UA-135459055-1

メモリ  おすすめ パソコン PCメモリのおすすめ人気ランキング10選【規格を確認して選ぼう】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おすすめのPCメモリの選び方

それではまず、PCメモリの選び方のポイントをご紹介していきます。重要なポイントを押さえておけば、パソコンに合わないメモリを買って失敗することも無いので、きちんと確認してくださいね。

CORSAIR DDR4 デスクトップPC用 メモリモジュール VENGEANCE LPX Series 16GB×2枚キット CMK32GX4M2A2666C16

新品価格
¥14,202から
(2020/1/8 19:17時点)

メモリ規格は必ず確認!

メモリ規格は必ず確認!

PCメモリを選ぶ際に、まずはお手持ちのパソコンとメモリの互換性をチェックしましょう。パソコンの説明書などを見てみると、そのパソコンに合うメモリの規格が書いてあると思います。ちなみに、メモリ規格には、新しい順に「DDR4」「DDR3」「DDR2」「DDR」の4種類があります。しかしDDR2とDDRは古いタイプで、合うパソコンもほとんどありません。つまり、DDR4かDDR3のどちらかが合うと考えた方が良いでしょう。

ただし、メモリ規格は、DDR3が売っていないからDDR4で代用する、といった利用方法ができません。必ず、そのパソコンに合った規格の製品を選んでくださいね。説明書などを見てもわからない場合は、メモリを増設したいパソコンに現在使われているメモリ規格と番号をチェックしてみるのがおすすめです。

シリコンパワー ノートPC用メモリ DDR3 1600 PC3-12800 8GB×2枚 204Pin Mac 対応 永久保証 SP016GBSTU160N22

新品価格
¥6,780から
(2020/1/8 19:18時点)

インターフェイスはどれが合う?

インターフェイスはどれが合う?

出典:amazon.co.jp

規格と同様にチェックしておきたいのがインターフェイス(形状)です。デスクトップパソコンとノートパソコンでは、メモリのインターフェイスが違います。デスクトップパソコンは「DIMM」がほとんどですが、ノートパソコンの多くはDIMMよりも小さい「S.O.DIMM」と呼ばれるインターフェイスです。しかし、中にはデスクトップパソコンでもS.O.DIMMを使っているタイプもありますので、購入前によく確認しておきましょう。DIMMは、S.O.DIMMと比べると細長い形状になっています。

必要な容量を知っておこう

どのくらい容量を増やしたいか、というのも、メモリを選ぶポイントになってきます。多ければ多いほど不便は少なくて済みますが、メモリの価格は高めなので、用途に合った分より少し多めに見積もって増やすのがおすすめですよ。

ビジネス用、簡単な作業だけなら【4GB】

ビジネス用、簡単な作業だけなら【4GB】

4GBのメモリは、Word・Excel・パワーポイント・インターネット閲覧などのビジネス用、日常の軽い作業用として使うパソコンに多い容量です。また、低価格のノートパソコンに多い容量でもあります。したがって、あまり容量を増やすことはできないと思っておいた方が良さそうです。

今まで使っていたメモリが壊れてしまったので、新しいものに交換するという方や、お財布に大きな負担がかからない範囲内で容量を増やしたい、という方におすすめですよ。

画像や動画の編集をするなら【8GB】

画像や動画の編集をするなら【8GB】

もう少し容量を増やしたい方や、パソコンの動きが遅くなってきたと感じたら、8GBのメモリを増設するのがおすすめ。画像や動画の編集・製図ソフト・軽めのゲームなど、やや負荷が大きいソフトの作業用としてパソコンを使っている方は、8GBのメモリを使用している事が多いようですよ。

ちなみに、一般的なノートパソコンの容量が8GBです。負荷の大きなソフトを使っている、使う予定のない限りは、8GBで十分でしょう。なお、負荷の少ないゲームなら問題なく使えますが、最新のオンラインゲームを楽しみたい方は、足りない可能性がありますので、注意してくださいね。

オンラインゲームやマルチタスクでパソコンを使うなら【16GB】

オンラインゲームやマルチタスクでパソコンを使うなら【16GB】

自作パソコンのメモリが欲しい方や、オンラインゲーム、プロレベルの動画編集などを行う方がメモリを増設するならこの容量がおすすめです。特に、2016年以降に発表されたオンラインゲームは、容量が大きく負荷も大きいので、16GB以上にしておいたほうが安心です。

また、マルチタスクでパソコンを利用する方や、発信者として動画配信サイトなどを利用する方も、容量が多いほど作業が楽になりますので、なるべく容量の良いものを選びましょう。

デュアルチャンネルを利用するか

デュアルチャンネルを利用するか

出典:amazon.co.jp

メモリの容量を決めたら、次は2枚1組セットがあるかどうかを決めてください。例えば16GBのメモリが欲しい場合、8GBのメモリ2枚組セットで16GB増やすか、16GBのメモリ1枚を設置して容量を増やすか、さまざまな選び方ができます。

これは、「デュアルチャンネル」にも関係します。デュアルチャンネルとは、同じ規格・同じ容量のメモリ2枚1組をセットすることで、データ処理のスピードアップをしてくれる技術のこと。手持ちのパソコンがこの技術に対応していることが前提ですが、デュアルチャンネルを利用して処理のスピードを上げたいと思う方は2枚1組で購入しましょう。

また、同じ容量を買うなら2枚1組セットの方が価格が安くなりやすく、コスパも良いんですよ。けれど、スロットの数や機種によっては、デュアルチャンネルに対応できないものもあるので、事前によく確認してくださいね。なお、3枚1組でデータ処理の速度を上げてくれる「トリプルチャンネル」対応のパソコンもあります。

スロット数は必ず確認!

スロット数は必ず確認!

出典:amazon.co.jp

手持ちのパソコンのメモリスロットの数と、空き具合もチェックしておきましょう。2枚1組セットがお得だからと購入しても、パソコンのスロットの空きが無ければ、メモリを設置することができません。

しかし、例えばスロット数が2つしか無い場合は、もともと入っているメモリを抜いて、さらに大きな容量のメモリに替えて使う事も可能ですよ。そのために、現状のメモリ容量がどの程度なのか、事前にしっかり確認しておくことも大切ですね。

保障付きだと安心

保障付きだと安心

出典:amazon.co.jp

PCメモリは精密機器なので、とても壊れやすいです。乱暴に扱っていなくても、使っているうちに熱で消耗してしまって使えなくなってしまう、なんて事も。そこで、保証が付いているものを選んでおくと安心です。たいていは5年間の保証つきですが、中には永久保証がついているものもあります。購入後に後悔しないためにも、忘れずにチェックしてくださいね。

シリコンパワー デスクトップPC用メモリ DDR3 1600 PC3-12800 8GB×2枚 240Pin Mac 対応 永久保証 SP016GBLTU160N22

新品価格
¥6,299から
(2020/1/8 19:18時点)






アマゾン パソコン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Google アナリティクスの統計

generated by GADWP 

コメントを残す

*