UA-135459055-1

ホモ・エクセレンスの資格  Homo Excellence Qualification

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホモ・エクセレンスの資格

 

ここにひとつの技術がある。

その術によって訓練すると、ヒトはだれでもいくつかのすぐれた力を持つようになる。

いちど耳にしたことは、ぜったいに忘れることのない発電方。どのように複雑な構造でも組織でも、瞬間的に分析し、推理し、理解し
て、資を整理してしまう演繹と帰納の力。のない記憶力。どのように複雑な構造でも組織でも、瞬間的に分析し、推理し、理解し
て、本質を把握してしまう演繹と帰納の力。コトバという間接思考を経ない純粋思考から発する超飛躍的な創造力。
それは、ヒトの平均知能を一・〇とするならば、おそらく、二・五から三・五に達する
であろう。

このグループの最高の頭脳は、やすやすと四次元を理解する。

二 感覚器官の増幅彼は、不可視光線(赤外澳、紫外線)を見ることができ、超音波を聞くことができる。

その異常感覚と高度の知能の結合からくる予知力。それらは、自分の肉体を思うままに統御する能力からくる。

三環境の制御と創造――思うままに自分を変え、他人を動かし、集団や環境を、自分の理念の通りに創造してゆく。

四物質を超え、物質を自由に統御する力。

五無限に発達した道徳意識。

だいたい、以上の能力である。

これを、前の項で述べたオリヴィエ教授の未来人、ホモ・エクセレンスの持つ能力とくらべてみよう。

それは、おどろくほど酷似している、というよりも、そっくりそのままといったほうがよいのの逆ない?

そういうと、あなたはいうかも知れぬ。それは、著者が、オリヴィエ說をそっくりそのままうクし持ってきたのではないのか、と。

今で接ないのだ。それは、むしろ、私のほうがいいたいことだ。私は、最初、オリヴィエ教機からの移隷授爵の存在を知っていて、その技術の習得を未来人の資格にしたのではないかと思いくらいのである。もちろん、それは、そうではなく、オリヴィエ教授は学術的に、來來人の部分をそのまろに予想したのにちがい深いが、この暗黙の一致を、あなたはどのように考える。

あっとも、オーディス教授は、実際にこの特殊技術の存在を知っていて、その上に登ってみランシスの魔力を、このように書いたのである、ということも考えられないことはな家らは、気、この補強装備は、この国でよりも、むしろ、アメックミータバで外多くのおまじめているのだからー。

をして、実然に。こういっときにあえる野線後、数をのまま観音一色ます。

 

 

ホモ・エクセレンスは、すでにこの地上にあらわれつつあるということである。それは、まだ、ごくわずかな数ではあるけれどもー。

未来人、ホモ・エクセレンスは、これからさき、長い時間をかけて進化の結果あらわれてくのでないし、突然変異体としてブランケンシュタインの怪物のごとく登場するのでもない。

れは、ひとつの特殊な人間開発技術により、ホモ・サピエンス自身が変身するのだ。英れは自然に生まれてくるのではなく、つくられるのだ。

もっとも、いちばん最初にあらわれたホモ・エクセレンスは、あるいは一種のミューダントあったかも知れない。あるいは、未来社会への環境適応の結果あらわれた超・セトの先行者であったのかも知れぬ。ちょうど、ネアンデルタール人の群れのなかに出現した最初のクロマニョン
人のようにー。ル・ガリックの法則によると、すでに存在する属のなかでの新しい積の形成は、三〇〇年から
六〇万年の時間を要するという。今から五○○○年まえという数字は、ホモ・エクセレンスの先行者があらわれて、ホモ・サピエンスのなかに次第に新しい同族の種属を形成してるのにちようど手頃な時間である。

最初のホモ・エクセレンスは非常に孤独であったろう。彼はその持てるすぐれた能力ゆえに、おのずと、予言者となり、指導者となり、教育者とならざるを得なかった。また、彼は、そ勢持つ異常な能力によって、数千年さきの未来を洞察し、ヒトの歴史の上における後自身の位置をホモ・エクセレンス
とったにちがいない。

彼は、まだ低い段階のホモ・サピエンスたちを教育するための「教え」を說くと同時に、これからやがて次第にあらわれてくる 同族たちを教育するためのカリキュラムもつくった。

