UA-135459055-1

超ヒト脳発達度係数三・九 Superhuman brain development coefficient 3.9

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

超ヒト脳発達度係数三・九

 

 

の超ヒト脳発達度係数三・九
もう間もなくやってくる未来社会で、人類は二つの根底にいかれるだろう。

それは、二つの民族でもないし、二つの階級でもない。二つの種属である。


そうして、その二つの種属は、しばらくのあいだ共存するけれども、間もなくその一方はおろん、急速にこの世界からすがたを消してゆくだろう。


そういうと、人類が二つの対立を示すのは、なにも未来社会にかぎったことではなく、。
っでとうではないかと、いくつかの例をあげる人がいるかも知れない。
たしかに、それは、有色人様と白色人種、自由社会と共産圏社会、富める者と貧しき者、支す必者とされる者、と、いくつか、かぞえることができるだろう。

そういう分類とはまったく異質の区分が、ごく近い将来、われわれの世界にあらわれようとし
ている。そういう動きが、すでに現在おこりつつある。
それは、一つのヒト属である。
たらしい人とふるい人類―。
いとうは普通の現代人、ホモ・サピエンス Homo-sapiens である。これがふるい人類。
もうひとつは、特殊な能力を身につけた未来人、ホモ、エクセレンス Homo excellens でいかなる。つまりあたらしい人類だ。
ホモ・サピエンスとは、ほかならぬわれわれ自身のことであるが、ホモ・エクセレンスとは、どういうヒトか?
ホモ・エクセレンスとは、ホモ・サピエンスが持たない特別な能力を身につけた「優秀なるト」という意味である。ある人たちは、この未来人に、ホモ・インテリゲンス(聡明なるヒト)という名をつけている。
では、この優秀なる未来人、ホモ・エクセレンスは、どういう特殊な能力を持っているか?
彼の持っいくっかの特長をあげてみよう。
「ドの種属、超・ヒトは、おそらく、三・九という脳発達度係数を持つだろう」
と、世界的に著名な人類学者、パリ大学のジョルジュ・オリヴィェ教授は、その著「ヒトと進化、過去現在そして未来」のなかでこう語りはじめる。


「(こういうきわめてすぐれた生物の能力を、 それよりはるかに劣ったわれわれが、あれこれいうことはできないが)とにかく、この超・ヒトの知的能力は、辛うじて想像するこができる。
それは、たとえば、

第四次元の理解


2 視雄た体をとっさに把握する能力。
常にい選あとっさ
4 無限に発展した道徳意識の保有。
とくにわれわれの悟性には不可解な精神的な特質。
などである。

 


わたしは、脳発達度係数三・九をもつ生き物の体のかたちや、すばらしい知能や、われわれにはとうてい理解できない行動がどんなものであるかは、想像力のゆたかな人達にまかせることにする。われわれがメクラであるのに対して、われわれの後継者たちは千里眼の持ち主なのだろうから」(芦沢玖美訳・みすず書房刊)
と述べている。


オリヴィエ教授は、出版社の紹介文によると、パリ大学理学部人類学教授であり、人類学、解剖学のかず多い論文のほかにいくつかの著書を持ち、そのなかでも「人類学的解剖学」はフランス学士院賞を受けた。自己の専門分野の研究に多くの業績をあげているばかりでなく、若い研究者の育成にも心をそそぎ、フランス人類学の名実ともにすぐれた指導者である』と記されている。


まさに、当代一流の科学者であるといわねばならない。
その科学者が未来人ホモ・エクセレンスの出現を、このように予告しているのである。著者が、なんの根拠ももたず、ただいたずらに鬼面ひとをおどろかす筆をとっているのではないのだ。それはかならずやってくる。ではー、そのホモ・エクセレンスは、いったい、どこから、

いつやってくるのだろ
未来人、ホモ・エクセレンスの到来は、歴史の必然であるとオリヴィエアに
では人類の歴史をたどってみよう。
生ずあらわれたのは、オレオピテクス、ラマビテクスから進化してきたオーストラロピテクス(猿人)であった。が、しばらくして、ピテカントロプス・エレクトス(原人)がこれにとって
かわった。しかし、まもなく、ネアンデルタール人 (旧人)がやってきて、そのあとを継ぎ、彼らの時代はおよそ一〇万年ちかくつづく。
けれども、今から四、五万年ほど前、かなり進んだ 知能を持つクロマニョン人 (新人)が出現すると、彼らは急速に姿を消して絶滅してしまった。しかしそのクロマニョン人も、今から一万年ほどまえに、オーストラロイド(ジャワ)、モンゴロイド(中国)、ネグロイド (アフリカ)、コーカソイド(ヨーロッパ)というあたらしい現世人類の種のなかにあわただしく消滅してしまった。これは、歴史のごく表面にあらわれているだけの事実で、このほかにも、いくつかの知られざるヒト・属、あるいはその分枝が、無数にあらわれ、歴史をつくる間もなく消滅していったと考える

 


学者はかず多い。
める著名な科学者は、ひとつの種の寿命は一〇〇万年だと語り、ホモ・サピエンスは出現以来、間もなくこの年令に達するはずだという。そうして、オリヴィエ教授もまた「いま、われれ ,われの後継者であるっぎの人類のことを考えるのは、まったく筋みちの立ったことである。といっているのだ。

 


いったいもの新しいとは、いつあらわれるのか?
一万年さきか?二万年だいたい、ホで、サピエンスのつぎの人類なんて、それはちょうどあの太陽がいつか燃えつきてしまうぞ、というのと同じことで、空想ではないにしても、おそらくそれは天文学的数学のはるか未来の退来事にちがいなく、そんな心配をしているほどわれわれはヒマ人ではない、とあなたはいうかも知れない。


とんでもない!

