないビタミン。その働きや分類など、基礎知識をご紹介します。

大切な体の潤滑油

ビタミンというと、まず“活力”とか“健康”をイメージする方も多いでしょう。実際に、ビタミンの「ビタ」(VITA)は、「生命」とか「活力」を意味する言葉で、生命に不可欠な物質という意味をこめて、名づけられました。
まさに、三大栄養素である脂肪、糖質、たんぱく質などとともに人間が生きていくうえで必要不可欠な栄養素の一つなのです。

体の中でビタミンは三大栄養素の代謝を助ける働きをしており、ミネラルと並んで微量栄養素といわれます。脂肪・糖質・たんぱく質のように、エネルギーになるものではありませんが、それがないと体という“機械”がスムーズに働かない、いわば“潤滑油”のような働きをしているのです。

不足しがちなビタミン

微量でも、その役割は大きいビタミンですから、不足すると病気に結びついてしまうこともあります。例えばビタミンB1が欠乏すると脚気になるということをご存知の方は多いでしょう。 昔は玄米や七分づきの米を食べたので、ビタミンB1の多い外殻の部分もいっしょに食べていました。でもいまは、皆さんおいしい白米を食べるので、精白でビタミンBやミネラルが失われています。
もちろん、精白米を食べたからビタミンB1が不足するというわけではありませんが、この例のように、おいしい食べ物、豊かな食卓は必ずしも十分なビタミン摂取には結びつかないのです。

ほとんどのビタミンはホルモンなどと違って、体の中ではつくれないので、どうしても食べ物など外から摂取しなければなりません。日常の生活の中で、いつもビタミンの補給を考えることがとても大切です。

ビタミンの種類-水溶性ビタミンと脂溶性ビタミン

ビタミンCなどはよく話題にのぼりますが、他にビタミンの種類はどのくらいあるか御存知でしょうか?
実はビタミンには大きく分けて全部で13種類あります。そして、それらは水によく溶けるビタミンB群やCの「水溶性ビタミン」と、水にはほとんど溶けないビタミンA、D、E、Kの「脂溶性ビタミン」に分けられます。

水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンの特徴

水に溶け易い水溶性ビタミンはたとえ大量に摂取してしまっても、体に余分なものは尿と一緒に排泄されてしまうのでとり過ぎによる過剰症の心配はありません。むしろ、水溶性ビタミン保存の仕方や調理によって壊れ易いので、どうしても不足しがちになります。
これに対して脂溶性ビタミンは、Eを除くA、D、Kのいずれも、大量に摂取すると体内に蓄積され、過剰症を起こす恐れがあります。といっても通常食品からとっている量では心配いりません。

水溶性ビタミン ビタミンB群(ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン)、ビタミンC
脂溶性ビタミン ビタミンA、D、E、K

業界初、「ネスレ ウェルネス アンバサダー」の新サービス LINEで無料! 食事写真の自動解析などお客様一人ひとりに応じた健康習慣を提案 - DNA検査・血液検査キットの無料提供も –

ネスレ日本株式会社(本社:神戸市、代表取締役社長兼CEO: 高岡 浩三、以下「ネスレ」)は、コミュニケーションアプリ「LINE」で、食事写真の自動解析などお客様一人ひとりに応じた健康習慣を提案する「ネスレ ウェルネス アンバサダー(※)」の新サービスを5月28日(月)から開始します。特別定期コースにご加入いただいたお客様へはDNA検査・血液検査のキットを無料で提供します。
(※)「ネスレ ウェルネス アンバサダー」についての説明は、次頁の参考資料をご覧ください。

「ネスレ ウェルネス アンバサダー」専用サイト: https://nestle.jp/wellness-ambassador/
■業界初!無料の食事分析や検査に基づいて、ネスレがお客様一人ひとりに応じた健康習慣を提案するサービス
◆「食事分析」:
LINEで食事の写真を送ると自動解析し、瞬時に食事のワンポイントアドバイスと栄養分析を無料でお届けします。お客様は自分の不足しがちな栄養素を知ることができ、「ネスレ ウェルネス アンバサダー」商品の提案を受けます。


◆「DNA検査/血液検査」:
「ネスレ ウェルネス アンバサダー」の特別定期コースにご加入いただいたお客様には、自分のことがさらに良く分かる「DNA検査/血液検査」を無料で提供します。検査結果は検査会社より直接お客様に郵送され、お客様のご希望に応じて管理栄養士からさらに詳細な食生活アドバイスを行います。
  • DNA検査キット: ジェネシスヘルスケア株式会社(https://genesis-healthcare.jp/)のキット「GeneLife Genesis2.0」「GeneLife肥満遺伝子検査」「GeneLife肌老化関連遺伝子検査」「GeneLifeスポーツ関連遺伝子検査」のうち、いずれかを使用。
  • 血液検査キット: ハルメク・ベンチャーズ株式会社(https://dock.ouchide.biz/)のキット「おうちでドック 男性用」「おうちでドック 女性用」のうち、いずれかを使用。