彼は、周囲に何人かの崇拝者を持った。そのなかからすぐれた素質を持つ者をえらんで、彼はこのカリキュラムで訓練した。あるいは、その弟子たちのなかには、彼と同じホモ・エクセレンスの先行者たちもいたであろう。こうしてこの技術はあとへ伝承された。だが、あまりにも高度
なその開発技術は、ひろく受け入れられるためにはあまりに難解で、人びとの進歩と熟成のための時が必要であった。その長い間、この技術は、しばしば、誤解されたり、誹謗されたり、あるいは分裂の危機を迎えた。けれども、その技術が滅亡しようとするたびに、すぐれたホモ・エクセレンスがあらわれて、これを継いだ。この技術は、このようにして、ひろく世にうけいれられる時を静かに待った。多くの人びとが、この技術を必要とし、受け入れようと努力しはじめる時期を源かに待った。

 

いまー、その時がきたようである。
ホモ・サピエンスは生物としてその限界に到達した。いま、この世界を覆う混乱と当惑と憎悪
なによりも、それをものがたるものである。つぎにくるものは絶望でしかない。いまこのひの、出沖に、一瞬たりとも生命の危険を感ぜずして生きている人間がひとりもいない。あなた自今まではつねに機械と技術科学がその危機を乗り越えてきた。しかし、いまは、その機械と技術が先頭に立って人間に打撃を加えている。

「きは見えて」しまった。

ホモ・サピエンスの知能がつくり出した文明は極限に達した。もしもこの世界が生き残ろうと望むならば、あらたな文明が生まれ出なければならない。ホモ・サピエンスの生み出したものはすべて、科学も技術も宗教も、芸術さえも限界に達した。倫理も道徳も崩壊した。古い人類は必
死に古い文明にしがみついているけれども、これらはすべて過去の世界のものになった。限界に達した生物がさいごにえらぶ道は「集団自殺」である。いま、その集団自殺が地上に展開している。環境汚染と公害と戦乱――すべてホモ・サピエンス自身がつくり出したものである。

 

結局、ホモ・サピエンスは集団闘争による集団自殺によって絶滅するであろう。見よ。宗教ですら闘争の仲間に加わった。最も進歩的だと称するこの国の宗教団体は最も闘争すべての生物がたどる最後の道を、ホモ・サピエンスはついにたどりはじめたということであ法がはじまっているのである。滅びるべきものは滅び去るがよい。それでヒト・属は絶えはしない。あたらしい極の胎動がここにある。あたらしい文明と古い文明、ホモ・サピエンスとホで、エクセレンスはしばらくのあいだ共存するであろう。それは三世代から七世代つづく。ネアンデルクールとクロマニョンの共存は、一○○世代から一五〇世代つづいた。ネアンデルタールが消滅するのにそれだけかかった。われわれの共存は、促進されてごくわずかの時間で完了す

 

る。3年から一五〇年――、これだけの時間のうちに、滅びるべきものは滅びるだろう。

そのあとに、ホモ・エクセレンスはあたらしい科学、あたらしい技術、あたらしい宗教、あたらしい曲をつくり出す。それは、ホモ・サピエンスとは比較にならぬ高度の知性と悟性が生みルしたいたらしい次元のものである。

こでお聞きするのだが、あなたは、ネアンデルタールか、クロマニョンか?

|ホモ・エクセレンスのカリキュラム

ポインエクセレンスのカリキュラムとはなにか?

 

 

 

Homo Excellence Qualification

 

Here is one technology.

When trained by that technique, every human has some great power.

What I’ve heard once is how to generate electricity that I will never forget. Instantly analyze, reason, and understand no matter how complex your structure or organization
The power of deduction and induction that organizes resources. No memory. Instantly analyze, reason, and understand no matter how complex your structure or organization
The power of deduction and induction to grasp the essence. Super dramatic creativity emanating from pure thinking that does not go through indirect thinking called Kotoba.
It probably reaches 2.5 to 3.5 if the average human intelligence is 1.0.
Will.

The best brains in this group easily understand the 4th dimension.

Amplification of the two sensory organs He can see invisible light (infrared light, ultraviolet light) and can hear ultrasonic waves.

Predictive power that comes from the combination of that abnormal sensation and high intelligence. They come from the ability to control one’s body at will.

3. Control and creation of the environment-Change yourself as you wish, move others, and create groups and environments according to your own philosophy.

The power to freely control substances beyond the four substances.

Five infinitely developed moral consciousness.

Generally, it is the above ability.

Let’s compare this with the ability of Professor Olivier’s future, Homo Excellence, mentioned in the previous section.

