UA-135459055-1

なにを得ようとして、なにを目的として、瞑想をするのか?  What are you trying to get and what are you trying to meditate on?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

と心の革命12

 

ブッダの瞑想体験が意味するもの
ブッダは想になにを求めたか

 

 

なんのために瞑想をするのであろうか?
なにを得ようとして、なにを目的として、瞑想をするのか?
展想の一種である神では、「無功徳」あるいは「無所得」であるという。つーり、
なにかを求めて練をしても、なにも得るものはないぞ、というのである。この言
を文字の通りにうけとって、座禅をしてもなにも得るところはない、また、なに
か得ようとして座禅をするのは、邪道であるというように説くひともいる。しか
し、これはまちがいで、なにかを「得よう」という執着、こだわりを持っての座
神は、一心にやればやるほど、その執着、こだわりにとらわれ拘束されて、そこか
ら一歩、出られず、結局、真に求めるところのものから遠のくばかりであるという
しゅうちゃく
いましたである。文字の通りなにも得るものはないということではないのである。

 

瞑想も、座禅も、やればやっただけの「所得」があり、「功徳」がある。故・山
本玄峰老師も、「一日座れば一日の仏、二日座れば二日の仏」といっておられる。
では――、どんな所得があり、どんな功徳があるというのか?
ここに、瞑想によってさとりを完成し、仏陀になられたゴータマ・ブッダ(釈
尊)の体験がある。これは、マッジマ・ニカーヤ(中阿含経)という原始経典に
おいて、ゴータマ自身によってかたられたものである。
ぶっだ」
ちゅうあごんきよう
ァ – ガマ
しようじん
ぜんじよう
わたし(釈尊)は、つねに努力精進し、その想いは確立してすこしもみだれ
ず、体は安楽で動揺せず、心は禅定に入って静かである。そのわたしがあると
き、瞑想に入ってしだいに禅定が深まってきた。第一禅定から第二、第三、第
四禅定まで深まるにつれて、心に思い浮かぶなにものもなくなり、喜びや楽し
みだけとなり、そして遂にはそれもなくなって、ただ清浄な想いだけとなっ
た。
そのとき、わたしの心は、一点のけがれもなく、清く明るく、絶対不動であった。そしてわたしの心の展はおのずから前世の光事に関するおそい
れは一生だけではなく、二先、生、十生、二十生、そして組織のの、
きかわり死にかわりした光景が展開してきた。これが第二のである。
それからわたしの心は、あらゆる衆生のすがたに開けられてきた。
超人的な眼力でそのすがたを見た。そこには、買いもの、隊しいもん、いい
もの、映いもの、幸福なもの、不幸なものの、それぞれの後東熱いくいた
これが第二の智慧である。
それからわたしは、苦・集・滅・道の四諸(四つの真理)をありのままに知
り、わたしの心は、あらゆる存在の相から、全く解放され、ふたたびそれに執
着することはなくなった。これが第三の智慧である。(玉城雪訳による)
きには、想の深まりとその効用が、じつにあざやかに、生き生きとかたられ
すべてがここに表現されているといってよい。こ十世紀という時空
きっと、ときめきのなのだ。このべが
ンのゴータマの体験を、もう少し撮りきげてみよう。
「思想家験には五つの設勝がある
には、展想の深まりとその結果が、じつにあざや
はつの段域に分けられる。
かたられている。それ
第一の
つねに一つの目的にむかって横達をつづけることができ、
がるが確立してみだれず、
す。ああだは安楽で見落しない。
はいつも定に入って静かである。

参る。第四演定までしだいに
んと心の10
き、ついにはただ清浄な思いだけにみたされ、
一点のけがれもなく、清く明るく、部材不動となった。
つづいていの眼がひらかれ、
1、自分の前世における光景が展開しはじめる。
3、それは一生だけでなく、二生、三生、十生、二十生、とかざりなさかの
ばり、無限の生涯の、生きかいり死にかわりした光景が展開する。
れは生命の根源へ、選しであり、第一の智慧の獲得であった。
ふの駅はさらに、深くしみがり、ひとの持つ能力の限界を越えて、過去、現
くしくに流れていくあらゆるひとびとのすがたが送視される。
すのの部であった。

 

 

