UA-135459055-1

シッダールタ時代 Siddhartha era

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シッダールタ時代

 

 シャカは、父母の愛を一身に集めて、なに不自由ない家庭生活を送ることができた。

 シッダールタに将来の転輪王を夢みている父の王によって、当時のあらゆる学問武芸を学んだが、かれはなにごとにも傑出していたといわれる。

 しかし、生来かれは沈思黙考的な性格であり、日常、深い思索にふけることが多かっ。

 父王は、かれの心をひき立てるために、寒・暑・雨の三時期の季節に応じた宮殿を建てたり、

歌舞音曲でたのしませようとしたり、美しいヤショーダラー姫を王子妃として迎えたた。

 それによってかれの心もいくぶん慰められ、まぎれることもあったが、しかし、なお、かれは世の無常を深く感じていた。幸福の中にも、母后の死を思い出すことがしばしばであった。また、年中行事としての盛大な農耕祭では、田畑の虫や鳥などが、弱肉強食の争いを目のあたりに見せた。その上に、ものごころのつくにしたがって、当時の国際関係の不安と、シャカ国の運命とが案じられるようになった。

 シャカ族は勇武に富み、ゆいし。正しい古い系統ではあったが、当時は、南西に接したインド第一の大国コーサラに隷属した半独立国にすぎなかったのである。(イエスのユダヤとおなじ境遇である)

 生殺与奪の権はコーサラ国ににぎられ、いつほろぽされるかも知れない運命にあった。現に、シャカ国は、シャカの晩年に、コーサラ国のためにかんたんに攻略されたことがある。

 賢明なかれは、父王のようにのんきでいることはできない。感じやすいかれの頭脳は、これらの多くの理由によって、世の歓楽を手ばなしで享受するわけにはいかなかったのである。自ずから、自分自身と自分の国の将来、また人類一般の悲しむべき運命について深い考察をするようになったのである。

 

Siddhartha era

Shaka was able to gather the love of his parents and live a family life without any inconvenience.
He studied all kinds of academic martial arts at the time by his father, who dreamed of being the king of the future in Siddhartha, but he is said to have been outstanding.
However, by nature, he is a meditative character, often indulging in daily thoughts and deep thoughts.
In order to excite his heart, his father built palaces according to the three seasons of cold, heat and rain,
He tried to enjoy the singing music and greeted the beautiful Princess Yashodalar as the princess.
He was comforted somewhat, and his heart was broken, but he still felt deeply in the imperfection of the world. During happiness, she often remembered her mother’s death. In addition, during the grand agricultural festival, which is an annual event, insects and birds in the fields have witnessed the battle for weak meat and gluttony. On top of that, as time went on, the fears of international relations at that time and the fate of Shaka began to come up.
The Shakas are rich in heroism and Yuishi. It was a true old lineage, but at that time it was only a semi-independent state subordinated to Kosala, India’s largest powerhouse on the southwest. (Same situation as Judea of ​​Jesus)
The right to life and killing was confined to Kosala and was destined to be forgotten. In fact, Shaka was easily captured in the late years of Shaka for Kosala.
He who is wise cannot be as easy as his father. For many of these reasons, his sensible mind could not afford the pleasures of the world without any means. Naturally, he began to consider the future of himself and his own country, as well as the sad destiny of mankind in general.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*