UA-135459055-1

梵字  准肌観音

准胱観音真言
なう まく さ た なん さん みゃく さん ぼ だ く ち なん
た にや た おん しゃ れい しゅ れい じゅん でい そわ か

准服とは、梵名チユンデイ上の呂号の音写で
「清浄無垢」という意味があり、さとりの道を歩
ませる観音です。
別名、准服仏母、七倶服仏母とも呼ばれます。
七倶服とは「無量」を意味しますから、多くの諸
仏の母となります。そのため観音菩薩ではないと
の説もあります。経軌にも観音として説かれてい
ないことから、犬台密教では准肛如来として仏部
の尊としますが、真言密教では観音の一つとして
六観音の中に加えます。
求児・安産の本尊としてもまつられます。もと
は水の神で、その姿は女身といわれています。
なお、胎蔵曼荼羅中台八葉院の観音の種子は、
この准服観音のブ(回)字が記されています。

 

Mind and heart

By the way, in mind and in mind, the “heart” is classified as follows from the top of the work.
Mind, heart, mind
It is.
The mind is the movement of the mind towards a certain direction, such as the will.
The
Just in case the movement of the mind is gathered and it comes to have one power,
The name “power” expresses this well.
Ki is a condition in which the body flows in the direction in which the mind is. However,
In this spirit, things created consciously, unconsciously, physiologically, and naturally
There are two types, those flowing in the body. For example, “I’m fine”
It is expressed in words. Therefore, depending on the point of view, it is important to
It could also be said. Originally, dividing one thing called mind
That’s why I can say that.
Here, for the sake of convenience, in the case of “Qi”, it is mainly consciously
Think of it as saying something created.
How to use the heart
Well, how do you use that “heart” then?
The heart is inherently incomprehensible. Always move with me
It is said that it was supposed to be “the time” about this from a distracting place
It is hard to grasp. How do you think of this
Do you make full use of it?
There is one way.
Something?
heart.
There is a very close relationship between heart and respiration.
The condition of the mind appears in the breathing as it is, and the condition of the breathing reflects the mind. heart
If you calm down, your breathing will calm down, and if you calm down, your mind will calm down.
Mind and breathing are one thing.
There, I control the mind by controlling the breathing
Use advanced techniques. Start from here and gradually masterfully
Finally, you will be able to use your mind as you see it.
No, that’s not all. Go ahead one step and use your body (muscles) as you think
It will be possible to Because breathing is one with heart,
Not only that, but because it is one with the body. As training goes on, this time breathing and mind
But. As you become the body, you will move the involuntary muscles as the image drawn by the mind
is there.

Breathing

I’m breathing. Alive
Now, I say that mind and breathing are one, but breathing is one and the same
It is not only a matter of course but also one with the body.
If you are healthy and stable in your mind, your breathing will be mild and stable.
If your body is upset, your breathing will also be disturbed and unstable. When tired or sick
When heavy, breathing is shallow and rough. Even when you receive a mental shock
It is
In addition, people with psychogenic illnesses and mentally ills also have rough breathing and are not normal.
Indeed, breathing is alive.
Therefore, the breathing method to control the heart is, first of all,
To start.
For if you’re breathing badly, you’re not a psychic. Body, mind,
The brain, too, is able to exert its full influence, even under the influence it has.
It is impossible.
No, it’s not only that you get sick or get sick, sometimes your right life
There is a risk of losing it.
On the other hand, if you get a good, good breath, your body will be strong and will last forever
As youthful, always bright and fresh, the brain also acts as light
Become.
Let’s breathe the opposite, not good, for evidence that it is not a lie. What
Is it?
L is the worst way of breathing.
Sorrow, shallow and weak breathing, and, worse, still, hold breath for a while
It is breathing.
For example, if your mind is closed to worry or anxiety
It is none other than breathing exercise. The lungs themselves will never breathe or breathe on their own
It is because you can not
Therefore, people who are breathing without having enough breathing muscles work should have enough breathing.
It means that it is not done.
Everyone knows how important respiration plays in maintaining the body.
There will be no one who does not. If your breath stops, it will immediately lead to death. It
If you are doing an important way of breathing in an inadequate way,
Will it be profitable or have you ever thought? This is to live
It should be a review of the most basic way of saying.
The purpose of respiratory exercise is not just lung gas exchange. It is in the blood circulation
It also shares important work. In shallow and weak breathing, in the blood
Not only lack of oxygen but also inadequate discharge of carbon dioxide from the body
become. In addition, the flow of blood also worsens. Therefore, I keep breathing like this
Then, the vitality of the whole body is reduced. Naturally, health is lost, and sickness
It is.
Without resistance, the body becomes a hotbed of illness.
The human body is made up of a huge number of cells, about sixty trillion
Sixty trillion cells are nourished by the flowing blood and are alive.
It is said that no cancer occurs in the blood-flowing viscera, which is filled with oxygen. Cancer fine
The cells are devoid of oxygen. Don’t underestimate that your breathing is shallow.
‘S. Furthermore, as you just mentioned, respiration is only related to cells throughout the body
There is no respiratory movement, autonomic nervous system, hormonal system, or lymphatic flow, each organ
It has a strong influence on the situation in between.
To do that, first of all, you must know how to get strong and strong breathing from strong respiratory muscles.
I must. As a result, you acquire a strong and strong mind and body, a bright and bright brain
The first foundation necessary for