心の眼はさらに広く深く
在、そして未来へと流れてゆくあらゆるひとびとのすが
をれは、存在を規制する富業の実体の把握であった。
これが第二の世の獲得である。
「第五の段階」
1、宿業から解脱する四つの真理を如実に知り、
る、あらゆる存在からの解脱と超越を完成した。
それは第三の質感の獲得であり、「解脱の瞑想」であった。
凡人にも道はひらかれている
いかがであろうか?すばらしい体験だとあなたは思わないだろうか。これが
演題の効用なのである。そうしてだれでも、誤想をすればこういう効果を得ること
ができるのだ。
だが、そう言うと、あなたは言うかもしれない。釈遷のような大天才と、凡人で
あるわれわれと、どうしていっしょになるものか、駅逃がそういうすばらしい体験
したからといって、それがそのままわれわれに
するとチラのまねをするクラスで、結局、骨折り損のくたびれ
うことになる
とおなじをすることにより、われわれもまたかれと同じ結果に到達する
ことが可能なのである。最初の道をきりひらくものは天才でなければならぬ。しか
し、すでに大手のひらいた道は、だれでも歩むことができるのである。万有引力の
外見は、ニュートンの天才を持たなければならなかったが、いまでは小学校の児童
ら、万有引力は知っている。
もちろん、それは容易な道ではない。しかし、ゴータマ・ブッダは親切な道しる
べい、もしておいてくれた。それを真剣にたどることにより、かれの歩んだ
道やまりな歩むことは不可能ではない。かれが到達した最高の場所まで行く
いは無理だとして、そこまでいいくつかの段階を自分のものにすることはかなら
できるのである。
の民館でもいいではないか。それでも、それはじつにす
ばらしい護界なのである。それに、最初からそんなに多
Dr.o
ばらしい世界なのである。それに、最初からそんなに多くのものを望むのは、欲ば
リすぎるというものだ。さあ、瞑想の世界に一歩ふみこんでみよう。ブッダのあと
を、少しずつたどってみようではないか。
いったい、ゴータマ・ブッダは、なにを目的として瞑想をはじめたのであろう
かれはいったい、なんのために瞑想をはじめたのだ?
うつわ
人間のからだは苦しみを盛る器である
かれはいったいなんのために瞑想をはじめたのだ? という質問は、そのまま、
われわれはなんのために誤想をはじめるのか? という質問に置きかえることがで
きるであろう。
かれはいったいなんのために瞑想をはじめたのか?
オーダマ・ブッダは、多くのひとの知る通り、「四苦八苦」の解決を目的として
をはじめたのである。
一瞑想についての基礎知識

では、四苦八苦とはなにか?
生・老・病・死」
これを四苦といい、これに、
あいべつり
おんせうまく
「愛別離苦・怨憎会苦・求不得苦・五陰盛苦」
の四苦をくわえて「八苦」という。
脳と心の革命保想-20
ご おんじょうく
それは、
生きてゆく上に生ずるさまざまな苦しみ、
老いの苦しみ、
病気の苦しみ、
死の苦しみ、
そして、
愛するものと別れる苦しみ。
いのちまでもとちかい合った恋人どうし、あるいは、その愛がむくわれてめでた
の愛の天敵、また、親子、兄弟、心から敬愛する師友、知己、みな、うのも
ばれた愛の光線、また、親子、兄弟、心が
いいながらでいるが、いつなんどき別離の悲哀に泣くことになるかもし
なのである。いや、愛するものとは、あながち人間関係のみとはかぎらない。地
ア、極力、職業奉、さまざまなものを、わたくしたちは愛している。そういうもの
と、いやで期はしなければならない苦しみ、これが愛別離苦である。
心の中で、寒く憎んでいる者と、顔を合わせ、生活をともにしていかなけれ
ば写らない苦しみ、その最も深刻な苦しみは、本来いちばん愛し合い和合し合
わなければならないはずの夫婦、親子、兄弟が、かたきどうしのように憎み合い、
参え合いながら、おなじ屋根の下で暮らしていかなければならぬ苦しみであろう。
そうして、環場で上司や病算と毎日、反目し合いながらはたらかなければなちのサ
ラリーマンやOL、の著しみも、これに準ずるものといえようか。
そういえば、いやでいやでたまらない学校へ毎日いって、きらいなこ強をしなけ
はならない学生選者の苦しみも、この恐増西であろうし、ほかにやりたいこと。
があったがる、そのために、まぎなく好きでもない職場に教養するのも、この松
場公家の一つである。だが、考えてみれば、なりゆきとはいえ。この人生におい
についての基礎知識

 

