UA-135459055-1

PC

多彩なパワーで美容と健康に貢献 ビタミンの代表格・ビタミンC

 

多彩なパワーで美容と健康に貢献 ビタミンの代表格・ビタミンC

ビタミンの中で最も知名度が高く、その代表格として今も昔も注目を浴びている『ビタミンC』−。その多彩な働きは美容・健康の維持をはじめ、古くは壊血病の予防に、最近では免疫力増強、抗ストレス作用、抗酸化作用、抗ガン作用等があるとされ、また不足するとさまざまな弊害をもたらすものとして世界レベルで幅広い研究活動が今日もつづけられているのは周知の事実。そこでビタミンCの多彩な働きについてピックアップしました。

いつ、どのように発見されたか

1919年、イギリスのドラモンド博士はオレンジ果汁から発見した壊血病予防因子を水溶性C因子と命名し、のちにこれをビタミンCと呼ぶことを提唱しました。
ハンガリーのジエルジー博士は牛の副腎皮質に強力な還元作用を持つ物質を発見し、ヘキスロン酸と命名しましたが、1932年にこれが壊血病予防因子のビタミンCであることを証明しました。ジエルジー博士はビタミンCの発見等の功績で、のちにノーベル生理学・医学賞を受賞しています。
アメリカのキング博士らは1932年にレモン果汁からビタミンCの結晶の分離に成功しました。また翌年にはイギリスのハワース博士らによってビタミンCの化学構造が明らかにされました。

ビタミンC100mgを食品で摂ると…


  • ブロッコリー
    6〜7枝
    (約70mg)

  • イチゴ
    大粒4個
    (約130mg)

  • レモン
    1個弱
    (約120mg)

  • ピーマン
    約3個
    (約130mg)

  • キウイフルーツ
    小1個
    (約135mg)

  • ほうれん草
    4分の3束
    (約150mg)

  • キャべツ
    中玉2分の1玉
    (約230mg)

  • みかん
    小4個
    (約300mg)

  • じゃがいも
    中3個程度
    (約450mg)

  • トマト
    中玉3個
    (約550mg)
年齢(歳) ビタミンC
1日所要量(mg) 許容上限摂取量
0〜(月) 40
6〜(月) 40
1〜2 45
3〜5 50
6〜8 60
9〜11 70
12〜14 80
15〜17 90
18〜29 100
30〜49 100
50〜69 100
70以上 100
妊婦 +10
授乳婦 +40

第6次改定『日本人の栄養所要量』より


ビタミンCの主な生理活性

コラーゲンの生成に不可欠

コラーゲンの生成にビタミンCが関与人間の体は細胞からできていますが、その細胞と細胞を結びつけているのが結合組織です。結合組織の中心はコラーゲンという繊維状のタンパク質で、これは網目状に張り巡らされています。このコラーゲンというタンパク質の量は、人間の体のタンパク質の3分の1ほどもあり、血管や各種の器官、筋肉や皮膚、骨、歯を作っています。このコラーゲンの生成にビタミンCが一役買っているのです。
コラーゲンが緻密につくられると結合組織がしっかりとしてきます。ビタミンCの摂取を多くしてコラーゲンが良好にできれば、皮膚や粘膜も強くなり、傷痕や手術の治りもよくなります。肌もコラーゲンによってプリプリのハリのある肌を保つことができます。さらにコラーゲンは骨の維持・発育にも関与しています。
またコラーゲンが緻密につくられることで、粘膜組織もしっかりとしてくるので、かぜなどのウイルス侵入のガードが固くなります。
ビタミンCが欠乏した状態がつづくと、壊血病のように毛細血管の結合組織が弱くなったりします。壊血病になると、ところかまわず、血管から出血するようになり、その上、ひどい疲労感に襲われたり、たやすく病気に感染するようになります。
つまりビタミンC不足は
「コラーゲン生成の不完全→細胞の結合が弱まる→出血などを誘発する」

という図式になります。
ビタミンCが不足すると、壊血病にならないまでも、肌のハリが失われ、かぜをひきやすく、さまざまな病気に侵されやすい体になるのです。

壊血病とは

壊血病は古代エジプトのパピルスにも記録が残っているほど、長い間、人類を悩ませてきた病気です。中世ヨーロッパにおいても恐れられていたようで、特にコロンブスやマゼランのように大航海時代の海の男たちには非常に恐れられ、世界一周を果たしたマゼランの500人ほどの部下の中でも、生きて故郷の土を踏んだのはわずかに18人で、大半は壊血病により死亡したともいわれています。

コラーゲンの生成に不可欠

ビタミンCが、かぜによいもう1つの理由は免疫力の強化です。ウイルスを迎え撃つ免疫活動の主力メンバーである白血球の働きを強化したり、自らもウイルスに攻撃を仕掛けるなどして体を守ります。免疫力が高まれば、かぜをひきにくく、回復も早まります。これまでの研究結果から、かぜをひきやすい人を調べてみると、血液中のビタミンC濃度が低かったり、かぜなどの感染症にかかっている時にも血液中のビタミンCの濃度が下がり、回復してくるとビタミンCの量が元に戻ってくることもわかっています。
かぜの予防にはビタミンAとの併用、かぜのひきはじめから治りかけにはビタミンB群の併用もそれぞれ効果的とされています。