 意と念と気

意と念と気ところで、その「心」を、、そのはたらきの上から、つぎのように分類している。
意・念・気
である。
意とは、意志、というように、心が一定の方向に向かって動いている状態をさ
す。
念とは、意の動きが集申し高まって、ひとつの力を持つに至った状態で、念
力、という名がこれをよく表現している。
気とは、念がある方向に向かって身体の申を流れていく状態である。ただし、
この気」には、意識的につくり出されたものと、無意識的・生理的に、自然に
身体の中を流れているものと、二種類ある。たとえば、「元気だ」というような
言葉で表現されるものである。そこで、見方によっては、気を集中したものが念
なのだ、ということもできるであろう。もともと、心というひとつのものを分け
て考えているのであるから、そこのところはどうともいえるわけである。
ここでは、便宜上このように分類して、「気」という場合は主として意識的に
つくり出されたものをいっていると考えていただきたい。
心をどのように使うのか
さて、それでは、その「心」をいったいどのように使うのであろうか?
心とは元来、この上なくとらえがたいものである。コロコロとつねに動いてと
どまらぬところから、これを約めてご』ころ”ということになったのだといわれ
るくらい、それは把握しがたいものである。いったいどうやって、これを思うと
おりに駆使するのか?
ひとつ、方法があるのである。
なにか?
心.
心と呼吸とは、非常に密接な関係がある。
心の状態がそのまま呼吸にあらわれ、呼吸の状態がそのまま心を映し出す。心
が静まれば、呼吸も静まり、呼吸を静めれば心も静まる。
心と呼吸は一体なのだ。
そこI、呼吸をコントロールすることにより、心をコントロールするとい
う、高度のテクニックを使うのである。ここからスタートして、しだいに熟達
し、ついには自分の思うように心を使うことができるようになるのである。
いや、それだけではない。一歩進んで、体(筋肉)をも、思うとおりに使いこ
なすことができるようになるのである。というのは、呼吸は心と一体であるが、
それだけではなく、体とも一体であるからだ。修行が進むと、今度は、呼吸と心
が。体になって、心が描くイメージどおり、不随意筋をも動かすようになるので
ある。

