UA-135459055-1

釈尊の成仏法  霊性とはじつにそれを知る趨性  Shaka Nyorai’s Buddhahood method: Spirituality and the tendency to know it

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


釈尊     それからわたしの心は、あらゆる衆生の相に向けられてきた。わたしは超人的な眼力でその相を見た。そこには貴いもの、賤しいもの、美しいも
の、醜いもの、幸福なもの、不幸なものの、それぞれの宿業が渦巻いていた。これが第二の智慧である。

それからわたしは、苦・集・滅・道の四諦(四つの真理)をありのままに知り、わたしの心は、あらゆる存在の相から、全く解放され、ふたたびそれ
に執着することはなくなった。これが第三の智慧である。

釈尊は瞑想によって、自分の前生の、二生、三生、十生、二十生、さらには無
限の生涯の、生き変わり死に変わりしてきた光景を見ているのである。それは自分だけではなく、あらゆる人間の前生と、さらに後有(このっぎの人生)を見て
いるのである。

釈尊はここで、決しておとぎ話や、たとえ話、寓話をのべているのではない。釈尊の成仏法を修行すれば、その真実であることがすぐわかる。その修行によ
り、わたくし白身、人の三、四世代前、そしてつぎの世代における存在までは透視できるようになっているのである。

人間の生命は、多くの人たちが考えているように、決してひとつの生涯だけで終わるものではないのである。ある生涯が終わったら、またひきつづき、つぎの
生命形態に移っていくのである。

多くの人たちはその認識がなく、ひとつの生涯のみで、人の生命は終わるものと思っている。ここに、決定的な、そして致命的な生命観の欠陥があるのであ
る。

霊性とはじつにそれを知る趨性なのだ。

人の依って来たるところを知り、去るところ、往くところを知る能力である。いわゆる来所を知り、往所を知る智慧である。これを得れば、人はおのずから、
なにをなすべきか、なにをなさざるべきかがわかってくる、そこから人間の真の進歩、発展がスタートするのである。それがないから、人間は、霊的に少しも進
歩せず、発展せず、いつまでも低いところを輪廻して、無限にさまよい歩いてい
るのである。いや、それだけではない。その果てに、人間は、自分の住む大切な世界を、自らの手で壊滅させてしまうことになるのであるこの無知を、釈尊は、「無明」(乙忿ごと名づけたのである。

ショウジョケバエの論理

この「無明」という言葉には、二つの意味がある。

まったくの無知と、完全な闇である。

「明」には明知(智慧)と、光明、の二つの意味がある。

 真実を悟る智慧を持たず、真っ暗闇の中を、手さぐりで歩いている状態である。まことに人間はそのとおりではないか。来たるところを知らず、往くところを知らず、ただ現在(現生)あるのみである。その現在を、ひたすら目先の利益追求に狂奔する。その結果、いかなるところに往くのか、いかなる世界に、いかお先真っ暗である。
なる生命形態として存在することになるのか、まったくお先真

「第三の目」は、このお先真つ暗な闇の世界を見通すのである。「第三の目」に問はない。真昼のごとく明らかに見ることができるのである。

 奇妙なことに思われるかもしれないが、わたくしは、釈尊の十生、二十生を見通す力を思うごとに、ショウジョウバエを想い起こすのである。

 ショウジョウバエは、その世代が極端に短い。ふつう、一世代がわずかに約一ヵ月である。だから、何十世代もの変遷を短時間で見ることができる。

 そこで、生物学者や、遺伝学者は、ショウジョウバエを使って、その変化を実験する。ひとつの遺伝子の変化が、何十世代のうちに、どういう結果を生ずるか、目のあたりに知ることができるのである。

 釈尊の叡智もそれである。

 彼のように、何十世代もの人間の移り変わりを如実に見ることのできる力をそなえていれば、ひとつの原因が、どのような経過を経て、どのような結果をもたらしたか、つぶさに知ることができる。彼がじっさいに語っているように、その人間がなんという名前で、いつ、どこに生まれて、どういう人生を送ったか、またその人生を終わって、つぎにまたどういう人生を迎えたか、ある生涯のどんな行為が、つぎの生涯にどんな結果としてあらわれたか、すべての人間にわたって
知ることができる。これがほんとうの叡智なのである。