て、はからずも怨み合い憎み合う人間関係を持たねばなら、辛さ、やりきれなさ、
これが最も大きな怨憎会苦というべきかもしれない。
金、地位、権力、愛情、才能、知識等、求めても求めても得られぬ苦しみ。求め
ることにより生ずる不幸。しかし、また、求めることによって、人類は進歩し、成
長するのである。この皮肉な苦しみ、求不得苦。
うつわ」
考えてみれば、この人間の五体そのものが、苦を盛る器のように思えてくる。
行住坐臥、とりたてていうほどのものではないながら、五体にひしひしと感じる
身心の苦しみ。五陰盛苦である。
まことに、苦の世界とはよくいったもので、いま、この瞬間においても、わた!
したちは、この四苦八苦のどれかの苦しみを味わっているのではなかろうか。
ちよこまきううううう

 

 

こそ究極の解決法
ゴータマ・ブッダは、この四苦八苦を解
こうみた桃果、さいごに、瞑想よりほかないことを知ったのである。そうしてかれ
は成功した。
だからあなたも、ゴータマのように、あなたの人生に四苦八苦を感じて、なんと
かそれを解決しようと考えたら、このゴータマのあとをたどるよりほかに方法がな
いのである。
もちろん、あなたが、この人生になんの苦しみも感じないということなら、それ
は、誤想などする必要はない。この本もまた無用のものである。そのへんにぼうり
出して、テレビのスイッチでもひねったらよろしい。
しかし、もし少しでもなにかの悩みや苦しみを感じるなら、そうしてそれを
解決しようと思ったなら、それは瞑想によるよりほかないと知るべきである。ほか
に方法はないのである。ゴータマ・ブッダは、ありとあらゆる方法をこころみて、
さいごに、この瞑想にたどりついたのだったから
いまから二千数百年はえ、インドに生まれたゴータマが、皇太子の地位を捨てる
はど控んだ四苦八苦は、現代におけるわたくしたちの四苦八苦となんら変わりはない

 

 

 

Revolution of the mind 12

What the Buddha’s meditation experience means What did Buddha ask for in his thoughts?

What are you meditating for? What are you trying to get and what are you meditating for? God, a type of exhibition, says that he is “meritless” or “no income.” .. He said that even if he kneaded for something, he would not get anything. Some people take this word literally and say that there is nothing to be gained by doing zazen, and that it is an evil way to do zen to get something. However, this is wrong, and the god of attachment and commitment to “get” something, the more he does it, the more he is obsessed with that attachment and commitment, and he cannot step out of it. It was a mess that it was far from what I really wanted. It doesn’t mean that you literally have nothing to gain.

Both meditation and zazen have “income” and “merit” as much as they do. The late Gempo Yamamoto also said, “If you sit for one day, you will have one day of Buddha, and if you sit for two days, you will have two days of Buddha.” So, what kind of income do you have and what kind of merit do you have? Here is the experience of Gautama Buddha, who completed Satori by meditation and became a Buddha. This was created by Gautama himself in the primitive scripture called Madhyama Nikaya (Madhyama Agama). Buddha. It’s quiet. When I was there, I started meditation and gradually deepened my meditation. As I deepened from the 1st Zen meditation to the 2nd, 3rd, and 4th Zen meditations, nothing came to my mind, only joy and fun, and finally it disappeared, only pure thoughts. At that time, my heart was pure, bright, and absolutely immovable, without any injuries. And, of course, in the exhibition of my heart, not only the lifelong affairs of the light affairs of the previous life, but also the spectacles of the second, the second, the tenth, the twentieth, and the organization, instead of the death, have unfolded. This is the second. Then my heart has been opened to all sentient beings. I saw it with superhuman eyes. There are shopping, corps, good things, reflections, happy things, and unfortunate things, but this is the second wisdom of the TOKYO HOT. Then I knew the four truths of suffering, gathering, extinction, and the way as they were, and my heart was completely freed from all aspects of being, and I was no longer obsessed with it. This is the third wisdom. It can be said that the depth of thought and its utility are really vivid and lively (translated by Yuki Tamaki), and everything is expressed here. The space-time of the tenth century is surely a crush. Let’s take a little more picture of this Buddha’s Gautama experience. “In order for the thinker’s exam to have five victories, the depth of the exhibition and the results are actually divided into two stages. It is always aimed at one purpose. I can continue to lie down, but I can’t help but establish it. Oh, it’s easy and I don’t overlook it. It’s always quiet and quiet. At last, I was only seen with a clean thought, and there was no single point of injury, it was clean and bright, and the members became immovable. Begin. 3. It’s not just a lifetime, but a second, third, tenth, twenty life, and so on, an infinite life, a life-changing spectacle unfolds. It was the selection and the acquisition of the first wisdom. The station is deeper, and beyond the limits of one’s abilities, all the people who flow in the past and in the present. The bruises were sent to the eyes.

