トップページ

 

アップルは、2019年5月22日にCPUを一新した新型「MacBook Pro」を発表した。15インチの新モデルはインテル第9世代Coreプロセッサーを搭載し、新たに8コアモデルもラインアップする。また、13インチ「MacBook Pro」のTouch Bar搭載モデルもCPUがアップデートされたモデルが登場した。

8コアモデルが新登場。クアッドコアと比較してパフォーマンスが最大2倍向上

発表された15インチの上位モデルは、インテル第9世代の8コアCore i9プロセッサー(2.3GHz/最大4.8GHz)を搭載し、オプションで2.4GHz(最大5.0GHz)も選択可能(22,000円。税別)。メモリーは標準で16GB、オプションで32GBに変更可能(44,000円。税別)だ。ストレージは標準512GBのほかに、1TB、2TB、4TBがラインアップされている。最小構成の場合、公式サイト直販価格は302,800円(税別)となっている。

8コアモデルはこれまでの「MacBook Pro」で最も処理性能が高い

8コアモデルはこれまでの「MacBook Pro」で最も処理性能が高い

アップルによれば、8コアモデルは、クアッドコアの「MacBook Pro」と比較して最大2倍、6コアの「MacBook Pro」と比較して40パーセント高速化されているとのこと。なお、従来の6コアモデルも第9世代のCore i7プロセッサー(2.6GHz/最大4.5GHz)へとアップグレードされており、メモリー16GB、ストレージ256GBSSDの最小構成で直販価格は258,800円(税別)となっている。

Touch Bar搭載の13インチモデルにもCPU強化モデルが登場

Touch Bar搭載の13インチモデルには、新たにインテル第8世代クアッドコアCore i5プロセッサー搭載モデル(2.4GHz/最大4.1GHz)がラインアップ。オプションで、Core i7プロセッサー(2.8GHZz/最大4.7GHz)を選択できる(33,000円。税別)。メモリーは標準で8GB、オプションで16GBに変更可能だ(33,000円。税別)。最小構成で直販価格は198,800円となっている。

 

新商品情報

商品イメージ

43.8×32.9mmのイメージセンサーを搭載するミラーレスカメラ「GFX」シリーズのフラッグシップモデル。2018年9月のフォトキナで「GFX 100 MEGAPIXELS」として開発発表され、2019年2月のCP+に参考出品していた製品。いわゆる中判ミラーレスカメラにおいて、像面位相差AF、ボディ内手ブレ補正、4K/30p動画撮影に対応することを特徴としている。

ボディ内手ブレ補正を備える1億200万画素機

イメージセンサーは民生用ミラーレスデジタルカメラで最多画素数という1億200万画素。裏面照射型構造で、像面位相差画素を全面に配置している。そのためAF速度は従来比最大約2倍で、同社APS-Cミラーレス譲りのアルゴリズムにより高精度なコンティニュアスAFや動体追従AF、顔・瞳検出AFも利用できるとしている。画像処理エンジンは「X-Processor 4」。

ボディ内手ブレ補正機構は、従来のGFX 50Sおよび50Rになかった機能。5軸・最大5.5段の補正効果を持ち、1億200万画素と高解像度ながら手持ち撮影の領域を広げるという。

同社初という縦位置グリップ一体型のスタイリングを採用。ボディ構造はイメージセンサー、手ブレ補正機構、レンズマウントを一体化したインナーフレーム方式で、マグネシウム合金の採用も相まって高剛性だという。耐低温構造で、防塵防滴性能も有している。

操作性とファインダーまわり

背面左手側上部には、「ドライブモードダイヤル」を装備。静止画、動画、マルチショットの3モードを素早く切り換えるための操作系で、ワンアクションで各モードに最適な設定を呼び出せる点が、既存GFXシリーズのダイヤル操作とは異なるメリットになっている。

背面モニターは3.2型。3方向チルトに対応する。

本体上面には、1.8型のサブ液晶モニターを装備。「バーチャルダイヤルモード」を選択すると物理ダイヤルのようなデザインを表示でき、既存GFXシリーズのダイヤル操作を好むユーザーに最適としている。