 
 
これ 
健康の調整に いいと思います。

日本エイサー、DisplayHDR 600対応の31.5型4K液晶ディスプレイ

日本エイサーは4月24日、31.5型4K液晶ディスプレイ「ET322QKCbmiipzx」を発表した。4月25日より発売する。店頭予想価格は63,000円前後(税別)。

ピーク輝度が600cd/平方メートルのDisplayHDR 600に対応。明るさの幅が広いため、より自然な色を表現できるようになっている。色域はBT.709カバー率99%で、HDR10もサポート。明るいシーンは自動でより明るくし、暗部の黒は濃いままに調整を行う。RGBとCMYの彩度と色相をそれぞれ調節できる「6軸カラー調節機能」を搭載している。

ディスプレイは解像度3,840×2,160ドットの非光沢(ノングレア)で、VA液晶パネルを採用。2画面表示機能として、ピクチャーインピクチャーとピクチャーバイピクチャーに対応する。ほか、4段階でブルーライトを調節する機能と、フリッカーレス・テクノロジーを搭載。

そのほか主な仕様は、視野角が水平垂直とも178度、輝度が400cd/平方メートル(ピーク時600cd/平方メートル)、コントラスト比が3,000:1(最大100,000,000:1)、応答速度が4ms(GTG)。USB 3.0×4基のハブポートを備える。

映像入力インタフェースはHDMI 2.0×2、DisplayPort 1.2×1。2W+2Wのスピーカーを内蔵し、スタンドのチルト角度は上11.5度~下3.5度。VESAマウントは100mmに対応。本体サイズはW729.7×D237.5×H529.4mm、重さは7kg(スタンドあり)。

コレステロール

よく耳にするけれど、その実態は意外と知られていないコレステロール。善玉は体に良くて、悪玉は体に悪いもの?中年男性だけの問題じゃないの?など、実は疑問がいっぱいという人も多いのではないでしょうか。


 

実は女性にも関係あるってホント?コレステロールって何者!?

コレステロールと聞くと、メタボな中年男性のお悩み…と思い込んでいませんか? コレステロールは、動物や人間の体にある脂質のひとつ。男性、女性に関わらずどちらにも関係あるものなんです。さらに重要なことは、体の中で悪さをする印象がありますが、コレステロール自体は細胞膜やホルモン、胆汁酸をつくるもと。とても大切な役割を担っているんです。

コレステロールでつくられるものの1つ、細胞膜とは、細胞を守る役割を果たすもの。 人間の細胞は毎日約1兆個近くの細胞が生まれ変わっています。たくさんの細胞があるということは、細胞膜の働きも大切だということ。また、コレステロールは、ビタミンDやホルモンの材料にもなっています。 私たちが健康でいられるのもコレステロールのおかげなんですね。

しかし、一方でその悪影響にも注意しなければなりません。
コレステロールは、血液中で多くなり過ぎたり、不足した状態になったりすると動脈硬化などの原因となります。動脈硬化は、心筋梗塞や脳梗塞などの発症に強い関わりがあるだけに、放ってはおけない問題ですね。
 

コレステロールが体に作用するメカニズムとは?

 
 
 
 
 
 
コレステロールのイメージ
 

コレステロールは脂質なので、血液に溶けません。このため、体内を循環するときは「リポタンパク質」という形で体内を移動しています。このとき、肝臓でつくられたコレステロールを体の各組織に運ぶ役割を持つものを「LDLコレステロール」、余分なコレステロールを体の各組織から肝臓に回収する役割を持つものを「HDLコレステロール」と呼びます。

いずれも体にとって欠かせない働きをするのですが、LDLコレステロールが多く、HDLコレステロールが少ないと、血液内にコレステロールが溜まってしまい、動脈硬化が進みやすくなります。逆にLDLコレステロールが少なくHDLコレステロールが多いほど動脈硬化の進行が抑えられます。このことから、LDLコレステロールは「悪玉コレステロール」、HDLコレステロールは「善玉コレステロール」と呼ばれています。

「悪玉コレステロール」が増えすぎないよう、バランスには注意しましょう!
 

コレステロールが気になる方へのおすすめレシピ

コレステロールが気になる方は、普段の食事から見直してみましょう。善玉HDLコレステロールを増やす働きのある青魚を使った料理を積極的に食べるのがおすすめです。また、悪玉LDLコレステロールを増やす飽和脂肪酸の摂り過ぎに気を付けることも大切。