The eyes of the mind are broader and deeper, and all the people who flow into the future have grasped the substance of the wealthy industry that regulates their existence. This is the acquisition of the second world. “Fifth Stage” 1. Completed the liberation and transcendence from all beings, knowing the four truths of liberation from the lodging business. It was the acquisition of the third texture, the “meditation of liberation.” How about opening the way for ordinary people? Don’t you think it’s a wonderful experience? This is the utility of the presentation. Anyone can get this effect if they make a mistake. But if you say so, you might say. It’s a class that imitates us as it is, just because a great genius like a genius like a genius and us who are ordinary people have such a wonderful experience of station escape, after all. By doing the same when it comes to the pain of pain, we too can reach the same result as him. The one who opens the first path must be a genius. However, anyone can walk on the road that has already been opened by a major company. The appearance of universal gravitation had to have Newton’s genius, but now elementary school children know universal gravitation. Of course, that’s not an easy path. However, Gautama Buddha has given me a kind guide. By taking it seriously, it is not impossible for him to follow the path he has taken. If he can’t get to the best place he has reached, he can take some steps to his own. Isn’t it okay to have a private hall in Japan? Still, it’s a truly wonderful world of protection. Besides, it’s a world that is so many Dr.o idiots from the beginning. Besides, wanting so much from the beginning is too much to want. Let’s take a step into the world of meditation. Let’s follow the Buddha little by little. What was the purpose of Gautama Buddha’s meditation, and why did he start meditation? The question, “Why did you start meditation?” Can be replaced by the question, “Why do we start meditation?” What exactly did he start meditation for? Odama Buddha, as many know, started with the goal of solving the “suffering”. Basic knowledge about meditation
Then, what is the four pains? Life, old age, illness, and death. In addition to the pain, it is called “eight pains”. Brain and Mind Revolutionary Remembrance-20. Lovers who have been close to each other until life, or the natural enemy of love whose love has been plucked, parents and children, brothers, dear friends, acquaintances, everyone, the rays of love that have been crying, Parents and children, siblings, and hearts are good, but at some point they may cry for the sadness of separation. No, what you love is not limited to relationships. We love the earth, as much as possible, vocational service, and various other things. Such things and the suffering that must be done for a period of time, this is love separation. In my heart, the suffering that I have to face and live with the person who hates cold, and the most serious suffering is the couple, parent and child, who should be the most loved and reconciled. It will be the suffering that the brothers have to live under the same roof while hating each other and worshiping each other. Then, it can be said that the writings of office workers and office ladies, who have to work in conflict with their bosses and illnesses every day at the ringyard, are similar to this. Speaking of which, the suffering of the student elector who has to go to an unpleasant and irresistible school every day and have to strengthen his dislike is probably this horror west, and what else he wants to do. It is one of the Matsuba Kuge to educate people in a workplace that they definitely don’t like. However, when you think about it, it’s Nariyuki. Basic knowledge about the smell of this life

If you have to have a relationship of grudge and hate, it may be said that the pain and the inconvenience are the biggest grudges. Suffering that cannot be obtained by asking for money, status, power, affection, talent, knowledge, etc. The misfortune caused by asking. But also, by asking, mankind will progress and grow. This ironic suffering, unsuccessful suffering. When you think about it, the five human bodies themselves seem to be a vessel of suffering. Gyoju sitting down, although it is not something that can be taken, the physical and mental suffering that the five bodies feel squeaky. It is a sword of five shades. Indeed, the world of suffering is a common one, and even at this very moment, we may be experiencing one of these sufferings. Chiyokomaki Uuuuu

That is the ultimate solution. Gautama Buddha knew that Momoka, who had solved this struggle, was nothing but meditation. Then he succeeded. So, like Gautama, if you feel struggling in your life and try to solve it, there is no other way but to follow this Gautama. Of course, if you don’t feel any suffering in this life, it doesn’t have to be a misunderstanding. This book is also useless. It’s okay if you stick out and twist the TV switch. But if you feel any worries or sufferings, and you want to solve them, you should know that it is nothing more than meditation. There is no other way. Gautama Buddha tried every possible method and finally arrived at this meditation, so it is more than two thousand years ago, and Gautama, who was born in India, refrains from abandoning his position as crown prince. However, the four pains and eight pains are no different from the four pains and eight pains of us in modern times.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*