UA-135459055-1

密教の仏たち 29 金剛蔵王権現

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

金剛蔵王権現

金剛蔵王権現

蔵王権現(ざおうごんげん)は、日本独自の山嶽仏教である修験道の本尊である。正式名称は金剛蔵王権現(こんごうざおうごんげん)、または金剛蔵王菩薩(こんごうざおうぼさつ)[2]。インドに起源を持たない日本独自の仏で、奈良県吉野町金峯山寺本堂(蔵王堂)の本尊として知られる。「金剛蔵王」とは究極不滅の真理を体現し、あらゆるものを司る王という意[3]権現とは「権(かり)の姿で現れた神仏」の意。菩薩、諸尊、諸天善神、天神地祇すべての力を包括しているという。

 

蔵王権現は、役小角[5]が、吉野金峯山で修行中に示現したという伝承がある[6]釈迦如来千手観音弥勒菩薩の三尊の合体したものとされ、今でも吉野山の蔵王堂には互いにほとんど同じ姿をした三体の蔵王権現像が並んで本尊として祀られている。

神仏習合の教説では安閑天皇(広国押建日命)と同一の神格とされたため、明治時代神仏分離の際には、本山である金峯山寺以外の蔵王権現を祀っていた神社では祭神を安閑天皇としたところも多い。

また神道において、蔵王権現は大己貴命少彦名命国常立尊日本武尊 、金山毘古命等と習合し、同一視された。その為蔵王権現を祭る神社では、主に上記の5組の神々らを祭神とするようになった。

 

真言・種字編集

  • オン・バキリュウ・ソワカ (通常呪)[11]
  • オン・バサクシャ・アランジャ・ソワカ [11]
  • 金剛蔵王権現真言: オン・バサラ・クシャ・アランジャ・ウン・ソワカ

種字は हूं (ウン、hūṃ)。[

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*