呼吸

呼吸は。生き”である
いま、わたくしは、心と呼吸は一体であるといったが、呼吸は、心と一体であ
るだけではなく体とも一体なのである。
健康で心が安定していれば、呼吸もおだやかで安定している。
体が不調であると、呼吸もリズムが乱れて不安定となる。疲れたときや病気が
重いとき、呼吸は浅く、荒くなる。精神的な激しいショックを受けたときもおな
じである。
また、心因性の病気を持つ人や、精神病者も、呼吸が荒く、正常ではない。
まさに、呼吸は、〃生き”なのである。
そこで、心をコントワールする呼吸法は、まず、正しい呼吸のしかたからス
タートする。
というのは、悪い呼吸をしていたら、超能力どころではない。体も、心も、ま
た脳も、悪い影響を受けて、本来持っている力さえも、十分に発揮することがで
きないのである。
いや、それだけではない、健康を害して病気になったり、ときには大切右生命
まで失ってしまうおそれがあるのである。
その反対に、正しいよい呼吸を身につけると、体は強健になり、いつまでも
若々しく、心はつねに明るくさわやかに、脳もまた明敏なはたらきをするように
なる。
それがウソではない証拠に、その反対の、よくない呼吸をしてみよう。どうな
るか?
Lず、最悪の呼吸のしかたである。
そわは、浅い弱々しい呼吸と、それにもまして、悪いのは、しばし息を止める
呼吸である。
たとえば、心配ごとや不安に心が閉ざされると
呼吸運動にほかならない。肺そのものは、決して自力で息を吸ったり吐いたりで
きないからである。
したがって、呼吸筋を十分にはたらかせずに呼吸している人は、十分な呼吸を
していないということになる。
だれだって、生体の維持に、呼吸がどれほど大切な役割を果たしているか、知
らない人はないであろう。息が止まったら、即、死につながるのである。それほ
ど大切な呼吸を、不十分なしかたでしているとしたら、一生を通じてどれほど不
利益なことになるか、あなたは考えたことがあるだろうか? これは、生きると
いうことの最も基本的なあり方の見直しというべきものである。
呼吸運動の目的は、肺のガス交換だけではないのである。それは、血液循環に
対しても重要な仕事を分担している。浅く弱い呼吸ばかりしていると、血液内の
酸素〇にが不足するばかりでなく、炭酸ガスのFの体外への排出も不十分なこと
になる。また、血液の流れも悪くなる。したがって、こういう呼吸をつづけてい
ると、体全体の生命力が低下してくる。当然、健康がおとろえ、病気に対する抵
である。
抗力がなくなって、体は病気の温床となる。
人間の体は、約六十兆といわれる膨大な数の細胞で構成されている、その
六十兆の細胞は、すべて流れている血液によって養われ、生きているのである。
酸素をたっぶり2  くんだ血液の流れる内臓にはガンも発生しないという。ガン細
胞は酸素がきらいなのである。たかが呼吸が浅いくらいと、軽視してはならない
のだ。さらに、いまいったように、呼吸は、全身の細胞に深い関係があるだけで
はなく、呼吸運動は、自律神経系、ホルモン系、あるいはリンパの流れ、各臓器
間の状態にまで強い影響をあたえるのである。
それにはまず、強い呼吸筋による強くたくましい呼吸のしかたを体得しなけれ
ばいけない。それによって、強くたくましい心身、明るく聡明な脳を獲得するの
に必がな第一の基礎ができあがるのである。

Buddha Buddha

 

Buddha Buddha

And the 6th century BC, Gautamar Sisdarth-

Solve the world’s suffering
After six years of hardship, he finally came to “Buddha” (the awakened person) under the tree of bodhi.
Then, the Buddha, who had opened Buddhism, saved many cracks in about 45 years until he died at age eight, and led many disciples to Nir Ia (涅槃). And beyond the space-time
As Buddha, we save and save all sentient beings by “knowledge and mercy”

 

 

梵字  釈迦如来

 

 

 

 

 

 

 

 

 

釈迦如来

と紀元前六世紀、ガウタマーシッダールタ-、

この世の苦しみを解決する
道を求めて出家し、六年間もの苦行のあと、菩提樹の下で、ついにさとりをひらき「仏陀」(目覚めた者)となりました。
そしして仏教をひらいた仏陀は、八ト歳で入滅するまでおよそ四十五年の間に多くのひびとを救い、また多くの弟子たちをニルヅアーナ(涅槃)に導きました。そして、時空を超え、久遠常住の
仏として「智慧」と「慈悲」によって一切の衆生を救済しスづけています。

The profound wisdom of seeds

Seeds with meaninglessness and meaninglessness
It is a good idea to use seeds as symbolic seeds that represent each one with a single word

You
The seeds are usually taken from the name of each prestige or true word. Ataka
So that many fruits can be obtained from the seeds of
It is said that it is named as seed because it can produce Buddha fruit such as Buddha wisdom and satori.
In this way, the seed representing Zhao has the meaning and virtue of the endless
It is believed that if you copy it, you will immediately get a bodhi.

