UA-135459055-1

宝生如来(ほうしょうにょらい)  Hosho Nyorai ratnasambhava

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宝生如来(ほうしょうにょらい、रत्नसम्भव [ratnasambhava]、ラトナサンバヴァ)

三昧耶形三弁宝珠種子(種子字)はत्राः(タラーク、trāḥ)。

密教における金剛界五仏の一で、金剛界曼荼羅では大日如来の南方(画面では大日如来の向かって左方)に位置する。唯識思想における仏の悟りの境地のひとつ「平等性智」(びょうどうしょうち)を具現化したものである。これは、全ての存在には絶対の価値があるということを示す。 印相は、左手は腹前で衣を掴み、右手は手の平を前に向けて下げる「与願印」(よがんいん)を結ぶ。

与願印読み)よがんいん

仏が衆生の願いを聞きとどけ、成就させることを示した相。 左手、または

 

 

語源は「宝よりうまれたもの」を意味し、財宝を生み出し人々に福徳を授けるといわれています。一切の垣根を取り払い、あらゆる全ての現象・事物を平等に観るという意味で「平等性智(びょうどうしょうち)」と呼ばれる智慧を具現化した仏です

 

すべてあるべきもの (一切諸法) が差別なく平等であるとするです。

 

Sanmai-yagata is the Sanben Hoju. Seeds (seed letters) are त्राः (tarak, trāḥ).

It is one of the five Buddhas of Kongokai in Esoteric Buddhism. It is located south of Dainichi Nyorai in the Kongokai Mandala (on the screen, left of Dainichi Nyorai). It embodies one of the boundaries of Buddha’s enlightenment in wisdomism, “Equality of Wisdom”. This shows that all beings are of absolute value. Insho has his left hand holding his garment in front of his stomach and his right hand tying a “Yoganin” seal with his palms facing forward.

Appeal seal (read)
Insu says that the Buddha has heard the wishes of the sentient beings and will fulfill them. Left hand, or

 

 

Etymology means “born from treasure,” and is said to create treasure and give people good fortune. It is a Buddha that embodies the wisdom called “equality wisdom” in the sense that all barriers are removed and all phenomena and things are viewed equally.

 

Satoshi is all things (all laws) are equal without discrimination.

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*