 












EPSON MOVERIO BT-40  エプソン、フルHD映像を楽しめるスマートグラス

EPSONMOVERIO BT-40

 

エプソンは、メガネのようにかけるだけでフルHD映像を大画面で楽しめる、両眼シースルータイプのスマートグラス「MOVERIO BT-40S」を3月下旬より順次発売する。価格はオープンプライス。エプソンダイレクトショップでの販売価格は、Android搭載コントローラー付きの「BT-40S」が115,500円、ヘッドセット単体モデルalt

  • MOVERIO BT-40S

ヘッドセット部に、独自の0.45型シリコンOLED(有機EL)ディスプレイを採用。解像度はフルHD/1,920×1,080ドットで、2.5m先に60型相当の画面があるように見え、最大サイズは120型相当(5m時)。両眼シースルーで映像を楽しみながら周りの状況を視認でき、たとえば映像コンテンツを視聴中、お菓子や飲み物など周りのものを手に取るためにヘッドセットを外すことなく鑑賞できるとする。映像入力は1080p(60Hz)とHDCPをサポート。重さは約95g(シェード、ケーブルなどを除く)。IPX2の生活防水に対応している。

また、ヘッドセット単体モデルのBT-40は、USB Type-CのDisplayPort Alternate Mode(DP Alt Mode)をサポートしており、対応するAndroidスマートフォンと接続して、映像と電源をスマホ側から供給しながら、スマホ画面を大画面で楽しめるとする。

  • alt

    利用イメージ

BT-40Sに付属するコントローラーは、約3型/480×854ドットのIPS液晶パネル(タッチ操作対応)と、OSにAndroid 9.0を搭載。新たにGoogle Play ストア内のアプリが利用可能になり、さまざまな動画配信サービスやネット動画をBT-40Sで視聴できるとする。無線LAN機能は、IEEE 802.11a/b/g/n/ac準拠でデュアルバンド対応。

コントローラーはBluetooth 5.0に対応しており、キーボードやマウス、イヤホン、スピーカー、忘れ物防止タグなどを接続できる。コントローラの画面をヘッドセットにそのまま表示するミラーモードのほか、タッチパネルをトラックパッドとして使うトラックパッドモードが利用できる。1,300万画素のカメラ(AF/フラッシュ装備)や、マイク、スピーカー、ミニジャックも備えている。

  • alt

    BT-40Sに付属するAndroid搭載コントローラー

プロセッサはクアルコム「Snapdragon XR1」で、メモリは4GB。64GBのストレージも内蔵する。microSDカードスロットを備え、最大2TBのmicroSDXCカードに保存した映像や写真も再生できる。内蔵バッテリーで動作可能。ヘッドセット接続用と電源用のUSB-C端子を各1基搭載し、コントローラーを充電しながらヘッドセット部で映像を楽しめる。コントローラー部の本体サイズと重さは110×55×23mm(縦×横×厚さ)/約180g。

なお、コントローラーは別売オプション「BO-IC400」(64,900円、4月発売予定)として単体で用意するほか、既存製品「BT-30E/35E」のコントローラーとして組み合わせて使用することで、遠隔作業支援用途としても使えるという。

BT-40 エプソン スマートグラス MOVERIO (モベリオ)

価格:64,900円
(2021/3/22 09:29時点)
感想(0件)

エプソン MOVERIO スマートグラス 有機ELパネル FullHD BT-40 コントローラーなしモデル

新品価格
¥65,218から
(2021/3/22 09:30時点)

今日の運勢

 

二黒土星の日

仕事の事、旅行の事、病人の事、などが出やすい日。こみいった事が多い。いそがしい割に成果は少ない。 短慮は禁物。いやな仕事も進んで引き受ける位の気持ちが大切

 

 

apple  登場は4月になる?次期iPad Proに大強化のウワサ

Image: Chikena/Shutterstock.com

気長に待ちましょう。

いよいよリリースが近いかと思われていた次期iPad Proですが、ここで新情報、どうやらThunderboltポートやミニLEDディスプレイを搭載するらしいのですが、登場は4月以降になるかも、とのこと。

Bloombergの報道によると、次期iPad Proでは11インチ/12.9インチモデルが存在し、そのデザインは現行モデルのiPad Proと変わらず。またプロセッサには新型の「A14X」が搭載されるとしています。このA14XはMac向けの「M1チップ」と同等の性能とのことで、大幅なパフォーマンスアップが期待ができそうです。

ディスプレイにはバックライトにLEDを採用したミニLED方式が「少なくとも12.9インチモデルには」採用されるとのこと。またThunderboltコネクタを採用することで、外部モニターや外付けドライブ、周辺機器との対応が広がります。現行モデルのiPad ProはUSB-Cポートなので、この点も気になる変更です。そうそう、カメラ性能も向上するそうですよ。

これまで、3月中(あるいは3月23日のイベント)で発表されると予測されていた次期iPad Pro。しかし記事執筆時点(3月18日)でもイベントの招待状がメディア等に送られていないことから、23日のイベントの可能性は低そうです。もしかすると、4月にプレスリリースなどでそっとリリースされるのかもしれませんね。

 

今日の運勢

 

五黄土星の日

小さな自我は破れやすい。絶望的な思いの人の来訪を受けたりする。名利を離れ天を相手にの心境を養え