Buddhist meditation
By the way, in ancient India, there is meditation as one of Brahmin’s practices before the advent of Buddhism.
Yes. It is said that the Buddha was best able to get the best by meditation. Buddhist meditation is true
Because it is a law that aims at reason and masters true wisdom, it can be said to be the basic and most advanced law of Buddhist practice.
maybe.

種子のもっ深遠な哲理

無量無辺の意義と徳をそなえる種子
一字をもって各尊をあらわす象徴的な梵子を種子といい

ます。
ふつう、各尊の尊名、あるいは真言のなかからとった一宇がその種子となっています。あたか
も植物の種子から多くの果実が得られるように、仏の象徴であり真言である梵字から仏の尊形や
仏智、さとりといった仏果を得ることができるので、種子と名づけられたといわれています。
このように、猪尊をあらわす種子は無量無辺の意義と徳をそなえているので、ヴ]れを唱え、心
に念じて、書写すれば、すみやかに菩提を得るとされています。

仏教の瞑想法
さて、古代インドでは、仏教が興る以前から、バラモンの修行法のひとつとして瞑想法があり
ました。釈尊はの瞑想によって最高のさとりを得たと伝えられています。仏教の瞑想法は、真
理にめざめ、真の智慧を体得する行法ですから、仏道修行の基本的かつ最も高度な行法といえる
かもしれません。

Prepare the environment for meditation

The five methods are to control eating and drinking in one. Two to adjust the sleep. In three

Set up. Set your mood for four. It is about adjusting your mind to five.

First of all, to prepare food is as follows.

Meals are for the purpose of helping people get along in the right path.

However, if you are eating too much, it feels good and only

It is difficult to feel calm, even if you take a seat.

However, if you eat too little and not enough, you will only get tired, your mind will grow,

I do not think well about what I think. Both of these two get the setting

It is not a way to

In addition, when you eat something that’s been broken or dirty, you realize your heart

Make it easy to get lost. If you are eating a stimulant that is not good for your body,

These diseases move (to have a chronic illness) and the condition of the body gets worse. So

If you’re going to learn to set up, by the way

It must be.

Second, to set up sleep because sleeplessness makes you feel overshadowed

Because there is, it means that this should not be left as it is.

If you need to sleep more often, you have more time to study Buddhist law

As well as being abolished, there is also a tendency to lose the spirit of effort, and also to make your heart clearer and good heart

Sink the sun. Just to understand that life is impermanent, sleep well,

Make your mood clear and brighten your mind.

The third is to adjust the body, the fourth to adjust the breath, and the fifth to adjust the mind,

These three conditions should be described together, as they should be used together.

You can’t. Let’s talk about this below.

First of all, in order for us to meditate correctly, we need to

It means that you have to adjust it.

Before starting meditation, when walking or stopping, even when moving

Even when you are doing something or something, every one is careful

It must be.

