UA-135459055-1

apple  Wi-FiモデルかCellular付きモデルか?64GBか256GBか?「iPad mini」シリーズの価格と選び方のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

えめな点も人気の理由のひとつ。しかし一見同じに思えるiPad miniでも、機能等の違いにより価格が変わります。初めてiPadシリーズの購入を検討している方にとってはどうも複雑で、疑問点が多いのではないでしょうか。今回の記事では、iPad miniの価格や、購入時のポイントなどをご説明していきます。【参考】iPad mini(Apple)

違いを教えて! iPad miniの価格を解説

iPad miniに限らず、iPadシリーズは全てストレージ容量の違いと、携帯電話ネットワーク(キャリアの電波)を利用できるかどうかで価格が変わってきます。ストレージ容量が小さいほど価格は抑えられますが、あとあと容量不足にならないよう、自分に必要な容量のモデルを選びましょう。

また、「Wi-Fi+Cellularモデル」か「Wi-Fiモデル」のどちらを選ぶかもポイント。前者はインターネット接続する際に、Wi-Fiに加えて契約したキャリアのネットワークも利用できるため、外出先でもiPad miniを使いやすいです。一方後者のWi-Fiモデルは、インターネット接続に使えるのは原則Wi-Fiのみ。そのぶん定価は安くなります。

ストレージ容量と、Wi-FiモデルかWi-Fi+Cellularモデルのどちらを選ぶか、予算に合わせて検討しましょう。

【参考】Wi-FiモデルとCellularモデルの違いは?使いやすいのはどっち?失敗しない「iPad Pro」の選び方

iPad miniのインチ数は1種類だけ

iPad miniのディスプレイサイズは、7.9インチの1種類だけ。これがiPadシリーズ最小のディスイプレイサイズです。もっと大きいサイズが欲しいなら、いわゆる無印iPadや、iPad Pro、iPad Airを検討しましょう。

第5世代iPad miniの価格はいくら?

それでは、最新の第5世代iPad miniの価格を見ていきましょう。容量やモデルによる価格の違いを説明していきます。

価格差は1万7000円!それでも256GBモデルを選びたい第5世代iPad mini

第5世代iPad miniのストレージは、64GBと256GBの2種類。Apple Storeでの価格は、64GBはWi-Fiモデルが4万5800円(税別)、Wi-Fi+Cellularモデルが6万800円(税別)です。256GBはWi-Fiモデルが6万2800円(税別)、Wi-Fi+Cellularモデルが7万7800円(税別)。

Wi-FiモデルもWi-Fi+Cellularモデルも、64GBと256GBの価格差は1万7000円です。64GBモデルのほうが低価格ですが、写真や動画、各種コンテンツをどんどん保存していくと、あっという間に容量がいっぱいになってしまいます。その点、容量が4倍の256GBモデルなら余裕たっぷり。iPad miniは、メモリカードなどでストレージ容量を追加できないため、動画やアプリなどをたくさん保存したい人は、256GBモデルの購入をおすすめします。

【参考】iPad miniを購入(Apple)

第5世代iPad mini Wi-Fi 256GBモデルの価格

キャリアのネットワークを利用しない場合は、Wi-Fiモデルを選びましょう。

256GBモデルは6万2800円、64GBモデルは4万5800円です。

第5世代iPad mini Wi-Fi+Cellular 256GBモデルの価格

キャリアのネットワークを利用する場合は、Wi-Fi+Cellularモデルを選ぶことになります。

256GBモデルは7万7800円で、64GBモデルなら6万800円です。

【参考】4万円台からの「iPad mini」は「iPhone XS」を買うよりも実はお得?

第5世代iPad miniを安い価格で手に入れたいなら、やっぱり中古がいい?