Isn’t it better to say it exactly as it is, rather than to be surprisingly similar?

If so, you may say. I wondered if the author brought the Olivier 說 in its entirety.

I don’t touch it now. Rather, it’s something I want to do better. At first, I knew the existence of a transferee from the Olivier machine, and I wondered if the acquisition of that technique was a qualification for future people. Of course, that’s not the case, and Professor Olivier must have academically predicted the part of the coming, but how do you think of this implicit consensus?

It is not unthinkable that Professor Odis actually knew the existence of this special technology and climbed on it to write the magical power of Lansis in this way. Qi, this reinforcement equipment is more serious outside in Amek Meetaba than in this country.

And actually. After the field line that meets at such a time, Kannon will be colored with the number as it is.

 

 

 

Homo excellence is already appearing on this earth. Although it is still a very small number.

The future man, Homo Excellence, will not appear as a result of evolution over a long period of time, nor will it appear as a mutant like the Blankenstein monster.

This is the transformation of Homo sapiens itself by one special human development technique. English is not born naturally, but is created.

However, the first homo-excellence that appeared may have been, or a kind of mudant. Or it may have been the predecessor of Super Seto, which appeared as a result of environmental adaptation to the future society. Just the first Cro-Magnon to appear in a Neanderthal herd
Like a person. According to Le Garrick’s law, the formation of new products within existing genera began in 300.
It will take 600,000 years. The number five XX years ago is a reasonable time, as the predecessors of Homo excellence have emerged and are gradually forming new genus of the same family within Homo sapiens.

The first Homo Excellence would have been very lonely. Because of his excellent abilities, he was naturally forced to become a prophet, a leader, and an educator. He also gains insight into the future thousands of years ago and homo-excellence of his position in human history through his extraordinary abilities.
Must have taken.

He looked at the “teachings” to educate the younger Homo sapiens, and at the same time created a curriculum to educate the upcoming relatives.

He had some worshipers around him. He trained in this curriculum, selecting those with excellent qualities. Or perhaps some of his disciples would have been the same Homo excellence predecessors as him. In this way, this technique was handed down later. But too advanced
Its development technology was too esoteric to be widely accepted and required time for people’s progress and maturity. For a long time, this technology was often misunderstood, slandered, or in danger of division. However, every time the technology was about to be destroyed, excellent homo-excellence appeared and succeeded it. In this way, this technology quietly waited for the time to be widely accepted. Many have waited for the time when they needed this technology and began to strive to accept it.

 

It seems that time has come.
Homo sapiens has reached its limit as a living thing. Confusion, embarrassment and hatred that cover this world now
Above all, it is a thing. What comes next is nothing but despair. Right now, there is no human being living off the coast of Hino without feeling the danger of life even for a moment. You yourself have always overcome the crisis in mechanical and technical science. But now, the machines and technology are at the forefront of hitting humans.

“I can see you.”

The civilization created by the intelligence of Homo sapiens has reached its limit. If this world wants to survive, a new civilization must be born. Everything Homo sapiens has produced has reached its limits in science, technology, religion, and even art. Ethics and morality have collapsed. Old humanity is a must
Although clinging to an old civilization to death, these are all from the past world. The way for creatures that have reached their limits to choose is “mass suicide.” Now, the mass suicide is spreading on the ground. Environmental pollution, pollution and war-all created by Homo sapiens himself.

 

Eventually, Homo sapiens will be extinct by mass suicide in a mass struggle. Look. Even religions have joined the struggle. The law begins with the fact that Homo sapiens has finally begun to follow the last path followed by all the most struggling creatures of the country’s religious groups, which they claim to be the most progressive. What should be destroyed should be destroyed. Therefore, humans and genus do not cease. Here is a new polar fetal movement. With new and old civilizations, Homo sapiens and ho, excellence will coexist for some time. It lasts from three to seven generations. The coexistence of Neandercourt and Cro-Magnon continued from the 1st to 150th generations. It took that much for the Neanderthals to disappear. Our coexistence is promoted and completed in a very short time

 

NS. From 3 to 150 years-in this amount of time, what should be destroyed will be destroyed.

After that, Homo Excellence creates new science, new technology, new religion, new songs. It is a dimension that seems to have been created by a high degree of intelligence and intellect that is incomparable to Homo sapiens.

I’m asking you here, are you Neanderthal or Cro-Magnon?

| Homo Excellence Curriculum

What is the Poin Excellence Curriculum?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*