仏陀の瞑想から輪廻転生瞑想法へ

瞑想のすべてがここに表現されているといってよい。
二十一世紀という時空のへだたりを飛び越えて、読者よ、じつに、瞑想とはかくのごときものなのだ。
ここには瞑想のすべてがある。
この釈尊の体験を、もう少し掘り下げてみょう。

釈尊の瞑想体験には五つの段階がある

ここには、瞑想の深まりとその結果が、じつにあざやかに語られている。
第一の段階
わたしは、
1、つねに一つの目的にむかって精進をつづけることができ、
2、想念が確立してみだれず、
3、からだは安楽で動揺しない。
4、心はいつも定に入って静かである。
-第二の段階
第一禅定から第二、第三、第四禅定までしだいに深まっていって、
1、心に想い浮かぶなにものもなくなり、
2、喜びや楽しみだけとなり、
3、ついにはただ清浄な想いだけにみたされ、
4、一点のけがれもなく、清く明るく、絶対不動となった。

―、自分の前世における光景が展開しはじめる。
2、それは一生だけでなく、二生、三生、十生、二十生、とかぎりなくさか
のぼり、無限の生涯の、生き変わり死に変わりした光景が展開する。
それは生命の根源への遡及であり、第一の智慧の獲得であった。

第四の段階
心の眼はさらに広く深くひろがり、ひとの持つ能力の限界を越えて、過去、現
在、そして未来へと流れていくあらゆるひとびとのすがたが透視される。
それは、存在を規制する宿業の実体の把握であった。
これが第二の智慧の獲得である。

第五の段階
つづいてわたしは、
1、宿業から解説する四つの真理を如実に知り、
2、あらゆる存在からの解脱と超越を完成した。
それは第三の智慧の獲得であり、「解脱の瞑想」であった。
いかがであろうか? すばらしい体験だとあなたは思わないだろうか?・ こ
れが仏陀の瞑想なのである。そうしてだれでも、仏陀の瞑想をすればこういう境
地に達することができるのだ。
だが、そういうと、あなたはいうかもしれない。釈尊のような大天才と、凡人
であるわれわれと、どうしていっしょになるものか、釈尊がそういうすばらしい
体験をしたからといって、それがそのままわれわれに通ずるとはかぎらないの
だ。むしろ、鵜のまねをするガラスで、けっきょく、骨折り損のくたびれもうけ
ということになるのではないか、と。
そうではないのである。
釈尊とおなじ瞑想をすることにより、われわれもまた彼とおなじ結果に到達す
ることが可能なのである。最初の道を切り開くものは天才でなければならぬ。し
かし、すでに天才の開いた道は、だれでも歩むことができるのである。

 

 


Shason, then my heart has been directed to all sentient beings. I saw that phase with superhuman eyes. There are precious things, worthy things, beautiful things
Although ugly, happy, and unhappy, each camp was swirling. This is the second wisdom.

Then I knew the four noble truths (four truths) of suffering, gathering, extinction, and the way as they were, and my heart was completely freed from all aspects of being, and it was again.
I’m no longer obsessed with. This is the third wisdom.

Through his meditation, Shason is his predecessor, second, third, tenth, twenty, and even nothing.
I am seeing the spectacle of life and death that has changed to life. It’s not just about myself, but looking at all human predecessors and even human beings (this life)
He is there.

Shason is by no means telling fairy tales, parables, or parables here. If you practice Shakyamuni’s Buddhahood law, you will soon find out the truth. By that training
It is possible to see through my white meat, three or four generations before human beings, and even the existence in the next generation.

Human life, as many people think, does not end with just one life. After a certain life, continue again, the next
It shifts to the form of life.

Many people are unaware of it and believe that a person’s life will end in just one life. Here is a decisive and deadly flaw in the view of life.
To.