また、背面モニター下部には、プロ用一眼レフカメラを想起させるような横長形状の2.05型サブモニターを搭載。露出設定など各種情報をモノクロ表示する。

EVFは0.5型約576万ドットの有機ELで、倍率は0.86倍。GFX 50Sのように着脱式とした。別売のEVFチルトアダプター「EVF-TL1」との組み合わせにより、取り付け位置や角度の調整範囲が拡大する。EVFの駆動モードは用途により「フレームレート優先」、「解像力優先」、「AF優先」の3通りを用意。

16bit記録に対応。自動の肌レタッチ機能も

16bitのRAWおよびTIFF記録に対応。撮影後のレタッチ耐性が大幅に向上したという。

肌のレタッチを自動で行うという新開発の機能「スムーススキンエフェクト」を搭載。ポートレート写真などで行われるレタッチの手間を軽減し、より短時間で完成度を高く仕上げられるという。

電源と通信機能

GFX100の本体は、GFX 50SおよびGFX 50Rと共通のバッテリー「NP-T125」を2個装填できる。背面モニター使用時の撮影可能枚数は約800枚。

USB端子からの充電・給電にも対応しており、USB PD対応の外部バッテリーと組み合わせれば長時間の連続撮影が可能なほか、ボディ内に装填したバッテリーの充電もできる。

通信機能は、GFXシリーズで始めてIEEE802.11ac 5GHzに対応。より高速に画像転送できる。RAW現像とテザー撮影用のソフトは、既存のGFXシリーズと同様に「Tether Shooting Plug-in PRO for Adobe Photoshop Lightroom」と「Capture One Pro FUJIFILM」に対応する。

動画仕様

動画記録は最大DCI4K(4,096×2,160)に対応。HDMI外部出力となるが、フルHDの非圧縮記録にも対応している。HLG、F-Logもサポート。

 

全自動コーヒーメーカーの選び方

ドリップ式か、エスプレッソメーカーか

大きく分けると、全自動コーヒーメーカーにはレギュラーコーヒーを抽出するドリップ式と、エスプレッソはもちろん、カプチーノなどのミルクメニューを1杯ずつ抽出することができるエスプレッソマシンの2種類があります。ドリップ式より高価にはなりますが、より本格的なカフェメニューを楽しみたいという場合は、エスプレッソマシンが選択肢に入ってくるでしょう。

一般的に「コーヒーメーカー」=ドリップ式のイメージが強いですが、近年ではエスプレッソマシンを自宅に設置して“家カフェ”を楽しむ人も増えています

ミルの方式

全自動コーヒーメーカー選びの“要”と言えるのが、豆を挽くミルの方式です。味と香りにこだわるなら、「臼式」(フラットカッター式)や「コニカル式」(コーン式)のミルを搭載したモデルがおすすめ。摩擦を抑えながら豆を均一に挽くことができるため、香りが損なわれにくく、雑味が出にくいと言われています。お手ごろ価格のモデルに採用されているのは、ほとんどが「プロペラ式」。「臼式」や「コニカル式」に比べ挽きムラが出やすい傾向があるものの、シンプルな構造で手入れが簡単という利点があります。

臼を上下でかみ合わせてすり潰す「臼式」(左)、固定された歯と回転する円錐状の歯の間をコーヒー豆が通ることで粉砕する「コニカル式」(中央)。「プロペラ式」(右)はプロペラ状の刃を高速回転させて豆を粉砕します

<関連記事>コーヒー入門者必読! 電動式コーヒーミルの選び方

蒸らし機能

よりハンドドリップに近い味を楽しみたい人は、蒸らし機能を搭載した機種を選びたいところ。蒸らすことでお湯がコーヒー粉の全体に行き渡るので、コーヒーの味や香りをしっかり抽出することができます

パナソニック 沸騰浄水コーヒーメーカー 全自動タイプ ブラック NC-A57-K

新品価格
¥17,798から
(2019/5/18 10:36時点)

0,000円[税込]

シンプルで使いやすいと大人気!今、注目の商品です。ここに紹介が入ります。ここに紹介が入ります。

商品イメージ