新品に越したことはありませんが、やはり予算が……という人もいるでしょう。できるだけ安く手に入れたいなら、中古品を選ぶ方法もあります。また、認定整備済製品という選択肢も。

認定整備済製品とは、初期不良などで返品された製品をAppleがしっかり整備して再販売するものです。製品保証も付いて最大15%引きの価格で買えるので、新品に近い製品を安く買いたい方におすすめです。

【参考】認定整備済製品(Apple)

リーズナブルな価格で保証付き!「iPad mini」をお得に購入したい人におすすめの整備品の選び方https://dime.jp/genre/1006438/

中古iPad miniの新品との価格差

最新の第5世代iPad miniでも、リリースが2019年のため中古市場に製品が多く出回っているようです。とはいえ、Apple製品はリセール価値が高く、中古価格もそれほど安くはなりません。第5世代iPad miniの場合、製品の状態にもよりますが、新品より5000円~1万円ほど安い価格で販売されているものが多いようです。

Amazonや量販店でのiPad miniの価格はどうなの?

Amazonなどのインターネットショップや家電量販店でも、Apple Storeとそれほど変わらない価格で販売されていることが多いです。ただしAmazonや家電量販店で購入すると各ショップのポイントが付くため、その点も考慮して値段を比較検討すると良いでしょう。

大手キャリア(ドコモ/au/ソフトバンク)のiPad miniの価格

ドコモ/au/ソフトバンクといった大手キャリアでのiPad mini販売価格も、Apple Storeや家電量販店と大きくは変わりません。ただし、様々な割引と組み合わせて、実質の支払価格は下げられることがあります。Wi-Fi+Cellularモデルなら、通信料も考慮して検討しましょう

第5世代iPad miniを手に入れたら欲しくなるアクセサリー

便利なiPad miniをさらに快適に使いこなすためには、アクセサリーの存在も重要。そこで、iPad miniの魅力をアップさせるアクセサリーを紹介しましょう。

第5世代iPad miniをしっかり保護するケース

「STM Dux Plus Duo Case for iPad mini(第4世代、第5世代)」は、カバーと透明なバックパネルによって、本体全面をしっかり保護してくれます。

カバーはマグネット式で、開け閉めによってiPad miniをオン/オフできます。なくしやすいApple PencilやLogicool Crayonを収納できるホルダーもついているのも嬉しいポイント。

【参考】Apple公式オンラインストア

防水ケースを使えばiPad miniをより安心して使える

サンワサプライ「耐衝撃防水ケース(iPad mini 2019)PDA-IPAD1416」は、水やホコリからiPad miniをしっかり守ってくれるIP68準拠の防水・防塵ケースです。

ケースに入れたまま画面操作が可能で、各種ボタン操作にも対応。水に濡れない場所では、ケースをつけたままLightningコネクタやイヤホンも使えます。

【参考】サンワサプライ公式サイト製品詳細ページ

第5世代iPad miniでもキーボードを使いたいならコレ!

iPad ProやiPad Air、無印iPadには、純正のキーボードケースが用意されていますが、残念ながらiPad mini向けはありません。そこでiPad miniでキーボードを使いたい人には、サードパーティー製のLogicool「Keys-To-Go」をおすすめします。

厚さ約6mm、重量180gと超薄型・超軽量で、iPad miniと一緒に持ち運ぶのも楽ちんです。

【参考】Logicool公式サイト製品詳細ページ

やっぱりApple Pencilは外せない! 第5世代iPad miniでも使えます

Apple Pencilを使った手書き入力は、iPadの魅力のひとつです。iPad miniには、Apple Pencil(第1世代)が対応。

傾きと圧力を感知するセンサーにより、抜群の書き心地を誇ります。片手でも持てるiPad miniだからこそ、Apple Pencilを使った手書き入力が活躍すること間違いなしです。

【参考】Apple公式オンラインストア

ストレージ容量と携帯電話ネットワーク利用の有無で、大きく価格が違ってくるiPad mini。どんな構成を選ぶかは、予算によっても変わってきます。本記事の内容を参考に、しっかり価格を把握して、自分に合うiPad miniを選んでください。

※データは2021年1月上旬時点での編集部調べ。 ※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。

29,800円 ASUS Laptop 11.6インチ耐衝撃・防滴キーボードPC (Win10Pro/Celeron/3年保証) W202NA-JPKYB

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Google アナリティクスの統計

generated by GADWP 

コメントを残す

*