Spirituality is the tendency to know it.

It is the ability to know where people come and go, and where they leave and where they go. It is the wisdom to know the so-called visit and the outbound. If you get this, people will naturally
The true progress and development of human beings starts from the understanding of what to do and what to do. Without it, humans advance a little spiritually
I can’t walk, I can’t develop, I’m wandering around infinitely low places
It is. No, that’s not all. At the end of the day, Shason named this ignorance, which human beings would destroy the precious world in which he lives, with his own hands.

The logic of Bibionidae

The word “avidy” has two meanings.

Total ignorance and complete darkness.
“Ming” has two meanings, Akechi (wisdom) and Komei.
Without wisdom to realize the truth, he was walking in total darkness by groping. Isn’t that true for humans? He doesn’t know where to come, he doesn’t know where to go, he’s just present (present). The present is enthusiastic about pursuing immediate profits. As a result, where he goes, what world he is in, and how dark he is.
Will it exist as a form of life?

The “third eye” sees through this dark world. There is no question about the “third eye”. It can be seen clearly like noon.

It may seem strange, but every time I think of the power to see through the tenth and twenty life of Shason, I remember Drosophila.
The generation of Drosophila is extremely short. Usually, one generation is only about one month. Therefore, you can see the transition of dozens of generations in a short time.
Therefore, biologists and geneticists use Drosophila to experiment with the changes. You can see what the consequences of a single genetic change will be in dozens of generations.
That is also the wisdom of Shaka Nyorai.
If you have the power to see the transition of human beings for dozens of generations like him, you can know in detail what kind of process and what kind of result one cause brought about. it can. As he says, what the name of the person was, when, where he was born, what kind of life he lived, what kind of life he ended, what kind of life he had, what kind of life he had. The consequences of the act in the next life, across all human beings
You can know. This is true wisdom.

From Buddha’s meditation to reincarnation meditation
..
It can be said that all of meditation is expressed here.
Jumping over the space-time stagnation of the 21st century, readers, meditation is really like that.
Here is all about meditation.
Let’s dig a little deeper into this experience of Shaka Nyorai.

Shaka Nyorai’s meditation experience has five stages

Here, the depth of meditation and its consequences are spoken vividly.
First stage
I,
1. You can always continue to devote yourself to one purpose,
2. The idea is not established,
3. The body is comfortable and not upset.
4. My heart is always constant and quiet.
-Second stage
Gradually deepening from the first meditation to the second, third, and fourth meditations,
1. There is nothing that comes to my mind,
2. Only joy and fun
3. Finally, I was only satisfied with my clean feelings,
4. There was no injury, it was clean and bright, and it was absolutely immovable.

―, The scene in my previous life begins to develop.
2. It’s not just a lifetime, but a second life, a third life, a ten life, a twenty life, and so on.
Climbing, an infinite life, a life-changing and deadly scene unfolds.
It was a retrospective to the source of life and the first acquisition of wisdom.

Fourth stage
The eyes of the mind spread wider and deeper, beyond the limits of human ability, past and present
All the people who are present and flow into the future can be seen through.
It was a grasp of the substance of the lodging business that regulates its existence.
This is the acquisition of second wisdom.

Fifth stage
Then I
1. Knowing the four truths explained from the lodging business,
2. Completed liberation and transcendence from all beings.
It was the acquisition of the third wisdom, the “meditation of liberation.”
How is it? Don’t you think it’s a great experience?・ This
This is Buddha’s meditation. Anyone can meditate on the Buddha like this.
You can reach the ground.
But then you might say. A great genius like Shaka Nyorai and an ordinary person
Shaka Nyorai is such a wonderful thing, why we are together with us.
Just because you have an experience doesn’t mean that it goes straight to us
It is. Rather, it is a glass that imitates a cormorant, and it makes me tired of breaking my bones.
I wonder if that will be the case.
That is not the case.
By doing the same meditation as Shaka Nyorai, we also reach the same result as him.
It is possible. The one who opens the first path must be a genius. Shi
However, anyone can walk the path already open to geniuses.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*