瞑想に環境に整える

五法とは、一に飲食を調節すること。二に睡眠を調節すること。三には身を

調えること。四に気息を調えること。五には心を調えることである。

 第一に、食を調えるというのはつぎのようなことである。

 食事はほんらいからだをたすけ正しい道にすすましめるためのものである。

それなのに、もし食べすぎているような状態でいると、気はあせり、からだけ

だるく、心がとぎれがちで、座禅をしても心は安らかになりにくい。

 だが、もし食べることが少なすぎて足りないと、からだけ疲れ、心は呆け、

思うところも考えることもしっかりとしない。この二つは、どちらも禅定を得

る道にはならない。

 また、もしけがれたものやよごれたものを食べていると、ひとの心を悟く

し、迷いやすくする。もしからだによくない刺激物を食べていると、かねてか

らの病が動いてくるし(持病が出ること)、からだの調子も悪くなる。だから

禅定を修習しようとするなら、そのはじめにぜひとも深くこれらをつつしまな

ければならない。

第二に、睡眠を調えるというのは、眠とはこれ無明が心に覆いかぶさるので

あるから、これをほしいままにしてはならないということだ。

 もし眠ることが必要度を過ぎて多いときは、それだけ仏法を修習する時間が

廃されるだけでなく、努力の心も失われがちで、しかも心をくらくし、善い心

を沈没させる。まさに人生が無常であることをさとり、睡眠をよく調伏して、

気分を清白に、心を明るくきよからしめるがよい。

 第三には、身を調え、第四には息を調え、第五には心を調えるのであるが、

この三つの条件は、まさに合わせて用うべきなので、べつべつに説明すること

はできない。以下これについて述べてみよう。

 第一に身を調えるとは、われわれが正しい瞑想をするためには、からだを正

しく調えなければならないということである。

 瞑想をはじめる前から、歩くときにも立ち止まるときにも、動くときも静か

にしているときも、なにかをしているときでも、いちいちがみな注意深く綿密

でなければいけない。

 

Yoga as an origin of meditation

It is not good to just solve the suffering and suffering. At the same time as solving

We must improve people. In addition, we solve by improving

It may be said. This is the correct meditation.

So my meditation starts with “solving the problem I’m suffering now”

is there.

The meditation transcends from all beings, as Gothamah Buddha has arrived at the end of the day

I’m going to get rid of it, but before transgression and getting rid of it, I just handle and solve reality freely

Must have the power of Without having that power, it was said that transcendence or cancellation

It’s just a kind of escape. The meditation method with that power is “Greed world determination” and “the second stage”

It is a meditation on the floor.

However, it should not be wrong here that having this power is just your own

It does not mean that you want to get rid of your desires. y have this power

Depending on what you want to be realized may be true

Suddenly I realize that I am suffering from mischief, and I dream from my dream

Sometimes it looks like someone else.

Either way, isn’t it wonderful?

 

As the origin of meditation

Meditation has been practiced for a very long time in India. It’s Indian ethnic

It can be said that it was with the history of

The literature on meditation is in the era of Vedic, Upanishad (c.

You can see it up to the year 〇). Since that time, already

Thought was considered to be a religious practice as a unique way of practice in India.

Ru.

It was called a yoga or a samurai or a wolf.

In Japan, speaking of yoga generally seems to be a kind of gymnastics

Although it is primarily meditation, gymnastics is a physical adjustment that helps meditation.

It was

As I mentioned earlier, Buddha is also a yoga according to the rule of the religious at that time

Of meditation, but I am not satisfied with it, and I am further encouraged by Buddha’s unique

I completed the meditation. Here, about traditional yoga meditation,

Let’s just say.

Mental restraint in yoga

In the meditation according to the beggar called Yogar Sutra, also known as the scripture of yoga practitioners

It divides the psychological process to mental concentration into four stages.

Perception, concentration, calmness, and misery.

Among these, the three stages of enthusiasm, quietness, and enthusiasm are collectively referred to as “restraint”

But, of course, in practice, one of the above three stages is independent

It does not go on, but it goes on continuously.

By the way, what does yoga mean? “Yogasutra” is next

・ It is defined as follows. “Yoga is about suppressing the work of the mind.”

Also, in the document “Gataupanishad”, which is older than “Yogasutra”,

“Yoga is to immobilize the five sensory organs,” he said.

In other words, with some mental concentration law, the movement that is the body of the mind

It is a yoga to hold back firmly. And train it

The way to go is yoga law.

Expressing this in a modern, easy-to-understand manner, the movement of consciousness in our daily life

It is possible to try to find out the self original figure by suppressing

It is a yoga, and there is a way of practicing to seek for it.

In Yogar Sutra, the psychological process of controlling the work of the mind by the mental concentration method of meditation is described in detail analytically. And this

Psychological yoga centered on meditation is what is called large ayoga

It is And the psychological process which deepens to this mental concentration is a sense of

It is divided into concentration, quietness, and enthusiasm