そんなことをいっていたら、それこそあなたは、間抜けになってしまうぞ。オリヴィエ教授は、生物学の進化の法則の上に立ってこう予言するのだ。

「未来のヒトは間もなく不意に来ることになる」
そんなに早くりとあなたはびっくりするだろう。だが、あなたはここでさらにっと
びっくりしなければならないのだ。

この新しいとか、赤毛・エクセレンスは、瞬間もなく不意に来る。

 

 

Superhuman brain development coefficient 3.9

Super-human brain development coefficient of 3.9 In the coming future society, human beings will be able to take two roots.
It is neither two races nor two classes. There are two species.
Then the two species will coexist for some time, but soon one of them, of course, will rapidly disappear from the world.
By the way, it is not only in the future society that human beings show two conflicts. Some may give some examples, as if it weren’t. Certainly, it can be counted as colored people and white races, free and communist societies, rich and poor, and those who are supposed to support.
A division that is completely different from such a classification is about to appear in our world in the very near future. Such a move is already happening now. It is a Homo genus. New people and sifting humanity. Ito is an ordinary modern man, Homo-sapiens. This is a sieve human being. The other is the future person, Homo, Excellence Homo excellens who has acquired special abilities. In other words, it is a new human race. Homo sapiens is none other than ourselves, but what kind of person is Homo excellence? Homo excellence is an “excellent person” who has acquired special abilities that Homo sapiens does not have. It means that. Some have named this future man Homo intelligence. So what special abilities does this talented future man, Homo Excellence, have? Let me give you some of the features he has. “The genus of de, super-human, probably has a brain development coefficient of 3.9,” said world-renowned anthropologist Professor Georges Olivier of the University of Paris. In “evolution, past, present and future,” he begins to speak.
“Anyway, (though we, who are far inferior to these very good creatures, can’t do this or that), this super-human intellectual ability can barely be imagined, for example.
Understanding the 4th dimension
.. 2 Ability to quickly grasp the male body. Always selected 4 Possession of infinitely developed moral consciousness. Especially the spiritual qualities that are incomprehensible to our enlightenment. And so on.

I will leave it to those with a lot of imagination to decide what the body shape of a creature with a brain development coefficient of 3.9, its wonderful intelligence, and what behaviors we can hardly understand. While we are Mekura, our successors are probably the owners of clairvoyance “(translated by Kumi Ashizawa, published by Misuzu Shobo).
According to the publisher’s introductory text, Professor Olivier is a professor of anthropology at the University of Paris, and has several books in addition to his many articles on anthropology and anatomy. Received the French Academy Prize. Not only has he made many achievements in his field of research, but he is also enthusiastic about training young researchers and is an excellent leader in French anthropology. ”
It must be said that he is truly a leading scientist of his time. The scientist has thus foretold the emergence of the future Homo Excellence. The author has no basis and is not just taking a brush that frightens the demons unnecessarily. It always comes. Well, where does that homo-excellence come from?
When will the future come, Homo Excellence, is inevitable in history? Let’s trace the history of mankind in Olivier. What appeared was Australopithecus (monkey man), which evolved from Oreopithecus and Ramavitex. But after a while, Pitecantropus erectus (original) replaced it. However, shortly afterwards, Neanderthals (old men) arrived and succeeded, and their era lasted for about 100,000 years. However, about 40,000 years ago, when the highly intelligent Cro-Magnon Man (newcomer) appeared, they quickly disappeared and became extinct. However, about 10,000 years ago, the Cro-Magnon Man disappeared in a hurry among the new species of modern humans such as Australo-Melane (Java), Mongoloid (China), Negroid (Africa), and Caucasian (Europe). .. This is a fact that only appears on the very surface of history, and in addition to this, a myriad of unknown humans, genus, or their branches appeared and disappeared shortly after history was created. think

There are many scholars. A prominent scientist says that one species has a lifespan of 100,000 years, and that Homo sapiens should reach this age shortly after its appearance. Professor Olivier also said, “Now, it makes sense to think of us, our successor, the human race.”

When does the new thing appear? 10,000 years ago? About 20,000 years, the next human beings of Sapiens, just like that sun will burn someday, fantasy If not, you might say that it must be a far-future return of astronomical mathematics, and we are not human enough to worry about it.
No way!
If you say that, you’ll be stupid. Professor Olivier prophesies based on the laws of evolution of biology.
He said, “Future humans will soon come abruptly.” You will be surprised so quickly. But you have to be even more surprised here.
This new or redhead / excellence comes suddenly without a moment.

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*